LINEモバイルのMNP方法

【超・初心者向け】auからLINEモバイルに電話番号そのままMNPで乗り換える方法

auからLINEモバイルに乗り換えをご検討中の皆さま、こんにちわ。

auも新料金プランになって、以前と比べるとかなり安くなりましたね

ひよっこ君
それでもやっぱり高いんだよ...。僕でもLINEモバイルに乗り換えられるかな...?

そうですよね。後ほど簡単にauの新料金プランLINEモバイルの料金を比較してみようと思いますが、auが安くなったとは言え、やはりLINEモバイルの方が全然、安いですよね。

私もキャリアからLINEモバイルに乗り換えた組ですが、お昼ご飯時とかはネットに繋がりにくい時もありますが、それでも気分よく使っていますので、是非、スマホ代を安くするためにLINEモバイルに乗り換えて頂ければと思います。

そんな中、今まではau一筋乗り換えた事なんかないから、自分一人でネットで乗り換えできるかな、LINEモバイルのお店で乗り換えを申し込んだ方か良いのかな、などなど、LINEモバイルに乗り換えるに当たっては不安も尽きないと思います。

しかし、実は私も、キャリアを使っていた時は全てお店の人にしてもらっていて、SIMカードの事すら知らなかった程なのですが、私の様な人間でも乗り換える事ができましたので、皆さまに出来ない訳がありません。

そして、LINEモバイルはお店での申し込みよりもウェブサイトから申し込む方がキャンペーン等が適用されて絶対にお得です。

という事で、この記事では、

  • LINEモバイルとauの料金比較
  • LINEモバイルのメリット
  • LINEモバイルへの乗り換え方法
  • LINEモバイルの初期設定

などなど、皆さまがスムーズにLINEモバイルに乗り換えて頂けますよう、ご説明をさせて頂こうと思っています。

乗り換えの作業自体は、申し込みで10分、SIMカードが届いてからの初期設定で10分、合計20分くらいで出来ますので、とっても簡単ですのでご安心下さい。

簡単じゃから頑張ってみてのう。
スマホ博士

どうぞ、よろしくお願い致します。

\LINEモバイルの最新キャンペーンはこちらから!/

auとLINEモバイルの料金比較

皆さまがLINEモバイルに乗り換えをご検討なさっておられるのは、まず第一にスマホ代を安くする為だと思いますが、本当にLINEモバイルが安いのか、本当にLINEモバイルに乗り換えてお得になるのか、まずは皆さまにご理解を頂こうと思います。

auの新料金

auの料金

新auピタットプラン(基本料金)

データ量 料金
1GB以下 2,980円(4,480円)
1GB超~4GB以下 4,480円(5,980円)
4GB超~7GB以下 5,980円(7,480円)

2年契約時の料金。()内は2年契約ではない割引なしの場合の料金です。(+1,500円)

オプション料金

オプション名 料金
通話定額ライト(5分以内のかけ放題) 700円
通話定額(時間制限なしのかけ放題) 1,700円

「通話定額ライト スタートキャンペーン」で12カ月間は700円が500円/月になります。

各、割引

各割引 割引額
auスマートバリュー(1GB超の場合に適用) -500円
家族割プラス(2人で加入時) -500円
家族割プラス(3人以上で加入時) -1,000円

2019年8月まで、未加入でも1,000円が割引される「家族割プラス スタートキャンペーン」開催中。

新料金になりましてから、割引等もあり安くはなりましたが、一人でお申し込みの場合は、基本的には冒頭の図の通り、1GB以下は2,980円からになります。

仮に平均的な3GB程のデータ量を使う場合は、1ヶ月4,480円になり、通話は通常では30秒20円の通話料がかかりますので、5分以内のかけ放題に加入なさる場合は、+700円1ヶ月で5,180円になります。(キャンペーンにより、2019年8月までは4,180円、それ以降、12ヶ月目までは4,980円になります。)

ひよっこ君
ネタバレだけど、LINEモバイルだったら10分電話かけ放題を付けても2,570円だよ。
安くなったとは言え、やっぱりキャリアは高いのう。
スマホ博士

LINEモバイルの料金

LINEフリープラン

容量 データSIM データSIM
(SMS付き)
音声通話SIM
1GB 月額500円 月額620円 月額1,200円
au回線は仕様の関係で「データSIM」の提供がありません。

データフリー対象サービス

LINE(音声通話+トーク+画像・動画の送受信+タイムライン)

コミュニケーションフリープラン

容量 データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
3GB 月額1,110円 月額1,690円
5GB 月額1,640円 月額2,220円
7GB 月額2,300円 月額2,880円
10GB 月額2,640円 月額3,220円

データフリー対象サービス

LINE(音声通話+トーク+画像・動画の送受信+タイムライン)

Twitter(タイムライン+画像付きツイート+ツイート+ダイレクトメッセージ)

Facebook(タイムライン+画像・動画投稿+コメント+お知らせ表示)

Instagram(タイムライン+画像・動画投稿+アクティビティ+ダイレクトメッセージ)

MUSIC+プラン

容量 データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
3GB 月額1,810円 月額2,390円
5GB 月額2,140円 月額2,720円
7GB 月額2,700円 月額3,280円
10GB 月額2,940円 月額3,520円

データフリー対象サービス

LINE(音声通話+トーク+画像・動画の送受信+タイムライン)

Twitter(タイムライン+画像付きツイート+ツイート+ダイレクトメッセージ)

Facebook(タイムライン+画像・動画投稿+コメント+お知らせ表示)

Instagram(タイムライン+画像・動画投稿+アクティビティ+ダイレクトメッセージ)

LINE MUSIC(音声・通話の視聴+歌詞・文章の閲覧+音楽の保存+楽曲の検索)

 3つのタブを切り替えることで、画面も切り替わります。

LINEモバイルの料金は上記の通りでして、ハッキリ言いまして、やはり安いです。

auの新料金とLINEモバイルの料金の比較

それでは、分かりやすく、auとLINEモバイルの料金を比較させて頂きます。

パターン LINEモバイル au
一人でお申し込み
データ容量1GB
かけ放題なし
1,200円 2,980円
(割引なし)
一人で申し込み
データ容量3GB
電話かけ放題
2,570円 5,680円
(1GB超割引-500円)
家族3人で加入
データ容量3GB
かけ放題なし
1,690円 2,980円
(1GB超割引-500円)
(家族割3人-1,000円)
家族3人で加入
データSIM5GB
電話かけ放題
3,100円 6,180円
(1GB超割引-500円)
(家族割3人-1,000円)

2019年6月現在、LINEモバイルでは、初月は月額基本利用料が900円の割引、2ヶ月目から4ヶ月目まで1,390円割引されるキャンペーンが開催されていますが、加味しておりませんので、auの期間限定の割引サービスも加味しておりません。

全てのパターンの比較を記載する事はできませんので、一部の比較になりますが、いくらauが新料金になったとは言え、やはりLINEモバイルの方が安いです。

ひよっこ君
少なくとも半額にはなってるよね。

また、LINEモバイルでは主要なSNSがデータフリーになりますので、LINEモバイルとauで同じ量の通信をしたとしても、データフリーの通信量の分、LINEモバイルでは使用データ量が少なくなりますので、データ量の一つ少ないプランに下げる事ができる可能性があり、その場合は料金が一層、安くなります。

という事で、料金に関しましては、LINEモバイルの方が確実に安いですので、LINEモバイルに乗り換えて頂きましても、決して損をなさる事はありません。

そうじゃな。料金では間違いなくLINEモバイルが安い様じゃな。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

auからLINEモバイルに乗り換えるメリット

料金に関しては、LINEモバイルの方が間違いなく安い事をご理解頂けたかと思います。

しかし、LINEモバイルを使う事のメリットは料金以外にもありますので、引き続き、そこら辺をご説明させて頂きます。

お持ちのスマホをLINEモバイルで使う事ができる

iPhoneも使えるまず、メリットというよりは、簡単に乗り換えができるという意味になりますが、2019年4月からLINEモバイルでau回線のサービスがスタートした事で、auをお使いの皆さまは圧倒的にLINEモバイルに乗り換えをしやすくなりました。

それは、auで使っているお持ちのスマホでそのままLINEモバイルに乗り換える事ができるからです。

iPhoneの場合

  au回線 ドコモ回線
ソフトバンク回線
iPhone 11 Pro Max
そのままで使えます

動作確認未実施
iPhone 11 Pro
iPhone 11
iPhone XR
SIMロック解除をする事により使えます
iPhone XS Max
iPhone XS
iPhone X
iPhone 8 / 8 Plus
iPhone 7 / 7 Plus
SIMロック解除をする事により使えます
iPhone SE
iPhone 6s / 6s Plus
iPhone 6 / 6 Plus ×
SIMロック解除自体ができない為、使用できません
iPhone 5s
iPhone 5c
iPhone 5
iPhone 4s 3G専用端末に付き、使えません。

iPhoneの場合は、ご覧の通り、iPhone 8以降(2017年8月以降に発売)ならそのままLINEモバイルのSIMカードを挿すだけで使えますし、iPhone 6s以降(2015年5月以降に発売)ならSIMロック解除をすればLINEモバイルで使えます。

また、iPhone 6s以降なら、SIMロック解除をすれば他の回線でも使う事ができますので、新たな端末を買う必要もありません。

ひよっこ君
iPhone 6以前のiPhoneは、SIMロック解除自体が出来ないからLINEモバイルでは使えないよ。

android端末の場合

android端末の場合は、多くのメーカーが発売している事や、機種もとても多いので一概には言えませんが、基本的には2017年8月以降に発売された機種については、そのままの状態でLINEモバイルで使う事ができます。

また、2015年5月から2017年7月までに発売された機種については、SIMロック解除をすれば、LINEモバイルのau回線で使う事ができます。

他回線で使う場合は注意が必要ですので、間違いがない様、LINEモバイルの「動作確認済み端末検索」でご確認頂ければと思います。

android端末の場合は、動作確認済み端末検索で確認をした方が良いぞ。
スマホ博士

SIMロック解除のすすめ

上記の通り、新しい目の機種であれば、auでお使いのスマホをそのままLINEモバイルでも使う事ができますが、SIMロック解除をする事で、より幅広く他の回線でも使える様になります。

「SIMロック解除」という言葉だけを聞きますと、さぞ難しい事の様に聞こえますが、実際の所は非常に簡単で、auを利用中の方でしたら無料でする事もできますし、auを解約してしまいますと有料になると同時に、一定期間が経過するとSIMロック解除自体ができなくなってしまいますので、出来る時になさる事をおすすめします。

関連記事

LINEモバイルにはデータフリーがある

LINEモバイルのデータフリーデータフリーはLINEモバイルの最もおすすめの機能になりまして、auからLINEモバイルに乗り換えるに当たって非常にメリットになる部分です。

データフリーとは、本来、その対象サービスを利用する時に消費されるデータ通信量をカウントせず、データ通信利用の対象外(消費をしない)とする機能の事を言います。

各プランのデータフリー対象サービス

LINEフリープラン LINE
コミュニケーションフリー LINETwitterFacebookInstagram
MUSIC+プラン 上記4つとLINE MUSIC

例えば、LINEモバイルで最も人気のあるコミュニケーションフリープランでは、LINETwitterFacebookInstagramの人気の4つのSNSがデータフリーになり、これらのSNSをいくら使ってもデータ量が消費されずデータ量が減りません

ひよっこ君
たった500円のプランでもLINEが使い放題なんだよ。

ですので、SNSを利用する事が多い方は、今、auで使っているデータ量よりもSNS利用時のデータ量が消費されない分、LINEモバイルでは使用データ量が少なくなるので、契約するデータ量もその分、抑える事が出来て、結果、スマホ代が安くなります。

LINEモバイルは縛りの期間が1年間

auを始め、キャリアでは2年契約をする事により毎月の料金が安くなります。

いわゆるキャリアの2年縛りじゃ。
スマホ博士

冒頭にご紹介させて頂きましたauの料金表にも、()内に2年契約をしない場合の月額料金を記載させて頂きましたが、たった1GBのデータ量のプランでも4,480円(2年契約時は2,980円)、4GBを超える場合は7,480円(2年契約時は5,980円)もして、これだけ高いと2年契約をせざるを得ません

ひよっこ君
LINEモバイルなら、1GBの場合は1,200円、5GBの場合でも2,220円だよ。

そして、auなどキャリアの場合は、2年契約を結んで2年以内に解約をする場合は9,500円の解約違約金が取られるので、踏んだり蹴ったりの状態になってしまいます。

その点、LINEモバイルでは、1年を超えると自由に解約する事ができますので、拘束される期間はauの半分の期間になり、精神的にもとっても楽です。

LINEモバイルはデータ量が自動で繰り越される

データ量繰り越しauは料金プランが新しくなり、使用データ量が1GBを超えると自動的に1~4GBのプランに移行する為、データ量の繰り越しという考え方がそもそもなくなってしまいましたが、以前は決められたデータ量を契約するパターンでしたので、データ量が足らなくなる事もあれば、余る事もありました。

私はキャリアを使っている時は、ほとんどが大量にデータ量を余らせていた方で、その都度、大量に余ったデータ量はそのまま没収と言うか、ごみになっていましたので、とてももったいなく思っていました

今のauの新料金プランでも、4GB超7GBまでは同じ料金ですから、例えば4.1GBのデータ使用量だった場合、あと2.9GBは使えたのにと、とてももったいない思いをする事になります。

その使える筈だった2.9GBを翌月に無料で使わせてくれれば良いのですが、その様な仕組みはありません。

しかし、LINEモバイルでは余ったデータ量は翌月まで無料で繰り越して使う事ができますので、無駄なくとても効率的に使えますし、仮に使い切れなくても、1ヶ月繰り越して貰えたので満足が行きます。

LINEモバイルはユーザーの事を第一に考えてプランを作ってくれていますので、非常に快適に利用する事ができるのです。

繰り越しが出来るのは、本当に素晴らしいサービスなんじゃ。
スマホ博士

LINEモバイルはデータ量をあげたり貰ったりできる

データプレゼント

auではデータギフト」という契約データ量を贈ったり貰ったりするサービスがありますが、これは家族間でのみ、利用できるサービスです。

また、auではデータプレゼント」というサービスもありますが、これは家族だけではなくお友だちにも利用できるサービスですが、これは月間のデータ量をプレゼントするのではなく、新たに追加購入したデータ量のみ、贈ったり貰ったりできるサービスです。

家族間でのみとか、新たに追加購入したデータ量のみとか、なんでauはいちいち条件を付けたサービスにするかのう。
スマホ博士

しかし、LINEモバイルの「データプレゼント」は、auの「データギフト」と「データプレゼント」を合わせた様なサービスで、月間の契約データ量を家族やお友だちに贈ったり貰ったりできますので、auのサービスよりも自由度が高いサービスになります。

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルの注意点、通信速度が遅くなる可能性について

皆さまがauから格安SIMのLINEモバイルに乗り換えるに当たって、最も不安に思っておられる事通信速度の事だと思います。

私もLINEモバイルを利用していますが、正直な所をお話ししますと、普段は全く問題なく使っています。

普通にインターネットに繋いで色んな方のブログを拝見したり、LINEをしたりTwitterを見たり、ネットで調べ事をしたりしていますが、正直な所、普段は全く通信速度の遅さは感じません

しかしやはり、通信が混むお昼ご飯の時間帯夕方の帰宅ラッシュの時間帯朝の通勤ラッシュの時間帯は、正直、動画とかを見るのは厳しくなります。

ひよっこ君
やっぱりLINEモバイルも混む時間は繋がりにくくなるんだね。

私はソフトがバンク回線も使っていますが、ソフトバンク回線についても、ソフトバンク回線がスタートした当初はとても速かったのですが、1年近く経って来ますと段々と遅くなって来たのは事実です。

しかし、その時間帯は動画等、負荷のかかるものは見ずに、通常のネットやメール、LINEをしたりする程度には問題はありませんので、その事を踏まえて頂きましたら、私の場合はその他は全く快適に利用していますし、皆さまも快適に利用ができるのではと思います。

この点をご理解頂けるんじゃったら、是非、LINEモバイルに乗り換えて下されよ。
スマホ博士

auからLINEモバイルに乗り換える時の費用

通信速度の事と同時に注意が必要なのは、auからLINEモバイルに乗り換える時にかかって来る費用の事です。

特に、auを解約する時にかかって来る費用には注意とご理解が必要です。

auで発生する費用

  • 契約解除料・・・9,500円(税込10,260円)
  • MNP転出手数料・・・3,000円(税込3,280円)

まず、MNP転出手数料に関しまして、これはLINEモバイルも含めて、どこの携帯会社にもある、電話番号をそのままで他社に乗り換える時にかかる費用になりまして、解約する携帯会社に対して払う事になります。

ひよっこ君
このMNP転出手数料は仕方がないかな...。

そして、もう一つの費用の契約解除料とは、分かりやすく言えば解約違約金の事で、簡単に言えば2年以内に解約をした場合にかかって来る費用になります。

いわゆるキャリアの2年縛りの違約金の事じゃ。
スマホ博士

もう少し詳しく言いますと、契約解除料とは更新期間以外に解約する場合にかかって来る費用という事になりますが、その更新期間は2年契約の2年間の間でたったの3ヶ月間になり、私もそうでしたが、この更新期間の事を知らない方も多くいらっしゃいます。

そして、この更新期間が経過して以降はまた自動更新で2年契約が始まってしまいますので、仮に解約しようと考えた時に更新期間が過ぎ去っていたら、次の更新期間までの間に解約するには9,500円の違約金を払わなければならず、結局、解約出来ない様に縛られているのです。

ひよっこ君
2年縛りっていうのはこういう事なんだね。

実際、私の場合も、LINEモバイルに乗り換えようと思った時に初めて更新期間の事を知り、次の更新期間まで1年以上もあった事から、意を決して契約解除料の10,260円(税込)を支払って解約をしました。

多くの皆さまは、なかなか契約解除料を支払ってまで解約する決心が付かず、この契約解除料の存在でauを解約する事を諦めてしまうのですが、そのお気持ちもよく分かりますが、実は、解約をしない事により、結果的にずるずると高いスマホ代を払う事で損は広がって行きますので、個人的には、意を決して解約して頂く事をおすすめしています。

そうじゃな。1万円もの違約金を払うのは辛いが、結果的には得するんじゃぞ。
スマホ博士

尚、解約する時のスマホの分割払い金が残っている場合は、一括で支払うか、あるいはauの場合はそのまま分割払いを続ける事もできますので、この点はまだ楽かと思います。

今すぐ解約した方がお得な理由

参考までに、解約しようと思って更新期間を確認した所、更新期間がまだまだ先の場合、多くの皆さまは今すぐに9,500円の契約解除料を支払って解約する事に抵抗を感じてしまう事だと思います。

しかし、結論を申しますと、解約しない事により、どんどんと損は膨らんで行く事になってしまいます。

例えば、3GBのプラン(電話かけ放題はなし)で比較した場合、auLINEモバイルの料金はそれぞれ下記の通りになります。(2019年6月末現在)

auの3GBのプランの料金

基本料金 4,480円
auスマートバリュー -500円
家族割プラス スタートキャンペーン -1,000円(2ヶ月間)
1ヶ月の料金 2,980円(1、2ヶ月目)
3,980円(3ヶ月目~)

auの場合、3GBを使った場合の1ヶ月の基本料金は4,480円で、3GB以上はauスマートバリューの500円の割引が永年続き、家族割プラス スタートキャンペーンの1,000円の割引が2019年8月まで続きます。

LINEモバイル、コミュニケーションフリー、3GB

基本料金 1,200円(初月)
1,690円(2~4ヶ月目)
新・月300円キャンペーン -900円(初月)
-1,390円(2~4ヶ月目)
1ヶ月の料金 300円(初月)
300円(2~4ヶ月目)

LINEモバイルの3GBのプランはコミュニケーションフリープランの音声通話SIM1,690円になり、LINEモバイルの音声通話SIMの場合、初月の料金は1,200円から900円の割引で300円になり、2ヶ月目から4ヶ月目は基本料金1,690円から1,390円の割引で300円になりますので、なんと、4ヶ月間、300円の料金になります。

そして、au、LINEモバイル、それぞれの料金で4ヶ月間、推移した場合、下記の通りになります。

auとLINEモバイルの料金の比較・推移

  1ヶ月目 2ヶ月目 3ヶ月目 4ヶ月目
au 2,980円 2,980円 3,980円 3,980円
LINEモバイル 300円 300円 300円 300円
1ヶ月の料金の差額 2,680円 2,680円 3,680円 3,680円
料金の差額の累計 2,380円 4,680円 8,360円 12,040円

実はLINEモバイルでは、この記事を書いている2019年6月25日現在、auからのLINEモバイルの音声通話SIMへの乗り換えで、LINEポイントが合計で5,300ポイント貰えるキャンペーンをやっています。

ですので、それを加味しますと、2ヶ月が経過した時点で、上記の料金の差額4,680円にプラスしてLINEポイントが5,300ポイント(=5,300円)合計の差額が9,980円となり、結果、auに支払う契約解除料の9,500円(税抜)が取り戻せる事になります。

そして、3ヶ月目と4ヶ月目は、LINEモバイルを使っている事によって3,680円ずつ、得が増えて行く事になります。

逆に言いますと、契約解除料を支払わずにauを使い続ける場合1ヶ月目はauを使っている方が得ですが、2ヶ月目でトントンになり、3ヶ月目ではauを使っていると損に逆転し、それ以降はauを使う事によってどんどん損が増え続けて行く事になります。

ですので、契約解除料の10,260円(税込)を一気に支払わなければいけない一時の大きなショックはありますが、実は、払ってしまった後には大きな得があるのです。

ですので、意を決して乗り換えて頂く方がお得になりますので、僭越ながら、背中をそっと押させて頂いているのです。

ひよっこ君
理屈では今すぐ解約した方が良いのは分かったけど、でも、一括で1万円は厳しいよ...。
よく分かるぞ、ひよっこ君...。でも、一瞬、我慢して頑張れば、その後は毎月、支払いが楽になるんじゃぞ。
スマホ博士

LINEモバイルで発生する費用

意を決して乗り換えて頂く方がお得だという事をお伝えさせて頂くのに、文章ですので時間がかかってしまいました。(汗)

引き続き、auからLINEモバイルに乗り換えるに当たっての、LINEモバイルで発生する費用のご説明です。

  • ウェブ登録事務手数料・・・3,000円(税込3,240円)
  • SIMカード発行手数料・・・400円(税込432円)

SIMカード発行手数料に関しましては、これは実費になりますので払って頂く必要があります。

これは、残念ながらタダにする方法はないんじゃ...。
スマホ博士

しかし、ウェブ登録事務手数料に関しましては、最大無料にする方法がありまして、それはエントリーパッケージを利用してお申し込みをして頂く方法です。

ひよっこ君
これは絶対に使うべきだよ!

エントリーパッケージはAmazon等で400円程で売っているエントリーコードが記載されたパッケージになり、このエントリーコードを入力してお申し込みして頂く事で、データSIM(SMS付き)音声通話SIMのお申し込みの場合、ウェブ事務手数料がタダになるという優れものです。

私も2度ほど、エントリーパッケージを利用してLINEモバイルの申し込みをし、2度共に3,000円のウェブ登録事務手数料をタダにして貰っていますが、絶対にお得ですので、是非、ご利用頂き、お申し込みして頂ければと思います。

関連記事

また、場合によりましては、エントリーパッケージを使わずに、LINEモバイルの「追加申込」や「紹介プログラム」を利用した方がお得な場合もありますので、合わせて、お時間がありましたら、下の関連記事もお読み頂ければと思います。

関連記事

LINEモバイル公式サイト

auからLINEモバイルへ、乗り換え前の準備編

それではいよいよ、実際にauからLINEモバイルに乗り換えて頂く流れをご説明させて頂こうと思いますが、まずはその準備編になります。

LINEモバイルの乗り換えて頂く為の準備は、下記の4項目になります。

  1. auでMNP予約番号を取得する
  2. 運転免許証など本人確認書類を準備する
  3. クレジットカードかLINE Pay カードを準備する
  4. メールアドレスを準備する

それでは、以下で各項目についてご説明をさせて頂きます。

auでMNP予約番号を取得する

MNPで乗り換え

MNPMobile Number Portability)とは「携帯電話ナンバーポータビリティ」制度、つまり、電話番号をそのままで携帯会社を乗り換える事を言いますが、MNP予約番号とは、スムーズに携帯会社間で電話番号の引き継ぎをする為の10桁の数字になります。

このMNP予約番号は転出元のauで発行する事ができまして、この番号をLINEモバイルのお申し込み時に入力する事により、LINEモバイルでも引き続き、今、お使いの携帯番号が使える事になります。

ひよっこ君
電話番号は変わっちゃうと不便だから、電話番号そのままで乗り換えられるのはとっても便利なんだ。

auでMNP予約番号を取得する方法は3種類ありまして、下記の通りです。

  • 電話でMNP予約番号を取得する
  • My auでMNP予約番号を取得する
  • auショップでMNP予約番号を取得する

以下で簡単にご説明させて頂きます。

電話でMNP予約番号を取得する

au受付窓口

 0077-75470 (無料)

 au携帯電話 / 一般電話共通

 受付時間:9:00~20:00

この、auに電話をしてMNP予約番号を取得する方法が一番簡単だと思います。

電話が混み合う時間は繋がらないかも知れませんが、何回か電話をして頂きましたら繋がりますし、電話口で一言、「MNP予約番号の発行をお願いします。」と言って頂きましたら、番号を伝えて頂けると思います。

お忘れなくメモに控えて頂ければと思いますし、決してメモをなくす事がない様、ご注意下さい。

尚、電話口では、皆さまがauを解約する事に対して、オペレーターさんが引き止め作戦を展開して来る事もありますが、きっぱりとお断り頂きましたら、しつこくは言って来られないと思います。

一本、電話をするだけじゃから、とっても簡単じゃぞ。
スマホ博士

My auでMNP予約番号を取得する

電話で取得するのと同じ位に便利なのが、My auMNP予約番号を取得して頂く方法です。

MY auにログインをして頂きまして、画面上部の「スマートフォン・携帯電話」→ 「ご契約内容 / 手続き」→ 「お問い合わせ / お手続き」→ 「MNPご予約」にて、MNP予約番号を発行する事ができます。

My auでのMNP予約番号の受付は、電話と同様に午前9時から晩20時までになりますので、いつでも取得可能という訳には行きませんが、スマホやパソコンに慣れておられる方なら、スムーズに取得して頂く事ができると思います。

また、画面に表示されるMNP予約番号メモに取って頂きましても結構ですし、スクリーンショットならメモを取るよりも楽だと思いますし、紛失する可能性も少ないと思います。

ひよっこ君
電話で繋がらなかったり待ったりするのが嫌なら、このMy auでの取得が便利だよ。

auショップでMNP予約番号を取得する

auショップに実際に赴きますのは時間も手間もかかりますので、この方法はあまりおすすめはしませんが、通勤や通学、お買い物の通り道にお店がある様でしたら、この方法もありかと思います。

但し、お店に行って待たされる可能性もありますし、auショップの方と対面でMNP予約番号の発行をお願いする事になりますので、その際、面と向かって引き止め作戦を展開して来る事が考えられます。

ちょっと面倒かも知れませんが、この場合も、きっぱりとお断り頂きましたら、ショップの方も諦めてMNP予約番号を発行してくれる事だと思います。

MNP予約番号を発行するに当たっての注意点

さて、MNP予約番号を取得する方法はご理解頂けたと思いますが、MNP予約番号を発行するに当たりましては、注意点が2つほどありますので、合わせてご説明をさせて頂きます。

1つ目の注意点は、このMNP予約番号を発行したからと言いまして、即、auが解約になる訳ではありませんのでご安心下さい。

MNP予約番号を取得し、MNP予約番号を入力してLINEモバイルに申し込み、LINEモバイルからSIMカードが届き、開通手続きが完了したと同時に、自動的にauが解約となる運びです。

ひよっこ君
au解約になるのは、実際にLINEモバイルに乗り換えが完了した時だよ。

もう1つの注意点は、このMNP予約番号は発行日から15日間の有効期限が設定されており、LINEモバイルお申し込み時には、その有効期間が10日以上、残っている必要があります。

お忙しくなさっておられ、LINEモバイルを申し込もうと思った時にその有効期限が10日間を切っている場合でも、どうぞ、ご安心下さい。

このMNP予約番号いつでも再発行ができますので、有効期限が切れてしまっている場合は、ご説明の3種類の方法のいずれかであらためて発行手続きをして頂く事になりますし、まだ有効期限が残っている場合は、電話お店での対応と限られますが、まず有効期限の残っているMNP予約番号をキャンセルして頂き、再発行をして頂ければと思います。

有効期限が残ってる場合は、ネットでの再発行は出来んから注意して下されのう。
スマホ博士

運転免許証など本人確認書類を準備する

運転免許証

LINEモバイル公式サイトから申し込みをするに当たっては、運転免許証などの本人確認書類をアップロードする必要があります。

LINEモバイルでは全部で13種類の身分証明書2種類の補助書類が本人確認書類として認められていますので、皆さまのご都合の良いものをご準備頂き、アップロードして頂く事になります。

本人確認書類

  1. 運転免許証
  2. 運転経歴証明書
  3. 特別永住者証明書
  4. 住民基本台帳カード
  5. 届出避難場所証明書
  6. 身体障害者手帳
  7. マイナンバーカード
  8. 日本国パスポート
  9. 在留カード
  10. 健康保険証
  11. 後期高齢者医療被保険者証
  12. 特定疾患医療受給証
  13. 特定疾患医療登録者証 

補助書類

  • 公共料金の領収書
  • 住民票

本人確認書類に関しては、の運転免許証からのマイナンバーカードまでは、これら1つで本人確認書類と認められます。

一方、本人確認書類ののパスポートからの特定疾患医療登録証までは、これらだけでは本人確認書類とは認められず補助書類のいずれかとセットで提出する事により、本人確認書類として認められます。

本人確認書類の提出は、LINEモバイルのお申し込みの中で最も審査落ちになってしまうポイントになりまして、特に下記の点で注意が必要です。

審査落ちポイント

  • お申し込みページで入力した内容(氏名・住所・年齢)と本人確認書類の内容が一致しない場合
  • スマホ等で撮った本人確認書類が光の反射やピンボケで読み取れない場合(顔写真や文字等)

ひよっこ君
スマホで本人確認書類の写真を撮る時は、ハレーションには要注意だよ。

上記をご確認頂きまして、間違いのない本人確認書類を準備して頂き、慎重にアップロードして頂く必要があります。

また、各、本人確認書類ごとに注意点もありますので、詳細は下の専用記事にてご確認を頂ければと思います。

関連記事

LINEモバイル公式サイト

クレジットカードかLINE Pay カードを準備する

クレジットカード

そして、LINEモバイルの料金のお支払い方法に関しても、あらかじめ決めて頂き、該当の物をご準備して頂く必要があります。

支払い方法の画面

上の画像は、LINEモバイルのお申し込み画面の「支払方法選択」の所になりますが、ご覧の通り、LINEモバイルには3種類の支払い方法があります。

  • クレジットカード
  • LINE Pay
  • LINE Pay カード

クレジットカードについては、もうご説明をさせて頂くまでもないと思いますので、ここではLINE PayLINE Pay カードでのお支払いについてご説明をさせて頂きます。

LINE PayとLINE Pay カードの違い

まず、ほとんどの皆さまがLINE PayLINE Pay カードの違いが分からないと思いますし、その前にLINE Payの事もご存じないかも知れませんので、そこから簡単にご説明をさせて頂きます。

まず、LINE Payですが、LINE PayとはLINEの決済システムになりまして、簡単に言いますとLINE版の電子マネーLINE版のおサイフケータイになります。

そして、LINE Payのお支払い方法は、簡単に言いますと下の4パターンになります。

支払い方法 支払い種類  支払い先
LINE Payのコード決済 プリペード(現金) LINE Pay加盟店のリアル店舗
LINE Payのオンライン決済 プリペード(現金) LINE Pay加盟店のオンライン店舗
LINE Pay カード プリペード(現金) JCB加盟店
LINE Payに登録したクレジットカード 後払い(クレジットカード) LINE関連サービス

LINE Payのコード決済、オンライン決済

LINE Pay

LINE Payのコード決済は、まさにスマホでピッと支払う方法になりまして、100万店を超えるLINE Pay加盟店でのお支払いに使えます。

LINE Payにチャージされた残高(現金)から支払いがされる、前払い(プリペード)式のお支払い方法になります。

ひよっこ君
あらかじめ、LINE Payにお金をチャージしておく必要があるんだよ。

LINE Payのコード決済は、LINE Pay加盟店のリアル店舗のローソンファミマスタバなどでスマホで支払いができますし、LINE Payのオンライン決済では、LINE Pay加盟店のZOZOTOWNラクマHMV ONLINEなどで「LINE Pay」を選択する事でお支払いができます。

LINE Pay カード

LINE Pay カード

一方、LINE Pay カードでのお支払いも、LINE Payにチャージされた残高(現金)から支払いがされる前払い(プリペード)のお支払い方法になりますが、こちらはスマホでピッと支払うのではなくて、上の画像の様な実際のカードでのお支払いになります。

国内約1,000万店、海外約2,000万店のJCB加盟店で利用する事ができまして、お店ではこのカードを渡す事でお支払いが出来ますし、オンラインではこのカードの番号を入力する事でお支払いをする事ができます。

まるでクレジットカードの様なカードですが、「JCB」のロゴの下に「PREPAID」とあります様に、JCB加盟店で使う事ができるプリペードカードになります。

ひよっこ君
まるでクレジットカードみたいなカードだね。
支払い方法はクレジットカードと一緒じゃが、LINE Payにチャージされた残高から支払われるから、学生さんでも持てる安心のカードなんじゃ。
スマホ博士

LINE Payに登録されたクレジットカードでの支払い

LINEの決済システムであるLINE Pay(コード決済、オンライン決済、LINE Pay カード)はプリペード式のお支払い方法になりますが、LINEの関連サービスに関しては、例外的にLINE Payに登録したクレジットカードで後払いで支払う事が出来ます。

ひよっこ君
スタンプを買ったり、LINEモバイルの支払いもLINE Payに登録したクレジットカードで払えるんだよ。

LINEモバイルのお支払い方法としてのLINE PayとLINE Pay カード

という事で、LINEモバイルにおけるLINE PayLINE Pay カードでのお支払いは下記の通りになります。

  • LINE Pay → LINE Payに登録したクレジットカードでの支払い
  • LINE Pay カード → LINE Payにチャージされた現金での支払い

尚、「LINE Pay」でのお支払いがクレジットカードなら、「クレジットカード」での支払いと「LINE Pay」での支払いはどう違うの? という疑問も湧いて来ると思いますが、実際の所は同じクレジットカードでの支払いになりますが、LINE Payを通したクレジットカードでのお支払いはLINEポイントが貯まりますので、どうせクレジットカードで支払うのなら、「LINE Pay」で支払った方が得になります。

同じクレジットカードでの支払いなら、LINEポイントが貰えた方が得じゃもんのう。
スマホ博士

また、他社格安SIMでは、お支払いはクレジットカード限定の所もありますが、LINEモバイルの場合はLINE Pay カードでのお支払いにする事により、クレジットカードで払うのが嫌な方クレジットカードをお持ちでない方でもLINEモバイルに申し込む事ができます。

LINE Pay カードでのお支払いも、LINE PayのマイカラープログラムによってLINEポイントが貯まりますし、そのLINEポイントでLINEモバイルのお支払いもできますのでお得ですよ。

私も当初はクレジットカードでの支払いにしていましたが、今は支払い方法をLINE PayにしてLINEポイントを貰っています。

もし、LINEモバイルのお支払い方法をLINE PayLINE Pay カードになさる場合は、お申し込み方法など詳細を別記事にまとめていますので、よろしければご覧ください。

関連記事

メールアドレスを準備する

gmail

さて、ご準備頂く最後はメールアドレスになりますが、これもほぼご説明は不要かと思います。

注意点を言わせて頂くとしますと、auのキャリアメール(@au.com または @ezweb.ne.jp)は解約後は使えなくなりますので利用なさらない事と、プロバイダーメールは将来的にプロバイダーを乗り換えると使えなくなりますので、それらを考慮しますと、GメールYahoo!メールなどのフリーメールが良いかと思います。

以前はフリーメールは信用がありませんでしたが、今は十分に信用のおけるメールになっていますので、LINEモバイルに登録するメールアドレスにはおすすめです。

LINEモバイル公式サイト

auからLINEモバイルへMNPで乗り換える手順【画像付き】

さて、ご準備頂くものも整い、auからLINEモバイルにMNPで乗り換える用意も整いました所で、実際に乗り換える手順を画像付きでご説明させて頂こうと思います。

乗り換える手順に関しましては、ざっくり、以下の流れになります。

  1. LINEモバイルの公式サイトから申し込む
  2. SIMカードが届く(端末同時購入の場合は端末も)
  3. 利用開始手続きをする(回線切り替え)
  4. APN設定をする(通信ができる様になる)

LINEモバイル公式サイトから申し込む

全行程を画像付きでご覧になられる方は、別ページの「『完全ガイド』LINEモバイルにMNPで乗り換える方法・手順」をご覧頂くとしまして、ここでは、ポイントを縛ってご説明をさせて頂きます。

申し込む

まず、LINEモバイル公式サイトの「申し込む」から「申込画面」に入ります。

申し込み画面②

すると、この「申し込み前の確認」画面になり、画像に記載の4つを用意するようにとありますが、既にこの4つに関してはご説明をさせて頂き、皆さま、準備万端だと思いますので、次に進みます。

申し込み画面③

そして、プラン選択に入る前に「申し込み方法」の選択画面が出てきます。

既にご説明をさせて頂いておりますが、エントリーパッケージを利用して申し込む事で、初期費用のウェブ登録事務手数料が無料になりますので、是非、「エントリーパッケージを使用して申し込み」にチェックを入れて申し込みをなさって下さい。

先ほども書きましたが、私も2回、エントリーパッケージを利用して申し込み、2回ともウェブ登録事務手数料をタダで契約しています。(笑)

ひよっこ君
こっちを選択する事で、エントリーコードを入力する画面に進めるんだよ。

エントリーコードとキャンペーンコード

そして、エントリーコードを入力する画面になりますのでご入力頂き、合わせて、他にキャンペーンが開催されている場合は、キャンペーンコードを入力する事も出来ますので、是非、ご入力頂き、大いに得をして下さい。(笑)

キャンペーンもとってもお得じゃから、開催中ならキャンペーンコードも入力して進むんじゃぞ。
スマホ博士

au回線を選択

そして、ここから「プラン選択」に入りますが、auからのお乗り換えの場合は、お持ちのスマホをそのまま使う事が出来る「au回線」を選択して頂く事が基本ですが、ご説明の通り、SIMロック解除をする事により他の回線を利用する事も出来ますので、その際は、ご希望の回線を選択してください。

尚、この時に、下の「初期費用」の箇所に「ウェブ登録事務手数料 3,000円」の記載がない事も確認してください。

もし、エントリーコードがきちっと適用されていない場合は、ここで「登録事務手数料 3,000円」も表示されますので、「戻る」で戻って頂き、再度、間違いなくエントリーコードをご入力下さい。

MNPで乗り換える

そして引き続き、お申し込みを進めて頂きますと、「申し込み区分」の画面が出てきますので、電話番号をそのままで乗り換える他社から乗り換え(MNP転入)」を選択ください。

MNP予約番号を入力

次の画面で「MNP予約番号入力」画面になりますので、auで取得なさった「MNP予約番号」の詳細をご入力下さい。

お客様情報入力

プラン選択が終わりますと、「お客様情報入力」画面に移りますのでご記入下さい。

ここでの非常に重要なポイントは、ここで記入する「契約者名」「生年月日」「住所」と、後ほどアップロードする本人確認書類の「氏名」「生年月日」「住所」一致している必要がある事です。

本人確認書類を「運転免許証」になさる場合は、引っ越し等による住所の不一致は補助書類(住民票等)をアップロードする事で審査に進めますが、氏名や生年月日の不一致、運転免許証以外の場合は、3つの内のいずれかが不一致ですと、即、その場で審査落ちになりますのでご注意下さい。

ひよっこ君
一発で審査落ちだって...。(汗)

また、この「お客様情報入力」の画面の中に「メールアドレス」を入力する箇所もありますので、ご準備頂きましたメールアドレスをご入力下さい。

そして「お客様情報入力」が終わり、「次へ進む(メール送信)」をクリックしますと、ご入力なさったメール宛てに確認のメールが送られ、そのメールに本人確認書類アップロードのURLが記載されていますので、クリックして頂きます。

本人確認書類

そして、本人確認書類のアップロードの画面になります。

審査落ちが一番多い箇所がこの部分になりますので、十分にご注意なさってアップロードなさってください。

支払い方法選択

本人確認書類のアップロードが終わりますと、次は「支払方法選択」の画面になりますので、ご希望のお支払い方法を選択してください。

そしてこの後、次のページで、マイページに入るためのIDとパスワードを設定し、最終確認をしてお申し込みは完了です。

お疲れさまでした。(笑)

10分から15分もあれば、申し込みが完了するぞ。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

SIMカードが届く(端末同時購入の場合は端末も)

LINEモバイルからのメール

さて、遅ればせながら、LINEモバイルのお申し込みの流れについて、時系列でご説明をした方が全体像がご理解を頂けるかと思います。

上の画像は、以前、私がLINEモバイルに申し込みをした時の、マイページの「お知らせメール」のスクリーンショットになりまして、下から時系列で送られてきたメールのタイトルになります。

今、ご説明をさせて頂きました、LINEモバイル申し込みを終えて頂きますと、の「お申し込み受付完了のご連絡」が送られて来ます。

そして、LINEモバイルで審査が始まり、問題がなければ承認となり、の「契約成立のお知らせ」が送られてきます。

私の場合は、この日は朝9時半頃から慎重に申し込みを進め、申し込みが完了した直後の午前10時11分のメールが届き、すぐに審査が終わった様で、その50分後の午前11時01分のメールが届き、そして、その日の午後4時16分のメールが届き、翌日の午前中にSIMカードが届きました。

その時のLINEモバイルの申し込みの状況の混雑具合にもよりますが、早ければ申し込んだその日に商品が発送され、翌日にはお手元に届きますし、交通状況が混んでいる場合でも、お申し込みから2~3日の内にはSIMカードがお手元に届くと思います。

スマホも同時購入なさった場合は、スマホもSIMカードと一緒に送られてきます。

利用開始手続きをする(回線切り替え)

開通作業、回線切り替えSIMカードがお手元に届きましたら、まずは、auの回線からLINEモバイルのauの回線切り替える作業、つまり「利用開始手続き」をして頂く流れになります。

この作業をする事により、LINEモバイルが使える様になり、同時に、auが自動的に解約になるという作業になります。

「利用開始手続き」という言葉だけを聞きますと難しく聞こえますが、早ければ1分、時間がかかっても5分で終わる簡単な作業になりますのでご安心下さい。

その利用開始手続きには、下記の通り、2つの方法があります。

尚、利用開始手続きをなさる時には、お手元に届いたLINEモバイルのSIMカードはまだ挿さず、旧のauのSIMカードを挿した状態でなさって下さい。

ひよっこ君
挿し替えてしまったら通信や通話が出来なくなっちゃうからね。
  1. 電話で「利用開始手続き」をする
  2. マイページで「利用開始手続き」をする
どっちの方法もとっても簡単じゃぞ。
スマホ博士

電話で「利用開始手続き」をする方法

LINEモバイルカスタマーセンターの利用開始手続き窓口にお電話をして頂き、オペレーターさんに「利用開始手続きをお願いします。」とおっしゃって頂くだけです。

電話が混んでいる事もありますが、繋がりますと、すぐに手続きに取り掛かって下さいます。

LINEモバイルカスタマーセンター 利用開始手続き窓口 

0120-889-279

受付時間 10:00-19:00(年中無休)

※携帯電話/スマートフォンからもご利用できます。

マイページで「利用開始手続き」をする方法

もう一つの方法は、LINEモバイルのマイページ、つまり、インターネットで「利用開始手続き」をして頂く方法です。

スマホやパソコンを普通に使える方でしたら、とても簡単に行って頂く事が出来ます。

マイページに入る

まず、LINEモバイル公式サイトトップ画面からマイページに入ります。

利用開始手続き

すると、「マイページに入るのは「利用開始手続き」をしてからにしてね」と言わんばかりに、この画面がド~ンと出てきます。

そこで「利用開始手続きをする」をクリックしますと。

利用開始手続き

何と、あっけなく「利用開始手続き」が完了してしまいました。

電話では、オペレーターさんと会話をするだけでも1分や2分はかかると思いますが、この方法なら、極端な話、10秒で終わります

ひよっこ君
あまりに簡単すぎて、あっけに取られちゃったよ。

この「利用開始手続き」を完了する事で、まず、通話ができる様になります

ネットに繋がる「データ通信」の方は、今からご説明をさせて頂きます「APN設定」完了後になります。

そして、この「利用開始手続き」が完了した時点で、MNP転出元のauとの契約が自動的に解約になります。

利用開始手続きの完了は、さっきのお知らせメールの④ではなくて、⑤の「サービス開始のお知らせ」が来た時の事じゃぞ。
スマホ博士

ココがポイント

LINEモバイルからのメール

この画像は先ほども掲載した画像ですが、この部分は非常に大事ですので、再度、アップさせて頂きます。

スマホ博士の言う通り、上の工程のは利用開始手続きの受付が完了しただけで、利用開始手続きそのものの完了ではありません

の「サービス開始のお知らせ」が送られて来た時こそが、利用開始手続きが完了した時で、この時に通話ができる様になり、転出元のauが自動解約になります。

「利用開始手続き」の注意点

それでは引き続き、利用開始手続きには注意点もありますので、ご説明をさせて頂きます。

①翌日の対応となる可能性があります

au回線をお申し込みの場合は、20時以降に利用開始手続きをなさった場合は、翌日の対応となり、利用開始手続きの完了が翌日になってしまう可能性があります。

ちなみにドコモ回線は同じく20時以降ソフトバンク回線17時以降に利用開始手続きをなさった場合、同様に翌日の対応となり、利用開始手続きの完了が翌日になる可能性があります。

ひよっこ君
LINEモバイルを使える様になるのが翌日になっちゃうって事だよ。
②自動的に「利用開始手続き」が実施されます

ご自身で利用開始手続きをなさらない場合、au回線をお申し込みの場合は、MNP予約番号の有効期限の最終日に、自動的に利用開始手続きが実施されます。

参考までに、ソフトバンク回線の場合はau回線と同じく、MNP予約番号の有効期限の最終日に、ドコモ回線の場合は、SIMカードがお手元に届いた日の翌々日の午後以降に、自動的に利用開始手続きが行われます。

もし忙しくてご自身で利用開始手続きが出来ない場合でも、上のスケジュールで自動的に開通されるという事じゃ。
スマホ博士
③通信ができるまでに少し時間がかかります

LINEモバイル公式サイトには、利用開始手続きが完了するまでに要する時間は、au回線の場合は「1時間程度で完了します。」と記載があります。

それでは、その1時間の間は通話も通信も出来ずに不通になるのかと言いますと、利用開始手続きを終えられましても、利用開始手続きが完了するまでの間は、auのSIMカードを挿したままにして頂ければインターネットに繋がります。

その後、auのSIMカードを挿したスマホのアンテナが圏外になりましたら、それが回線が切り替わった合図になりますので、LINEモバイルのSIMカードに挿し替えて下さい。

あるいは、利用開始手続きを終えましたら、LINEモバイルから「利用開始手続き受付完了のご連絡」のメール(さっきののメール)が届きますが、これはあくまでも「受付」が完了したメールになりまして、その後、LINEモバイルから「サービス開始のお知らせ」(さっきののメール)が届きますので、その時点で回線が切り替わりましたので通話ができる様になります。(音声通話SIMの場合。)

そして、この時点でauは自動解約となります。

ひよっこ君
まず、利用開始手続きが終わったら通話ができる様になるんだよ。
ネットに繋がる様になるのは「APN設定」を完了した後じゃぞ。
スマホ博士

ちなみにですが、以前、私は2回、LINEモバイルを申し込んだ事がありますが、1回は「利用開始手続き受付完了のご連絡」のメールが来た後、11分後に「サービス開始のお知らせ」のメールが来ましたので、11分後に通話ができる様になりましが、もう1回は、午前10時34分に「利用開始手続き受付完了のご連絡」のメールが来たのですが、「サービス開始のお知らせ」のメールは午後3時11分に来ました。

ひよっこ君
5時間近くもかかったんだね。

ですので、その日のLINEモバイルの「利用開始手続き」の受付状況によって、利用開始手続き完了までの時間はかなり変わりますので、ご注意下さい。

LINEモバイル公式サイト

APN設定をする(データ通信ができる様になる)

マニュアルそれでは、実際の手続きの最後の工程の「APN設定」のご説明をさせて頂きます。

利用開始手続きが完了して「サービス開始のお知らせ」メールが来ましたら、APN設定を開始して頂く事になりますが、基本的な流れとしましては、APN設定をして頂く前にauのSIMカードを取り外し、LINEモバイルのSIMカードを挿して頂く流れになります。

このAPN設定を完了して頂く事でネットに繋がる様になりますが、APNの設定は、お持ちの端末がiOS(iPhone)なのか、androidなのかによって変わって来ますので、各々をご説明させて頂きます。

iOS(iPhone)のAPN設定のやり方

iOS(iPhone)のAPN設定は、まず、「APN構成プロファイル」をダウンロードする事から始まります。

APN構成プロファイル」のダウンロードは、上の画像のQRコードから読み取って頂くか、あるいは、こちらからでもダウンロードが出来ます。

ちなみに、LINEモバイルのSIMカードを挿した状態では、通話は出来ても通信ができない状態ですので、「APN構成プロファイル」をダウンロードするには、ご自宅のWi-Fiに繋いで頂くか、ご自宅がWi-Fi環境にない場合は、カフェやコンビニなど、信用できるWi-Fiに繋いで頂き作業をして頂ければと思います。

iPhoneのAPN設定

APN構成プロファイル」をダウンロードしていただきますとこの画面になりますので、「インストール」をタップします。

iPhoneのAPN設定

iPhoneのパスコードを設定されている方は、パスコードを入力して頂きます。

iPhoneのAPN設定

そして再度「インストール」をタップします。

iPhoneのAPN設定

もう1回、「インストール」をタップします。

iPhoneのAPN設定

これで「APN構成プロファイル」がインストールできましたので、「完了」をタップして終了です。

これでWi-Fiを切って頂きますと、auの4Gでスマホのアンテナマーク(アンテナピクト)が立ち、LINEモバイルのau回線でデータ通信ができる様になります。

まれに圏外になる事もありますが、その場合は端末を再起動して頂きますと、4Gでアンテナがしっかりと立ってくれると思います。

ひよっこ君
iOS(iPhone)のAPN設定も、1分もかからないよ。

androidのAPN設定のやり方

androidの端末の場合は、端末の「設定」変更でAPN設定が出来ますので、Wi-Fi環境にいらっしゃらなくても大丈夫です。

以下で一通りの流れをご説明させて頂きますが、端末は「Huawei P20lite」の場合でご説明をさせて頂いておりますので、お持ちのスマホと表示の違う箇所があるかもしれませんが、簡単にできると思います。

androidのAPN設定

設定画面」を開いて頂き、「無線とネットワーク」をタップします。

androidのAPN設定

モバイルネットワーク」に進みます。

androidのAPN設定

次に「アクセスポイント名」に進みます。

androidのAPN設定

すると、携帯会社のアクセスポイントが一覧で表示されますので、「LINEモバイル」を選択して戻って頂きますと、これでAPN設定は完了です。

android端末も、1分もかからんぞ。
スマホ博士

少し機種が古い場合は、「アクセスポイント名」の画面を開いた時に、手動で入力しなければいけないケースもありますので、その際は下記の通りに入力して頂ければと思います。

  • 名前:「LINEモバイル」など任意の分かりやすい名称
  • APN: line.me
  • ユーザー名: line@line
  • パスワード: line
  • 認証タイプ: PAPまたはCHAP

※ 他の項目は入力しないでも大丈夫です。

この場合じゃと、3分くらい、かかるかのう。
スマホ博士

参考:APN設定の順番について

参考までのご説明ですが、上記のAPN設定の流れについては、基本の流れをご説明させて頂きましたが、APN設定については、特に順番に規定はありません

ですので、利用開始手続きをして頂き、利用開始手続きが完了するまでの隙間の時間APN設定をして頂く事も可能です。

その場合は、auのSIMカードを外してLINEモバイルのSIMカードを挿してしまいますと、通信や通話ができなくなりますので、auのSIMカードを挿しっぱなしの状態でAPN設定をして頂き、auのSIMカードで通信が出来なくなった時利用開始手続きが完了した合図になりますので、LINEモバイルのSIMカードを挿して頂くとLINEモバイルでデータ通信ができるという事になります。

LINEモバイル公式サイト

auからLINEモバイルにMNPのまとめ

皆さま、とても長い記事になってしまいましたが、お疲れさまでした。

初めて乗り換えをなさる時は、私もそうでしたが、分からない事だらけですし、不安もありますので、出来るだけ皆さまにスムーズに乗り換えをして頂ける様、文章を書いていましたら、この通りの長い記事になってしまいました。(汗)

auからLINEモバイルに乗り換えて頂きますと、時間帯によってはネットに繋がりにくい時もありますが、それ以外は問題はなく、そのスマホ代の安さに、もっと早くに乗り換えるべきだったと、きっと思われる事だと思います。

また、どうせ乗り換えて頂くなら、出来るだけ月初からLINEモバイルをお使い頂いた方が得です

よろしければ、下記の記事もご覧頂きまして、最大限にお得にLINEモバイルに申し込んで頂ければと思います。

関連記事

LINEモバイルはとっても素晴らしい格安SIMですよ!

ぜひ、LINEモバイルにお申し込みいただき、ご家族やお友だちと「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!

ひよっこ君
下のバナーから申し込みができるよ。(笑)
宜しくお願いしますぞよ。(笑)
スマホ博士

-LINEモバイルのMNP方法

© 2020 LINEモバイルで Let's Communication!