お知らせ ただいまLINEモバイルでは、最大5,000円相当がもらえる「シークレットキャンペーン」を開催中! 申し込み時にキャンペーンコードを入力すれば、LINE Pay残高LINEポイントがもらえます! 詳細は「最新キャンペーン情報」まで!

LINEモバイルとは

新品に交換! LINEモバイルの「端末保証」の詳細と修理の流れ

LINEモバイルの端末保証

ひよっこ君
LINEモバイルでスマホを買うんだけど、保証に入った方が良いのかなぁ~...。
万一、画面を割ったり水没させると、とても高い修理代がかかるんじゃぞ。
スマホ博士

LINEモバイルをご検討中のみなさま、こんにちわ。

さて、日々の生活では欠かすことのできないスマホ、うっかり落としそうになって、ヤバって冷や汗をかいたことはありませんか?

ここ数年、スマホの価格が高くなるにつれて、万一の時の修理代も高くなり、機種によっては、画面割れで1~3万円、水没などの故障なら3~5万円もすることがあるようです。

画面が割れたり故障しただけでもショックなのに、修理代がこんなにかかるなんて、これじゃあ、おちおちスマホも使ってられませんよね。

そんな時の強い味方になってくれるのが、LINEモバイルの「端末保証」!

この記事では、下記の内容で、LINEモバイルの端末保証について分かりやすく解説しています。

  • LINEモバイルの端末保証の概要や特徴
  • LINEモバイルの端末保証の注意点
  • 故障して端末保証を利用する時の流れ
  • 端末保証に入った方が良いかどうかの目安

ぜひ、参考にしていただき、大事なスマホを守っていただければと思います。

よろしくお願い致します。

\LINEモバイルの最新キャンペーンはこちらから!/

LINEモバイルの端末保証オプションとは? 概要を解説!

端末保証オプション

LINEモバイルの端末保証オプションとは、ずばり、画面割れ水没など、大事なスマホに万一のトラブルが起こった時、その修理代を保証してもらえるオプションです。

端末保証オプションに加入していれば、いざ故障した際に、格安の料金で修理・交換してもらえます。

そして、LINEモバイルの端末保証オプションには、下記の通り、スマホ別に2種類の端末保証があります。

  • LINEモバイルで購入したスマホの保証 → 端末保証
  • LINEモバイル以外で購入したスマホの保証 → 持込端末保証

この記事では、LINEモバイルで購入したスマホの保証である「端末保証」について、ばっちりと解説します。

他社で使っていたスマホをLINEモバイルに持ち込んで使う場合は、下記の「持込端末保証」の記事をご覧ください。

関連記事

「端末保証」= LINEモバイルで購入したスマホの保証

持込端末保証

あらためまして、この記事では、LINEモバイルで購入したスマホの保証である「端末保証」について解説します。

そもそも、LINEモバイルで販売されているスマホには、すべてメーカー保証が付いていて、購入から1年以内の故障については、メーカーが無償で修理や交換をしてくれます。

しかし、これらメーカー保証は自然故障の場合に限られていて、落として画面を割ったり水没で故障させたり、過失事故による故障や破損は対象外になってしまうのです。

ひよっこ君
メーカー保証は初期不要とかの自然故障だけが対象なんだ...。

LINEモバイルで販売されているスマホは、安いものでも2万円弱、高いものなら7~8万円もするので、不注意で落として壊してしまい、ローンだけが残るなんてことが起こったら最悪です...。

そこでご紹介するのが、LINEモバイルで購入したスマホに対しての「端末保証」で、過失事故による故障や損傷も対象になるので、心強い味方になってくれるのです。

端末保証に入っていれば、安心してスマホが使えるんじゃ。
スマホ博士

3人に1人が故障の経験あり、もっとも多い故障はディスプレイの破損

スマホ調査①

参考までに、どれくらいの人がスマホを壊したことがあるのか、どのような故障が多いのかをご紹介させていただきましょう。

オークネットの『携帯端末(電話)の修理に関するアンケート』のレポートによると、過去2年の間にスマホが壊れた不具合があったのは3人に1人とのこと。

ひよっこ君
3人に1人って、案外とたくさんの人が故障を経験してるんだね。

スマホ調査②また、不具合、故障のトップはディスプレイの破損で、全体の3割にも及びます。

画面が割れたスマホを使い続けてる人も、たまに見かけるもんのう。
スマホ博士

そして、画面割れに限らず、スマホの故障や破損は若い世代ほど多く、若い世代ほど、スマホの使用頻度が高く、スマホを酷使していることがうかがえます。

また、修理店からのヒアリングでは、修理のリピーターもかなり多いとのことで、つまり、スマホを壊してしまう人は、一度ならず何回も壊してしまう傾向も強いようです。

後ほど、端末保証に入った方が良い人の目安、見極め方についても解説しますが、端末保証は保険のようなものなので、上記に当てはまる人は、可能なら入っておいた方が安心ですよね。

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルの端末保証のオプション内容と特徴・メリット

LINEモバイルの端末保証

それでは、LINEモバイルで購入したスマホが対象の「端末保証」の詳細を解説していきます。

まずは、一覧でざっくりと内容をご確認ください。

加入対象者 LINEモバイルで端末を購入した人
月額利用料 450円
連絡先 LINEモバイル 端末保証受付センター
0120-866-919
受付時間 10:00~19:00(年中無休)
交換端末 原則、同一機種・同一カラーの端末
端末お届けまでの期間 最短翌日
端末交換・修理代金 1回目: 5,000円
2回目: 8,000円
保証期間 3年間
利用回数 年2回まで
保証範囲 故障、水濡れ、破損
ひよっこ君
月450円で端末保証に入れるんだね。
この「端末保証」は交換対応だけなんじゃぞ。
スマホ博士

特徴① 端末保証は月額たったの450円、故障・水濡れ・破損に対応!

たった450円

端末保証の毎月のオプション料金は450円です。

毎月の基本料金にプラスして450円なので、スマホ代を少しでも安くしようと乗り換えを検討している人にとっては悩ましい金額ですが、毎月1回だけ、スタバのフラペチーノを我慢すれば加入できます。

ひよっこ君
そう考えると安いよね。

そして、何といっても、うっかりミスでスマホを落として故障させてしまったり、過失による水濡れ破損が保証範囲に入るので、ドキドキ、過度に慎重にスマホを使う必要もありません。

普通に伸び伸びとスマホが使えるぞ。
スマホ博士

慎重に丁寧にスマホを使っても、不注意で落としてしまうことってありますよね。

たった450円安心が買えるのなら、とってもお得だと思います。

特徴② 端末保証は修理対応はなし、新しいスマホに交換してもらえる!

新しいスマホと交換対応

LINEモバイルで購入したスマホに対しての「端末保証」は、修理対応ではなく、すべて交換対応になります。

そして、端末保証オプションを利用して交換してもらえる端末は、原則として、LINEモバイルで購入したスマホと同じ機種同じカラーのスマホになります。

ひよっこ君
新しいスマホに交換して貰えるのはうれしいね。

例えば、落として画面を割ってしまった場合、もしかしたら、画面だけではなく、基盤やその他の部分も破損してしまっている可能性ってありますよね。

でも、新しいスマホに交換してもらえるのなら、そんな不安もなく、安心してスマホが使えます。

新しいスマホなら安心して使えるのう。
スマホ博士

特徴③ 端末保証の利用は年2回まで、格安料金で交換してもらえる!

格安で交換してもらえる

LINEモバイルの端末保証に入っておけば、万一、スマホが実際に壊れてしまった時でも、格安料金新しいスマホに交換してもらえます。

参考までに、android端末が壊れてしまった場合の、ドコモの修理代金の目安は下記の通りです。

ドコモの修理代金の目安

ご覧の通り、ディスプレイの修理の場合、スタンダードモデルで15,600円、ハイスペックモデルになると39,300円もしてしまいます。

また、水濡れなどで基盤が損傷してしまった場合は、スタンダードモデルで17,000円、ハイスペックモデルで32,100円もしてしまいます。

しかし、LINEモバイルの端末保証なら、1回目ならたった5,000円で、修理ではなく新しい端末と交換してもらえます。

これって、めっちゃお得ですよね。

LINEモバイルの端末保証は年2回まで交換が可能で、さすがに2回目は8,000円に上がりますが、年に2回も壊していたら、高くなるのも仕方ありません。

ひよっこ君
それでも、新しい端末を実費で買うよりはお得だよ。

また、1年ごとに交換履歴はリセットされますので、翌年にまた壊してしまった場合は、その年の1回目の故障・破損として5,000円で交換してもらえます。

保証期間は最大3年間ですので、極端に言えば、合計6回、端末保証を利用して新しい端末に交換してもらうことができます。

そこまで壊す人も珍しいじゃろうけどのう。
スマホ博士

特徴④ 新しい端末は最短で翌日、SIMカードを挿せば使える状態で届く!

最短で翌日に届く

万一、スマホが壊れてしまった場合は、交換の手続きはLINEモバイルの端末保証受付センターに電話をすることになります。

この端末保証受付センターは、年中無休10時から19時まで受付をしていますが、18時までに受付が完了すれば、なんと、交換端末を当日に発送してくれます。

交通の事情にもよりますが、基本的には翌日に交換端末が届くので、不便も最小限でおさまります。

ひよっこ君
スマホがなかったら大変だから、翌日に届くのは助かるね。

また、交換端末はAPN設定が済んだ状態で発送されますので、故障した端末から取り出したSIMカードを挿すだけで、すぐに使えます。

届いたら、本当にすぐに使えるのう。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

ここに注意! LINEモバイルの端末保証の注意点5つ!

LINEモバイルの端末保証の注意点

万一の時にはとても役に立つLINEモバイルの端末保証ですが、注意点もあります。

特に気を付けていただきたい注意点を5つ、解説します。

  1. 端末保証の申し込みは契約後にはできない
  2. LINEモバイルで購入したiPhoneは端末保証に入れない
  3. 盗難や紛失は端末保証の対象外
  4. 新品かリフレッシュ端末かは選べない
  5. 在庫不足や生産終了で別機種・別カラーになる可能性あり
ひよっこ君
しっかりと注意点も理解してね。

注意点① 端末保証の申し込みは契約後にはできない

契約後には申し込めない

LINEモバイルの端末保証に加入できるのは、新規申し込み機種変更回線変更端末を購入した場合に限られ、契約後に申し込むことはできません。

他のオプションは契約後でも加入できますが、端末保証だけは契約の時しか加入できませんので、くれぐれもご注意ください。

また、一旦、端末保証を解約した場合も、再度、加入することはできませんので、合わせてご注意ください。

ひよっこ君
とにかく、契約の時にしか加入できないから注意だよ。
とりあえず入って、後で検討するのもありじゃぞ。
スマホ博士

注意点② LINEモバイルで購入したiPhoneは端末保証に入れない

iPhoneは端末保証に入れない

LINEモバイルで購入したiPhoneは、端末保証に加入することができません。

他社で使っていたiPhoneは「持込端末保証」に加入できますが、LINEモバイルで購入したiPhoneは「端末保証」に加入できないのでご注意ください。

ひよっこ君
端末保証は交換のみ、持込端末保証は修理対応もあるからね。

尚、LINEモバイルでiPhoneを購入する場合も、Appleの1年間のメーカー保証が付きます。

しかし、無料で修理・交換してもらえるのは自然故障だけになりますので、落下や水没など過失にも対応される「AppleCare+ for iPhone」もご検討ください。

AppleCare+はAppleの端末保証みたいなもんじゃ。
スマホ博士

注意点③ 盗難や紛失はLINEモバイルの端末保証の対象外

盗難や紛失は対象外

LINEモバイルの端末保証は、故障水濡れ破損に対応した保証になります。

盗難紛失は対象外になりますので、ご注意ください。

ひよっこ君
端末保証は故障端末をLINEモバイルに送らなきゃいけないんだ。

注意点④ 新品かリフレッシュ端末かは選べない

新品かリフレッシュ端末は選べない

端末保証で交換される端末は、新品リフレッシュ端末になりますが、どちらを提供するかはLINEモバイルの判断となり、選ぶことはできません。

リフレッシュ端末とは、初期不良などで回収された端末を、修理調整品質の確認等を行った上で、新品同様の状態に初期化した端末をいいます。

一見、リフレッシュ端末と言うと、中古品だから新品の方が良いと思うかも知れませんが、新品と見分けがつかない程のピカピカの端末ですので、まったく問題はありません。

傷があったら、検品でカバーも交換されるからピカピカじゃ。
スマホ博士

注意点⑤ 在庫不足や生産終了で別機種・別カラーになる可能性あり

別端末になる可能性あり

端末保証の交換端末は、原則、LINEモバイルで購入した端末と同じ機種同じカラーの端末になります。

しかし、在庫不足であったり、故障した端末が生産終了になっている場合は、別の機種になる可能性があります。

ひよっこ君
生産終了なら、故障端末より新しい端末になる可能性が大だよ。
在庫不足でも、少なくとも同グレードの端末じゃから心配無用じゃ。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

端末保証に入った方が良いかどうかの目安・見極め方

加入するかどうかの見極め方

それでは、LINEモバイルの端末保証に入った方が良いかどうか、その目安見極め方の参考例をご紹介させていただきます。

当てはまる項目、当てはまる考え方があれば、参考にしてください。

見極め方① 2万円以上のスマホを購入する場合は、端末保証の加入がおすすめ!

端末保証に加入の目安

一つ目は、購入するスマホの価格で判断する見極め方です。

価格が5万とか7万とかする高いスマホなら、間違いなく端末保証に入った方が得ですし、価格の安いスマホなら、壊れたら、また価格の安いスマホを買えば良いので、端末保証に入らない方がお得です。

それでは、端末保証に入った方が良いのかどうかのスマホの価格の分かれ目ですが、まずは、下の表をご覧ください。

経過年月 月々料金の累計
(利用せずの場合の総合計)
1回利用の総合計
(月々の累計+5,000円)
6ヶ月 2,700円 7,700円
1年 5,400円 10,800円
1年6ヶ月 8,100円 13,100円
2年 10,800円 15,800円
2年6ヶ月 13,500円 18,500円
3年 16,200円 21,200円

上記は、満期までの3年間で、仮に6ヶ月後1年後1年半後2年後2年半後3年後に端末保証を利用する場合、総額でいくらかかるかをシミュレーションした表です。

結論として、端末保証に加入するかしないかという点においては、2万円というスマホの価格が、一つの目安になるかと思います。

ひよっこ君
2万円以上のスマホなら、端末保証に入った方が良いかもってことだね。

2年が経過した段階で端末保証を利用し、新品に交換してもらう場合、総支出額が15,800円になるので、2万円の元が取れます

また、仮に2年が経過した段階で端末保証を利用していなければ、今までの支出は10,800円と2万円の半分に届くので、2年の段階で解約し、故障したら新しいスマホを買うのも一つの方法です。

2年も経てば、新しいスマホを検討しても良い時期じゃのう。
スマホ博士

分割払いで購入する場合、24回の支払いを完済する前に壊れて、ローンだけが残るのもショックなので、2年というのも一つの目安です。

あるいは、購入から半年で故障してしまったら、精神的にもおさいふ的にもショックですので、1年間だけ加入して、その段階で故障していなければ、解約するのもありかと思います。

また、7~8万円もする高いスマホなら、3年間、入り続けるのも大ありですし、一方、キャンペーン1万円で売っているスマホなら、端末保証には入らず、壊れたら、また1万円のスマホを買った方がお得です。

見極め方② 過去にスマホを壊したことがある人は、端末保証の加入がおすすめ!

端末保証に加入する目安

2つ目は、過去にスマホを壊したことがあるかどうかで判断する見極め方です。

既にご説明した通り、修理店のお話によると、スマホを壊してしまう人は何回も壊してしまう傾向が強いとのことで、本人は気付かなくても、スマホの使い方が荒っぽくなっていることも考えられます。

逆に言うと、今までスマホを1回も壊したことがない人は、普段から使い方が丁寧であったり、慎重に使っていると考えられます。

ですので、スマホを壊した経験のある人は入った方が安全ですし、今まで壊したことがない人は、万一に備えて最初の半年だけ入るとか、自信があれば入らなくても大丈夫かなと思います。

ひよっこ君
今までに壊したことがある人は、要・検討だよ。

見極め方③ 万一に備えて、安心してスマホを使いたいなら加入がおすすめ!

安心してスマホを使いたい人

みなさまの中には、生命保険医療保険、また、車の車両保険に入っている人もいるかと思います。

誰も病気になりたいと思っていませんし、車で事故を起こしたいとも思っていませんが、万一に備えて、安心を得るために保険に入っていると思います。

まさに、端末保証も保険と同じで、誰もスマホを壊そうと思ってませんし、壊れるとも思っていませんが、万一に備えて、安心を買うという考え方もあります。

スマホが壊れなければ、毎月のオプション料金は掛け捨てもったいなく感じますが、端末保証に入っていない状況でスマホを壊してしまったことを想像すると、もっとぞっとすると思います。

スマホが壊れても端末保証があるから大丈夫という安心が買えるなら、月々450円は安いのではと思います。

安心が買えるなら、ワシも450円は安いと思うぞ。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルの端末保証に加入する手順・流れ

トップページ

トップページ

それでは、LINEモバイルの端末保証加入する手順・流れをご紹介していきます。

LINEモバイルの端末保証は、LINEモバイル公式サイトから申し込み画面に入り、申し込みの途中で選択する流れになります。

ひよっこ君
回線変更や機種変更の時は、マイページから手続きするんだよ。

申込画面

申込画面

トップページの「申し込む」から申し込み画面を進んで行くと、「端末購入の有無」の選択が出てくるので、「端末を購入する」にチェックを入れます。

申し込みの最初の方で出てくるからのう。
スマホ博士

すると、端末の一覧が出てくるので、希望のandroid端末を選択すると、「端末のカラー」や「支払回数」とともに「端末保証オプション」の選択が出て来ます。

端末保証に加入する

端末保証に加入する

端末保証オプションの箇所では、デフォルトで「加入する」にチェックが入っていますので、「確定する」で端末保証への加入が確定します。

もし、端末保証に加入しない場合は、「加入する」のチェックを外して「確定する」に進みます。

ひよっこ君
これで、端末保証の加入が確定したからね。
一応、最終確認の画面でも、端末保証の記載があるか確認じゃぞ。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルの端末保証、利用の流れと手順

端末保証の利用の流れ

それでは最後に、万一、スマホを壊してしまった時に、実際に端末保証を利用して、端末を交換してもらう流れ・手順を解説します。

端末保証を利用しないに越したことはありませんが、簡単に手続きができることを分かっていれば、普段も安心してスマホが使えるかと思います。

端末保証を利用する流れはとても簡単で、たった4つのステップで完了します。

ひよっこ君
たった1本、電話をするだけで交換できるからね。
それぞれのステップを注意点も交えて解説するぞ。
スマホ博士

step
1
故障が発生

ステップ①端末が故障

残念ではありますが、故障してしまったらやむを得ません。

LINEモバイルの端末保証に加入していることを思い出し、慌てず冷静に対応しましょう。

ひよっこ君
スマホが壊れたら焦っちゃうけど、端末保証があるから大丈夫だよ。

step
2
LINEモバイルに電話をする

ステップ②電話をする

スマホが故障したら、下記に電話をかけます。

LINEモバイル 端末保証受付センター

0120-866-919
10:00~19:00(年中無休)
※携帯電話/スマートフォンからもご利用できます。

LINEモバイルの端末保証受付センターに電話をすると、まず最初に「契約者名」「ログインID」「電話番号」を聞かれますので、あらかじめ、回答できるように用意しておいてください。

ログインIDも間違えずに伝えるんじゃぞ。
スマホ博士

尚、既に触れていますが、18時までに受付が完了すると、その日にLINEモバイルから交換端末が発送されます。

交通の事情にもよりますが、通常、翌日には交換端末が届くので、スマホの不通時間も少なく、日常生活お仕事に支障をきたすことも最低限で済みます。

step
3
交換端末が届く

ステップ③交換端末が届く

交換端末は、APN設定をプリセットした状態で発送されますので、交換端末が届いたら、故障端末からSIMカードを抜き取り、交換端末に挿し込むだけで使えます。

あっという間に、普段通りの生活に戻れます。

ひよっこ君
故障した翌日に普段通りに戻れるなんて、ほんと助かるよ。

step
4
故障端末をLINEモバイルに送る

ステップ④故障端末を送る

そして最後、絶対に忘れてはいけないことは、故障端末をLINEモバイルに送ることです。

LINEモバイルから交換端末が発送される時に、返送キットも同時に発送されますので、忘れず、故障端末を返送キットに入れてLINEモバイルに送りましょう。

もし、交換端末を受け取った日から14日以内に故障端末がLINEモバイルに届かない場合、違約金として40,000円が請求されてしまいます。

故障端末を送り返すところまでが、端末保証の流れじゃぞ。
スマホ博士

尚、故障端末をLINEモバイルに送ると、端末が初期化されてデータが消去されてしまいますので、あらかじめ、故障端末から交換端末にデータ移行・保存してから送るようにしてください。

故障端末を送った後、データを取り出すのを忘れたと端末の返送を希望する場合は、キャンセル対象となり、端末保証キャンセル手数料の3,000円が請求されてしまいます。

慌てずに落ち着いて、データの移行保存消去をしてから送るようにしてください。

LINEモバイル公式サイト

新品に交換! LINEモバイルの「端末保証」の詳細と修理の流れ、まとめ!

LINEモバイルの端末保証

みなさま、お疲れさまでした。

さて、この記事では、LINEモバイルで購入したスマホが対象の「端末保証」について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

それでは最後に、端末保証のポイントをおさらいしておきます。

  • LINEモバイルの「端末保証」は、LINEモバイルで購入した端末の保証
  • 月々のオプション料は450円、故障・水濡れ・破損に対応
  • LINEモバイルの「端末保証」は新品かリフレッシュ端末に交換対応
  • 利用は年2回まで、1回目は5,000円、2回目は8,000円で交換してもらえる
  • 交換端末は最短で翌日に届き、SIMカードを挿すだけで使える

加入するかしないかについては、みなさま、それぞれの考え方があると思いますが、万一、端末保証に入らずに故障してしまったことを想像した時に、ヒヤッとするようなら入った方が良いと思います。

ひよっこ君
そうだね。そんな判断の仕方もありかもしれないね。

端末が故障しなければ、オプション料の月450円は損になってしまうと考えがちですが、端末保証は保険のようなものですので、安心を買う意味でも、最初だけでも加入なさることをおすすめします。

不要なら、いつでも解約できるしのう。
スマホ博士

そして、ぜひ、LINEモバイルでご家族やお友だちと素晴らしいコミュニケーションを図っていただき、快適なスマホライフを送っていただければと思います。

最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。

よろしくお願い致します。

LINEモバイルはとっても素晴らしい格安SIMですよ!

ぜひ、LINEモバイルにお申し込みいただき、ご家族やお友だちと「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!

ひよっこ君
下のバナーから申し込みができるよ。(笑)
宜しくお願いしますぞよ。(笑)
スマホ博士

-LINEモバイルとは

© 2020 LINEモバイルで Let's Communication!