トップページのメイン画像皆さま、初めまして。このサイトでは、スマホ博士ひよっこ君にも参加してもらって、分かりやすく、LINEモバイルのご紹介をさせて頂こうと思います。

ひよっこ君
博士、僕、スマホデビューしようと思うんだけど、どの格安スマホが良いのかな?
何と言ってもLINEモバイルがおススメじゃぞ。500円から使えてLINEも使い放題なんじゃ。
スマホ博士

皆さまは1ヶ月でいくら位、スマホ代を払っておられますか?

実は私、10年に渡ってドコモを使って来て、当たり前の様に月8,000円位のお金を払っていました。

ある時から格安SIMの事は知っていたのですが、何となく胡散臭かったし、乗り換えるのが面倒臭くて...。

しかし、意を決してLINEモバイルに乗り換えたら、8,000円だった月々のスマホ代が3,000円になってしまって…、こんなんだったら、もっと早くに乗り換えておけば良かった...。

普段は忙しくて、なかなかスマホ代の事を考える時間もなく、当たり前の様に、キャリアのスマホで毎月7~8,000円の料金を払っておられる皆さま、LINEモバイルに乗り換えると、大手キャリアのスマホ代の半分から3分の1の料金になるんですよ。

ひよっこ君
LINEモバイルって安いだけじゃなく、LINEも使い放題なんでしょ?
そうなんじゃ。LINEのトークだけでなく、音声通話もビデオ通話もし放題なんじゃ!
スマホ博士

そうなんです、LINEモバイルって格安SIMなんですけど、安かろう、悪かろうではなく、大手キャリアに遜色のないとっても良いサービスなんですよ。

また、キャリアを使っている皆さまだけではなく、今、既に、他の格安SIMを使っておられる皆さまにも、LINEモバイルならではの素晴らしい所をご紹介させて頂き、LINEモバイルに乗り換えたら、こんなメリットがあるんだよという事を知って頂けたらと思っています。

LINEモバイルって、使っている私が言うのも何ですが、とっても良い格安SIMなんですよ!

このサイトでは、LINEモバイルについて、良い所も悪い所も全て公開し、LINEモバイルの考え方からサービスまで、分かりやすくご説明させて頂いております。

是非、LINEモバイルの事を知って頂き、お得なサービスを手に取って頂ければと思います。

どうぞ、よろしくお願い致します。

\LINEモバイルの最新キャンペーンはこちらから!/

LINEモバイルは、LINEとソフトバンクが運営する格安スマホです

LINEモバイル

ひよっこ君
LINEモバイルは、あのLINEとソフトバンクの格安スマホなんだよ。

LINEモバイルは、日本で最も有名なコミュニケーションアプリの「LINE」、そして、IT、ネット界で常に革新的なサービスを展開し続けて来た「ソフトバンク」、この2つの会社を親会社に持つ「LINEモバイル株式会社」が運営する格安SIMです。

LINEと言えば、今や国内で、月間ユーザー数が8,000万人を超えるという、日本の人口の約6割の人が利用していて、スマホを持ってる人ならほぼLINEのアプリが入っているという位、男性からも女性からも、そして、幅広い年齢層の人々からも支持されている、誰もが知っているSNSですよね。

そんなLINEの圧倒的な人気を背景に、2016年9月に、LINEモバイルのドコモ回線のサービスが開始されました。

そして、約1年半後の2018年3月には、あのソフトバンクと提携し、ソフトバンク回線のサービスもスタート、その1年後の2019年4月には、au回線のサービスも開始され、あっという間にトリプルキャリアの格安SIMになりました。

現在、親会社であるソフトバンクLINEの下で尚も発展を続け、今、最ものりに乗っている格安SIMがLINEモバイルなのです!

そんなLINEモバイルの最大の特徴は、何と言っても、LINEが全プランで使い放題、そして、TwitterFacebookInstagramまで使い放題のプランも揃っていて、老若男女問わず、多くの人から愛される、とってもお得な格安スマホなんです。

LINEモバイルの社長って、若くてきれいな女性なんです

ひよっこ君
若い女性が社長なら、家族や友人の事をしっかりと考えたサービスを提供してくれそうだね。
そうじゃな。ワシみたいなおっちゃんが社長じゃ、頭がカチカチじゃもんな。
スマホ博士

実は、LINEモバイルの社長は女性なんです。

それも、ただの女性ではなく、30歳過ぎの若くてきれいな女性なんです。

社長になられるだけの方ですので、経歴は、名門のフェリス女学院から慶応義塾大学の法学部卒と、エリート街道をまっしぐら...、とってもとっつきにくそうにも思えますが、しかし、そんな切れる頭を持ちながら、女性ならではの柔らかな、優しい、そして笑顔の素晴らしい方で、気配りのある発想でLINEモバイルを率いておられるのです。

LINEモバイルのサービスには、家族や友達とのコミュニケーションを大切にしようという気持ちが込められていて、LINEが使い放題のサービスや、お子様の事を大事に考えるお父さん、お母さんの気持ちになって、他社では有料のオプションである「フィルタリングサービス」を無料にするなど、優しいサービスを展開なさっておられます。

また、24時間365日対応のサポート体制は、お客様の疑問や質問に真摯に答えようという、若い前向きな女性社長ならではの発想です。

凝り固まったおじさん社長ではないので、既成概念に捕らわれない、柔軟で溌剌(はつらつ)とした発想が素晴らしく、今後もどんどん規定路線を打ち破って、素晴らしいサービスを続々と投入してくれそうな、今後が益々楽しみな格安SIMなのです!

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルの最大の特徴、全てのプランでLINEが使い放題!

500円でもデータフリーLINEモバイルの最大の特徴、それは、LINEモバイルでは、全てのプランでLINEがデータフリーで使い放題という事です。

データフリーと言いますのは、対象サービスを利用した時に、そのデータ量をカウントしない機能になりまして、LINEがデータフリーという事は、LINEをいくら使っても、本来、消費される筈のデータ通信量が消費されず、LINEが使い放題という事になります。

ひよっこ君
使い放題...? それって本当なの?

例えば、1ヵ月の基本データ量を3GBで契約しているとして、ウェブサイトを見たり、メールを見たり、動画を見たり、オンラインゲームをしたりすると、月初に3GBだったデータ量はどんどん消費されて減って行き、月末にはデータ量がなくなりそう、なんて事になってしまいます。

コミュニケーションアプリのLINEも同じで、トークや無料電話、ビデオ通話をすればする程、データ量は消費されてしまい、仮にLINEで1ヶ月に1GBのデータ量を消費してしまっている場合、契約データ量の3GBが残り2GBになり、他のSNSやネットの閲覧、動画の視聴などに回せるデータ量を圧迫してしまいます。

LINEは1日に何回も使うから、案外、データ量をよく消費するんじゃ。
スマホ博士

しかしLINEモバイルは、LINEがデータフリーで使いたい放題

トークをいくらしても、無料通話や顔を見ながらのビデオ通話をいくらしても、LINEをいくら使ってもデータ量は一切、消費されませんので、データ量は月初の3GBのまま

その浮いたデータ容量で他のサービスを使う事が出来ますし、あまりネットを使わない人は、その浮いたデータ容量の分、契約している基本のデータ量を減らす事が出来ますので、スマホ代を安くすることが出来るのです。

ひよっこ君
LINEはたくさんの人が使っているから、LINEが使い放題だったらみんな喜んでくれるね。

ツイッターやフェイスブック、インスタグラムも使い放題!

5種類のデータフリーそして、LINEモバイルでは全プランでLINEがデータフリーで使い放題になりますが、実はLINEモバイルには、TwitterFacebookInstagramが使い放題のプランもあるのです。

今はSNSが全盛の時代ですので、LINEだけではなく、主要なSNSであるTwitterFacebookInstagramを使っている人も多く、これらのSNSのヘビーユーザーであればある程、データ量を気にせずに使えて、そしてデータ量は減りませんので、浮いたデータ量で色々な事が出来るのです。

インスタ映えを狙っている女性には、LINEモバイルはうってつけじゃのう。
スマホ博士

テザリングでも、データフリーは使い放題でとってもお得!

テザリングのイメージLINEモバイルの、LINETwitterFacebookInstagramのデータフリーは、スマホを使っている時だけではありません、テザリングをしている時も使い放題です。

つまり、外出先でスマホとパソコンやタブレットをテザリングでつないだ時、そのテザリングでつながったパソコンやタブレットでLINEやインスタグラムをしても、データフリーが適用され、データ量は消費されず、使い放題なのです。

ひよっこ君
キャリアを使っていた人はテザリングは欠かせないから、これは便利だね。

ですので、タブレットの大きな画面でインスタグラムにきれいな写真を上げる事もできますし、遠方にいるお孫さんの成長を何よりも楽しみにされてるおじいちゃんおばあちゃんが、LINEのビデオ通話で、パソコンの大きな画面でお孫さんの顔を見ながら会話をして、お孫さんの成長を見届ける事もできるんですよ。

おじいちゃんやおばあちゃんにとっては、さぞ嬉しい事じゃ。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルの料金プラン、月額500円から始められます!

500円でここまで出来る!全プランでLINEのトークやビデオ通話が使いたい放題のLINEモバイルは、何と、月額500円から始められるんです!

また、LINEだけではなく、TwitterFacebookInstagramがデータフリーで使い放題のプランもありますし、音楽が大好きな方向けのプランもあるんですよ。

そして何より、LINEモバイルの料金プランは、キャリアの料金プランと違ってとってもシンプルで分かりやすいです。

LINEフリープラン

LINEフリープラン

容量 データSIM データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
1GB 月額500円 月額620円 月額1,200円
au回線は仕様の関係で「データSIM」の提供がありません。

データフリー対象サービス

LINE(音声通話+トーク+画像・動画の送受信+タイムライン)

ひよっこ君
このプランは、LINEだけがデータフリーで使い放題なんだね。
データ容量は1GBじゃから、あまりネットは使わない人や、家族や友達との連絡はLINEばっかりという人が向いているんじゃよ。
スマホ博士

普段、電話は使わず、家族との連絡はLINEがメインの方、LINEのビデオ通話で、遠方のお孫さんの成長の様子を見るのが何よりも楽しみな方、また、小学生の子供さんの初めてのスマホなどには、このLINEフリープランデータSIMタイプが最適!

たったの月500円なんですよ!

また、仕事で電話は必要、でも、職場では職場のwifiに繋いでるし、家では家のwifiに繋いでいるから、データ量は1GBで十分という人は、このプランの音声通話SIMが最適!

価格は何と、月額1,200円なんですよ...、安過ぎます!

ひよっこ君
電話の機能まで付いて、それで1,200円は安いよね。
そうじゃ。電話が出来て、ネットも出来て、LINEは使い放題で1,200円は、これは破格じゃぞ!
スマホ博士

コミュニケーションフリープラン

コミュニケーションフリープラン

容量 データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
3GB 月額1,110円 月額1,690円
5GB 月額1,640円 月額2,220円
7GB 月額2,300円 月額2,880円
10GB 月額2,640円 月額3,220円

データフリー対象サービス

LINE(音声通話+トーク+画像・動画の送受信+タイムライン)

ツイッター(タイムライン+画像付きツイート+ツイート+ダイレクトメッセージ)

フェイスブック(タイムライン+画像・動画投稿+コメント+お知らせ表示)

インスタグラム(タイムライン+画像・動画投稿+アクティビティ+ダイレクトメッセージ)

ひよっこ君
このプランは、LINEの他に、ツイッターフェイスブックインスタグラムもデータフリーで使い放題なんだね。
そうじゃよ。主要な4つのSNSがデータフリーじゃから、高校生や大学生、社会人まで、最も人気のあるプランなんじゃよ。
スマホ博士

多くの人が使っている、人気の4つのSNSが使い放題なのは、これまた嬉しいですね!

SNSはたくさんするけど、通話はLINEがほとんどなので、電話機能はいらないよって方は、このプランのデータSIMタイプにすれば、何と料金は月にたったの1,110円から

社会人の方で、やっぱり電話は必要だという方でも、音声通話SIM3GBのデータ容量で、1ヵ月に1,690円

3GBだと、データ容量が少ないかと心配な方もいらっしゃるかも知れませんが、4つのSMSはいくら使ってもデータ量が減りませんから、逆に3GBで余ってしまうかも知れませんよ。

MUSIC+プラン

MUSIC+プラン。

容量 データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
3GB 月額1,810円 月額2,390円
5GB 月額2,140円 月額2,720円
7GB 月額2,700円 月額3,280円
10GB 月額2,940円 月額3,520円

データフリー対象サービス

LINEツイッターフェイスブックインスタグラム

LINE MUSIC(音声・通話の視聴+歌詞・文章の閲覧+音楽の保存+楽曲の検索)

ひよっこ君
このプランは、主要な4つのSNSに加えて、LINE MUSICもデータフリーなんだね。
そうじゃ。音楽好きにはたまらんプランなんじゃよ。
スマホ博士

LINE MUSICは、学生さんなら聞き放題で月480円、社会人の方でもLINEモバイルのオプションだと聞き放題で月750円と、とっても人気のある音楽配信サービスですよね。

音楽のストリーミング再生は、動画を見るのと同じように多くのデータ量を消費しますので、音楽好きには、LINEモバイルLINE MUSICのセットはとってもお得です。

学生さんで電話はLINEでする方は、このプランの3GBのデータSIM(SMS付き)なら、何と、月々1,810円で、24時間、音楽が聞きまくれるんですよ、とってもお得ですよね!

ココに注意

このプランは、LINE MUSICを聞くデータ通信量がデータフリーになり、LINE MUSICの月額の費用は別途でかかります。

プランの決め方のコツ

LINEモバイルの料金プランはとってもシンプルですので、特にプランの決め方はないのですが、一応、項目別に、こんな方にはこのプランが良いですよっていうコツを書かせて頂きます。

ひよっこ君
参考にしてね。

step
1
どのSNSをたくさん使いますか? LINEだけ? 他も?

LINEを使う事が多い方はLINEフリープラン

LINEをあまり使わない方もLINEフリープラン

どのSNSも使うという方は、コミュニケーションフリープラン

音楽好きにはMUSIC+プラン

step
2
スマホで何をしますか? ネット? 電話?

ネットだけする方は、データSIMSMS付きのデータSIM

ネットだけではなく、電話機能も必要な方は、音声通話SIM

step
3
1ヵ月でどれ位のデータ量が必要ですか?

LINEフリープラン1GBだけ。

コミュニケーションフリープランとMUSIC+プランは、3GB5GB7GB10GBの4種類から選ぶことが出来ます。

ここがポイント

LINEモバイルの初月の月額基本利用料は、SIMカードのサービスタイプごとに、データ容量は関係なく下記の通りです。

データSIM 500円
データSIM(SMS付き) 620円
音声通話SIM 1,200円
ひよっこ君
3GBでも10GBでも同じタイプのSIMカードなら、初月は料金が一緒だよ。

どれ位のデータ量を選べば良いかが分からない方は、とりあえず初月は、普通にネットを使われる方は3GB5GBで、たくさん使う方は7GB10GBを選んで頂ければと思います。

そして、LINEモバイルはデータ量のプラン変更も無料ですので、初月のデータ使用量をチェックして頂き、有料になる翌月から、最適なデータ量をに変更して頂ければと思います。

LINEモバイル公式サイト

ドコモとの料金比較シミュレーション

ひよっこ君
何となくLINEモバイルが安そうなのは分かったけど、本当に安いのかな?
それでは、具体的な料金比較をしてみようかの。
スマホ博士

実際問題として、格安SIMって本当に安いのか、LINEモバイルって本当に安いのか、大手キャリアを代表して、ドコモの料金プランとデータ量は同じ5GBで比較をしてみようと思います。

ドコモの料金(旧料金プラン)

料金比較 ドコモ LINEモバイル
通話 2,700円
(カケホーダイプラン、国内通話が24時間無料)
2,220円
(コミュニケーションフリープラン、音声通話SIM、5GB)
パケット 5,000円
(ベーシックパック5GB)
その他 300円
(spモード)
880円
(10分電話かけ放題)
合計 8,000円 3,100円

ドコモの料金(新料金プラン)

料金比較 ドコモ LINEモバイル
通話 1,700円
(かけ放題オプション、国内通話が24時間無料)
2,220円
(コミュニケーションフリープラン、音声通話SIM、5GB)
パケット 4,980円
(ギガライト、~5GB)
その他 880円
(10分電話かけ放題)
合計 6,680円 3,100円
どうじゃ、LINEモバイルはドコモの新料金と比べても、3,500円も安いんじゃよ。
スマホ博士
ひよっこ君
ドコモの旧のプランなら5,000円も安かったんだね。

ドコモは2019年6月に新料金プランになり、料金がかなりお安くなったのですが、それでも、LINEモバイルはその安いドコモの新料金の半分以下です。

電話かけ放題については、ドコモは時間制限がなく、長時間の電話を何回しても無料なのに対し、LINEモバイルの場合、何回でも話せるのは変わりありませんが、1回の通話は10分以内が無料で、それ以上は1分で20円がかかり、正確な比較にはなっていないかも知れません。

しかし、10分を超える電話ってあまりかけないですし、長電話になりそうだったら、9分50秒で電話を切ってかけ直したら、追加料金はかかりません

そして、LINEモバイルの場合は、何と言っても、LINEツイッターフェイスブックインスタグラムの4つの主要なSNSがデータフリーで、いくら使ってもデータ量は消費されませんので、その浮いた分、1つデータ量のプランを下げて、3GBのプランでも良いくらいなのです。

ひよっこ君
LINEモバイルの3GBのプランは1,690円で、10分かけ放題の880円を足しても2,570円になるね。
そうじゃ。ドコモの新料金が6,680円じゃから、ドコモの料金よりも4,900円も安くなってしまうんじゃ。
スマホ博士

今回はドコモで比較をしましたが、auも新料金になりましたので、ドコモの新料金とほほ同じで、ソフトバンクは旧の料金のままですので、ドコモの旧の料金と同じような感じです。

LINEモバイルなら、大手キャリアと同じように通話ができて、ネットもできて、それで何と、料金はこんなに安くなってしまうのです。

LINEモバイルで新しいスマホを購入してその分割料金を足しても、ドコモや大手キャリアの料金よりも安くで済みますし、浮いたお金でお食事や旅行に行って、家族やお友達とコミュニケーションを深めて頂く事が出来れば、それがLINEモバイルの本望なのです。

LINEモバイル公式サイト

他の格安SIMとの料金比較シミュレーション

ドコモとLINEモバイルの料金比較をした所、明らかにLINEモバイルの方が安かったので、今、大手キャリアのスマホをお使いであれば、是非、LINEモバイル乗り換えて頂く事をお勧めします!

それでは、他の格安SIMとの料金比較では、LINEモバイルは果たして安いのでしょうか?

ついでと言ったらなんですが、代表的な格安SIMとの料金の比較もしてみようと思います。(データは3GB、通話はかけ放題のパターンで比較してみます。)

LINEモバイルの1ヵ月の料金

  • コミュニケーションフリー(3GB)1,690円 
  • 10分電話かけ放題 880円
  • 合計:月2,570円

LINEモバイルの料金は、上記のプランの月2,570円で、他社格安SIMと料金比較をしてみます。

LINEモバイル VS 楽天モバイル

楽天モバイルの1ヵ月の料金

スーパーホーダイ(プランSの2GB10分かけ放題、楽天会員の場合)

  • 3年縛りの場合、2年まで1,480円、3年目は2,980円
    → 3年で71,280円÷3年: 月1,980円
  • 2年縛りの場合、2年目まで:月1,980円
  • 1年縛りの場合、1年間: 月2,480円
LINEモバイルの料金:月2,570円
ひよっこ君
2年とか3年なら、楽天モバイルは月1,980円だから、とってもお得だね。
そうじゃのう。じゃが、データ量が2GBはちょっと少ない気がするんじゃがのう。
スマホ博士

スーパーホーダイの場合はデータ量が2GBですので、しっかりとした比較は出来ませんが、楽天モバイルの場合はデータフリーの機能がないので、2GBだとちょっと心配です。

仮に、2GBでデータ量が足らない場合は、追加購入ですと100MBで300円1GBで980円もしますし、スーパーホーダイの2GBの次のプランは6GBのプランになるのですが、月1,000円も高くなるのです。

その6GBのプランに変更する事は可能ですが、結局、高くつくから他の格安SIMに乗り換えたいと思っても、その時には2年とか3年の縛りがあって解約ができない...、結局、安くても使い勝手が悪いのです。

ひよっこ君
途中で解約するには、契約解除手数料が9,800円もかかるの...!?
そうなんじゃ。じゃから、データ量が2GBで足らなければ、月1,000円も高くなる6GBのプランに変更するか、プランはそのままで、割高なデータ量を追加購入するしかないんじゃ。
スマホ博士

1年縛りの場合は、LINEモバイルも1年縛りなので同じ条件になりますが、料金的には、LINEモバイルは月2,570円なので、楽天モバイルの2,480円の方が90円安いですね。

しかし、データ量は楽天モバイルの2GBに対して、LINEモバイルは3GB、そして何より、LINEモバイルLINETwitterFacebookInstagramの人気のSNSがデータフリーで使い放題ですから、LINEモバイルの方がお得だと思います。

LINEモバイル VS UQモバイル

UQモバイルの1ヵ月の料金

プランS(3GB5分かけ放題2年縛り

  • 初めの1年間は1,980円、2年目は2,980円
     → 平均すると、月2,480円
LINEモバイルの料金:月2,570円
ひよっこ君
UQモバイルは、通信速度がとっても速いって有名だよね。
そうなんじゃ。でも、LINEモバイルもソフトバンク回線は速いんじゃぞ。
スマホ博士

料金に関しては、LINEモバイルUQモバイルでは、UQモバイルの方が90円安いですが大差はなく、比較するとすれば、そのサービスの内容になります。

UQモバイルの一押しは、何と言っても、とにかく通信速度の速さです。

LINEモバイルも、ソフトバンクが親会社ですのでソフトバンク回線には力を入れているのですが、通信が混雑するお昼間朝夕の通勤の時間帯は遅くなってしまいますので、この点に関しては、圧倒的にUQモバイルに軍配が上がります。

電話のかけ放題に関しては、UQモバイルは5分かけ放題に対し、LINEモバイルは10分のかけ放題ですので、LINEモバイルに軍配

そして、やはりデータフリーのお話になりますが、UQモバイルはデータフリーのサービスはなく、LINEモバイルは、LINEツイッターフェイスブックインスタグラムデータフリーで使い放題ですので、この点は、圧倒的にLINEモバイルに軍配が上がると思います。

圧倒的な通信の速さでUQモバイルを取るか、その1時間ちょっとの通信の遅い時間帯は我慢して、LINEモバイルのSNS使い放題のデータフリーを取るか、この点は、利用者の皆さまの日々のスマホの使い方によると思います。

ちなみに、通信が混雑するお昼間や夕方の時間帯のLINEモバイルの通信速度ですが、UQモバイルよりは遅いですが、高画質の動画でない限りは、ある程度の通信速度はキープしておりますので、ご安心下さい。

ココに注意

UQモバイルは「ターボOFF時にSNSデータ消費ゼロ」を謳っておりますが、皆さまの中には、LINEモバイルのデータフリーと同じように思われる方がいらっしゃるかも知れません。

しかし、UQモバイルの「ターボOFF時」とは、節約モードの送受信が最大で300Kbpsの低速時の事で、「低速時でのSNSの使用はデータ消費ゼロ」を謳っているのです。

これはどこの格安SIMもそうで、データ量を使い切った時などは通信制限がかかり、データ量を消費しない代わりに、サクサクとは繋がらずに低速で繋がる様になるのです。

LINEモバイルのデータフリーは、いくら使ってもデータ量が消費されず、データ量がなくなった時でも高速通信で利用が出来るサービスになりますので、お間違いなくご理解下さい。

LINEモバイル VS マイネオ(mineo)

マイネオ(mineo)の1ヵ月の料金

マイネオ(Dプラン)

  • デュアルタイプ(3GB)1,600円
  • mineoでんわ 10分かけ放題 850円
  • 合計:月2,450円
LINEモバイルの料金:月2,570円
ひよっこ君
マイネオはとっても有名で、とっても人気のある格安スマホだよね。
そうなんじゃ。実はわしも、以前はマイネオを使っておったんじゃ。
スマホ博士

マイネオは、特にここが素晴らしいという飛び抜けた印象はないのですが、総体的に評価の高い素晴らしい格安SIMですね。

テレビコマーシャルもたくさん流れてますし、今、格安SIMの中では、最も利用者が多く、総合力のある格安SIMです。

料金的にはマイネオの方が100円ほど安いですが、SNSをしている人にとりましては、主要な4つのSNSがデータフリーLINEモバイルの方がお得ではないでしょうか。

他の格安SIMとの比較、まとめ

結局の所、格安SIMどうしは激しい競争をしていますので、料金的には、各社、ほぼ同じくらいの設定になると思います。

あとは、皆さまが格安SIMに対して、料金の安さ以外に何を望んでおられるかによると思います。

LINEを始めとするSNSを利用している人からしますと、LINEを含む4つの主要なSNSが使い放題のLINEモバイルは、かなりの魅力だと思います。

ひよっこ君
料金が同じ位なら、僕は、LINEが使い放題のLINEモバイルが良いよ。
LINEだけじゃなく、ツイッターにフェイスブック、インスタグラムまでが使い放題なんじゃから、絶対にお得だと思うぞ。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルのメリット、良い所

LINEモバイルのメリットLINEモバイルは、全てのプランでLINEがデータフリー、LINEでトークしても、通話をしても、ビデオ通話をどれだけしても、データ量が消費されず、使い放題になるのは、既にご説明をさせて頂きました通りで、LINEモバイルの最大の特徴であり、最大のメリットです

しかし、データフリー以外にも、LINEモバイルにはたくさんの良い所があるんですよ!

ひよっこ君
やったー。教えて、教えて!
どれどれ、LINEモバイルのお手並み拝見と行こうかの。
スマホ博士

LINEモバイルのおすすめポイント

  • 使っているiPhoneがそのまま使える!
  • iPhoneはテザリングがタダで出来る!
  • ソフトバンク回線は格安SIMの中で断トツに速い!
  • 余ったデータ量は自動で翌月に繰り越される! 
  • データ通信量を家族や友だちにプレゼントできる!
  • LINEモバイルなら、電話番号そのままで使える!
  • LINEの年齢認証・ID検索はLINEモバイルだけ!
  • LINEポイントが貯まる・使える!
  • 子供に持たせるのに最適な格安スマホ!
  • 電話代も安い!「いつでも電話」で通話料が半額!
  • 電話をたくさん掛ける人には、10分かけ放題もあります!
  • 親は「契約者連携」子は「利用者連携」で未成年者もOK!
  • LINEモバイルは月額基本利用料は初月がお得!
  • 2回線目以降の登録事務手数料が最大無料!
  • 招待プログラムでも、登録事務手数料が最大無料!
  • 24時間対応のサポート体制はLINEモバイルだけ!
  • オリコンの顧客満足度調査でも、総合第1位を獲得!
ひよっこ君
えっ、こんなにいっぱいあるの???
そうなんじゃ。全部は説明できないから、この中の一部のメリットを、簡単に説明させてもらうとしよう。
スマホ博士

LINEモバイルのメリットを、より詳細に説明しているページもありますので、お時間があれば、是非、覗いてみて下さいね。

関連記事

使っているiPhoneがそのまま使える!

iPhoneが使える!

LINEモバイルは、ドコモ回線ソフトバンク回線au回線の3回線が使えるトリプルキャリアの格安SIMです。

ですので、ドコモで買ったiPhoneはドコモ回線で、ソフトバンクで買ったiPhoneはソフトバンク回線で、同じ回線ならSIMロック解除をする事なく、そのままで使う事が出来ます。

また、auで買ったiPhoneは、iPhone 8以降ならSIMロック解除なしで、iPhone 6s以降ならSIMロック解除をする事で、同じau回線で使う事ができます。

また、iPhone 6s以降のiPhoneなら、ドコモで買ったiPhoneも、ソフトバンクで買ったiPhoneも、auで買ったiPhoneもSIMロック解除する事で、LINEモバイルのいずれの回線でも使う事が出来ます。

関連記事

iPhoneはテザリングがタダで出来る!

テザリングのイメージ今や、大手キャリアのauソフトバンクでさえ、デザリングを有料にしてしまいましたが、LINEモバイルでは、テザリングがタダで出来ます。

iPhoneに関しては、ドコモで買ったiPhoneソフトバンクで買ったiPhoneなら、全ての機種同じ回線タダでテザリングが出来ますし、iPhone 6s以降なら他回線でもタダでテザリングが出来ます。

auで買ったiPhoneは、iPhone 6s以降なら、どの回線でもタダでテザリングが出来ます。

androidの場合は、メーカーおよび機種が多数に付き、デザリングが出来る機種、出来ない機種を説明し尽せませんので、お手数ですが、LINEモバイル公式サイトの「トップページ」→「端末」→「動作確認済み端末検索」にて、今、使っているスマホでテザリングが出来るかご確認下さい。

関連記事

ソフトバンク回線は格安SIMの中で断トツに速い!

ソフトバンク回線は爆速

LINEモバイルは、2018年3月にソフトバンクと資本提携を交わし、2018年7月に、ソフトバンク回線のサービスをスタートさせました。

ソフトバンクの子会社になった訳ですから、ソフトバンクとしては、LINEモバイルのソフトバンク回線に力を注入するのは当たり前の事で、現在、爆速の通信速度を実現させています。

LINEモバイル公式サイトでソフトバンク回線の通信速度が公開されていますが、お昼休みや朝夕の通勤通学時などの通信が混雑する時間帯は、さすがに通信速度が遅くなる事もありますが、それ以外の時間帯は、ほぼ20Mbpsを下回る事はなく、まさに、格安SIMの中では、断トツの爆速を誇っています。

ちなみに、LINEモバイルのドコモ回線もau回線も、全く通信に支障のない早さじゃぞ。
スマホ博士

ココに注意

私はソフトバンク回線も利用していますが、ソフトバンク回線がスタートして1年、2019年7月の段階では、やはりソフトバンク回線の通信速度は落ちていて、通信が混雑する時間帯は、かなり繋がりにくくなっています。

しかし、何と言ってもLINEモバイルはソフトバンクの子会社ですので、持ち直してくれると思っています。

他の時間帯に付きましては、全く問題なく通信が出来ています。

ラインのID検索が出来るのはLINEモバイルだけ!

LINEアプリのID検索もできる

今、目の前にいる、近くにいるお友達とは、「ふるふる」や「QRコード」で友だち追加するのが便利ですが、遠方にいるお友達を友だち追加するには、LINEの「ID検索」が便利ですよね。

しかし実は、LINEのID検索が出来るのは、格安スマホで唯一LINEモバイルだけなのです。

LINEのID検索は、青少年のLINEユーザーの皆さまをトラブルから未然に守るため、18歳以上の人に限られます。

その為、LINEユーザーの年齢を確認する為、LINEの年齢認証(年齢確認)をする必要があるのですが、LINEは大手キャリアの契約情報を元に年齢確認をしていますので、ドコモauソフトバンクの大手キャリアはLINEのID検索を使う事が出来ます。

しかし、格安SIMではそのキャリアのシステムを使った年齢認証ができませんので、LINEのID検索を使う事ができません

そんな中、LINEモバイルはLINEの子会社ですので、LINEモバイルの申し込み時に年齢確認をする事で、格安SIMで唯一LINEのID検索を使う事ができるのです。

地味なメリットではありますが、キャリアでID検索を使い慣れている方からしますと、実際、ID検索が出来ないとなると、とっても不便を感じる様なそんなメリットです。

関連記事

子供に持たせるのに最適な格安スマホ!

最近は、中学生のお子さまは当たり前、小学生でもスマホを持っているお子さまをたくさん見かける様になってきました。

親御さまとしまして、お子様の防犯的な事を考えるとスマホを持たせたいと考えますが、一方、変なサイトは見ないかSNSで変な人と知り合ったりはしないかと大いに不安もあり、お子様にスマホを持たせる事を悩まれる方も多いです。

しかし、そんな親御さまの不安を取り除いてくれるのがLINEモバイルです。

多くの親御さまがお子様スマホにLINEモバイルを選んでおられますが、そこにはしっかりとした理由があります。

以下でほんの一部、ご紹介をさせて頂きます。

LINEが使い放題! 500円ぽっきりのお得なプランが子供スマホに最適!

いくら格安スマホが安くても、お子様が2人、3人といらっしゃいますと、さすがに費用もかさんでしまいます。

しかし、LINEモバイルの500円ぽっきりのLINEフリープランなら、2人のお子さまにスマホを持たせてもたったの1,000円3人でも1,500円、一家の大黒柱のお父さん、家計を預かるお母さんからしましても、とっても有難い事だと思います。

多くのご家族では、家族間の連絡LINEのトークや無料通話でやり取りをするのが当たり前ですから、お子様には電話の機能はいりませんし、LINEさえできればよく、月500円ぽっきりのLINEフリープランデータSIMタイプがピッタリなのです!

遠くに住んでるおじいちゃんやおばあちゃんも、お孫さんの成長をLINEのビデオ通話で見る事ができますので、お子様だけではなく、おじいちゃんやおばあちゃんにも、LINEモバイルは打ってつけの格安SIMなのです。

関連記事

最強のフィルタリングソフトがタダで付いて来る!

i-filterLINEモバイルでは、フィルタリングソフトの「i-フィルター」のオプションが無料で使えます。

(公社)日本PTA全国協議会も推薦、有害サイト対策をしているご家族の90%以上が「i-フィルター」を使っていて、機能はまさに、親御さまが望む事が全て盛り込んであるフィルタリングソフトです。

「i-フィルター」でできる事

  1. 有害サイトをブロックする事が出来る。
  2. 外出中の子供がどんなサイトを見ているのか、親は自宅のパソコンでチェックする事が出来る。
  3. 使わせるアプリ、使わせないアプリを親が決める事が出来る。例えば、LINEは「許可」、Twitterは「禁止」など、子供の成長に宜しくないと思われるアプリを、親が使用禁止に設定する事が出来る。
  4. 子供がスマホを使用する時間を、親が制限する事が出来る。例えば、子供が外出中は、家族との連絡手段であるLINEを使わせなければいけないから、スマホを使用できる様に設定し、家に帰って来てからは、スマホでゲームをさせない様、スマホを使えない様に設定する事が出来る。
  5. 子供が行った場所や、子供が今いる場所を確認する事が出来る。

この様な機能があれば、思春期のお子さまに対してもガミガミ言わず、温かく見守ってあげる事ができますよね。

この「i-フィルター」、マイネオでは月350円で、楽天モバイルでは月300円で、有料のオプションになっているのですが、LINEモバイルはタダ

お子さま2人分で700円、3人分なら1,000円もかかる所がLINEモバイルなら0円ですので、こんな所でも、LINEモバイルは家族を守る親御さまの事を応援してくれているのです。

関連記事

親は「契約者連携」を、子は「利用者連携」を

契約者連携・利用者連携LINEモバイルでは、他の多くの格安SIMと同じように、18歳未満の人は自分の名義で契約をする事が出来ません

そんな場合、普通は親が契約をして、そのスマホをお子さまに使わせる事になりますが、そのままお子さまに手放しでスマホを使わせると色々な問題が起こりますよね。

しかし、LINEモバイルでは、親御さまが契約したスマホを、野ざらしで子供に使わせるのではなく、親御さまは「契約者連携」としてかかわる事ができるのです。

お子さまは「利用者連携」をするのですが、LINEモバイルでは、親の出来る事子供の出来る事を分けているのです。

ひよっこ君
子供(利用者連携)はデータ量の追加購入は出来ないんだよ。
子供がデータ量の追加購入ができると、ゲームをしまくるじゃろ。
スマホ博士

その通りでして、お子様はゲームが大好きですから、つい夢中になってデータ量を使い尽くしてしまったら、データ量の追加購入を勝手にしてしまう可能性もありますよね。

しかしLINEモバイルでは、データ量の追加購入契約者連携をした親御さましか出来ません。

また、マイページにログインする事で、お子様のスマホの利用状況も把握する事が出来るのです。

関連記事

LINEモバイルは、初月の月額基本利用料が超・お得です!

LINEモバイルの初月の月額基本料金は、同じSIMカードタイプの中で、最も安いプランの料金になります。

LINEモバイルの初月の月額基本利用料

  • データSIM:500円
  • データSIM(SMS付き):620円
  • 音声通話SIM:1,200円

例えば、電話の出来る「音声通話SIM」の場合、4種類のSNSがデータフリーの「コミュニケーションフリープラン10GB」(月額3,220円)でも、4種類のSNSにプラスしてLINE MUSICまでがデータフリーの最も高いプランである「MUSIC+プラン10GB」(月額3,520円)でも、初月は最も安い「LINEフリープラン1GB」の料金の1,200円で使う事ができます。

あるいは、通信とSMSが出来る「データSIM(SMS付き)」の場合でも、最も高いプランの「MUSIC+プランの10GB」(月額2,940円)でも、初月は最も安いプランである「LINEフリープラン1GB」の620円で使う事ができます。

ですので、初月により多くのデータフリー(LINE・Twitter・Facebook・Instagram・LINE MUSIC)を体験する事が出来ますし、最も多い量のデータ量で存分にネットや動画をご覧頂く事ができます。

この事により、LINEモバイルの良さを全て知って頂き、その中からチョイスをして頂き、ご自身に最も適したプランを選択して頂く事ができます。

そして、LINEモバイルは、同じSIMカードタイプであれば、いつでも無料でプラン変更が出来ますので、初月に最も高いプランを試し、2月以降の本命のプランが決まりましたら、初月中にプラン変更をして頂く事で、2ヶ月目から本命のプランを使う事ができます。

また、初月に使い切れなかったデータ量は翌月に自動で繰り越されますので、初月に10GBのデータ量を申し込めば、翌月、少ないデータ量に変更したとしても、余裕をもって通信して頂く事ができます。

関連記事

24時間対応のサポート体制はLINEモバイルだけ。

いつでもヘルプLINEモバイルでは、365日24時間体制でお客様からのご質問やご不安に対応しています。

スマホのLINEアプリの「いつでもヘルプ」から入って頂きますと、10時から19時まではオペレーターがLINEのトークで質問に回答してくれますし、それ以外の時間は、AIによる自動回答でお客様の不安を解消して頂く事が出来ます。

そして、この「いつでもヘルプ」は、以前はご契約者さまだけが利用できるサービスだったのですが、今は、ご契約前の方でも利用できる様になりました。

LINEモバイルをご利用中の皆さまも、たくさんの質問があると思いますが、ご契約前の検討中の皆さまの方が、もっとたくさんの疑問や質問があると思いますので、とっても有難い対応です。

ひよっこ君
オペ―レーターさんも、とっても丁寧に対応してくれるんだよ。
夜中でもAIが疑問や質問に答えてくれるとは、便利な世の中になったもんじゃ。
スマホ博士

オリコンの顧客満足度調査で、総合第1位を獲得!

総合満足度で最優秀賞を受賞

色々とLINEモバイルの長所を書き連ねてみましたが、この中には、LINEモバイルを気に入っている私の意見も、自然と多く含まれてしまっているかも知れません。(汗)

ひよっこ君
えこひいきが入っているかも知れないもんね。

LINEモバイルが本当に良いのか悪いのか、最終的には、口コミや評判で判断が出来るのものだと思います。

そんな中、LINEモバイルは、サービス開始からたったの10ヶ月で、株式会社イードによる格安SIMサービスの満足度調査において、堂々の総合満足度、最優秀賞に駆け上がりました。

そして、音楽ランキングで有名なオリコン格安SIM部門の顧客満足度調査で、格安SIMランキングの総合第1位を獲得。

また、価格.comが行った調査でも、LINEモバイルは格安SIM満足度ランキングで、総合満足度第1位を獲得しています。

ひよっこ君
オリコンって言ったら、とっても有名だよね。
価格ドットコムも、何か買う時にどこが安いか、ワシはいつもお世話になっとるぞ。
スマホ博士

その他にも、LINEモバイルは多くのユーザー様から高い評価を頂いております。

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルのデメリット、悪い所

LINEモバイルのデメリットここまで、LINEモバイルの事を散々、褒めたたえて来ましたが、それだけじゃダメですよね。

ひよっこ君
そうだよ、悪い事も聞いておかないと信用できないよ。
その通りじゃよ、ひよっこ君。
スマホ博士

という事で、LINEモバイルを実際に使っていて、私なりに、ここはもうちょっとこうならないのかな、ここはもうちょっとこうなら良いのに、って思った事を書かせて頂こうと思います。

とにかく、頭を振り絞ってほんのちょっとでも不満に思った事を、全て書き出してみました。

LINEモバイルのデメリット、ダメなところ

  • auの端末はSIMロック解除が必要 au回線もスタート。
  • 最低利用期間の縛りあり、解約手数料あり
  • プラン変更に、一部、制限あり
  • 昼休みや夕方の時間帯は、回線が混み合って通信速度が遅くなる
  • 無制限の長電話が出来ない
  • キャリアメールが使えなくなる
  • データ容量が10GB+10GBのマックスで20GBまで
  • 開通まで、ソフトバンク回線の場合、時間が掛かる
  • 高速モードと低速モードの切り替えが出来ない
  • バースト機能がない
  • パソコン版LINEでは「いつでもヘルプ」が使えない
  • 「いつでも電話」アプリにアラーム機能がない 付きました。
  • 「いつでも電話」は110番や119番にはかけられない
  • 口座振替のやり方がややこしい
  • 正直、ホームページが分かりにくい かなり改善されてます。
ひよっこ君
これまた、ダメな所もたくさんあるんだね!?
頭を振り絞って探し出したデメリットじゃろうけど、それにしても多いのう。
スマホ博士

デメリットにつきましても、全部を詳しく書く事は難しいですので、ここでは、私的に特に気になるデメリットをご説明させて頂きます。

LINEモバイルのデメリット・悪い所につきましては、専用ページを作っておりますので、お時間がありましたら、是非、覗いてみて下さいね。

関連記事

最低利用期間の縛りあり、解約手数料あり

LINEモバイルでは、データSIMSMS付きのデータSIMの場合は、最低利用期間はありませんので、契約をして気に入らなければ、翌月に解約をしても解約手数料は発生しません

しかし、LINEモバイルの音声通話SIMの場合は、1年間の最低利用期間があり、実質の「1年縛り」が存在します。

音声通話SIMを契約している場合、もし仮に、1年以内に解約MNP転出をする場合には、9,800円(税別)の解約手数料が発生してしまいます。

ひよっこ君
でも、1年くらいの縛りはどこの格安SIMでもあるんでしょ?
そうじゃよ。UQモバイルは2年縛りじゃし、楽天モバイルも安い料金にしようとしたら、2年縛り、3年縛りもあるんじゃぞ。
スマホ博士

昼休みや夕方の時間帯は、回線が混み合って通信速度が遅くなる

他の格安SIMと同じように、LINEモバイルも、朝夕の通勤時間帯お昼休みの時間帯は、スマホで通信をする人が多くなる事により通信の混雑が起こり、通信速度が遅くなってしまいます。

テキスト主体のメールやウェブサイトの場合は、この通信が混雑する時間帯でも普通に見れる事が多いですが、画像の多いサイトや動画などの場合は、非常に遅くなり、正直、ストレスになってしまいます。

やはり、通信速度に限定して言えば、ドコモ、au、ソフトバンクのキャリアや、サブブランドと言われるY!モバイルやUQモバイルにはかないません。

それ以外の時間帯であれば、動画を見る事の出来る通信速度は維持されていますので、感覚的にはキャリアやサブブランドと全く同じです。

また、サービス開始から1年が経過したLINEモバイルのソフトバンク回線については、当初は爆速を誇っていましたが、加入者の増加によって、正直な所、当初の爆速よりかは通信速度も遅くなって来ています。

しかし、何と言っても、LINEモバイルの筆頭の親会社はソフトバンクですので、将来的には、ソフトバンク回線の通信速度は希望的観測で回復すると思っています。

ひよっこ君
昼休みや通勤時間帯に通信速度が遅くなるのは、格安SIMなら仕方がないんだね。
そうなんじゃ、それを理解した上でLINEモバイルに乗り換える必要があるのう。どうしても通信速度だけは譲れないという人は、大手キャリアかサブブランドじゃな。
スマホ博士

高速モードと低速モードの切り替えが出来ない。

LINEモバイルでは、高速モード低速モードの切り替え、つまり、データ消費量を節約できるモードがありません。

LINEモバイルでは主要な4つのSNSデータフリーでデータ容量が消費されませんので、その分、既にデータ量の節約は出来ていて、他の格安SIMで5GBを使う所、LINEモバイルなら3GBで足りるかも知れません。

しかし、データ量を使い尽くしてしまいそうな時には、ネットを使わない場面があれば、節約モードでデータ量の消費をゼロにしたいという気持ちは、誰もが持つ気持ちだと思います。

ひよっこ君
でも、僕はデータフリーの機能で十分だと思うよ。
通信をしたくない時は「モバイルデータ通信」をオフにするという手があるぞ。
スマホ博士

LINEモバイルへの乗り換え・MNP転入はたったこれだけ!

MNPで乗り換え

ひよっこ君
メリットもデメリットも分かったし、ぼく、LINEモバイルが気に入ったから乗り換えるよ。

それは名案じゃ! さっそく、LINEモバイルに乗り換える方法を指南してやろう。
スマホ博士

ここでは簡単に、大手キャリアからLINEモバイル乗り換える流れをご説明させて頂こうと思います。

乗り換え方法の詳細に関しましても、別ページを作らせて頂いておりますので、お時間があれば、是非ご覧を頂ければと思います。

関連記事

step
1
MNP予約番号を取得する。【5分~10分】

ステップ①MNP予約番号まずは、今、ご利用なさっている携帯会社に連絡をして頂き、「MNP予約番号」を取得なさって下さい。

MNP予約番号とは、今、お使いの電話番号を、そのままLINEモバイルに乗り換えて使う為に必要な予約番号です。

このMNP予約番号には有効期限がありまして、ドコモ、au、ソフトバンク、共に、発行してから15日間になります。

MNP予約番号の取得は無料ですが、MNPで乗り換えが完了した時には、旧の携帯会社に「MNP転出手数料」を支払う必要があります。(ドコモは2,000円、auとソフトバンクは3,000円)

step
2
LINEモバイルを申し込む【10分~15分】

ステップ②申し込みMNP予約番号を取得して頂きましたら、いよいよ、LINEモバイル公式サイトからお申し込みをなさって頂きます。

お申し込みをする際の注意点としましては、元の携帯会社で取得したMNP予約番号の有効期限10日以上、残っている事が必要です。

逆に言いますと、元の携帯会社でMNP予約番号を取得してから、5日以内にはLINEモバイルでお申し込みをしなければいけないという事になります。

ですので、MNP予約番号を取得して頂きましたら、出来るだけ早く、LINEモバイルでお申し込みをして頂いた方が良いのですが、もし、バタバタと忙しくて5日以内に申し込みが出来なくても、どうぞご安心ください。

MNP予約番号は再発行が可能ですし、乗り換えをしなければ、その予約番号は無効になります。

出来れば、MNP予約番号を取得したら、その足でLINEモバイルに申し込むのがベストじゃな。
スマホ博士
ひよっこ君
うん、分かった。僕はそうするよ。

step
3
SIMカードが到着するのを待つ【申し込み後、2~3日】

ステップ③商品を受け取る無事、LINEモバイルでお申し込みが完了しましたら、まずは、LINEモバイル内で本人確認審査がスタートします。

そして、早ければ即日に審査は完了し、早ければその日にSIMカードが発送されます。

お申し込み状況が混雑している場合でも、お申し込みの翌日には審査は完了しますので、配達状況にもよりますが、通常、2~3日の間にはお手元にSIMカードが届くと思います。

step
4
マイページで利用開始手続きをする【1分~5分】

ステップ④利用開始手続き

ひよっこ君
やったー、博士、SIMカードが届いたよ。

そうかい、それじゃあ、早速、スマホを使える様に設定をしようかのう。
スマホ博士

さあ、SIMカードが届きました。

早速、LINEモバイルから届いたSIMカードスマホに挿して、通信を開始したい所ですが、そのままではLINEモバイルを使う事ができませんので、まずはLINEモバイルの「初期設定」をして頂く事になります。

この「初期設定」には2つの行程がありまして、1つ目が「利用開始手続き」、2つ目が「APN設定」になります。

まず1つ目の「利用開始手続き」は開通手続きとも言われまして、利用する通信回線を元の携帯会社からLINEモバイルに変更する手続きになりますが、LINEモバイル公式サイトからマイページにログインをすると、いきなり「利用開始手続きをする」というボタンが表示されますので、そのボタンを押下するだけです。

たった1分で終わります。

参考までに、この利用開始手続きが完了するまでは、元の携帯会社で通信・通話をする事ができますが、利用開始手続きが完了しますと、元の携帯会社は使えなくなり、まずは、LINEモバイルで通話ができる様になります。

step
5
APN設定をする【5分~10分】

ステップ⑤APN設定利用開始手続きをして頂きましたら、いよいよ、届いたSIMカードをスマホに挿して頂き、「APN設定」をして頂きます。

APN設定とは通信をする為の設定になり、このAPN設定をする事でスマホが使える様になります。

APN設定に関しましては、お使いのスマホがiPhoneなのか、android端末なのかによってやり方が違いますので、詳細なAPN設定のやり方については、下の別記事をご覧頂ければと思いますが、いずれにしましても、この作業も数分で終わります。

ひよっこ君
これで晴れて、LINEモバイルで通信や通話ができるんだね。 早速、LINEでお母さんにトークをしてみよう。やっぱり、通話にしよう。
ひよっこ君、お疲れさんじゃったのう。これで、快適にLINEモバイルが使えるんじゃよ。(笑)
スマホ博士

関連記事

step
6
契約者連携・利用者連携をする【5分~10分】

ステップ⑥契約者連携・利用者連携APN設定までして頂きました所で、お持ちのスマホはLINEモバイルで使える様になりましたが、APN設定を終えて頂きました流れで、この「契約者連携」「利用者連携」までしてしまう事をおすすめ致します。

既にこの記事の「LINEモバイルのメリット」の箇所でもご説明をさせて頂いておりますが、「契約者連携」「利用者連携」とは、LINEモバイルの契約とお持ちのスマホのLINEアプリを連携させる事で、LINEモバイルをとても快適に使う事ができる様になります。

キャンペーン等でLINEポイントが貰える場合は、この「契約者連携」をしておかなければ貰えませんので、忘れずになさる事をおすすめ致します。

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルの総まとめ

トップページのメイン画像

皆さま、お疲れさまでした。

ざ~っと一通り、LINEモバイルの事をご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか、LINEモバイルの事をご理解頂けましたでしょうか。

私も現在、LINEモバイルを使っていますが、使っている私が言うのも当たり前かも知れませんが、LINEモバイル、かなり良いですよ!

ひよっこ君
そうだよね、やっぱり、LINEを気兼ねなく、使いたい放題に使えるのは良いよね。ツイッターフェイスブックインスタグラムが使いたい放題なのも最高だよ!
料金も月500円からじゃから、家計も大助かりじゃ。
スマホ博士

LINEモバイルは特徴がはっきりしていますので、その特徴に合う方にとっては、最高の格安SIM最高の格安スマホだと思います。

是非、ご検討して頂きまして、是非、LINEモバイルで楽しく快適に、ご家族やお友だち、大切な人とコミュニケーションを図って頂ければと思います。

最後までお読み下さいまして、有難うございました。よろしくお願い致します。(笑)

LINEモバイルはとっても素晴らしい格安SIMですよ!

是非、LINEモバイルにお申し込み頂き、ご家族やお友達と「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!

ひよっこ君
下のバナーから申し込みができるよ。(笑)
宜しくお願いしますぞよ。(笑)
スマホ博士

Copyright© LINEモバイルで Let's Communication! , 2020 All Rights Reserved.