お知らせ ただいまLINEモバイルでは、最大5,000円相当がもらえる「シークレットキャンペーン」を開催中! 申し込み時にキャンペーンコードを入力すれば、LINE Pay残高LINEポイントがもらえます! 詳細は「最新キャンペーン情報」まで!

LINEモバイルとは

無料の貸出端末もあり! LINEモバイルの持込端末保証の詳細と利用の流れ

LINEモバイルの持込端末保証

ひよっこ君
ぼくが使ってるiPhoneって、LINEモバイルの保証に入れるのかな...。
他社から持ち込んだiPhoneも大丈夫じゃ! 端末保証に入れるぞ!
スマホ博士

LINEモバイルをご検討中のみなさま、こんにちわ。

さて、LINEモバイルは料金も安いし、LINEも使い放題だし、今、使ってるスマホも持ち込んで使えるし、さぁ、申し込もう!

そう思ったものの、ふと、私の使ってるスマホって、LINEモバイルでスマホの保証に入れるのかなって、疑問に思った人はいませんか?

ドコモやau、ソフトバンクの大手キャリアは、自社で販売したスマホには保証がつけられるけど、他社で買ったスマホには保証がつけられないし...。

ここ最近、スマホの価格もどんどんと高くなって、安いものでも2~3万円、高いものは10万円近くするものまであって、保証に入れなかったら、安心してスマホを使えませんよね。

しかしご安心ください。

LINEモバイルには、LINEモバイル以外で買ったスマホも加入できる「持込端末保証」がありますよ。

この記事では、下記の内容で、LINEモバイルの「持込端末保証」について分かりやすく解説しています。

  • LINEモバイルの持込端末保証の概要や特徴
  • LINEモバイルの持込端末保証の注意点
  • 故障して持込端末保証を利用する時の流れ

ぜひ、参考にしていただき、大切なスマホを守っていただければと思います。

よろしくお願い致します。

\LINEモバイルの最新キャンペーンはこちらから!/

LINEモバイルの端末保証オプションとは? 概要を解説!

端末保証オプション

LINEモバイルの端末保証オプションとは、ずばり、画面割れ水没など、大切なスマホに万一のトラブルが起こった時、その修理代交換費用を保証してもらえるオプションです。

端末保証オプションに加入していれば、万一、スマホを壊してしまった時に、格安の料金で修理や交換をしてもらえます。

そして、LINEモバイルの端末保証オプションには、下記の通り、スマホの種類により2つの端末保証があります。

  • LINEモバイルで購入したスマホの保証 → 端末保証
  • LINEモバイル以外で購入したスマホの保証 → 持込端末保証

この記事では、LINEモバイル以外で購入したスマホの保証である「持込端末保証」について解説します。

LINEモバイルで申し込みと同時にスマホも購入する場合は、LINEモバイルで購入したスマホの保証である、下記の「端末保証」の記事をご覧ください。

関連記事

「持込端末保証」= LINEモバイル以外で購入したスマホの保証

持込端末保証

LINEモバイルの持込端末保証は、ご自身で端末を用意した人に向けた保証です。

ひよっこ君
LINEモバイルに乗り換える人なんかは、この持込端末保証だよ。

ドコモauソフトバンクで使っていたスマホを、そのままLINEモバイルで使う場合や、Amazon家電量販店で購入したスマホをLINEモバイルで使う場合など、LINEモバイル以外で購入したスマホが対象です。

また、ご家族やお友だちからもらったスマホも、この持込端末保証です。

つまり、自分で用意したスマホに対しての保証じゃぞ。
スマホ博士

参考までに、LINEモバイル公式サイトに記載されている、持込端末保証に加入できるスマホは下記の通りです。

申し込み可能な保証対象端末

  • 画面割れやケース割れ、水濡れ等がなく正常に動作している端末
  • LINEモバイルのSIMカードで通信や通話が可能な端末
  • 日本国内で販売されたメーカーの正規品で、OSがAndroidかiOSの端末
  • 法律により定められた技術基準への適合性を有する端末(技適マークのついた端末)

今やスマホは、日常生活では欠かすことのできない生活必需品ですし、年々、価格も高くなっています。

スマホが壊れてしまうとそれだけでもショックなのに、おまけに、高い修理代がかかったり、高いお金でまたスマホを買わなければいけないとなると、気軽にスマホを使うこともできません。

しかし、LINEモバイルには、他社で使っていたスマホや家電量販店で買ったスマホも加入できる「持込端末保証」のオプションがあるので、安心して乗り換えることができます。

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルの持込端末保証、オプション内容一覧と特徴・メリット

持込端末保証の特徴

それでは、LINEモバイルに持ち込んで使うスマホに対しての「持込端末保証」の詳細を解説していきます。

まずは一覧で、ざっくりと内容をご確認ください。

加入対象者 ご自身で端末を用意される方
月額利用料 500円
連絡先 LINEモバイル 端末保証受付センター
0120-866-919
受付時間 10:00~19:00(年中無休)
対象機器 Android端末:修理、または交換
iOS端末:修理のみの受付
交換端末 故障端末と同一OSの端末
端末お届けまでの期間 修理:約2週間
交換:約1週間
端末交換・修理代金 1回目 4,000円
2回目 8,000円
保証期間 自然故障:メーカー発売日から3年間
落下・水濡れ等:当オプションを解約するまで
利用回数 年2回まで
保証範囲 故障、水濡れ、破損
保証上限額 50,000円
ひよっこ君
とっても充実したオプションだよ。
特徴やメリットは今から説明するぞ。
スマホ博士

特徴① 持込端末保証は月額500円、故障・水濡れ・破損に対応!

持込端末保証は500円

LINEモバイルの持込端末保証の月額料金は500円です。

大手キャリアの端末保証の料金よりちょっと安いか、同じくらいですので、今までよりも負担が増えることはありません。

そして、この持込端末保証は、過失による故障破損にも対応しています。

大切なスマホをいくら慎重に丁寧に使っていても、不注意不可抗力で落としてしまうこともありますよね。

うっかりミスでスマホを落として画面を割ってしまったり、水濡れ破損も保証の範囲に入るので、日頃も安心してスマホを使うことができます。

ひよっこ君
500円で安心が買えるなら、決して高くはないよね。
万一の時でも、保証に入ってたらショックも少なくて済むしのう。
スマホ博士

特徴② 持込端末保証はiPhoneでも加入できる!

iPhoneも持込端末保証に入れる

実は、LINEモバイルで販売されているiPhoneは、LINEモバイルのもう一つの保証である「端末保証」には加入できません。

これは、LINEモバイルで購入したスマホ向けの「端末保証」は交換対応のみで、iPhoneは新品に交換できないからです。

しかし、LINEモバイル以外で購入したスマホ向けの「持込端末保証」は、交換対応だけでなく修理対応も可能なので、他社で使っていたiPhoneも加入できます。

持込端末保証は、android端末の場合は修理か交換対応になりますが、iPhoneの場合は修理対応のみになります。

iPhoneの修理はAppleでしますので、万一、故障しても、安心して持込端末保証で修理してもらうことができます。

ひよっこ君
Appleでの修理なら安心だね。
android端末の修理の場合も、メーカーでするから安心じゃぞ。
スマホ博士

特徴③ 端末保証の利用は年2回まで、格安料金で交換してもらえる!

格安料金で修理してもらえる

LINEモバイルの持込端末保証に入っておけば、1年間に2回まで、格安料金で修理・交換してもらえます。

参考までに、保証に入らなかった場合、iPhoneを修理するにはいくらかかるか、Appleの公式サイトに記載された修理代金を下記に記載します。

iPhoneのモデル 画面の修理 その他の修理
iPhone 11 Pro Max
iPhone 11 Pro
iPhone 11
35,800 円
30,400 円
21,800 円
64,800 円
59,800 円
43,800 円
iPhone XS Max
iPhone X / iPhone XS
iPhone XR
35,800 円
30,400 円
21,800 円
64,800 円
59,800 円
43,800 円
iPhone 8 Plus
iPhone 8
18,400 円
16,400 円
43,800 円
36,400 円
iPhone 7 Plus
iPhone 7
18,400 円
16,400 円
36,400 円
32,800 円
iPhone 6s Plus
iPhone 6s
iPhone 6 Plus
iPhone 6
18,400 円
16,400 円
16,400 円
14,500 円
35,800 円
32,700 円
35,800 円
32,700 円
iPhone SE(第2世代)
iPhone SE
14,500 円
14,500 円
30,400 円
30,400 円
iPhone 5c / iPhone 5s 14,500 円 30,400 円

上記は2020年6月現在のものです。

ご覧の通り、画面割れの場合、もっとも画面の小さいiPhoneSEや5でも14,500円、もっとも画面の大きいXS Maxや11 Pro Maxは35,800円もしてしまいます。

また、基盤の損傷等、その他の修理の場合は、もっとも安くて3万円、最新のiPhoneになると6万円オーバーとなってしまいます。

ひよっこ君
android端末も、似たような料金がかかってくるよ。

しかし、LINEモバイルの持込端末保証なら、1回目ならたった4,000円で修理・交換してもらえます。

LINEモバイルの持込端末保証は年に2回まで利用が可能で、さすがに2回目となると8,000円に上がりますが、それでも、実費で直したり、新しいスマホを買うよりも全然、安いですよね。

本当じゃ、これなら安心してスマホが使えるのう。
スマホ博士

また、端末保証の利用履歴は1年ごとにリセットされるので、翌年以降も、もし壊してしまったら、1回目は4,000円、2回目は8,000円で修理か交換対応をしてもらえます。

保証の上限額5万円になるので、万一、5万円を超えてしまった場合は、超過分は自己負担になりますので、その点はご注意ください。

特徴④ 貸出端末を無料で借りれる! 最短、翌日に届くので不便も最小限!

貸出端末が無料で借りれる

万一、残念なことにスマホが故障してしまい、LINEモバイルの持込端末保証で修理や交換をしてもらうと、交換端末や修理済みの端末が届くまでには、交換で1週間、修理なら2週間もかかってしまいます。

その間、スマホが使えないとなると、普段の生活や仕事に大きな支障が出てしまいますよね。

しかし、ご安心ください。

なんとLINEモバイルでは、希望する人には無償貸出端末を貸してくれます。’

ひよっこ君
タダで貸してくれるなんて、とっても行き届いたサービスだね。

貸出端末については、いつも使っているスマホと使い勝手が変わるかもしれませんが、故障端末に入ってるSIMカードを挿せば使えます。

持込端末保証の手続きは、LINEモバイルの端末保証受付センターに電話をすることになりますが、18時までに受付が完了すれば、その日に貸出端末を発送してくれるので、不便も最小限でおさまります。

スマホがなかったら、生活も仕事もバラバラになってしまうからのう。
スマホ博士

尚、貸出状況によっては、借りることができない場合もありますので、ご注意ください。

LINEモバイル公式サイト

ここに注意! LINEモバイルの持込端末保証の注意点5つ!

持込端末保証の注意点

LINEモバイルの持込端末保証は、自然故障だけではなく、過失による故障水濡れ破損に対しても保証がされるので、いざという時はとても心強いです。

一方で、持込端末保証には注意点もありますので、よくご理解いただき、万一の時に備えていただければと思います。

  1. 持込端末保証に加入できるのは、契約時だけ
  2. 持込端末保証の保証開始は、契約成立日の翌月から
  3. IMEI登録前の故障は、オプション料金を払ってても保証対象外
  4. 盗難や紛失、火災は、LINEモバイルの持込端末保証の対象外
  5. 交換端末は利用していた機種と同じとは限らない
ひよっこ君
それじゃあ、一つ一つ、簡単に説明していくよ。

注意点① 持込端末保証に加入できるのは、契約時だけ

加入は契約時だけ

LINEモバイルの持込端末保証は、LINEモバイルの申し込み時にのみ、加入することができて、契約後には申し込むことができません。

LINEモバイルの申し込みの途中で、持込端末保証オプションに加入するかどうかの選択が出てきますが、あとで検討しようと思って申し込まなかったら最後、2度と申し込むことはできません。

また、解約後の再申し込みもできません。

持込端末保証オプションに加入後、保証対象にしている端末を変更したい場合は、専用ページで新しい端末情報を登録することで変更が可能です。

くれぐれも、端末保証はLINEモバイルの契約時のみじゃから注意じゃぞ。
スマホ博士

注意点② 持込端末保証の保証開始は、契約成立日の翌月から

保証開始は翌月から

持込端末保証の保証が開始されるのは、LINEモバイルを契約した月の翌月の1日からになります。

例えば、3/31にLINEモバイルの契約が成立したら、翌日の4/1から保証が開始されますし、3/1に契約が成立したら、1ヶ月後の4/1から保証が開始されることになります。

保証期間

尚、初月は保証対象の期間外となりますが、オプション料金については満額の500円が発生しますので、ご注意ください。

ひよっこ君
初月は故障しても保証対象期間外だから、特に注意して使ってよ。

注意点③ IMEI登録前の故障は、オプション料金を払ってても保証対象外

IMEI登録しないと対象外

持込端末保証は、オプションの申し込みIMEI登録の両方を行うことではじめて、保証を受けられます。

持込端末保証に申し込んだ後、専用ページにてIMEIの登録が必須となります。

後ほど、詳しく解説しますが、IMEIとは端末識別番号のことで、一つ一つの端末に割り振られた15桁の数字からなる固有の番号です。

万一、このIMEI番号が未登録の状態で故障させてしまうと、保証対象外となってしまうのでご注意ください。

持込端末保証を申し込んだら、忘れずにIMEIを登録するんじゃぞ。
スマホ博士

注意点④ 盗難や紛失、火災は、LINEモバイルの持込端末保証の対象外

盗難や紛失は対象外

LINEモバイルの持込端末保証は、故障水濡れ破損を対象とした保証になります。

盗難紛失火災等は対象外になりますので、ご注意ください。

ひよっこ君
持込端末保証は、スマホを送って診断してもらわなきゃダメなんだ。

注意点⑤ 交換端末は、利用していた機種と同じとは限らない

交換端末は同じ機種とは限らない

LINEモバイルの持込端末保証は、iPhoneは修理対応のみですが、android端末は診断の結果によって、修理交換かの対応に分かれます。

もし、交換対応になった場合は、同じandroid端末にはなりますが、交換端末はLINEモバイルの判断で送付されますので、使っていた端末と同じ機種同じカラーになるとは限りません。

また、交換端末には新品リフレッシュ端末の2種類がありますが、こちらも、どちらが提供されるかはLINEモバイルの判断となり、選ぶことはできません。

リフレッシュ端末とは、初期不良などで回収された端末を、修理調整品質の確認等を行った上で、新品同様の状態に初期化した端末をいいます。

一見、リフレッシュ端末と言うと、中古品だから新品の方が良いと思うかも知れませんが、新品と見分けがつかない程のピカピカの端末ですので、まったく問題はありません。

傷があったら、検品でカバーも交換されるからピカピカじゃ。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルの持込端末保証に加入する手順・流れ

持込端末保証の申込の流れ

それでは、LINEモバイルの持込端末保証を申し込む手順、流れを解説します。

持込端末保証に加入して保証を受けるには、下記の2つのステップを踏む流れになります。

  1. 持込端末保証オプションを申し込む
  2. IMEIを登録する

それでは早速、確認していきましょう!

step
1
持込端末保証オプションを申し込む

加入のステップ①

LINEモバイルの持込端末保証は、LINEモバイル公式サイトから申し込み画面に入り、申し込みの途中で加入するかどうかを選択する流れになります。

ひよっこ君
まずは、LINEモバイルのサイトにアクセスだよ。

トップページ

トップページ

LINEモバイル公式サイトにアクセスしたら、「申し込む」から申し込み画面に入ります。

「申し込む」から申し込み画面に入れるからのう。
スマホ博士

SIMカードのみを選択する

SIMカードのみを選択する

しばらく進んで行くと、「端末購入の有無」の選択が出てくるので、「SIMカードのみ」にチェックを入れます。

ひよっこ君
申し込みの最初の方で出てくるからね

すると、この後「SIMカード選択」画面が出てきて、お使いのスマホに合ったSIMカードを選んだ次に、「持込端末保証オプション」の欄が出てきます。

持込端末保証オプションの欄

持込端末保証オプションの欄

持込端末保証オプションの箇所では、デフォルトでは「加入する」にチェックは入っていませんので、加入する場合はチェックを入れて進みます。

持込端末保証が不要の場合は、チェックが入っていない状態のままで、次に進めば大丈夫です。

これで、持込端末保証への加入が確定じゃぞ。
スマホ博士

関連記事

step
2
IMEIを登録する

加入のステップ②

LINEモバイルの契約がスタートすると、LINEモバイルから「持込端末保証登録完了のお知らせ」メールが届きます。

ひよっこ君
正確に言うと「利用開始手続き」が完了したら、お知らせメールが届くよ。

持込端末保証登録完了のメール

持込端末保証登録完了のメール

このメールの下の方に、IMEIを登録する必要があることの記載があります。

下の方の「ご注意事項」の箇所じゃぞ。
スマホ博士

メールに記載されたURLから「IMEI番号登録の専用ページ」に入り、IMEI番号を登録します。

IMEI登録ページ

IMEI登録ページ

このIMEI登録の専用ページでは、下記の3つを入力します。

  1. LINEモバイルのログインID
  2. IMEI番号(端末識別番号)
  3. メールアドレス

入力して送信すると、すぐに「IMEI番号 仮登録のお知らせ」が送られてくるので、メールに記載されたURLをクリックすることで、本登録が完了します。

関連記事

LINEモバイル公式サイト

IMEI番号はどこを見たら良いの? IMEI番号の確認のしかた

IMEI番号の確認のしかた

参考までに、そのIMEI番号はどこで確認したら良いのかは、端末別に下記の通りです。

  • iPhone:「設定」→「一般」→「情報」→IMEI
  • android:「設定」→「システム」→「端末情報」→IMEI

しかし、もっと手っ取り早く確認する方法があって、それは、iPhoneandroid端末も、通話アプリで「*#06#」をダイヤルする方法です。

ひよっこ君
このやり方の方が、絶対に簡単だよ。

IMEI番号の確認

ご覧の通り、キーパッドで「*#06#」をダイヤルすると。

IMEI番号の確認

15桁の数字が表示され、この番号が、その端末のIMEI番号(端末識別番号)になります。

10秒でIMEI番号が確認できるぞ。
スマホ博士

LINEモバイルの持込端末保証、利用の流れと手順

持込端末保証の利用の流れと手順

それでは最後に、万一、スマホを壊してしまった時に、実際に持込端末保証を利用して、端末を修理・交換してもらう流れ・手順を解説します。

持込端末保証を利用しないに越したことはありませんが、万一の時のために、簡単に手続きができることを分かっていれば安心です。

持込端末保証を利用する流れはとても簡単で、たった4つのステップで完了します。

ひよっこ君
まずは、LINEモバイルに電話で依頼をするんだよ。
ざっくりで構わんから、流れを理解しておいてくだされよ。
スマホ博士

step
1
故障が発生

ステップ①端末が故障

悲しいですが、故障してしまったら仕方がありません。

LINEモバイルの持込端末保証に加入していることを思い出して、慌てず、冷静に対処しましょう。

ひよっこ君
スマホが壊れたら焦るけど、持込端末保証があるから大丈夫だよ。

step
2
LINEモバイルに電話をする

ステップ②電話をする

スマホが故障したら、LINEモバイルの担当窓口に電話をかけます。

LINEモバイル 端末保証受付センター

0120-866-919
10:00~19:00(年中無休)
※携帯電話/スマートフォンからもご利用できます。

LINEモバイルの端末保証受付センターに電話をすると、最初に「契約者名」「ログインID」「電話番号」を聞かれますので、落ち着いて答えてください。

そして、持込端末保証の受付が完了すると、返送キット貸出端末(希望者のみ)の発送の段取りが取られます。

18時までに受付が完了すると、その日に発送してもらえるからのう。
スマホ博士

貸出端末は翌日には届くので、スマホの不通時間も少なく、日常生活お仕事に支障をきたすことも最低限で済みます。

step
3
LINEモバイルで故障端末の診断

ステップ③故障端末の診断

返送キットが届いたら、故障端末を返送キットに入れてLINEモバイルに送ります。

故障端末がLINEモバイルに届くと、早速、故障端末の診断が開始され、その診断結果により、修理になるか、交換になるかが決まります。

ひよっこ君
診断の結果は、電話がかかってくるからね。

なお、iPhoneが故障した場合は、「iPhoneを探す」の機能をオフにして、故障端末を初期化してLINEモバイル送る必要があります。

iPhoneを探す」の機能をオフにするやり方は、「設定」→「Apple ID(一番上のユーザー名)」→「iCloud」に進み、「iCloud」の画面を下の方のスクロールすると「iPhoneを探す」があるのでオフにします。

iPhoneを探す

また、初期化する流れは、「設定」→「一般」→「リセット」と進むと、「すべてのコンテンツと設定を消去」があります。

iPhoneを初期化

すべてのコンテンツと設定を消去」をタップすると、「バックアップしてから消去」と「今すぐ消去」が選択できるので、iCloudにバックアップした上で消去してください。

SIMカードも抜いてから送るんじゃぞ。
スマホ博士

step
4
修理が完了した端末・交換端末を受け取る

ステップ④端末を受け取る

修理済の端末交換端末)が届いたら、早速、故障した端末から抜き出しておいたSIMカードを挿して使ってください。

そして、貸出端末を借りていた人は、修理済の端末(交換端末)が届いた箱に入れて、忘れずにLINEモバイルに送ってください。

ひよっこ君
貸出端末を返さなかったら、違約金が発生するからね。

また、交換対応になった場合は、交換端末のIMEI登録し直すことも、忘れずになさってください。

交換端末を受け取って以降は、その交換端末がMy端末になるので、IMEI番号の変更登録をしておかなければ、次、その端末でトラブルが起こった時に保証してもらえません

交換端末になった場合は、必ず、IMEIの変更の登録を忘れずにのう。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

無料の貸出端末もあり! LINEモバイルの持込端末保証の詳細と利用の流れ まとめ!

LINEモバイルの持込端末保証

みなさま、お疲れさまでした。

さて、この記事では、LINEモバイルの持込端末保証について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

それでは最後に、持込端末保証のポイントをおさらいしておきます。

  • LINEモバイルの「持込端末保証」はLINEモバイル以外で購入したスマホの保証
  • 月々のオプション料は450円、故障・水濡れ・破損に対応
  • 持込端末保証は、android端末は修理か交換、iPhoneは修理対応のみ
  • 利用は年2回まで、1回目は4,000円、2回目は8,000円で修理・交換してもらえる
  • 無料の貸出端末が準備されていて、最短翌日に届く

スマホが壊れなければ、毎月のオプション料の500円はムダになってしまうと考えがちですが、保証に入らずに故障してしまった時のことを考えると、入っておいた方が安全です。

ひよっこ君
そうだね。可能なら入っておいた方が気も楽だよね。

持込端末保証は保険のようなものですので、万一の時に備えて、ぜひ、ご検討いただければと思います。

ぜひ、ご検討くだされ。(笑)
スマホ博士

そして、LINEモバイルでご家族やお友だちと素晴らしいコミュニケーションを図っていただき、快適なスマホライフを送っていただければと思います。

最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。

どうぞ、よろしくお願い致します。

LINEモバイルはとっても素晴らしい格安SIMですよ!

ぜひ、LINEモバイルにお申し込みいただき、ご家族やお友だちと「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!

ひよっこ君
下のバナーから申し込みができるよ。(笑)
宜しくお願いしますぞよ。(笑)
スマホ博士

-LINEモバイルとは

© 2020 LINEモバイルで Let's Communication!