LINEモバイルとは

LINEモバイルのデータSIMでも通話はできる!050アプリが超・便利!

050アプリで電話する

LINEモバイルをご検討中の皆さま、こんにちわ。

ひよっこ君
LINEモバイルの「音声通話SIM]と「データSIM」、どっちにしようか迷ってるんだけど...。

LINEモバイルの音声通話SIMデータSIMの大きな違いは、ご存知の通り、電話ができるかできないかという事になりますが、料金はかなり変わって来ますよね。

電話はそんなにかけないんだけど、でも、電話をかける事ができなければ不便だし、でも、高い音声通話SIMだと、そこまで電話はかけないから損した気分になるし、どっちにしたら良いんだろう、そんな風に悩まれている方もいらっしゃると思います。

そうなんじゃ、その微妙な悩みどころ、よく分かるぞ。
スマホ博士

お仕事で電話を使われる方にとりましては、電話の機能は必要で、090や080の電話番号は大事ですから、迷う事なく音声通話SIMになさると思いますが、家族やお友だちとはLINEで電話をしたりする学生さんや主婦の皆さまにとりましては、音声通話SIMはもったいないと思います。

そこで、この記事では、電話はそれ程はかけないけど、でも電話がかけられなかったら不便だという皆さまに対し、データSIMを選びながらも、音声通話SIMと同じ様に通話が出来る050アプリの事をご紹介させて頂こうと思います。

050アプリも有名どころは5つ、6つほどありまして、それぞれに特徴がありますので、皆さまのご都合に合わせて選べるように比較もさせて頂いております。

料金の安いデータSIMを利用しながら、都合よく、安く便利に電話機能が使える方法をお示しさせて頂ければと思います。

どうぞ、よろしくお願い致します。

\LINEモバイルの最新キャンペーンはこちらから!/

LINEモバイルで電話をする方法を軽くご紹介

まずはざっくり、皆さまがLINEモバイルを使われる時に利用できる、LINEモバイル、及び、LINEが提供する電話が出来る方法をご紹介させて頂こうと思います。

ご存知の皆さまは、おさらいの様な感じでお読み頂ければと思います。

LINEモバイルの「いつでも電話」アプリ

LINEモバイルの音声通話SIMを契約しますと、電話の機能を使う事ができます。

スマホに元から入っている電話アプリで電話をしますと、30秒で20円、つまり、たった1分、話すだけで40円というとんでもない高い通話料がかかって来ます。

ひよっこ君
1分で40円なんて高すぎだよ!

そこで、LINEモバイルが準備をしてくれているのが、「いつでも電話」という電話アプリになりまして、この「いつでも電話」から発信する事で、通話料はなんと半額になり、30秒で10円、つまり、1分で20円の通話料で電話をかける事ができる様になります。

しかしハッキリ言って、半額になるからと言って、それでも1分の通話で20円は高いですし、たまにしか電話をかけない方にとりましては、この通話料で電話をする為に、料金の高い音声通話SIMを契約するのはもったいないです。

その通りじゃ。データSIMでお金を浮かせて、それで通話をした方が絶対にお得じゃ。
スマホ博士

参考までに、LINEモバイルの音声通話SIMデータSIMどれ位の料金の差があるのか、下の表をご覧下さい。

LINEフリープラン

容量 データSIM データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
1GB 月額500円 月額620円 月額1,200円

コミュニケーションフリープラン

容量 データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
3GB 月額1,110円 月額1,690円
5GB 月額1,640円 月額2,220円
7GB 月額2,300円 月額2,880円
10GB 月額2,640円 月額3,220円

MUSIC+プラン

容量 データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
3GB 月額1,810円 月額2,390円
5GB 月額2,140円 月額2,720円
7GB 月額2,700円 月額3,280円
10GB 月額2,940円 月額3,520円

ご覧の通り、LINEフリープランの場合、データSIMと音声通話SIMの差額は700円、そして、コミュニケーションフリープランMUSIC+プランでは、データSIM(SMS付き)と音声通話SIMの料金の差額は580円

1ヶ月で考えますと、たったの700円580円と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、年間で考えますと8,400円とか6,960円とかにもなって、必要なお金なら仕方がないですが、無駄なお金なら節約したい金額になります。

ひよっこ君
僕だったら、無駄な事には一切、お金は使いたくないもんね。

ただでさえ、スマホ代を安くするためにLINEモバイルに乗り換えるのに、たまにかける電話の為にこれだけの高い分の料金を払って、そして、通話料も大して安くないとなれば、「電話をあまりかけないけど電話機能はあった方が良い」という感じの皆さまには、やはり音声通話SIMはもったいないです。

やはり、料金の安いデータSIMを使いながら、使い勝手の良い電話方法を使うのが良いという事になります。

そんな方法をご指南させて頂くぞよ。
スマホ博士

LINEの無料通話やビデオ通話

LINEの無料通話ビデオ通話は、使っておられる皆さまも多いと思いますので、説明は不要かと思いますが、参考までに少しだけご説明をさせて頂きます。

LINEの無料通話はインターネットを利用した通話方式になりまして、文字通り、通話料は無料で電話をかける事ができます。

通話料がかからない分、インターネットに繋ぐ通信料がかかりますが、LINEモバイルならLINEはデータフリーになり、LINEを使う際の通信料は一切、消費されませんので、通話料も通信量もまさに無料ですので、非常にお得な通話方法です。

ひよっこ君
LINEはLINEモバイルのユーザーなら使わなきゃ損だよ。

LINEの無料通話はインターネットを介しての通話ですから、料金の高い音声通話SIMを契約する必要はなく、LINEモバイルのデータSIMでも使えますので、LINEモバイルを使うなら絶対に使わないと損な通話方式です。

単身赴任をしているお父さんが、LINEのビデオ通話でお子さまの元気な姿を見れば、仕事の疲れも吹っ飛ぶことでしょうし、遠方のおじいちゃんやおばあちゃんがかわいい孫の成長を見届けるにも、LINEモバイルのビデオ通話はうってつけです。

LINEのビデオ通話も、一切、データ量が消費されずに全く無料じゃからのう。
スマホ博士

しかし、LINEの無料通話には残念な点が一つあります。

残念ポイント

LINEの友だちとしか通話ができない!

このLINEモバイルの無料通話ビデオ通話は誰とでも通話をする事が出来る訳ではなく、LINEのユーザー同士でしか通話が出来ず、つまり、それ程、親しくない人との通話には向かずご家族や親しい友人との通話を目的に使う事が多い通話方式になります。

ですので、データSIMを使いながら、ご家族や親しい友人との会話は、このLINEの無料通話ビデオ通話で事が足りますが、それ程、親しくない人のスマホに電話をしたり、お店などの一般の固定電話にする事はできませんので、このLINEの無料電話やビデを通話を利用しながらも、他の通話方法を模索する必要があるのです。

ひよっこ君
LINEを使ってる人でも、親しくなかったらLINEでは電話しにくいもんね。
その通りじゃ。親しくない人にも電話が出来る方法を探さにゃならん...。
スマホ博士

LINE Out(LINE Out Free)

となりますと、次に利用したいのがLINE Outになります。

このLINE Outインターネットを利用したIP電話の一つになりまして、LINEモバイルのユーザーにとりましては、このLINE Outを利用する際の通信量データフリーになりますので、とてもお得な通話方法になります。

ひよっこ君
LINE OutもLINEモバイルのユーザーは使わなきゃ損なんだよ。

そして、このLINE Outは携帯電話や固定電話に電話をする事ができますので、LINEの友だちにはLINEの無料通話ビデオ通話で電話をかけて頂き、LINEの友だち以外に電話をする時にはこのLINE Outを使って電話をかけてという様に、LINEアプリ一つでほぼすべての人に電話をかける事ができる様になります。

LINEは本当に良いサービスを提供してくれるのう。
スマホ博士

ですので、LINEモバイルのデータSIMを使いながら、LINEの無料通話LINE Outでほとんどの人に電話をかける事ができる様になります。

そして、このLINE Outは有料にはなりますが、特筆すべきはその通話料の安さです。

コールクレジット

  固定電話(分) 携帯電話(分)
日本 3円 14円
アメリカ 1円 1円

30日プラン

  固定電話(分) 固定・携帯(分)
日本 2円 6円
アメリカ 1円

LINE Outには2種類の料金プランがありまして、通話料については30日プランの方が圧倒的に安いのですが、30日プランは30日間の期限付きのプランになりますので、あまり電話をかけない方にはちょっと使い勝手が悪いです。

一方のコールクレジットは、プランは安いものから高いものまで7種類あり、android端末の場合は有効期限が180日iPhoneの利用者は一部のプランには期限がありませんので、電話をあまりかけない、でもたまに電話はかけるので電話機能は欲しい、という方にとりましては、ちょっと通話料は高いですがこちらを選択なさる事が都合が良いと思います。

ひよっこ君
高いと言っても安いんだよ。(笑)

30日プランの方はビックリする位に安いですが、コールクレジットの場合でも、固定電話へは1分3円と家の固定電話並みの安さですし、携帯電話へ電話をする場合でも1分14円で電話をかける事ができまして、LINEモバイルの音声通話SIMを契約して「いつでも電話」からの発信の30秒10円(1分で20円)よりも安くで通話ができます。

また、LINE Outのサービスの中に無料版のLINE Out Freeというサービスがありまして、発信をする前に30秒ほどの動画の広告を見る事で、1日5回の限定になりますが、固定電話へは3分間携帯電話へは1分間、無料で電話をかける事ができるサービスもあります。

ですので、わざわざ高い音声通話SIMを契約しないでも、LINEが提供する2つのサービス、LINEの無料通話(ビデオ通話)LINE Out(LINE Out Free)を上手に使い分ける事によって、データSIMでも十分に電話をかける事ができるのです。

しかも、音声通話SIMの場合よりも通話料が安くで電話ができるんじゃ。
スマホ博士

関連記事

しかし、このLINE Outには残念な点が一つだけあります。

残念ポイント

発信専用なので電話を受けられない!

LINE Outは発信専用になりますので、電話を受ける事ができません

家族や親しい友人なら、LINEの無料通話であなたに電話をかける事ができますが、LINE Outには電話番号がありませんので、LINEの友だち以外の人からは、あなたに連絡を取ろうと思っても電話をかける事ができないのです。

LINEの通話サービスのまとめ

LINEモバイルの音声通話SIMを利用せずに、LINEモバイルのデータSIMを契約しながら、LINEの2つの通話サービスでお得に電話をかける事ができるのはご理解頂けたかと思います。

しかし、データSIMを使いながら音声通話SIMと同じように電話機能を使うには、電話を受けるという機能が抜けています。

LINEの無料通話 LINEの友だちとは無料で通話をする事ができる
   ↓
LINEの友だち以外とは通話をする事ができない
LINE Out LINEの友だち以外に電話をかける事ができる
   ↓
発信専用なので電話番号がない
   ↓
LINEの友だち以外からの電話が受けられない

電話をそんなに使わない方からしますと、別に電話番号がなくて構わないし、電話を受けられなくても構わないわよ、とおっしゃるかも知れません。

ひよっこ君
そうだよ。別に電話が受けられなくても大丈夫なんじゃないの。
いやいや、ひよっこ君、電話番号ってなかったら案外に不便なもんなんじゃぞ。
スマホ博士

例えば、美容院に予約の電話を入れる時に、必ず連絡先は聞かれるでしょうし、飲み会の予約の電話をする時も連絡先は聞かれるでしょうし、その他、役所に行ったり銀行に行ったり、普段の生活の中で電話番号が必要になるシーンは案外と多いと思います。

家に固定電話がある場合は、その電話番号を伝えれば上記の問題は解決しますが、やはり、電話を受ける事ができないので地味に不便だと思います。

その様な悩みを解決してくれるのが、050電話050アプリなのです。

LINEモバイル公式サイト

050アプリとは?

かなり前振りが長くなってしまいましたが、ようやっと、この記事の主役の「050アプリ」の登場となります。

050アプリとはスマホで利用する事ができるIP電話の事を言いまして、050から始まる電話番号の為、050アプリ050電話とも言われますが、簡単に言いますと、スマホにIP電話のアプリをインストールして、そのアプリでスマホから050の番号を使って発信する電話になります。

ひよっこ君
色んな電話があるんだね。

皆さまがご存知の090080の電話番号は電話回線を使った電話になりますので、LINEモバイルの音声通話SIMを契約する必要がありますが、IP電話である050アプリインターネット回線を利用した電話になりますので、LINEモバイルのデータSIMでも利用する事ができます。

そして、同じIP電話の一種であるLINEの無料通話LINE Outとは違って、050アプリは050の電話番号を持つ事ができますので、この050の電話番号に電話をかけて貰う事によって電話を受ける事ができます

インターネットを利用した電話になりますので、回線が混雑している時には、電話が繋がりにくなったり、音声が途切れてしまう事もありますが、現在はかなり改善されていて、ほとんどの場合は気にならずに普通に使う事ができます。

050の番号からかかって来たら、まだ少し不審に思ってしまう事もあるがのう...。
スマホ博士

確かに050の電話番号と言いますと、固定電話や090、080の電話よりはあまり耳なじみがない電話番号なので、大丈夫なのって思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、国の機関や企業でも使われていますし、下記でご説明をさせて頂いておりますが、大手の会社が提供しているので大丈夫ですよ。

それでは、ざっくり、有名どころの6つの050アプリの月額基本料と通話料の比較をしてみましたのでご覧ください。

「050アプリ」の通話料の比較表

  月額基本料 固定電話 携帯電話
SMARTalk 0円 30秒8円(1分16円)
My 050
(旧、050Free)
0円 3分8円 1分18円
LaLa Call 100円 3分8円 30秒8円
(1分16円)
G-call 050 280円 3分8円 1分16円
050plus 300円 3分8円 1分16円
Skype番号 300円 1分2.26円 1分10.81円

基本的には、頻繁に電話をかけず、LINEモバイルのデータSIMを使いながらの050アプリの利用という事で想定させて頂き、上記は月額基本料が安い順に記載させて頂いております。

基本的に電話を受ける為に利用する050アプリという想定ではありますが、通話料は安いに越したことはありませんし、それぞれの050アプリで特色も違いますし、機能の違いもありますので、以下で簡単にご説明させて頂きます。

参考にして頂きまして、ご都合の良い050アプリを利用して頂ければと思います。

SMARTalk

SMARTalk

SMARTalk楽天コミュニケーションズが運営している050アプリになりまして、個人的にはおすすめの050アプリです。

SMARTalkの特徴

  • 基本利用料が無料
  • 留守電・指定番号の着信拒否も無料
  • 通話料は国内通話・国際電話、共に30秒8円
  • 通話録音も可能
  • スマホの電話帳から発信可能
  • よく使う通話相手を写真入りで登録できる
  • 着信音を変更可能
  • Bluetoothヘッドセット利用可能
  • 支払方法はクレジットカードのみ

滅多に電話はかけず、基本は着信の為の電話ですから、何と言いましても、月の基本利用料金が無料なのが有難いです。

ひよっこ君
まずはやっぱり、月の固定費がかからない事が一番だね。

そして、留守番電話着信拒否の設定も無料でできるのは嬉しいです。

留守番電話はアプリ内で再生して聴く事が出来ますので、通話料は発生しませんし、設定により音声ファイルをメールに添付して送る事もできますので、すぐに聞く事もできます。

着信音を変更する事もできますので、050アプリにかかって来ている電話である事も一撃で分かります。

電話を受ける便利機能は揃っておる様じゃのう。
スマホ博士

通話料は他の050アプリと比べますと、固定電話への通話料が高いですが、LINE Outならコールクレジットなら1分3円ですので、使い分けをする事で通話料を抑える事ができます。

尚、ほとんどの050アプリがそうですが、SMARTalk同士の通話料は無料になります。

支払方法はクレジットカードのみの後払いになりますが、一部、楽天銀行とスルガ銀行のデビットカードは登録する事ができます。

My 050(旧、050Free)

My 050(旧、050Free)

My 050ブラステル(brastel)が運営する050アプリになります。

My 050の特徴

  • 月額の基本料はなし
  • 通話料は携帯へは1分18円、固定電話へは3分8円
  • My 050同士の通話料は無料
  • 一部のフリーダイヤルに電話ができる
  • お支払いはプリペイド(前払い)式
  • 留守電がない

月の基本料金が無料で、通話料もSMARTalkと比べると携帯へはほぼ同じですが固定電話へは安くなりますので、発信するには良い050アプリだと思います。

ひよっこ君
この050アプリも基本料金が無料なのはGoodだね。

また、海外への通話料は他の050アプリよりも安く、例えばアメリカ本土へは固定電話へも携帯電話へも1分3.99円でかける事ができますが、LINE Outなら1分1円でかける事ができてしまいます。

発信するにはメリットがありますが、基本、LINEモバイルのデータSIMを利用しつつ、LINEの無料電話LINE Outで発信しながらの、電話の受信に重きをおいての利用となりますと、留守番電話がないのは厳しいです。

また、お支払いもプリペード式になり、基本的に発信するかどうか分からないのに前払いをする事にも抵抗を感じてしまいます。

留守電がないのももう一つじゃし、前払いも面倒じゃが、フリーダイヤルに電話をかけられるのはこの050アプリだけなんじゃ。
スマホ博士

LaLa Call

LaLa Call

LaLa Callケイ・オプティコムが運営して050アプリになります。

LaLa Callの特徴

  • 月額基本料は100円
  • 通話料は携帯へは30秒8円、固定電話へは3分8円
  • 留守番電話が標準で使える
  • 着信拒否ができる
  • メッセージや画像もやりとりできる
  • 支払方法はクレジットカード

ケイ・オプティコムと言えば、格安SIMのマイネオを運営している事でも知られますが、ですので、マイネオを利用している方にとりましては、月額の基本料が実質無料になりますので非常にお得です。

ひよっこ君
マイネオを使ってる人には、このLaLa Callがベストなんだろうね。

そして、機能的にはSMARTalkとほぼ同じで、非常に充実しています。

着信拒否も設定できますし、留守番電話も音声をメールに添付して送る事が出来ますし、LaLa Callの契約者同士ならLINEの様にメッセージや画像のやりとりができる機能もあります。

着信用として利用する分には、このLaLa Callも非常に使い勝手が良いので、月額基本料は100円がかかりますが、十分に利用価値のある050アプリだと思います。

月100円の基本料の差で、一番の候補はまだSMARTalkかのう。
スマホ博士

G-call 050

G-call 050は文字通り、スマホからの通話料が30秒10円になる電話アプリで人気のG-callの050版のアプリになります。

G-call 050の特徴

  • 月額基本料は280円
  • 通話料は携帯へは1分16円、固定電話へは3分8円
  • 留守番電話が無料で使える
  • 着信拒否設定はできない
  • お支払いはクレジットカード支払いのみ

サービスに関しましては、他の050アプリとあまり変わりはありませんが、留守番電話が無料で使えるメリットはありますが、着信拒否設定はできません

お支払いはクレジットカード支払いのみになります。

月額の基本料金がかかる点がSMARTalkと比べた場合に劣ってしまいます。

ひよっこ君
月額基本料が280円なのが痛いね。
留守電は無料で使えるだけに残念じゃのう。
スマホ博士

050plus

050plus

050plusは誰もがご存知のNTTコミュニケーションズが運営する050アプリになります。

050plusの特徴

  • 月額利用料は300円
  • 通話料は携帯へは1分16円、固定電話へは3分8円
  • 固定電話からの着信は相手側に10.8円の通話料
  • カウントフリー機能がある
  • 留守番電話が利用できる
  • 着信拒否設定はない
  • よく使う連絡先の登録ができる
  • 050の電話番号が選べる
  • お支払いはクレジットカード

まず第一に、050plusはNTTコミュニケーションズが運営していて大いに安心感がありますので、月額基本料はその安心料の様なものかもしれません。

NTTコミュニケーションズが同じく運営しているOCN モバイル ONEに申し込む場合は、「050 plus」との同時申し込みで月額基本料が半額の150円になるサービスもあります。

そして、OCN モバイル ONEを利用している人は、050plusの通信量を契約しているデータ容量を上限としてカウントから除外されるカウントフリー機能がありますので、通信容量を気にせず「050 plus」を利用する事もできます。

ひよっこ君
OCN モバイル ONEを使ってる人は、カウントフリーの機能が使えるからお得だね。

固定電話からの着信は相手側に10.8円の通話料を払わせる事になるので、ちょっと気が引けますが、その他、通話料留守番電話サービスなど、大手ですので他の050アプリが取り入れているサービスは、ほぼ全て利用する事ができます。

他の050アプリにはないサービスとしましては、10番号の中から選択するか、下4桁の番号を指定するかで、050の電話番号を選ぶことができるのは面白いサービスだと思います。

050plusはやっぱり安心を買う人向けの050アプリじゃろうのう。
スマホ博士

Skype番号

Skype番号

Skypeマイクロソフトが提供するインターネット電話サービスですが、そのSkypeも050アプリを提供していて、それがSkype番号になります。

簡単にご説明をさせて頂きますと、無料通話のSkypeはSkypeからの電話は受ける事ができますが、固定電話や携帯電話からはSkypeでは電話を受ける事ができず、その固定電話や携帯電話から電話を受ける為に050から始まるSkype番号があります。

Skype番号の特徴

  • 月額利用料がかかる(300円・285円・200円)
  • 留守番電話がある
  • 応答メッセージの設定が可能
  • 転送設定が可能
  • 複数の050番号から選ぶことができる
  • Skypeのサービスを利用できる
  • 発信はすべて非通知になる

まず第一に、基本料金のプラン(050の番号を持つための料金)は3種類ありまして、1ヶ月プランの300円、3ヶ月プランの855円(月285円)と12ヶ月月額プランは年2,400円(月200円)です。

ひよっこ君
この基本料金がかかる時点で、電話を受ける為の電話としては向かないかな...。

また、通話料は別途かかり、期限のないプリペードタイプの「Skypeクレジット」や「月額プラン」がありますが、今回はめったに電話をかけない方が利用なさる事を念頭に置いていますので、プリペードタイプのSkypeクレジットでご説明をしますと、通話料は国内の携帯へは10.81円/分、国内の固定電話へは2.26円/分となります。

いずれにしましても、電話を受ける為に050の電話番号を持つのでしたら、月額基本料を安くで抑えるには12ヶ月の契約になりますので、この時点で選択肢から外れるかもしれません。

その他、LINEの様な使い方もできまして、最大100人でチャットができる、最大24人でSkype通話ができる、テレビ通話ができる、など、Skypeのユーザー同士なら非常に便利に使う事ができる機能もあります。

期限がないとは言え、プリペードなのも面倒じゃのう。
スマホ博士

050アプリのまとめ

ここまでで6種類の050をご紹介させて頂きましたが、LINEモバイルのデータSIMを利用しながらお得に電話機能を使うなら、下記のパターンが良いのではと思います。

データSIM、おすすめ通話方法

  • LINEの友だちにはLINEの無料通話で発信
  • 固定電話や携帯電話にはLINE Outで発信
  • 着信用に050アプリを使う
ひよっこ君
この使い方なら、データSIMを使いながらめっちゃお得に電話が使えるね。

上記の様に、電話をかけるに当たってはLINEモバイルのデータフリーが適用されるLINEの無料通話(ビデオ通話)LINE Outのコールクレジット(LINE Out Free)を使い、基本、電話を受ける為に050の電話番号が使える050アプリを使うという使い方でしたら、下記の条件を備えた050アプリが良いと思います。

  • 月額基本料は無料
  • 留守番電話が無料で使える
  • 着信拒否設定ができる

やはり、一番は月額基本料が無料な事(電話をかけれなければ料金が無料)と、加えて、留守電など着信に関してのサービスが整っている050アプリが良いと思いますので、ご紹介させて頂いた050アプリの中では、SMARTalkが最も良いのではと思います。

こんなにデータSIMにバッチリ合う050アプリがあるんじゃのう。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

050アプリの注意点

尚、最後になりますが、最もおすすめさせて頂くSMARTalkも含め、050アプリには注意点もありますので、下記にご説明をさせて頂きます。

音声が不安定になる事がある

ご説明の通り、050アプリインターネット回線を利用した通話方法になりますので、基本的にはクリアーな音声で聞こえますが、インターネット回線が混んでいたり、インターネットに繋がりにくかった場合、通信が不安定になり、音声品質が不安定になる事があります。

Wi-Fiやモバイル通信ができない環境では、050アプリで電話をかける事も受ける事も出来なくなりますし、インターネット回線が混雑している時は、音声が途切れたり音声が聞き取りにくかったりしますので、ご注意下さい。

ひよっこ君
最近はかなり改善されて来てるよ。

110番や119番の緊急電話にかけられない → 解決法あり

LINEの無料通話LINE Outもそうですが、この050から始まる電話番号も、110番や119番などには電話をかける事ができません

しかし「緊急通報ナビ」をスマホにインストールしておくという方法があります。

緊急通報ナビ

緊急電話に電話をする事はほとんどないと思いますが、万一の時、このアプリをスマホに入れておく事で、最寄りの警察署IP電話で電話をかける事ができます

データSIMを使う場合は、「緊急通報ナビ」をスマホに入れておくと安心じゃぞ。
スマホ博士

フリーダイヤルに電話がかけられない → 対処法あり

110番や119番の緊急電話と同様に、LINEの無料通話LINE Out050アプリなどのIP電話からは、フリーダイヤルに電話をかける事もできません

通話機能のないLINEモバイルのデータSIMでは、どうしてもフリーダイヤルに電話をする事ができません。

050アプリでは、唯一、ブラステルが提供する「My 050」は一部のフリーダイヤルに電話ができますので、この「My 050」も月額利用料は無料ですので、SMARTalkと共に契約をしておいても良いかもしれません。

  • SMARTalk → 電話を受ける専用
  • My 050 → フリーダイヤル専用
ひよっこ君
050アプリの2つ持ちをしても、基本利用料は無料だからね。

電話に出てもらえないかもしれない → 番号通知について

050電話の場合も「184」をダイヤルして発信する事によって非通知で発信する事ができます。

逆に言うと、通常、050アプリから電話をかけると、相手には050の電話番号が通知される事になります。

中には、知らない電話番号から電話がかかって来たら、電話に出ないという方もいらっしゃると思いますので、050の電話番号を取得なさいましたら、周りの皆さまにお知らせしておけば電話に出てもらえると思います。

050の電話番号で発信なさる事は少ないかも知れませんが、これはLINE Outの場合も同様になりまして、LINE Outの場合は通知されなかったり国番号(+81)が付いた状態で通知されたりしますので、相手が電話に出てくれない事もありますので、ちょっと注意が必要です。

ちなみに、データSIMの場合、LINE Outで電話をかける時に、電話番号がないのに相手に通知されるのかという疑問が湧くと思いますが、データSIMの場合でも、通話をする事はできませんが電話番号は割り振られていますので、その番号が相手に通知される事になります。

確かに、ワシも知らん番号から電話がかかって来たら、電話に出んもんのう。
スマホ博士

050アプリはデータ通信量が消費される → 消費量の目安    

050アプリはインターネット回線を利用したIP電話になりますので、通話する際にはデータ容量を消費して通話をする事になります。

LINEモバイルのデータSIMを使う場合は、LINEの無料通話(ビデオ通話)LINE Out(LINE Out Free)で通話をする際、共にLINEモバイルのデータフリー対象にサービスになりますので、いくら通話をしてもデータ量は消費されずに減りません。

しかし、SMARTalkMy 050で通話する際には、これらはLINEモバイルのデータフリーの対象サービスではありませんので、データ量が消費されてしまいます。

ひよっこ君
えっ、それじゃあ、050アプリで通話したらどれ位のデータ量が消費されるのか、足りるのかどうか心配じゃん...。

その通りですよね。どれ位のデータ量が消費されるのかが分からなければ、ちょっと不安になってしまいますよね。

ご安心下さい。050アプリの通話でどれ位のデータ通信量が消費されるのかという事に関しては、SMARTalkMy 050050plusのサイトに消費されるデータ量の目安の記載がありましたので、下記に記載させて頂きます。

050アプリ 1分間の通話のデータ消費用の目安
SMARTalk 187.5KB~960KB
My 050 250KB~600KB
050plus 250KB

SMARTalkの場合は、ご丁寧にコーデックごとの必要データ量の記載がありますので、上記の通り、幅が広くなっていますが、仮に、1分の通話で500KBのデータ量を消費するとしますと、1時間の通話なら500KB×60分=30,000KB=30MBですので、LINEモバイルで最も契約データ容量の少ないLINEフリープランのデータSIMの1GB(=1,000MB)の契約データ量であったとしても、050アプリは微々たる量のデータ消費量になりますので、ご安心下さい。

050アプリで3時間、通話をしても、約90MBで1GBの10分の1にもならんから、これなら安心じゃのう。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

データSIMで050アプリを使う、まとめ

050アプリで電話する

皆さま、お疲れさまでした。

今回は「電話はあまりかけないけど、でも一応、電話の機能も使える様にしておきたい。」という皆さまの場合の「音声通話SIMデータSIMかどっちにしようか迷っている。」というお悩みに対して、データSIMでもお得に通話ができる方法を、050アプリに焦点を当ててご説明をさせて頂きました。

お仕事などで090080の電話番号が必要な皆さまは、音声通話SIMをご契約して頂くしかありませんが、特に電話番号は重要ではなく、電話をかけたり受けたりする事ができれば十分という皆さまには、是非、LINEモバイルのデータSIMで料金を節約して頂きながら、050アプリなどの通話アプリをご利用なさる事をおすすめします。

この記事の整理をさせて頂きますと、

  • LINEモバイルのデータSIMでも十分に通話はできる
  • 家族や親しい友人とはLINEの無料通話で電話する
  • 固定電話や携帯へはLINE Outで電話をする
  • 受信は基本料金が無料の050アプリを利用する

090や080の電話番号にこだわらなければ、正直な所、LINEモバイルの音声通話SIMを利用するよりも、データSIMを使いながら050アプリなどを使った方が、全然、通話料を安く抑える事ができます

いつでも電話」アプリの30秒10円(1分20円)の通話料がはっきり言って高く感じます

是非、この記事を参考にして頂きまして、お得にLINEモバイルのデータSIMでコミュニケーションを図って頂ければと思います。

LINEモバイルはとっても素晴らしい格安SIMですよ!

ぜひ、LINEモバイルにお申し込みいただき、ご家族やお友だちと「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!

ひよっこ君
下のバナーから申し込みができるよ。(笑)
宜しくお願いしますぞよ。(笑)
スマホ博士

-LINEモバイルとは

© 2020 LINEモバイルで Let's Communication!