LINEモバイルとは

LINEモバイルで一番最初にする事、「契約者連携」と「利用者連携」を全解説!

契約者連携と利用者連携

LINEモバイルをご検討なさっている皆さま、こんにちわ。LINEモバイルをご検討くださいまして、有難うございます。(笑)

また、既にLINEモバイルをご利用なさっておられる皆さまも、こんにちわ。LINEモバイルって良いですよね!(笑)

いきなりですが、皆さま、LINEモバイルの「契約者連携」とか「利用者連携」って、意味、分りましたでしょうか? 戸惑いませんでしたか?

以前、私がドコモからLINEモバイルに乗り換えた時、当時、この「契約者連携」とか「利用者連携」の意味が本当に分かりませんでした

ひよっこ君
そうだよね。僕も分からないよ。契約者と連携ってどういう事?
本当じゃ、契約者と連携して、利用者と連携して、これは一体、どういう意味じゃ!?
スマホ博士

LINEモバイルって、例えば「LINE Pay」とか「LINE Pay カード」もそうですが、分りにくい言葉や表現が多いんですよね...。

しかし、この「契約者連携」とか「利用者連携」って、言葉は難しいのですが、実は、内容はとっても簡単なんですよ

現在、LINEモバイルをご検討なさっておられる方や、LINEモバイルを使い始めたばかりの方にとりましては、頭の中に「?マーク」が出てくるような言葉ですが、すぐにご理解いただけると思います。

このページでは、ずばり、「契約者連携」や「利用者連携」の全ての疑問が解決する様な内容を記載させて頂いております。

契約者連携」や「利用者連携」は、お得にLINEモバイルを使いこなすには絶対に設定すべき事ですし、実際、LINEモバイルの使い勝手もとても良くなりますので、是非、ご参考にして頂き、契約者連携利用者連携をなさって頂ければと思います。

\LINEモバイルの最新キャンペーンはこちらから!/

「契約者連携」とは?「利用者連携」とは?

契約者連携・利用者連携まずは結論的に、LINEモバイルにおける「契約者連携」や「利用者連携」とは何なのか、どういう事なのかをご説明をさせて頂こうと思います。

ひよっこ君
えっ、いきなり結論なの...。

最初ですべてをご理解頂く事は難しいですが、まずは最初に、うっすらとでも、契約者連携利用者連携がこういうものだという事をご理解頂ければと思います。

LINEモバイル公式ブログの一節

これは、LINEモバイル公式ブログの「LINE公式アカウントで契約者連携&利用者連携をしよう」というページの冒頭の一節ですが、つまり、契約者連携利用者連携は、

  • LINEモバイルを便利に使う為の「契約者連携」と「利用者連携」である事
  • 契約者連携」と「利用者連携」はLINEアカウントとLINEモバイルの契約を紐づける事

という事で、皆さまのスマホのLINEアカウントと、皆さまのLINEモバイルの契約を紐づける事、結びつける事、もっと言いますと、「契約者連携」は、このLINEアカウントの人はこのLINEモバイルを契約している人、「利用者連携」は、このLINEアカウントの人はこのLINEモバイルの契約のスマホを使っている人、という事を設定・登録する事を言います。

スマホのLINEとLINEモバイルを結び付けなかったら、LINEとは別の方法でLINEモバイルからのお知らせを受け取ったり、料金の確認や色々な設定をしなければいけませんが、結び付ける事によって、いつも持ち歩いているスマホのLINEで、LINEモバイルからのお知らせを受け取ったり、料金の確認やプランの変更などができる様になり一元化できますので、契約者連携・利用者連携をする事により、使い勝手が非常に良くなります。

ちなみに、上記の「契約者」と言いますのは、LINEモバイルをご契約なさった方(お申し込みをなさった本人・提出した本人確認書類の名義の方)の事で、「利用者」と言いますのは、LINEモバイルで契約したスマホを実際に使う方の事を言います。

ひよっこ君
紐づけるのは分かったけど、何で契約者連携と利用者連携と2つ必要なの?
確かに、普通、契約した人がそのスマホを使うから、契約者連携だけじゃダメなのかのう?
スマホ博士

確かに、皆さまのLINEアカウント皆さまのLINEモバイルのご契約を結び付けて、使い勝手を良くするためだけなら、、契約者連携と利用者連携を一つにまとめて、LINEアカウントとLINEモバイルの契約をただ「連携」させたら良いのではって思いますよね。

LINEモバイル公式サイト

「契約者連携」と「利用者連携」はなぜ分かれてるの?

そもそもですが、なぜ、皆さまのLINEアカウント皆さまのLINEモバイルのご契約を紐づけるに当たって、この契約者連携利用者連携の2つがあるのか、ここの所もご説明をさせて頂きました方が、一層、契約者連携利用者連携の事をご理解頂けると思います。

契約者連携利用者連携という仕組みがなぜあるのか、そこには、より多くの皆さまにLINEモバイルを快適にご利用頂きたいと言う、LINEモバイルの願いがこもっています。

分かりやすく言いますと、大人の方にも快適にご利用頂きたいし、未成年の方にも快適にご利用頂きたいし、未成年の方がご利用されるに当たって、親御さまの不安も取り除きたいという事です。

ひよっこ君
親御さまの不安を取り除きたいって、どういう事?
そうじゃのう、ちょっと意味が分からんのう。
スマホ博士

すいません、分りにくい言い回しですね...、もう少しだけ、お話をお聞きください...。(汗)

「契約者連携」と「利用者連携」は役割分担の仕組み

具体的な契約者連携利用者連携の詳細に関しましては、もう少しお待ち頂くとしまして、そもそも論の続きになりますが、契約者連携と利用者連携は、役割分担の仕組みになります。

つまり、契約者(LINEモバイルと契約する人)の役割、出来る事と、利用者(そのスマホを利用する人)の役割、出来る事を明確に分けるという事です。

ひよっこ君
役割分担? 出来る事を分ける? また分からなくなって来たよ...。
そうじゃのう。しかし、もう少し説明を聞いてみようじゃないか。
スマホ博士

例えば、お父さんが自分で使う為のスマホは、ご自身が契約をして、ご自身がそのスマホを使いますので、契約者連携や利用者連携の仕組みなど必要なくて、LINEアカウントとLINEモバイルをただ「連携」で紐づける事で便利に使う事が出来ます。

しかし、LINEモバイルの場合は、当初から幅広い層の方に使って頂きたい思いがあり、大人の方にも、子供さんにも使って頂きたかった事から、未成年者は契約が出来ませんから、子供さんに使って頂く為には契約者と利用者を分ける必要がある。

また、子供さんがスマホを使う場合には、子供さんに自由にプラン変更やデータ量の追加購入をされると、料金を支払う親御さまは困る事が想定できたので、契約者と利用者を分けて、且つ、出来る事、出来ない事も分けた方が親御さまは安心できる

この様な思いから、契約者利用者を分ける発想が生まれ、その上に、契約者や利用者をLINEと結び付ける必要があったため、「契約者連携」「利用者連携」という、初めは理解が出来ない難しい名称になったのだと思います。

「利用者登録」はドコモやソフトバンクにもある

ちなみに、この「利用者」を登録するという考え方は、何もLINEモバイルだけではなくて、実は、キャリアであるドコモやソフトバンクにもあるのですが、前面には出てきておりません。

それは何故か?

これは、おそらくですが、ドコモやソフトバンクの場合は、まず、「契約者=利用者(契約者と利用者が同一人物)」である事が前提で仕組みを考え、サービスがスタートし、その後、今(2019年3月現在)もドコモで開催されていますが、学割キャンペーンなどを開催する様になって、未成年の方はご自身で契約が出来ない事から、保護者の名義で契約をし、学割の対象となるお子さま(未成年者)を利用者として登録する必要が出て来たのだと思います。

今でも、ドコモやソフトバンクの場合は、基本は「契約者=利用者」としての考え方がある為、「契約者」という言葉は前面に出てきますが、「利用者」という言葉は前面に出て来ていないのだと思います。

LINEモバイル公式サイト

「契約者連携」と「利用者連携」でできる事

ここまでで、あらかた、LINEモバイルの契約者連携利用者連携がどんなものか、その意図をご理解を頂けたかと思います。

それでは、ここからは具体的なお話をさせて頂きます。

ひよっこ君
いよいよだね。楽しみだよ。

ご本人がLINEモバイルと契約をして、ご本人がそのスマホを使われる場合は、私もそうですが、契約者連携利用者連携もご本人が2つともする事になりますので、特に、契約者連携はこれが出来て、利用者連携はこれが出来て、などと思って頂く必要もなく、すべての事が出来るのだと思って頂けたら良いかと思います。

一方、例えば、お父さま(親御さま)がご契約者となり、未成年者のお子さまが実際にそのスマホを使われる利用者となる、つまり、契約者と利用者が異なる場合は、この契約者連携・利用者連携は大事なポイントになります。

お父さまとお子さまという関係だけではなく、ご主人様が契約者、奥様が利用者という事もありますし、ご本人様が契約をして、ご本人のお父さま、お母さま(おじいちゃん、おばあちゃん)にスマホを使わせる場合も同じです。

先ほども書かせて頂きました通り、LINEモバイルは、お父さま(親御さま)が契約者お子さまが利用者という事も想定し、お子さまが勝手にプランを上位版に変更したり、データ容量を自由に追加購入できないように、この契約者連携利用者連携という仕組みを作られたと思います。

今からご説明をさせて頂きます、「契約者連携でできる事」「利用者連携で出来る事」に関しましては、「契約者 = 利用者」ではなく、契約者はお父さま、利用者はお子さま、という、契約者と利用者が別の人という見立てでご覧を頂きました方が、より一層、ご理解を頂けるかと思います。

契約者と利用者が違うと考えた方が、理解しやすいという事じゃな。
スマホ博士

契約者連携でできる事

メニューの契約者連携

※ 上の画像はスマホのLINEモバイル公式アカウントのメニューの拡大版です

契約者連携とは

契約者が、LINEアカウントLINEモバイルの契約を連携させることにより、LINEポイントが貯まったり、LINEで各種通知を受け取ったりすることができるサービスです。

LINEモバイル公式アカウントのメニューから「契約者連携」を選んでマイページログインIDとパスワードを入力することで契約者連携されます。

上の文章は、LINEモバイル公式サイトからの引用になりますが、もう少し丁寧に表現させて頂くとしますと、契約者(お申し込みをした方)が「ご自身のスマホのLINEアプリのアカウント」と「ご自身のLINEモバイルのマイページのログインID」を連携すること、もっとざっくりと分かりやすく言いますと、「あなたのスマホのLINE」と「あなたのLINEモバイルの契約」を結び付ける事で、LINEポイントが貯まったり、LINEモバイルからの各種のお知らせをLINEで受け取る事が出来ます、という事になります。

ひよっこ君
要は、スマホでLINEモバイルの色々な事が出来るって事だね。
ブラウザではなくてアプリから操作が出来るのは、とっても楽じゃと思うぞ。
スマホ博士

①マイページに簡単にログインが出来る

契約者連携で出来る事のまず一つ目は、スマホのLINEアプリから簡単にLINEモバイルのマイページにログインできる様になる事です。

パソコンからでも、スマホのブラウザからでも、LINEモバイルの公式サイトを開き、ログインIDとパスワードを入力すれば、マイページにログインをする事が出来ます。

もう一つ言えば、パソコンやスマホのブラウザでも、IDとパスワードを保存しておけば、お気に入りからLINEモバイルの公式サイトを開き、すぐにログインをする事は出来ます。

しかし、LINEアプリから直接、ワンタップでマイページにログインできる選択肢がある事はとても快適で、慣れるとブラウザから入るよりもLINEアプリから入る方が手っ取り早く感じます。

ひよっこ君
そんなの、ブラウザよりもアプリからの方が絶対に楽だよ。
アプリはスマホに最適化されとるから、スマホならアプリからの方が使い勝手は良いじゃろ。
スマホ博士

②LINEポイントが貯まる・受け取れる・使える

LINEモバイルでは、毎月、月額基本利用料の1%分のLINEポイントが貰えますが、これは、契約者連携をする事で、自動的にLINEポイントが貰え、溜まっていく仕組みになります。

逆に言うと、契約者連携をしなければ、月額基本料の1%分のLINEポイントは貰えません

また、LINEモバイルでは様々なキャンペーンを繰り広げられておりまして、その中には、LINEポイントが5,000ポイントもらえるキャンペーンから、抽選で30,000ポイント貰えるキャンペーンまで、様々なLINEポイントがもらえるキャンペーンがありますが、これらも契約者連携をする事で初めて、LINEポイントがもらえます。

ひよっこ君
それじゃあ、契約者連携をしない選択肢はないじゃん。
抽選で当たってもLINEポイントがもらえんのじゃったら、悲しすぎるからのう。
スマホ博士

そして、これらで溜まったLINEポイントは、LINEポイント1ポイントを1円換算、つまり、LINEポイント100ポイント=100円として、LINEモバイルの月々のお支払いに利用する事が可能ですが、これも、契約者連携をする事で可能になります。

つまり、LINEポイントがもらえたり、LINEモバイルのお支払いで使えたりと、LINEモバイルでLINEポイント絡みのお話は、すべて契約者連携をする事で可能になりますので、契約者連携はしておいた方が得ですし、絶対にしておくべきなのです。

余談:貰ったLINEポイントは色々な場面で使う事もできます!

ちなみに、LINEモバイルで貰ったり当たったりしたLINEポイントは、色々な所で使う事が可能です。

・LINEスタンプやLINE着せ替えを購入する事ができる

・LINE版電子マネーのLINE Payの残高に交換して(1ポイント1円換算)、ZOZOTOWNなどのLINE Pay加盟店や、全国のJCB加盟店でお買い物ができます。

ひよっこ君
LINE Pay カードだったら、ローソンやスタバでも使えるんだよ。

LINE Payの詳細に関しては、別ページを作っておりますので、よろしければご覧ください。

LINE Pay
LINE PayとLINE Payカード
LINE PayとLINE Payカードはどう違う!?LINEモバイルのお支払い方法

皆さま、LINEモバイルをご検討頂いている時に、LINEモバイルのお支払い方法のLINE PayとLINE Payカードの事で、頭が混乱なさった事はありませんか? あるいは、LINEモバイルを申し込も ...

続きを見る

③LINEのトークで気軽に問い合わせができる

これは、LINEアプリのトークで問い合わせできるチャットサポートサービス「いつもでヘルプ」になりますが、この機能は本当に便利で、私も当初は頻繁に使わせて頂き、お尋ねさせて頂きましたし、今もたまに質問をさせて頂いております。

AI(人工知能)の自動応答によるヘルプは24時間、LINEモバイルカスタマーセンターのオペレーターさんによる対応時間は10:00~19:00となりますが、圧倒的にオペレーターさんに質問をさせて頂いた方が質問やお尋ね事は解決します。

ひよっこ君
やっぱり、AIはAIだから、オペレーターさんの方が絶対に質問しやすいと思うよ。
そうじゃのう、ニュアンスと言うか、細かい所までは、AIではまだ判断できんじゃろしのう。
スマホ博士

オペレーターさんも皆さん、本当に親切・丁寧で、LINEモバイルの「いつでもヘルプ」は十分すぎるくらいに便利な機能になります。

ちなみに、以前はLINEモバイルのユーザーのみが使えたこの機能も、今ではLINEモバイルをご検討段階の方にもご利用頂けるようになっていますので、今、LINEモバイルをご検討くださっている皆さまで体験した事のない方は、是非、一度、スマホのLINEで質問をしてみて頂ければと思います。

操作方法につきましては、後ほど、画像付きで簡単にご説明をさせて頂きます。

LINEモバイル公式サイト

利用者連携でできる事

利用者連携

※ 上の画像はスマホのLINEモバイル公式アカウントのメニューの拡大版です

利用者連携とは

LINEモバイル利用者が、LINEアカウントLINEモバイルの契約を連携させることにより、データプレゼント利用データ量の確認などを行うことができるようになるサービスです。

LINEモバイル公式アカウントのメニューから「利用者連携」を選び、利用コードを入力することで連携されます。

上記もLINEモバイル公式サイトからの引用になりますが、つまり、利用者連携とは、スマホのLINEアプリで、データプレゼントの機能や利用したデータ量の確認などを行えるようにする事で、後ほど、ご説明をさせて頂きますが、「利用コード」というものを入力する事で、スマホのLINEアプリ(LINEアカウント)LINEモバイルの契約が結び付けられ、下記の事が出来る様になります。

ひよっこ君
ここでのポイントは「利用コード」だね。
そうじゃのう。後ほど、説明してくれる様じゃぞ。
スマホ博士

①データ残量や利用したデータ量の確認ができる

利用者連携をする事により、利用者はLINEアプリ上で、当月に使えるデータ残量の確認や、当月に既に利用したデータ量の確認を簡単にすることが出来ます。

契約者がお父さま、利用者がお子さまの場合は、お子さまは契約者ではありませんので、契約者連携をしているお父さまが出来る事、マイページにログインをする事は出来ませんし、プラン変更をしたり、データ量の追加購入はできません。

ひよっこ君
利用者はマイページに入れないんだね。

そうなると、お子さまとしては限りのあるデータ量を上手に使う必要があり、実際にスマホを使っているのはお子さまですので、お子さまが利用者連携をする事で、今月、あとどれ位、データ量が残っているのかを知る事ができ、知る事により、データ量の使用をセーブでしたりと調整をする事も出来ます。

また、親御さまが契約者連携をして、お子さまが利用者連携をする事により、契約者であるお父さまの立場からしますと、利用者であるお子さまがどれ位のデータ量を使っているのかを把握・管理する事が出来ますので、成長と共にプランを変更してあげたり、プランを追加購入してあげたりすることもできます。

なるほど、お子さまの事も、お子さまを心配する親御さまの事も考えられとるのう。
スマホ博士

②データ量をプレゼントしたり貰ったりできる

データ量をプレゼントしたり貰ったりできる機能の事をデータプレゼントと言いますが、LINEモバイルの利用者同士でデータ通信量を贈り合える機能の事をいいます。

このデータプレゼントの機能は利用者連携をする事で使える様になります。

利用者であるお子さまは、プラン変更やデータ量の追加購入をする権限はありませんが、その分、周りのLINEモバイルユーザー(ご家族やお友達)と仲良くして、データ量の持ちつ持たれつをする機能を与えたのが、このデータプレゼントです。

周りのご家族やお友達で今月のデータ量に余裕のない方がいらっしゃれば、自分のデータ量を融通してプレゼントしてあげる事が出来ますし、ご自身がデータ量が足りなくなりそうな時は、周りのご家族やお友達でデータ量に余裕のある方がいらっしゃれば、データ量を譲ってもらう事が出来ます。

ひよっこ君
周りの人への気遣いとかも学べるようになりそうだね。

LINEモバイルはスマホの事だけではなく、お子さまの成長の事も考えとるんじゃのう。

データプレゼントの注意点

データプレゼントは、当月の基本データ量の残っている分が上限です

データプレゼントは、当月の基本データ量の残っている分を上限として贈ることができます。

つまり、前月から繰り越しされたデータ通信量データプレゼントで受け取ったデータ通信量追加購入したデータ通信量、この3つのデータ量は当月の基本データ量ではありませんので、データプレゼントで贈ることはできません。

データプレゼントでもらったデータ通信量は、翌月に繰り越せません

参考までに、消費されるデータ量の順番としましては、①前月からの繰り越し分、②データプレゼントで貰った分、③当月分に基本データ容量、④追加購入したデータ容量、の順になります。

データ量を貰う人は、当月分の基本データ量も少なくなっている状態だと思いますが、まずは、当月の基本データ量の前にデータプレゼントで貰ったデータ量が消費されます。

翌月に繰り越す程のデータ量は残らないと思いますが、データプレゼントで貰ったデータ量は翌月に繰り越す事は出来ず、当月中に使い切ってしまう必要がありますので、その点も踏まえて、プレゼントしてくれる人とプレゼントしてもらうデータ量を相談なさった方が良いと思います。

データプレゼントは、する方もされる方も、利用者連携をしている必要あり

データプレゼントの機能は、プレゼントをする方が利用者連携をしている事は当然ですが、プレゼントされる方の方も、利用者連携をしている必要があります。

毎月、月末の23時から翌月の1日15時まではシステムメンテナンス

データプレゼントは、毎月、月末の23時から翌月の1日15時まではシステムメンテナンスの為、データプレゼントをする事は出来ません。

③LINEのトークで気軽に問い合わせができます

これは、「契約者連携で出来る事」にも記載させて頂きましたが、利用者連携をする事で、利用者の方もLINEのトークで問い合わせをする事が出来ます。

先ほども書かせて頂きましたが、24時間可能なAI(人工知能)の自動応答によるヘルプは、個人的にはもう一つなのですが、10:00~19:00まで対応していただける、LINEモバイルカスタマーセンターのオペレーターさんによる対応は、非常に便利で的確な回答を頂けますので、非常におすすめのポイントです。

ひよっこ君
AIの自動回答も、ちょっとした事だったら、十分に役に立つよ。
込み入った質問じゃったら、断然、オペレーターさんじゃぞ。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

契約者連携・利用者連携の手順・流れ

それでは、実際の契約者連携利用者連携の流れ・手順をご説明させて頂こうと思います。

ハッキリ言って、とても簡単です。

既に皆さま、LINEモバイルに申し込む前から、お持ちのスマホにLINEアプリはインストールなさっておられると思いますので、まずはLINEモバイルの公式アカウントと友だちになって頂く事からスタートです。

LINEモバイル公式アカウント

LINEモバイル公式アカウントと友たちになる方法については、もうご存知かと思いますので省かせて頂き、LINEのLINEモバイル公式アカウントと友だちになって頂き、トークを開きますと、下の様な画面になります。

LINEモバイルのLINEアカウント

(メニューが開いてない場合は、メニューをタップすれば開きます。)

LINEモバイルと契約する前でも、LINEモバイル公式アカウントと友だちになり、左下の「いつでもヘルプ」でオペレーターさんに問い合わせが出来ますし、その上の「新規お申し込み」からLINEモバイルに申し込む事も出来ます。

一方、右側にある4つのメニュー(契約者連携利用者連携データ残量確認データプレゼント)については、LINEモバイルと契約した後、以下でご説明をさせて頂く契約者連携利用者連携をする事により、メニューが有効になり、各機能が使える様になります。

契約者連携も、利用者連携も、スマホのこのメニューの画面からスタートとなります。

契約者連携の手順・流れ

契約者連携

契約者連携(マイページ)をタップします。

契約者連携2

このページはマイページのログインの画面なのですが、マイページは契約者連携をしないと入れませんので、まず、契約者連携をする画面になります。

そこで、新規のログインIDで契約者連携を行うために、「新規ログインID連携」をタップ。

契約者連携3

そして、LINEモバイルをお申し込み頂いた時に決めて入力したログインIDパスワードを入力し、「連携する」をタップ。

契約者連携完了。

これだけです。これで契約者連携は完了です。

ひよっこ君
何だよ、拍子抜けするくらいに簡単なんだね。

契約者連携」という言葉はむずかし気な言葉ですが、あっという間に契約者連携が出来てしまいました。

次に、利用者連携の方法、流れをご説明させて頂きますが、その前に、利用者連携で必要な「利用コード」の確認方法をご説明させて頂きます。

既に、16桁の利用コードをメモに取っておられる方は、読み飛ばして頂ければと思います。

「利用コード」の確認方法

利用コードの確認に関しましては、マイページにログインができる契約者連携をなさった「契約者」の方だけが出来る事になります。

「契約者=利用者」の場合は、ご本人がマイページにログインし、利用コードをコピペするか、メモに取って頂き、利用者連携をする流れになりますが、契約者がお父さま、利用者がお子さまのパターンの様に、「契約者≠利用者」(契約者と利用者が別)の場合は、(お子さまなど)利用者の方は(お父さまなど)契約者の方から利用コードを教えてもらい、利用者連携をして頂く事になりますので、ご注意下さい。

マイページへ進む

それでは、利用者連携をする為に必要な「利用コード」の取得の流れをご説明させて頂きます。

先程の契約者連携が終わられた方は、そのまま「マイページへ進む」をタップしてください。

契約者連携

あるいは、一旦、先ほどの契約者連携の完了の画面を閉じられた方は、LINEモバイル公式アカウントのメニューのこちらからでも、マイページに入れます。

マイページログイン

ログイン画面に入りますと、契約者連携は済ませていますので、赤枠のご自身のログインIDをタップして頂く事で、マイページに入る事が出来ます

利用コード

マイページに入れましたら、赤枠の「マイページトップ」をタップします。

契約情報

「マイページトップ」をタップしますと、項目が開きますので、「契約情報」をタップすると。

利用者コード

契約情報」の画面を少し下にスクロールしますと、「利用コード」の記載がありますので、コピペして、利用者連携に進みます。

利用者連携の手順・流れ

利用者連携

LINEモバイル公式アカウントの6つのメニューの中から「利用者連携」をタップします。

利用者連携2

利用者連携の画面になりますので、ここで、先ほどコピペをした「利用コード」を入力し、「連携する」をタップします。

利用者連携完了

なんと、あっけない位に、簡単に利用者連携が完了しました。

ひよっこ君
契約者連携の時よりも、一層、あっけなく連携が出来たよ。
そうじゃの、メニューからたったの2タップじゃったのう。
スマホ博士

契約者=利用者」の方の場合は、これで全てのLINEアプリの機能を使いこなす事が出来ますし、契約者と利用者が違う場合、利用者の方は、出来る事に限りはありますが、快適にLINEモバイルをお使い頂く事が出来る様になります。

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルの公式アカウントはとても便利

LINEモバイル公式サイトの6つのメニュー

参考までに、LINEアプリのLINEモバイル公式アカウント6つのメニューに関し、とても便利な機能ですので、簡単にご説明をさせて頂こうと思います。

①新規お申し込み

「新規お申し込み」に関しては、全くそのままの意味でして、ここをタップする事で、一直線にLINEモバイル公式ページのお申し込みページに飛ぶことが出来ます。

この4つのメニューの中で、LINEモバイルのユーザーではない方が使えるのが、①の「新規お申し込み」と、④の「いつでもヘルプ」になります。

LINEモバイルに興味を持って頂いた場合、LINEのLINEモバイル公式アカウントと友だちになる事で、「いつでもヘルプ」で疑問や質問をクリアーにし、そしてその流れで、①の「新規お申し込み」からスムーズにお申し込みが頂ける様、同線を考えた配置になります。

②契約者連携(マイページ)

ご説明をさせて頂きました通り、この「契約者連携(マイページ)」から最初の1回目だけ、契約者連携の設定をして頂き、以降は、ここからログインなしでマイページに入って頂く事ができます。

マイページでは、プラン変更基本データ容量の変更などが出来たり、追加申し込み機種変更などの各種お手続きが出来たりと、LINEモバイルの全ての事が出来るページになり、LINEアプリから一直線でマイページにたどり着けますのは、とても便利です。

ひよっこ君
さっきの「利用コード」の確認や変更もマイページで出来るんだよ。

ちなみに、既にご理解を頂いていると思いますが、契約者連携をする事で、ログインなしでマイページに入れる他にも、LINEポイントがもらえたり、「いつもでヘルプ」を使えたりと、お得で便利にLINEモバイルを使って頂く事ができます。

ところで、契約者連携や利用者連携は必ずしなければいけないのかのう?
スマホ博士

いえいえ、契約者連携や利用者連携は、必ずしも、しなければいけない事ではありませんが、でも、なさった方が絶対にお得な事だと思いますよ。

③利用者連携

利用者連携」もご説明をさせて頂きました通り、LINEモバイルの利用者として利用者連携をする事により、データ残量の確認データプレゼントができる様になっています。

そして、そのできる様になった機能が、このメニューの⑤の「データ残量の確認」と⑥の「データプレゼント」になります。

ひよっこ君
LINEアプリのメニューの並びも、利用者に配慮した使い勝手の良い並び方になってるんだね。

そして、この利用者連携のメニューは、一度、ここから利用者連携をして頂きますと、以降、普段はこのメニューは使って頂く事はありません

その後、この「利用者連携」メニューを使う時はいつかと言いますと、それは、例えば、お父さまが契約者、お子さまが利用者だった場合、お子さまが成人してご自身の名義でLINEモバイルに申し込むなど、利用者連携を解除する時に、「連携解除」をする為に、このメニューを使う事になります。

参考まで、下の画像は、利用者連携をした後、「利用者連携」のメニューをタップした画面です。

「連携解除する」をタップする事により、利用者連携が解除されます。

利用者連携解除

④いつでもヘルプ

この「いつもでヘルプ」のメニューをタップする事により、LINEのトークでLINEモバイルに質問をする事が出来ます

午前10時から午後7時まではオペレーターさんの受付時間になり、事細かな質問でも、きっちりとオペレーターさんが対応して下さいます。

また、それ以外の時間帯や、オペレーターさんに質問をするまでもない基本的な事に関する質問には、AI(人工知能)が内容に応じた適切な返答を自動で行ってくれます。

下の画像は、オペレーターさんに繋がるまでのLINEモバイル公式アカウントのトークの一場面です。

いつでもヘルプの一場面

初めに、AIの応答で3択での質問が何回かありますが、画面に沿って質問に答えて行きますと。

いつでもヘルプの一場面

最終的に「オペレーターにつなぐ」が選択項目に出て来ますので、それをタップする事で、オペレーターさんとやり取りをする事が出来ます。

⑤データ残量確認

この機能は、利用者連携をする事により、利用者だけが使える機能になります。

契約者と利用者が同じ方の場合は、利用者としても連携をしているので「データ残量確認」のメニューを使えますが、例えば、お父さまが契約者連携、お子さまが利用者連携をしている場合は、お子さまだけがこの「データ残量確認」を使えお父さま(契約者)はマイページにて、お子さまのデータ残量や履歴をご覧頂く事になります。

ちなみに、この「データ残量確認」をタップしますと、1秒後には、下の画像の通り、今月のデータ残量今月に利用したデータ通信料などの情報がトークで送られてきます

データ残量確認

⑥データプレゼント

データプレゼントとは、既に簡単にはご説明をさせて頂いておりますが、LINEモバイルの利用者同士でデータ通信量をプレゼントし合える機能です。

データプレゼントの機能を利用するには、利用者連携をする必要があります。

繰り返しにはなりますが、プレゼントが出来るデータ量は、当月分の基本データ量の残量のみです。

ひよっこ君
当月分の残っているデータ量だけだね。

例えば、1ヶ月の基本データ量を3GBで契約をしているとして、今月、使う事ができるデータ量が丸々3GB残っていて、前月から繰り越されたデータ量が1GB残っていて、合計4GBのデータ量が残っている場合、前月から繰り越されたデータ量の1GBはデータプレゼントをする事は出来ず、今月のデータ残量の3GBの内からデータプレゼントが出来る事になります。

また、データプレゼントが出来るデータ量は、5種類500MB、1,000MB、1,500MB、2,000MB、2,500MB)で、その中から選択する事になります。

プレゼントをされたデータ量については、繰り越しは出来ませんので、当月中に使う必要があります。

繰り越しが出来ない事も、忘れてはいかんぞ。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

契約者連携・利用者連携のまとめ

契約者連携と利用者連携

皆さま、お疲れさまでした。

初めは、契約者連携ってなに? 利用者連携ってなに?って、全く意味不明だった方もいらっしゃったかと思いますが、ご理解を頂けましたでしょうか。

契約者連携」や「利用者連携」という言葉だけを聞きますと、さぞ難しそうに感じたと思いますし、私も以前、初めてこの言葉を目にした時は、難しそうな内容だなと思った記憶があります。

しかし、ふたを開けてみると、実はとっても簡単な内容だったと思います。

LINEモバイルを快適に利用するには、是非とも登録をしておいた方が良い事ですし、LINEポイントを貰ったり、データ量をプレゼントしたりされたりする場合には不可欠な事ですので、時間は5分も掛かりませんので、是非、契約者連携利用者連携をして頂き、快適にLINEモバイルをご利用頂けたらと思います。

LINEモバイルはとっても素晴らしい格安SIMですよ!

是非、LINEモバイルにお申し込み頂き、ご家族やお友達と「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!

ひよっこ君
下のバナーから申し込みができるよ。(笑)
宜しくお願いしますぞよ。(笑)
スマホ博士

-LINEモバイルとは

Copyright© LINEモバイルで Let's Communication! , 2020 All Rights Reserved.