LINEモバイルとは

【初心者向け】LINEモバイルのデータプレゼント、やり方・注意点を徹底解説!

データプレゼント

ひよっこ君
博士~、今月、もう、データ量が足らないんだよ~...。スマホが使えなくなっちゃうよ~...。
そうなのかい、ひよっこ君。それじゃあ、ワシのデータ量を少し分けてやろう。
スマホ博士

LINEモバイルをご利用中の皆さま、こんにちわ。

また、今、LINEモバイルをご検討なさっておられる皆さまも、こんにちわ。

さて、冒頭のひよっこ君の言葉ですが、皆さまもこんな事、今までに1回や2回は経験した事があるのではないでしょうか。

私も、過去、キャリアのスマホを使っていた時、旅行に行った時とか、一時的にスマホを使い過ぎてしまった時に、月末前にデータ量を使い切ってしまって、最大128kbpsのキャリアの低速通信の制裁を受けて、スマホが思い通りに使えず、本当に困った事が何回もあります。(汗)

私は元々、大手キャリアのドコモを使っていたのですが、基本的には、家では家のWi-Fiに繋いで、職場では職場のWi-Fiに繋いでいたので、普段は契約データ量の半分位、余らせていたのです。

そんな中、いざ、データ量が足らなくなった時には、普段、いくらデータ量を余らせていても低速通信の酷い仕打ちに見舞われ、そして、毎月、ただでさえ、8,000円とか10,000円とか高い料金を払っているのに、さらに追加でお金を払って、追加でデータ量を購入して...。

ひよっこ君
なんか、納得できない感じだね...。

おそらく、以前、キャリアを使っておられた皆さまは、私の様に踏んだり蹴ったりな目に遭った事もあるかも知れませんし、今、キャリアを使っておられる皆さまも、今は昔よりキャリアのスマホも安くなった様ですが、それでも、ユーザー本意ではない使い勝手が悪い事が多々あるのではと思います。

その後、私はドコモに見切りを付けてLINEモバイルに乗り換えたのですが、一番の目的はスマホ代を安くする為で、実際にスマホ代は、8,000円位から端末保証電話かけ放題を付けても3,000円を切る程になって大満足だったのですが、それだけではなく、LINEモバイルではデータ量を有効活用する為、データ量をあげたり貰ったりする事まで出来たのです。

格安SIMの方がよっぽどユーザーの事を考えとるぞ。
スマホ博士

という事で、この記事では、データ量が足らなくなった時のお助け機能、LINEモバイルのデータプレゼントについて、詳しくご説明をさせて頂こうと思います。

どうぞ、よろしくお願い致します。

\LINEモバイルの最新キャンペーンはこちらから!/

LINEモバイルでデータ量が足らなくなった時の対応策、3つ

LINEモバイルのデータプレゼントのご説明に入る前に、まずは、データ量が足らなくなった時に、LINEモバイルで考えられる対応策をご説明させて頂きます。

ひよっこ君
そうだね。いざという時の為の方法は知っておくべきだね。

LINEモバイルを使う場合でも、やはりデータ量を使い切ってしまうケースは考えられますので、LINEモバイルを快適に使う上でも、知識として対応策を知っておいて頂ければと思います。

そのまま放置して低速通信で月末まで乗り切る

月末まであと数日の段階でデータ量がなくなってしまった場合は、人によりましては、この方法をとる事でも良いと思います。

LINEモバイルの場合は、データ量を使い切ってしまった場合でも、データフリーの機能でLINEなどの主要なSNSは高速のままで使う事ができます。

その他のサービスを利用する場合は、最大200kbpsの低速通信速度となり、ウェブサイトを見るのにも、読み込むまでに時間がかかってしまいますが、利用する事自体は可能です。

ですので、SNSを中心にスマホを使っている人や、普段はWi-Fiに繋げておく事が出来る人は、そのまま月末まで我慢するのも一つの方法です。

月末まで残り数日じゃったら、この方法も十分ありじゃぞ。
スマホ博士

データ量を追加購入する

月末までまだまだ日数がある場合は、やはり低速通信ではスマホが思い通りに使えませんので、データ量を追加購入するのも一つの方法です。

ひよっこ君
LINEモバイルでは、データ量を追加で購入する事もできるんだよ。
そうなんじゃが、追加購入は割高になってしまうのがネックなんじゃ。
スマホ博士

<docomo回線の場合>

0.5GB(500円)、1GB(1,000円)、3GB(3,000円)を、1ヶ月のうち合計3回まで購入できます。

<SoftBank回線・au回線の場合>

0.5GB(500円)、1GB(1,000円)を、1ヶ月のうち合計10回まで購入できます。

LINEモバイル公式サイト

料金としては、上記の通り、0.5GB当たりで500円となり、例えば、LINEモバイルのコミュニケーションフリープランの音声通話SIMなら、3GBが1,690円5GBが2,220円2GBのデータ量の差が530円ですので、かなり割高になってしまいます。

ひよっこ君
でも、背に腹は代えられないもんね。

ちなみに、追加購入したデータ量については、翌月まで繰り越す事が可能です。

データプレゼントを活用する

もし、ご家族やお友だちでLINEモバイルを使っている方がいらっしゃれば、LINEモバイルではデータ量をあげたり、もらったりする事が出来ますので、この方法がベストです。

この、データ量をあげたり、もらったりできる機能を、LINEモバイルではデータプレゼントといいますが、キャリアにはない、とっても素晴らしい機能です。

この記事では、このデータプレゼントについて、詳細にご説明をさせて頂きます。

このデータプレゼントは、ユーザー目線で考えられたとっても便利な機能なんじゃぞ。
スマホ博士

補足:慢性的にデータ量が不足する場合はプラン変更

補足にはなりますが、もし、慢性的にデータ量が不足する場合は、契約しているプランが合っていないと思われますので、プランそのものを検討し直す必要があるかも知れません。

常に大量にデータ量が余ってしまう場合も同様です。

LINEモバイルでは、SIMカードのタイプが同じであれば、プラン変更はいつでも無料で出来ますので(翌月から適用)、来月、旅行に出かける予定があったり、データ量をたくさん使う事が考えられる場合は、データ量の多いプランに変更する事も可能です。

ひよっこ君
いつでも無料でプランを変更できるのも、ほんと、有難い事だよね。
プランを変更した方が、データ量を追加購入するよりもお得じゃしのう。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルのデータプレゼントとは?

データプレゼントという事で、データ量の有効活用、最もお得にデータ量をあげたり、もらったりする事ができる、LINEモバイルのデータプレゼントをご紹介させて頂きます。

ひよっこ君
こんな事ができれば便利だよねって思える、そんな便利な機能だよ。
その通りじゃ。
スマホ博士

まず、LINEモバイルのデータプレゼントとはどういうサービスなのかですが、ずばり、LINEモバイルの利用者同士で、データ通信量をあげたり、もらったりする事ができるサービスになります。

もう少し正確に言いますと、LINEモバイルを使っている人同士で、且つ、LINEで友だちになっている人同士で、データ量をあげたり、もらったりする事ができるサービスです。

とてもシンプルな機能ですが、キャリアにはない機能になりまして、スマホを使っている人なら普通に考える事、周りにデータ量の足らない人がいるなら、その人にデータ量を譲ってあげよう、逆に、自分がデータ量が足らなくなった時には、周りの人からデータ量をもらって助けてもらおう、こんな単純なユーザーの希望を実現した機能です。

ひよっこ君
何でキャリアはこんな単純なユーザーの希望を汲んでくれないんだろうね。

本当にその通りで、ドコモauは2019年6月から新料金プランになりまして、以前よりかは料金も安くなって、使い勝手も良くなったのかも知れませんが、以前にあった家族間でデータ量をシェアできるプランはなくなり、みんなでデータ量を共有するという考え方はなくなりました。

時代に逆行している様にも感じるんじゃがのう...。
スマホ博士

LINEモバイルは、「コミュニケーションを通じてみんなで仲良くしましょう」というLINEが親会社の1社になりますので、ハッキリ言いまして、このLINEモバイルのデータプレゼントの機能は、そのLINEの助け合いの精神に満ちたサービスになります。

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルのデータプレゼントの素晴らしいところ

それでは、そんなLINEモバイルのデータプレゼントの詳細をご説明させて頂きます。

ざっくり、LINEモバイルのデータプレゼントの素晴らしい所はこんな所です。

  • 家族以外でもあげたりもらったりできる
  • データプレゼントは超・簡単に使える
  • データプレゼントはタダで使える

LINEモバイルのデータプレゼントは、まさに、私たちがこうあって欲しいという考えを、そのまま実現してくれているサービスになります。

それでは、一つ一つ、ご説明をさせて頂きます。

LINEモバイルのデータプレゼントは家族間だけではない!

LINEモバイルのデータプレゼントは、家族間でデータ量をあげたり、もらったりできるのは当然の事、家族間に限らず、家族以外のLINEの友だちとの間でも、データ量をあげたり、もらったりする事ができます。

ひよっこ君
嬉しいね。友だちが困ってたら助けてあげたいもん。

例えば、友だちがデータ量が足らなそうなら、あげられるものならデータ量をあげたいという気持ちは当たり前ですし、職場の人バイト先の人でも、仲良しの人がデータ量が不足していたら、自分のデータ量に余裕があるのなら、譲ってあげたいですよね。

そんな気持ちをユーザー側が持っていても、キャリアを始め、携帯会社側にその様な仕組みがなければデータ量をあげる事もできませんが、そこまで出来るのがLINEモバイルのデータプレゼントですので、友達との関係も一層、良好になります。

LINEモバイルはユーザーの気持ちをよく考えてくれとる。
スマホ博士

LINEモバイルのデータプレゼントはとっても簡単!

そして、LINEモバイルのデータプレゼントは、LINEアプリを使ってとっても簡単にできます。

後ほど、画像付きでご説明をさせて頂きますが、LINEアプリで「データプレゼント」というメニューをタップするだけですので、誰でも簡単に友だちや家族にデータ量をあげる事ができますし、データ量をもらう人は特に何もする必要はありません。

ひよっこ君
小学生の小さいお子さんや、おじいちゃん、おばあちゃんでも出来る簡単さだよ。

データプレゼントの機能は無料で使える!

LINEモバイルのデータプレゼントの機能は無料で使う事ができます。

キャリアの中では唯一、auが「データプレゼント」というサービスを提供していますが、このauの「データプレゼント」は、新たにデータ量を購入して(0.5GB:550円 or 1GB:1,000円)、その購入したデータ量を友人や家族にプレゼントする機能なんです。

なんじゃそれは? 自分のデータ量はあげる事はできんのか?
スマホ博士

本当にその通りでして、データ量をプレゼントする事自体はタダで出来るようなのですが、何で新たにデータ量を購入して友人や家族にプレゼントしなければいけないのか、何故、持っているデータ量はあげる事ができないのか、不思議に思ってしまいます。

ちょっと話はそれましたが、LINEモバイルはデータプレゼントの機能を使う事自体もタダですし、持っているデータ量を友だちや家族にあげる事になりますので、そこに一切、費用は発生しません

データプレゼントはタダでデータ量が貰える!

冒頭でもご説明をさせて頂きました通り、LINEモバイルの場合、使い切ってしまったデータ量を増やす方法は、「データ量の追加購入」か「データプレゼント」になります。

データ量の追加購入」の場合は0.5GBで500円割高な費用がかかりますが、「データプレゼント」の場合は助け合いの精神が基本ですので、家族やお友だちの好意によってタダでデータ量を貰う事が出来ます。

ひよっこ君
日頃の友だち付き合いが大事になってくるね。

そうですね。

親ならいつも貰ってばっかりのわがままでも許してくれますが、お友だちの場合はそれでは怒られてしまいますから、貰うばかりではなく、お友だちが困っている時には助けてあげる思いやりの気持ちも大事になって来ます。

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルのデータプレゼントの注意点

こんなに素晴らしいLINEモバイルのデータプレゼントの仕組みですが、一応、注意点もあります。

ざっくり、こんな感じです。

  • あげる事ができるデータ量とあげる事ができないデータ量がある
  • もらったデータ量は翌月に繰り越しができない

それでは、ご説明させて頂きますね。

あげる事ができるデータ量とあげる事ができないデータ量がある

1つ目の注意点は、データプレゼントで家族やお友だちに「データ量をあげる場合」の注意点になります。

データ量の種類

データ量の種類

これは、LINEモバイルのマイページに入って頂きますと、トップ画面に表示されている「当月のデータ残量」を示した画面になりますが、ご覧の通り、LINEモバイルには4種類のデータ量があります。

  • 前月からの繰り越し分
  • データプレゼント受け取り分
  • 基本データ通信量
  • 追加購入したデータ容量

この4種類のデータ量の中で、家族や友達にプレゼントする事ができるデータ量は、上から3番目に記載された「基本データ通信量」だけになります。

この「基本データ通信量」とは、当月分の契約データ量の事になりまして、余れば、来月に繰り越しができるデータ量になります。

他の3つのデータ量、「前月から繰り越されたデータ量」や「データプレゼントでもらったデータ量」、「追加購入したデータ量」は、データプレゼントとして、家族や友達にあげる事はできません

ですので、データプレゼントであげる事が出来る最大のデータ量は、マイページに記載された当月分の使用可能なデータ量という事になります。

ひよっこ君
マイページを見れば一目瞭然だね。

もらったデータ量は翌月に繰り越しができない

2つ目の注意点は、データプレゼントで「データ量をもらった時」の注意点になります。

表題の通り、データプレゼントでもらったデータ量については、翌月に繰り越す事はできません

データ量をあげる立場の人からすると、翌月に繰り越すことができる当月分のデータ量をあげる訳ですが、もらう方の立場の方からすると、もらったデータ量は繰り越すことができませんので、その月中に使わなければいけません

データ量をもらう人はデータ量が不足してる人じゃから、否応なくその月の内に使ってしまうじゃろう。
スマホ博士

その通りですし、また、データプレゼントでデータ量を貰う人は、家族やお友だちの好意でタダでデータ量を貰っている訳ですから、追加購入したデータ量の様に繰り越しができなくても文句は言えません。

ですので、データ量を下さる方とも相談して、あまりたくさんもらい過ぎず、使える分のデータ量だけ、もらう様に気を付けた方が良いと思います。

参考:データ量が消費される順番はこんな感じ

4種類のデータ量のお話が出ました所で、ついでにこのお話もさせて頂きます。

データプレゼントでデータ量をもらった方からしますと、そのデータ量は繰り越しが出来ないという事だけど、他のデータ量との関係で、どの順番で消費されるのか、気になりますよね。

ですので、データ量の消費される順番についても、参考までにご説明をさせて頂きます。

データ量の消費される順番

データ量の消費される順番

この図は、先ほどもアップさせて頂きましたが、LINEモバイルのマイページに入って頂いたトップ画面に表示される「当月のデータ残量」の画面のスクリーンショットになりますが、こちらの図には、各データ量に番号を振らせて頂いております。

データ量が消費される順番はこの通り、上から消費される事になりまして、一番初めに消費されるのが、ご自身の前月から繰り越されたデータ量になり、その次に、データプレゼントでもらったデータ量が消費されます。

ひよっこ君
このマイページの「データ残量」の画面は分かりやすいね。
本当じゃ。上から順番に消費されるんなら一目瞭然じゃ。
スマホ博士

家族やお友だちからデータプレゼントでデータ量をもらう人は、当月分のデータ量もほぼない状態ですから、前月から繰り越されたデータ量も残っていないと考えられ、自動的にデータプレゼントでもらったデータ量が一番先に消費される事になると思います。

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルでデータプレゼントするには準備が必要【全画像付き】

さて、LINEモバイルのデータプレゼントの内容に関しましては、大方、ご理解を頂けたかと思います。

そこで、ここからは、実際にデータプレゼントをする流れについてご説明をさせて頂きますが、その前に、データプレゼントを使うには前提条件があります。

それは、LINEモバイルの「利用者連携」をしておく必要があるという事です。

ひよっこ君
データプレゼントをするには「利用者連携」が必要だよ。

LINEモバイルでは、契約した人がそのままそのスマホを使う場合は、契約した人が「契約者連携」と「利用者連携」を共にする事になりますが、例えば、18歳未満のお子さまにスマホを持たせる場合親が契約者となって契約者連携をし、子供さんは利用者として「利用者連携」をする事によって、それぞれの役割に必要な機能を使う事ができます。

スマホを使う人は利用者として登録する必要があるんじゃ。それで利用者としての機能が使えるんじゃ。
スマホ博士

スマホを実際に使う利用者としては、データ量があとどれ位、残っているのか、データ残量の確認をする事はスマホを使う上では必要な事ですし、また、データ量を使い切ってしまいそうな時は、家族やお友だちからデータ量を分けてもらえるように、データプレゼントの機能が使える事も必要になっています。

逆に言いますと、利用者として「利用者連携」をしていない場合は、データ量のチェックデータプレゼントの機能を使う事ができませんので、快適にLINEモバイルを使う上では、是非、利用者連携はして頂きたい事になります。

その利用者連携のやり方をご説明させて頂こうと思いますが、ざっくり、流れは下記の通りになります。

  1. LINEモバイル公式アカウントと友だちになる
  2. 契約者連携をする
  3. マイページで利用コードを取得する
  4. 利用者連携をする

LINEモバイル公式アカウントと友だちになる

契約者連携」「利用者連携」とは、「スマホのLINEアプリ」と「LINEモバイルの契約」を結び付け、LINEアプリ(スマホ)で快適にLINEモバイルの色々な操作を出来る様にする事ですので、まず最初に、スマホのLINEアプリでLINEモバイル公式アカウントと友だちになる必要があります。

LINEモバイル公式アカウント

まずは、スマホでLINEアプリを立ち上げて頂き、画像の通り、「LINEモバイル公式アカウント」と友だちになって頂きます。

契約者連携をする

引き続きまして、契約者連携をします。

利用者連携をする為には、契約者連携をし、マイページから「利用コード」を取得する必要があります。

契約した人がそのままスマホを使う場合は、ご自身で契約者連携をし、その足で利用者連携をして頂きますが、もし、お父さん、お母さんが契約をして、お子様がスマホを使う場合は、お父さん、お母さんに契約者連携をして頂き、利用コードを取得して頂いた上で、お子様が自分のスマホでその利用コードを使って利用者連携をする流れになります。

契約者連携

まず、スマホでLINEモバイル公式アカウントのトーク画面に入り、下の「メニュー」を開いて「契約者連携(マイページ)」をタップします。

契約者連携2

すると、「契約者連携」の画面になりますので、「新規ログインID連携」をタップします。

契約者連携3

LINEモバイルお申し込み時に設定した「ログインID」と「パスワード」を入力し、「連携する」をタップします。

契約者連携完了。

これで、あっけない程、簡単に「契約者連携」が完了です。

マイページで利用コードを取得する

マイページへ進む

引き続きまして、契約者の方に、マイページで「利用コード」を取得して頂きます。

先程の契約者連携が完了した画面で、「マイページへ進む」をタップして頂きます。

利用コード

すると、いきなり「利用コード」が表示されます。(利用コードは、数字、アルファベットの大文字、小文字、‐(ハイフン)も含む17桁の文字列です。)

利用コードをコピー

契約者の方がそのままスマホを使う場合は、引き続き、同じ端末で利用者連携をしますので、間違って入力しない様、利用コードを長押ししてコピーをしておく事をおすすめします。

もし、スマホを使うのがお子さまなど契約者と違う場合は、利用する端末でこの利用コードを入力して利用者連携をしますので、メモに取って頂ければと思います。

参考までに、例えば時間がなくて、引き続き利用者連携をせずに、上の画像の「次回から表示しない」にチェックを入れて閉じた場合は、以降はこの様に利用コードは表示されませんので、以下の方法で利用コードを確認する事ができます。

利用コード

マイページに入って頂き、「マイページトップ」をタップしてメニューを開きます。

契約情報

メニューの中の「契約情報」をタップします。

利用者コード

契約情報」のページを下の方にスクロールしますと、利用コードが表示されています。

利用者連携をする

利用者連携

ここからは、実際にスマホを使う利用者の方が自分のスマホで行って頂く事になります。

まず、LINEで「LINEモバイル公式アカウント」のトーク画面を開き、下のメニューの「利用者連携」をタップします。

利用者連携2

すると「利用者連携」のページになりますので、赤枠の部分に先ほどコピーをした「利用コード」をペーストして「連携する」をタップします。

契約者と違う方が自分のスマホで利用者連携をする場合は、メモに取った利用コードを間違えずに入力して頂きます。

利用者連携完了

すると、またまたあっけなく「利用者連携」が完了しました。

これで利用者は、データプレゼントの機能を使う事ができる様になりました。

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルでデータプレゼントする実際の流れ【全画像付き】

それでは最後、データプレゼントをする実際の流れをご説明させて頂きます。

ハッキリ言いまして、もうめちゃくちゃ簡単です。

データプレゼントの流れ

まず、スマホでLINEを立ち上げて、LINEモバイル公式アカウントトーク画面を開き、下のメニューから「データプレゼント」をタップします。

参考までに、「利用者連携」をしたスマホの利用者は、このメニューの下の3つ、「データプレゼント」と「データ残量確認」と「いつでもヘルプ」を使う事ができます。

いつでもヘルプ」につきましては、トークでオペレーターさんに質問ができるとても便利な機能ですし、「データ残量確認」に関しては、タップしますと、LINEのトーク画面にデータ残量が送られて来ます。

関連記事

データプレゼントの流れ

少し話がそれましたが、データプレゼントの流れに戻りまして、先ほどの画面で「データプレゼント」をタップして頂きますと、LINEの友だちが一覧表示されます。

データプレゼントをしたい友だちをタップして、左にチェックを付けて選択し、「次へ進む」をタップします。

データプレゼントの流れ

すると、データプレゼントをするデータ量の選択画面になります。

上部に表示されている「3,072MB」が、データプレゼントをする時点での今月分の契約データ残量になりまして、この範囲内でデータプレゼントする事ができます。

プレゼントするデータ量を選択し、「次へ進む」をタップして頂く事になりますが、参考までに「500MB」の部分をタップして頂きますと。

データプレゼントの流れ

この通り、データプレゼントできるデータ量が選択できるのですが、ご覧の通り、データプレゼントをするデータ量は、「500MB(0.5GB)」「1,000MB(1GB)」「1,500MB(1.5GB)」「2,000MB(2GB)」「2,500MB(2.5GB)」の5種類から選ぶことになります。

データプレゼントの流れ

そして、データプレゼントをする相手データ量を最終確認して、間違いなければ「データプレゼントする」をタップして頂きますと。

データプレゼント完了

これでデータプレゼントは完了です。

データプレゼントの通知

そして、データプレゼントが完了すると、この通り、LINEモバイル公式アカウントのトーク画面に通知が来ますので、間違いなく贈れた事が確認できて安心です。

ひよっこ君
ほんと、とっても簡単なんだね。僕に贈ってくれた様だから、貰ったデータ量を後でチェックしてみようっと。

データプレゼントでデータ量をもらった人は、特に何かをする必要もなく、貰ったデータ量は即、利用する事が出来る様になっています。

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルのデータプレゼント、まとめ

データプレゼント

皆さま、お疲れさまでした。LINEモバイルのデータプレゼントの事、ご理解頂けましたでしょうか。

高い料金のキャリアにはないこんなに便利な機能が、月に5,000円も安い料金の格安SIMのLINEモバイルで使える事に、本当に、格安SIMを侮る事はできないとつくづく思います。

このデータプレゼントの機能は、データ量がなくなりそうな家族や友達にデータ量をプレゼントしてあげたり、逆に、自分がデータ量を使い切ってしまった時に周りの人から融通してもらったりと、ギブ&テイクデータ量を有効活用する事ができる便利な機能です。

また、LINEモバイル公式サイトにも記載がありましたが、ご家族でスマホを使われる場合に、小さな小学生くらいのお子様には最小限のデータ量で契約し、お子様がデータ量がなくなった時に、親御さまがデータプレゼントでデータ量をあげる様な使い方もできます。

この様な使い方をする事で、親御さまがお子様のスマホの利用状況を把握する事ができますし、親子間で楽しくスマホを使って頂ける事にもなります。

このデータプレゼントだけではなく、LINEモバイルはユーザーの事を本当に良く考えてユーザーの立場に立って使いやすい仕組みを考えてくれていますので、是非、皆さまも、LINEモバイルで家族やお友だちと楽しくコミュニケーションを図って頂ければと思います。

LINEモバイルはとっても素晴らしい格安SIMですよ!

是非、LINEモバイルにお申し込み頂き、ご家族やお友達と「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!

ひよっこ君
下のバナーから申し込みができるよ。(笑)
宜しくお願いしますぞよ。(笑)
スマホ博士

-LINEモバイルとは

© 2020 LINEモバイルで Let's Communication!