LINEモバイルとは

LINEモバイルの『基本料金・オプション料金・その他の費用』まとめ

「費用」の記事のメイン画像

大手キャリアからLINEモバイルへ乗り換えをご検討中の皆さま、こんにちわ。

また、他社の格安SIMからLINEモバイルに乗り換えをご検討中の皆さまも、こんにちわ。

さて、皆さまがLINEモバイルをご検討なさるに当たって、まず知っておきたい事、把握しておきたい事は、LINEモバイルの基本料金オプション料金その他の費用など、お金の事だと思います。

ひよっこ君
そうだよ、良いサービスでも高かったら乗り換える意味がないもん。

確かにその通りですよね。

皆さまが望まれているのは、良いサービスは当たり前で、その上で料金が安い事だと思います。

その通りじゃ。サービスの内容もそうじゃが、まずは料金や費用がどれ位かかるのか教えて欲しいのう。
スマホ博士

この記事ではLINEモバイルが高いのか安いのか、LINEモバイルの料金や費用の全体像をご説明させて頂こうと思います。

そして、その料金や費用に対して、LINEモバイルのサービスが安かろう悪かろうではなく、非常に素晴らしいサービスである事もご説明させて頂ければと思っています。

LINEモバイルの月々の基本料金からオプション料金まで、そして、LINEモバイルを申し込む時の初期費用から解約する時にかかって来る費用まで、LINEモバイルでお金のかかる事に関して、全てこのページにまとめさせて頂いております。

是非、LINEモバイルをご検討して頂くに当たりまして、ご参考にして頂ければと思います。

どうぞ、よろしくお願い致します。

\LINEモバイルの最新キャンペーンはこちらから!/

LINEモバイルの料金プラン・料金表

LINEモバイルの料金LINEモバイルの料金のご説明に入らせて頂くに当たりまして、まずは、LINEモバイルの料金の概要をご紹介させて頂きます。

LINEモバイルの料金プランはとてもシンプルでありながらも、下記の表の通り、皆さまのご希望に沿って細かく選べる様になっています。

LINEモバイルのプランの概要

3つの選べる回線
  • ドコモ回線
  • ソフトバンク回線
  • au回線
3つの選べる基本プラン
(データフリー対象サービス)
  • LINEフリープラン
    • LINEのみ
  • コミュニケーションフリープラン
    • LINE
    • Twitter
    • Facebook
    • Instagram
  • MUSIC+プラン
    • LINE
    • Twitter
    • Facebook
    • Instagram
    • LINE MUSIC
3つの選べるサービスタイプ
(SIMカードのタイプ)
  • データSIM(データ通信専用)
  • データSIM(SMS付き)(データ通信+SMS)
  • 音声通話SIM(データ通信+SMS+音声通話)
5種類の選べる基本データ容量
  • 1GB
  • 3GB
  • 5GB
  • 7GB
  • 10GB

キャリアと比べましても、より選択できる項目が多く、ご自身にピッタリのプランを選んで頂けるのがLINEモバイルの特徴です。

そして、上記の表の3つの基本プランの下に、データフリー対象のサービスを記載させて頂いておりますが、LINEモバイルの最も特徴的なメリットはデータフリーにあり、LINEモバイルの基本プランデータフリー対象サービスの違いによって選択できるようになっています。

ひよっこ君
使いたいデータフリーの種類を決めれば、基本プランが決まるって事だね。
でも、その前にデータフリーって何っていう方もおられると思うぞ。
スマホ博士

そうですよね。まだデータフリーの事をご存知ない皆さまもいらっしゃるかと思いますので、以下でご説明させて頂きます。

LINEモバイルのプランの基本はデータフリー

5つのデータフリー

まずは、LINEモバイル公式サイトの「よくある質問」に記載された文章からご覧ください。

データフリーとは何ですか?

データフリーとは、対象サービスのデータ通信量(コミュニケーションフリープランでいえば、LINE⋅Twitter⋅Facebook⋅Instagramのデータ通信)を、データ通信利用の対象外(消費をしない)とする機能をいいます。

また、通信速度制限がかかったとしても、データフリー対象サービスであれば制限がかからず、ずっと高速通信で利用することが可能です。

LINEモバイルのデータフリーは2つに分けてご理解頂ければ分かりやすいと思います。

まず1つ目は、月々の基本データ量がまだ残っている段階でのお話ですが、本来であれば、LINEなども含めてインターネットのサービスを利用するとデータ量を消費しますので、月々の基本データ量がどんどん減って行ってしまいます。

しかし、LINEモバイルでは、データフリーの対象サービスどれだけ使っても、本来、消費されるべきデータ量はカウントされず、月々の基本データ量から消費されずに減りません

ひよっこ君
つまり、データフリー対象サービスはどれだけ使ってもタダという事だよ。

そして2つ目は、月々のデータ量を使い切ってしまい、200kbpsの低速通信制限がかかってしまった時のお話ですが、本来であれば、データ量を使い切ってしまいますと、インターネットを利用する場合、低速通信ですのでとても遅くなりイライラしてしまいます。

画像の読み込みが遅くてイライラしてしまうんじゃ。
スマホ博士

しかし、LINEモバイルの場合、基本データ量を使い切ってしまってデータ残量がゼロになった場合でも、データフリー対象サービスであれば高速通信のままで利用し続ける事ができます。

LINEのトーク無料通話は、元々、それ程のデータ量を消費しませんが、顔を見ながら通話ができるビデオ通話の場合は、YouTubeの360P(=中画質程度)と同じ位にたくさんのデータ量を消費しますので、データ量がなくなっても高速で通信ができるメリットは大きいのです。

この通り、データフリーのサービスがある事により、データ量を節約しながら、快適にスマホを使う事ができるのです。

関連記事

LINEモバイルはとにかく安い! 月額500円から

料金プランそれでは、実際のLINEモバイルの料金プランをご説明させて頂きます。

ひよっこ君
LINEモバイルの料金プランは3つの基本プランがあるんだよ。
データフリーの種類もそれぞれで、とっても魅力的な料金じゃぞ。
スマホ博士

LINEフリープラン

LINEフリープラン

容量 データSIM データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
1GB 月額500円 月額620円 月額1,200円

データフリー対象サービス

LINE(音声通話+トーク+画像・動画の送受信+タイムライン)

ひよっこ君
このプランはLINEだけがデータフリーで使い放題だよ。

関連記事

コミュニケーションフリープラン

コミュニケーションフリープラン

容量 データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
3GB 月額1,110円 月額1,690円
5GB 月額1,640円 月額2,220円
7GB 月額2,300円 月額2,880円
10GB 月額2,640円 月額3,220円

データフリー対象サービス

LINE(音声通話+トーク+画像・動画の送受信+タイムライン)

Twitter(タイムライン+画像付きツイート+ツイート+ダイレクトメッセージ)

Facebook(タイムライン+画像・動画投稿+コメント+お知らせ表示)

Instagram(タイムライン+画像・動画投稿+アクティビティ+ダイレクトメッセージ)

このプランは、LINEの他、ツイッターフェイスブックインスタグラムがデータフリーで使い放題じゃぞ。
スマホ博士

関連記事

MUSIC+プラン

MUSIC+プラン。

容量 データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
3GB 月額1,810円 月額2,390円
5GB 月額2,140円 月額2,720円
7GB 月額2,700円 月額3,280円
10GB 月額2,940円 月額3,520円

データフリー対象サービス

LINEツイッターフェイスブックインスタグラム

LINE MUSIC(音声・通話の視聴+歌詞・文章の閲覧+音楽の保存+楽曲の検索)

ひよっこ君
このプランは、LINE MUSICもデータフリーで、音楽好きにはたまらないプランだよ。

関連記事

LINEモバイル公式サイト

オプション費用

オプション費用

ひよっこ君
LINEモバイルは、色々なオプションも準備してくれてるんだよね。

そうじゃ。とっても魅力的なオプションを、とっても良心的な料金で準備してくれてるんじゃぞ。
スマホ博士

ここでは、LINEモバイルの様々なオプションの内容と料金をご紹介させて頂こうと思います。

とても魅力的なオプションを取り揃えておりますので、要、チェックですよ!

10分電話かけ放題オプション(月額880円)

10分電話かけ放題

10分電話かけ放題」オプションは、10分以内の電話が、誰にでも何回でもかける事が出来るオプションです。

頻繁に電話をなさる方、通話料を気にせずに電話をなさりたい方には、うってつけのオプションです。

参考までに、LINEモバイルの通話料金は下記の通りです。

  • 通常のスマホに元から入っている通話アプリで発信: 20円/30秒
  • LINEモバイルの通話アプリ「いつでも電話」で発信: 10円/30秒

仮に「いつでも電話」アプリで毎日たったの1分30秒、電話をする事で、1ヶ月で「20円/分」×1.5分×30日900円になり、たったこれだけの通話で元が取れますので、つまり、これ以上、電話をかける方は「10分電話かけ放題」に入った方がお得という事になります。

ひよっこ君
1日に1分半くらいだったら、そんなに電話をしない人でも普通に電話をしてるよね。
そこそこ電話をする人なら、入っておいた方が気楽じゃのう。
スマホ博士

その通りでして、これ位で元が取れるなら、頻繁に電話をしない人でも、料金の事を気にせず、10分以内の電話ならいくらでもかける事が出来るという安心感が得られるだけでも、「10分電話かけ放題」のオプションに入っておいた方が気が楽ですよね。(笑)

10分を超過した分の通話料は、別途「いつでも電話」アプリの通常の通話料の、10円/30秒がかかります。

関連記事

端末保証オプション(月額450円 or 500円)

端末保証オプション

ひよっこ君
LINEモバイルで端末を購入した人は、月額450円だよ。
今まで使っていた端末をそのままLINEモバイルで使う人は、月額500円じゃぞ。
スマホ博士

最近のスマホは、どんどん品質が良くなって来て、どんどん高くなって来ましたよね。

高いスマホになりますと10万円を超える様なものもあって、万一、スマホが壊れて動かなくなってしまう事なんかを考えると、うかうか、気楽にスマホを使う事も出来ません...。

ひよっこ君
本当だよ...。

この端末保証オプションに加入しておけば、スマホを落としてガラスを割ってしまったり、あるいは、プールに行っている時に、誤って水の中に落として水没させてしまったり、そんな、万が一のトラブルが起こった時に、4,000~5,000円程の代金を支払う事によって、修理や交換の対応をして貰えるのです。

LINEモバイルで購入した端末なら、LINEモバイルの端末保証受付センターに電話をすれば、最短で翌日には交換端末が届きますので、SIMカードを挿してすぐ使えて、スマホがない時間も最短で済み、本当に助かるのです。

この端末保証オプションは、LINEモバイルを契約後、後で付ける事は出来ず、LINEモバイルの契約時にのみ、加入する事のできるオプションです。

関連記事

Wi-Fiオプション(月額200円)

wifiオプション営業をなさっている方など、外で時間を過ごす事が多い方には、このWi-Fiオプションのサービスは便利です。

セブンイレブンやローソン、スタバやタリーズなど、利用できるwifiスポットが全国で49,000か所もありますので、全国各地のwifiスポットで、動画の視聴などの大容量通信が快適に行えます。

また、wifiスポットに繋ぐ事で、契約している基本データ量が消費されませんので、データ量の節約にもなります。

使い方は至って簡単で、簡単な初期設定さえしておけば、その全国に49,000か所もあるwi-fiスポットの圏内に入ると、自動でそのwi-fiに接続をしてくれるので、全く手間は掛かりません。

ひよっこ君
それはとっても楽だね。(笑)

月末に近付いて、今月はデータ量が不足しそうだという事で、500円を払って500MBのデータ量を追加購入するのなら、予め、200円を払ってWi-Fiオプションに加入しておけば、追加購入の500MB位のデータ量ならあっという間に元が取れますし、大いにデータ容量を節約する事が出来るのです。

LINEモバイル公式サイト

ウイルスバスターオプション(月額420円)

ウィルスバスター

ウイルスバスターと言えば、最も有名なセキュリティーソフトですよね。

コンピューターウイルス不正サイトなど、今となっては、とても身近になっている脅威から、大事なスマホパソコンタブレット守る事が出来ます

身近な脅威

  • アカウントの乗っ取り
  • 偽のショッピングサイト等で、クレジットカード情報や個人情報の漏洩
  • 有名企業を装ったSMSによる詐欺
  • 不正アプリのインストールでウイルスに感染、端末の故障

最近は、本当に手の込んだ、多様化した、巧妙化した脅威が溢れていて、芸能人の方がLINEのアカウントを乗っ取られた事がニュースになったりしていますが、芸能人だけではなく身近でも起こっていますよね。

ワシの周りでも、LINEのアカウントを乗っ取られた人がおったぞ。
スマホ博士

また、楽天市場や佐川急便を装ったメールを開けてリンクをクリックしてしまえば、途端にスマホの中にある個人情報パスワードが盗まれたり、クレジットカード情報が盗まれたりと、セキュリティーソフトはそんな脅威を防ぐ、今や欠かせない存在になっています。

このウイルスバスターオプションは、ウェブの脅威から私たちを守ってくれますし、街中のフリーWi-Fiの安全性もチェックしてくれますのでとても安心です。

面白い機能としては、スマホを紛失したり盗難に遭った時に、GPSでスマホの場所を探す事が出来るのですが、盗んだ人がそのスマホを操作すると、スマホのインカメラがその人の顔を撮影して、登録しているメールアドレスに写真を送る事も出来ますので、ウイルスバスターは、単にウェブの脅威から私たちを守るだけでなく、リアルな世界でもスマホを守ってくれる優れものです。

ひよっこ君
それは凄いね...、でも、迂闊に拾ったスマホを操作できないよね...。

また、タブレットやパソコンなど、最大、3台までインストールが出来ますのでとってもお得です。

フィルタリングオプション(月額:無料)

i-filter

LINEモバイルはお子さまの初めてのスマホに最適ですが、その最たる理由は、500円でスマホが持てる事と、この「i-フィルター」のフィルタリングオプションによる所がとても大きいです。

フィルタリングとは何ですか?

フィルタリングとは、インターネット上のウェブページなどを一定の基準で判別して、悪質なサイトなどを見れないようにすることを言います。

上記は、LINEモバイル公式サイトの「よくある質問」の「フィルタリングとは?」を転載させて頂いた文章ですが、つまりフィルタリングとは、インターネット上に溢れている危険なサイトからお子さまを守る機能です。

前述のウイルスバスターなどのウイルス対策ソフトは、ウイルスの侵入を防ぐ事によって、パソコンなどの中にある個人情報を守る事が出来ますが、このフィルタリングサービスは、意図しないネットの危険に利用者がさらされる事を防ぎます。

ひよっこ君
つまり、フィルタリングサービスは人を守るサービスだよ。

LINEモバイルでは、フィルタリングソフトの中でも最も有名なソフトである「i-フィルター」を採用しており、悪質なサイト閲覧をブロックしたり、有害なアプリを使えなくしたりするだけではなく、インターネットの利用時間を制限することも可能です。

完璧にお子さまをネットの危険から守ってくれそうじゃのう。
スマホ博士

そして何と、LINEモバイルではその「i-フィルター」を利用したフィルタリングオプションが無料で利用できるのです!

この「i-フィルター」は他の格安SIMでも取り入れておられますが、マイネオは月額350円楽天モバイルは月額300円のオプション料金を取っておられますので、無料で使えるLINEモバイルは、お子さまにスマホも持たせるのにとっても優しい格安SIMなのです。

ひよっこ君
LINEモバイルは、子育てを応援してくれる格安SIMだね。
他の格安SIMだったら子供3人で月1,000円位...、この金額が浮いて来るのは嬉しいのう。
スマホ博士

その他のオプション

その他のオプションに関しましては、ドコモ回線ソフトバンク回線au回線とでは、一部、異なります。

(各回線のオプションの詳細は、各回線名 ↓↓↓ をクリックして頂きますと飛びます。)

  ドコモ回線 ソフトバンク回線 au回線
留守番電話 月額無料
保存30件
保存期間72時間
留守番電話プラス 月額300円
保存20件
保存期間72時間
月額300円
保存100件
保存期間1週間
月額300円
保存99件
保存期間1週間
割込通話 月額200円 月額200円 月額200円
グループ電話 月額200円
6人まで同時通話可
月額200円
3人で同時通話可
迷惑電話ストップ 無料
最大30件まで登録可
月額100円
最大20件まで登録可
月額100円
最大30件まで登録可
転送電話 無料 無料 無料
国際電話 無料 無料 無料
国際ローミング 無料
通話明細 月額100円 月額100円 月額100円

ドコモ回線

1)留守番電話プラス(旧:留守番電話、月額300円)

ドコモ回線は留守番電話が有料になってしまいます。(ソフトバンク回線は無料、アップグレード版で月額300円です。)

保存が出来る件数は20件まで、保存期間は3日間(72時間)です。

ひよっこ君
何でドコモは留守電が有料なんだろ...? 無料版も作って欲しい...。
2)割込通話(月額200円)

通話中、他の電話が掛かって来た時に、通話中の電話を保留にして、かかってきた電話を受けることができるサービスです。

いわゆる、ドコモでいうキャッチホンです。

ドコモの時も、キャッチホンの利用料は200円じゃったな。
スマホ博士
3)迷惑電話ストップ(無料、申し込みは不要)

迷惑電話を拒否する事ができるサービスです。

最大30件の電話番号を拒否することができ、登録した電話番号は着信履歴にも残りません

3回線の中で唯一、ドコモ回線は迷惑電話ストップが無料で使えます。

ひよっこ君
それは嬉しいサービスだね。
4)転送電話(無料、申し込みは不要)

かかって来た電話を他の番号に転送することができるサービスです。

着信したスマホから転送先への通話料は別途じゃぞ。
スマホ博士
5)国際電話(無料、申し込みは不要)

国内から海外へ電話をかけることができます。

ひよっこ君
海外への通話料は別にかかるよ。
6)国際ローミング(無料、要、申し込み)

海外の通信会社の電話回線で、海外で通話とSMSの送受信ができるサービスです。

つまり、海外滞在中に日本に電話をしたり、滞在国内その他の国に電話をする事ができるサービスです。

このオプションはドコモ回線のみになり、海外に頻繁に行かれる方には必須のサービスです。

お申し込みにはパスポート審査が必要で、通話料は別途でかかります。

SMSは送信時に100円/通、受信は無料じゃぞ。
スマホ博士
7)通話明細(月額100円)

音声通話の通話明細を、マイページで確認する事ができるサービスです。

ひよっこ君
ソフトバンク回線と一緒だね。

ソフトバンク回線

1)留守番電話(無料)

ソフトバンク回線のみ、無料の留守番電話のサービスがあります。

保存件数は30件、保存期間は3日間(72時間)です。

ひよっこ君
無料の留守電があるのはとっても嬉しいサービスだよね。
2)留守番電話プラス(月額300円)

通常の留守番電話サービスのアップグレード版です。

留守番電話の保存件数が30件から100件に、保存期間が3日から1週間になります。

着信が多い人にはピッタリじゃぞ。
スマホ博士
3)割込通話(月額200円)

お話し中の電話を保留にして、後からかかってきた他の電話を受けることができます。

ひよっこ君
そのまま、ソフトバンクの割込通話の事だよ。
4)グループ通話(月額200円)

本人と最大5人の相手の合計6人同時に話す事が出来ます。(料金は発信をした人だけが掛かります)

1人目に電話をします → 2人目に電話をします → 2人目に電話が繋がると、1人目は保留状態になります → 通話メニューで「グループ通話」を選択すると、3人で同時に話す事が出来ます。

この「グループ電話」のオプションは、以前、ソフトバンクを使っていた方はご存知だと思いますが、ソフトバンク独自のサービスの為、LINEモバイルの「いつでも電話」アプリを使う事は出来ません。

ですので、10分電話かけ放題の対象外となり、スマホに元からある電話アプリで発信して頂く事になりますので、通話料は20円/30秒となります。

グループ電話は便利な機能じゃから、通話料がかかるのは仕方がないじゃろ。
スマホ博士
5)迷惑電話ストップ(旧:ナンバーブロック、月額100円)

迷惑電話、拒否したい電話を20件まで登録する事が出来る、迷惑電話防止サービスです。

拒否登録した電話番号はサービスセンターで拒否をしますので、着信履歴を残さずにブロックする事が出来ます。

ひよっこ君
最近は、どこで調べたのか迷惑電話が多いらしいもんね。
6)転送電話(無料、申し込みは不要)

着信した電話を他の番号に転送することができるサービスです。

スマホにかかってきた電話を、自宅に転送するって感じかのう。
スマホ博士
7)国際電話(無料、申し込みは不要)

国内から海外へ電話をかけることができるサービスです。

ひよっこ君
通話料は別途でかかるから注意だよ。
8)通話明細(月額100円)

いつ、誰に、何分間、電話を掛けたのか、通話料金も含め、音声通話の1件1件の通話明細をマイページで確認する事ができます。

通話明細のオプションに加入していなかった月も含めて確認する事が出来き、PDFで1ヵ月分毎の記録をダウンロードする事が出来ます。

月額100円ってお得じゃのう。
スマホ博士

au回線

1)留守番電話プラス(月額300円)

au回線にも無料の留守電サービスはなく、有料になってしまいます。

保存が出来る件数は99件まで、保存期間は1週間まで、月額300円の価値は十分にあります。

ひよっこ君
無料の留守電サービスも欲しいけど、仕様は十分だから仕方がないね。
2)割込通話(月額200円)

通話中の電話を保留にして、かかってきた電話を受けることができるサービスです。

auでいう「割込通話サービス」です。

auでも200円じゃぞ。
スマホ博士
3)グループ電話(月額200円)

au回線のグループ通話は3人の相手と同時に通話する事が出来ます。

ひよっこ君
割込通話と同時に使う事はできないよ。
4)迷惑電話ストップ(月額100円)

最大30件まで着信拒否する電話番号を登録する事ができます。

電話がかかって来ても着信履歴にも残りません。

着信拒否ができる機能は有難いのう。
スマホ博士
5)転送電話(無料、申し込みは不要)

着信した電話を他の電話番号に転送することができます。

ひよっこ君
転送する通話料は別でかかるよ。
6)国際電話(無料、申し込みは不要)

国内から海外へ電話をかけることができます。

電話をかける国によって通話料はかわるぞ。
スマホ博士
7)通話明細(月額100円)

通話時間発信先などの通話明細をマイページから確認できます。

ひよっこ君
これは3回線とも一緒だね。

LINEモバイル公式サイト

その他の費用

その他の費用一通り、LINEモバイルの基本プランオプションの料金をご説明させて頂きました。

ここからは、それ以外の場面で発生する料金をご説明させて頂きます。

初期費用(契約時に必要な費用・手数料)

まずは、LINEモバイルのお申し込み時にかかってくる初期費用のご案内です。

初期費用は2つあります。

ウェブ登録事務手数料   3,000円

新規でLINEモバイルにお申し込みを頂きますと、ウェブ登録事務手数料3,000円がかかって来ます。

ひよっこ君
内緒だけど、ウェブ登録事務手数料を安くする方法があるんだよね。
そうなんじゃ。3,000円が最大無料になるんじゃ。
スマホ博士

事務手数料を最大無料にする方法

エントリーパッケージ
  • ウェブ登録事務手数料が無料になる
  • 音声通話SIMデータSIM(SMS付き)が対象
  • Amazonで400円前後で購入可
  • キャンペーンと併用可
追加申込
  • 音声通話SIM→無料、データSIM(SMS付き)→500円、データSIM→1,000円
  • ご自身の2台目や、未成年のご家族向け
  • キャンペーンと併用不可
招待URL
  • 音声通話SIM→無料、データSIM(SMS付き)→500円、データSIM→1,000円
  • LINEモバイルユーザーからの招待URLで申し込み
  • キャンペーンと併用不可
ひよっこ君
これは使わない手はないね。
音声通話SIMをお申し込みの皆さま

音声通話SIMをお申し込みの皆さまは、間違いなく、エントリーパッケージを利用なさる事をおすすめ致します。

キャンペーンと併用できますので、ウェブ登録事務手数料が無料になると同時に、キャンペーンのお得もゲット出来て、ダブルでお得です。

データSIM(SMS付き)をお申し込みの皆さま

データSIM(SMS付き)をお申し込みの皆さまは、仮にエントリーパッケージが400円で販売されている時であれば、3,000円-400円→2,600円が得をしますので、2,500円が割引される招待URLよりも、ほんの少しエントリーパッケージの方がお得です。

知り合いにLINEモバイルをご利用中の方がいらっしゃらない場合は、エントリーパッケージの一択となりますが、知り合いにLINEモバイルのユーザーがいらっしゃる場合でも、お願いするのに気を使う場合は、エントリーパッケージをおすすめ致します。

データSIMをお申し込みの皆さま

データSIMをお申し込みの皆さまは、エントリーパッケージは利用できませんので、お知り合いにLINEモバイルをご利用の方がいらっしゃいましたら、招待URLを発行して頂きお申し込み下さい。

もし、お知り合いにLINEモバイルをご利用の方がいらっしゃらない場合は、本サイトでも招待URLを発行していますので、下記のリンクより取得頂き、お申し込み下さい。

関連記事

現在、LINEモバイルで開催中のポイントバックキャンペーン

現在、LINEモバイルで開催されているポイントバックキャンペーンは2種類あります。

今だけラッキー!7,777円相当プレゼントキャンペーン

7,777円相当プレゼントキャンペーン

7,777円相当プレゼントキャンペーン

このキャンペーンは、コミュニケーションフリーMUSIC+音声通話SIMをお申し込みのみなさまに、LINEポイントLINE Pay残高7,777円分、プレゼントされるキャンペーンです。

キャンペーンコードは、LINE Payコースが「PB077」、LINEポイントコースが「LN077」です。

このキャンペーンは、エントリーパッケージは併用することができません。

ひよっこ君
エントリーパッケージと併用できないのは残念だね。

学生応援!社会人にもあげちゃう最大5,000円相当プレゼントキャンペーン

エントリーパッケージと併用

エントリーパッケージと併用

こちらのキャンペーンは、音声通話SIMデータSIM(SMS付き)をお申し込みの皆さまに、LINEポイントLINE Pay残高5,000円分(データSIM(SMS付き)は1,000円分)、プレゼントされるキャンペーンです。

対象プランはコミュニケーションフリーMUSIC+で、こちらのキャンペーンはエントリーパッケージとの併用が可能です。

キャンペーンコードは、LINE Payコースが「PB53」、LINEポイントコースが「LN53」です。

こっちはエントリーパッケージと併用でダブルでお得じゃぞ。
スマホ博士

この2つのポイントバックキャンペーンは併用することはできません

条件が少しずつ違いますので、適用できる方お得な方を選んで頂き、該当のキャンペーンコードを入力してお申し込みなさってください。

また、並行して、5ヶ月間、月額基本利用料が半額になる「スマホ月額基本利用料 半額キャンペーン」も開催中です。

こちらは自動適用ですので、キャンペーンコードの入力は不要です。

詳細は「LINEモバイル最新キャンペーン情報」をご覧下さい。

SIMカード発行手数料   400円

新規でLINEモバイルにお申込みをして頂きますと、ウェブ登録事務手数料の3,000円と合わせて、新たにSIMカードを発行する手数料、SIMカード発行手数料400円が掛かって来ます。

また、「データSIM音声通話SIM」などの様に、サービスタイプの変更をする際にも、一旦、解約後に新たに申し込んで頂く必要がありますので、再度、SIMカード発行手数料が必要になります。

ひよっこ君
解約後、もう一度、申し込む時は、登録事務手数料は安くなるんだよね?
マイページからの追加申込で、音声通話SIMなら3,000円が無料に、その他のプランの場合も割引されるんじゃぞ。
スマホ博士

尚、この、SIMカード発行手数料には割引制度はありません

契約中の各種変更手続き等の費用・手数料

次に、ご契約中に各種、変更手続き等をなさった場合にかかって来る費用や手数料のご説明です。

SIMカード変更手数料 3,000円

SIMカードのサイズを変更する場合は、SIMカード変更手数料の3,000円が掛かって来ます。

SIMカードには、「標準/micro/nano」の3種類がありますが、お持ちのスマホの機種変更に伴い、SIMカードのサイズが変更になる場合には、SIMカード変更手数料3,000円が必要です。

ひよっこ君
ちょっと痛い出費だけど、仕方がないね。
そんなに頻繁にある事ではないしのう。
スマホ博士

回線変更手数料 3,000円

ドコモ回線 ⇔ ソフトバンク回線ドコモ回線 ⇔ au回線ソフトバンク回線 ⇔ au回線と、回線を変更なさる場合には、回線変更手数料3,000円が掛かって来ます。

ひよっこ君
この手数料も、何回もある事じゃないから仕方がないかな。
そうじゃのう。
スマホ博士

データ容量の追加購入   500円~

LINEモバイルでは、いつでもデータ容量の追加購入をして頂く事が出来ます。

  ドコモ回線 ソフトバンク回線 au回線
容量と金額(1回当たり) 0.5GB:500円/回
1GB:1,000円/回
3GB:3,000円/回
0.5GB:500円/回
1GB:1,000円/回
0.5GB:500円/回
1GB:1,000円/回
追加可能な回数 月3回まで 月10回まで 月10回まで
購入可能データ量(1ヶ月で) 9GB 10GB 10GB

データ量の追加購入は0.5GB当たりで500円と、かなり割高になってしまいます。

たまに利用する程度でしたら良いと思いますが、頻繁にデータ量が不足する場合は、そもそも、毎月の基本データ量が少ないと思いますので、基本プランの変更をご検討下さい。

LINEモバイルでは、音声通話SIM ⇔ 音声通話SIMデータSIM ⇔ データSIMなど、同じサービスタイプなら、いつでも無料でプラン変更をして頂く事ができます。

ひよっこ君
やっぱり、データ容量を追加で購入する場合は、割高になっちゃうんだね。
そうなんじゃ。プラン変更を有効活用すべきじゃぞ。
スマホ博士

関連記事

解約時の費用

悲しい事ですが、皆さまがLINEモバイルを解約なさる時にかかる費用です。

解約手数料 9,800円 ← 1,000円に変更!

朗報!

2019年10月1日より、LINEモバイルの解約手数料が9,800円から1,000円に変更になりました。

音声通話SIMをご契約されている場合は、最低利用期間内解約MNP転出なさる場合には、この解約手数料が掛かります。

最低利用期間を過ぎてからの解約やMNP転出の場合は、この解約手数料は掛かりません

ちなみに、LINEモバイルでは、2019年5月1日以降、初月の月額基本利用料が有料になった事により、最低利用期間はお申し込みをなさった日により下記の2通りになります。

最低利用期間

■2019/4/30までにお申し込みの方

利用開始日から起算し、利用開始日の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで(末日を含む)

■2019/5/1以降にお申し込みのお客様

利用開始日から起算し、利用開始日を含む月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで(末日を含む)

ひよっこ君
最低利用期間は、ざっくり、使い始めてから1年間だよ。
それにしても、9,800円から1,000円に下がって、気持ちの圧迫感がなくなったのう。(笑)
スマホ博士

MNP転出手数料 3,000円

電話番号はそのままで、LINEモバイルから他社に乗り換える場合、つまり、MNP転出をする場合にこの費用が掛かります。

この費用は、キャリアや格安SIMに関わらず、どこの携帯会社でも、MNP転出する際には請求されます。

最低利用期間の1年間を超えてMNP転出する場合でも掛かります。

ひよっこ君
MNP転出手数料は、電話番号そのままで乗り換える時には絶対にかかるんだよ。

SIMカードを返却する送料 実費

SIMカードは、解約時にはLINEモバイルに返却する必要があります。

解約手続きが完了した後、送料自己負担でLINEモバイルに送付する必要がありますので、勝手に処分しない様、ご注意ください。

私もSIMカードをLINEモバイルに返送した事がありますが、封筒にSIMカードを入れて、84円の切手を貼って発送するだけでOKです。

そうじゃ、解約したからと言って、SIMカードを勝手に捨ててしまってはいかんぞ。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

『基本料金・オプション料金・その他の費用』まとめ

「費用」の記事のメイン画像

皆さま、お疲れさまでした。

さて、LINEモバイルの料金費用の事、理解頂けましたでしょうか?

また、料金プランの詳細もご理解頂き、どのプランを選んだら良いか、イメージ出来ましたでしょうか?

LINEモバイルは、とにかく、LINEを始めとするSNSのデータフリーが特徴です。

是非、LINEのトークや通話で、家族やお友だちとたくさんのコミュニケーションを取って頂き、LINEモバイルで快適にスマホを使って頂ければと思います。

最後までお読み下さいまして、有難うございました。

どうぞ、よろしくお願い致します。

LINEモバイルはとっても素晴らしい格安SIMですよ!

是非、LINEモバイルにお申し込み頂き、ご家族やお友達と「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!

ひよっこ君
下のバナーから申し込みができるよ。(笑)
宜しくお願いしますぞよ。(笑)
スマホ博士

-LINEモバイルとは

Copyright© LINEモバイルで Let's Communication! , 2020 All Rights Reserved.