お知らせ ただいまLINEモバイルでは、最大5,000円相当がもらえる「シークレットキャンペーン」を開催中! 申し込み時にキャンペーンコードを入力すれば、LINE Pay残高LINEポイントがもらえます! 詳細は「最新キャンペーン情報」まで!

LINEモバイルとは

【初心者向け】SIMカードとは? 格安SIMとは? SIMが付く用語を分かりやすく解説!

SIMが付く用語説明

ひよっこ君
博士~、最近、SIMって言葉をよく聞くんだけど、SIMってなんなの...?
それじゃあ、「SIM」がつく用語をいろいろと説明をしてあげよう。
スマホ博士

LINEモバイルをご検討中のみなさま、こんにちわ。

さて、大手携帯会社からLINEモバイルに乗り換えたら、料金はグンと安くなり、 LINEが使い放題になるので、ワクワクなさっている人も多いと思います。

そんな中、LINEモバイルを検討していると、SIMカードSIMロック解除SIMフリーなどなど、「SIM」という言葉がいろいろと出てきて、頭が混乱している人もいるのではないでしょうか? 

この記事では、初心者のみなさまに向けて、そんな疑問を解消していただくため、下記の内容でSIMのつく言葉の用語解説をしています。

  1. SIMとは? SIMカードとは?
  2. 格安SIMとは?
  3. SIMロック、SIMロック解除とは?
  4. SIMフリー、SIMフリースマホとは?
  5. その他のSIMがつく言葉

SIMについて頭が整理できれば、LINEモバイルの検討もスムーズにはかどりますので、ぜひ、参考にしていただければと思います。

よろしくお願いいたします。

\LINEモバイルの最新キャンペーンはこちらから!/

SIMカードとは?

SIMカードはスマホに挿す

SIMカードとは、スマホの中に入っている、金色の小さなICカードのことを言います。

ドコモやau、ソフトバンクを使っているみなさまは、スマホを購入する時、あらかじめSIMカードを挿した状態で渡されるので、目にする機会はなかったと思います。

しかし、そのスマホをLINEモバイルに持ち込んで使う場合は、自分でLINEモバイルのSIMカードを挿して使うことになります。

ひよっこ君
SIMカードの抜き挿しは簡単だから、安心してね。

ちょっと難しいことを言いますと、SIMカードは英語で「Subscriber Identity Module Card」になり、この頭文字をとって「SIMカード」と呼ばれています。

日本語では「加入者識別モジュールカード」と訳され、このICカードには電話番号加入者情報が記録されていて、誰がどの電話番号で、どこの携帯会社を使っているのかが分かります。

まさに、加入者を識別できる重要なICチップなんじゃ。
スマホ博士

ですので、SIMカードをスマホに挿していなければ、電話ネットはできません。(Wi-Fiに繋げば、ネットはできます。)

また、SIMカードSDカードを混同される人もいますが、SIMカードには写真や動画は保存されず、加入者情報のみが記録されるので、もし紛失しても、再発行すればスマホが使えます。

SIMカードのサイズは3種類ある

SIMカードは3種類あるSIMカードには3種類のサイズがあり、大きい順に、標準SIMマイクロSIMナノSIMです。

技術の進歩とともに、SIMカードのサイズはどんどん小さくなってきてるんですね。

SIMカードのサイズは規格化されているので、キャリアのSIMカードもLINEモバイルのSIMカードも、大きさはこの3種類で統一されていますが、今では、最新機種のほとんどがナノSIMになっています。

ひよっこ君
今はもっと進化して、マルチSIMもあるんだよ。

LINEモバイルでは、ドコモ回線とau回線は、SIM台紙から標準マイクロナノのいずれかのサイズに切り離すことできるマルチSIMカードになっています。

また、ソフトバンク回線では標準SIMの取り扱いはなくなり、ソフトバンク版のiPhone専用の「iPhone専用ナノSIM」の取り扱いがあります。

サイズを間違えると、スマホが使えんから注意じゃぞ。
スマホ博士

今、使っているスマホをそのままLINEモバイルに持ち込んで使う場合は、LINEモバイル公式サイトの「動作確認済端末検索ページ」で、どのサイズのSIMカードかをちゃんと調べておきましょう。

LINEモバイル公式サイト

格安SIMとは?

格安SIMとは?

格安SIMとは、ドコモauソフトバンクの大手携帯会社と比べて、格安で使えるSIMカードのことを言い、大手キャリアから格安SIMに乗り換えるだけで、毎月数千円もスマホ代が安くなります。

私は以前、ドコモで毎月8,000円ほどのスマホ代を払っていましたが、LINEモバイルに乗り換えて、今では毎月2,000円ほどになりました。

また、格安SIMを使う前は、「安かろう悪かろう」で、何かダメなところがあるんじゃないかと思っていましたが、そんなことはなく、とっても満足して使っています。

ひよっこ君
格安SIMは、安くてサービスも素晴らしいんだよ。

LINEモバイルのような格安SIMを提供する会社のことを「MVNO」と呼びますが、主要なMVNOだけでも10数社あるので、そこには競争も生まれ、とっても良いサービスが提供されています。

そして、MVNOとは「Mobile Virtual Network Operator」を略した言葉で、日本語に訳すと「仮想移動体通信事業者」になります。

一方、ドコモauソフトバンクの大手キャリア3社をMNOMobile Network Operator)と呼び、日本語では「移動体通信事業者」と訳されます。

LINEモバイルの様なMVNOには「Virtual(仮想)」という言葉がつき、大手キャリアのMNOには「Virtual(仮想)」と付いていないところに、両社の料金の違いの要因が隠されているのです。

なぜ、MVNOが格安なのか、今から説明するぞ。
スマホ博士

関連記事

格安SIMはなぜ安い?

格安SIMはなぜ安い?

格安SIMがなぜ安いかは、格安SIMを提供しているMVNOの仕組みによります。

まず、大手キャリア3社の料金がなぜ高いを説明すると、MNO通信回線網基地局を自社で保有・管理をしていて、この維持費メンテナンス費が莫大なことにより、必然的に料金が高くなってしまいます。

一方、LINEモバイルのようなMVNOは、そのような設備を自社では持たず、大手キャリアの設備や通信網を借りて運営しているので、より安くサービスを提供できるのです。

ひよっこ君
LINEモバイルは大手キャリア3社から回線を借りてるんだよ。
じゃから、ドコモ、au、ソフトバンクの3回線のサービスがあるんじゃ。
スマホ博士

LINEモバイルは、数ある格安SIMの中でも、たった2社しかない、大手キャリアの回線すべてを扱っているMVNOなので、どのキャリアからの乗り換えも楽ちんです。

また、大手キャリア店舗もたくさんありますが、格安SIMは基本的にインターネットで集客や申し込みを行い、広告費人件費もキャリアと比べて安いため、格安の料金が実現できるのです。

格安SIMは大手キャリアよりもサービスが悪いから安いのではなく、企業努力によって、安い料金でみなさまに通信サービスを提供しているのです。

LINEモバイル公式サイト

SIMロック、SIMロック解除とは?

SIMロック解除

SIMロックとは、特定の携帯会社のSIMカードを挿した時のみスマホが使え、他社のSIMカードを挿しても、通信や通話ができないようにロックされた状態のことを言います。

分かりやすく言うと、ドコモで販売されているスマホにauソフトバンクのSIMカードを挿しても、スマホを使うことはできません。

ドコモのスマホにはドコモのSIMカードを、auソフトバンクのスマホには、auソフトバンクのSIMカードを挿した状態でないと、スマホを使うことはできないのです。

ひよっこ君
他社に乗り換えできないよう、嫌がらせしてるみたいだね...。

確かにその通りで、大手キャリアには2年縛り違約金、そして、SIMロックで他社のSIMカードが使えないようにしていて、まさに顧客を囲い込んでる状態です。

しかし今は、とってもSIMロック解除がしやすくなったんじゃ。
スマホ博士

SIMロック解除で乗り換えがしやすくなる

乗り換えにはSIMロック解除

SIMロック解除とは、このようなSIMロックのかかったスマホを、どこの携帯会社のSIMカードでも使えるよう、ロックを外すことをいいます。

LINEモバイルの場合、大手キャリアすべての回線を取り扱ってるので、ドコモのスマホはLINEモバイルのドコモ回線なら、SIMロック解除をせずに、そのまま使うことができます。

しかし、ドコモのスマホを、LINEモバイルのソフトバンク回線au回線など他の回線で使うには、このSIMロック解除が必要です。

ひよっこ君
SIMロック解除をすれば、どこのスマホでもLINEモバイルで使えるんだよ。

以前は、SIMロック解除をするのにいろいろと条件が付いていましたが、今は、契約中はネットで無料でできるのは当然のこと、解約した後でもSIMロック解除ができるようになりました。

尚、解約後は、ドコモauはネットで無料でできますが、ソフトバンクはショップのみの対応で3,000円の手数料がかかるので、契約中にSIMロック解除をしておきましょう。

関連記事

LINEモバイル公式サイト

SIMフリー、SIMフリー端末とは?

SIMロック端末とSIMフリー端末

SIMロックやSIMロック解除のご説明で、SIMフリーSIMフリー端末については、もうお分かりかと思います。

SIMフリーとは、SIMロックがかかっていない状態のことで、好きな携帯会社のSIMカードを自由に選択し、使える状態のことを言います。

大手キャリアのスマホをSIMロック解除したり、あるいは、Appleストアや家電量販店では、初めからSIMフリーのスマホも売っています。

ひよっこ君
Appleストアで買ったiPhoneは、元からSIMフリー端末だもんね。

これらのSIMフリー端末なら、どこの携帯会社のSIMカードでも使えますし、海外旅行に行く時は、現地の安い海外プリペードSIMも使えます。

海外SIMを挿すだけで、使ってるスマホがそのまま海外で使えるんじゃ。
スマホ博士

その他の「SIM」のつく言葉を解説!

その他のSIMのつく言葉

それでは最後に、その他の「SIM」のつく言葉も簡単に解説します。

  • データSIM・音声通話SIM
  • 海外SIM(海外プリペイドSIM)
  • SIM変換アダプタ
  • SIMピン・SIMトレー
  • デュアルSIM
  • SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)
ひよっこ君
「SIM」のつく言葉が大集合だよ。

データSIM・音声通話SIM

SIMカードの種類

SIMカードには、「音声通話」「データ通信」「SMS」の3つの機能があり、その組み合わせによって、SIMカードは3種類のタイプに分かれます。

  • データSIM → データ通信専用
  • データSIM(SMS付き)→ データ通信+SMS
  • 音声通話SIM → 音声通話+データ通信+SMS

大手キャリアでは、通話もネットもできる音声通話SIMが普通ですが、格安SIMにはデータ通信のみの提供もあります。

LINEモバイルでは、2020年2月19日にスタートした新プランでは、SMS機能のついていないデータSIMはなくなり、今は、音声通話SIMデータSIM(SMS付き)の2種類のSIMタイプの提供となっています。

ひよっこ君
格安SIMによって呼び方は違うけど、機能は一緒だよ。

海外SIM(海外プリペイドSIM)

海外SIM

海外SIM海外プリペードSIMとは、海外で使うことができるSIMカードで、Amazonなどでも購入できますし、現地で購入することもできます。

海外旅行の時に、レンタルWi-Fiを使う人もいますが、荷物が増えるし、重いし、充電も必要で手間ですよね。

海外プリペードSIMなら、使ってるスマホに挿せばそのまま使えるので使い勝手もよく、おまけに料金もとても安いです。

SIMロック解除されたスマホしか使えんから、注意じゃぞ。
スマホ博士

SIM変換アダプタ

SIM変換アダプタ

SIMカードのサイズは3種類ですが、SIM変換アダプターを使えば、ナノSIMマイクロSIM標準SIM対応のスマホに挿して使うことができます。

以前、私は、普段使いのスマホを故障させてしまった時に、ナノSIMを変換アダプターに付けてマイクロSIMのサイズにし、古いスマホに挿して一時しのぎをしたことがありました。

また、LINEモバイルのソフトバンク回線ナノSIMマイクロSIMのみの取り扱いですが、古い標準SIMのスマホを使うなら、自己責任変換アダプターを使えば使えます。

滅多に使うものではありませんが、ダイソーで100円で売っているので、1枚持っていても損はありません。

ひよっこ君
万一の時の知識として、持っていても良いよね。

SIMピン・SIMトレー

SIMピンとSIMトレー

SIMピンとは、SIMカードを挿入する時、スマホ本体のSIMトレーを引き出すのに使うピンのことです。

iPhoneには購入する時に付属品として付いてきますし、最近は、android端末でもSIMピンを利用するタイプが増えています。

SIMトレーの横にある穴にSIMピンの先を押し込めば、SIMトレーが押し出され、SIMトレーにSIMカードをセットして挿入すれば、これでスマホが使えます。

SIMピンがなければ、クリップの針金部分を伸ばして使うこともできるぞ。
スマホ博士

デュアルSIM

デュアルSIM

デュアルSIMとは、1台のスマホで2枚のSIMカードを利用できる機能です。

上の画像のように、ナノSIMカードが2枚と、マイクロSDカードを装着するタイプのものもあります。

デュアルSIMにも何種類かあり、「DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)」という、2つのSIMカードを同時に待ち受けができるタイプが便利です。

ひよっこ君
DSSS(デュアルSIMシングルスタンバイ)は切り替えが必要で手間なんだ...。

最近は、「DSDV(デュアル SIM デュアル VoLTE)」や「DSDA(デュアルSIMデュアルアクティブ)」のタイプも出てきて、ますます便利になっています。

SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)

SIMロック解除アダプタ

SIMロック解除アダプタとは、文字通り、SIMロックを解除する為のアダプタです。

最近は、大手キャリアのSIMロックのかかったスマホも、解約後でも、中古端末でも、SIMロック解除ができるようになったので、利用されるケースは少なくなってきました。

とは言え、正規のやり方でSIMロック解除ができない場合に、自己責任にはなりますが、このSIMロック解除アダプタが役に立ちます。

使うなら、口コミで評価の高いものを選ぶんじゃぞ。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

SIMカードとは? 格安SIMとは? SIMが付く用語を分かりやすく解説、まとめ!

SIMが付く用語説明

みなさま、お疲れさまでした。

さて、この記事では、初心者でも分かるように、いろいろな「SIM」のつく言葉を解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ひよっこ君
いろんなSIMのことが分かって、頭がすっきりしたよ。

それでは最後に、この記事のポイントをおさらいさせていただきます。

  • SIMカードとは、スマホの中に入ってるICカードで、加入者情報が記録されている
  • 格安SIMとは、格安の料金で使えるSIMカードのこと。MVNOが提供している
  • SIMロックとは、特定の携帯会社のSIMカードのみが使える、ロックのかかった状態
  • SIMフリーとは、どの携帯会社のSIMカードでも使える状態のこと
この4つのSIMのつく言葉が基本じゃな。
スマホ博士

SIMの基本が分かれば、格安SIMを使いこなすこともできますよ。

ぜひ、格安SIMのLINEモバイルに乗りかえて、家族やお友だちと素晴らしいコミュニケーションを図り、安く快適にスマホを使っていただければと思います。

最後までお読みくださいまして、有難うございました。

よろしくお願いいたします。

LINEモバイルはとっても素晴らしい格安SIMですよ!

ぜひ、LINEモバイルにお申し込みいただき、ご家族やお友だちと「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!

ひよっこ君
下のバナーから申し込みができるよ。(笑)
宜しくお願いしますぞよ。(笑)
スマホ博士

-LINEモバイルとは

© 2020 LINEモバイルで Let's Communication!