LINEモバイルとは

いよいよau回線がスタート! トリプルキャリアのLINEモバイルになりました。

au回線スタート

皆さま、いよいよLINEモバイルでau回線のサービスがスタートしました!

2019年2月20日、表参道での発表会において、2019年の上半期にau回線のサービスを開始するとアナウンスがあり、4月にあらためて発表されるとの事でしたが、4月22日にいきなりau回線のサービスのスタートが発表されました。

私自身は、あらためて4月の段階でau回線のサービス開始のスケジュールが発表されるのかと思っていましたが、いきなりサービス開始の発表でちょっと驚きました。

ひよっこ君
僕も驚いちゃったよ。

しかし、auを使っている方は今か今かと待っておられたと思いますので、この突然のau回線のサービス開始にとても喜ばれた事だと思います。(笑)

晴れて、これでLINEモバイルは大手キャリア3社の回線すべてを取り扱うトリプルキャリアの格安SIMになり、ドコモからも、ソフトバンクからも、auからも、どのキャリアからも乗り換えがしやすくなりましたし、キャリアだけではなく他社格安SIMからも乗り換えやすい格安SIMになりました。

業界でマイネオに次いでのトリプルキャリアの格安SIMじゃ。
スマホ博士

まだ一部、サービス提供の準備が整っていない部分もありますが、この記事では

  • LINEモバイルにau回線がスタートしたメリット
  • LINEモバイルのau回線の料金プランなどの概要
  • LINEモバイルのau回線で使える端末
  • LINEモバイルのau回線で準備中の諸サービス

など、LINEモバイルでau回線のサービスがスタートした段階での詳細をご説明させて頂きます。

どうぞ、よろしくお願い致します。

\LINEモバイルの最新キャンペーンはこちらから!/

LINEモバイルでau回線がスタート! そのメリットは?

au回線スタートLINEモバイルでは、2016年9月ドコモ回線のサービスでスタートしましたが、ドコモ回線のサービスだけの時は、ドコモを使っておられた方SIMロック解除なしにそのままLINEモバイルのドコモ回線に乗り換える事が出来ましたので、非常に便利にお使い頂けました。

ひよっこ君
まず最初はドコモ回線からスタートしたんだよね。

しかし、ソフトバンクauをお使いの皆さまは、SIMロック解除をしなければLINEモバイルに乗り換える事が出来ませんでしたし、端末によってはSIMロック解除をする事が出来ない端末すらあって、LINEモバイルに乗り換える事はハードルが高く、LINEモバイルのデータフリーのサービスを使いたくても断念する人もいらっしゃいました。

そんな不便な状況を改善する為、2018年7月にLINEモバイルにソフトバンク回線のサービスが加わりましたが、これにより、ソフトバンクを使っておられた方はSIMロック解除をする事なしに、簡単にLINEモバイルに乗り換える事が出来る様になり、LINEモバイルは、ドコモとソフトバンクをお使いの皆さまにとってはとても便利な乗り換えやすい格安SIMになりました。

あっという間にマルチキャリアの格安SIMになったんじゃ。
スマホ博士

しかし、引き続き、auをお使いの皆さまにはご不便をおかけしており、auをお使いの皆さまには、LINEモバイルの色々なサービスを気に入って頂いても、SIMロック解除の心理的なハードルが高い事により、なかなかLINEモバイルに乗り換えて頂く事ができませんでした。

それがこの度、LINEモバイルにau回線のサービスが加わる事により、auを使っておられる皆さまにも、基本的にSIMロック解除をする事なくLINEモバイルに乗り換えて頂く事が出来る様になり、これでLINEモバイルはどの大手キャリアからも簡単に乗り換える事が出来るトリプルキャリアの格安SIMになりました。

ひよっこ君
ドコモ回線のスタートから2年半でトリプルキャリアだよ。

SIMロック解除に関しては、まだSIMロック解除自体をご存知ない方も多く、また、SIMロック解除の事を知っていても面倒に思われる方が多く心理的なハードルがとても多いのですが、これで今、ドコモを使っておられる皆さまも、ソフトバンクを使っておられる皆さまも、auを使っておられる皆さまも、SIMロック解除なしにLINEモバイルに乗り換えて頂く事が出来る様になりました。

LINEモバイルの便利ポイント

  • ドコモの方は、SIMロック解除なしでLINEモバイルのドコモ回線に乗り換えられる
  • ソフトバンクの方は、SIMロック解除なしでLINEモバイルのソフトバンク回線に乗り換えられる(※)
  • auの方は、SIMロック解除なしでLINEモバイルのau回線に乗り換えられる(※)

※ お使いの端末によりましては、SIMロック解除が必要な場合もあります。

※ お使いの端末によりましては、SIMロック解除が必要な場合もあります。

こんな感じで、LINEモバイルはとっても乗り換えやすい格安SIMになりました。

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルのau回線の料金プラン → 他の回線と同じ!

それでは、LINEモバイルのau回線のご説明を開始させて頂きます!

まずは、LINEモバイルのau回線の料金プランのご説明からになりますが、ドコモ回線ソフトバンク回線と同じ料金プランですので、とてもシンプルで分かりやすい料金プランです。

LINEモバイルの3つの料金プラン

LINEフリープラン

コミュニケーションフリープラン

MUSIC+プラン

料金プランは上の3種類になりまして、各々のプランでデータ専用のデータSIMと通話機能の付いている音声通話SIMを選択する事ができます。

LINEフリープラン

LINEブリープラン

容量 データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
1GB 月額620円 月額1,200円
データフリー LINE

LINEフリープランは、LINEモバイルの最もリーズナブルなプランになり、データ容量は1GBのみになります。

ご注意を頂く点は、ドコモ回線ソフトバンク回線には「データSIM」がありましたが、このau回線には仕様の関係で「データSIM」はありません

この「データSIM(SMS付き)」と「音声通話SIM」の2種類のサービスタイプになります。

ひよっこ君
500円プランがなくなっちゃったんだね。

データフリー対象サービスはLINEのみですが、トークだけではなく、無料通話や顔を見てのビデオ通話もいくらしてもデータ容量は減りませんので、普段、通話はLINEでなさる方には、このLINEフリープランのデータSIM(SMS付き)は非常にお得です。

また、電話も通信もあまりしないけど、一応、スマホは持っておきたいという方には、このLINEフリープランの音声通話SIMはとてもお得です。

たった1,200円でスマホが持てるんじゃぞ。
スマホ博士

コミュニケーションフリープラン

コミュニケーションフリープラン

容量 データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
3GB 月額1,110円 月額1,690円
5GB 月額1,640円 月額2,220円
7GB 月額2,300円 月額2,880円
10GB 月額2,640円 月額3,220円
データフリー LINETwitterFacebookInstagram

コミュニケーションフリープランは、ドコモ回線やソフトバンク回線と全く同じです。

ひよっこ君
コミュニケーションフリープランはLINEモバイルの中で一番人気なんだよ。

データフリーはLINEに加えて、TwitterFacebookInstagramも使い放題になりますので、SNSをたくさんする方にはベストマッチです。

また、データ容量も3GBか10GBまで4つの容量から選択する事が出来ますので、ご自身にピッタリの容量をお選び頂く事ができて、社会人の方から学生さんまで、幅広い層の方にお勧めです。

4つのSNSが使い放題でこの料金は安いじゃろ。
スマホ博士

MUSIC+プラン

MUSIC+プラン

容量 データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
3GB 月額1,810円 月額2,390円
5GB 月額2,140円 月額2,720円
7GB 月額2,700円 月額3,280円
10GB 月額2,940円 月額3,520円
データフリー LINETwitterFacebookInstagramLINE MUSIC

そして、MUSIC+プランも、ドコモ回線ソフトバンク回線の内容と全く同じです。

MUSIC+プランは、そのプラン名の通り、コミュニケーションフリープランにMUSICをプラスしたプランになりまして、つまり、LINEがサービスを提供しているLINE MUSICを視聴する際のデータ通信料データフリーになります。

ひよっこ君
音楽を聴く時のデータ量って、すごく消費されるもんね。

LINE MUSICの利用料は別途必要になりますが、音楽ストリーミングサービスは月額の利用料は定額になりお得なのですが、その視聴の際のデータ量は高音質になればなるほど非常に消費されます

通勤や通学の時に毎日欠かさず音楽を聴かれる方や、常に音楽が身近な方には、このMUSIC+プランはいくらLINE MUSICで音楽を聴いてもそのデータ通信料は一切消費されませんので、コミュニケーションフリープランよりも月に700円高くなりますが、音楽好きの方にはとても魅力的なプランです。

コミュニケーションフリープランでデータ容量を増やすより、こっちの方がお得じゃぞ。
スマホ博士

au回線でもデータフリーが可能! そのデータフリーの特徴は?

LINEモバイルのデータフリーLINEモバイルのau回線でも、他の回線と同じくデータフリーが可能ですが、LINEモバイルのデータフリーの特徴は下記の通りです。

データ残量がある時

例えば、1ヶ月のデータ量を5GBで契約している場合、月初には5GBあるデータ量も、日々ネットで通信をする事によってその5GBのデータ量は減って行きます。

データフリーは、まだ基本データ量が残っている時には、そのデータフリー対象サービスをいくら使ってもデータ量は消費されません

プランによって、LINEのビデオ通話も、Twitterの動画も、Instagramの画像も、データ通信料を気にする事なく、使いたい放題に使えます。

ひよっこ君
データフリーは使い放題に使えるサービスだよ。

データ残量がない時

データフリーのサービスは、一般的に、上記のデータ残量が残っている時データ量が消費されない事を思い浮かべられる方が多いと思います。

しかし、このデータ残量がなくなってしまった時のデータフリーの特徴もとっても嬉しいものがあります。

通常、1ヶ月の基本データ量を使い切ってしまいますと、その時から月末まで通信速度制限がかかり、テキストベースのウェブサイトでしたら見る事もできますが、動画などは見る事が出来なくなってしまいます。

しかし、LINEモバイルのデータフリー対象サービスは、1ヶ月の基本データ量を使い切ってしまった時でも、高速通信のまま使い放題に使う事ができます。

例えばご家族やお友達とLINEの無料通話で通話をなさっておられる方は、本当ならデータ量を使い切ってしまったら無料通話もできなくなりますが、LINEモバイルの場合はデータフリー対象サービスであるLINE高速のままで快適に通話をする事ができます。

データフリーはデータ量を使い切ってしまった時でも、高速で使い放題なんじゃ。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルのau回線で使えるauのスマホはこれだ!

ドコモで使っていたスマホはLINEモバイルのドコモ回線で、ソフトバンクで使っていたスマホはLINEモバイルのソフトバンク回線で、基本的にはSIMロック解除をする事なく、そのままの状態で使う事ができます。

auで使っていたスマホに関しても、基本的にはLINEモバイルのau回線で使う事ができますが、auの場合は仕様上、一部の機種はSIMロックがかかった状態では同じauの通信網を使っているLINEモバイルのau回線でも使えない事があります。

その様な端末は、SIMロック解除をして頂き、LINEモバイルのau回線で使って頂く事になります。

ひよっこ君
同じau回線でもSIMロック解除をしなきゃいけないんだね。
そうなんじゃ。auはちょっとややこしいんじゃ。
スマホ博士

auのiPhoneはLINEモバイルのau回線で使える?

  au回線 ドコモ・ソフトバンク回線
iPhone XR
SIMロック解除が必要(注)
iPhone XS Max
iPhone XS
iPhone X
iPhone 8 / 8 Plus
iPhone 7 / 7 Plus
SIMロック解除が必要(注)
iPhone SE
iPhone 6s / 6s Plus
iPhone 6 / 6 Plus ×
SIMロック解除自体ができない為
iPhone 5s
iPhone 5c
iPhone 5
上記以外のiPhone 動作確認未実施

ご覧の通り、au版のiPhoneをLINEモバイルのau回線で使う場合は、iPhone 8以降であれば、SIMロック解除をする事なくそのまま使う事ができます。

しかし、iPhone 6siPhone SEiPhone 7については、ドコモ版やソフトバンク版のこれらのiPhoneなら、LINEモバイルの同じ回線でSIMロック解除なしで使う事ができますが、au版のこれらのiPhoneの場合は、同じ回線であるLINEモバイルのau回線で使う場合でも、SIMロック解除が必要になります。

ひよっこ君
それじゃあ、auでiPhoneを買った後、SIMロック解除をせずに解約して100日が経過したiPhone 6sやSE、iPhone 7はLINEモバイルでは使えないの?

実は、これら3つのiPhoneは、マイネオのau回線のナノSIMSIMロック解除なしで使えるので(VoLTE対応SIMの場合はSIMロック解除が必要)、SIMロック解除をせずにauを解約してマイネオのau回線に乗り換えた場合、解約後100日が経過してしまいますとSIMロック解除が出来なくなり、その結果、SIMロック解除をしなかったこれらのiPhoneはSIMロック解除が必要なLINEモバイルでは使えません

また、iPhone 5からiPhone 6 / 6 Plus までに関しては、ドコモ版やソフトバンク版のこれらのiPhoneなら、やはりLINEモバイルの同じ回線でSIMロック解除なしで使う事ができますが、au版のこれらのiPhoneではLINEモバイルのau回線では使う事ができません

au版の端末は本当にややこしいんじゃ。
スマホ博士

ですので、今後、状況は変わって来るかも知れませんが、au版のiPhoneはLINEモバイルのau回線で使えるものもあれば、使えないものもあり、また、他社のau回線で使えてもLINEモバイルのau回線では使えない事もありますので、LINEモバイルのau回線をご検討頂く時には、間違いのない様、LINEモバイルの「動作確認済み端末検索」にてご確認を頂いた方が確実だと思います。

auのandroid端末はLINEモバイルのau回線で使える?

ドコモ版のandroid端末ソフトバンク版のandroid端末に関しましては、LINEモバイルのそれぞれの回線に使うには、SIMロック解除をする必要もなく、そのままSIMカードを挿し替えるだけで使う事ができます。

同じ様に、au版のandroid端末に関しましては、基本的には、2017年8月以降に販売された端末SIMロック解除なしでLINEモバイルのau回線で使う事ができます。

しかし、auで2015年4月から2017年7月に販売されたandroid端末は、基本的には、SIMロック解除をしなければLINEモバイルのau回線で使う事ができません。

また、2015年3月までにauで販売されたandroid端末に関しましては、SIMロック解除自体ができませんので、LINEモバイルのau回線で使う事ができません。

android端末に関しましても、やはり一筋縄ではいきませんので、確実には、LINEモバイルの「動作確認済み端末検索」にてご確認を頂ければと思います。

SIMロック解除のススメ

上記の通り、au版のスマホ(auで購入したスマホ)は、ドコモ版のスマホソフトバンク版のスマホとは違い、一部の端末はLINEモバイルで使うにはSIMロック解除をする必要があります。

ドコモの場合は、ドコモを解約した後、いつでも誰でもSIMロック解除をする事が出来るのですが、auの場合解約後100日以内にSIMロック解除をしなければ、その後はする事が出来ません。

先ほども書きましたが、分かりやすい例ですので再度ご説明をさせて頂きますが、例えばauで購入したiPhone 6sの場合、auは高いから格安SIMに乗り換えようと考えて、マイネオのAプランの中でもVoLTE対応SIMの場合はSIMロック解除が必要ですが、普通のnanoSIMの場合はSIMロック解除をする事なく乗り換える事が出来ますので乗り換えたとします。

auからSIMロック解除なしでマイネオに乗り換える事が出来たので、SIMロック解除する必要はないと考え、SIMロック解除をする事なくauの解約から101日が経過してしまった場合は、もう2度とそのiPhone 6sはSIMロック解除をする事が出来ません

今回のLINEモバイルのau回線の様にSIMロック解除が必要な場合は、そのSIMロック解除をしなかったiPhone 6sは乗り換える事が出来ません

ひよっこ君
auが100日以内じゃないとSIMロック解除できないのを知らない人は多いと思うよ
本当じゃ。知らんかったとは言えこんなケースがあるとすれば、ちょっと可哀そうじゃのう。
スマホ博士

この様な事がない様、面倒ではありますが、将来的に必要になるかどうかは分からなくても、現在、auを使っておられる皆さまには、SIMロック解除ができる内にSIMロック解除をしてしまう事をおすすめします。

ドコモは解約後、いつでもSIMロック解除出来ますが、ソフトバンクもauと同様で、ソフトバンクの場合は解約後90日以内とauよりも10日もSIMロック解除ができる日数が少ないのでご注意下さい。

ひよっこ君
SIMロック解除の事を知らない人がまだ多いからなぁ~...。

SIMロック解除をしたからと言って、今のスマホの使用感が変わる事はありませんのでご安心下さい。

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルのau回線の通信エリア

LINEモバイルのau回線の通信エリアは下記の通りです。

通信エリア auの4G LTEエリア
通信可能周波数(3G)
通信可能周波数(4G) Band1/3/11/18/26/28/41/42

auの3G回線は2022年3月末で終了する事が発表され、2018年11月7日で新規の受付が終了しましたので、3Gの部分は「-」としています。

LINEモバイルのau回線はVoLTE(ボルテ)対応になりますので、人口カバー率99%の4G LTE(800MHzプラチナバンド)をベースとする4G LTEエリアになりますので、普通に生活する上ではまったく問題ありません。

ひよっこ君
富士山の山頂でもauは繋がるもんね。

ですので、今までauで使ってこられた方はもちろんですが、ソフトバンクを使っておられる方は当然、ドコモを使っておられる方でも、繋がり具合は問題ないと思います。

LINEモバイルのau回線はマルチSIM!

LINEモバイルau回線の申し込み

まずは、こちらの画像からご覧ください。

4/22のau回線のスタートと同時に、LINEモバイル公式サイトのお申し込み画面では「au回線」を選択できるようになっています。

こちらで「au回線」を選択して頂きますと、引き続き、プランの選択に進んで頂く事が出来るのですが、もう暫くお申し込み画面を進んで頂きますと、下の画像の通りの「SIMカード」の選択画面が出て来ます。

au回線のマルチSIMカード

「マルチSIMって何?」って思われる方も多いと思います。

お申し込み画面でau回線を選択しますと、デフォルトでマルチSIMカードが選択される様になりますが、このマルチSIMカードと言いますのは、ナノSIMカードマイクロSIMカード標準SIMカードのどのサイズにも対応するSIMカードになりまして、いずれかのサイズに切り取って使う事ができるSIMカードです。

どのスマホにも対応するSIMカードですので、プラン選択の時にSIMカードの種類を選んで頂く必要がない為、間違えたサイズのSIMカードを選択する事もありません。

ひよっこ君
他の回線なら、間違えたSIMカードを頼んだら3,000円だよ。

マルチSIMカードがお手元に届きましたら、ご自身のスマホに合ったサイズのSIMカードをご自身で切り取ってスマホに挿して頂く事になりますが、ナノSIMやマイクロSIMの場合は簡単に剥がす事ができますのでご安心下さい。

ペロッと簡単に剥がれるから大丈夫じゃ。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルのau回線の概要

LINEモバイルのau回線の概要ここからは、データフリーや料金プラン以外のLINEモバイルのau回線の概要をご説明させて頂きます。

LINEモバイルのau回線は多くの部分でドコモ回線・ソフトバンク回線と共通していますが、一部、音声通話SIMのオプションやデータ量の追加購入のルールで相違点があります。

共通している部分に関してはau回線のご説明をさせて頂き、相違点に関しては他の回線と比較しながらご説明をさせて頂きます。

初期費用

ウェブ登録事務手数料: 3,000円

SIMカード発行手数料:  400円

LINEモバイルの初期費用は上記の2つになりまして、ドコモ回線でも、ソフトバンク回線でも、au回線でも同じです。

また、エントリーパッケージも他の2回線と同様に使う事ができますので、お得にLINEモバイルにお申し込みをして頂く事ができます。

ひよっこ君
エントリーパッケージを使ってウェブ登録事務手数料をタダにしちゃってください。(笑)

参考までに、エントリーパッケージとはエントリーコードが記載されたパッケージになりまして、LINEモバイルでau回線のサービスがスタートした2019年4月22日現在では、アマゾンで373円で販売されています。

LINEモバイル公式サイトからお申し込み画面に入って頂きますと、まず第一に「通常申し込み」か「エントリーパッケージを使用して申し込み」かを選択する画面が出て来ます。

ここで「エントリーパッケージを使用して申し込み」を選択して頂きますと、ご覧の通りのエントリーコードを入力する画面が出て来ますが、ここで購入頂いたエントリーコードを入力する事で、初期費用の「ウェブ登録事務手数料」が無料になります。

詳細は「【絶対に使うべき!】登録事務手数料がタダになるLINEモバイルのエントリーパッケージ!」でご説明をさせて頂いておりますのでご覧頂ければと思いますが、私も2回使った事があり絶対にお得ですので、是非、エントリーパッケージを利用してお申し込み頂ければと思います。

373円で3240円がタダになるんじゃぞ。絶対にお得じゃ!
スマホ博士

共通オプション

LINEモバイルには豊富なオプションが揃っていますが、下記に上げましたオプションは、ドコモ回線ソフトバンク回線と共通になります。

10分電話かけ放題オプション 月額880円
端末保証 月額450円
持込端末保証 月額500円
LINE MUSICオプション 月額750円
Wi-Fiオプション 月額200円
ウィルスバスターオプション 月額200円
フィルタリングオプション 無料

まずはやはり、電話のかけ放題サービスのオプションですが、LINEモバイルには10分以内の電話のかけ放題のオプションがあります。

それほど電話をしまくる方でなくても、ぼちぼち電話をする方なら通話料を気にせずに電話ができますので、なかなかお得なオプションです。

また、LINEモバイルで購入する端末にも「端末保証」を付けて頂く事が出来ますし、今、auで使っておれらるスマホをLINEモバイルに持ち込んで使われる場合も「持込端末保証」でしっかりと保証されます。

また、音楽好きの方には、是非、LINE MUSICオプションに加入なさる事をおすすめします。

LINEモバイルのMUSIC+プランとの併用で、とてもお得に音楽を聴きまくって頂く事が出来ますし、このLINE MUSICオプションは初月を含む2ヶ月間は無料その後の4ヶ月間は500円で利用する事ができますし、解約はいつでも違約金なしでできます。

小さいお子さまにそろそろスマホを持たせようとお考えの親御さまには、是非とも無料のフィルタリングオプションを活用頂きたいです。

他社では有料オプションとなっている、シェアー№1のデジタルアーツ社の「i-フィルター」が、LINEモバイルでは無料で使え、お子さまに見せたくないサイトをブロックしたり、お子さまの現在の居場所も確認する事が出来たりと、お子さまを心配なさる親御さまには欠かせないオプションです。

音声通話SIM用オプション

  au回線 ソフトバンク回線 ドコモ回線
留守番電話 月額無料
保存30件
保存期間72時間
留守番電話プラス 月額300円
保存99件
保存期間1週間
月額300円
保存100件
保存期間1週間
月額300円
保存20件
保存期間72時間
割込通話 月額200円 月額200円 月額200円
グループ電話 月額200円
3人で同時通話可
月額200円
6人まで同時通話可
迷惑電話ストップ 月額100円
最大30件まで登録可
月額100円
最大20件まで登録可
無料
最大30件まで登録可
転送電話 無料 無料 無料
国際電話 無料 無料 無料
国際ローミング 無料
通話明細 月額100円 月額100円 月額100円

各回線で細かな内容は違いますが、オプションの種類としましては、各回線ともに準備はされています。

その他(最低利用期間など)

最低利用期間 音声通話SIMでご契約の場合、利用開始日の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日までの期間(末日を含む)
いつでも電話 利用可能
前月分からの繰り越し 可能(当月の余ったデータ量は翌月まで繰り越しが可能)
LINE年齢認証 利用可能(au回線におけるiPhoneでのLINE年齢認証は準備中です。2019年上半期実装予定)
データプレゼント 可能(au回線におけるデータプレゼント機能は準備中です。2019年上半期実装予定)
データ利用量と残量の確認 1日分・1ヶ月分(日次のデータ利用量の確認は準備中です。2019年上半期実装予定)
いつでもヘルプ 利用可能

最低利用期間に関しましては、auを始め、ドコモ、ソフトバンクのキャリアは共に2年間でしたが、LINEモバイルでは1年間になります。

LINEモバイルでは、最低利用期間内(1年以内)の解約、他社へのMNP転出の場合は、9,800円の解約手数料が発生します。

また、通常20円/30秒の通話料を半額にする事が出来る「いつでも電話」アプリやLINEの年齢認証、LINEアプリから気軽にオペレーターに問い合わせができる「いつでもヘルプ」も、当然、LINEモバイルのau回線をご利用の皆さまにも使って頂く事ができます。

その他(データ容量の追加購入)

  au回線 ソフトバンク回線 ドコモ回線
容量と金額 0.5GB:500円/回
1GB:1,000円/回
0.5GB:500円/回
1GB:1,000円/回
0.5GB:500円/回
1GB:1,000円/回
3GB:3,000円/回
追加可能な回数 月10回まで 月10回まで 月3回まで
最大購入可能データ量 10GB 10GB 9GB

LINEモバイルでは、1GB3GB5GB7GB10GBの5種類の基本データ容量がありますが、もし、月の途中でデータ量を使い切ってしまった場合は、追加で購入する事ができます。

各回線で1回ごとの購入できるデータ量や1ヶ月の購入可能回数は違う部分もありますが、au回線でも計10GBのデータ量が追加購入できます。

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルのau回線の注意点

さて、一通りのLINEモバイルのau回線のご説明をしてきましたが、LINEモバイルのau回線の注意点をご説明させて頂こうと思います。

既にご説明をさせて頂きました部分とダブっている事もありますが、最後、確認の為にもお読み頂ければと思います。

ひよっこ君
大事な注意ポイントだよ。

注意点① au回線にはデータSIMはありません

データSIMの提供はありません

冒頭のLINEモバイルのau回線のプランのご説明の所でもご説明をさせて頂いておりますが、LINEモバイルのドコモ回線ソフトバンク回線には、最もリーズナブルな500円のLINEフリープランの「データSIM」タイプがありますが、LINEモバイルのau回線には仕様の関係で「データSIM」の提供はありません

ですので、最もリーズナブルなプランはLINEフリープランの「データSIM(SMS付き)」620円になります。

620円のLINEフリーのデータSIMでも、十分にリーズナブルじゃぞ。
スマホ博士

注意点② 持ち込み端末の場合は特にご注意ください

この件も既にご説明をさせて頂いておりますが、くれぐれもご注意を頂きたい部分ですので、再度、注意事項としてご説明をさせて頂きます。

ドコモ回線ソフトバンク回線の場合は、それぞれ、ドコモで使っていた端末(ドコモ版の端末)やソフトバンクで使っていた端末(ソフトバンク版の端末)なら、SIMロック解除をする事なく、そのままの状態でLINEモバイルのそれぞれの回線のSIMカードを挿せば、それで使う事ができます。

しかし、auで使っておられた端末(au版の端末)の場合は、SIMロック解除をしなければLINEモバイルのau回線で使えない事もありますし、SIMロック解除をしても使えない事もあります。

ですので、お持ちのスマホをそのままLINEモバイルのau回線で使おうとお考えの方は、お申し込み頂く前に「動作確認済み端末検索」にてご確認を頂きます様、お願いします。

ひよっこ君
au版の端末をLINEモバイルに持ち込んで使う場合は、本当に注意だよ。

注意点③ 準備中の諸サービスについて

4/22(月)にサービスをスタートしたLINEモバイルのau回線ですが、一部のサービスに関しては、現在、鋭意準備中で、現段階では使えないサービスがあります。

現在、準備中のサービスは下記の通りです。

  1. iPhone(iOS)でのLINEの年齢認証
  2. データプレゼント機能 ← 2019年7月1日から可!
  3. 日次のデータ利用量の確認 ← 2019年7月1日から可!
  4. 回線変更
  5. 機種変更
  6. 即日受け渡し店舗での契約

①から③に関しましては、2019年の上半期中には使えるようになる予定です。(③のデータ量の確認は、現在でも月次では確認できます。)

④の回線変更に関しては、現段階では、ドコモ回線とソフトバンク回線の間では回線の変更はできますが、ドコモ回線とau回線ソフトバンク回線とau回線とでは回線の変更ができません。

⑤の機種変更に関しても、現段階ではau回線ではして頂く事ができません。

⑥の即日受け渡し店舗での契約もして頂く事が出来ず、現段階ではウェブサイトからのお申し込みのみになります。

④から⑥のサービスに関しましては、なるべく早くに可能になる様、鋭意、LINEモバイルさんも頑張って下さっていると思いますので、お待ちくださいます様、お願いします。

他回線からau回線への変更は、ワシも使ってみたいから早くして欲しいのう。
スマホ博士
ひよっこ君
機種変更も、今使ってるスマホが壊れたら大変だから、早くして欲しいよー。

LINEモバイル公式サイト

au回線スタート記念! 今だけのお得なキャンペーン開催中!

※ このキャンペーンは終了しました。

3000LINEポイントキャンペーン

最後に、LINEモバイルのお得なキャンペーン情報のお知らせです。

LINEモバイルでは、今回のLINEモバイルのau回線スタートを記念して、またまた大盤振る舞いのLINEポイント3,000ポイントが貰える記念キャンペーンを開催中です。

今回の記念キャンペーンは、音声通話SIMでの新規契約(新規番号、MNP転入も対象)で、誰でもLINEポイント3,000ポイントが貰えます。

そしてさらに、auからお乗り換え他者格安SIMのau回線からのお乗り換えで、追加でLINEポイントが300ポイント合計3,300ポイントが貰えます。

ひよっこ君
LINEモバイルさん、太っ腹だね。

キャンペーンコード「DAS333」

お申し込み時には、上の図の通り、キャンペーンコード「DAS333」の入力が必須ですので、忘れずに入力してLINEポイント3,000ポイント(+300ポイント)をゲットしてください!

キャンペーン期間は6/30(日)までじゃぞ。
スマホ博士

お申し込みはLINEモバイル公式サイトから、詳細は「【最新】LINEモバイルのキャンペーン一覧」をご覧ください。(笑)

このキャンペーンは終了しました。
最新のキャンペーン情報は下記をご覧下さい。

キャンペーン!
2020年6月最新キャンペーン情報
【6月最新】LINEモバイルのキャンペーン、全て併用で最大15,640円も得します!

ひよっこ君最大で15,640円もお得になるキャンペーンがはじまったよー! 少しでもお得にLINEモバイルを申し込んでくだされ!スマホ博士 現在、LINEモバイルでは、過去にも増してパワフルなキャンペー ...

続きを見る

LINEモバイル公式サイト

「LINEモバイルでau回線がスタート」のまとめ

au回線スタート

LINEモバイルをご検討中の皆さま、また、LINEモバイルのau回線がスタートする事を待ちわびておられた皆さま、お疲れさまでした。

ざっと、LINEモバイルのau回線の事をご説明させて頂きましたが、ご理解頂けましたでしょうか。

この記事でご説明させて頂きました事をまとめますと下記の通りになります。

LINEモバイルのau回線のまとめ

  1. LINEモバイルのau回線の料金プランは他の回線と同じ
  2. LINEモバイルのau回線にはデータSIMの提供はなし
  3. LINEモバイルのデータフリーの機能は当然に使える
  4. auでお使いのスマホでもSIMロック解除が必要の場合もある
  5. LINEモバイルのau回線はマルチSIMカード
  6. 基本的なサービスは他回線と同じ(一部、違う部分あり)
  7. 一部のサービスが現在、準備中で使えない

LINEモバイルのシンプルな料金体系はドコモ回線やソフトバンク回線と同じですし、その他のサービスについても、ほぼ同じです。

LINEモバイルのau回線で最も注意をして頂く点は、お持ちの端末をLINEモバイルのau回線で使おうと考えられている場合だと思います。

ドコモ回線やソフトバンク回線では、基本的に、各キャリアで使っていた端末は、古くてもSIMロック解除せずに各回線で使えますが、auの端末の場合は仕様の関係ですんなりと行きません

お申し込み頂く前には、是非、LINEモバイル公式サイトの動作確認済み端末検索で検索をして頂ければと思います。

また、現在は準備中の為に使えないサービスもあり、少し不便な事もありますが、鋭意、LINEモバイルさんも頑張って下さっていますので、今しばらくお待ちいただければと思います。

宜しくお願い致します。

LINEモバイルはとっても素晴らしい格安SIMですよ!

ぜひ、LINEモバイルにお申し込みいただき、ご家族やお友だちと「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!

ひよっこ君
下のバナーから申し込みができるよ。(笑)
宜しくお願いしますぞよ。(笑)
スマホ博士

-LINEモバイルとは

© 2020 LINEモバイルで Let's Communication!