お知らせ ただいまLINEモバイルでは、最大5,000円相当がもらえる「シークレットキャンペーン」を開催中! 申し込み時にキャンペーンコードを入力すれば、LINE Pay残高LINEポイントがもらえます! 詳細は「最新キャンペーン情報」まで!

LINEモバイルとは

LINEモバイルのデータSIMで通話をする方法! IP電話の050アプリが超・便利!

データSIMで通話する方法

ひよっこ君
データSIMじゃ電話はできないかな...、音声通話SIMじゃなきゃダメかな...。
いやいや、データSIMでも電話をかける方法はあるぞ、教えてあげよう。
スマホ博士

LINEモバイルをご検討中のみなさま、こんにちわ。

さて、LINEモバイルには電話ができる音声通話SIMと、データ通信専用のデータSIMがありますが、日々、電話を使う人にとっては、音声通話SIMで即決できると思います。

しかし、そんなに電話をしないという人にとっては、料金の安いデータSIMにしたい、でも、いざという時に電話ができないと困る...、どうしようって、迷っている人も多いと思います。

実は、通話機能のついていないデータSIMでも、IP電話の050アプリを使えば、音声通話SIMよりも安く電話ができちゃうんですよ!

この記事では、下記の内容で、LINEモバイルのデータSIM通話する方法を分かりやすく解説しています。

  • データSIMで通話する方法
  • おすすめの050アプリ3選
  • データSIMでもっともお得に通話する組み合わせ

ぜひ、参考にしていただき、データSIMお得に電話をしていただければと思います。

よろしくお願いいたします。

\LINEモバイルの最新キャンペーンはこちらから!/

音声通話SIMとデータSIMではなにが違うの?

音声通話SIMとデータSIMの違い

まず、基本のところからご説明していきますが、LINEモバイルを始めとする格安SIMには、「音声通話SIM」と「データSIM」の2種類のSIMカードの取り扱いがあります。

そして、この2つのSIMカードの違いは下記の通りです。

  音声通話SIM データSIM
通話機能 ×
SMS機能
データ通信

音声通話SIMデータSIMの違いは一目瞭然で、ご覧の通り、通話機能があるかないかです。

音声通話SIMは、モバイルデータ通信(3G、4G、LTE)やSMS(ショートメッセージサービス)ができるのに加えて、090や080、070の電話番号で通話をすることができます。

一方、データSIMは、モバイル通信、つまりネットはできますが、090や080、070の電話番号を使った電話はできません。

ひよっこ君
電話がまったくできないのは困るよね...。
電話をするなら、普通は音声通話SIMと考えるのが普通じゃろうのう。
スマホ博士

関連記事

音声通話SIMは通話ができる分、料金が高い

音声通話SIMは高い

同じ料金なら、誰でも、電話もできる音声通話SIMを選びたいところですが、残念ながら、音声通話SIMはデータSIMに比べて料金が高いのです。

データ量 データSIM 音声通話SIM
500MB 600円 1,100円
3GB 980円 1,480円
6GB 1,700円 2,200円
12GB 2,700円 3,200円

上記は、LINEモバイルの基本プランであるベーシックプランの料金表になりますが、ご覧の通り、どのデータ量も、データSIMより音声通話SIMの方が、500円高いことが分かります。

少しでもスマホ代を安くするためにLINEモバイルに乗り換えるのに、この500円の差は大きいです。

ひよっこ君
本当だよ。格安SIMの500円は大きいよ...。

毎日、電話を使う人なら、すんなり音声通話SIMに決められますが、たまに使う人や、あまり使わないけど電話機能は持っておきたいという人には、500円も高い音声通話SIMはもったいないですよね。

少ししか電話をかけん人には損じゃもんのう。
スマホ博士

関連記事

LINEモバイル公式サイト

データSIMで通話するなら、050アプリがおすすめ! その特徴3つ!

050アプリがおすすめ

そんなみなさまにおすすめしたいのが、データSIMを使いながらでも通話ができる、IP電話(インターネット電話)の050アプリなのです。

050アプリ

IP電話とは、インターネット回線を利用した通話方式で、みなさまもよく使っているLINEの音声通話やビデオ通話もIP電話になります。

電話回線を利用した090080070での通話なら、LINEモバイルの音声通話SIMを選ぶ必要がありますが、インターネット回線を利用するIP電話なら、データ通信専用のデータSIMでも通話ができます。

そのIP電話の中でも、050の電話番号が持てるのが050アプリとなり、標準の通話アプリやLINEと同じく、050アプリで通話ができます。

ひよっこ君
050の電話番号が持てるから、050アプリって言うんだよ。
050アプリも、LINEとかと同じインターネット回線の電話なんじゃぞ。
スマホ博士

特徴① 050の電話番号が持てるから、発信だけではなく着信も受けられる

050アプリは着信もできる

050アプリは、050の電話番号を持てるので、固定電話や携帯電話に電話をかけるだけではなく、相手に電話番号が通知されるので、折り返しの電話を受けることもできます。

ひよっこ君
とにかく、普通の電話と同じように使えるんだ。

LINEの音声通話は、無料で電話がかけられますし、電話を受けることもできますが、LINEのともだちに限られます。

また、LINE Out(旧、LINE電話)は、一般の固定電話や携帯に電話ができますが、発信専用なので、電話をかけてもらうことができません。

誰にでも電話がかけられて、電話をかけてもらうこともできるんじゃ。
スマホ博士

特徴② 通話料金が安い! 標準アプリの半分以下の通話料でかけられる

050アプリは通話料が安い

そして、050アプリの通話料は安いです。

  30秒当たりの通話料 10分電話した場合の通話料
標準アプリ 20円 400円
いつでも電話アプリ 10円 200円
050アプリ 8円~ 160円

通常、どこの格安SIMでも、スマホに元から入っている標準の通話アプリで電話をかけると、大手携帯会社の30秒20円の高い通話料がかかります。

LINEモバイルの音声通話SIMを利用する人は、「いつでも電話アプリ」から発信することで、通常の半額の30秒10円で電話がかけられるようになります。

しかし、050アプリならもっと安くて、30秒8円から電話をかけることができるので、仮に10分間の電話をした場合には、かなり料金差が出てきます。

ひよっこ君
これなら、音声通話SIMよりも050アプリの方がお得じゃん。
090や080、070の電話番号か、050の電話番号かだけの違いじゃぞ。
スマホ博士

関連記事

特徴③ 留守番電話や着信拒否など、充実の機能が無料で使える

留守電や着信拒否が無料で使える

そして、050アプリは、留守番電話着信拒否など、とても便利な機能が無料で使えます。

  ドコモ回線 ソフトバンク回線 au回線
留守番電話 月額300円
保存20件
保存期間72時間
無料
保存30件
保存期間72時間
月額300円
保存99件
保存期間1週間
迷惑電話ストップ 無料
最大30件
月額100円
最大20件
月額100円
最大30件

上記は、LINEモバイルの回線別の留守番電話着信拒否のオプション表ですが、ソフトバンク回線では留守番電話は無料、ドコモ回線では着信拒否が無料で使えますが、その他は有料になります。

しかし、ほとんどの050アプリでは、留守便電話着信拒否は標準の機能として無料で使えます。

ひよっこ君
050アプリは、他にも充実した機能がいっぱいあるんだよね。
050の番号で良ければ、わざわざ高い音声通話SIMにする必要はないんじゃ。
スマホ博士

関連記事

LINEモバイル公式サイト

安心、充実の機能を備えた、おすすめの050アプリ3選!

おすすめの050アプリそれでは、いくつかある050アプリの中から、おすすめの050アプリを3つ、ご紹介させていただきます。

まずは、ざっと3社の比較をさせていただき、その後に、それぞれの特徴おすすめポイントをご紹介します。

  SMARTalk 050 Plus LaLa Call
初期費用 無料 無料 無料
月額基本料 無料 300円 100円
通話料
(固定電話)
8円/30秒 8円/3分 8円/3分
通話料
(携帯電話)
8円/30秒 16円/1分 8円/30秒
通話料
(国際電話)
8円/30秒
32ヶ国、一律
国による
アメリカ9円/1分
中国29円/1分、等
国による
アメリカ6円/1分
中国26円/1分、等
留守番電話
着信拒否 ×
通話録音 × ×
転送電話 ×

どの050アプリも、プッシュ通知で着信が可能なので、アプリをバックグラウンドで起動しておく必要がなく、バッテリーの消耗を抑えることができます。

留守番電話については、音声ファイルをメールに添付して送ることができるので、メールから無料でメッセージを聞くことができます。

通話中にミュートスピーカー保留にもできますし、支払方法はクレジットカードの後払いなので、前持ってお金をチャージしておく必要はありません。

ひよっこ君
ほんと、電話の機能としては十分すぎる機能が揃ってるね。
LINEモバイルの音声通話SIMより無料の機能が充実しとるぞ。
スマホ博士

おすすめの050アプリ① 月額料金が無料、通話録音もできる「SMARTalk」

SMARTalk

SMARTalkは、楽天コミュニケーションズが運営する050アプリで、実は私も使っていて、とてもおすすめです。

SMARTalkの特徴

  • 月額基本料が無料
  • 通話料は一律、30秒8円
  • 留守番電話も無料
  • 指定電話・非通知電話の着信拒否も無料
  • 通話録音も可能
  • スマホの標準アプリの電話帳から発信可能
  • よく使う通話相手を写真入りで登録できる
  • 着信音を変更可能
  • Bluetoothヘッドセット利用可能
  • 支払方法はクレジットカードのみ

他の050アプリと違って、SMARTalk月額料金が無料なので、電話をかけなければ料金は発生しません。

ひよっこ君
月額料金がかからないのは、めっちゃ使いやすいよね。

SMARTalkで通話録音する

通話が始まると、この通り、ミュートやスピーカー、保留にできるのをはじめ、通話を録音できるのはSMARTalkだけです。

SMARTalkの留守電の聞き方

そして、留守番電話にメッセージがあれば、音声ファイルが添付されたメールが届くので、赤枠の音声ファイルをタップすればメッセージが聞けます。

わざわざ、留守番電話を聞くために電話をかける必要がないので、手間も省けますし、メッセージを聞く時の通話料もかかりません。

LINEモバイルで留守電を聞くには通話料がかかるしのう。
スマホ博士

他の050アプリは、固定電話へは3分8円の通話料のところが多い中、SMARTalkは30秒8円なので、国内への電話には向きません。

支払い方法についてはクレジットカードのみとなりますが、楽天銀行とスルガ銀行のデビットカードは使えます。

関連記事

おすすめの050アプリ② 安心のNTTグループが運営する「050 plus」

050-plus

050 plusは、安心のNTTコミュニケーションズが運営する050アプリです。

050 plusの特徴

  • 月額利用料は300円
  • 通話料は固定電話へは3分8円、携帯へは1分16円
  • 留守番電話が無料で使える
  • 着信拒否設定はない
  • 標準アプリからも発信可能
  • 着信音を変更可能
  • メッセージ機能で画像や動画も送れる
  • 好きな050の電話番号が選べる
  • 支払方法はクレジットカード
  • フリーダイヤルで問い合わせができる

050 plusは、毎月300円の月額料金がかかるので、LINEモバイルを検討している人にとっては、音声通話SIMにした場合の+500円よりは安いですが、お得感は薄れます。

ひよっこ君
OCNモバイルONEなら、月額料金は半額の150円になるんだけどね。

留守番電話は、SMARTalkと同じように音声ファイルを添付したメールが送られてくるので便利です。

050 plusには着信拒否機能はないから注意じゃぞ。
スマホ博士

他の050アプリにないサービスとしては、提示される10個の電話番号の中から選ぶか、下4桁の番号を指定するかで、好きな050の電話番号を決めることができます。

また、フリーダイヤルで問い合わせができるのも、NTTグループが運営する050 plusの強みです。

おすすめの050アプリ③ 留守番電話や着信拒否も使える「LaLa Call」

LaLa Call

LaLa Call(ララコール)も、安心の関西電力系の大手電気通信事業者、オプテージ(旧、ケイ・オプティコム)が運営する050アプリです。

LaLa Callの特徴

  • 月額基本料は100円
  • 通話料は固定電話へは3分8円、携帯へは30秒8円
  • 留守番電話が無料で使える
  • 着信拒否も無料で使える
  • 転送設定もできる
  • 電話帳アプリと同期ができる
  • 着信音を変更可能
  • メッセージ機能でや画像や動画、スタンプも送れる
  • 支払方法はクレジットカード
  • チャットでオペレーターさんに問い合わせができる

オプテージmineoも運営しているので、mineoの利用者(eo光も)は月額料金が無料になります。

LINEモバイルのユーザーにとっては、月額料金の100円がかかってくるので、月額料金が無料SMARTalkの方が気軽に使えるかもしれません。

ひよっこ君
LaLa Callも、LINEモバイルのユーザーには特典がないんだね...。

機能については、SMARTalkと同じようにとても充実していて、留守番電話も無料で使えますし、050 plusでは使えない着信拒否転送電話も使えます。

また、SMARTalkメールでの問い合わせになりますが、LaLa Callはチャットオペレーターさんにリアルタイムで問い合わせができるので、とても便利です。

しかしやっぱり、月額料金が無料のSMARTalkの方が気楽に使えるかのう。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

050アプリの注意点4つ!

050アプリの注意点

それでは、050アプリの注意点を4つ、解説します。

  1. 050の電話番号は、迷惑電話と思われる可能性がある
  2. 110番や119番、0120等には電話ができない
  3. 通話品質が不安定になることがある
  4. データ通信量が消費される→ データ消費量の目安はこんな感じ

とても便利な050アプリですが、注意点もしっかりと理解していただき、使っていただければと思います。

注意点① 050の電話番号は、迷惑電話と思われる可能性がある

050は迷惑電話と思われる

03などの市外局番からかかってきたり、090080070の携帯から電話がかかってきたら、これらの電話番号は見慣れているので不信感も湧きませんよね。

しかし、050の電話番号から電話がかかってくると、050が安全なIP電話だという認知度が少ないので、怪しい電話迷惑電話勧誘の電話と思われて、電話に出てもらえない可能性があります。

ひよっこ君
確かに、いきなり050からかかってきたらドキッとしちゃうもん。

050の電話番号は通話料も安くて取得しやすいので、実際に営業の電話や勧誘の電話など、業者も使っていることが多いです。

050の電話番号を取得したら、あらかじめ、周りの人にお知らせしておけば、電話に出てもらえると思います。

相手の留守電にメッセージを残しておけば、2回目からは大丈夫じゃ。
スマホ博士

注意点② 110番や119番、0120等には電話ができない

110番や119番には電話ができない

050アプリからは、110番119番などの緊急電話には電話をかけることができません。

ひよっこ君
110番や119番は、どの050アプリからも発信できないよ。

また、0120のフリーダイヤルや0570のナビダイヤルにも、電話がかけられない050アプリが多いです。

050 plusは、0120や0570にも電話ができるぞ。
スマホ博士

ちなみに、緊急電話をかけるには、「緊急通報ナビ」というアプリを使えば、110番にはかけられませんが、最寄りの警察署050アプリを使って電話をかけることができます。

緊急通報ナビで警察署に電話

緊急通報ナビ」(app atore / google play)をインストールし、タップすると、このように現在地周辺の警察署が表示されます。

新宿駅からもっとも近い、左上の赤丸の警察署マークをタップすると。

緊急通報ナビで警察署に電話

この通り、新宿警察署の情報がポップアップで開くので、IP電話である「VoIP」をタップすると、自動で050アプリが立ち上がり、新宿警察署に発信することができます。

データSIMの場合は「TEL」を押してもかけることができず、また、050アプリをスマホにインストールしていないと「VoIP」をタップしてもかけられませんので、050アプリのインストールが必須です。

ひよっこ君
これはめっちゃ便利だよ。
データSIMの人は「050アプリ&緊急通報ナビ」は必須じゃぞ。
スマホ博士

注意点③ 通話品質が不安定になることがある

通話品質が不安定になることがある

050アプリインターネット回線を利用したIP電話なので、通信の混雑状況等により、通話品質が不安定になることがあります。

これは、LINEの音声通話やビデオ通話、LINE Outも同じです。

ひよっこ君
以前は、声が途切れたり、遅延があったりしたよね。

その通りで、以前はそのようなこともありましたが、技術が格段に進歩したことにより、今は音質もとてもクリアになり、電話回線を使ったLINEモバイルの音声通話SIMと比べても、ほとんど分からない程です。

ワシは不安定な状態をほとんど経験したことがないぞ。
スマホ博士

注意点④ データ通信量が消費される → データ消費量の目安はこんな感じ

データ通信量が消費される

050アプリIP電話なので、通話をするとデータ通信量が消費されます。

しかし、消費されるデータ量はそれほど多くありません。

050アプリ データ消費量(1分間の通話)
SMARTalk 187.5~960KB
050 plus 約250KB
LaLa Call 約277KB

上記は、各、050アプリの公式サイトに記載された、1分間の通話で消費するデータ量の目安になりますが、いずれもざっくり、1分間で250KBほどのデータ量です。

ひよっこ君
250KBって言ったら0.25MBってことだね。

10分間の通話で2.5MB(2,500KB)ですので、LINEモバイルのもっとも安い、月額600円のデータSIMの500MBのデータ量でも、33時間も通話できるので、ほぼ、データ量は気にせずに通話ができます。

100MBで6時間40分も通話できるから、まったく問題ないぞ。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

発信だけで良いなら、さらに通信料の安いLINE通話やLINE Outがおすすめ!

発信だけならLINEやLINE Out

最後に、さらにお得に電話をかける方法をご紹介して、この記事を終わらせていただこうと思います。

その方法は、LINEの音声通話や発信専用LINE Outで電話をかける方法です。

ひよっこ君
もっともお得に電話をかけられる方法だよ。
電話をかけるなら、この組み合わせが一番安いぞ。
スマホ博士
  • LINEのともだち → LINEで無料で電話
  • 固定電話や携帯 → LINE Outで格安で電話

親しいお友だちやご家族とは、もう、LINEの音声通話やビデオ通話でタダで電話をしていると思います。

一方、LINEでは電話ができない一般の固定電話携帯へは、050アプリよりもLINE Outの方が安いです。

通話方法 通話料
LINE Out
(コールクレジット)
固定:3円 / 1分
携帯:14円 / 1分
LINE Out
(30日プラン)
固定:2円 / 1分
携帯:6円 / 1分
LINE Out Free 広告視聴で無料
(1日5回まで)
SMARTalk
050plus
LaLa Call
固定:8円 / 3分
携帯:16円 / 1分

30秒単位のものは1分に換算して記載、SMARTalkの固定電話への通話料は1分当たり16円になります。

LINE Out30日プランは驚くほどに安いですが、30日間の縛りがあるので、有効期間が180日間コールクレジットの方が使い勝手が良く、コールクレジットでも050アプリより安いです。

ひよっこ君
iPhone版の240コールクレジットは期限がないから、めっちゃお得だよ。

また、LINE Outは全国300万以上の公共施設お店無料で電話ができますし、回数通話時間に制限はありますが、一般の固定電話や携帯に無料で電話ができるLINE Out Freeもあります。

発信LINELINE Outを利用し、着信に月額料金が無料SMARTalkを利用すれば、マックスでお得に通話をすることができます。

ワシもこのやり方で通話をしておるぞ。
スマホ博士

関連記事

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルのデータSIMで通話をする方法! IP電話の050アプリが超・便利、まとめ!

データSIMで通話する方法

みなさま、お疲れさまでした。

さて、この記事では、電話機能がないデータSIMで、IP電話の050アプリを使って通話する方法を解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ひよっこ君
050アプリがここまでお得だなんて思わなかったよ。

それでは最後に、この記事のポイントをおさらいさせていただきます。

  • 050アプリはインターネット回線を使ったIP電話なので、データSIMでも通話できる
  • 050アプリは050の電話番号を持てるので、発信だけでなく着信もできる
  • 050アプリは通話料も安く、留守電や着信拒否など充実の機能もある
  • LINEやLINE Outで発信、SMARTalkで着信がもっとも安く通話できる組み合わせ

ビジネスで使う場合は、090080の電話番号の方が良いケースがありますが、プライベートで普通に使う分には、050の電話番号でも問題はありません。

電話番号にこだわりがなければ、音声通話SIMより「データSIM050アプリ」の方がお得に通話ができますので、参考にしていただければと思います。

たまに電話をかけるくらいなら、データSIMと050アプリがベストじゃぞ。
スマホ博士

そして、ぜひ、LINEモバイルでお友だちやご家族と素晴らしいコミュニケーションを図っていただき、安く快適にスマホを使っていただければと思います。

最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。

よろしくお願いいたします。

LINEモバイルはとっても素晴らしい格安SIMですよ!

ぜひ、LINEモバイルにお申し込みいただき、ご家族やお友だちと「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!

ひよっこ君
下のバナーから申し込みができるよ。(笑)
宜しくお願いしますぞよ。(笑)
スマホ博士

-LINEモバイルとは

© 2020 LINEモバイルで Let's Communication!