LINEモバイルとは

2台持ち、2台目スマホにはLINEモバイルの500円プランがベスト!

2台持ち、2台目スマホ

キャリアのスマホをお使いの皆さま、こんにちわ。

また、今、LINEモバイルをお使いの皆さまや、他社の格安SIMをお使いの皆さまもこんにちわ。

さて、この記事は、スマホの2台持ちをご検討なさっている皆さまに向けて書かせて頂く記事になります。

皆さまの中には、スマホの2台持ちをご検討なさっておられる方もいらっしゃると思いますが、その理由にも色々なものがあるかと思います。

例えば、その代表的な理由の一つには、お仕事用のスマホプライベート用のスマホを別にしたいというのがありますよね。

気持ちを切り替える上でも、お仕事とプライベートを公私混同したくはありませんので、電話番号は分けておきたいですし、最近はお仕事でLINEを利用なさっておられる方も多いと思いますが、お休みの日にLINEで仕事の連絡なんかが来ると幻滅してしまいますので、LINEのアカウントなんかも分けておきたいですよね。

ひよっこ君
仕事用とプライベート用で分けてる人は実際に多いし、僕も大人になったら絶対に分けたいよね。

あるいは、1台目は普通の使い方をして、2台目はどっぷりYouTubeを見たりゲームをする為のデータ通信専用のスマホにする使い方も考えられます。

また、普段はガラケーで通話をなさっておられる皆さまも、まずはスマホに慣れる為の入門編として、2台目スマホを安く持ちたいとお考えの方もいらっしゃると思います。

いきなり電話番号付きでスマホにしたら、電話もかけれん様になってしもたら大変じゃからのう。
スマホ博士

この様に、スマホの2台持ちはなかなか便利に使う事ができますので、上手に2台持ちをご検討して頂ければと思いますが、実は、そんな2台目のスマホには、断然、LINEモバイルが最適なのです。

この記事では、2台目スマホに抜群LINEモバイルのどこがどの様に2台目スマホに最適なのかをご説明させて頂ければと思っています。

2台持ちをご検討の皆さまは、是非、ご参考にして頂きまして、快適にスマホをお使い頂ければと思います。

どうぞ、よろしくお願い致します。

\LINEモバイルの最新キャンペーンはこちらから!/

 LINEモバイルのLINEフリープランが2台目スマホに最適な理由

LINEブリープラン

LINEモバイルには、下記の3つの基本プランがあります。

  1. LINEフリープラン
  2. コミュニケーションフリープラン
  3. MUSIC+プラン

この3つの基本プランの中で、最も2台持ち用のスマホとして適しているのはLINEモバイルのLINEフリープランです。

LINEフリープランはLINEモバイルの最もリーズナブルなプランになりますが、とても充実したサービスが備わっています。

LINEフリープランが2台目スマホに最適なその理由を、下記にじっくりとご説明させて頂きます。

ひよっこ君
是非、しっかりと読んでみてね。

たった500円で2台目スマホが持てる!

500円でここまで出来る!やはり、第一のおすすめの理由は、LINEモバイルのLINEフリープランは何と言っても料金がとても安い事です。

何と、データ通信専用のデータSIMなら、たった500円で使う事ができるのです。

1台目のスマホを持った上で、サブ的に2台目スマホを持つなら、まず第一条件として料金が安くないとお話にならないですよね。

ひよっこ君
料金が安いのは絶対条件だけど、それにしても500円ってちょっと不安だよ。

500円なら全く負担なく2台目スマホを持つ事ができると思いますし、500円だからと言って、決して安かろう悪かろうではなく、かなりの優れものなのです。

ここまで出来て500円なのって思える位のプランじゃぞ。
スマホ博士

1GBの高速通信のデータ量が付いて来る!

1GBが500円そんな、たった500円から使えるLINEモバイルのLINEフリープランですが、1GBの高速通信ができるデータ量が付いてきます。

ひよっこ君
1GBって言ったらちょっと少なめだけど、まぁ、500円だからね...。

確かに、1GBのデータ量ですと動画ゲームをするとすぐに使い切ってしまう程のとても少ない量ですが、普通にネットを見たり、メールを見たりする分には全く問題ありません

皆さまの環境にもよりますが、普段、家にいる時は家のWi-Fiに繋ぎ、職場にいる時は職場のWi-Fiに繋ぐ事ができる方は、1GBでも十分なデータ容量になる事があります。

1GBで何ができるかと言いますと、おそらく、皆さまが思っておられる以上に色々な事ができますよ。

テキストメール(300文字) 約66,000回
ホームページ(300KB) 約3,300回
YouTube(360P) 約3時間
LINE MUSIC(低音質64kbps) 約30時間

YouTubeを高画質ではなく標準画質(=360P)で視聴するだけでも、1GBのデータ量なら3~4時間程しか見れませんし、動画の他、オンラインゲームをするにもハッキリ言って1GBのデータ量では全く少ないですが、メールやホームページならいくらでも見れる感じです。

テキストメールなら約66,000回ホームページなら約3,300回と、ちょっと回数が多過ぎて想像が出来ないかも知れませんが、Yahoo!のトップページ250~300KBの通信量ですので、こう考えて頂きますと、いくらでも見れそうだなって何となく想像して頂けるかと思います。

ちなみに、画像ばっかりのウェブサイトや、高画質の画像が多いウェブサイトはもっと通信量がいるから注意じゃぞ。
スマホ博士

ストリーミング再生の音楽の視聴も、LINE MUSICの場合は低音質で聴くと1GBだと1日1時間も聴く事ができて、思ったよりも消費するデータ量は少ないですが、それでも、他のアプリなどの使用でもデータ量は消費しますから、音楽ばかりにデータ量を費やす訳にもいきません。

しかし、LINE MUSICにしても、Spotifyにしても、AWAにしても、家などのWi-Fi環境下で音楽データをダウンロードし、外出時にオフライン再生をするなど工夫する事で、データ量は消費せずに視聴する事もできますから、こう考えますと、動画ゲームをしなければ、1GBの通信量でも大丈夫そうなのです。

たった500円でもLINEがデータフリー!

LINEのデータフリー

LINEモバイルの最も特徴的なサービスは、LINEを始め、TwitterFacebookInstagramLINE MUSICデータフリーで使える事です。

データフリーとは、本来はこれらのサービスを利用する時にはデータ量が消費されますが、データフリーの対象となるLINEモバイルでは、これらのサービスをいくら使っても使用データ量にカウントされず、基本データ量から全く消費されずに、無料で使い放題に使えるサービスになります。

ひよっこ君
データフリーのサービスは本当にお得だよ。

LINEモバイルでは、たった500円LINEフリープランデータSIMでも、LINEがデータフリーで使い放題になりますので、これも2台目スマホとしては大いにメリットになります。

たった500円のプランでもLINEが使い放題とは驚きじゃ。
スマホ博士

仮に、1台目のメインスマホにキャリアを使っておられる場合は、1台目スマホでLINEをしますとデータ量が消費されて減ってしまいますが、LINEモバイルを使っている2台目スマホでLINEをしても、データフリーですので全くデータ量は消費されず、2台目スマホでLINEをした方が得になります。

参考までに、LINEで消費するデータ量は下記の通りです。

LINEのトークのデータ通信量

1回当たりの通信量 1GBで可能な回数
2KB(=0.002MB)  50万回(スタンプ使用でも20万~40万回)

LINEのトークの場合は、ハッキリ言いましてほとんどデータ量を消費しませんので、LINEを使うとデータ量を消費してしまう1台目スマホでして頂いても問題ないと思います。

LINEの通話のデータ通信量

  10分当たりの通信量 1GBで可能な時間
LINEの無料通話 3MB 約55.5時間
(1日1.5~2時間)
LINEのビデオ通話 51MB 約3.25時間
(1日6分)
参考:YouTube(360P) 54MB 約3時間

そして、LINEの無料通話の場合も、データ量は消費しますが、ものすごいデータ量を消費する訳ではありません。

ひよっこ君
LINEのトークや無料通話はそんなにデータ量がいらないんだね。

しかし、LINEのビデオ通話の場合はYouTubeと同じ位のデータ量を消費してしまいます。

本当じゃのう。YouTubeと同じ位ならかなりのデータ量じゃな。
スマホ博士

データフリーではないキャリアの1台目スマホでビデオ通話をすると、データ量をたくさん消費して料金も高くなってしまいますが、たった500円LINEモバイルの2台目スマホなら、何時間、ビデオ通話でしゃべっても全くデータ量は消費されませんので、大いにお得です。

ですので、1台目のメインスマホをお仕事などで使っている為に手放せない場合は、LINEの無料通話ビデオ通話をする為の専用の2台目として、LINEモバイルの500円プランを活用する事も考えられます。

例えば、息子さんや娘さんが遠方の大学に進学して一人暮らしを始めた場合など、親御さんは心配ですからまめに電話でお話をしたいでしょうし、音声での通話よりも顔を見ながらのビデオ通話の方が安心できます。

あるいは、おじいちゃんやおばあちゃんが遠方のお孫さんの成長を見届けたい場合でも、昔ならお正月やお盆で帰省して来た時にしか成長の姿を見る事が出来なかったのが、今は国内でも海外でもたった500円でLINEのビデオ通話で何時間でも無料で顔を見ながらお話をする事ができます。

ひよっこ君
たった500円でいくらでも顔を見ながら電話が出来るって、本当にすごい事だと思う。
ワシがまだ若かった時は、テレビ電話は高かったし、国際電話も高かったんじゃ。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

データ通信専用でもLINE Outで電話をかける事ができる

LINE Outメインスマホの予備的に持つ2台目スマホであれば、基本的にデータ通信が出来ればそれで十分だと思いますが、合わせて、普通に電話をかける事ができるのであればそれは嬉しい事ですよね。

ひよっこ君
故障したり、忘れたり、電池が切れた時なんかは助かるよね。

音声通話が出来る音声通話SIMであれば、電話をかけたり電話をかけて貰ったりする事ができますが、データ通信専用のデータSIMでは、090や080の携帯番号で電話をかけたり電話を受けたりする事はできません

前項でご説明をさせて頂きましたLINEの無料通話ビデオ通話に関しましては、LINEのお友だち同士ではお話が出来ますが、LINEのお友だち以外、つまり、一般のお店に電話をしたり、友だちの携帯番号に電話をする事はできません。

しかし、実は、たった500円のLINEモバイルのデータSIMでも、お店やお友だちの携帯に電話をする方法があるのです。

データ通信専用のデータSIMでも電話が出来るのかい!?
スマホ博士

はい、それはLINE Outを利用して電話をかける方法です。

LINE Out Free

そのLINE Outの特徴は、主に下記の4つです。

  1. 通話料がとても安い
  2. データフリーの対象サービス
  3. 1日5回、無料でかける事ができる
  4. 無料でかけられるお店や公共施設などが300万件以上
ひよっこ君
それぞれを簡単にご説明させて頂くよ。

① 通話料がとても安い

LINE Outには2つのプランがありますが、たまに電話をするなら「コールクレジット」がおすすめです。

LINE Outの通話料

  固定電話(1分) 携帯電話(1分)
コールクレジット(国内) 3円 14円
30日プラン(国内) 2円 6円
参考:いつでも電話アプリ 20円(=10円/30秒) 20円(=10円/30秒)

参考 ↑ ↑ ↑ もう一つのプランである「30日プラン」とLINEモバイルの音声通話SIMで使う事ができる「いつでも電話」アプリの通話料も記載させて頂きました。

コールクレジットの一番のメリットは、有効期限が180日間もありますので、期限に縛られずにかけたい時にかけられる事です。

ひよっこ君
240コールクレジット(=240円)なら、iPhoneのLINEアプリなら有効期限はないんだよ。

私は240コールクレジットを買っていますが、もう1つの「30日プラン」よりも通話料は高くなりますが、LINEモバイルの音声通話SIMで使える「いつでも電話」アプリを使うよりも安い料金で電話をかける事ができます。

つまり、LINEモバイルの音声通話SIMの通話料よりも安いという事じゃ。
スマホ博士

いつでも電話」とは、LINEモバイルの音声通話SIMをご利用の皆さまはどなたでも利用可能な通話アプリで、この「いつでも電話」から発信する事で、通常20円/30秒の国内通話料が半額の10円/30秒になるサービスです。

② データフリーの対象サービス

LINE Outもインターネット回線を利用したIP電話になりますので、1台目スマホでキャリアを使っている場合には、LINE Outで通話する際にはデータ通信量が発生してデータ量が減ってしまいます。

しかし、データフリーの対象になりますので、LINEモバイルの2台目スマホでは、LINE Outで通話をする時のデータ通信量は一切、消費されません

ひよっこ君
LINE Outもデータフリーの対象になるんだね。
データ量を使い切ってしまった時に、高速のままで普通に電話をかけられるのが嬉しいのう。
スマホ博士

③ 1日5回まで、LINE Out Freeで無料でかける事ができる

LINE Out FreeLINE Outには1日5回まで無料で電話をかける事ができるLINE Out Freeというサービスがあります。

利用回数 1日5回まで
固定電話への無料通話時間 1回3分まで
携帯電話への無料通話時間 1回1分まで

LINE Out Freeは電話を発信する前に30秒程度の動画の広告を見る事で、1日に5回まで、無料で電話をかける事ができるサービスです。

固定電話へは1回3分まで携帯電話へは1回1分まで電話をかける事ができます。

通話終了の20秒前にアラームで間もなく無料通話が終了する旨、知らせてくれますが、時間が来ると問答無用で電話が切れてしまいますので、目上の人への電話には向きません。

忙しい時には広告を見ている暇もありませんが、時間に余裕のある時には、何と言っても1日に5回まで無料で電話ができますので、かなりお得です。

ひよっこ君
1日に5回も無料で話せるんだったら、1ヶ月間、これだけで十分な人もいるかもね。
しかし、携帯へは1分までじゃから、用件のみの会話になってしまうのう。
スマホ博士

④ 無料でかけられるお店や公共施設などが350万件以上

個人的には、このサービスはかなり使わせて頂いており、非常に便利です。

このサービスは、周辺のお店公共施設など、登録されている全国350万件の掲載店舗に、LINE Outを利用して10分間無料で電話をかける事ができるサービスです。

ひよっこ君
350万店舗って、本当にそんなにたくさんの所に無料で電話がかけられるの?
実際に、本当にほとんどの所に無料で電話がかけられる様じゃぞ。
スマホ博士

電話番号を入力しますと、無料通話ができる電話番号であれば「無料通話 / お店」と表示され、発信しますと10分間、無料で通話をする事ができます。

役所銀行、近所の飲食店から不動産屋さんなど、知り合いの家に電話をする以外はほとんどの固定電話への通話が無料でかける事が出来るイメージで、私の場合、固定電話にかける電話の7割くらいはこの無料の通話で行っていると思います。

サブとしての2台目スマホにもすごく嬉しいサービスですが、通話料を節約するために1台目スマホでも使える本当にお得なサービスです。

関連記事

LINEモバイル公式サイト

データ通信専用でも050アプリで電話を受ける事もできる

SMARTalkLINEが提供するIP電話であるLINEの通話(無料通話・ビデオ通話)とLINE Out(LINE Out Free)の2つの方法で、2台持ちの2台目スマホでも十分に色々な所に電話をかける事が出来る事はご理解頂けたと思います。

ひよっこ君
ほんと、音声通話SIMと同じ位、色んな所に電話をかける事ができちゃうね。
それも、音声通話SIMの通話料よりも安くで通話ができるんじゃから驚きじゃ。
スマホ博士

090080070の電話番号にこだわりがなければ、1台目スマホとして利用したい位のサービスで、もはや2台目スマホ必要以上の機能を備えてしまったとも言えますが、ついでを言わせて頂くとしますと、音声通話SIMと同じだけの通話機能を持つには、電話を受ける機能がまだ欠けています。

2台目スマホなのでここまでの機能は必要ないとおっしゃる方もいらっしゃると思いますが、参考までにご紹介させて頂くとしますと、ずばり、データSIMの2台目スマホで電話の着信を受ける方法は050アプリを利用する事です。

050アプリは050で始まる電話番号を持つ事ができるIP電話で、安い料金で電話をかける事もできますが、発信についてはLINEの無料通話(ビデオ通話)とLINE Outの方がお得になりますので、着信でのみ050アプリを利用します。

そして、050アプリも色々な種類がありますが、着信のみで利用するのですから、基本利用料月額利用料無料の050アプリを選ぶ事が重要です。

050アプリ 月額基本料
SMARTalk 0円
My 050(旧、050Free) 0円
LaLa Call 100円
G-call 050 280円
050plus 300円
Skype番号 300円
ひよっこ君
月額料金が無料なら、電話を受けるだけなら本当にタダで利用できる事になるんだよ。

そして、私がおすすめする着信専用に使う為のベストな050アプリは、、楽天コミュニケーションズが運営するSMARTalkです。

SMARTalkの優れた所は下記の通りです。

  • 毎月の基本利用料が無料
  • 留守電が無料で使える
  • 通話録音も可能
  • 指定番号の着信拒否も無料
  • 留守電を聞くのも無料
  • etc.
すごいのう。着信に必要な機能がほぼ完璧に揃っておる。
スマホ博士

発信する場合にはお金がかかりますが、着信は無料ですので、これ程までの機能があって、まさに着信に使うにはベストな050アプリである事がお分かり頂けると思います。

留守番電話を聞く際も、アプリ内で再生して聞く事も出来ますので通話料は掛かりませんし、留守電の音声ファイルを添付してメールで送る設定もできますので、非常に便利です。

ひよっこ君
たった500円で1台目スマホ並みの機能になっちゃったよ。
本当じゃ...、恐れ入ってしまうわい...。
スマホ博士

ココに注意

LINEの無料通話、LINE Out、及び、050アプリに関しましては、110番や119番などの緊急電話や、0120や0570などの「0××0」の電話番号にはかける事ができませんので、ご注意ください。

関連記事

LINEモバイル公式サイト

2台目スマホ、エンタメ用ならコミュニケーションフリーもあり!

コミュニケーションフリープラン2台目スマホエンタメ用として使う場合は1GBのデータ量では足りませんので、その場合は、データ量の多いLINEモバイルのコミュニケーションフリープラン2台目スマホに使う事も可能です。

データ量 LINEフリープラン
(データSIM(SMS付き))
コミュニケーションフリー
(データSIM(SMS付き))
1GB 620円
3GB 1,110円
5GB 1,640円
7GB 2,300円
10GB 2,640円

コミュニケーションフリープランには普通のデータSIMはなくて、SMS付きのデータSIMになりますが、10GBのデータ量で2,640円というのはとてもお得です。

ひよっこ君
キャリアだったら5,000円位はするもんね。
これで、たっぷりYouTubeを見たりゲームをしたりして頂けますぞ。
スマホ博士

そして、データフリーの対象サービスも、LINEだけからTwitterFacebookInstagramの人気の3つのSNSが加わりますので、一層、データ量をお得に使う事ができます

ココに注意

もし、1GBと3GB以上でデータ量のプラン変更をする場合は、同じSIMカードのタイプでなければ変更はできません。つまり、上の表にも敢えて記載の通り、LINEフリープランの1GBもSMS付きのデータSIM(620円)をお申し込み頂く必要があります。

仕事とプライベートで電話番号を分けるならLINEフリーの音声通話SIMもあり!

LINEフリーの音声通話SIM冒頭でも少しお話に出ましたが、もし、仕事用プライベート用で090などの携帯番号も分けてしまいたい場合は、2台目スマホにLINEフリープランの音声通話SIMを利用する事で可能になります。

容量 データSIM データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
1GB 月額500円 月額620円 月額1,200円
au回線は仕様の関係で「データSIM」の提供がありません。

LINEフリープランの音声通話SIMは月々たったの1,200円ですので、データSIMの500円に比べますと高くなってしまいますが、もう一つの携帯の電話番号を持てる事を考えますと、十分に安い料金です。

ひよっこ君
仕事とプライベートでスマホを別にしたい人は多いからね。
プライベートでは仕事忘れてリラックスしたいしのう。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

1台目も2台目もLINEモバイル、お得に申し込む方法

追加申込前章までは、2台目スマホLINEモバイルが最適な事をご説明して来ましたが、もし1台目スマホLINEモバイルをご利用なさっておられて2台目スマホLINEモバイルになさるのなら、とてもお得に申し込む事ができますので、そのお申し込み方法をこの記事の最後にご紹介をさせて頂こうと思います。

ひよっこ君
LINEモバイルは元々が安くてお得なんだから、1台目から使っている人も多いもんね。

そのお得なお申し込み方法は、LINEモバイルのマイページから「追加申込」で申し込む方法です。

追加申込から2台目スマホを申し込む事で、初期費用のウェブ登録事務手数料の3,000円最大無料で申し込む事ができます。

追加申込でのウェブ登録事務手数料

  • 音声通話SIM:3,000円0円
  • データSIM(SMS付き)3,000円500円
  • データSIM:3,000円1,000円

2台目スマホデータSIMをお申し込みになられる場合は、是非、追加申込からお得にお申し込み頂ければと思います。

音声通話SIMを2台目スマホにする場合は、次の章をご覧下されよ。
スマホ博士

関連記事

2台目を音声通話SIMにするなら、キャンペーンも加味すべし!

エントリーパッケージ一方、2台目スマホ090や080の携帯番号が持てる音声通話SIMになさる場合は、LINEモバイルで開催されているキャンペーンの事も合わせてご検討下さい。

LINEモバイルでは、音声通話SIMを申し込まれる方に対しては、常に大盤振る舞いのキャンペーンが開催されています。

しかし、音声通話SIMをお申し込みの方に対してのキャンペーンは、追加申込では適用されない事が多いのです。

ひよっこ君
それじゃあ、キャンペーンが適用されるにはどうしたら良いの?

もし仮に、2台目スマホを申し込む時に、LINEポイント5,000ポイント(=5,000円分)が貰えるキャンペーンが開催されているとしますと、追加申込から音声通話SIMを申し込むと3,000円が無料になりますが、5,000ポイントは貰えませんので2,000円の損になってしまいます。

本当じゃのう。それじゃあ、追加申込ではなくて普通に申し込んだ方が得なのかのう。
スマホ博士

実は、ウェブ登録事務手数料3,000円もタダになり、LINEポイント5,000ポイントもゲットできる方法がありまして、それはエントリーパッケージを利用して申し込む方法です。

エントリーパッケージAmazon400円程で購入できるエントリーコードが記載されたパッケージになりまして、キャンペーンにも適用されるのです。

エントリーパッケージの表面

エントリーパッケージの表面(クリックすると別窓で大きく開きます。)

エントリーパッケージの裏面

エントリーパッケージの裏面(クリックすると別窓で大きく開きます。)

ひよっこ君
エントリーパッケージは「音声通話SIM」と「SMS付きのデータSIM」だけだよ。「データSIM」の申し込みには使えないから注意だよ。

2台目スマホを申し込む時にこのエントリーパッケージを利用する事で、先ほどの例なら5,000LINEポイントも貰え、ウェブ登録事務手数料の3,000円も無料になるのです。

合計、8,000円もお得になるんじゃのう。
スマホ博士

私も2回ほどエントリーパッケージを使って申し込んだ事がありますが、2台目スマホにLINEモバイルの音声通話SIMをお申し込みなさる場合は、是非、エントリーパッケージをご利用頂ければと思います。

関連記事

余談:1台目も2台目もLINEモバイルならデータ量がお得に移動できる

データプレゼント余談にはなりますが、1台目スマホ2台目スマホLINEモバイルにする事で、この2台のスマホ間でデータ量を上手にやりくりする事ができます。

LINEモバイルの「データプレゼント」という機能を使う事で、1台目のスマホから2台目のスマホでデータ量を移動する事ができますし、2台目のスマホから1台目のスマホへのデータ量を移動する事ができます。

ひよっこ君
データ量がなくなりそうになったら、もう1台のスマホからデータ量を貰えるんだね。
それは便利じゃのう。
スマホ博士

その通りでして、どちらか一方のスマホのデータ量がなくなった時に、もう1台のスマホからデータ量を送る事によってデータ量を使い切ってしまったスマホにデータ量が充填され、また高速通信で使える様になるのです。

LINEモバイルではデータ量の追加購入をする事もできますが、0.5GB当たり500円と割高になりますので、無料でデータ量をやり取りできるデータプレゼントは、データ量を無駄なく利用する事ができてお得です。

LINEモバイル公式サイト

2台持ちの2台目スマホはLINEモバイルがベスト! まとめ

2台持ち、2台目スマホ

皆さま、お疲れさまでした。

2台目スマホをご検討なさっておられる皆さまには、LINEモバイルが2台目スマホに打ってつけな事をご理解頂けたかと思います。

特に、データ通信専用の2台目スマホをご検討に皆さまには、LINEモバイルのデータSIMは超、おすすめです。

  • 料金がたったの500円
  • 1GBのデータ量が付いて来る
  • LINEがデータフリーで使い放題
  • 電話の発信・受信もできる

この様に、090の携帯番号にこだわりがなければ、1台目スマホとしても通用する機能を持っています。

是非、2台目スマホをお持ちになられる場合はLINEモバイルをご検討頂きまして、お友だちやご家族、大切な人と快適にコミュニケーションを図って頂ければと思います。

最後までお読み下さいましてありがとうございました。

よろしくお願い致します。

LINEモバイルはとっても素晴らしい格安SIMですよ!

是非、LINEモバイルにお申し込み頂き、ご家族やお友達と「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!

ひよっこ君
下のバナーから申し込みができるよ。(笑)
宜しくお願いしますぞよ。(笑)
スマホ博士

-LINEモバイルとは

© 2020 LINEモバイルで Let's Communication!