お知らせ ただいまLINEモバイルでは、最大5,000円相当がもらえる「シークレットキャンペーン」を開催中! 申し込み時にキャンペーンコードを入力すれば、LINE Pay残高LINEポイントがもらえます! 詳細は「最新キャンペーン情報」まで!

LINEモバイルとは

これで完璧! LINEモバイル、乗り換え前の注意点・チェックポイント10選!

乗り換え前のチェックポイント

ひよっこ君
博士~、LINEモバイルに乗り換えることに決めたよ! 今から申し込むよ!
焦るでない! 乗り換え前にしっかりと注意点をチェックするんじゃ。
スマホ博士

LINEモバイルをご検討中のみなさま、こんにちわ。

さて、みなさまの中には、料金の高い大手キャリアに嫌気がさして、よし、LINEモバイルに乗り換えようって、まさに今、申込画面に向かおうとしている人もいると思います。

実際、私もドコモを使っていましたが、毎月8,000円以上も払っていたスマホ代が、LINEモバイルに乗り換えた今は2,000円を切っているので、100%、LINEモバイルはおすすめです。

しかし、ちょっとお待ちください! 慌てて申し込むと、をしてしまいますよ!

この記事では、大手キャリアからLINEモバイルに乗り換える前に、チェックすべき注意点ポイントをバッチリ解説しています。

ぜひ、参考にしていただき、少しのなく、完璧にLINEモバイルに乗り換えていただければと思います。

よろしくお願いいたします。

\LINEモバイルの最新キャンペーンはこちらから!/

大手キャリアからLINEモバイルに乗り換える時の注意点・チェックポイントは10個!

乗り換えのチェックポイント10個

ドコモやau、ソフトバンクから乗り換える人は、ほとんどの人が、今使っている電話番号をそのままLINEモバイルに引き継いで使う、MNP(携帯電話番号ポータビリティ)で乗り換えることと思います。

そして、MNPでの乗り換えは新規の申し込みとは違って、ただ申し込むだけではなく、転出元の大手キャリアの解約も含めて考える必要があり、タイミングを間違うと違約金を払うはめになってしまいます。

実際、私も、LINEモバイルに乗り換える時、ドコモの更新月のことまで考えていなかったので、解約する時に10,000円の違約金を払うことになってしまいました。

ひよっこ君
みんなはそうならないよう、しっかり事前にチェックして欲しいんだ。

以下のチェックポイントを確認すれば、見落としがちなところも逃さず、完璧にLINEモバイルに乗り換えられます。

  1. 乗り換えの費用を確認! 費用の全体像をつかみましょう!
  2. 乗り換えのタイミングは大丈夫? 更新月は? 違約金は?
  3. 手持ちのスマホはLINEモバイルで使える? SIMロック解除は?
  4. キャリアメールは使えなくなる! メールアドレスは変更した?
  5. MNP予約番号は、乗り換える直前に取得しよう!
  6. LINEモバイルのプランはどれにするか決めた?
  7. LINEモバイルのキャンペーンをチェックしよう!
  8. 事務手数料がタダになるエントリーパッケージは準備した?
  9. LINEモバイルを申し込む時の本人確認書類に不備はない?
  10. クレジットカードやLINE Payカードは大丈夫?

ポイントを押さえれば、大手キャリアからLINEモバイルの乗り換えは簡単ですよ。

それじゃあ、以下で一つ一つ、分かりやすく解説していくぞ。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

チェックポイント① 乗り換えの費用を確認! 費用の全体像をつかみましょう!

乗り換え費用を把握する

まずは、もっとも大事なお金の話、乗り換え費用の全体像をつかみましょう!

乗り換えには、転出元の大手キャリアでの費用と、乗り換え先のLINEモバイルでの費用があります。

大手キャリアでの費用

  • 契約解除料(解約金):最大1,000円
  • MNP転出手数料:3,000円

LINEモバイルでの費用

  • ウェブ登録事務手数料:3,000円
  • SIMカード発行手数料:400円

この中で、大手キャリアを解約する時のMNP転出手数料3,000円と、LINEモバイルを契約する時のSIMカード発行手数料400円は、安くする方法がないので払うしかありません。

ひよっこ君
でも、この分はLINEモバイルのキャンペーンで取り戻せるからね。

一方、大手キャリアを解約する時の解約金と、LINEモバイルを申し込む時のウェブ登録事務手数料については、タダにすることができます。

ここら辺も、今からしっかりと説明するからのう!
スマホ博士

事前にしっかり作戦を練ってイメージすることで、上記の乗り換え費用をすべて含めてタダにすることもできるので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

関連記事

チェックポイント② 乗り換えのタイミングは大丈夫? 更新月は? 違約金は?

乗り換えのタイミングをチェック

以前、9,500円(税別)だった大手キャリアの違約金も、2019年10月からは、ドコモau1,000円に、ソフトバンク0円になったので、以前より深刻に考える必要はありません。

しかし、ドコモとauの人は、安くなったとは言え1,000円を払うのはもったいないので、ぜひ、更新月を確認してください。

ひよっこ君
今月が更新月なら、違約金0円で解約できるからね!

尚、大手キャリアの旧プランを利用している人は、そのまま解約すると9,500円の違約金がかかりますが、auソフトバンクの人は、新プランに乗り換えれば1,000円0円で解約できます。

一方、ドコモの人は、新プランに乗り換えても旧プランの更新月が引き継がれるので、更新月以外で解約すると9,500円の解約金がかかりますが、下の参考記事で解決法を説明しています。

ドコモの旧プランの人は、ぜひ参考記事を読んでみてくだされ。
スマホ博士

それと、大手キャリアの解約月は、月の途中で解約しても満額請求ですが、LINEモバイルの初月は日割りなので、できるだけ月末に乗り換えましょう。

また、無駄な出費をおさえるため、オプションを事前に解約しておくこともおすすめします。

関連記事

チェックポイント③ 手持ちのスマホはLINEモバイルで使える? SIMロック解除は?

スマホが使えるかチェック

今使っているスマホをLINEモバイルに持ち込んで使う場合は、念の為、LINEモバイル公式サイトの「動作確認済端末検索ページ」で、使えるかどうかを確認しておきましょう。

仮に、ドコモで使っているiPhone8で検索してみると、下記の通りの検索結果が表示されます。

動作確認済端末検索

動作確認済端末検索

ドコモで使っているドコモ版のiPhone8は、LINEモバイルの同じドコモ回線で使うなら、LINEモバイルSIMカードを挿すだけで使えます。

しかし、LINEモバイルのソフトバンク回線au回線で使う場合は、ご覧の通り「SIMロック解除」をしておく必要があります。

ひよっこ君
SIMロック解除は、できる時に今すぐしておいた方が良いよ。

というのも、ドコモauは、解約後もMy docomoやMy auで無料でSIMロック解除ができますが、ソフトバンクは解約後はショップのみの対応となり、3,000円の手数料がかかってしまいます。

SIMロック解除は、得することはあっても、損は一切ないからのう。
スマホ博士

現在、販売中の最もお買い得なスマホ

HUAWEI nova lite 3

HUAWEI-nova-lite-3

【新規契約の場合】一括払い:12,000円、分割払い(24回):500円/月

moto e6s

moto-e6s

【新規契約の場合】一括払い:12,000円、分割払い(24回):500円/月

あるいは、LINEモバイルでは、androidのSIMフリーのスマホが破格の値段で売っているので、乗り換える際、スマホをセット購入するのも一つの方法です。

詳細は、LINEモバイル公式サイトの「端末ページ」をご確認ください。

関連記事

LINEモバイル公式サイト

チェックポイント④ キャリアメールは使えなくなる! メールアドレスは変更した?

メールアドレスを変更しよう

もし、今、ドコモやau、ソフトバンクで、以下のキャリアメールを使っている場合は、解約後は使えなくなるので、新たなメールアドレスを作りましょう。

  • @docomo.ne.jp
  • @ezweb.ne.jp
  • @softbank.ne.jp
ひよっこ君
キャリアメールは、キャリアを使ってる時しか使えないんだ。

便利なのは、GmailYahoo!メールなどのフリーメールです。

LINEモバイルの申し込み時にも、連絡先としてメールアドレスが必要なので、キャリアメール以外のメールアドレスを準備しておきましょう。

既に、キャリアメール以外のメールアドレスを使ってる人は大丈夫じゃぞ。
スマホ博士

関連記事

チェックポイント⑤ MNP予約番号は、乗り換える直前に取得しよう!

MNP予約番号を準備しよう

MNP予約番号とは、ドコモやau、ソフトバンクで使っている電話番号を、LINEモバイルでそのまま使うために必要な、各、大手キャリアで発行できる予約番号(10桁の数字)です。

MNP予約番号には15日間の有効期限が設けられていて、また、LINEモバイルの申し込みには、10日以上の有効期限が残っているMNP予約番号が必要です。

ひよっこ君
つまり、取得して5日以内に申し込みを完了しなきゃいけないんだ。

MNP予約番号は、電話やネットですぐに取得できるので、できれば、LINEモバイルを申し込む直前前日に取得することをおすすめします。

MNP予約番号を取得したその足で、LINEモバイルの申し込みがベストじゃ。
スマホ博士

関連記事

チェックポイント⑥ LINEモバイルのプランはどれにするか決めた?

LINEモバイルのプランを決めよう

ここからは、LINEモバイルの申し込みに関してのチェックポイントです。

LINEモバイルの申し込みは「LINEモバイル公式サイト」から簡単にできますが、あらかじめ、申し込むプランは決めておきましょう。

ひよっこ君
申し込み中に悩んでしまったら、前に進めないもんね。

LINEモバイルのプランは、回線SIMタイプデータ量データフリーオプションの4つを選べば決まります。

料金プランの選び方

もっと言えば、大手キャリアから乗り換える人は、電話番号そのままのMNPで乗り換える場合は、必然的に音声通話SIMになるので、回線データ量データフリーオプションの3つを選べば大丈夫ですね。

LINEモバイルの料金表(音声通話SIM)

3GBの1,480円のプランは主要格安SIMの中で最安で、おまけに、この料金でLINEが使い放題に使えます。

また、3つのSNSが使い放題のSNSデータフリーなら+280円で、7種類すべての対象サービスが使い放題で使えるSNS音楽データフリーなら+480円です。

ちなみに、データ量データフリーオプションは契約後もいつでも無料で変更ができるので、回線だけしっかりと決めておけば、ざっくり程度でも大丈夫ですよ。

端末保証は契約時のみの申し込みじゃから、決めておくんじゃぞ。
スマホ博士

関連記事

LINEモバイル公式サイト

チェックポイント⑦ LINEモバイルのキャンペーンをチェックしよう!

LINEモバイルのキャンペーンをチェック

乗り換える前に、絶対にLINEモバイルのキャンペーンをチェックしておきましょう。

LINEモバイルは、太っ腹なキャンペーンを頻繁に開催しています。

現在、LINEモバイルで開催中のキャンペーン

シークレットキャンペーン

現在、LINEモバイルでは、お申し込み時にお得をゲットできるキャンペーンが3つ開催されています。

  1. 月額基本利用料3ヶ月500円キャンペーン(最大2,940円お得!)
  2. シークレット特典!最大5,000円相当キャンペーン(最大5,000円お得!)
  3. 分割で格安スマホぽっきりSALE!(最大13,700円お得!)

3ヶ月間、たった500円でスマホが使えるキャンペーンや、シークレットで5,000円相当のLINE Pay残高かLINEポイントがもらえるキャンペーンが開催中です!

ひよっこ君
時期によって変わるけど、ほんと、太っ腹なキャンペーンだよ。

冒頭でも触れましたが、大手キャリアからLINEモバイルへの乗り換えには費用がかかりますが、キャンペーンを上手に活用することで、それら費用の元も取れます

併用できるキャンペーンをしっかりとチェックするんじゃぞ。
スマホ博士

現在、開催中のキャンペーン情報!

チェックポイント⑧ 事務手数料がタダになるエントリーパッケージは準備した?

エントリーパッケージは準備した?

ご説明の通り、LINEモバイルの申し込み時には、2つの初期費用がかかってきます。

  • ウェブ登録事務手数料:3,000円
  • SIMカード発行手数料: 400円

SIMカード発行手数料については、SIMカードはキャリアから貸与されるもので、その費用相当分がSIMカード発行手数料なので払わなければいけません。

一方、ウェブ登録事務手数料については、エントリーパッケージを利用することで、3,000円タダにすることができます。

ひよっこ君
3,000円がタダになるなら、絶対に使わなきゃダメじゃん。
エントリーパッケージはAmazonで350円くらいで売っとるぞ。
スマホ博士

一点、気を付けていただきたいのは、キャンペーンの中にはエントリーパッケージ併用できないものがあることです。

もし、キャンペーンの方がお得なら、購入費用がかかるエントリーパッケージではなく、当サイトでも発行している招待URL経由で申し込めば、購入費用なしで3,000円がまるまるタダになります。

関連記事

チェックポイント⑨ LINEモバイルを申し込む時の本人確認書類に不備はない?

本人確認書類に不備はない?

LINEモバイルの申し込みには、本人確認書類のアップロードが必要です。

本人確認書類に不備があると、それだけで審査が否決になってしまい、大手キャリアからLINEモバイルへの乗り換えができず、高いスマホ代のままになってしまいます。

ひよっこ君
本人確認書類は、条件を満たしたものをしっかりと準備しなきゃダメだよ。

LINEモバイルで使える本人確認書類は全部で13種類あり、中には、それ一つでは認められず、住民票などの補助書類の添付が必要なものもあり、代表的なものは下記の通りです。

  1. 運転免許証
  2. マイナンバーカード
  3. 健康保険証+補助書類
  4. 日本国パスポート+補助書類 etc.

例えば、引っ越しをした時など、本人確認書類に記載されている住所と、LINEモバイル申し込み時に入力した住所とが違うと、本人確認書類の要件を満たさず、これだけで審査落ちになります。

本人確認書類には、それぞれ細かな条件があるので、間違いのないものを準備してください。

関連記事

チェックポイント⑩ クレジットカードやLINE Payカードは大丈夫?

クレジットカードは準備した?

それでは、最後のチェックポイントのご説明です。

LINEモバイルの支払い方法で手っ取り早いのは、今、持っているクレジットカードで支払う方法です。

ひよっこ君
すでにクレジットカードを持っていれば、それを使うのが便利だよ。

もし、クレジットカードを持っていなければ、LINEモバイルを申し込むまでに作る必要があります。

あるいは、LINEモバイルでは、クレジットカードを持てない人持っていない人、クレジットカードで払うのが嫌な人に向けて、LINE Payカードという支払い方法も準備されています。

LINE Pay カード

LINE Payカードとは、LINEのおサイフケータイ、LINE Payの支払い方法の一つで、発行手数料は無料、年会費も無料のJCBブランドのプリペードカードです。

プリペードカードじゃから、誰でも審査なしに持てるんじゃ。
スマホ博士

LINEモバイルの申し込み時にどちらかを準備していないと、申し込みが完了できないので、あらかじめ準備しておきましょう。

LINE Payカードのバーチャルカードなら、オンラインで即、発行できるので、LINEモバイルの申し込みの直前でも大丈夫ですよ。

関連記事

LINEモバイル公式サイト

これで完璧! LINEモバイル、乗り換え前の注意点・チェックポイント10選、まとめ!

乗り換え前のチェックポイント

みなさま、お疲れさまでした。

さて、この記事では、大手キャリアからLINEモバイルに乗り換える前に、チェックすべき注意点ポイントを解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ひよっこ君
これで、完璧にLINEモバイルに乗り換えできそうだよ。

それでは最後に、ご紹介した10個のチェックポイントをおさらいしておきます。

  1. 乗り換えの費用を確認! 費用の全体像をつかみましょう!
  2. 乗り換えのタイミングは大丈夫? 更新月は? 違約金は?
  3. 手持ちのスマホはLINEモバイルで使える? SIMロック解除は?
  4. キャリアメールは使えなくなる! メールアドレスは変更した?
  5. MNP予約番号は、乗り換える直前に取得しよう!
  6. LINEモバイルのプランはどれにするか決めた?
  7. LINEモバイルのキャンペーンをチェックしよう!
  8. 事務手数料がタダになるエントリーパッケージは準備した?
  9. LINEモバイルを申し込む時の本人確認書類に不備はない?
  10. クレジットカードやLINE Payカードは大丈夫?
落ち着いて、一つ一つ、しっかりとチェックしてくだされよ。
スマホ博士

ぜひ、参考にしていただき、少しのもなく大手キャリアを解約し、少しでもお得にLINEモバイルに乗り換えてください。

そして、LINEモバイルでお友だちやご家族と素晴らしいコミュニケーションを図り、安く快適にスマホを使っていただければと思います。

最後までお読みくださいまして、有難うございました。

よろしくお願いいたします。

LINEモバイルはとっても素晴らしい格安SIMですよ!

ぜひ、LINEモバイルにお申し込みいただき、ご家族やお友だちと「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!

ひよっこ君
下のバナーから申し込みができるよ。(笑)
宜しくお願いしますぞよ。(笑)
スマホ博士

-LINEモバイルとは

© 2020 LINEモバイルで Let's Communication!