LINEモバイルのメリット

【子供の安全を無料で守る!】LINEモバイルのフィルタリングソフト「i-フィルター」

i-フィルター

LINEモバイルをご検討中の皆さま、また、LINEモバイルをご利用中の皆さま、こんにちわ。

さて、皆さまは、LINEモバイルのオプションにあります「フィルタリング」ってご存知ですか?

ひよっこ君
フィルタリング...? なんか難しそうだなぁ...。
そうじゃのう。まあ、ちょっと、話を聞いてみようじゃないか。
スマホ博士

フィルタリング」っていう言葉だけを聞きますと、とても難しく感じますよね。

最近は、小学校の低学年くらいのお子さまでも、キッズ携帯に代わってスマホを持つ姿を見かける様になりましたが、平成30年度の内閣府の調査では、小学生のスマホの保有率は45.9%で、2人に1人近くはスマホを持っているとの事なのです。

しかもこれは、小学校1年生から6年生までの平均になり、小学校の高学年にもなると、スマホの保有率はなんと7割にもなるなんていう調査結果もある様なのです。

ひよっこ君
小学生にとっても、もうスマホは当たり前だもんね。

そんな中、お父さま、お母さまからしますと、防犯の事を考えると子供にスマホを持たせたいのだけど、スマホはキッズ携帯と違ってネットが出来るしアプリも使えるしという事で、不安も増えてしまいますよね。

そうなんじゃ。スマホを持たせても良いんじゃが、不安なんじゃ。
スマホ博士

どんなサイトを見てるんだろう...どんな事を検索してるんだろう...変なサイトは見てないわよね…

近年、お子さまのスマホ保有率の上昇により、ニュースでも、未成年者がネットで「出会い系サイト」にアクセスして、そこで出会った人と実際に会って犯罪に巻き込まれる事件なども報道されていますよね。

未成年者がインターネット上で色々な犯罪に巻き込まれている現状に、我が子は大丈夫とは思いながらも、心配は積もるばかりです。

そんな中、実は、そんな親御さまの心配を振り払ってくれるのが、この「フィルタリングアプリ」なのです!

フィルタリングソフトって何? LINEモバイルのフィルタリングソフトがどんな風に子供を守ってくれるの? この記事では、LINEモバイルのフィルタリングソフトの全てを皆さまにご説明をさせて頂き、お父さま、お母さまの不安を拭い取らせて頂こうと思います。

どうぞ、よろしくお願い致します。

\LINEモバイルの最新キャンペーンはこちらから!/

フィルタリングソフトって何?

フィルタリングとは?ウイルスバスターノートンなどのセキュリティソフトの名前はよく聞かれると思いますが、それらはフィルタリングソフトではなく、ウイルス対策ソフトです。

ウイルス対策ソフトとは、簡単に言いますと、コンピューターウイルスから「パソコン」を守るソフトになります。

ひよっこ君
ウイルス対策ソフトは、フィルタリングソフトとは違うんだよ。

ウイルス対策ソフトとは

ウイルス対策ソフトとは、パソコンに侵入してきたウイルス、つまり、悪意のあるプログラムを検出して、それを削除する事によりパソコンを守るソフトの事。

コンピューターウイルスは、メールやメールに添付されて来るエクセルなどのファイルに潜り込んでいる事が多く、日々、そのやり方は巧妙化しています。

その添付されたファイル等を開く事で、潜伏していたウイルスがパソコン内に侵入し、パソコンがウイルスに感染パソコンを操作不能にしたり、パソコン内のデータを破壊してしまいます。

ウイルスは勝手に拡散していくから、たちが悪いんじゃ。
スマホ博士

一方、フィルタリングソフトは、パソコンなどを守るソフトではなく、「人を守るソフト」です。

フィルタリングソフトとは

フィルタリングソフトとは、特定のウェブサイトへのアクセスをブロックし、そのウェブページを閲覧する事が出来ない様にするソフトウエアの事。

フィルタリングソフトは、未成年保護のため、悪影響を及ぼす可能性のあるサイトへのアクセスを制限したり、企業などでは、私的なインターネットの利用を防ぐ為に開発されたソフトですが、LINEモバイルでは、特に、お子さまを守るソフトとしての位置づけを取っています。

つまり、フィルタリングソフトというのは、インターネット上のウェブサイトに振るいをかけて、このサイトは良いサイト悪いサイトかを判断し、特定のウェブサイトにアクセス出来ない様にするソフトを言います。

ひよっこ君
怪しいサイトをブロックしてくれるソフトなんだ。

未成年者の方、特に、小学生中学生くらいのお子さまは、サイトを見て、これは良いサイトか、悪いサイトかの判断が付かない事が多い為、フィルタリングソフトが一つ一つのサイトを判断し、お子さまがインターネット上の有害な情報や、犯罪に巻き込まれる可能性のあるいかがわしいサイトにアクセスが出来ない様にするのです。

お子さまに安全にスマホを使ってもらう上では、「フィルタリングソフト」はとっても重要な存在なのです!

お子さまの事を考えて、是非、フィルタリングソフトを取り入れるべきなんじゃ。
スマホ博士

LINEモバイルでは、どこの格安SIMよりもお子さまを守る事に力を入れていて、他社では有料のオプションになっているフィルタリングソフトを無料で開放、そして、18歳の未満の方には、このフィルタリングソフトの利用を義務付けているのです!

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルは「i-フィルター」を採用!

i-フィルターお子さまがスマホを使う上で、絶対に欠かすことが出来ない「フィルタリングソフト」ですが、LINEモバイルでは、デジタルアーツ社の「i-フィルター」を取り入れています。

この「i-フィルター」は、一般の方にはほとんど耳なじみがないと思いますが、実は、フィルタリングソフトの中では、超・優れものとして有名で、家庭用のフィルタリングソフトではシェアー№1を獲得、そして、フィルタリングソフトを取り入れているご家庭の90%以上ものご家庭が、この「i-フィルター」を使っているんですよ!

デジタルアーツ社「i-フィルター」のおすすめポイント

  • (公社)日本PTA全国協議会が推薦している製品
  • 全国31,000校以上に導入
  • 大手パソコンメーカーなど12社に標準搭載
  • 全国160社以上のプロバイダーに公式採用
  • 家庭用ゲーム機・TVに公式採用
ひよっこ君
PTAの偉い人たちが推薦してるって、すごいソフトなんだね!
採用しているパソコンメーカーも、NECに富士通、パナソニックなど一流企業ばかりじゃ!
スマホ博士

こんな「i-フィルター」ですので、当然、他の格安スマホも、多くの所がフィルタリングソフトにこの「i-フィルター」を取り入れていて、ほとんどの格安スマホでは、この「i-フィルター」は有料のオプションになってるんですよ。

LINEモバイルの「i-フィルター」だからこそのメリット

フィルタリングオプションご説明の通り、「i-フィルター」は他の多くの格安SIMで取り入れられていますが、他の格安SIMにはない、LINEモバイルだからこそのメリットがあります。

ひよっこ君
ネタバレだけど、無料で使えるのはLINEモバイルだけなんだよ。
LINEモバイルでは「i-フィルター」の最上位版が使えるんじゃぞ。
スマホ博士

LINEモバイルなら、「i-フィルター」が無料で使えます!

ひよっこ君
えっ、他の格安スマホでは有料なのに、LINEモバイルはタダで使えるの?

はい、他の格安SIMでは、この「i-フィルター」を有料のオプションにしている中、ご家族のコミュニケーションを重んじるLINEモバイルでは、なんと、「i-フィルター」を無料でお客様に提供しています!

ちなみに、他社の格安SIMの 「i-フィルター」のオプション料金をちょっと調べてみました所、こんな感じでした。

他社、格安SIMの「i-フィルター」のオプション料金

マイネオ(mineo) 月額350円
BIGLOBEモバイル 月額200円
nuroモバイル 月額300円~
楽天モバイル 月額300円
U-mobile 月額350円
IIJmio 月額360円
UQ mobile オプション選択なし
(あんしんフィルター:月額無料)
Y!mobile オプション選択なし
(あんしんフィルター:月額無料)
LINEモバイル 月額無料
ひよっこ君
「i-フィルター」を無料にしてる有名どころの格安SIMはないんだね。
それだけ「i-フィルター」は優秀な機能を持っているという事じゃ。
スマホ博士

UQ mobileY!mobileは別のフィルタリングアプリを取り入れておられる様ですが、他の各社は「i-フィルター」をフィルタリングのオプションに取り入れておられ、すべての格安SIMで有料でした。

お子さまが1人の場合は良いですが、2人、3人のお子さまがいらっしゃるご家族には、有料だとグッと負担がのしかかって来ますよね。

仮に、お子さまが3人いらっしゃるご家庭では、月にプラスで1,000円程が掛かって来ますので、我が子の安全の為なら安い買物ではありますが、それでも、出来ればタダの方が有難いですよね。

その点、家族のコミュニケーションを大事にするLINEモバイルは、お子さまに安全をお届けする心意気も違いますので、オプション料金0円! タダ! お客様に無料で使って頂ける様、その費用はLINEモバイルが負担しているのです!

ひよっこ君
さっすが、LINEモバイル!
何と言ってもお子さまの安全の為じゃからのう。
スマホ博士

ちなみに、この「i-フィルター」は提供元のデジタルアーツさんで申し込むと、1台用・1年版で4,320円もするんですよ。

最上位版の「i-フィルター for マルチデバイス」が使えます!

安心の4つのポイント「i-フィルター」には、パソコン用(Windows)のi-フィルター、iPhone用のi-フィルター、アンドロイド用のi-フィルター、他、ゲーム機用のi-フィルターやテレビ用のi-フィルターなど、複数の種類がありますが、LINEモバイルでは、i-フィルターの最上位タイプの「i-フィルター for マルチデバイス」が使えます。

この「i-フィルター for マルチデバイス」はパソコン用、iPhone用、アンドロイド用の全てで使える「i-フィルター」ですので、どの端末をお使いの方でも使えます。

また、お子さまだけではなく、親御さまも無料でお使い頂けますので、フィッシング詐欺の危険性のあるサイトなど、怪しいサイトをブロックする事も出来ます。

ひよっこ君
お父さんやお母さんもタダで使えるのは嬉しいね。
フィッシング詐欺も巧妙になって来ておるからのう。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

「i-フィルター」はこんな事が出来る「子供守る」編

フィルタリングの必要性

ひよっこ君
まずは、「i-フィルター」がどんな風に子供を守ってくれるかだね。

そうじゃ。それが最も大事なフィルタリングアプリの機能じゃからのう。
スマホ博士

お子さまが家でパソコンやタブレットを使っている時は、どんなサイトを見ているのか、どんな動画を見ているのか、親御さまも把握する事が出来ますよね。

一方、お子さまの方も、親にバレるかも知れないと、家では親に叱られそうなサイトや動画は見ない様にしますよね。

しかし、お子さまが一歩、外に出ますと、自由にスマホを使う事が出来ますから、お子さまがどんなサイトを見ているのか、親御さまは近くで見守る事が出来ないだけに、とっても不安になってしまいます。

まずは「i-フィルター」がお子さまをどの様に守るのか、そこからご説明をさせて頂きます。

危険なサイトからお子さまを守る!

つまりこれは、「ウェブサイトのフィルタリング」になりまして、フィルタリングソフトの基本的な機能であり、最も大事な機能になりますが、危険なサイト、お子さまには見せたくないサイトをブロックする事ができる機能です。

ひよっこ君
えっ、すごい、そんな事が出来るんだ。

親御さまの立場からしますと、小学生くらいの小さなお子さまには、アダルト系のサイトや出会い系のサイトは見て欲しくないですし、暴力的なサイトも見せたくありません。

子供の教育上、そういうサイトを見せるのは良くないからのう。
スマホ博士

i-フィルター」には細かいカテゴリー分けがされていて、その数、何と67種類ものカテゴリーに分けられているので、見せたくない、ブロックしたいサイトを細かく設定する事ができるのです。

例えば、小学生のお子さまと高校生のお子さまがいらっしゃるご家庭で、分かりやすい例、アダルトのカテゴリーでご説明をしますと、小学生のお子さまには、アダルトは全般的にブロック、しかし、高校生のお子さまには、アダルトの中の性教育に限っては、ブロックをせずに閲覧可能にする。

この様に、お子さまごとに、見せても良いカテゴリー、見せたくないカテゴリーを選択する事が出来ますので、お子さまの心配をなさる親御さまにとりましても安心できるのです。

Webフィルタリング

参照:「Webフィルタリングのカテゴリ一覧」デジタルアーツ

危険なアプリからお子さまを守る!

つまりこれは、「アプリのフィルタリング」になりまして、お子さまがスマホを使うに当たっては、ウェブサイトを見るのと同じ位、アプリを使うと思いますが、使っても良いアプリ、使わせたくないアプリをフィルタリングする機能になります。

例えば、家族内の連絡はLINEでなさるご家庭も多いと思いますが、LINEモバイルではLINEがデータフリーで使い放題ですから、お子さまにLINEのアプリを使わせる為、LINEを「許可」に設定して頂く事ができます。

一方、お母さまとしては、お子さまには頑張って勉強をして貰わなければいけませんので、オンラインゲーム系はさせなくないわねという場合は、ゲーム関係のアプリは「禁止」に設定して、使わせない様にして頂く事もできます。

ひよっこ君
インストール済のアプリを、LINEは「許可」、YouTubeは「禁止」みたいに設定もできるんだよ。
当然、下の図の様に、デフォルトの年齢別の設定でアプリフィルタリングも出来るんじゃぞ。
スマホ博士

「i-フィルター」のアプリのフィルタリングに関しましては、全部で32種類のアプリカテゴリーがありますので、お子さまに合わせて、使わせるアプリ、使わせないアプリを設定する事ができるのです。

アプリフィルタリングのカテゴリ

参照:「アプリフィルタリングのカテゴリ一覧」デジタルアーツ(「アプリフィルタリング」のタブをクリックしてください。)

使わせても良いアプリ、使わせたくないアプリを設定する「アプリフィルタリング」に関しましては、アンドロイド端末のみの機能になり、iPhoneにはこの機能はありません。

LINEモバイル公式サイト

フィルタリングの設定の仕方もとっても簡単!

「i-フィルター」の管理画面機能が盛りだくさんの「i-フィルター」ですが、実際に使いこなせるのか設定は難しいんじゃないのって、不安になる親御さんもいらっしゃるかと思います。

しかし、「i-フィルター」のフィルタリングの設定はとっても簡単ですよ!

見せても良いサイト、見せたくないサイトの設定も簡単ですし、使っても良いアプリ、使わせないアプリの設定もとっても簡単です。

設定方法①(Web・アプリ共通)

「i-フィルター」の管理画面

利用者設定時にお子さまの生年月日を入力すると、自動でその年代の推奨のフィルター設定が適用されます。

設定方法②(Web・アプリ共通)

「i-フィルター」の管理画面

「Webフィルタリング設定」「アプリフィルタリング設定」の画面で、左側に表示される6つのフィルター設定ボタン(「ファミリー」「小学生」「中学生」「高校生」「大人」「フィルターOFF」)から、お子さまに該当するボタンをクリックして頂く事により、右側のカテゴリーに自動でチャックが入り、年齢別の推奨設定(かんたん設定)が適用されます。

設定方法③(Web・アプリ共通)

「i-フィルター」の管理画面

もっと詳細に設定をする場合は、画面の右側に表示される67種類のWebフィルタリングのカテゴリー(アプリフィルタリングのカテゴリーは32種類)の中から、見せたくないサイト(使わせたくないアプリ)のカテゴリにチェックを入れて頂く事で、そのカテゴリーがブロックされる様に設定され、お子さまはそのカテゴリーのサイトを見る事ができず、また、アプリを使う事ができません。

設定方法④(Webフィルタリング)

「i-フィルター」の管理画面

「見せて良いサイトの設定」「見せたくないサイトの設定」でURLを登録する事により、見せても良いサイト、見せたくないサイトを個別に設定する事ができます。

設定方法⑤(アプリフィルタリング)

インストール済みアプリの個別詳細設定

「インストール済みアプリの個別詳細設定」をクリックすると、お子さまのスマホにインストールされているアプリが全て表示されますので、使わせても良いアプリ(許可)、使わせないアプリ(禁止)を個別に設定する事ができます。

LINEモバイル公式サイト

「i-フィルター」はこんな事が出来る「親が子供を見守る」編

「i-フィルター」の管理画面見せたくないウェブサイトをフィルタリングによってブロックしたり、使わせたくないアプリをフィルタリングで使わせない様にする事により、お子さまがアダルト系や出会い系などの有害サイトへアクセスする心配も拭い去る事が出来ますし、「トラブルや犯罪に巻き込まれるリスク」「知らない大人と知り合ってしまうリスク」を避ける事も出来ます。

つまり、これらは、直接的にお子さまを守る「i-フィルター」の機能です。

ひよっこ君
i-フィルターにしっかりとお子さまを守って貰わなきゃ!

しかし、「i-フィルター」がお子さまを守ってくれるからと言って、本当に守られているのか適切に守られているのか、親御さまの心配は尚も尽きないと思います。

しかし、ご安心ください。「i-フィルター」はお子さまを守る事にも優れていますが、そのお子さまを心配する親御さまの為にも、優れた機能が満載です。

お子さまの安全を、親御さまが見守る事ができるという事じゃな。
スマホ博士

そこでここでは、親御さまに安心して頂ける為の「i-フィルター」の機能をご紹介させて頂こうと思います。

フィルタリングの設定と同様に、今からご説明をさせて頂く機能に関しましても、「i-フィルター」のリモート管理機能により、お子さまが利用しているスマホ以外の端末(家のパソコンやタブレット、お父さんやお母さんのスマホなど)でチェックする事が出来ます。

思春期を迎えると、なかなか本音を話してくれないお子さまの心の中も覗けて、お子さまを教育していく上でも、とても役立つ事だと思います。

インターネット詳細履歴

「i-フィルター」の管理画面お子さまがスマホで何時何分にどんなサイトを見たのか、お子さまがインターネットを利用した詳細を確認して頂く事が出来ます

閲覧した時刻、閲覧したウェブサイトのカテゴリタイトル、スライドバーを右に動かしますとURLも確認出来ます。

実際にそのURLからサイトを閲覧し、このサイトは子供には見せない方が良いとなれば、そのサイトをブロックして頂く事も出来ます。

ひよっこ君
いかがわしいサイトを見てるのもバレちゃうんだ...。(汗)

検索単語ランキング

「i-フィルター」の管理画面文字通り、お子さまがどんな単語でインターネットで検索をしたのかが分かる機能です

お子さまが何回、その単語で検索をしたのかがランキング形式で表示されますので、お子さまが興味を持っている事、そして、その興味の度合いも把握する事ができ、お子さまの心の内を覗く事ができます

お子さまが思春期に入りますと、素直な気持ちを話してくれなくなったり、反抗的になったり、無視してきたりと、親御さまからしますと、お子さまに対してどの様に接したら良いのかが分からなくなり、不安が増して来ることと思います。

そんな時、お子さまの心の内を知る事により、適切な方向に向かって行くよう、陰ながら応援する事も出来ますし、お子さまににガミガミ言う事もなく、暖かく見守ってあげる事も出来ると思います。

すごいのう。心の内まで分かってしまうんじゃのう。
スマホ博士

インターネットブロック履歴

「i-フィルター」の管理画面「i-フィルター」がどの様なサイトをブロックしてくれているのか、どの様なサイトからお子さまを守ってくれているのか、実際に「i-フィルター」がブロックしたサイトをチェックして頂く事が出来ます

今、どの様な危険なサイトがお子さまに襲い掛かろうとしているのか、親御さまにその現実をご理解して頂く事もできますし、ブロックされたサイトをチェックして頂く中で、教育上、このサイトは子供に見させても良いんじゃないかというサイトがあれば、そのサイトの閲覧を許可して頂く事も出来ます。

ひよっこ君
至れり尽くせりの機能だね。

LINEモバイル公式サイト

通話発着信履歴

「i-フィルター」の管理画面お子さまがスマホで通話した、その発着信の履歴をチェックして頂く事ができます

お子さまのスマホの電話帳に登録されている電話番号であれば、通話した相手の名前までが表示されますので、誰とどれ位、通話をしているかを把握する事ができます。

お子さまのスマホの電話帳に登録されていない電話番号の場合は、名前の表示がされませんので、誰と通話をしているのかが把握できませんが、あまりにも頻繁にその相手と通話をしている様であれば、誰と通話をしているのか、お子さまに探りを入れる必要がある事も把握できます。

ちなみに、当然の事ではありますが、通話機能のないスマホの場合、LINEモバイルで言いますとデータSIMSMS付きのデータSIMになりますが、その場合は通話履歴は利用できません

この機能は、どちらかと言いますと、通話機能の付いたスマホを持っている高校生中学生の高学年のお子さまがいらっしゃる親御さま向けで、LINEを連絡ツールとしている小学生のお子さまのいらっしゃる親御さまには、関係のないお話かもしれません。

ここまで出来るとは、さすがは№1のフィルタリングソフトじゃわい。
スマホ博士

位置情報履歴

「i-フィルター」の管理画面一方、こちらは、防犯的な意味合いが高くなりますので、年齢の若い、小学生のお子さまをお持ちの親御さまに大事な情報かと思います。

「位置情報履歴」も文字通り、スマホの位置情報、つまり、そのスマホを持っているお子さまの居場所が表示されますので、今、どこにお子さまがいらっしゃるのかが確認でき、親御さまも安心する事が出来ます。

この「位置情報履歴」は、時間を設定する事も出来まして、例えば、お子さまが外出をしている朝8時から夕方の5時まで、という様な形で設定をしますと、朝、家を出て、学校に行き、学校にいる間は、位置情報の履歴はずっと学校のままになりますが、その後、下校をしてから家に戻るまでの間、お子さまがどこに立ち寄ったかの位置情報の履歴が、15分間隔で表示される形になります。

ひよっこ君
これって当然だけど、お子さんがスマホを持って行くのを忘れたら、どこにいるのか分からないんだよね。
スマホを追跡する訳じゃから、その通りじゃ。でも、子供はスマホが好きじゃから、持って行くのを忘れんじゃろ。
スマホ博士

利用時間制限

利用時間制限」の機能には、インターネットを利用する時間を制限する「インターネットタイマー」と、スマホの機能全部を制限する「端末ロックタイマー」の2種類の設定が出来ます。

インターネットタイマー設定

「i-フィルター」の管理画面インターネットタイマー」は、お子さまがインターネットで検索をしたり、閲覧をしたりする時間を制限する事ができる機能です。

子供は学業が第一! 親御さまがそんな風に思う中、お子さまは手元にスマホがあれば、インターネットに繋いで、サイトを見たり動画を見たりしてしまいます。

子供というのはそういうものですので、するなと言いましても、親御さまの目の届かない所ではするのが当たり前です。

ひよっこ君
ほんとだよ。子供はそんなもんだよ。(笑)

そこで、この「インターネットタイマー」が登場するわけですが、親御さまが、家のパソコンやタブレット、ご自身のスマホで、この「インターネットタイマー」を設定をする事により、その時間はインターネットの利用ができなくなります

この設定は、曜日ごと時間帯ごとに設定が出来ますので、例えば、平日の学校に行っている時間帯は禁止とか、家にいる時は、夕方の1時間だけ許可するとか、そのご家庭ごとのスケジュールに沿って、ご希望の通りに設定をして頂く事ができます。

端末ロックタイマー

「i-フィルター」の管理画面端末ロックタイマー」は、スマホ本体の機能を、すべて使えなくしてしまう機能です。

こちらも、曜日ごと時間帯ごとに決める事ができますが、スマホの機能のすべてをロックしてしまいますと、普段、連絡に使っているLINEも使えなくなってしまいます

ですので、この「端末ロックタイマー」の設定は、外出をして、学校や塾に行っている時はスマホを使えるようにし、家にいる時はスマホを使えない様にしてしまう、という使い方になるかと思います。

使って行くうちに、使い方も分かって来ると思いますぞ。
スマホ博士

利用状況のメール通知

1日に1回、登録した時間に、登録した電子メールアドレス宛てに、その日のお子さまのインターネットを利用した状況を通知する設定が出来ます。

日頃は、お父さんもお母さんもお忙しいと思いますので、わざわざ、パソコンやタブレットで「i-フィルター」の管理画面にログインし、毎日、お子さまのスマホの利用状況をチェックするのも、たまには忘れてしまう事もあるかと思います。

そんな時に、1日1回、メールが送られて来るように設定をしておけば、そのメールを読む事により、お子さまのスマホの利用状況を確認する事が出来ますので、このメール通知設定は、大変、重宝にお使い頂く事が出来ると思います。

ひよっこ君
ここまでの機能があれば、お父さんやお母さんも安心だね。
本当じゃ。これが無料で使えるとは、LINEモバイルは子供の事までよく考えてくれとる。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

「i-フィルター」のデメリット

i-フィルターのデメリットLINEモバイルのフィルタリングソフト「i-フィルター」は、他社の格安スマホが有料オプションとして採用している事でお分かりの通り、非常に優れた機能を備え、お子さまのいらっしゃるご家族に安心をお届けするものである事を、ご理解頂けたかと思います。

ひよっこ君
そんな「i-フィルター」をタダで使わせてくれるLINEモバイルはすごいよ。
本当じゃ。有料にしても、子を持つ親なら加入すると思うんじゃが、LINEモバイルの心意気を感じるのう。
スマホ博士

その通りですよね。

そんな素晴らしい「i-フィルター」ですが、ここでは敢えて、その「i-フィルター」のデメリット、ここをもう少しこうしてくれたら良いのにと思う所を2つだけ、ご説明させて頂こうと思います。

iPhoneには「アプリフィルタリング」の機能がない

「i-フィルター」のiPhone版には、Webサイトをブロックする「Webフィルタリング」の機能は備わっていますが、アプリの使用を制限する「アプリフィルタリング」の機能は備わっていません。

また、「位置情報履歴」や「通話発着信履歴」の機能も備わっていません。

ですので、お子さまの安全の為には、iPhoneよりもアンドロイド端末を持たせてあげる方が安全かもしれません。

ひよっこ君
いやいや、iPhoneはデフォルトで色んな機能制限が出来るんだよ。
そうじゃ。iPhoneの機能制限を使えばそれらの機能も備わるんじゃぞ。
スマホ博士

送られて来る「利用状況のメール通知」の内容がうすい。

毎日、決まった時間に送ってもらえるお子さまの利用状況メール(利用状況通知)ですが、内容が「ユーザー名: ○○様 アクセスURL数: ○○ / ブロックURL数: ○○ インターネット利用時間: ○時間○○分」とこれだけで、とてもあっさりしているのです。

可能であれば、もう少しだけ、内容を充実して貰えればありがたいのですが、とは言え、あまり込み入った内容ですと、忙しい親御さまがそのメールに目を通す事が出来なくなってしまうかも知れず、難しい所です。

ひよっこ君
そうだよ。長すぎずに最低限の内容で良いと思うよ。
確かに、長すぎると親御さんも読むのが面倒になってしまうぞ。
スマホ博士

という事で、送られて来るメールは、あくまでも「i-フィルター」を思い出すきっかけと捉えて頂きまして、内容にちょっとでも異変を感じたら、すぐに「i-フィルター」の管理画面でチェックをして頂きます様、お願いいたします。

結局、2つとも、大したデメリットではありませんでした...。(汗)

LINEモバイル公式サイト

補足情報! LINEモバイルがお子さまスマホに最適な理由

お子さまスマホに最適

ここまでで、徹底的にLINEモバイルのフィルタリングアプリの「i-フィルター」の事をご説明してまいりましたが、ご理解を頂けましたでしょうか。

そろそろ、この記事も締めさせて頂こうかと思いますが、実は、「i-フィルター」が無料で使える以外にも、お子さまのスマホLINEモバイルが最適だという理由がありますので、簡単に3つだけご説明をさせて頂き、この記事を終わらせて頂こうと思います。

スマホが500円から持てる!

500円でここまで出来る!

家族間の連絡LINEでなさっているご家庭も多いと思いますが、その場合、お子さまのスマホには通話機能はいりませんので、LINEモバイルならたった500円でスマホが持てます。

まさにここが、LINEモバイルがお子さまのスマホにぴったりな第1の理由です!

容量 データSIM データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
1GB 月額500円 月額620円 月額1,200円

上記はLINEモバイルの「LINEフリープラン」の料金表ですが、通話機能の付いていない「データSIM」ですと、月額はたったの500円なのです!

ひよっこ君
500円でスマホが持てるなんて、ほんとビックリだよね。ちゃんとネットにつながるんだよね。
はっはっは。間違いなくネットに繋がるわい。(笑)
スマホ博士

LINEが使い放題!

500円でもデータフリー

何と言いましても、LINEモバイルの親会社の1社はLINEですから、格安SIMで唯一、LINEがデータフリーで使い放題になります。

データフリーと言いますのは、データフリーの対象サービスであれば、いくら使っても毎月のデータ量からは消費されずにデータ量が減らないという機能になります。

LINEモバイルでは全プランLINEがデータフリーで使い放題になりますので、たった500円のLINEフリープランでもLINEは使い放題になり、家族内のLINEでのやり取りはすべて使い放題になります。

つまり、お父さんやお母さんとの連絡をLINEのトークでしてもタダ通話でしてもタダ、そして、遠方のおじいちゃんやおばあちゃんと顔を見ながらのビデオ通話を何時間しても、データフリーですのでデータ量は消費されず追加料金も一切不要です!

ひよっこ君
おじいちゃんやおばちゃんも、遠くにいながら孫の成長をスマホの画面で見れるんだね。
そうじゃよ、泣いて喜んでくれるじゃろうよ。
スマホ博士

親は「契約者連携」、子は「利用者連携」

契約者連携・利用者連携

そして、最後になりますが、言葉だけを聞きますと、「契約者連携」って何? 「利用者連携」って何? って思われる事だと思います。

ひよっこ君
確かになんか、とっても難しそうな言葉だよ...。

LINEモバイルでは、他の格安SIMと同様に、18歳以下の方は、ご自身名義で契約してスマホを持つことができません

そうなると、親御さまが契約して、お子さまにそのスマホを使わせる事になりますが、その際、親御さまとしましては、そのままお子さまにスマホを使わせる事で、勝手にデータ量を追加購入しないだろうか勝手にプラン変更をしないだろうかと、新たな不安の種が出て来ます。

確かに、子供にスマホをそのまま持たせたら、良からぬ事をしそうじゃもんのう。
スマホ博士

しかしご安心下さい。

LINEモバイルでは、親御さまは「契約者(契約者連携)」としてLINEモバイルに登録し、お子さまは「利用者(利用者連携)」としてLINEモバイルに登録する事により、その不安は解消されます。

LINEモバイルでは、契約者と利用者の出来る事を明確に分けていて、契約者連携をしている親御さまは全ての権限を持つ一方、利用者連携をしているお子さまは、データ残量の確認データプレゼントの機能しか使えなくなります。

ひよっこ君
お子さんがデータ量の追加購入が出来なかったら、親御さんは安心だね。
そうじゃ、データ量の追加購入が出来たら、ゲームをしまくって勉強が疎かになってしまうしのう。
スマホ博士

親御さまも安心して、お子さまにスマホを使わせる事が出来るのです!

LINEモバイル公式サイト

【まとめ】お子さまのスマホはLINEモバイルで決まり!

i-フィルター

皆さま、お疲れさまでした

いかがでしたでしょうか? LINEモバイルのフィルタリングソフト「i-フィルター」の素晴らしさ、また、LINEモバイルがお子さまのスマホに最適な事をご理解頂けましたでしょうか?

ひよっこ君
僕はとってもよく分かったよ。
そうじゃな、皆さんもよく分かってくれたと思うぞ。
スマホ博士

周りのお友達がスマホを持ち出すと、お子さまもスマホが持ちたいと親御さまにすがって来るでしょうし、親御さまとしましても、お子さまには防犯の為にもスマホを持たせたい。

しかし、お子さまにスマホを持たせる事によって、インターネットでトラブルに巻き込まれないか変なサイトを見たりしないか、ゲームばっかりして、勉強をしなくなってしまうのではないか、等々、親御さまとしましては、お子さまにスマホを持たせるべきか悩んでしまいますよね。

しかし、「i-フィルター」があれば、お子さまに見せたくないサイトをブロックする事ができますし、YouTubeやオンラインゲームなども、そのアプリに使用制限をかける事ができるのです。

ひよっこ君
「i-フィルター」は本当にすごいよ!

そして、親御さまも「i-フィルター」のリモート管理機能により、ご自宅や外出先で、ご自身のスマホやパソコンでお子さまのスマホの利用状況を把握する事ができますので、これで迷う事なく、お子さまにスマホを持たせることができますよね!

そして、お子さまのスマホデビューが決まりましたら、是非、LINEモバイル公式サイトからお申し込み頂きましたら幸いです! LINEモバイルはお子さまスマホに最適です!(笑)

お子さまの為にも、是非、LINEモバイルを申し込んで下されのう。(笑)
スマホ博士

とても長い記事になってしまいましたが、最後までお読み下さいまして、有難うございました。

どうぞ、よろしくお願い致します。

LINEモバイルはとっても素晴らしい格安SIMですよ!

是非、LINEモバイルにお申し込み頂き、ご家族やお友達と「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!

ひよっこ君
下のバナーから申し込みができるよ。(笑)
宜しくお願いしますぞよ。(笑)
スマホ博士

-LINEモバイルのメリット

Copyright© LINEモバイルで Let's Communication! , 2020 All Rights Reserved.