お知らせ ただいまLINEモバイルでは、最大5,000円相当がもらえる「シークレットキャンペーン」を開催中! 申し込み時にキャンペーンコードを入力すれば、LINE Pay残高LINEポイントがもらえます! 詳細は「最新キャンペーン情報」まで!

LINEモバイルとは

【徹底比較】LINEモバイルのドコモ・ソフトバンク・au回線、ピッタリな回線の選び方!

ピッタリな回線の選び方

ひよっこ君
博士~、LINEモバイルに乗り換えるんだけど、どの回線が良いのかなぁ~?
基本のサービスは同じじゃが、違う部分もあるから教えてあげよう。
スマホ博士

LINEモバイルをご検討中のみなさま、こんにちわ。

さて、LINEモバイルはLINEが使い放題だし、TwitterInstagramも使い放題になるオプションもあって、私も使いたい申し込みたいと思っている人も多いと思います。

しかし、LINEモバイルにはドコモ回線ソフトバンク回線au回線の3つがあるので、どの回線が良いんだろう? どこがどう違うのって、頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか?

この記事では、そんなみなさまに向けて、下記の内容でLINEモバイルの3つの回線徹底比較しています。

  1. LINEモバイルの3つの回線の共通部分
  2. LINEモバイルの3つの回線の異なる部分
  3. 各回線の特徴とピッタリなプランの選び方

ぜひ、参考にしていただき、ピッタリなプランで快適にスマホを使っていただければと思います。

よろしくお願いいたします。

\LINEモバイルの最新キャンペーンはこちらから!/

LINEモバイルのドコモ回線、ソフトバンク回線、au回線はほとんどの部分は同じ!

LINEモバイルの3回線はほとんど同じ

まず、ご理解いただきたいことは、LINEモバイルの3回線、ドコモ回線ソフトバンク回線au回線は、基本的な仕様やサービスはほとんど同じということです。

  1. 料金プランや初期費用は同じ
  2. データフリーオプションや基本的なオプションサービスも同じ
  3. データの繰り越しやシェアなど、その他のサービスも同じ
ひよっこ君
それじゃあ、それぞれ、簡単に解説していくよ。

共通点① LINEモバイルはどの回線を選んでも、料金プラン・初期費用は同じ!

料金プランや初期費用は同じ

LINEモバイルでは、ドコモ回線ソフトバンク回線au回線、どの回線を選んでも、料金プランは同じです。



ベーシックプランの音声通話SIM

ベーシックプランのデータSIM


2つのタブを切り替えることで、画面も切り替わります。

LINEモバイルの料金プランはとてもシンプルで、ベーシックプランの1つだけ!

音声通話SIMデータSIMかのSIMタイプを決めて、4種類のデータ量から必要なものを選ぶだけで、基本のプランが決まります。

ひよっこ君
音声通話SIMの3GBの1,480円は、主要格安SIMで最安の料金なんだよ!
おまけに、この料金にLINEの使い放題がタダでついてくるからのう。
スマホ博士


LINEデータフリー

SNSデータフリー

SNS音楽データフリー


3つのタブを切り替えることで、画面も切り替わります。

そして、ベーシックプランが決まれば、LINEモバイルの最も特徴的なサービスであるデータフリーオプションを決めます。

LINEモバイルでは、全プランでLINEが使い放題になるLINEデータフリーが月額料金0円

ひよっこ君
たった600円のデータSIMのプランでも、LINEが使い放題なんだよ。

+280円SNSデータフリーを選べば、TwitterとFacebookも使い放題、+480円SNS音楽データフリーを選べば、InstagramやLINE MUSICも使い放題になります。

SNS音楽データフリーには、SpotifyとAWAの使い放題も加わったぞ。
スマホ博士

そして、LINEモバイルを申し込む時の初期費用も同じです。

  • ウェブ登録事務手数料:3,000円
  • SIMカード発行手数料:    400円

SIMカードは大手キャリアから貸与されているもので、その貸与に係る費用相当分がSIMカード発行手数料になります。

ウェブ登録事務手数料は、エントリーパッケージを利用することで無料になるので、ぜひ、活用して、少しでもお得にLINEモバイルを申し込んでください。

関連記事

共通点② LINEモバイルはどの回線を選んでも、6つの主要オプションも同じ!

主要な6つのオプションも同じLINEモバイルでは、ドコモ回線ソフトバンク回線au回線、どの回線を選んでも、6つ主要オプションも共通で同じです。

  ドコモ回線 ソフトバンク回線 au回線
10分電話かけ放題
(880円)
端末保証
(450円 or 500円)
LINE MUSIC
(750円)
Wi-Fiオプション
(200円)
ウイルスバスター
(420円)
フィルタリング
(無料)

10分電話かけ放題は、LINEモバイルでもっとも人気のオプションですし、万一の時のことを考えて、端末保証オプションに入る人も多いです。

また、LINE MUSICがお得に聞けるLINE MUSICオプション、全国約49,000ヶ所のスポットで利用できるWi-Fiオプション、セキュリティソフトのウィルスバスターオプションも共通。

そして、お子さまのスマホには欠かせない、怪しいサイトをブロックするフィルタリングオプションも、どの回線を選んでも無料で使えます。

関連記事

共通点③ データ繰り越しやデータシェアなど、お得なサービス6つも共通!

6つのお得なサービスも共通

そして、LINEモバイルには多くのお得なサービスがありますが、中でも、特におすすめなサービスが6つがあり、これらも、どの回線を選んでも共通で同じです。

  ドコモ回線 ソフトバンク回線 au回線
データ量の繰り越し
データプレゼント
データ量の追加購入
テザリング
LINEのID検索
いつでもヘルプ

LINEモバイルはどの回線でも、使い切れなかったデータ量は翌月に繰り越せますし、家族やお友だち間でデータ量をあげたり、もらったりシェアすることができます。

格安SIMで唯一、LINEモバイルはLINEの年齢認証ができるので、LINEのID検索もどの回線でもできますし、テザリングも無料、LINEを使った問い合わせシステムの「いつでもヘルプ」も利用できます。

ひよっこ君
LINEモバイルの大事な部分はすべて共通だよ。
じゃから、どの回線を選んでも損はないから安心じゃぞ。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルのドコモ回線、ソフトバンク回線、au回線の違う部分はこの2つ!

LINEモバイル3回線の違うところ

ご説明の通り、LINEモバイルのドコモ回線ソフトバンク回線au回線は、料金プランや主要なオプション、サービスなど、ほとんどの部分同じです。

しかし、2点だけ、違う部分があります。

  1. 通信エリア
  2. 音声通話SIM用オプション
ひよっこ君
回線を選ぶポイントになるかもしれない部分だよ。
3回線の違う部分を理解しておくことも大事じゃぞ。
スマホ博士

違う点① ドコモ回線、ソフトバンク回線、au回線では、通信エリアが違う

通信エリアが違う

ドコモ回線、ソフトバンク回線、au回線では、それぞれ、本家のドコモ、ソフトバンク、auのサービスエリアに準じているので、利用できるサービスエリアが違います。

  ドコモ回線 ソフトバンク回線 au回線
通信エリア ドコモの
サービスエリアに
準じる
ソフトバンクの
サービスエリアに
準じる
auの
4G LTE エリアに
準じる
通信可能周波数
(3G)
Band1/6/19 Band1/8
通信可能周波数
(4G)
Band1/3/19/
21/28/42
Band1/3/8/
11/28/42
Band1/3/11/
18/26/28/
41/42

周波数帯バンド)を見ても分からないと思いますが、通信エリアについては、各社、人口カバー率99%を超えていますので、市街地に住んでいる場合は、ほぼ、どの回線でもつながり具合は同じです。

ひよっこ君
よっぽどの僻地じゃない限り、どの回線も普通にネットにつながるよ。

しかし、田舎山岳地帯などの郊外の方では、回線によってはつながりにくかったりします。

人里離れたところにキャンプに行く時は、回線によってはつながらない時もたまにあるかも知れません。

それでも、通常はそんなに深く考えんでも大丈夫じゃぞ。
スマホ博士

関連記事

違う点② LINEモバイルの3つの回線では、音声通話用オプションの一部が違う

通話用オプションが違う

LINEモバイルの3つの回線の違う部分のもう一つは、音声通話SIM用オプションの一部が違うことです。

  ドコモ回線 ソフトバンク回線 au回線
留守番電話 月額無料
保存30件
保存期間72時間
留守番電話プラス 月額300円
保存20件
保存期間72時間 
月額300円
保存100件
保存期間1週間
月額300円
保存99件
保存期間1週間
グループ通話 月額200円
最大6人まで
月額200円
最大3人まで
迷惑電話ストップ 無料
最大30件
月額100円
最大20件
月額100円
最大30件
割込通話 月額200円 月額200円 月額200円
転送電話 無料 無料 無料
国際電話 無料 無料 無料
国際ローミング 無料
通話明細 月額100円 月額100円 月額100円

音声通話SIM用のオプションも、各回線、それぞれ、本家のドコモ、ソフトバンク、auの通話用オプションに準じています。

これら通話用のオプションは、ほとんどは3回線とも同じサービスですが、一部、回線によって利用できないサービスがあったり、留守番電話の保存件数など、細かい仕様が異なります

ひよっこ君
びっくりするような大きな違いはないからね。
留守番電話と国際ローミングは、人によってはポイントになる部分じゃぞ。
スマホ博士

関連記事

LINEモバイル公式サイト

ドコモ回線、ソフトバンク回線、au回線の特徴、ぴったりな回線の見分け方

ピッタリな回線の見分け方

ここまでで、LINEモバイルのドコモ回線ソフトバンク回線au回線共通点違う点を確認してきました。

今は、SIMロック解除も簡単にできるので、ドコモを使っていたからドコモ回線にしなければいけない、という縛りもありません。

ひよっこ君
大手キャリアを利用中なら、タダでSIMロック解除ができるしね。
解約後でも、いつでもSIMロック解除ができるようにもなったしのう。
スマホ博士

ということで、ここでは、それぞれの回線の特徴おすすめポイントを解説させていただき、ご自身にピッタリな回線を見つけていただければと思います。

見分け方① 海外に頻繁に行くならドコモ回線! 迷惑電話ストップも無料!

ドコモ回線のおすすめポイント

まず、ドコモ回線の特徴は下記の通りです。

  1. ドコモのスマホがSIMロック解除なしで使える
  2. 3つの回線の中でもっとも通信エリアが広い
  3. 国際ローミングで海外でも通話ができる
  4. 迷惑電話ストップオプションが無料で使える
  5. マルチSIMなので申し込み時に間違えない

ドコモのスマホをSIMロック解除なしで使えたり、通信エリアが人口カバー率100%なのもドコモ回線のメリットですが、一番の特徴は、ドコモ回線は海外で使えることです。

ドコモ回線は唯一、国際ローミングが使えて、ソフトバンク回線やau回線は海外で通話ができない中、ドコモ回線だけ海外で通話ができます。

私の場合は、頻繁に海外に行く訳ではないので大丈夫ですが、お仕事で海外に頻繁に行かれる人や、海外旅行によく行かれる人は、ドコモ回線がおすすめです。

ひよっこ君
海外で090や080の番号で通話するなら、ドコモ回線だよ。

また、ドコモ回線は迷惑電話ストップオプションが無料で使えます。

ソフトバンク回線やau回線は月額100円ですので、それほどのお得感はないかも知れませんが、特に回線にこだわりがなく、迷惑電話に困っている人は、ドコモ回線を選んでも良いでしょう。

ドコモ回線は安心感があるからのう。
スマホ博士

関連記事

見分け方② 通信速度ならソフトバンク回線! 留守電も無料、iPhoneも!

ソフトバンク回線のおすすめポイント

続いて、ソフトバンク回線のおすすめポイントは下記の通りです。

  1. ソフトバンクのスマホがSIMロック解除なしで使える
  2. 3つの回線の中でもっとも通信速度が速くて安定している
  3. 無料の留守番電話オプションが使える
  4. ソフトバンク回線ならiPhoneを購入することができる

LINEモバイルは、何といっても、LINEソフトバンクが運営する格安SIMになり、つまり、ソフトバンクのサブブランドです。

ひよっこ君
通信速度の速いUQモバイルは、auのサブブランドだよね。

ですので、LINEモバイルのソフトバンク回線は、他の回線と比べて通信速度が速くて安定しています。

通信速度を気にするなら、ソフトバンク回線が一番じゃぞ。
スマホ博士

また、唯一、ソフトバンク回線だけが、無料留守番電話オプションの提供があります。

そして、LINEモバイルで販売されているiPhoneはソフトバンク版のiPhoneなので、ソフトバンク回線を使うことで購入できます。

関連記事

見分け方③ auからの乗り換えならau回線! auのスマホがそのまま使える!

au回線のおすすめポイント

最後に、au回線のおすすめポイントは、下記の通りです。

  1. auのスマホがSIMロック解除なしで使える
  2. auの4G LTEエリアが使える
  3. マルチSIMなので、申し込み時に間違えない

今、auを使っている人にとっては、au回線に乗り換えるのが、もっとも簡単で楽ちんです。

まず、お使いのスマホをSIMロック解除なしで、そのままLINEモバイルのau回線で使えます。

また、LINEモバイルのau回線au VoLTEに対応しているので、人口カバー率99%のauの4G LTEエリアが使えます。

ひよっこ君
auの4G LTEエリアは富士山の山頂でもつながるよ。

そして、au回線はドコモ回線と同じく、サイズの合ったSIMカードを台紙から切り離して使うマルチSIMになるので、申し込み時に、違うサイズのSIMカードを申し込む失敗も起こりません。

  ドコモ回線 ソフトバンク回線 au回線
SIMカードサイズ マルチ iPhone専用ナノ
ナノ
マイクロ
マルチ

SIMカードのサイズを間違えると、SIMカード変更手数料で3,000円も払わなければいけないので、ソフトバンク回線の場合は、慎重に選ぶ必要があります。

au回線の特徴はこんなところじゃのう...。
スマホ博士

関連記事

LINEモバイル公式サイト

今、使ってるスマホを使うなら、キャリア利用中にタダでSIMロック解除!

SIMロック解除のすすめ

ここまでご覧いただき、「ドコモを使ってるけど、通信速度が速いソフトバンク回線を使いたい。」、「auを使ってるけど、海外出張が多いからドコモ回線じゃないと難しい。」、こんな人もいらっしゃると思います。

そんな場合は、他の回線も使えるよう、今、使っているスマホをSIMロック解除する必要があります。

あるいは、同じ回線に乗り換える場合でも、機種によっては、SIMロック解除が必要な場合もあります。

ひよっこ君
android端末は、同じ回線でもSIMロック解除が必要な場合があるんだ。
auのスマホをau回線で使う場合も、SIMロック解除が必要な場合があるぞ。
スマホ博士

SIMロック解除については、お使いの機種によっても変わってきますので、まずは乗り換え前に、LINEモバイルの「動作確認済端末検索ページ」で確認していただくことをおすすめします。

動作確認済み端末検索ページ

動作確認済み端末検索ページ

SIMロック解除は、大手キャリアを契約中は、ネットで無料ですることができます。

ソフトバンクauは、解約後のSIMロック解除には3,000円の手数料がかかるので、ぜひ、契約中にSIMロック解除をしていただければと思います。

関連記事

LINEモバイル公式サイト

【徹底比較】LINEモバイルのドコモ・ソフトバンク・au、ピッタリ回線の選び方、まとめ!

ピッタリな回線の選び方

みなさま、お疲れさまでした。

さて、この記事では、LINEモバイルのドコモ回線ソフトバンク回線au回線の比較をして、ピッタリな回線の選び方を解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ひよっこ君
じっくり考えて、申し込む回線を決めてね。

それでは最後に、この記事のポイントをおさらいしておきます。

  • LINEモバイルの3回線は、料金プランなどほとんどのサービスが同じ
  • 通信エリアと音声通話SIM用オプションの一部が違うだけ
  • 海外で通話をするならドコモ回線、迷惑電話ストップも無料
  • 通信速度ならソフトバンク回線、留守電も無料、iPhoneも買える
  • どの回線でも使えるよう、キャリア利用中に無料でSIMロック解除
大事なサービスは共通じゃから、どの回線もおすすめじゃぞ。
スマホ博士

LINEモバイルは、料金も安いですし、人気のSNSも使い放題で、本当に使い勝手の良い格安SIMです。

ぜひ、参考にしていただき、あなたにピッタリの回線に乗り換えていただければと思います。

そして、ぜひ、LINEモバイルでお友だちやご家族と素晴らしいコミュニケーションを図っていただき、快適なスマホライフを送っていただければと思います。

最後までお読みくださいまして、有難うございました。

よろしくお願いいたします。

LINEモバイルはとっても素晴らしい格安SIMですよ!

ぜひ、LINEモバイルにお申し込みいただき、ご家族やお友だちと「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!

ひよっこ君
下のバナーから申し込みができるよ。(笑)
宜しくお願いしますぞよ。(笑)
スマホ博士

-LINEモバイルとは

© 2020 LINEモバイルで Let's Communication!