LINEモバイルとは

【知らなきゃ損!】auの更新月とは?違約金1万円?ベストな乗り換え時期は?

auの更新月

auをご利用中の皆さま、こんにちわ。

そして、そろそろauを解約して格安SIMに乗り換えようとご検討なさったおられる皆さまも、こんにちわ。

格安SIMに乗り換えをご検討なさっているのは、やはりauの料金が高いからでしょうか?

ひよっこ君
そうだよ。やっぱりキャリアの料金は高いよ。

実は私も、以前はキャリアのスマホを使っていて、月々8,000円程のスマホ代を払っていました。

そんな中、格安SIMのサービスがスタートし、初めは胡散臭そうだったし、乗り換えが面倒だった事もあり、そのままキャリアのスマホを使っていたのですが、知り合いがLINEモバイルを使い始めたので乗り換えてみたら、全然、乗り換えは簡単でしたし、LINEモバイルはとっても良かったのです。

まず、料金は圧倒的に安く端末保証10分電話かけ放題のオプションに加入しても3,000円になり、5,000円も安くなってしまいました。

今は、LINE Outを使う事で10分電話かけ放題は解約しましたので、何と2,000円を切る様になりました。

8,000円だったスマホ代が2,000円とは、それは凄いのう。
スマホ博士

確かに、通信が混雑する朝夕の通勤時間帯お昼ご飯の時間帯は、キャリアのスマホの様にサクサクとは繋がりませんが、その時間はインターネットに繋がなければ、それ以外は全くキャリアのスマホと同じ様に快適に使っています

是非、皆さまには、LINEモバイルに乗り換えて頂き、この安さと快適さを実感して頂きたいと思いますが、その前に、auを上手に解約して頂かなければいけません。

auには2年縛りがあり、更新月に解約をしない場合、9,500円(税別)の違約金(契約解除料)が掛ってしまいます。

皆さまは2年縛りの事は聞いた事があると思いますが、契約解除料(違約金)の事はご存知ですか? また更新月の事はご存知ですか?

実はお恥ずかしい話なのですが、私がキャリアを解約する時、当時はスマホの知識が全くなく、2年縛りの事と違約金の事は知っていましたが、更新月の事を全く知らず、結果、違約金の9,500円(税別)を払って乗り換える事になってしまいました。

ひよっこ君
それは痛かったね...。

皆さまにはその様な事がない様、2年縛りの事、2年縛りは自動更新される事、そして、更新月の事も正確にご理解を頂き、出来れば違約金を支払わずに乗り換えて頂ければと思います。

しかし、タイミングによりましては、違約金を払わざるを得ない時もありますが、しかし大丈夫! 違約金を払ってでも乗り換えた方がお得な場合もあります。

この記事では、そこら辺の所を詳細にご説明をさせて頂き、皆さまのお役に立てればと考えております。

どうぞ、よろしくお願い致します。

\LINEモバイルの最新キャンペーンはこちらから!/

auの2年縛りとは?

まずは皆さま、もう重々、ご存知とは思いますが、auの2年縛りについて、正確な知識をご理解頂ければと思います。

auの契約には、同じプランで申し込む時でも、2年契約が適用された料金と、そうではない料金のパターンがあります。

そもそも、auの「2年契約」と言いますのは、「auを2年単位で継続利用する事で、基本使用料が割引される」という契約内容になりまして、2年契約が適用された時の料金と適用されていない時の料金は、下記の通り、月に1,500円もの差があるのです。

auの直近の料金プラン(2019.8.31まで受付)

プラン 月額料金
2年契約適用時 2年契約
(自動更新なし)
各種割引サービス
適用前
カケホ 2,700円 3,000円 4,200円
スーパーカケホ 1,700円 2,000円 3,200円

旧のプランをご利用中の皆さまは、新プランに変更しない場合は、旧のプランが継続される形になります。

auの新料金プラン(2019.6.1からスタート)

プラン 月額料金
2年契約適用時 継続利用による
料金割引未加入時
auフラットプラン20
(~20GB)
6,000円 7,500円
auフラットプラン7プラス
(~7GB)
5,480円 6,980円
新auピタットプラン
(~4GB)
4,480円 5,980円
新auピタットプラン
(~1GB)
2,980円 4,480円

新料金プランについては、家族割プラス等、その他の割引を適用する前の料金で記載しております。auフラットプラン20については、旧プランからの継続プランです。

ご覧の通り、「2年契約」で契約する場合と「2年契約」で契約しない場合とでは1ヶ月で1,500円もの料金差があり、例えば、新auピタットプラン(~1GB)で比較をしてみますと、2,980円とは言え、2,000円台4,000円台の料金になり、実際の割引額の1,500円以上の料金差、安さを感じてしまいます。

そして、2年契約で申し込む事により、2年間で合計36,000円も安くスマホを使う事ができますので、ほとんどの方が「2年契約」で申し込まれる事になります。

ひよっこ君
そりゃ、そうだよ、みんな安い方が良いもん。

auを気持ちよく使っている時には、スマホ代が安くなりますので大いに満足なのですが、問題は、私が乗り換えをした時の様に、もっとスマホ代の安い所に乗り換えようとしたり、もっとサービスの良い所に乗り換えようと思った時です。

そうなんじゃ。みんな解約する時に騙された気持ちになってしまうんじゃ。
スマホ博士

auの2年契約は、2年契約の途中で解約一時休止、2年契約の廃止をする場合には、とても大きなペナルティが発生するのです。

auの2年契約は違約金9,500円(税別)が発生する

auの「2年契約」は、万一、その2年契約の途中で解約をする場合には違約金(契約解除料)が発生し、その額はなんと9,500円(税別)も払わなければいけないのです。

ひよっこ君
1万円の違約金は大きいよね...、乗り換えのテンションが下がっちゃうよ...。
乗り換えをやめようと思ってしまうわな...。
スマホ博士

私もそうでしたが、申し込む時は使う気満々で申し込みますので、スマホ代が安くなる事ばかり考えて、2年契約中に解約する場合のペナルティの事も説明を受けている筈なのですが、全く耳に入っておらず...。

そして2年契約を申し込み、解約をしようと思った時には違約金の事を忘れていて、結果、騙された気持ちになってしまうのです。

当時の私もそうでしたが、多くの方は、解約しようと思った時にこの違約金の9,500円(税込)に苦しめられ、この違約金がネックになって、解約を思い止まらざるを得なくなってしまう人が多いのです。

ひよっこ君
だからこそ、2年縛りって言うんだよね。
違約金がある事で解約を防ぎ、顧客の流出を防いでおるんじゃ。
スマホ博士

auの2年契約は自動更新される

そしてもう一つ、auの2年縛りは、2年さえ経過したら、それ以降は契約解除料を払わなくても解約が出来ると思っておられる方もいらっしゃるのではないかと思いますが、実はそうではないのです。

2年契約が満了すれば、また自動更新で2年契約がスタートして、その狭間の短い更新月の期間中でなければ、9,500円(税別)の違約金が発生してしまうのです。

2年縛り違約金の事は何となく覚えていても、2年契約が自動更新されて、更新月でなければ違約金が発生する事は、多くの方が忘れている事が多く、何も知らず、2年が経過したから無料で解約しようと手続きを進めた所、その様な事実を知り、おまけに1万円もの違約金を突き付けられ、結果、やはり解約を諦めてしまうのです。

ひよっこ君
まさに、それがauの思う壺なんだよね。
申し込む時には説明を受けてる筈なんじゃが、忘れてしまうわのう。
スマホ博士

auの旧のプランには、2年契約とそうではない契約とは別に「2年契約(自動更新なし)」という契約方式があり、この契約は、2年契約よりもほんの月300円だけ高いのですが、当初の2年間を割引料金で使えて、2年間、auを継続利用した暁には、3年目以降も割引料金はそのままで、且つ、その後はいつ解約をしても契約解除料がかからないという契約です。

おそらく、旧プランを使った事がある方も「こんな契約があるとは知らなかった」という方もいらっしゃると思います。

私も実際、2年が経てば違約金なしで解約できると思っていた口で、結果、そうではなく違約金を払って解約をしていますので、「2年契約(自動更新なし)」の契約であれば、安く使えながらも2年が経過すれば違約金なしで解約が出来るのですから、当時、この契約方法を知っていれば、この契約を選んでいれば良かったなって思っています。

ひよっこ君
でも、当時は解約の事なんて考えてなかっただろうから、300円とは言え、やっぱり安い2年契約にしていたと思うよ。
ワシもそう思うのう。
スマホ博士

そう言われるとそうですね...、やはり、最も安い2年契約を選択してしまってますよね...。

LINEモバイル公式サイト

auの更新月とは?

という事で、皆さま、違約金(契約解除料)の9,500円(税別)を払わずにauを解約するには、更新期間中でなければいけませんので、更新月の正確な理解が必要だと思います。

以下でばっちりご説明させて頂きます。

auの更新月

auの更新月は、2019年2月までは、2年契約が満了した翌月からの2ヶ月間でしたが、2019年3月からは3ヶ月間にその期間が拡大されました。

元々、この更新月は1ヶ月間だったのですが、2016年に2ヶ月に拡大され、2019年に3ヶ月に拡大された背景には、違約金なしで解約できる期間が少ないという不満を多くのユーザーが抱えており、また、総務省の意向もあって更新期間が長くなって来たという経緯があります。

ひよっこ君
拡大されたと言っても、24か月の間のたった3ヶ月だもんね。

auの2年縛りでは、この3ヶ月の間であれば、違約金の9,500円(税別)を払う事なく、解約一時休止2年契約の廃止をする事が出来ますので、常日頃から、自分にとってこの更新期間がいつなのかを頭に入れておく事はとても重要な事です。

しかし通常は、他社に乗り換えようと思ったり、解約をしようと思わない限りは、更新月の事を知っていても思い出す人は少ないですから、更新月が到来しても自動更新されて、再び、解約するには違約金が必要な長い2年間もの2年契約に入ってしまうのです。

自動更新時には、何らかのお知らせは来るんじゃろうが、解約する気がなれけば見んもんのう。
スマホ博士

ですので、他社に乗り換えよう、解約をしようと思った時に更新月だったら本当にラッキーなのですが、何せ、24ケ月の間に3ヶ月しか更新月がありませんので、その様なラッキーな方は珍しく、多くのケースでは、いざ更新しようと思った時には更新月が過ぎ去ってしまっていたり、ずっと先であったりする事が多く、そんな場合、「解約するには違約金が必要」→「解約できない」となり、最悪のスパイラルが2年縛りなのです。

注意点① 2年縛りのスタートはauを使い始めた時ではない

この更新月につきましても、詳細をご説明させて頂こうと思いますが、まず、この更新月がいつなのかを把握する為には、その2年縛りの始期を正確に把握する事が大事ですが、私の場合、そもそもこの「いつから2年縛りが始まるのか」の理解から間違っていました。

つまり、私の場合は、2年縛りと言われる位なので「2年間使い続ければ、それ以降は違約金なしで解約が出来る」と思っていました。

しかし、これは大間違いでして、2年縛りはauを使い始めてから2年というauの利用期間ではなく、2年契約をスタートしてから2年という事で、auを10年間使っているからと言って違約金なしで解約が出来る訳ではありません。

ひよっこ君
auの利用期間じゃないんだね。
ついつい、auを使い始めて何年で考えてしまいがちじゃのう。
スマホ博士

ですので、更新月に関しても、2年契約を申し込んでから2年後という事になり、その後も2年ごとに更新月が来ることになり、この更新月の時のみ、違約金なしで解約する事ができるのです。

既に料金表の所でもご説明をさせて頂きましたが、2019年6月から、auでは新料金プランがスタートしましたが、旧の料金プランをそのまま継続する事もできますが、料金表の通り、やはり新料金プランに変更なさった方が料金はお安くなります。

旧の料金プランから新料金プランへは、更新月に関わらず無料で変更する事ができますので、この度、旧料金プランから新料金プランに変更なさっておられる方も多いと思います。

仮に、2018年4月に旧の料金プランの2年契約に申し込み、2019年6月に新料金プランに変更した場合は、2019年6月から2年後に更新月が来るのではなく、大元の2年契約がスタートした始期にさかのぼって2年後と考えますので、次の更新月の正解は、2018年4月の2年後となります。

そして、更新月の始期の事で言いますと、もう一点、注意点がありまして、月の途中から2年契約を申し込んだ場合、申し込んだ翌月を1ヶ月目として、そこから2年後が2年縛りの満了日になります。

これは、月初の1日に申し込んだ場合でも同様で、例えば、2019年6月1日に新auピタットプランに申し込んだ場合でも、2019年6月15日に申し込んだ場合でも、2019年7月を1ヶ月目として2年契約がスタートし、2021年6月末日満了するという事になります。

ひよっこ君
ドコモの場合は、1日に申し込んだ時だけ、その月が1ヶ月目になるんだよね。
auの場合は、1日に申し込んだ場合でも、翌月が2年契約の1ヶ月目になるんじゃぞ。
スマホ博士

注意点② auの更新月は2年契約の満了月から3ヶ月間

auの更新月上の図をご覧頂きますと一目瞭然ですが、auの更新月は、2年契約の満了月から3ヶ月間、つまり、お申し込みをなさった翌月を1ヶ月目として、24ヶ月目25ヶ月目26ヶ月目が更新月になります。

ひよっこ君
変更前は2年契約が満了した翌月と翌々月だったんだよね。
つまり、新しい2年契約に入ってからの1ヶ月目、2ヶ月目だったんじゃ。
スマホ博士

その通りでして、変更後は1ヶ月早くから更新月が始まる事になりますが、変更後も2年契約が満了した翌月からの25ヶ月目、26ヶ月目、27ヶ月目だと勘違いをして、その27ヶ月目で解約をしようと手続きをしますと、実は更新月は26ヶ月目までで終わっていて、解約するには違約金の9,500円(税別)を払わなければならず、次の更新月はと言うと丸々2年後となり、結局、違約金を支払って解約となれば最悪です。

くれぐれも、更新月は2年契約の満了後に始まるのではなく、満了する月、24ヶ月目からの3ヶ月間になります事をご理解下さい。

種明かし! auの更新月はMy auで確認できます

ここまでで、更新月の考え方をしっかりとご説明させて頂きましたので、いつ2年契約にお申し込みなさったかが確認できれば、いつが更新月かがお分かり頂けるようになったかと思います。

考え方さえご理解頂きましたら、深く更新月の事をご理解頂けると思いご説明をしてまいりましたが、実は、auの更新月は一発でMy auで確認をして頂く事ができます。

その流れは以下の通りです。

更新月をMy auで確認

まず、スマホでMy auにログインして頂き、トップページにアクセスします。

そして、「スマートフォン・携帯電話」をタップして頂きます。

更新月をMy auで確認

そして、「ご契約内容 / 手続き」をタップして頂きます。

更新月をMy auで確認

そして、「ご契約情報」をタップして頂きます。

更新月をMy auで確認

すると、「料金割引サービス」の箇所に「2年契約」と表示され、「次回更新年月(更新月/更新期間)」にて、次の更新月の記載があります。

「最初からこの方法を教えろよ」って、お怒りの皆さまもいらっしゃるかも知れませんが、更新月の考え方をご理解頂きましたら、最悪、スマホがお手元になくても確認する事が出来ますので、敢えて、このMy auでの確認方法を後でご説明させて頂きました。

ひよっこ君
まわりくどくてごめんなさい。
しかし、皆さまの事を考えての事じゃから、許しておくんなさい...。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

auからLINEモバイル、ベストな乗り換えのタイミングを徹底検証

更新月以外でauを解約してLINEモバイルに乗り換えると、9,500円(税別)もの違約金(契約解除料)を払わなければいけませんので、できれば更新月に乗り換えて頂きたいですし、乗り換えをお考えの方は私以上にその様にお考えかと思います。

しかし、先ほどもご説明させて頂きました通り、違約金なしで解約が出来る更新月は、24ヶ月の中でたったの3ヶ月間しかありません。

そして、解約や乗り換えを考えていない時から、常に更新月の事が頭にある方は本当に少なく、実際は私と同様、解約しようと思った時に更新月を調べ、それで一喜一憂する事になります。

ひよっこ君
普通はそうだよね。
しかしそれじゃあ、更新月のタイミングを逃してしまう事が多いんじゃ。
スマホ博士

私の場合、LINEモバイルに乗り換えようと更新月を確認した時には、ハッキリとは覚えていませんが、確か4~5ヶ月前に更新月が過ぎ去ってしまっていて、その頃はスマホの知識はありませんので、1年半後まで更新月を待たなければ違約金かと、どん底に落とされた気持ちになったのを覚えています。

解約しようと思ってMy auで更新月を確認して、数ヶ月後に更新月が来る人や、まさに今が更新月だという方は本当にラッキーな方になりまして、少なくとも半分以上の方は、更新月が過ぎてしまった方や、更新月が1年以上も先の方になってしまいます。

それでは、そんな皆さまも、ずっと先の更新月を待って解約、乗り換えをしなければいけないかと言いますと、全くそんな事はありません

と言うか、できればすぐにでも、違約金を払ってauからLINEモバイルに乗り換えて頂いた方がお得です。

ひよっこ君
えぇー、嘘だよ。9,500円(税別)も払って乗り換えた方がお得なんて、そんな事、考えられないよー。
本当じゃ。もしそうなら、その裏付けを教えて欲しいものじゃ。
スマホ博士

確かに、その様に言われるのも分かります。9,500円(税別)を払ってでも乗り換えた方が得だなんて、そんな事を言われても、皆さまもすぐには信じれないと思います。

しかしそれは事実でして、という事で、auとLINEモバイルの料金をお示ししつつ、違約金を払った場合の料金の累計を比較しながら、今すぐにでも乗り換えて頂いた方が得だという事をご説明させて頂こうと思います。

下記の3パターンの比較については、au、LINEモバイル、共に各種割引は適用する前の料金での比較とします。

パターン① あまりスマホを使わない人

まずは、あまりスマホを使わない人の例として、データ量1GB電話かけ放題はなしのパターンで比較をしてみます。

auの料金

データ通信:新auピタットプラン(~1GB) 2,680円
(基本料金:980円)
(データ定額料:1,700円)
通話:電話かけ放題なし 0円
LTE NET(インターネット接続サービス) 300円
合計 2,980円

auの料金プランは非常にややこしく、auのチャットでアドバイザーさんにお尋ねした所、毎月のデータ量が4GBまでなら「新auピタットプラン」が最もお得という事で、auは「新auピタットプラン」の「~1GB」の料金を選択しています。

LINEモバイルの料金

LINEフリー(音声通話・1GB) 1,200円
電話かけ放題なし 0円
合計 1,200円

auとLINEモバイルの料金の比較・推移

  1月(今月) 2月(来月) 5月(4ヶ月後) 6月(5ヶ月後)
auの支払い合計 2,980円
(2,980円×1ヶ月)
5,960円
(2,980円×2ヶ月)
14,900円
(2,980円×5ヶ月)
17,880円
(2,980円×6ヶ月)
LINEモバイルの支払い合計 10,700円
(1,200円×1ヶ月)
(違約金9,500円)
11,900円
(1,200円×2ヶ月)
(違約金9,500円)
15,500円
(1,200円×5ヶ月)
(違約金9,500円)
16,700円
(1,200円×6ヶ月)
(違約金9,500円)

auの新料金プラン2,980円とLINEモバイルの料金の1,200円で、LINEモバイルの方には乗り換えた場合に支払う解約金の9,500円をプラスして、月々の料金の比較・推移を検証しました。

直近に更新月が来るケースからご説明をしますと、今、1月として、来月の2月に更新月が来る場合は、

  • 2月の更新月に違約金を払わずに乗り換えると、2月時点のauの支払い総額は5,960円
  • 今、違約金を払って乗り換えた場合の、2月時点のLINEモバイルの支払い総額は11,900円

とauの方が安いので、今すぐ乗り換えず、来月(2月)の更新月を待って、違約金を支払わずにLINEモバイルに乗り換えた方が得になります。

一方、5ヶ月後の6月に更新月が来る場合は、

  • 6月の更新月に違約金を払わずに乗り換えると、6月時点のauの支払い総額は17,880円
  • 今、違約金を払って乗り換えた場合の、6月時点のLINEモバイルの支払い総額は16,700円

と、違約金の9,500円を払ってLINEモバイルに乗り換えた場合でも、支払い総額でauよりもLINEモバイルの方が安くなりますので、5ヶ月後の6月の更新月を待たずに、今すぐLINEモバイルに乗り換えた方が得になります。

パターン①の結論

  • 4ヶ月後に更新月が来るなら、更新月を待って、更新月に違約金9,500円を払わずに乗り換えた方が得
  • 5ヶ月後に更新月が来るなら、更新月を待たず、今すぐ、違約金9,500円を払って乗り換えた方が得

この様に、選択なさるプランによって若干、前後するとは思いますが、この様なプランであまりスマホを使わない方は、更新月が5ヶ月後以降に来るなら、今すぐ乗り換えた方が良いという事になります。

パターン② 普通にスマホを使う人

次に、スマホを普通に使う人という事で、中間位のプラン、データ量は5GB電話かけ放題のパターンで比較をしてみます。

auの料金

データ通信:auフラットプラン7プラス 5,180円
(基本料金:980円)
(データ定額料:4,200円)
通話:通話定額ライト(5分以内) 700円
LTE NET(インターネット接続サービス) 300円
合計 6,180円

この比較についても、auのチャットでアドバイザーさんにお尋ねした所、4GB以上7GBまでなら「auフラットプラン7プラス」が最もお得という事で、この料金プランを選択し、比較をしました。

LINEモバイルの料金

コミュニケーションフリー
(音声通話・5GB)
2,220円
10分電話かけ放題 880円
合計 3,100円

auとLINEモバイルの料金の比較・推移

  1月(今月) 2月(来月) 3月(再来月) 4月(3ヶ月後)
auの支払い合計 6,180円
(6,180円×1ヶ月)
12,360円
(6,180円×2ヶ月)
18,540円
(6,180円×3ヶ月)
24,720円 
(6,180円×4ヶ月)
LINEモバイルの支払い合計 12,600円
(3,100円×1ヶ月)
(違約金9,500円)
15,700円
(3,100円×2ヶ月)
(違約金9,500円)
18,800円
(3,100円×3ヶ月)
(違約金9,500円)
 21,900円
(3,100円×4ヶ月)
(違約金9,500円)

この「auフラットプラン7プラス」は7GBまで使えるプランで、TwitterFacebookInstagram等がデータフリーですので、LINEモバイルのコミュニケーションフリープランととても良く似たプランです。

電話かけ放題については、auは5分以内の電話かけ放題、LINEモバイルは10分以内の電話がかけ放題と少し条件は違いますが、auは6,180円と、LINEモバイルは3,100円の料金で比較・検証しました。

まず、再来月の3月に更新月が来るケースからご説明をしますと、

  • 3月の更新月に違約金を払わずに乗り換えると、3月時点のauの支払い総額は18,540円
  • 今、違約金を払って乗り換えた場合の、3月時点のLINEモバイルの支払い総額は18,800円

とauの方が安いので、今すぐ乗り換えず、再来月(3月)の更新月を待って、違約金を支払わずにLINEモバイルに乗り換えた方が得になります。

一方、3ヶ月後の4月に更新月が来る場合は、

  • 4月の更新月に違約金を払わずに乗り換えると、4月時点のauの支払い総額は24,720円
  • 今、違約金を払って乗り換えた場合の、4月時点のLINEモバイルの支払い総額は21,900円

と、違約金の9,500円(税別)を払ってLINEモバイルに乗り換えた場合でも、支払い総額でauよりもLINEモバイルの方が安くなりますので、3ヶ月後の4月の更新月を待たずに、今すぐ違約金を払ってLINEモバイルに乗り換えた方が得になります。

パターン②の結論

  • 来月、再来月に更新月が来るなら、更新月を待って、更新月に違約金9,500円を払わずに乗り換えた方が得
  • 3ヶ月後に更新月が来るなら、更新月を待たず、今すぐ違約金9,500円を払って乗り換えた方が得

パターン③ たくさんスマホを使う人

最後に、比較的、たくさんスマホを使う人という事で、データ量は10GB電話かけ放題のパターンで比較をしてみます。

auの料金

データ通信:auフラット20(データ) (~20GB) 4,720円
通話:auフラットプラン20(カケホ)  2,480円
LTE NET(インターネット接続サービス) 300円
合計 7,500円

データ量が10GBの場合も、どのプランがお得なのかをアドバイザーさんにお尋ねした所、7GB以上20GBまでなら「auフラットプラン20」が最もお得との事でしたので、そのプランを選択して比較をしました。

LINEモバイルの料金

コミュニケーションフリー
(音声通話・10GB)
3,220円
10分電話かけ放題 880円
合計 4,100円

auとLINEモバイルの料金の比較・推移

  1月(今月) 2月(来月) 3月(再来月)
auの支払い合計 7,500円
(7,500円×1ヶ月)
15,000円
(7,500円×2ヶ月)
22,500円
(7,500円×3ヶ月)
LINEモバイルの支払い合計 13,600円
(4,100円×1ヶ月)
(違約金9,500円)
17,700円
(4,100円×2ヶ月)
(違約金9,500円)
21,800円
(4,100円×3ヶ月)
(違約金9,500円)

auのプランは20GBまで使えるプランになりますし、また、auは24時間の電話かけ放題に対し、LINEモバイルは10分の電話かけ放題になりますので、またまた正確な比較はできませんが、「10GB・電話かけ放題」を利用する人の結果は上の表の通りになります。

今、1月として、来月の2月に更新月が来る場合は、違約金の9,500円を払ってLINEモバイルに乗り換えると、支払い総額はauが15,000円、LINEモバイルが17,700円とauの方が安いので、今すぐ乗り換えず、来月の更新月を待って違約金を支払わずにLINEモバイルに乗り換えた方が得になります。

一方、再来月の3月に更新月が来る場合は、違約金の9,500円を払ってLINEモバイルに乗り換えた場合でも、支払い総額でauよりもLINEモバイルの方が安くなりますので、再来月の更新月を待たずに、今すぐLINEモバイルに乗り換えた方が得になります。

パターン③の結論

  • 来月に更新月が来るなら、来月の更新月に違約金9,500円を払わずに乗り換えた方が得
  • 再来月に更新月が来るなら、今すぐ違約金9,500円を払って乗り換えた方が得
ひよっこ君
どのパターンでも、更新月が半年以上先なら、違約金を払ってすぐに乗り換えた方が得なんだね。
違約金を払うのは辛いが、トータルのお得度ではそうなるんじゃな。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

結論:更新月に関わらず、今すぐ乗り換えた方が得!

今すぐ乗り換えよう

先程までの比較では、au、LINEモバイル、共にキャンペーンを考慮せずに料金比較をし、auからLINEモバイルにいつ乗り換えれば良いかを考えて来ました。

しかし、実際に乗り換えをする場合には、実は、サービス開始以来、LINEモバイルはずっと大盤振る舞いのキャンペーンを展開して来ていますので、そのキャンペーンでお得になる分も考慮に入れて、皆さまにご説明をさせて頂くべきかと思います。

その結果は、もうネタバレしていますが、更新月がいつ来ようとも、今すぐに乗り換えた方がお得という事になります。

注意ポイント

キャンペーンの内容はその都度、変わりますが、キャンペーンの内容にかかわらず、最終的にその時に開催されているキャンペーンでいくら得するのかを計算し、以下の考え方に当てはめて頂ければと思います。

現在、LINEモバイルで開催中のキャンペーン

※ このキャンペーンは終了しました。

 

SNS使い放題 新・300円キャンペーン

LINEモバイルで開催されているキャンペーンは下記の通りです。

  1. SNS使い放題 新・月300円キャンペーン
  2. さらにお得!夏の乗り換え応援キャンペーン

SNS使い放題 新・月300円キャンペーン」は、音声通話SIMを申し込んだ方に対してのキャンペーンになりまして、月額基本利用料が初月900円の割引2~4ヶ月目1,390円の割引がされ、トータルで5,070円のお得になります。

そして「さらにお得!夏の乗り換え応援キャンペーン」の方は、こちらも音声通話SIMを申し込んだ方が対象のキャンペーンになり、5~9ヶ月目までの5ヶ月間、月額基本利用料から1,000円の値引がされ、トータルで5,000円のお得になります。

つまり、今、LINEモバイルの音声通話SIMを申し込めば、合計で10,070円の割引がされ、お得になります。

最終比較シミュレーション 1万円がお得なキャンペーン加味バージョン!

これらのキャンペーンでお得になる1万円を加味した上で、最も一般的なデータ量3GB電話かけ放題なしのパターンで、auとLINEモバイルを比較してみようと思います。

auの料金

データ通信:新auピタットプラン(~3GB) 4,180円
(基本料金:980円)
(データ定額料:3,200円)
通話:電話かけ放題なし 0円
LTE NET(インターネット接続サービス) 300円
合計 4,480円

1人でのお申し込みで比較していますので、auの「家族割プラス」は適用していません。また家でのブロードバンド(ネット+電話)も申し込んでいないとして、「auスマートバリュー」も適用していません。

LINEモバイルの料金

コミュニケーションフリー
(音声通話・3GB)
1,690円
10分電話かけ放題 0円
合計 1,690円

auとLINEモバイルの料金の比較・推移

  今月 来月
auの支払い合計 4,480円
(4,480円×1ヶ月)
8,960円
(4,480円×2ヶ月)
LINEモバイルの支払い合計 1,120円
(1,690円×1ヶ月)
(違約金+9,500円)
(キャンペーン-10,070円)
2,810円
(1,690円×2ヶ月)
(違約金+9,500円)
(キャンペーン-10,070円)

LINEモバイルの料金に違約金の9,500円を足して、キャンペーンで得する分の10,070円を引いて比較した所、1ヶ月目の今月からLINEモバイルの料金の方が安くなり、仮に今月がauの更新月の場合、違約金を払って乗り換えたとしても、今すぐに乗り換えた方がお得という結果になりました。

現実的には違約金の9,500円(税別)は払わなくても良いので、その分の1万円が浮いて丸儲けになるという事になります。

ひよっこ君
1万円もらえるキャンペーンが開催されている時なら、すぐに乗り換えた方が良いって事だね。

1万円がお得になるキャンペーン開催時の結論

  • 違約金を払ってでも、今すぐ乗り換えるのがベスト!

その時々によってLINEモバイルのキャンペーン内容も変わりますが、その時に開催されているキャンペーンをご確認頂き、合計でいくら得するかを計算して頂き、今、開催させているキャンペーンの様に1万円ほどがお得になるキャンペーンなら、今すぐ乗り換えた方が良いという事になります。

5,000円がお得なキャンペーン加味バーションの比較も!

LINEモバイルで合計で10,000万円程がお得になるキャンペーンの場合、更新月に関わらず、違約金を払ってでもすぐに乗り換えた方がお得だと言う結論に至りましたが、それでは、仮に5,000円分がお得になるキャンペーンが開催されている時はどうなのでしょうか。

同じ3GB電話かけ放題なしのプランで比較をしていました。

  今月 来月
auの支払い合計 4,480円
(4,480円×1ヶ月)
8,960円
(4,480円×2ヶ月)
LINEモバイルの支払い合計 6,190円
(1,690円×1ヶ月)
(違約金9,500円)
(キャンペーン-5,000円)
7,880円
(1,690円×2ヶ月)
(違約金9,500円)
(キャンペーン-5,000円)

今月が更新月の場合は、違約金を払わなくて良いので、今月、違約金を払わずにLINEモバイルに乗り換えた方がお得ですし、来月が更新月の場合は、上の比較の表ではLINEモバイルの料金の方が安くなっていますので、今月、違約金9,500円を払って今すぐ乗り換えた方が良いという事になります。

ひよっこ君
5,000円がお得になるキャンペーンの時も、今すぐ乗り換えた方が良いって事だね。
その通りじゃ。
スマホ博士

5千円がお得になるキャンペーン開催時の結論

  • 違約金を払ってでも、今すぐ乗り換えるのがベスト!

以下の別記事では、現在、開催されているキャンペーンを記載していますので、いくらお得になるのかも書いていますので、よろしければご覧ください。

関連記事

LINEモバイル公式サイト

auの更新月とベストな乗り換え時期、まとめ

auの更新月

皆さま、お疲れさまでした。auの更新月の事、また、auからLINEモバイルに乗り換えるベストなタイミングもご理解を頂けましたでしょうか。

結果としましては、LINEモバイルのキャンペーンを考慮に入れなくても、auの更新月が半年以上先ならば、違約金の9,500円(税別)を払ってでも、今すぐ乗り換えた方がお得です。

また、キャンペーンが開催されている時は、その時のキャンペーン内容にもよりますが、更新月がいつなのかに関係なく、違約金を払ってでも今すぐ乗り換えた方がお得なケースが多いです。

ひよっこ君
でも、最終的にお得になるのは分かっても、違約金を払って解約するのは辛いよ...。
その通り、本当に辛い決断じゃ...。
スマホ博士

本当ですよね...。しかし、私の場合もそうでしたが、その一時の痛みを乗り越えて頂きますと、安くて快適にスマホが使える素晴らしい世界が開けていますので、是非、ご検討をして頂ければと思います。

尚、LINEモバイルに乗り換える時には、キャリアでも格安SIMでも新規で申し込む時にはかかる費用、Web登録事務手数料が発生します。

このWeb登録事務手数料は3,000円もするのですが、タダにする方法もありますので、よろしければ、下の別記事もご覧頂きまして、是非、マックスにお得に乗り換えを実現して頂ければと思います。

是非、LINEモバイルで、ご家族やお友だちや大切な人と、楽しくお得にコミュニケーションを図って下さい。

お読み頂きまして、有難うございました。(笑)

関連記事

LINEモバイルはとっても素晴らしい格安SIMですよ!

是非、LINEモバイルにお申し込み頂き、ご家族やお友達と「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!

ひよっこ君
下のバナーから申し込みができるよ。(笑)
宜しくお願いしますぞよ。(笑)
スマホ博士

-LINEモバイルとは

Copyright© LINEモバイルで Let's Communication! , 2020 All Rights Reserved.