LINEモバイルとは

これだけチェックすれば大丈夫!LINEモバイル、乗り換え前の注意点10個!

乗り換え前のチェックポイント

ひよっこ君
ねぇ、博士、LINEモバイルに乗り換えようと思うんだけど、チェックしておいた方が良い事ってあるのかな?
ある、ある、ひよっこ君、たくさんあるぞ...。
スマホ博士

LINEモバイルをご検討中の皆さま、こんにちわ。

さて今回は、電話番号をそのままで、MNPでキャリアからLINEモバイルに乗り換えをご検討なさっておられる皆さまに向けた記事になります。

私も元々、ドコモを使っていまして、ドコモを使っていた当時は毎月8,000円位のスマホ代を払っていましたが、LINEモバイルに乗り換えてからは、なんとスマホ代が2,000円を割る様になりましたので、絶対にLINEモバイル、おすすめですよ!(笑)

しかし皆さま、キャリアからLINEモバイルに乗り換えをなさる時は、是非、色々な事に注意をはらって頂きたいと思います。

ひよっこ君
本当だよ。じゃないと損する事もあるからね。

と言いますのも、私がドコモからLINEモバイルに乗り換えた時は、LINEモバイルの料金プランの事はしっかりと調べて検討したのですが、ドコモの解約の事などあまり考えずに乗り換えをしてしまった結果、ドコモで1万円の違約金を払ってしまうという大失敗をしてしまいました。

注意ポイントを押さえておかなければ、本当に損をしてしまうんじゃ。
スマホ博士

皆さまには、できればその様なミスをして頂かない様に、そして、少しでもお得にスムーズに乗り換えをして頂く為に、乗り換える前にしっかりと事前のチェックをして頂きたいと思っています。

この記事では、「キャリアの解約についてチェックすべきポイント」「LINEモバイルに乗り換えるに当たってチェックしておくべきポイント」を整理して皆さまにお伝えさせて頂こうと思っています。

この記事でご紹介をさせて頂くチェックポイントを確認して頂く事で、ミスなくLINEモバイルに乗り換えて頂く事ができますので、是非、ご参考にして頂きまして、快適にLINEモバイルに乗り換えて頂ければと思います。

どうぞ、よろしくお願い致します。

\LINEモバイルの最新キャンペーンはこちらから!/

チェックポイント キャリアの解約編

キャリアからLINEモバイルに乗り換えて頂くに当たりましては、「解約するキャリアでのチェックポイント」と「申し込みをするLINEモバイルでのチェックポイント」の2つに分けて注意点をチェックして頂きますと、頭が整理できて分かりやすいと思います。

まずは、解約するキャリアについてのチェックポイントをご説明させて頂こうと思いますが、内容は下記の通りです。

  1. 違約金が発生するかどうか? 解約のタイミングをはかる
  2. 無駄なお金は払わない! キャリア解約時のその他の費用
  3. SIMロック解除はしましたか?
  4. キャリアメールは使えなくなりますよ
  5. LINEの引き継ぎの事前準備はしましたか?
  6. MNP予約番号の取得をお忘れなく

それでは、一つ一つ内容をご説明させて頂こうと思います。

違約金が発生するかどうか? 解約のタイミングをはかる

2019年9月13日より、ソフトバンクで「2年縛りなし違約金なし」の新料金プランがスタートされました。

新料金プランを契約なさった方は、契約後、いつでも無料でソフトバンクを解約する事ができます。

また、従来の料金プランをご利用中の皆さまも、新料金プランに変更して頂く事により、いつでも無料で解約して頂く事ができます。

さて、皆さまがキャリアからLINEモバイルに乗り換えて頂くに当たりまして、この解約のタイミングをはかる事はとても大事です。

皆さまもご存知だと思いますが、キャリアには2年縛りがあり、その縛りの期間中に解約をしますと、契約解除料(違約金)として9,500円(税別)を払わなければいけません。

ひよっこ君
9,500円も払わなきゃいけないなんて絶対に嫌だよ。

冒頭にも書かせて頂きましたが、私がドコモからLINEモバイルに乗り換えた時には、2年縛り違約金の事は何となく知っていましたが、2年縛りの正確な内容を知らなかったので、違約金の10,260円を支払って解約する事になってしまいました。

それは痛かったのう。
スマホ博士

ですので、キャリアの2年縛りの事を正確にご理解頂く必要がありまして、ポイントは下記の通りです。

  • 2年縛りは自動で更新される
  • 解約月からの3ヶ月間が更新月
  • 更新月以外の解約は違約金が発生

私が違約金を払うはめになってしまった一番の原因は、ドコモの2年縛りが自動更新される事を知らなかった事が原因です。

これは、ドコモに限らず、auをご利用中の皆さまも、ソフトバンクをご利用中の皆さまも同じですが、キャリアの2年契約は自動更新されますので、2年縛りが満了すると、また2年縛りが始まる事になります。

ひよっこ君
自動更新されるって事は、ずっと縛りの期間が続くって事なの? そんなのずるいじゃん。

私は、ドコモの2年縛りをてっきり最低利用期間の事と勘違いをしていまして、ドコモを2年間使えばいつでも違約金を払わずに解約が出来ると思い込んでいましたが、全く違いました。

その様に勘違いをしておられる人は多いと思うんじゃ。皆さん、注意して下されよ。
スマホ博士

キャリアを違約金を払う事なく解約できるのは、2年契約の満了月からの3ヶ月間のみになり、この更新期間以外に解約する場合は、違約金(契約解除料)の9,500円(税別)が発生します。

つまり、2年間(24ヶ月)もの間のたった3ヶ月間しか、タダでキャリアを解約する事が出来ないのです。

更新月はマイページから確認できる

LINEモバイルに乗り換えて頂くに当たりましては、できればキャリアの更新月に合わせて頂きますと、これだけで10,000円程が浮きますので、まずは更新月をご確認頂ければと思います。

更新月は、各キャリアとも、ネットで簡単に確認をする事ができます。

ドコモの更新月の確認方法

  1. マイドコモにアクセスし、ログインをして頂きます
  2. 下の方にスクロールし、6つのメニューの中の「ご契約内容の確認・変更」に進みます
  3. ご契約内容」のページになりますので、2ページ目(2/3)に進む
  4. ご契約プラン」の箇所に「契約満了月は20○○年○○月です。」という表記があります

auの更新月の確認方法

  1. My auにアクセスし、ログインして頂きます
  2. メニューの「スマートフォン・携帯電話」に進みます
  3. ご契約内容 / 手続き」→「ご契約情報」に進みます
  4. 料金割引サービス」の箇所に「次回更新年月」の記載があります

ソフトバンクの更新月の確認方法

  1. My SoftBankにアクセスしてログインをして頂きます
  2. メニューの「契約・オプション管理」に進みます
  3. 基本プラン」の箇所に「更新期間」の記載があります

更新月を確認して頂き、今、更新月の最中なら、それはもう、とってもラッキーな事ですので、即、LINEモバイルに乗り換える手続きを始めて下さい。

ひよっこ君
24ヶ月の中のたった3ヶ月だから、めっちゃ運の良い人だよ。
更新月が過ぎてしまってる人も、全く残念に思う必要はないぞ。
スマホ博士

乗り換えは更新月を待つ必要なし! LINEモバイルでペイできる!

更新月を確認して頂き、残念ながら、更新月が過ぎてしまっていたり、更新月が先の場合は、違約金を払うのがもったいないので、更新月まで待って乗り換えようと思われる皆さまもいらっしゃると思います。

しかし、結論から言いますと、更新月を待ってLINEモバイルに乗り換えるよりも、違約金を払ってでもすぐに乗り換えた方が、結局はスマホ代が安くなります。

ひよっこ君
えっ、それってどういう事? 1万円を払ってでも乗り換えた方が得って事?

詳細は、下記の「各キャリアの更新月やベストな乗り換え時期」をご説明した別記事をご覧頂ければと思いますが、キャリアからLINEモバイルに乗り換えて頂きますと、毎月、3,000円から5,000円ほど節約する事ができます。

そして、例えば、キャリアからLINEモバイルに乗り換える事で毎月5,000円が安くなるのなら、違約金の9,500円(税別)2ヶ月間で取り戻す事が出来て、その後はずっと毎月5,000円もスマホを安く使える事になります。

つまり、乗り換えるのが遅くなれば、その分、毎月5,000円ずつ損がふくらんでしまう事になるんじゃな。
スマホ博士

また、LINEモバイルでは毎月キャンペーンが開催されていますので、例えば、音声通話SIMのお申し込みで5,000円が得するキャンペーンがあるとしますと、そのキャンペーンで得する分でも違約金をペイできますので、ますます更新月を待つ必要はなく、すぐにLINEモバイルに乗り換えた方がお得なのです。

詳細は、下の別記事に詳しく記載をしていますので、よろしければご覧ください。

関連記事

LINEモバイル公式サイト

無駄なお金は払わない! キャリアを解約する時のその他の費用

キャリアを解約する時に注意する費用は、契約解除料だけではありません。

ひよっこ君
他にもチェックすべき費用はあるからね。
できるだけ損のない様に解約するんじゃ。
スマホ博士

下記の費用にもご注意下さい。

  • 解約月の基本料金・オプション料金
  • 端末代の分割代金(残債)
  • MNP転出手数料

解約月の基本料金・オプション料金

解約月の基本料金については、ドコモ、au、ソフトバンク共に、日割り清算はできずに満額請求になります。

また、解約月のオプション料金につきましても、ほんの一部のオプションを除き、日割り清算はできずに満額請求になります。

ですので、キャリアを解約するタイミングについては、できるだけ月末ギリギリまで利用して解約するのがベストです。

ひよっこ君
月末ギリギリまでキャリアのスマホを使い尽くしてね。

キャリアを解約するタイミングは、乗り換え先の携帯会社の事も考えなければいけませんが、幸い、LINEモバイルの場合は、月末日に「利用開始手続き」をする事により月初の1日から「サービスが開始」される事になり、同時に、月末の「利用開始手続き」が完了した段階でキャリアの契約は自動的に解約になります。

ですので、キャリアとLINEモバイルの料金を2重で払う必要もありませんし、キャリアも月末までしっかりと使え、LINEモバイルの初月も100%満喫して使えますので、乗り換えのタイミングとしては最高のペアリングです。

ただ、ギリギリ過ぎには気を付けるんじゃぞ。
スマホ博士

その通りです。1日でも月をまたいでしまいますと、丸々1ヶ月分の料金を払わなければいけなくなってしまいます。

ですので、LINEモバイルの利用開始手続き(=キャリアの解約)については、月末日の朝一番にはして頂きました方が安全で、夕方にしてしまいますと、月末日はLINEモバイルも混みますので「利用開始手続き」の完了が翌日にずれ込んでしまう危険性があります。

私は過去2回、月末日に利用開始手続きを行うパターンでLINEモバイルを使い始めていますが、共に月末日の朝に「利用開始手続き」を行い、その日中に「利用開始手続き」が完了した事により、月末付けでキャリアが解約となり、LINEモバイルは1日から使い始める事が出来ています。

ココに注意

ソフトバンクの場合は、締め日が10日〆20日〆末日〆の3パターンがあります。末日〆の方は上記の通りでベストのタイミングで乗り換えができますが、10日〆20日〆の皆さまはベストのタイミングで乗り換える事ができません。皆さまのお考え次第ですが、できるだけ料金の高いソフトバンクを締め日ギリギリまで利用した方がお得かと思いますので、10日〆の皆さまは10日に、20日〆の皆さまは20日にLINEモバイルの利用開始手続きをして頂ければと思います。

端末代の分割代金(残債)

キャリアで24回の分割払いで購入したスマホについては、当然ではありますが、途中で投げ出す事が出来ず、最後まで払わなければいけません。

そのスマホの残債のお支払いについては、キャリアを解約する時に、2通りの支払い方法を選択する事ができます。

一つ目は残債を一括で返済してしまう方法ですが、残債が一括で払える範囲の金額であれば、一括で返済して頂くのも大いにありかと思います。

しかし、残債が何万円も残っている場合は、一括で返済するのは現実的ではありません。

ひよっこ君
って言うか、そんな大金、一気に払えないよ。

キャリアを解約する時は一括で返済しなければいけないんじゃないか、スマホ代の残債を完済しない限りはキャリアを解約できないのではないか、などなど、不安はたくさんあると思いますがご安心下さい。

二つ目の方法は、そのまま分割払いで払い続ける方法で、ドコモ、au、ソフトバンクのいずれのキャリアでも、解約をした場合でも、そのままスマホ代については継続して分割払いでお支払い頂く事が可能です。

解約してもそのまま分割払いを続けられるのは、本当に有難い事じゃ。
スマホ博士

LINEモバイルで安い料金でスマホを使いながら、LINEモバイルで使い続けるスマホ代を継続して分割払いで支払う事ができますので、是非、ご安心頂ければと思います。

MNP転出手数料

MNP転出手数料に関しましては、キャリアを解約して他の携帯会社に電話番号はそのままでMNPで乗り換える際は、必ず支払わなければいけません

また、MNP転出手数料は、キャリアのみならず、格安SIMを解約して別の携帯会社に乗り換える際にも、必ず払わなければいけない料金になります。’

ひよっこ君
つまり、どこの携帯会社でもMNPで転出する時にはMNP転出手数料がかかるって事だね。

そのMNP転出手数料は下記の通りの金額です。

  • ドコモ:2,000円
  • au:3,000円
  • ソフトバンク:3,000円

auソフトバンクだけではなく、格安SIM各社のMNP転出手数料も3,000円ですので、ドコモはちょっと特殊ではありますが、私も元々はドコモでしたので、少しお得なMNP転出手数料を払いました。

ドコモ以外は、キャリアも格安SIMも3,000円なんじゃぞ。
スマホ博士

この費用については無料にする秘策はなく、必要経費とお考え頂きお支払い頂かなければいけませんが、参考までに、LINEモバイルのお申し込み時には初期費用がかかって来ますが、後ほどご説明をさせて頂きますが、ウェブ登録事務手数料の3,000円については最大無料にする裏技もあります。

LINEモバイル公式サイト

SIMロック解除はしましたか?

さて、皆さまに質問ですが、SIMロック解除は既になさっておられますでしょうか?

SIMロック解除をなさっておられる皆さまは、LINEモバイルで一層、快適にお使いのスマホを使って頂けると思いますが、もし、まだSIMロック解除をなさっておられない皆さまにつきましては、是非、すぐになさって頂く事をおすすめ致します。

ひよっこ君
SIMロック解除は絶対にしておいた方がお得だよ。

LINEモバイルはドコモ回線ソフトバンク回線au回線のキャリア全ての回線を取り扱うトリプルキャリアの格安SIMになりますので、どのキャリアの皆さまも、今、お使いのスマホをそのままでLINEモバイルに乗り換えて頂く事ができます。

つまり、基本的には、ドコモを使っておられる方ならLINEモバイルのドコモ回線を、ソフトバンク回線を使っておられる方はLINEモバイルのソフトバンク回線を、auを使っておられる方はLINEモバイルのau回線を使って頂きましたら、SIMロック解除なしでスマホそのままの状態で利用できます。

しかし、もし他の回線をご利用になられる場合は、スマホのSIMロックを解除しておく必要がありますし、今回は同じ回線を利用するとしても、いつかの為にSIMロック解除はしておかれた方が絶対に良いです。

SIMロック解除はドコモの場合は解約後いつでも行う事ができますが、2019年8月現在、auの場合は解約後101日、ソフトバンクの場合は解約後91日が経過をしますと、SIMロック解除を受け付けて貰えず、SIMロック解除が出来なくなってしまいます。

おまけに、auとソフトバンクの場合は、解約後は3,000円の手数料がかかってしまうんじゃ。
スマホ博士

キャリアをご利用中でしたら、My docomoMy auMy softbankでネットで無料でする事ができますし、その所要時間もたったの3分位でできますので、是非、解約前にお忘れなくSIMロック解除をなさって頂ければと思います。

関連記事

キャリアメールは使えなくなりますよ

キャリアを解約なさいますと、キャリアのメールは一切、使えなくなってしまいます。

ドコモ:docomo.ne.jp

au:ezweb.ne.jp

ソフトバンク:softbank.ne.jp

今の時代は、とても便利なLINEがありますし、GmailやYahoo!メールのフリーメールもありますので、ほとんどキャリアメールは使っておられない方も多いと思いますが、以前に使っていた場合は、キャリアを解約する事で、それらのメールは消失して2度と見る事ができなくなってしまいます。

ひよっこ君
博士だったら、昔のメールで大切なメールもあるんじゃないの。
その通りじゃ、残しておきたいメールはたくさんあるのう。
スマホ博士

残しておきたい大事なメールがある場合は、PCやスマホなどローカルに保存して頂く事を忘れずにして頂ければと思います。

私の場合、ドコモを10年近く使っていましたので、昔、ドコモメールを使っていた頃の大事なメールは削除せずに残していたのですが、ここまで考えが及ばず保存していませんでしたので、解約した結果、全て消えてしまいました

ローカルに保存する方法はとても簡単ですので、是非、解約前にお忘れなく行って頂ければと思います。

LINEの引き継ぎの事前準備はしましたか?

この記事は、電話番号はそのままMNPでLINEモバイルに乗り換える皆さまに対してのお話ですので、多くの皆さまは、お持ちのスマホをそのままLINEモバイルでご利用になられると思います。

スマホの機種変更がない場合は、スマホに入っているアプリはそのまま利用できますので、LINEについても問題はありません。

もし、LINEモバイルで新しい機種を購入してお使いになられる場合は、新しい機種でLINEを引き継いで利用する場合は、旧の端末でLINEの引き継ぎの事前準備をなさって頂く必要があります。

ひよっこ君
そうだよ。事前準備をしてないと、ほんと最悪の事になっちゃうんだよ。

その通りで、LINEの引き継ぎの事前準備を忘れますと、友だちリストからトークの履歴スタンプ、そして、LINEポイントLINE Pay残高まで、ほぼ全てが消えてしまいます。

それは本当に最悪じゃ。
スマホ博士

機種変更をなさる皆さまに、あらかじめ行って頂く事は以下の通りです。

  • メールアドレスの登録
  • パスワードの登録
  • 電話番号の登録

2019年2月にLINEアカウントの引き継ぎ方法がリニューアルされ、新規登録時にパスワードの登録が必須になりましたが、それ以前からLINEを利用なさっておられる皆さまは、パスワードの登録をなさっておられない可能性がありますので、乗り換え前に旧のスマホで忘れずに登録をして頂ければと思います。

また、これも補足ですが、もし新しい電話番号のスマホに引き継ぐ場合は、「設定」→「アカウントの引き継ぎ」で設定をオンにしておく必要もあります。

上記の3つの登録(+設定)をする事で、新しい機種にアカウント情報が引き継がれますが、このまま普通に引き継ぎを行いますとトーク履歴は消えてしまいますので、トークの履歴を引き継ぐ為にはもう一つ、事前にトーク内容をバックアップして頂く必要があります。

ひよっこ君
トークの履歴もとっても大事だからね。
つまり、3つの登録に加えて、トークのバックアップも必ずしておく必要があるのう。
スマホ博士

流れは、「ホーム」→「設定」→「トーク」の画面を開いて頂き、iPhoneの場合は「トークのバックアップ」→「今すぐバックアップ」を、android端末の場合は「トーク履歴のバックアップ・復元」→「Googleドライブにバックアップする」でバックアップする事ができます。

これで、新しいスマホにLINEを引き継ぐ際には、案内文に従って進めて行く事でスムーズに移行する事ができますので、LINEモバイルで新しい機種をお使いになられる皆さまは、キャリアを解約前にお忘れなくLINEの引き継ぎの事前設定をして頂ければと思います。

関連記事

MNP予約番号を取得して頂く事をお忘れなく

さて、乗り換え元のキャリアのチェックポイントを確認して頂きました後は、キャリアでMNP予約番号を取得して頂く事になります。

もうご存知だとは思いますが、あらためまして、MNPとは「モバイルナンバーポータビリティ」の略になりまして、携帯電話番号をそのままで他社に乗り換える事を言います。

そして、MNP予約番号とは、MNPで他社に乗り換える際に必要な10桁の数字になります。

LINEモバイルに乗り換えて頂く際には、LINEモバイル公式サイトからお申し込みを頂く事になりますが、お申し込み画面にて、その10桁の数字のMNP予約番号を入力して頂く事で、電話番号そのままで乗り換える事ができます。

注意をして頂く点は、MNP予約番号の有効期限は15日間になりますが、LINEモバイルに乗り換える際は、MNP予約番号の有効期限が10日以上、残っている段階で申し込む事が必要です。

逆に言いますと、MNP予約番号を取得した後、5日以内にはLINEモバイルにお申し込み頂き、MNP予約番号を入力して頂かなければいけません。

ひよっこ君
バタバタしてて、5日以内に申し込みが出来なかったらどうなるの...。

LINEモバイルにお申し込み頂く段階で、MNP予約番号の有効期限が10日間を割ってしまった場合でも、大丈夫ですのでご安心下さい。

MNP予約番号は再発行をして頂く事が可能ですし、MNP予約番号を発行しただけではキャリアを解約した事にはなりませんので、落ち着いて行動して頂ければと思います。

つまりは、MNP予約番号を取得したら、その足でLINEモバイルに申し込めば良いんじゃ。
スマホ博士

関連記事

LINEモバイル公式サイト

チェックポイント LINEモバイルの申し込み編

乗り換え元のキャリアでのチェックポイントを確認して頂きましたら、次は乗り換え先のLINEモバイルの申し込みに当たってのチェックポイントをご確認下さい。

ひよっこ君
LINEモバイルをいかにお得に申し込むかだよ。
一つも漏らす事なく、100%お得に申し込むんじゃ。
スマホ博士

そのチェックポイントは以下の通りです。

  1. 初期費用をチェック、お得に申し込む
  2. 初月をチェック、初月を100%お得に使う
  3. LINEモバイルのキャンペーンをチェック
  4. 本人確認書類をチェック、審査落ちゼロ

それでは、以下でそれぞれご説明させて頂きます。

LINEモバイルの初期費用をチェック → 初期費用をお得に申し込む!

LINEモバイルにお申し込みをするに当たって必要になる初期費用は2つです。

  • ウェブ登録事務手数料:3,000円
  • SIMカード発行手数料:400円

SIMカード発行手数料に関しましては、SIMカードを発行する実費になりまして、残念ながら、この費用を安くする方法はありませんので、皆さまにお支払い頂く必要があります。

一方、ウェブ登録事務手数料は、2つの方法のいずれかを利用する事で、3,000円が最大無料になります。

ひよっこ君
3,000円が無料になっちゃうの? それは絶対に利用しなきゃだね。

「招待キャンペーン」を利用してお得に申し込む

もし、ご家族やお知り合いでLINEモバイルをご利用の方がいらっしゃいましたら、その方にマイページで「招待URL」を発行して頂き、その招待URLからお申し込み頂く事で、下記の通り、ウェブ登録事務手数料が安くなります。

招待プログラムでのウェブ登録事務手数料

音声通話SIM:3,000円0円

データSIM(SMS付き)3,000円500円

データSIM:3,000円1,000円

音声通話SIMをお申し込みの場合は、なんと、3,000円のウェブ登録事務手数料が無料になります。

しかし、この招待URLからのお申し込みは、キャンペーンコードと併用する事ができません

つまり、招待URL経由でのお申し込みは、キャンペーンコードを入力する事で適用される、一部のキャンペーンには適用されません

LINEモバイルのキャンペーンは大盤振る舞いじゃから、それは困ったのう。
スマホ博士

LINEモバイルでは、音声通話SIMをお申し込みの方を対象としたキャンペーンが常に開催されていまして、そのキャンペーンを適用させる為には、この招待プログラムでの申し込みではなく、次にご説明をさせて頂きます「エントリーパッケージ」を利用されてのお申し込みの方が得です。

この「招待プラグラム」を利用してお申し込みは、知り合いにLINEモバイルのユーザーがいらっしゃる方、そして、データSIMをお申し込みの方におすすめの申し込み方法になります。

関連記事

「エントリーパッケージ」を利用してお得に申し込む

エントリーパッケージとは、Amazon400円程で販売されているエントリーコードが記載されたパッケージになります。

LINEモバイル公式サイトからお申し込みをなさる際、エントリーコードを入力する事により、ウェブ登録事務手数料無料になります。

エントリーパッケージでのウェブ登録事務手数料

音声通話SIM:3,000円0円

データSIM(SMS付き)3,000円0円

ひよっこ君
こっちは割引ではなくて完全に無料になるんだね。
その分、エントリーパッケージはデータSIMには使えんのじゃ。
スマホ博士

エントリーパッケージは、音声通話SIMか、SMS付きのデータSIMをお申し込みの際に利用する事ができまして、キャンペーンコードとも併用ができますので非常にお得です。

LINEモバイルでは、音声通話SIMをお申し込みの方に常に大盤振る舞いなキャンペーンを開催していますので、音声通話SIMをお申し込みの皆さまは、エントリーパッケージを利用して申し込む事により、ウェブ登録事務手数料の3,000円が無料になり、且つ、キャンペーンのメリットも享受する事ができ、ダブルで得になります。

関連記事

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルの初月をチェック、初月を100%お得に使う



容量 データSIM データSIM
(SMS付き)
音声通話SIM
1GB 月額500円 月額620円 月額1,200円
データフリー LINE
au回線は仕様の関係で「データSIM」の提供がありません。
容量 データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
3GB 月額1,110円 月額1,690円
5GB 月額1,640円 月額2,220円
7GB 月額2,300円 月額2,880円
10GB 月額2,640円 月額3,220円
データフリー LINE Twitter Facebook Instagram
容量 データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
3GB 月額1,810円 月額2,390円
5GB 月額2,140円 月額2,720円
7GB 月額2,700円 月額3,280円
10GB 月額2,940円 月額3,520円
データフリー LINE Twitter Facebook Instagram LINE MUSIC

 3つのタブを切り替えることで、画面も切り替わります。

LINEモバイルの料金プランは上の表の通りですが、LINEモバイルの初月は利用の仕方によってはとてもお得ですので、初月の事をしっかりとご理解を頂き、そのお得度を100%満喫して頂ければと思います。

LINEモバイルの初月の料金

  • データSIM:500円
  • データSIM(SMS付き):620円
  • 音声通話SIM:1200円

LINEモバイルの初月の基本利用料は、SIMカードのタイプにより料金が一律で、且つ、上のLINEフリープランの料金プランと見比べて頂きますとお分かり頂けますが、その料金は、同じSIMカードタイプの中で最も安いLINEフリープランの料金になります。

つまり、同じSIMカードタイプであれば、初月は最も安い料金最も高いプランを利用する事ができるという事になり、データSIM(SMS付き)の場合も、音声通話SIMの場合も、最も料金の高いMUSIC+プランの10GBLINEフリープランの料金で使う事ができます。

ですので、お申し込み頂く際には、その最も高くて充実しているMUSIC+プランの10GBをお申し込み頂き、5つのデータフリーを体験し、10GBのデータ量を思う存分に使い、全てのLINEモバイルの機能を体験して頂きました上で、ご希望のプランを判断して頂く事ができます。

ひよっこ君
それは面白い初月の考え方だね。でも2ヶ月目以降は高くなっちゃうんでしょ?

LINEモバイルは、同じSIMカードタイプであればいつでも無料でプラン変更をして頂く事ができますので、初月の最終日に、仮にLINE MUSICのデータフリーが必要なければ、4つのSNSがデータフリーのコミュニケーションフリープランに変更手続きをして頂く事が可能です。

あるいは、データフリーはLINEだけでOK、そして、データ量も少なくて良いという方は、LINEフリープランに変更手続きをして頂く事で、翌月の1日からプラン変更をしたLINEフリープランが適用されます。

つまり、LINEモバイルの全部が分かった上で、2ヶ月目からは希望のプランを使えるという事じゃな。
スマホ博士

ちょっと変わった初月の利用料の設定ですが、皆さまにLINEモバイルの全てをご存知頂き、使って頂きたいというLINEモバイルの気持ちの表れです。

関連記事

LINEモバイルのキャンペーンをチェック

エントリーパッケージのご説明と少しかぶりますが、音声通話SIMをお申し込みの皆さまは、是非、LINEモバイルのキャンペーンをチェックなさってください。

LINEモバイルでは、音声通話SIMをお申し込みの皆さまに、常時、大盤振る舞いのキャンペーンを開催しています。

ひよっこ君
本当だよ。LINEモバイルのキャンペーンは、いつも1万円位、お得になるキャンペーンだよ。

その時々によりキャンペーンは変わりますが、LINEモバイルのキャンペーンは大きく分けて2つに分かれます。

一つは、お申し込みをすれば自動で適用されるキャンペーンになりまして、これは特に何もする必要はありませんので、キャンペーン情報をご覧頂き、これ位、お得になるんだという理解をして頂くだけで大丈夫です。

そしてもう一つは、LINEモバイル公式サイトのお申し込み画面でキャンペーンコードを入力する事によって適用されるキャンペーンです。

過去のキャンペーンから判断しますと、5,000円から10,000円程はお得になるキャンペーンが開催されて来ていますので、絶対にキャンペーンコードを入力してお申し込み頂いた方がお得です。

入力を忘れて後で申し出ても絶対に適用されんから、集中して申し込むんじゃぞ。
スマホ博士

まさにその通りですので、お申し込みの時には間違いなくキャンペーンコードを入力して頂ければと思います。

尚、繰り返しますが、キャンペーンコードを利用する場合は、追加申込招待プラグラムは適用されませんので、エントリーパッケージが適用される事を確認の上、エントリーコードキャンペーンコードを併用してお申し込み頂ければと思います。

関連記事

LINEモバイル公式サイト

本人確認書類をチェック ← 審査落ちしたら元も子もありません

LINEモバイルのお申し込みについて、お得になる方法をご理解頂きましたら、最後に、実際のお申し込みに必要な本人確認書類について、しっかりとチェックして頂ければと思います。

LINEモバイルでは、お申し込みの時に本人確認書類の提出が必要になります。

本人確認書類は、私も2回、LINEモバイルに申し込んでいますが、審査落ちする事なく、スムーズにLINEモバイルを使い始める事が出来ました。

しかし、稀に本人確認書類のアップロードのミス審査落ちなさる方もいらっしゃいますので、注意が必要です。

ひよっこ君
しっかりと乗り換え前のチェックをして、それで審査落ちになったらガッカリしちゃうからね。

LINEモバイルのお申し込み時に本人確認書類として認められるものは下記の通りです。

本人確認書類

  1. 運転免許証
  2. 運転経歴証明書
  3. 日本国パスポート+補助書類
  4. 在留カード+補助書類
  5. 特別永住者証明書
  6. 住民基本台帳カード
  7. 健康保険証+補助書類
  8. 後期高齢者医療被保険者証+補助書類
  9. 届出避難場所証明書
  10. 身体障害者手帳
  11. 特定疾患医療受給証+補助書類
  12. 特定疾患医療登録者証+補助書類
  13. マイナンバーカード

補助書類

  1. 公共料金領収書
  2. 住民票

まず、絶対条件としましては、LINEモバイルのお申し込み画面で入力した内容と、本人確認書類に記載された内容一致している必要があります。

また、各、本人確認書類には、それぞれ細かな条件がありまして、その条件をクリアしている本人確認書類をアップロードする必要があります。

その条件をしっかりと理解せずに本人確認書類をアップロードしてしまいますと審査落ちになってしまいますし、書類の不備がある場合なども、お申し込みがキャンセルとなってしまいますので注意が必要です。

まずは、くれぐれも、提出しようとなさっておられる本人確認書類の条件をご理解頂き、不備のない本人確認書類をアップロードして頂ければと思います。

普通は問題なく審査が通ると思うが、とにかく条件に合う書類をアップロードして下されよ。
スマホ博士

関連記事

LINEモバイル公式サイト

これだけチェックすれば大丈夫! 乗り換え前の注意点10個! まとめ

乗り換え前のチェックポイント

皆さま、お疲れさまでした。

キャリアからLINEモバイルのMNPで乗り換えるに当たって、チェックすべき注意点をご理解頂けましたでしょうか?

携帯会社の乗り換えなんて、皆さま、ご自身でなさるのは初めてでしょうし、不安もたくさんおありだと思います。

そんな中、雲をもつかむ感じでお申し込みをなさいますと、やはりミスしてしまう可能性もありますし、もったいない目に遭ってしまう可能性もあります。

この記事でご紹介させて頂きましたチェックポイントさえ押さえて頂きましたら、まず、大きなミスをする事なく、無駄のない、最大にお得に乗り換えを実現して頂く事ができると思います。

是非、ご参考にして頂きまして、スムーズにLINEモバイルに乗り換えて頂き、LINEモバイルで快適に多くの皆さまとコミュニケーションを図って頂ければと思います。

最期までお読み下さいまして、有難うございました。

よろしくお願い致します。

LINEモバイルはとっても素晴らしい格安SIMですよ!

ぜひ、LINEモバイルにお申し込みいただき、ご家族やお友だちと「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!

ひよっこ君
下のバナーから申し込みができるよ。(笑)
宜しくお願いしますぞよ。(笑)
スマホ博士

-LINEモバイルとは

© 2020 LINEモバイルで Let's Communication!