LINEモバイルとは

【全11項目で徹底比較】LINEモバイルとワイモバイル、ソフトバンクの2社比較!

LINEモバイルとY!mobileの比較

ひよっこ君
LINEモバイルとY!mobileって、どっちがお得なんだろう...。
同じソフトバンクグループじゃが、特徴は大いに違うんじゃぞ。
スマホ博士

LINEモバイルY!mobile、どちらにしようかと迷っておられる皆さまこんにちわ

さて、今回は、同じソフトバンクグループLINEモバイルY!mobileを比較させて頂こうと思います。

ソフトバンクグループには、お客様層に分けて、ソフトバンクY!mobileLINEモバイルの3つの携帯会社がありますよね。

Y!mobile(ワイモバイル)と言いますと、大手キャリアのソフトバンクが直接運営する携帯会社で、auのUQモバイルと同じ様に、ソフトバンクのサブブランドとして人気を博しています。

ひよっこ君
Y!mobileはソフトバンクが直接運営している携帯会社だよ。

何といっても、Y!mobileソフトバンクの自社回線を利用していますので、大手キャリアと同じように通信速度がとても速く、そして通信が安定している所が大きな魅力です。

一方、LINEモバイルと言いますと、その「LINE」の名称の通り、当初はLINEが1社で運営をしていましたが、後にソフトバンクと資本提携をし、現在はソフトバンクLINEの子会社として運営されています。

LINEモバイルはソフトバンクの子会社が運営している格安SIMじゃぞ。
スマホ博士

LINEモバイルドコモ回線ソフトバンク回線au回線の大手キャリアすべての回線を利用でき、LINEを始め、人気のSNSがデータ量の消費なしに使えるデータフリーというサービスで、大変な人気の格安SIMです。

この記事では、そんなLINEモバイルY!mobileとで迷っておられる皆さまに、全11項目に渡って徹底的に比較をさせて頂き、どちらがご自身に向いているのか分かりやすくご理解を頂けるよう、ご説明をさせて頂いております。

  1. 利用できる回線の比較
  2. 料金の比較
  3. キャンペーンの比較
  4. 通信速度の比較
  5. 通話料金の比較
  6. データ量を節約するサービスの比較
  7. セット購入できるスマホの比較
  8. サポートの比較
  9. 支払方法の比較
  10. 縛りの期間と違約金の比較
  11. お子さま向けサービスの比較

とにかく、徹底的に比較をしておりますので、この記事をお読み頂きましたら、LINEモバイルY!mobileとでどちらが皆さまにぴったりかをご判断を頂けると思います。

また、かなり長い記事になっていますので、全部を読むには時間がないという皆さまは、是非、気になる項目の比較だけでも目次から移動してご覧頂ければと思います。

どうぞ、よろしくお願い致します。

LINEモバイル vs Y!mobile 比較① 利用できる回線

まずは、LINEモバイルワイモバイル利用できる回線の比較から始めさせて頂きます。

ひよっこ君
たくさんの回線がある方が、乗り換えはしやすいんだよね。
同じ回線への乗り換えなら、SIMカードを挿しかえるだけで使えるからのう。
スマホ博士
LINEモバイル Y!mobile
  • ドコモ回線
  • ソフトバンク回線
  • au回線
  • ソフトバンク回線

冒頭でもご説明をさせて頂きましたが、LINEモバイルは、ドコモ回線ソフトバンク回線au回線の大手キャリアの回線、すべての取り扱いがあるトリプルキャリアの格安SIMになります。

ですので、ドコモからはLINEモバイルのドコモ回線に、ソフトバンクからはLINEモバイルのソフトバンク回線に、auからはLINEモバイルのau回線に乗り換えて頂く事で、お使いのスマホをそのままLINEモバイルで使う事ができます。

ひよっこ君
LINEモバイルはどこからの乗り換えでも、スマホそのままで乗り換えができるんだね。

一方、ワイモバイルは、ソフトバンクが直接、手掛けている携帯会社ですから、取り扱っている回線はソフトバンク回線のみになります。

ソフトバンクからはスマホそのままで乗り換える事ができますが、ドコモauから乗り換える場合は、スマホをそのままでは乗り換える事ができず、SIMロック解除をして頂く必要があります。

ソフトバンク以外からの乗り換えは、お使いのスマホをSIMロック解除する必要があるんじゃ。
スマホ博士

以前と比べますと、ドコモもauもSIMロック解除の規定が緩和され、SIMロック解除がしやすくなりましたので、ワイモバイルへの乗り換えも簡単になりましたが、ソフトバンクからの乗り換えの様にSIMカードを差し替えるだけでは使えませんので、注意が必要になります。

「利用できる回線の比較」のまとめ

  • LINEモバイルすべてのキャリアの回線の取り扱いがあり、どのキャリアからもSIMカードを挿しかえるだけで使える。
  • Yモバイルソフトバンク回線のみの取り扱いなので、ドコモauからの乗り換えはSIMロック解除が必要。
  • Yモバイルソフトバンクからの乗り換えなら、スマホをそのまま使う事ができる。

LINEモバイル vs Y!mobile 比較② 料金

それでは次に、皆さまが最も興味をお持ちの、LINEモバイルワイモバイル料金の比較をさせて頂きます。

ひよっこ君
そうだよね。どっちにするか、料金はとっても大事だもんね。
少しでも安い方がユーザーには有難いしのう。
スマホ博士

料金の比較をさせて頂くに当たりましては、まずは、それぞれの料金プランについて簡単にご説明をさせて頂こうと思います。

LINEモバイルの料金プラン

LINEフリープラン

容量 データSIM データSIM
(SMS付き)
音声通話SIM
1GB 月額500円 月額620円 月額1,200円
au回線は仕様の関係で「データSIM」の提供がありません。

データフリー対象サービス

LINE(音声通話+トーク+画像・動画の送受信+タイムライン)

コミュニケーションフリープラン

容量 データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
3GB 月額1,110円 月額1,690円
5GB 月額1,640円 月額2,220円
7GB 月額2,300円 月額2,880円
10GB 月額2,640円 月額3,220円

データフリー対象サービス

LINE(音声通話+トーク+画像・動画の送受信+タイムライン)

Twitter(タイムライン+画像付きツイート+ツイート+ダイレクトメッセージ)

Facebook(タイムライン+画像・動画投稿+コメント+お知らせ表示)

Instagram(タイムライン+画像・動画投稿+アクティビティ+ダイレクトメッセージ)

MUSIC+プラン

容量 データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
3GB 月額1,810円 月額2,390円
5GB 月額2,140円 月額2,720円
7GB 月額2,700円 月額3,280円
10GB 月額2,940円 月額3,520円

データフリー対象サービス

LINE(音声通話+トーク+画像・動画の送受信+タイムライン)

Twitter(タイムライン+画像付きツイート+ツイート+ダイレクトメッセージ)

Facebook(タイムライン+画像・動画投稿+コメント+お知らせ表示)

Instagram(タイムライン+画像・動画投稿+アクティビティ+ダイレクトメッセージ)

LINE MUSIC(音声・通話の視聴+歌詞・文章の閲覧+音楽の保存+楽曲の検索)

LINEモバイルの料金プランは、とてもシンプルで簡単です。

3つの回線3つのプラン3つのSIMカード5つのデータ量、これらの中からご希望のものを選んで頂く事により、皆さまのお好みのプランを作る事ができます。

回線
  • ドコモ回線
  • ソフトバンク回線
  • au回線
プラン
  • LINEフリープラン
  • コミュニケーションフリー
  • MUSIC+プラン
SIMタイプ
  • データSIM
  • データSIM(SMS付き)
  • 音声通話SIM
データ容量
  • 1GB
  • 3GB
  • 5GB
  • 7GB
  • 10GB

SIMカードのタイプにつきましては、今までキャリアで使っていた電話番号をそのままLINEモバイルでも使われる場合は、通話とデータ通信(ネット)ができる「音声通話SIM」を選んで頂く事になります。

ひよっこ君
大手キャリアのプランは、電話とネットの両方ができるのが普通だからね。

あるいは、通話はLINEの無料通話やビデオ通話を使うから必要ない、という皆さまは、データ通信のみができる「データSIM」を選んで頂く事も出来ますし、SMS認証を利用する方は「データSIM(SMS付き)」を選んで頂く事も出来ます。

LINEモバイルは色んな使い方ができるんじゃ。
スマホ博士

また、LINEモバイルには、LINEフリーコミュニケーションフリーMUSIC+の3つのプランがあり、これらのプランではデータフリーの対象サービスが違います。

どのサービスをデータフリーで使いたいかを決めて頂く事でプランは決まりますが、「データフリー」についてご存じない方もいらっしゃると思いますので、簡単にご説明させて頂きます。

LINEモバイルのデータフリーとは?

データフリー

LINEモバイルデータフリーのサービスは、プランによって、上記のLINETwitterFacebookInstagramLINE MUSIC使い放題に使えるサービスになります。

データフリーとは

対象サービスのデータ通信量(コミュニケーションフリープランでいえば、LINETwitterFacebookInstagramのデータ通信)を、データ通信利用の対象外(消費をしない)とする機能をいいます。

また、通信速度制限がかかったとしても、データフリー対象サービスであれば制限がかからず、ずっと高速通信で利用することが可能です。

上記は、LINEモバイル公式サイトに記載された「データフリー」のご説明文になりますが、もう少しかみ砕いてご説明をさせて頂きますと、下記の通りになります。

皆さまがキャリアで3GBのデータ量を契約しているとして、例えば、LINEInstagram2GBのデータ量を使ったとしますと、当初の3GBのデータ量は1GBに減ってしまいますよね。

ひよっこ君
そりゃあ、LINEやInstagramを使ったらデータ量が減るのは当たり前だよ。

しかしLINEモバイルでは、LINEInstagramデータフリーの対象サービスになりますので、当初の3GBのデータ量は減らず3GBのままですし、どれだけ利用してもデータ量は一切、減りません

LINEで顔を見ながらのビデオ通話を何時間しても、高画質の画像が多いInstagramをいくら使っても、一切、データ量は消費されずに減りませんので、これらのSNSを使っている人にはとてもメリットのあるサービスです。

データ量がゼロになった時でも、これらのサービスは高速のままで使えるんじゃぞ。
スマホ博士
料金プラン データフリー対象サービス
LINEフリープラン LINE のみ
コミュニケーションフリー LINE LINE
Twitter Twitter
Facebook Facebook
Instagram Instagram
MUSIC+プラン LINE LINE
Twitter Twitter
Facebook Facebook
Instagram Instagram
LINE MUSIC LINE MUSIC

通常、データ量を使い切ってゼロになってしまいますと、通信制限がかかって低速通信になってしまいますが、これらのデータフリー対象サービスは高速通信のままストレスなく使う事もできます。

結果、本来、消費されている筈のデータ量は、他のサービスを利用する事に回せますし、他のサービスを利用しない場合はデータ量が余ってしまいますので、その分、データ量の少ないプランに変更する事で、スマホ代を安くする事もできてしまいます。

Y!mobileの料金プラン

Y!mobileの料金プラン

さて、ワイモバイルの料金プランは上の画像の通りになります。

ひよっこ君
この図を見ても、なんかごちゃごちゃしてて分かりにくいよ...。

その通りで、この料金表には各種割引が含まれた書き方がされていますので、ちょっとややこしく思えてしまいます。

そこで、ワイモバイルの料金プランを整理してご理解頂くために、割引前キャンペーン適用前基本料金からご説明をさせて頂きます。

プラン名 月々の基本料金(データ量)
スマホベーシックプランS 2,680円(3GB)
スマホベーシックプランM 3,680円(9GB)
スマホベーシックプランR 4,680円(14GB)

まず、ワイモバイル料金プランの概略をご説明させて頂きますと、ワイモバイルの料金プランは、スマホベーシックプランSMRの3種類のみとなります。

そして、プランの中に「10分間まで通話無料」というサービスが含まれている事が大きな特徴です。

ワイモバイルにはデータ通信専用のプランはないんじゃ。
スマホ博士

ですので、大手キャリアから電話番号そのままで乗り換えをご検討中の皆さまや、新規で通話機能が必要なプランをお考えの皆さまにはとても適しています。

一方、通話はLINEでするから090や080の電話番号での通話機能は必要ない方や、2台目スマホタブレット用でお考えの皆さまには、データ通信専用のプランがありませんのでワイモバイルは適しません。

ひよっこ君
ワイモバイルは通話機能付きをご希望の人に向く携帯会社なんだね。
ほとんど電話を掛けない人やデータ通信のみを希望の人は、ワイモバイルは向かんのじゃ。
スマホ博士

LINEモバイル vs Y!mobileの料金比較

それでは一旦、LINEモバイルワイモバイルとの割引前、キャンペーンが適用されていない状態での、基本料金のままの比較をさせて頂きます。

ご説明をさせて頂きました通り、LINEモバイルにはデータSIMデータSIM(SMS付き)音声通話SIMの3種類のSIMカードのタイプがありますが、ワイモバイルには通話機能付きのプランしかありませんので、音声通話SIMの比較のみとさせて頂きます。

ひよっこ君
データ通信専用のプランならLINEモバイルの一択だよ。
電話はあまりかけず、料金を安くしたい人もLINEモバイルじゃぞ。
スマホ博士

尚、以下の料金比較に当たりましては、LINEモバイルの1GBにはLINEフリーの料金を、3GBから10GBにはコミュニケーションフリーの料金を記載させて頂きます。

データ容量 LINEモバイル Y!mobile
1GB 1,200円
3GB 1,690円 2,680円
5GB 2,220円
7GB 2,880円
9GB 3,680円
10GB 3,220円
14GB 4,680円

共通の3GBのデータ量をご覧頂きますと、一見、LINEモバイルの方が1,000円もお得に見えます。

しかし、ワイモバイルのプランには「10分間までの通話無料」が含まれていますので、同じ条件で比較するには、上記のLINEモバイルの料金に「10分電話かけ放題」のオプション料金の880円を加算する必要があります。

データ容量 LINEモバイル Y!mobile
1GB 2,080円
3GB 2,570円 2,680円
5GB 3,100円
7GB 3,760円
9GB 3,680円
10GB 4,100円
14GB 4,680円

すると、ほぼ同じ位の料金にはなりましたが、LINEモバイルの方が110円安く、そして、LINEモバイルのコミュニケーションフリーは、LINETwitterFacebookInstagramの4つのSNSが使い放題になりますので、この段階ではLINEモバイルの方がお得になります。

ひよっこ君
10分の電話かけ放題を込みにしても、この段階ではLINEモバイルがお得なんだね。
10分のかけ放題がなしの場合やデータ通信のみの場合も、選択肢の多いLINEモバイルが有利じゃ。
スマホ博士

割引前、キャンペーンを適用する前の単純な料金比較では、LINEモバイルが少しお得な結果となりましたが、実は、LINEモバイルワイモバイルも、超・お得なキャンペーンを常に開催していますので、これらを加味しますと、また結果が逆転するかも知れません。

次の「キャンペーンの比較」の箇所で、キャンペーンのご紹介をさせて頂くと同時に、再度、キャンペーンを含めた場合の料金比較をさせて頂きますので、是非、引き続き、ご覧頂ければと思います。

「料金プランの比較」のまとめ

  • LINEモバイルは、データSIMデータSIM(SMS付き)音声通話SIMの3つのプランがある。
  • Yモバイル通話付きのプランのみで、データ通信専用のプランはない。
  • Yモバイルは「10分間までの通話無料」のサービスが含まれたプランしかない。
  • LINEモバイル様々な方のニーズに応えられる一方、Yモバイル通話機能が必要な方のみ。
  • 割引前、キャンペーン適用前の料金比較では、料金はほぼ同じながら、LINEモバイルにはデータフリーがありお得

LINEモバイル vs Y!mobile 比較③ キャンペーン

それでは、料金の比較に引き続きまして、LINEモバイルワイモバイルキャンペーンの比較をさせて頂きます。

ご説明の通り、LINEモバイルも、ワイモバイルも、常にとても太っ腹なキャンペーンを開催していますので、一旦、割引やキャンペーンを含めずの料金比較をしましたが、両社とも、そこから尚も料金が安くなりますので、要・チェックです。

ひよっこ君
LINEモバイルは月々の料金も安くなるし、キャッシュバックもあるんだよ。
ワイモバイルも月々の割引や家族割、おうち割などがあるんじゃぞ。
スマホ博士

まずは、LINEモバイルワイモバイルで、それぞれで開催中の料金に関わって来る割引キャンペーンを簡単にご紹介させて頂きます。

LINEモバイルの開催中のキャンペーン(2020年3月現在)

  1. 対象のSNS使い放題 最大2ヶ月0円!/月〜キャンペーン
  2. 7,109(なっとく)お得キャンペーン
  3. SNS使い放題!学生も社会人も誰でも5,000円相当プレゼントキャンペーン

ここでは、料金の割引に関わるキャンペーンのみをご説明させて頂きます。

(1)対象のSNS使い放題 最大2ヶ月0円!/月〜キャンペーン

SNS使い放題キャンペーン

ベーシックプランの3GB以上、且つ、SNSデータフリーSNS音楽データフリーの契約で、下記の2つが、2ヶ月間、最大無料になります。

  1. ベーシックプランの月額料金
      対象:ベーシックプランの3GB以上の契約
  2. データフリーオプションの料金
      対象:SNSデータフリーSNS音楽データフリーの契約

(2)7,109(なっとく)お得キャンペーン

7109(なっとく)お得キャンペーン

音声通話SIM3GB以上のお申し込みで、7,109円相当のLINE Pay残高かLINEポイントがもらえます。

(3)SNS使い放題!学生も社会人も誰でも5,000円相当プレゼントキャンペーン

5,000円相当キャンペーン

ベーシックプランの3GB以上、且つ、SNSデータフリーSNS音楽データフリーの契約で、LINEポイントLINE Pay残高5,000円分(データSIM(SMS付き)は1,000円分)も貰えます。

申し込むプラン別に、ベストなキャンペーン併用の組み合わせもご説明してますので、詳細は、下記をご覧ください。

関連記事

Y!mobileの開催中のキャンペーン(2020年2月現在)

  1. 新規割
  2. 家族割引サービス
  3. おうち割
  4. データ増量無料キャンペーン2
  5. ワイモバ学割

(1)新規割

新規割この新規割は、新規MNP契約変更スマホベーシックプランをお申し込みの皆さまに、ご契約2ヶ月目からの半年間、基本使用料が700円割引されます。

ひよっこ君
LINEモバイルの「スマホ月額基本利用料 半額キャンペーン」と似てるね。
LINEモバイルが5ヶ月間の所、ワイモバイル6ヶ月間の割引じゃぞ。
スマホ博士

(2)家族割引サービス

家族割引サービス

ご家族が利用する回線をスマホベーシックプランのお申し込みで、2回線目以降の各基本料金が最大9回線まで、毎月500円割り引かれます。

具体的には、例えば、皆さまのご家族のどなたかがスマホベーシックプランSをお申し込みになられた場合、2,680円新規割の700円オフ1,980円になり、尚もこの家族割引サービスによって、500円オフ1,480円になります。

家族割引サービスの具体例

この家族割引サービスは契約中はずっと適用されますので、新規割の適用が終わって700円の割引がなくなった後も、継続してこの分の500円は割引が続きます。

ひよっこ君
スマホベーシックプランのSなら、新規割が終わっても2,180円でずっと使えるって事だね。

尚、この家族割引サービスは、次にご説明をさせて頂きます「おうち割」の中の「おうち割 光セット(A)」とは併用する事ができません

(3)おうち割(おうち割 光セット(A))

おうち割 光セット(A)

おうち割には「おうち割 光セット(A)」と「おうち割 でんきセット(A)」の2つがありますが、「おうち割 光セット(A)」はご自宅のネットワイモバイルを併用する事で、1人当たり、毎月500円の割引がされます。

例えば、ご自宅のネットを「ソフトバンク光」か「ソフトバンクAir」で契約しているご家族が、ご家族4人みんなでワイモバイルを利用する場合、500円×4人で毎月2,000円もお得になります。

ただし、既に家族割引サービスの適用を受けておられる場合は、このおうち割とは併用できませんので、1人当たり500円の割引のみとなりますが、家族割引サービス主回線は割り引かれませんので、おうち割の方がお得になります。

家族割とおうち割の両方が適用される場合は、主回線の分、おうち割がお得という事じゃぞ。
スマホ博士

おうち割 光セット(A)の具体例

(4)データ増量無料キャンペーン2

データ増量無料キャンペーン2

このキャンペーンは、新規契約MNPでワイモバイルのスマホベーシックプランをご契約する事で、データ増量オプションの500円1年間、無料になるキャンペーンです。

スマホベーシックプランS 3GB → 4GB
スマホベーシックプランM 9GB → 12GB
スマホベーシックプランR 14GB → 17GB

データ増量オプションというのは、上記の通り、プランによって高速データ通信量が増量になるオプションです。

つまり、このデータ増量無料キャンペーン2によって、1年間、上記の通り、データ量が増量される事になります。

(5)ワイモバ学割

ワイモバ学割

このワイモバ学割は、5歳から18歳のお子さまを対象に、新規契約MNPスマホベーシックプランMRを契約して頂く事で、ご契約の翌月から12ヶ月間ご本人ご家族も月額の基本料が1,000円割り引かれます。

参考までに、家族3人で、今からスマホベーシックプランM(基本料金3,680円)を契約する場合のシミュレーションは下記の通りになります。

期間 月々の料金
初月 3,680円
(割引の適用なし)
(キャンペーン適用なし)
2ヶ月目~7ヶ月目 3,680円 → 1,480円
(新規割-700円)
(学割-1,000円)
(家族割-500円)
8ヶ月目~13ヶ月目 3,680円 → 2,180円
(学割-1,000円)
(家族割-500円)
14ヶ月目以降 3,680円 → 3,180円
(家族割-500円)

ワイモバイルの初月は割引キャンペーンが適用されず、日割りになりますが、便宜上、1日からの利用開始で初月は3,680円としています。

ちなみに、上記は5歳から18歳までのお子さまご本人ご家族の料金になりますが、主回線については家族割引サービスの適用外となりますので、代表回線(主回線)については、それぞれ500円高くなります。

ひよっこ君
それにしても、ワイモバ学割を使うとめっちゃ安くなるんだね。
お子さんだけではなく親御さんまでが安くなるから、これは本当にお得じゃ。
スマホ博士

このワイモバ学割は、毎年、このシーズンだけの期間限定での受付になりますが、新規割家族割引サービス併用して適用されますので、かなりお得になります。

ココに注意

キャンペーン情報は随時更新されますので、直近の状況は「Y!mobile公式サイト 」でご確認下さい。

LINEモバイル vs Y!mobile キャンペーン・割引適用後の料金比較

LINEモバイルワイモバイルではプランの組み立てがまったく違いますので、比較する事自体が難しいのですが、同じ3GBのデータ量の、LINEモバイルの「コミュニケーションフリー音声通話SIM3GB」と、ワイモバイルの「スマホベーシックプランS」を比較してみます。

また、キャンペーンの額や月数もバラバラの為、1年間、利用する場合の総額での比較とさせて頂きます。 

  LINEモバイル Y!mobile
基本料金 20,280円
(1,690円×12)
32,160円
(2,680円×12)
データ量 3GB 3GB → 4GB(※3
10分電話かけ放題 10,560円
(880円×12)
基本料に含む
割引・キャンペーン -3,980円(※1
-5,050円(※2
-4,200円(※4
-6,000円(※5
合計 21,810円
(月1,817円)
21,960円
(月1,830円)

※1:スマホ月額基本利用料 半額キャンペーン
※2:GoGo!2020!5,050円相当プレゼントキャンペーン
※3:データ増量無料キャンペーン2
※4:新規割
※5:おうち割(おうち割 光セット(A))

1人でご利用の場合は、キャンペーンでの割引額はほぼ同じ位となり、データ量はワイモバイル1GB多いですが、LINEモバイル4つのSNSが使い放題になりますので、若干、LINEモバイルの方がお得ではないかと思います。

お子さまがいらっしゃるご家族の場合は、ワイモバイルはワイモバ学割を使う事でかなり安くなりますが、お子さまに通話機能大容量のデータ量が必要かと言えば、それはちょっと疑問です。

ひよっこ君
ワイモバ学割は、スマホベーシックプランのMかRじゃないと適用されないんだ。
データ量が12GBとか17GBはお子さまには多いよのう。
スマホ博士

高校生のお子さまであれば、通話機能や10GB以上のデータ量があっても良いと思いますが、小学生中学生のお子さまには、過度な機能があると誘惑も増えて、お子さまの安全面が侵される可能性や、勉強が疎かになる可能性も増えてしまいます。

「キャンペーンの比較」のまとめ

  • LINEモバイルワイモバイルも、素晴らしい割引サービスキャンペーンがある。
  • 3GBどうしのキャンペーン適用後料金比較は、ほぼ同じくらいの料金になる。
  • ワイモバイルはワイモバ学割を利用できるご家族には、割引額が大きくてかなりお得。
  • ワイモバイルのワイモバ学割は、小学生中学生のお子さまには機能が豊富過ぎるかも。

LINEモバイル vs Y!mobile 比較④ 通信速度

グラフが表示されない場合は、「キャッシュの削除」「ページを再読み込み(更新 )」をして頂く事で表示されます。

さて、料金の比較キャンペーンの比較を終えまして、LINEモバイルワイモバイルかを決める上で、かなり重要なポイントを見て来ましたが、この通信速度の比較もとても重要な要素です。

上のグラフは、下の一帯の中のグリーンLINEモバイルのドコモ回線の通信速度、上の一帯の中の肌色ワイモバイルの通信速度を表したものになりますが、LINEモバイルとワイモバイルと言うよりも、大手キャリア格安SIMの通信速度を表すグラフと言っても良いかも知れません。

LINEモバイルの通信速度の辺りの下の一帯は、LINEモバイルの他、楽天モバイルIIJmioBIGLOBEモバイルなど格安SIMの通信速度になり、ワイモバイルの通信速度の辺りの上の一帯は、ワイモバイルの他、ドコモauソフトバンク大手キャリアUQモバイルサブブランドの通信速度になります。

ご覧の通り、格安SIMLINEモバイルサブブランドワイモバイルの通信速度の差は歴然で、通信速度を一番に考えるのなら、ワイモバイルをご選択頂く事になります。

ひよっこ君
通信速度については、明らかにサブブランドのワイモバイルだね。
しかし、LINEモバイルが全く使えん訳ではないんじゃぞ。
スマホ博士

確かに、上のグラフを見て頂きますと、あまりにも格安SIM通信速度は遅く、まったくネットに繋がらないのではないかと思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、そんな事はありません。

LINEモバイルなどの格安SIMは、普段は大手キャリアやワイモバイルと同じように、まったく普通にサクサクと通信をして頂く事ができます。

YouTubeを高画質で視聴したり、3Dオンラインゲームをする場合などは別ですが、一般的なスマホの使い方であれば、通信速度は5Mbps程度があれば、ストレスなくスマホを使う事ができると言われています。

ひよっこ君
確かに、グラフではLINEモバイルも5mbps位の通信速度は出てるね。
じゃから、普段はLINEモバイルもワイモバイルと同じように使えるんじゃ。
スマホ博士

しかし、格安SIMの欠点は、お昼休みお仕事終わりの夕方から晩の時間帯など、多くの方が一斉にスマホを使う時間帯は通信速度が遅くなり、ネットに繋がりにくくなってしまう事です。

これは、LINEモバイルに限らず、どこの格安SIMでも同じですので、1日中、サクサクとネットに繋がる事を一番にお考えになられる場合は、格安SIMではなく、大手キャリアサブブランドを選んで頂かなければいけません。

尚、ご説明の通り、LINEモバイルソフトバンクの子会社になりますので、LINEモバイルの3つの回線の中では、ソフトバンク回線最も通信速度が速くて安定していますのでおすすめです。

「通信速度の比較」のまとめ

  • ワイモバイルは時間帯に関係なく、通信が混雑する時間帯も常に高速で安定している。
  • LINEモバイルも普段は普通に高速で通信ができるが、通信が混雑する時間帯に繋がりにくくなる。
  • 常に高速での通信が不可欠な方は、LINEモバイルでは難しく、絶対にワイモバイルを選ぶべき。
  • 繋がりにくい時間帯は仕方ないとあきらめ、SNS使い放題を優先できる方はLINEモバイル
  • LINEモバイルの3つの回線の中では、ソフトバンク回線最も速くて安定しているのでおすすめ

LINEモバイル vs Y!mobile 比較⑤ 通話料金

  LINEモバイル Y!mobile
基本の通話料 30秒20円
専用アプリ利用時の通話料 30秒10円
10分電話かけ放題 880円 プランに含む
10分超過後の通話料 30秒10円 30秒20円
完全かけ放題 なし 1,000円

さて、続きましては、LINEモバイルワイモバイル通話料金の比較ですが、ワイモバイルはプランに「10分間までの無料通話」が含まれていますので、1分いくらという通話料金の考え方がありません。

ひよっこ君
ワイモバイルは、10分までの通話はプランに込みのタダだからね。
1分いくらで電話をかける事ができんのも珍しいのう...。
スマホ博士

という事で、ここでは、それぞれの通話に関してご説明をさせて頂きます。

LINEモバイルの通話料金

LINEモバイルの通話は、1回1回の通話で料金が発生する、かけ放題なしの通話が基本になります。

スマホに元から入っている通話アプリでの通話は、30秒で20円と高額になりますが、LINEモバイルが提供する通話アプリいつでも電話」で発信する事により、通常の半額30秒10円で通話をする事ができます。

ひよっこ君
LINEモバイルでは、電話をかける場合は「いつでも電話」アプリを使うんだよ。

また、電話をたくさんかける方の為に、オプションとして、10分以内であれば何度でも通話することができる「10分電話かけ放題」が準備されています。

「10分電話かけ放題」も「いつでも電話」アプリから発信する必要があるんじゃぞ。
スマホ博士

LINEモバイルの場合は、「10分電話かけ放題」のオプションに加入して、10分を超える電話をかけてしまった場合は、その超過分については「いつでも電話」での通話量の30秒10円が発生します。

この通り、LINEモバイルの通話は、あまり電話をかけない方からたくさん電話をかける方までのニーズにお応えできるような通話システムになっています。

Y!mobileの通話料金

ワイモバイルの通話は、「10分間まで通話無料」というサービスがプランに含まれていますので、1回1回の通話での通話料金の設定はありません。

ひよっこ君
10分までの電話は通話料の事を気にせずにかけられるんだ。

ただし、10分を超過した通話に関しては別で通話料が発生し、その超過分は30秒当たり20円の高額な通話料がかかってしまいます。

その為、10分を超える電話をかけてしまう可能性のある方や、超過料金を気にせずに電話をかけたい方の為に、「スーパーだれとでも定額」という通話時間も回数も無制限な、国内通話が完全にかけ放題になるオプションが準備されています。

時間無制限の電話かけ放題のオプションがあるのは嬉しいのう。
スマホ博士

ワイモバイルのプランは、電話をたくさんかける方もかけない方も同じ料金になりますので、電話をあまりかけず、その分、安い料金を望まれる場合は、LINEモバイルの方が適している事になります。

「通話料金の比較」のまとめ

  • ワイモバイルのプランには「10分間まで通話無料」のサービスが料金に含まれているので、1回の通話がいくらという設定がない。
  • ワイモバイルでは、電話をたくさんかける人も、電話をあまりかけない人も、一律に「10分間まで通話無料」のサービスが含まれたプランになる。
  • LINEモバイルでは、ユーザーに「いつでも電話」アプリを提供し、10円/30秒の安い通話料で電話をかける事ができる。
  • LINEモバイルでは、電話をたくさんかける人の為に「10分電話かけ放題」のオプションが準備されている。
  • 10分を超過した場合、LINEモバイルは10円/30秒、ワイモバイルは20円/30秒の超過分の通話料が発生する。
  • ワイモバイルでは通話時間も回数も無制限の完全かけ放題の「スーパーだれとでも定額」のオプションが準備されている。

LINEモバイル vs Y!mobile 比較⑥ データ量を節約するサービス

サービス LINEモバイル Y!mobile
独自のサービス データフリー データ増量無料キャンペーン2
データ量の繰り越し ×
データ量をシェア データプレゼント ×

次に、データ量を節約するサービス、データ量を有効活用できるサービスの比較をさせて頂こうと思います。

LINEモバイルでは、ユーザー目線でのサービスが色々と提供されていますが、ワイモバイルの場合は、既にご説明をさせて頂きました「データ増量無料キャンペーン2」でデータ量の増量はあるものの、データ量を節約するサービスはありません。

LINEモバイルはデータ量の繰り越しが出来る!

データ繰り越し

私は以前、大手キャリアのドコモを使っていまして、当時、私はデータ量を余らせる事が多かったので、余ったデータ量を翌月に繰り越すことができない事に対してかなり不満を持っていました。

ひよっこ君
大手キャリアは今でもデータ量を繰り越すことができないよね。

しかし、LINEモバイルに乗り換えてからは、LINEモバイルでは当月に使い切れなかったデータ量翌月に繰り越せますので、データ量を無駄にする事も少なくなり、とても嬉しく思っています。

大手キャリアよりも格安SIMの方がユーザー目線でサービスを考えてくれとる。
スマホ博士

しかし、格安SIMを始め、同じサブブランドのUQモバイルでも、当月に使い切れなかったデータ容量は翌月まで繰り越せる中、ワイモバイルでは、データ通信容量が当月の上限に満たなかった場合でも、余ったデータ容量を翌月へ繰り越す事はできません。

例えば、スマホベーシックプランMの場合は、通常の9GBのデータ量が「データ増量無料キャンペーン2」によって1年間12GBに無料で増量されますが、仮に、当月は5GBしか使わなかった場合、残りの7GBが繰り越せないと無駄になってしまいます。

LINEモバイルの様に、5GB7GBのデータ量のプランがあれば、無駄にするデータ量も少なくなりますが、7GBも無駄にする事になると、とてももったいない気がしてしまいます。

LINEモバイルは「データプレゼント」でデータ量をシェアできる!

データプレゼント

LINEモバイルでは「データプレゼント」という機能を使って、LINEアプリで繋がっているご家族やお友だちどうしでデータ量をあげたりもらったりする事ができます。

例えば、ご家族4人で使っている場合、お子さまがデータ量を使い切ってゼロになった時など、親御さまのデータ量をあげる事ができ、データ量をシェアする事ができます。

ひよっこ君
家族間だけじゃなくて、お友だちともデータ量をシェアできるから便利なんだ。

しかしワイモバイルでは、家族割引サービスに申し込んでいる場合でも、家族間でデータ容量を分け合うことはできません

「10分間の通話無料」や素晴らしいキャンペーンを開催しとるのに残念じゃ。
スマホ博士

例えば、ご家族でワイモバイルを利用する場合、親御さまの余ったデータ量をお子さまにあげる事ができれば、お子さまがデータ量を使い切ってしまった時でも、データ量の追加購入をせずに、スマホ代を安くする事ができます。

LINEモバイルもワイモバイルも、データ量の追加購入500MB当たり500円と割高になりますので、データ量をシェアできるかできないかは、データ量を上手に使う上でかなり重要なポイントだと思います。

「データ量を節約するサービスの比較」のまとめ

  • LINEモバイルでは、当月の余ったデータ量を翌月に繰り越すことができるが、ワイモバイル繰り越すことができない
  • LINEモバイルは余ったデータ量を家族や友達にプレゼントしたり、逆に使い切ってしまった場合にはもらう事ができる。
  • ワイモバイルは家族間や友達間でデータ量を分け合う事ができない
  • データ量を節約したり有効活用するサービスでは、LINEモバイルの方がお客様目線のサービスがある。

LINEモバイル vs Y!mobile 比較⑦ セット購入できるスマホ

それでは次に、LINEモバイルワイモバイルで、販売されているスマホの比較をさせて頂きます。

今お使いのスマホを乗り換え先でも使う場合は、この部分は関係ありませんので読み飛ばして頂ければと思いますが、もし、乗り換えと同時にスマホの購入もご検討の皆さまは、是非、参考にして頂ければと思います。

LINEモバイルで販売中のスマホ一覧(2020年3月現在)

 

3月最新販売中のスマホ

3月最新販売中のスマホ

3月最新販売中のスマホ

 

 

LINEモバイルでは、iPhoneが2種類、androidスマホが17種類、タブレットが2種類、ルーターが2種類、販売されています。

ひよっこ君
キャンペーン中のスマホが3種類あるよ。

ココに注意

販売状況は刻々と変わりますので、直近の状況は「LINEモバイル公式サイト」でご確認下さい。

Y!mobileで販売中のスマホ一覧(2020年2月現在)

2020年1月のY!mobileで販売中のスマホ

現在、ワイモバイルで販売中のスマホは、iPhoneが2種類、android端末が15種類(内、アウトレットが6種類)、ルーター(ポケットWi-Fi)は3種類、販売中のタブレットはありません。

Y!モバイルはiPhone7が販売されとるのが良いのう。
スマホ博士

ココに注意

販売状況は刻々と変わりますので、直近の状況は「ワイモバイル公式サイト」でご確認下さい。

取り扱い数の比較

端末の種類 LINEモバイル Y!mobile
iPhone 1種類 2種類
androidスマホ 16種類 15種類
タブレット 2種類 0
ルーター 2種類 3種類

ワイモバイルでiPhone7が販売されているのが強みですが、android端末についてもLINEモバイルと同じだけの豊富な品揃えがあります。

ひよっこ君
ワイモバイルはソフトバンク直営だから、iPhoneも強いんだね。
android端末は1種類だけLINEモバイルの方が多いぞ。
スマホ博士

「セット購入できるスマホの比較」のまとめ

  • LINEモバイルにはiPhone7の販売はないが、ワイモバイルではiPhone7が販売されている。
  • android端末については、ワイモバイルよりもLINEモバイルの方が品揃えが豊富。
  • iPhone6sの販売価格はソフトバンクのサブブランドのワイモバイルの方が安い。
  • ワイモバイルでは、ソフトバンクからの乗り換えにはスマホの割引が適用されない
  • ドコモauからワイモバイルへの乗り換えは、スマホの割引が適用されて安く買える。

LINEモバイル vs Y!mobile 比較⑧ サポート体制

サポート体制については、携帯会社を決める判断基準としては、料金キャンペーン通信速度と比べますと重要度が落ちるかも知れません。

しかし、使い始めてから分からない事が出て来た時に、問い合わせ窓口があるかどうか、また、きっちりとしたフォローが受けられるかどうかは、やはり重要な判断ポイントになります。

ひよっこ君
そうだよ。サポート体制は携帯会社のユーザーに対しての気持ちだから。
そうじゃな。サポートが悪いとユーザー目線が欠けていると考えられるしのう。
スマホ博士

そこで次は、LINEモバイルワイモバイルサポート体制の比較をさせて頂きます。

結論から言いますと、LINEモバイルワイモバイルも、皆さまのお悩み事を解決するサポート体制しっかりと整っていますので、ご安心下さい。

LINEモバイル Y!mobile
  • チャット(オペレーター)
  • チャット(AI)
  • 電話
  • 店舗
  • チャット(オペレーター)
  • チャット(AI)
  • 電話
  • 店舗
  • ワイドサポート

LINEモバイルワイモバイルともに、充実したサポート体制を整えています。

ひよっこ君
両社とも、基本的なサポート体制はすべて揃ってるね。

そして、チャット電話でのサポートの受付時間は下記の通りです。

サポート LINEモバイル Y!mobile
チャット(オペレーター) 10:00~19:00 9:00~20:00
チャット(AI) 24時間 24時間
電話 10:00~19:00 9:00~20:00
LINEモバイルは、1時間遅く始まって、1時間早く終わるんじゃな。
スマホ博士

LINEモバイルのサポート

いつでもヘルプ

LINEモバイルのサポートで特徴的なのは、LINEのトークを使ったサポート体制の「いつでもヘルプ」になります。

簡単な質問であれば、24時間体制AI(人口知能)に質問をする事ができますし、込み入った質問であれば、午前10時から午後7時までの限定になりますが、直接、オペレーターさんに質問をして回答を得る事ができます。

ひよっこ君
いつでもヘルプは、画像を添付して質問もできるんだよ。

LINEのトークを利用したサポートですので、LINEモバイルのマイページの操作方法など、なかなか言葉では説明しにくいご質問でも、そのスマホのスクリーンショットをアップして質問をする事で、簡単に質問の意図を伝える事ができます。

また、スマホが苦手な方には、電話でのサポート窓口もありますが、LINEモバイルのサポートは、チャットも電話もオペレーターさんの対応は午後7時までとなり、お仕事をなさっておられる方には早い時間に終わってしまうのが残念な点です。

そうじゃのう。せめて午後8時までは受け付けて欲しいのう。
スマホ博士

また、LINEモバイルは、全国の家電量販店に契約ができるLINEモバイル取り扱い店舗600店以上ありますが、こちらは基本的には契約して即日でSIMカードを受け取る窓口になりますので、混雑している時に質問だけは難しいかも知れません。

Y!mobileのサポート

ワイモバイルのサポート

ワイモバイルのサポートも、ほぼLINEモバイルのサポートと内容は同じで、とても充実したサポート体制があります。

チャットでのオペレーターさんへの質問は当初は18時まででしたが、お客様の利便性を考え、2019年12月11日より正式に20時までとなり、かなり使い勝手が良くなりました。

ひよっこ君
そうなんだよ。夜8時まで受付してくれて、めっちゃ利便性が高まったんだよ。

電話でのサポートはLINEモバイルと少し違いまして、契約前の方には電話での窓口は用意されておりませんが、契約後には、カスタマーセンターテクニカルサポートの窓口が準備されています。

店舗については、全国に直営のお店があり、新規の契約だけではなく機種変更契約内容の変更などまでできる店舗がありますし、「Android Ambassador(アンドロイド アンバサダー)」というandroid端末のスペシャリストがいるお店もあります。

一部のソフトバンクのお店でも、ワイモバイルの取り扱いをしておるから便利じゃぞ。
スマホ博士

また、ワイモバイルでは月額で500円がかかりますが、スマホ初心者のお客さまをしっかりサポートする「ワイドサポート」というサービスもあります。

ワイドサポート

サポート内容は上の画像の通りで、スマホの操作方法だけではなく、パソコンやタブレットの使い方、また、LINEなどのSNSについても色々と教えて頂けますので、スマホを初めて持たれる方には非常にお得なサポートです。

「サポート体制の比較」のまとめ

  • LINEモバイルワイモバイルも、共に充実したサポート体制を整えている。
  • LINEモバイルはLINEを使った「いつでのヘルプ」が特徴的なサポート。
  • LINEモバイルのオペレーターさんの受付は、午後7時までと少し短い。
  • Yモバイルはチャットも電話もオペレーターさんは20時まで受付している。
  • Yモバイル店舗も充実、SOFTBANKショップの一部でもYモバイルを取り扱いがある。

LINEモバイル vs Y!mobile 比較⑨ 支払方法

次に、LINEモバイルワイモバイル支払方法の比較です。

格安SIMの中には、クレジットカードを持っていないと契約する事ができない所もありますが、この2社はどうでしょうか。

LINEモバイル Y!mobile
  • クレジットカード
  • LINE Pay
  • LINE Pay カード
  • クレジットカード
  • 口座振替

結論から言いますと、LINEモバイルワイモバイルも、クレジットカードをお持ちでなくても申し込んで頂く事が出来ますので、ご安心下さい。

ワイモバイルの方は、クレジットカードでのお支払いの他、銀行の口座振替でのお支払い方法も可能ですので、クレジットカードをお持ちでない方やクレジットカードでのお支払いが嫌いな方でもワイモバイルを使って頂く事ができます。

ひよっこ君
ワイモバイルは一般的な支払い方法だから分かりやすいよ。

一方、LINEモバイルのお支払い方法は、クレジットカードでのお支払いは理解ができますが、「LINE Pay」と「LINE Pay カード」でのお支払い方法については分からない方もいらっしゃると思いますので、以下で簡単にご説明をさせて頂きます。

LINEモバイルの「LINE Pay カード」でのお支払いとは?

LINE Payカード

LINEモバイルのお支払い方法には、クレジットカードの他に「LINE Pay」と「LINE Pay カード」によるお支払い方法があります。

LINEモバイルのお支払い方法における「LINE Pay」でのお支払いは、LINE Payに登録したクレジットカードでのお支払い、つまり、LINE Payを経由してクレジットカードで支払う事になりますので、ここではご説明を控えさせて頂きます。

ここでご説明をさせて頂きますのは、クレジットカードをお持ちでない方が利用できる「LINE Pay カード」でのお支払い方法になります。

LINE Pay カードは見た目はクレジットカードですが、JCBと提携したプリペードカードになりまして、LINEモバイルのお支払い方法に「LINE Pay カード」を設定する事で、LINE版の電子マネーである「LINE Pay」にチャージされた残高からお支払いがなされます。

ひよっこ君
LINE Payはスマホでピッと払う、SUICAや楽天Edyの様な電子マネーだよ。
LINE Pay カードは、JCBブランドのリアルなプリペードカードじゃぞ。
スマホ博士

詳細は、以下の参考記事をご覧頂ければと思いますが、つまりは、LINE Pay カードでのお支払い方法で、クレジットカードをお持ちでない皆さまもLINEモバイルをご利用頂く事ができます。

そして、LINE Pay銀行を登録し、オートチャージの設定をする事で、LINE Payの残高が指定した金額を下回った時に自動的に現金がチャージされますので、毎回、毎回、LINEモバイルの料金をLINE Payにチャージする必要もなく、まるで銀行の口座振替の様にお支払い頂く事ができます。

LINE版の電子マネーであるLINE Payは、誰でも簡単にLINEアプリから登録する事ができますし、LINE Pay カードプリペードカードになりますので、クレジットカードの様な審査もなく、誰でも作ることが可能です。

「お支払い方法の比較」のまとめ

  • LINEモバイルワイモバイルも、クレジットカードがなくても申し込みが出来る。
  • ワイモバイルには、クレジットカード銀行の口座振替の2つのお支払い方法がある。
  • LINEモバイルでは、「LINE Pay カード」という支払い方法で現金でも支払う事ができる。

LINEモバイル vs Y!mobile 比較⑩ 縛りの期間と違約金

さて、LINEモバイルワイモバイルの比較も残り2つとなりました。

縛りの期間違約金と言いますと、解約する時の事になり、今からお申し込みをなさる皆さまには関係のないお話かもしれません。

しかし、将来、より魅力的な携帯会社が出て来た時に、すぐに乗り換える事が出来るのか、その時に違約金が発生するのかを知っておく事は非常に大事な事ですので、あらかじめ、ご承知おき頂ければと思います。

  LINEモバイル Y!mobile
最低利用期間 12ヶ月 なし
契約解除料 1,000円 0円
ひよっこ君
LINEモバイルは1年以内の解約は1,000円だよ。
ワイモバイルはいつでもタダで解約ができるぞ。
スマホ博士

LINEモバイルの最低利用期間と契約解除料

LINEモバイルには、最低利用期間契約解除料の規定がありますが、まずお伝えさせて頂く事は、この最低利用期間と契約解除料は音声通話SIMのみに発生するもので、通話機能のないデータSIMデータSIM(SMS付き)にはありません。

ひよっこ君
データSIMはいつでも無料で解約できるんだよ。

そして、通話ができる音声通話SIMをご契約なさっている場合には、最低利用期間12ヶ月、正確には「利用開始日を含む月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで」になり、この期間中に解約をしますと、1,000円の違約金が発生します。

1年を超えたら、音声通話SIMもタダで契約ができるんじゃぞ。
スマホ博士

LINEモバイルでは、電気通信事業法改正前の2019年9月30日以前に契約をなさった方は、1年以内の解約で9,800円の契約解除料がかかってしまいますので、今から申し込まれる方は、1,000円はかかりますが、負担はとても少なくなりました。

Y!mobileの最低利用期間と契約解除料

ワイモバイルでは、電気通信事業法改正前の2019年9月末までは「スマホプラン」がメインとなり、このスマホプランには2年間の最低利用期間が設定されていました。

しかし、2019年10月1日からの新プラン「スマホベーシックプラン」には、最低利用期間契約解除料はありませんので、いつもで無料で解約する事ができます。

ひよっこ君
魅力的な携帯会社が出てきたら、すぐに乗り換える事ができるんだね。
Yモバイルは自信があるから、違約金をゼロにしてしまったんじゃ。
スマホ博士

「縛りの期間と違約金の比較」のまとめ

  • LINEモバイル音声通話SIMの契約では、1年以内に解約すると1,000円の違約金が発生する。
  • LINEモバイルデータSIMの契約では、最低利用期間や違約金はなく、いつでも無料で解約できる
  • Yモバイルは、最低利用期間や契約解除料はなく、いつでも無料で解約できる
  • LINEモバイルでは1年以内の解約で1,000円がかかるが、以前と比べるととても解約しやすくなった

LINEモバイル vs Y!mobile 比較⑪ お子さま向けサービス

それでは、LINEモバイルワイモバイルとの最後の比較をさせて頂こうと思いますが、それは、小学生中学生のお子さまがいらっしゃるご家族に向けまして、お子さまにスマホを持たせる場合の比較です。

比較する項目は下の表の通りです。

  LINEモバイル Y!mobile
最安の料金 データSIM
500円/1GB
スマホベーシックプランM
1,480円/3GB
フィルタリングアプリ i-フィルター(月額無料) あんしんフィルター(月額無料)

それぞれの項目をご説明させて頂きます。

最低の料金

500円でここまで出来る!

LINEモバイルにはLINEが使い放題の500円プランがある!

親御さまのスマホ代も、お子さまに持たせるスマホ代も、安いに越した事はありませんが、お子さまに持たせるスマホには過度の機能は不要だと思います。

高校生のお子さまなら、活動範囲も広くなっていると思いますので、通話機能があっても良いと思いますが、小学生や中学生のお子さまには、通話機能までは必要ないと思います。

ひよっこ君
そうだね。小中学生には連絡できるツールとしてLINEで十分だよ。

その点、LINEモバイルにはデータ通信専用のSIMカードがあり、たった500円で1GBのデータ量と、LINEがデータフリーで使い放題になるプランがあります。

機能があり過ぎると、スマホで遊んで勉強しなくなってしまうからのう。
スマホ博士

小学生や中学生のお子さまは、ご家族との連絡はLINEでなさる事が多いと思いますし、お友だちとのやり取りもLINEだと思いますので、このLINEが使い放題のLINEモバイルの500円プランは、まさにお子さまのスマホにピッタリです。

ワイモバイルには通話とインターネットがコミコミのプランのみ

一方、ワイモバイルの方は、データ通信専用のプランはなく、通話インターネットコミコミのプランしかありません。

ひよっこ君
大人にはすごく有難いプランなんだけどね。

そして、ワイモバ学割が適用されるのは、スマホベーシックプランMRになり、Mの場合で、利用開始の翌月からの半年間は1,480円、その後の半年間は2,180円、データ量も1年間は12GBも使えますので、高校生のお子さまには良いと思います。

しかし、小学生中学生のお子さまには十分すぎる仕様となり、YouTubeやオンラインゲームなどがいくらでもできるデータ量ですので、勉強が疎かになってしまう可能性があります。

それに、お子さんが3人いたら、LINEモバイルは1,500円じゃが、ワイモバイルは7ヶ月目からは6,000円オーバーじゃぞ。
スマホ博士

フィルタリングアプリ比較、「i-フィルター」VS「あんしんフィルター」

お子さまにスマホを持たせるに当たり、親御さまとしましては、怪しいサイトを見ないだろうか、SNSで変な大人とやり取りしないだろうか、スマホでYouTubeばっかり見て、勉強はちゃんとするだろうかと、不安は募るばかりでだと思います。

ひよっこ君
僕のお父さんとお母さんもとっても心配していたよ。

フィルタリングアプリは、怪しいサイトをブロックしてお子さまに見せない様にしたり、怪しいアプリをお子さまに使わせない様にする事ができるアプリになり、お子さまの安全を守ると同時に、親御さまにも安心して頂く事ができます。

フィルタリングアプリはお子さまスマホには絶対に必要なんじゃ。
スマホ博士

フィルタリングアプリについては、有料のオプションにしている所がほとんどの中、LINEモバイルワイモバイル無料で提供していますので、ここでは、ぞれぞれが採用しているフィルタリングアプリの内容をご紹介させて頂きます。

LINEモバイルの「i-フィルター」

i-フィルター

LINEモバイルが採用している、デジタルアーツ社の「i-フィルター」は、マイネオや楽天モバイル、IIJmioなど、ほとんどの格安SIMが有料オプションとして採用している、シェア№1のフィルタリングアプリになります。

怪しいサイトをブロックしたり、怪しいアプリを使わせない様にするフィルタリングアプリの基本的な機能だけではなく、どんな言葉で検索をしているのか、お子さまは今どこにいるのか、あるいは、スマホの利用時間を制限したり、利用状況をメール通知する機能まで満載されています。

ひよっこ君
「i-フィルター」は何と言っても、全国のPTAが推薦してるんだもんね。
大手のパソコンメーカーが採用しているのもすごい事じゃぞ。
スマホ博士

Y!mobileの「あんしんフィルター」

あんしんフィルター

一方、ワイモバイルは「あんしんフィルター」というフィルタリングアプリを採用しています。

あんしんフィルター」は大手キャリア3社も採用しているアプリになりますので、とても信用性の高いフィルタリングアプリです。

  • 青少年に不適切なサイトへのアクセス制限に加え、アプリケーションについても利用制限ができる。
  • 通話ウェブ閲覧利用状況が把握できる。
  • 利用時間が管理でき、勉強中や夜間の使い過ぎを防げる
  • 指定した時間の居場所がわかる

機能に関しては上記の通りで、「i-フィルター」と同じく、お子さまの安全を守りながらも、親御さまにも管理をして頂きやすいアプリです。

「お子さま向けサービスの比較」のまとめ

  • LINEモバイルにはデータ通信専用、LINEが使い放題のお子さまスマホ向けの500円プランがある。
  • ワイモバイルワイモバ学割を適用するには、機能が十分すぎるスマホベーシックプランのMRになる。
  • 費用対効果で考えると、プランとしてはLINEモバイルの500円プランの方がお子さま向けに適している
  • フィルタリングアプリについては、「i-フィルター」も「あんしんフィルター」も優れている。

LINEモバイルとY!mobileを徹底比較、まとめ!

LINEモバイルとY!mobileの比較皆さま、お疲れ様でした。長い記事でしたので、お疲れになられた事と思います。

さて、LINEモバイルワイモバイル全11項目に渡って、徹底的に比較をしてまいりましたが、それぞれの違いメリットデメリットについて、ご理解を頂けましたでしょうか。

LINEモバイルは、通話ができるプランだけではなく、インターネットのみができるデータSIMも取り扱っていますし、選択できるデータ量も10GBまでで5種類もありますので、色々な方にご自身にぴったりなプランを利用して頂く事ができます。

ひよっこ君
LINEモバイルは人気のSNSがデータフリーで使い放題だしね。

一方、ワイモバイルは通話とインターネットがコミコミのプランのみを取り扱っていて、通話機能が必要な方、電話をたくさんかける方、そして、料金を気にすることなく電話をかけたい方に特化したプランになっています。

ワイモバイルは1日中、高速通信でネットができるしのう。
スマホ博士

データ通信専用のプランをご希望の方、SNSをデータ量を気にする事なく使いたい方、通信速度が譲れない方、などなど、皆さまのご要望に最も沿ったプランがいずれかにはあると思います。

是非、じっくりとご検討を頂きまして、皆さまにピッタリなプランがある方をお選び頂ければと思います。

そして、ご家族お友だち大事な方と、スマホで快適にコミュニケーションを図って頂ければと思います。

最後までお読み下さいまして、有難うございました。

宜しくお願い致します。

LINEモバイルはとっても素晴らしい格安SIMですよ!

是非、LINEモバイルにお申し込み頂き、ご家族やお友達と「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!

ひよっこ君
下のバナーから申し込みができるよ。(笑)
宜しくお願いしますぞよ。(笑)
スマホ博士

-LINEモバイルとは

Copyright© LINEモバイルで Let's Communication! , 2020 All Rights Reserved.