LINEモバイルのMNP方法

【完全解説】ドコモからLINEモバイルへMNP乗り換えの全手順 & 注意事項

ドコモからLINEモバイル

ひよっこ君
ドコモからLINEモバイルに乗り換えるのって、なんか難しそうで大変そう...。
大丈夫、とっても簡単じゃぞ! やり方を分かりやすく教えてあげよう。
スマホ博士

今、ドコモを使っていて、LINEモバイルに乗り換えをご検討中のみなさま、こんにちわ。

さて、まずはみなさま、おめでとうございます!

えっ? 何がおめでたいの?って、それは、やっと料金の高いドコモから解放されて、安くて便利なLINEモバイルを使うことができるからです。(笑)

実は、私も元々はドコモを使っていて、何年にも渡って、毎月8,000円ほどの料金を何の疑いもなく払っていましたが、今となっては、なんて無駄なことをしてたんだって...。

乗り換えって大変そうだし、なかなか一歩が踏み出せなかったのですが、意を決して乗り換えたら、これが簡単で、もう大満足で、もっと早く乗り換えれば良かった!

この記事では、下記の内容を分かりやすく解説しています。

  • LINEモバイルに乗り換えるベストなタイミング
  • 乗り換えで得られるメリットや注意点
  • ドコモからLINEモバイルへの乗り換え方

ぜひ参考にしていただき、安く快適にスマホを使っていただければと思います。

よろしくお願い致します。

\LINEモバイルの最新キャンペーンはこちらから!/

ドコモからLINEモバイルに乗り換えるタイミングは「今すぐ!」です

今すぐ乗り換えよう!

今、ドコモを利用中のみなさまの中には、2年縛り違約金のことで、いつ乗り換えたら良いんだろうって迷っている人も多いかと思います。

ずばり、あなたがドコモからLINEモバイルに乗り換えるベストのタイミングは、今すぐです!

ひよっこ君
迷うことなく、今すぐに乗り換えた方がお得だよ。

ドコモでは、2019年10月1日から解約金が安くなり、この日以降に新プランで申し込んだ人は違約金が1,000円になったので、迷うことなく、今すぐ乗り換えた方がお得です。

一方、それまでに旧プランで申し込んでいた人は、新プランに乗り換えても、次の更新月までは9,500円の違約金がかかりますが、それでもやはり、今すぐ乗り換えた方がお得です。

すぐに乗り換えた方が良い理由は、今から具体的に説明するぞ。
スマホ博士

実際に私も、9,500円の違約金と当時8%の消費税の計10,260円を払ってドコモを解約しましたが、計算した結果、その方がお得だったのでLINEモバイルに乗り換えました。

ずばり、9,500円の違約金を払ってでも、今すぐLINEモバイルに乗り換えた方が良い理由は、ドコモとLINEモバイルとの料金差で、あっという間に違約金の元が取れるからです。

ドコモの違約金も1ヶ月で元が取れる! その後はずっと安いスマホ代!

今すぐドコモからLINEモバイルに乗り換えた方が良い理由を、具体的に解説しましょう。

まず、ドコモからLINEモバイルに乗り換えるに当たって、ドコモの解約には下記の通りの費用がかかります。

  • 解約金(違約金):9,500円(1,000円)
  • 携帯電話番号ポータビリティ手数料:3,000円

違約金については、1,000円の人は今すぐ乗り換えた方が良いのは明らかなので、9,500円の違約金を払わなければいけない人を対象に説明します。

また、携帯電話番号ポータビリティMNP)とは、電話番号をそのままで他の携帯会社に乗り換えることのできるサービスで、MNPで乗り換える場合は、どこの携帯会社でも3,000円の手数料がかかります。

ひよっこ君
auやソフトバンクも一緒、将来、LINEモバイルを解約する時にもかかるよ。

ドコモの料金

これは、当時、私がドコモを使っていた時の月額の料金のグラフです。

私は、今のギガホギガライトの一つ前のプランを使っていましたが、今、ドコモを使っている人も、使うデータ量にもよりますが、毎月7,0008,000円くらいは払っているのではないでしょうか。

一方、主要格安SIMで最安の料金を誇る、LINEモバイルの3GBLINEが使い放題のベーシックプランなら、月々はたったの1,480円

仮に、10分電話かけ放題オプションの880円をつけても2,360円で、ドコモとの料金差は明らかです。

ドコモとLINEモバイルの料金差!

・ドコモの月額料金:約7,500円

・LINEモバイルの月額料金:2,360円

差額:約5,000円

この通り、ドコモの違約金9,500円はこの料金差で2ヶ月で取り戻せますし、その後は安いスマホ代がずっと続きます。

おまけに、キャンペーンがあるから違約金を1ヶ月で取り戻せるぞ。
スマホ博士

しかし、LINEモバイルのお得はこれだけではありません! LINEモバイルは、格安SIMの中でも太っ腹なキャンペーンを開催していることで知られています。

現在、開催されているポイントバックキャンペーン

ラッキー7キャンペーン

最大7,000円相当もらえる!ラッキーセブンキャンペーン

このキャンペーンは、音声通話SIM、ベーシックプランの3GB以上のお申し込みで、SIMカードのみのお申し込みなら7,000円相当か3,000円相当、端末のセット購入なら1,000円相当のLINE Pay残高かLINEポイントがもらえます。

ポイントバックキャンペーンは、LINEモバイルの申し込み画面で、下記のキャンペーンコードを入力する必要があります。

  • LINE Payコース:PB072
  • LINEポイントコース:LN072

また、このキャンペーンは、同時開催の「対象のSNS使い放題 最大2ヶ月0円!/月〜キャンペーン」と併用ができますし、エントリーパッケージも併用できます。

音声通話SIM3GB以上のお申し込みなら、最大15,640円もお得になりますので、詳細は「【8月最新】LINEモバイルのキャンペーン情報」をご覧ください。

その時々によってLINEモバイルのキャンペーン内容は変わりますが、キャンペーンを活用することで、ドコモの解約費用1ヶ月間で元が取れるのがお分かりいただけます。

ひよっこ君
本当だね。ぼくも今すぐLINEモバイルに乗り換えるよ。
違約金が9,500円の人も、だから今すぐ乗り換えた方がお得なんじゃ。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

ドコモからLINEモバイルに乗り換えるメリット5つ!

ドコモからLINEモバイルに乗り換えるメリット

それでは簡単に、ドコモからLINEモバイルに乗り換えるメリットをおさらいしておきます。

  1. LINEモバイルは主要格安SIMで料金が最安!
  2. LINEモバイルは全プランでLINEが使い放題!
  3. LINEモバイルなら使っているスマホがそのまま使える!
  4. ドコモでは没収、LINEモバイルならデータ量が翌月に繰り越される!
  5. LINEモバイルは家族やお友だちとデータ量をシェアできる!

ご存じの内容もあるかも知れませんが、どれもドコモにはない素晴らしいサービスなので、一層、ドコモへの思いを絶ち切って、LINEモバイルに乗り換える決断ができると思います。

ひよっこ君
格安SIMとは思えないサービスが満載だよ。

関連記事

メリット① LINEモバイルは主要格安SIMで料金が最安!

LINEモバイルは最安



ベーシックプランの音声通話SIM

ベーシックプランのデータSIM


2つのタブを切り替えることで、画面も切り替わります。

2020年2月19日より、LINEモバイルの料金プランは一層シンプルになり、上記のベーシックプランの1種類のみになりました。

冒頭でも触れましたが、音声通話SIM3GBなら、主要格安SIMの中で最安のたった1,480円で、ドコモの料金と比べても、その安さが分かると思います。

また、ドコモには通話もできる音声通話SIMしかありませんが、LINEモバイルにはデータ通信専用のデータSIMを選べるので、電話はLINEでする!という人にはもってこいです。

電話はLINEで十分な人は、なんと月600円から使えるぞ!
スマホ博士

関連記事

メリット② LINEモバイルは全プランでLINEが使い放題!

データフリー



LINEデータフリー

SNSデータフリー

SNS音楽データフリー


3つのタブを切り替えることで画面が切り替わります。

そして、LINEモバイルのベーシックプランには、LINEが使い放題で使える「LINEデータフリー」オプションが含まれています。

つまり、全プランでLINEが使い放題で使えます!

トーク無料通話だけでなく、ビデオ通話もデータ量を気にせずに使い放題です。

ひよっこ君
LINEは、毎日、何回も使うから、これはうれしいサービスだよね。

また、TwitterFacebookは「SNSデータフリー」を、InstagramLINE MUSICは「SNS音楽データフリー」を選べば使い放題で使え、自分好みのプランにカスタマイズできます。

インスタもプラス480円で使い放題じゃぞ。
スマホ博士

関連記事

メリット③ LINEモバイルなら使っているスマホがそのまま使える!

iPhoneもそのまま使える

LINEモバイルでは、今、ドコモで使っているスマホを、そのまま使うことができます。

ひよっこ君
LINEモバイルのSIMカードを挿すだけで使えるんだ。

LINEモバイルは、ドコモソフトバンクauの大手キャリアすべての回線を取り扱っている、トリプルキャリアの格安SIMです。

LINEモバイルのドコモ回線ならSIMロック解除は不要、SIMカードを挿し替えるだけで使えるので、乗り換えもとっても楽ちんです。

ドコモのスマホで、爆速のソフトバンク回線だって使えるぞ!
スマホ博士

実は、LINEモバイルはソフトバンクの子会社なので、ソフトバンク回線は通信速度がとても速くて一番人気です。

ドコモのスマホをソフトバンク回線で使うのもとっても簡単で、SIMロック解除をすれば使えます。

一見、SIMロック解除は難しいように感じますが、My docomoで手続きをすれば、たった1分、手数料も無料でできます。

関連記事

メリット④ ドコモでは没収、LINEモバイルならデータ量が翌月に繰り越される!

データ繰り越し

LINEモバイルでは、使い切れなかった当月のデータ量は、自動翌月に繰り越すことができます。

私はドコモ時代、データ量を余らせることがままあったので、その都度、データ量が翌月に繰り越されず没収されてしまうことに納得ができませんでした。

今、ドコモの料金プランはスライド制になりましたが、1.1GBしか使わなくても3GBの料金を払わなければならず、可能なら、その使わなかった1.9GB分は翌月に使えるようにして欲しいですよね。

LINEモバイルなら、そんな不満を感じることなく、手続き不要で翌月に繰り越されます。

ひよっこ君
一切、データ量を無駄にすることがないんだ。

関連記事

メリット⑤ LINEモバイルは家族やお友だちとデータ量をシェアできる!

データプレゼント

LINEモバイルでは、データプレゼントという機能によって、お友だちや家族とデータ量をやり取りすることができます。

データ量が足らなくなった時、LINEモバイルでは追加購入することもできますが、割高になってしまいます。

そんな時、周りの家族やお友だちでデータ量に余裕のある人がいれば、データ量をもらうことができます。

逆に、困っている人がいれば、自分のデータ量をあげることもできます。

家族だけじゃなくて、友だちともシェアできるのはLINEモバイルだけじゃ。
スマホ博士

LINEモバイルでは、データ量を有効活用できるサービスが整っています。

関連記事

LINEモバイル公式サイト

ドコモからLINEモバイルに乗り換えるに当たっての注意点3つ!

乗り換えの注意点

基本的に、ドコモからLINEモバイルに乗り換えて、悪いことは一切ありません

参考までに、注意点を3つあげますが、いずれも対応が可能な注意点ですので、ご理解をいただいた上で乗り換えてください。

ひよっこ君
対応策もあるから、大丈夫だからね。

注意点① ドコモメールが使えなくなる ← GmailやYahoo!メールで対応可!

Yahoo!メールとGメール

LINEモバイルでは、ドコモで使っていたドコモメールは使うことができません。

@docomo.ne.jp

ドコモメールは、ドコモ利用者だけが使えるメールですので、ドコモを解約すると使えなくなってしまいます。

しかし、最近はGメールYahoo!メールを使っている人も多く、もし、これらフリーメールのアドレスを持ってなくても簡単に作れます。

キャリアメールは、最近はもう使われなくなって来てるしのう。
スマホ博士

関連記事

注意点② 通信速度が遅くなる ← お昼間でもYouTubeが見れるから大丈夫!

スピードテスト

ドコモからLINEモバイルに乗り換えると、事実として、通信速度は遅くなります。

ひよっこ君
これは、格安SIMである以上、仕方がないんだ...。

しかし、私は当初、ドコモからLINEモバイルのドコモ回線に乗り換え、今はソフトバンク回線を使っていますが、使い勝手が大きく変わったとはまったく感じていません。

というのも、通常、スマホをストレスなく使うには3Mbps程の速度があれば十分で、ドコモのような10Mbps20Mbpsのような通信速度は必要ありません。

また、格安SIMは、お昼休みや夕方のお仕事終わりの時間帯など、多くの人が一斉にスマホを使う時間帯は、特に遅くなると言われています。

LINEモバイルも、通信が混雑する時間帯は1Mbps程度まで通信速度が落ちる時がありますが、動画の通り、YouTubeも見れるほどなので、ウェブサイトを見たり、LINEをするのはまったく問題ありません。

下の関連記事で、実際の通信速度を測って検証してるから覗いてくだされ。
スマホ博士

関連記事

注意点③ LINEモバイルの初期費用がかかる ← 事務手数料はタダにできる!

エントリーパッケージ

ドコモからLINEモバイルに乗り換える際のドコモの解約費用については、ドコモとLINEモバイルの料金差キャンペーンで、あっという間に元が取れるのはご説明の通りです。

一方、LINEモバイルを契約する際にも、下記の通り、LINEモバイルの初期費用が発生してしまいます。

  • ウェブ登録事務手数料:3,000円
  • SIMカード発行手数料:400円

しかしご安心ください。

SIMカード発行手数料の400円については、払っていただかなければいけませんが、3,000円のウェブ登録事務手数料については、エントリーパッケージを利用することでタダになります。

私は過去3回、自分の分や家族の分でエントリーパッケージを利用して申し込みましたが、3回ともタダにしてもらっています。

ひよっこ君
エントリーパッケージは絶対に使わなきゃ損だよ。
Amazonで350円くらいで売ってるから、消費税も含めて3,000円、得するぞ。
スマホ博士

関連記事

LINEモバイル公式サイト

ドコモからLINEモバイルへの乗り換え手順を解説! たった4ステップ、合計30分!

LINEモバイル乗り換えの流れ

それでは、ドコモからLINEモバイルに電話番号そのままで乗り換える方法を解説します。

難しいイメージをお持ちかもしれませんが、乗り換えのステップはたったの4つ、実際に手を動かしていただくのは合計30分ほどで、とっても簡単なので安心してください。

まずはざっくり、MNPでの乗り換えの全体像を把握していただきましょう。

MNP予約番号の取得(所要時間:約5分

  ↓

LINEモバイル公式サイトお申し込み(所要時間:約10分
  お申し込み後、「お申し込み受付完了のご連絡」が届く
  本人審査完了後、「契約成立のお知らせ」が届く

  ↓

③ LINEモバイルからSIMカードが発送される(日数:1~2日
  発送後、「商品発送のお知らせ」が届く

  ↓

利用開始手続きをする(所要時間:約5分
  申し込み後、「利用開始手続き受付完了のご連絡」が届く
  開通後、「サービス開始のお知らせ」が届く

  ↓

APN設定をする(所要時間:約5分
  これで、スマホが使えるようになります。

私の場合、今日の午前中にドコモでMNP予約番号を取得、その足でLINEモバイルを申し込み、翌朝にはSIMカードが到着、2つの初期設定をして、翌日の午前中にはネットも電話も使えるようになりました。

つまり、実質、丸1日で乗り換えは完了します。

ひよっこ君
それじゃあ、分かりやすくポイントを絞って解説していくよ。

STEP1 ドコモでMNP予約番号を取得する!【所要5分】

MNP予約番号を取得する

MNP(携帯電話番号ポータビリティ)とは、電話番号をそのままでドコモからLINEモバイルに乗り換えることをいいますが、スムーズに携帯番号の移行をするためにMNP予約番号が必要です。

MNP予約番号は、10桁の数字じゃぞ。
スマホ博士

ドコモでMNP予約番号を取得する方法は3つあります。

  1. ドコモ インフォメーションセンターに電話をする
  2. My docomo(マイドコモ)で取得する
  3. ドコモショップで取得する
ひよっこ君
どれも簡単、5分もかからずにMNP予約番号が取得できるよ。

ドコモ インフォメーションセンターに電話をする

ドコモインフォメーションセンター

もっとも簡単な方法は、ドコモに電話をしてMNP予約番号を取得する方法です。

スキップ番号をプッシュすれば、ガイダンスを聞くこともなく、待たされることもなく、電話一本で簡単に取得できます。

ドコモ インフォメーションセンター

 ドコモのスマホ・携帯電話からの場合 「151」
 一般電話などからの場合 「0120-800-000」
 スキップ番号【
 受付時間:午前9時〜午後8時(年中無休)

ドコモのスマホから電話をする場合は、4桁の暗証番号を求められることもあるので、準備をしておいてください。

ワシは、電話取得する方法が楽じゃな。
スマホ博士

My docomo(マイドコモ)で取得する

マイドコモ

マイドコモで取得する方法は、MNP予約番号やその有効期限が記録として残るので、パソコンが苦にならない方にはおすすめです。

step
1
マイドコモにログイン

マイドコモでMNP予約番号マイドコモにログインをして、「その他のお手続きはこちらから」→「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)」に進み、画面に沿って進んでいきます。

step
2
MNP予約番号の取得が完了

マイドコモでMNP予約番号

途中、「解約をやめて!」という引き止め作戦の画面が出て来ますが、バッサリ、MNP手続きを進めると、最終的にこの画面になり、MNP予約番号が発行されます。

ひよっこ君
「予約番号」と「有効期限」の2つが大事だからね。

この足でLINEモバイルを申し込むなら、ここでコピペすれば間違いなし、あとでする場合でも、お申し込み履歴に記録が残るので、コピペすれば、LINEモバイルの申込画面で間違って入力することはありません。

ドコモショップで取得する

ドコモショップでMNP予約番号

正直なところ、お家にいながら電話でもパソコンでもMNP予約番号を取得できるので、ドコモショップでの取得は現実的ではありません。

しかし、ドコモショップの店員さんからMNP転出のやり方も含めて聞きたいという人は、最近は来店予約待ち時間なく取得できます。

ただし、店員さんから解約を思いとどまるように説得されますので、固い意思を持って行っていただければと思います。

STEP2 LINEモバイルの申し込みは公式ホームページから【所要15分】

LINEモバイルの申し込み画面LINEモバイルを申し込む

それでは、いざ、LINEモバイル公式サイトから、LINEモバイルの申し込みをしていきます。

LINEモバイルの申し込みには、ドコモで取得したMNP予約番号の有効期限が10日以上、残っている必要があるので、MNP予約番号を取得したその足で申し込むのがベストです。

ひよっこ君
MNP予約番号の有効期限は15日間だからね。

LINEモバイルの申し込みには本人確認書類が必要!

本人確認書類が必要

LINEモバイルの申し込みには、本人確認書類が必要です。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 特別永住者証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 届出避難場所証明書
  • 身体障害者手帳
  • マイナンバーカード
  • 日本国パスポート
  • 在留カード
  • 健康保険証
  • 後期高齢者医療被保険者証
  • 特定疾患医療受給証
  • 特定疾患医療登録者証

補助書類

  • 公共料金の領収書
  • 住民票

LINEモバイルで認められている本人確認書類は13種類、その内、6種類の本人確認書類には補助書類が必要です。

本人確認書類には、それぞれに適用要件がありますので、間違いのないものを準備しておく必要があります。

本人確認書類の不備で審査落ちになることもあるから、注意じゃぞ。
スマホ博士

関連記事

LINEモバイルの支払い方法はクレジットカードかLINE Payカード!

LINEモバイルの支払い方法

LINEモバイルの支払い方法は下記の通り、2種類あります。

  • クレジットカード
  • LINE Payカード

クレジットカードを持っている人は大丈夫ですが、持っていない人は、LINE Payカードをいう支払い方法でLINEモバイルの申し込みができます。

LINE PayカードとはLINEが発行するプリペードカードで、LINE Payに銀行口座を登録し、オートチャージの設定をしておけば、まるで口座振替のように自動で支払うことができます。

即時、発行できるバーチャルカードもありますが、事前に準備しておけば、LINEモバイルのお申し込み時にバタバタすることもありません。

ひよっこ君
LINEモバイルは、クレカがなくても申し込める希少な格安SIMだよ。

関連記事

LINEモバイルの申し込み、MNP予約番号とキャンペーンコードの入力画面を解説!

申し込みのポイント

ここでは、LINEモバイルの申し込みのポイントとなる部分、MNP予約番号キャンペーンコードを入力する部分だけ、図解で解説します。

「申し込み区分」を選択

LINEモバイルの申込画面

新規番号かMNPか

LINEモバイルの申し込みを進めていくと、3つ目のステップで「申し込み区分」の選択画面が出てくるので、「他社からの乗り換え(MNP)」を選択します。

「MNP予約番号」を入力

LINEモバイルの申込画面

MNP予約番号を入力

すると、この画面が出てくるので、MNP予約番号を間違えずに入力します。

「キャンペーンコード」と「エントリーコード」を入力

LINEモバイルの申込画面

キャンペーンとエントリーパッケージ

引き続き、この画面で、ぜひ、キャンペーンコードを入力して、お得をゲットして申し込んでください。

また、下の「エントリーパッケージの利用」の「利用する」にチェックを入れると、エントリーコードを入力できるので、合わせて、ウェブ登録事務手数料もタダで申し込んでください。

間違えたコードを入力したら、特典や割引は適用されんから慎重にのう。
スマホ博士

関連記事

関連記事

LINEモバイル公式サイト

ちょっと小休止! SIMカードが届くのを待つ!【最短翌日】

SIMカードが届くのを待つ

LINEモバイルの申し込みが完了すると、下記の順番でメールが届きます。

①「お申し込み受付完了のご連絡」メール・・・申し込みが完了した時

  ↓

②「契約成立のお知らせ」メール・・・本人確認審査が通った時

  ↓

③「SIMカード等発送のお知らせ」メール・・・SIMカードが発送された時

SIMカード発送のお知らせ」が届いたら、基本的に翌日にはお手元にSIMカードが届きますので、暫くゆっくりとお待ちください。

STEP3 利用開始手続きをする!【所要5分】

利用開始手続きをする

さて、LINEモバイルからSIMカードが届いたら、早速、2つある初期設定の一つ目、ドコモからLINEモバイルに回線を切り替える「利用開始手続き」をします。

利用開始手続きが完了すると、LINEモバイルの契約がスタートして課金が始まり、同時に、この日でドコモの契約自動的に解約になります。

ひよっこ君
LINEモバイルはいつ課金が始まっても、初月は日割りだから安心だよ。
ドコモの解約も、ドコモに連絡する必要がないから楽ちんじゃぞ。
スマホ博士

利用開始手続きのやり方は、電話でする方法とマイページでする方法の2通りがあって、どちらでも5分でできます。

それぞれのやり方を簡単に説明すると、電話で利用開始手続きをする場合は、下記に1本、電話をするだけです。

LINEモバイルカスタマーセンター
利用開始手続き窓口

 0120-889-279

 受付時間: 10:00~19:00(年中無休)

また、マイページでする場合は、LINEモバイル公式サイトからマイページに入ると、「利用開始手続きを申し込みます」のポップアップが出てくるので、「はい」をタップするだけです。

利用開始手続き

利用開始手続きが完了するまでには、回線によって数分~3時間ほどかかりますが、その間はドコモが使えるので安心してください。

ひよっこ君
利用開始手続きが完了すると、「サービス開始のお知らせ」が届くからね。
引き続き、2つ目の初期設定のAPN設定をするんじゃぞ。
スマホ博士

尚、自分で利用開始手続きをしない場合は、MNP予約番号有効期限の最終日に、自動的に開通が実施されます。

関連記事

STEP4 APN設定をする!【所要5分】

APN設定をする利用開始手続きが完了して「サービス開始のお知らせ」が届いたら、いよいよ、LINEモバイルのSIMカードをスマホに挿して、APN設定をします。

APN設定は、LINEモバイルで通信ができるように、スマホに設定を加える作業です。

iPhoneとandroid端末ではやり方が違いますが、iPhoneの場合は「APN構成プロファイル」をダウンロードしてインストールするだけです。

iPhoneのAPN設定

たったこれだけで、LINEモバイルが使えるようになります。

ひよっこ君
一緒に届くマニュアルに、APN構成プロファイルのQRコードが載ってるよ。

一方、android端末は、スマホのアクセスポイントをLINEモバイルに設定するだけです。

androidのAPN設定

設定」から入って「アクセスポイント名」にたどり着くと、携帯会社のAPNが一覧表示されているので、LINEモバイルのAPN(アクセスポイント名)を探してチェックを入れるだけ。

たったこれだけで、LINEモバイルが使えるようになります。

android端末も、1分もかからずに設定ができるぞ。
スマホ博士

尚、LINEモバイルでandroid端末をセット購入した場合は、SIMカードが挿入された使える状態で届きますので、APN設定をする必要はありません。

関連記事

LINEモバイル公式サイト

【完全解説】ドコモからLINEモバイルへMNP乗り換えの全手順 & 注意事項 まとめ!

ドコモからLINEモバイル

みなさま、お疲れさまでした

さて、この記事では、ドコモからLINEモバイルにMNP電話番号そのままで乗り換える方法を解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

最後に、ドコモからLINEモバイルの乗り換えるたった4つのステップをおさらいしておきます。

  1. MNP予約番号の取得【所要時間5分】
  2. LINEモバイルの申し込み【所要時間15分】
  3. 利用開始手続き【所要時間5分】
  4. APN設定【所要時間5分】

当時、私がLINEモバイルに乗り換えた時も不安たっぷりでしたが、実際に手を動かした時間はこの通りで、とっても簡単に乗り換えができました。

そして今、つくづく、LINEモバイルに乗り換えて良かったと思っていますし、もっと早く乗り換えれば良かったとも思っています。

みなさまも、ぜひ、安心してドコモとおさらばしてください。(笑)

そして、LINEモバイルでご家族やお友だちと素晴らしいコミュニケーションを図っていただき、安く快適にスマホを使っていただければと思います。

最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。

どうぞ、よろしくお願い致します。

LINEモバイルはとっても素晴らしい格安SIMですよ!

ぜひ、LINEモバイルにお申し込みいただき、ご家族やお友だちと「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!

ひよっこ君
下のバナーから申し込みができるよ。(笑)
宜しくお願いしますぞよ。(笑)
スマホ博士

-LINEモバイルのMNP方法

© 2020 LINEモバイルで Let's Communication!