LINEモバイルとは

失敗ゼロ! LINEモバイルの本人確認書類、正しいアップロードのやり方

本人確認書類

皆さま、こんにちわ。

突然ですが、皆さまがLINEモバイルにお申し込みをなさる時に、本人確認書類が必要なのはご存知ですか?

LINEモバイルでは、全てのプランのお申し込みの時に、本人確認書類をLINEモバイルに提出(アップロード)する必要があります。

実は、この本人確認書類は、マイネオや楽天モバイルなどの他の格安SIMでは、電話機能の付いていないデータSIMの場合、本人確認書類をアップロードしなくても良いのです。

逆に言うと、他の格安SIMでは、電話機能がついている通話SIMカードのお申し込みの時だけ、本人確認書類をアップロードする様に求められるのです。

これは、携帯電話不正利用防止法に基づいてるんじゃぞ。
スマホ博士

そうなんです。昨今、色々な事件が起こる中で、未成年者保護の観点からも、電話をする機能が付いているプランの場合は、携帯電話を悪用しない様、されない様に、しっかりと身元を明かす必要があり、本人確認書類の提出が求められるのです。

しかし、LINEモバイルの場合は、他の格安SIMと同様に、電話機能の付いている音声通話SIMの場合はもとより、電話機能の付いていないデータSIMの場合でも、たった500円のLINEフリープランのデータSIMのプランでも、本人確認書類を提出・アップロードする必要があるのです。

ひよっこ君
えー、それって面倒臭いじゃん。

LINEモバイルはLINEの子会社で、LINEがデータフリーで使い放題になり、LINEは未成年の方が使う事も多い為、お子さまたちが危険な目に合わないよう、敢えて、本人確認書類の提出を求めていて、ちょっと面倒なのですが、しかし、その分、LINEモバイルは安心してご利用頂ける格安SIMなのです!

話が反れましたが、そんなお申し込み時に必要な本人確認書類ですが、実は、LINEモバイルをお申し込みを頂くに際して、最も審査落ちしてしまう可能性があるのが、この本人確認書類の所なのです。

決して、審査落ちしてしまう方の本人確認書類が偽物であるとか、そういう意味で審査落ちをするのではなく、アップロードに失敗したり、本人確認書類に不備があったりという理由で、審査落ちになるのです。

ひよっこ君
早く使いたいのに、審査に落ちたらテンションも下がっちゃうよ。
本当じゃ。なので、審査落ちしない方法を学ばにゃあならんのう。
スマホ博士

この記事では、今からLINEモバイルにお申し込みをなさる方、また、一度、LINEモバイルに申し込んだけど審査落ちをしてしまい、再度、本人確認書類をアップロードしなければいけない皆さまに向けて、

  • 正しい本人確認書類の種類
  • 不備にならない本人確認書類の組み合わせ
  • 審査落ちにならないアップロードのやり方

など、絶対に審査落ちせず、スムーズにLINEモバイルのお申し込みが完了し、頭を悩ますことなく、すぐにLINEモバイルをお使い頂ける様、アドバイスをさせて頂ければと思っています。

私も当時、ドコモからLINEモバイルに乗り換えた時には、最新の注意を払って本人確認書類をアップロードし、全く問題なく審査が通り、申し込んだ当日にSIMカードがLINEモバイルから発送され、申し込んだ翌日にはSIMカードが届いてLINEモバイルを使い始めましたので、間違いのない、完璧な本人確認書類のアップロード方法をご説明させて頂けると思います。

どうぞ、宜しくお願い致します!

\LINEモバイルの最新キャンペーンはこちらから!/

LINEモバイルのお申し込みに本人確認書類は絶対に必要!

まずは、ざっくりになりますが、本人確認書類の概要をご説明させて頂きます。

繰り返しになりますが、LINEモバイルのお申し込みには、本人確認書類は絶対に必要です!

LINEモバイルをお申し込み頂くに当たりましては、LINEモバイルに本人確認書類を提出して頂く必要があります。

ひよっこ君
本人確認書類は、絶対に必要だよ。

後ほど、ご説明をさせて頂きます13種類の本人確認書類のいずれかを、中には、それ単体では本人確認書類にはなり得ないものもあり、その際は補助書類を合わせて提出して頂く必要がありますが、携帯電話やスマホのカメラ、デジタルカメラ、又は、スキャナーなどで読み取って頂き、アップロードして頂く必要があります。

お申し込みページでご入力なさったお名前や住所などのお申し込み内容が、提出された本人確認書類の内容と一致しない場合や、書類に不備がある場合、また、一定期間、本人確認書類のご提出がない場合には、お申し込みがキャンセルとなってしまう事もあります。

本人確認書類のアップロードは、実際に行って頂く作業としては、本人確認書類を準備して、その本人確認書類をスマホで写真を撮り、LINEモバイルのお申し込みページからアップロードをするだけの事で、とても簡単な事ですので、ポイントさえ押さえて頂きましたら、問題なくできると思います。

いずれにしましても、LINEモバイルのお申し込みには、本人確認書類の提出は絶対に必要な事になりますので、皆さま、まずはその点をご理解いただければと思います。

とにかく、LINEモバイルのお申し込みには本人確認書類が必要じゃから、どの本人確認書類が準備できるか、しっかりとチェックして下され。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

本人確認書類、アップロードの簡単な流れ

さて、まずは、LINEモバイルのお申し込みのどの段階で本人確認書類のアップロードが求められるのか、全体像を簡単にご説明をさせて頂き、ご理解を頂きました上で、実際にどんな本人確認書類ならば、LINEモバイルに提出できるのかをご説明させて頂きます。

ひよっこ君
そうだね、まず全体像をとらえて頂いた方が、より一層、本人確認書類の事をご理解頂けると思うよ。

LINEモバイルのお申し込みに関しては、ざっくり、「お申し込みの前半戦メール送信お申し込みの後半線」の3つの部分に分ける事が出来まして、本人確認書類のアップロードは、後半戦の一発目になります。

LINEモバイル公式サイトから申し込む

申し込む

まず、LINEモバイルのお申し込みの前半戦のご説明ですが、LINEモバイル公式サイトのこちらからお申し込みをスタートします。

「申し込む」から申し込みページに入りますと、「申し込み前の確認ページ(申し込み前に必要な情報・申し込みの流れ・実施中キャンペーン・注意事項・データフリーについての注意点)」がまず出てきて、それらに同意して実際の申し込みページに進みます。

「申し込み前の確認ページ」では、申し込み全体の把握をする感じじゃのう。
スマホ博士

プランを選択

ドコモ回線? ソフトバンク回線?

実際のお申し込みページでは、まず、お申し込みになられるプランの選択をしていきます。

ひよっこ君
申し込むプランは既に決めてると思うから、画面に沿って進んで行くだけだよ。

申し込み方法の選択(通常申し込み・エントリーパッケージ)

   ↓

回線の選択(ドコモ回線か・ソフトバンク回線)

   ↓

プラン選択(LINEフリー・コミュニケーションフリー・MUSIC+)

   ↓

申し込み内容選択(端末+SIMカード・SIMカードのみ)

   ↓

端末選択(同時購入の場合)

   ↓

SIMカード選択(iPhone専用ナノSIM・ナノSIM・マイクロSIM・標準SIM)

   ↓

その他のオプション選択

ここまでがプラン選択になります。

ひよっこ君の言う通り、ほとんどの方が既に申し込み込まれるプランは決めておられると思いますので、申し込みを始めてからここまで10分もかかりません

お客様情報入力

お客様情報入力

「プラン選択」の次は「お客様情報の入力」になりますが、この「お客様情報の入力」の部分が、前半戦の最後になります。

ここで一つ重要な点は、ここで入力する氏名や住所、生年月日が、提出する本人確認書類の氏名や住所、生年月日と一致しない場合は、お申し込みがキャンセルになってしまう可能性がある事です。

氏名や住所、生年月日の一致は大事なポイントになりますので、特にご注意を頂ければと思います。

ここが、審査落ちしない一番のポイントじゃぞ!
スマホ博士

「お客様情報の入力」の下にはその他の項目があり、一番下の「規約について」に同意のチェックを入れた後、「次へ進む(メール送信)」へ進みます。

メール送信完了

送信完了後の画面

すると、登録したメールアドレスにメールが送られ、この様な画面に切り替わります。

この「メール送信」の意味合いは、お申し込みをなさった方が確実に連絡が取れる方かどうかの、ある意味での本人確認になります。

ひよっこ君
連絡が付かなかったら、料金を払ってもらえるか不安になるもんね。

メール受信

本人確認書類アップロードのメール

ご登録なさったメールアドレスには、LINEモバイルからすぐに、この様な「本人確認書類アップロードのお願い」と題したメールが送られてきます。

この赤枠のURLをクリックする事で、LINEモバイルのお申し込みの後半がスタートすると同時に、この記事の主役、「本人確認書類」のアップロードの画面になります。

本人確認書類のアップロード

本人確認書類のアップロード

そして、先程のメールに記載されたURLを開きますと、LINEモバイルのお申し込みの後半戦の一発目がこの画面となり、本人確認書類のアップロードをして行く事になります。

まずは、アップロードする本人確認書類を13種類のプルダウンの中から選ぶことになりますが、本人確認書類のアップロードまでの簡単な流れに関しましてはここまでにさせて頂き、以下で、正しい本人確認書類の種類不備にならない本人確認書類の組み合わせ のご説明をさせて頂き、最後に、審査落ちにならないアップロードのやり方 を全画像付きでご説明させて頂こうと思います。

ここからが本番じゃぞ。(笑)
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルの本人確認書類は全13種類! 補助書類は2種類!

それでは、本題に入らせて頂こうと思います。

早速ですが、LINEモバイルのお申し込みで、本人確認書類として認められているものは、下記の13種類になります。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 日本国パスポート+補助書類
  • 在留カード+補助書類
  • 特別永住者証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 健康保険証+補助書類
  • 後期高齢者医療被保険者証+補助書類
  • 届出避難場所証明書
  • 身体障害者手帳
  • 特定疾患医療受給証+補助書類
  • 特定疾患医療登録者証+補助書類
  • マイナンバーカード
ひよっこ君
一つで本人確認書類になるものもあれば、補助書類が必要なものもあるんだね。

補助書類

  • 公共料金領収書
  • 住民票
補助書類は2種類じゃから分かりやすいのう。
スマホ博士

運転免許証住民基本台帳カードマイナンバーカードなどは、それ一つで本人確認書類になりますが、例えば、パスポートの様に「+補助書類」と記載がありますのは、それ単体では本人確認書類とは認められず、上の2種類の補助書類のいずれかを合わせて提出する必要があります。

各・本人確認書類の詳細

各、本人確認書類をクリックして頂きますと、各、本人確認書類の詳細に飛びます。

単体で本人確認書類になるもの

ひよっこ君
上の7種類は、それ一つで本人確認書類になるんだよ。

補助書類が必要な本人確認書類

上の6種類は、それ単体では本人確認書類にはならず、補助書類を添付する必要があるんじゃぞ。
スマホ博士

それでは、13種類の本人確認書類を、各々、その詳細・注意点をご説明させて頂こうと思います。

運転免許証・・・これだけで本人確認書類

運転免許証運転免許証をお持ちの方は、本人確認書類には運転免許証が一番、手っ取り早いと思います

身分証明書の中でも、最もポピュラーなものが運転免許証ですし、多くの方が本人確認書類に運転免許証を使われるのではと思います。

ポイント・注意点

  • LINEモバイルのお申し込み画面でご入力を頂いた「お客様情報」の内容と、アップロードする運転免許証の氏名・住所・生年月日が一致していること。
  • 当たり前の事ではありますが、運転免許証が有効期限内である必要があります。
  • ご結婚等により氏名が変わった場合、また、お引っ越し等により住所が変わった時は、警察署で運転免許証の裏面に変更の裏書をして貰えますが、公印が押されてなければいけません。
  • 運転免許証の顔写真が黒ずんでいたり、マスクや帽子等で顔がしっかりと確認できない場合、その運転免許証は本人確認書類には使えません
  • 外国で取得した国際免許証は不可で、日本で取得した日本国政府が発行した運転免許証である事。

「運転免許証」を本人確認書類にする場合、運転免許証に記載の住所が最新の現住所ではない場合でも、本人確認書類として提出をして頂く事は可能ですが、その場合は、合わせて「補助書類」の提出が必要になりますので、ご注意下さい。

あるいは、お引っ越しなどで住所が変わった時に、警察署で住所変更の手続きをなさった方もいらっしゃると思いますが、その場合は、運転免許証の裏面に現住所が裏書され、公印が押さますので、運転免許証の表面に加え、その裏面もLINEモバイルに提出する事で、補助書類は提出しなくてもよくなります

運転経歴証明書・・・これだけで本人確認書類

運転経歴証明書運転経歴証明書とは、運転免許証を自主返納した方が交付申請を行うことの出来る証明書の事で、運転免許証に代わる身分証明や本人確認の際に使用することができるものです。

+『運転経歴証明書』の詳細・注意点はこちらをクリック

  • LINEモバイルのお申し込み画面でご入力を頂いた「お客様情報」の内容と、アップロードする運転経歴証明書の氏名・住所・生年月日が一致していること。
  • 運転経歴証明書の発行日が平成24年4月1日以降であること。
  • 運転経歴証明書の裏面に、氏名や住所の変更の記載がある場合には、公印が押してあること
  • 顔写真が黒ずんでいたり、マスクや帽子等で顔がしっかりと確認できない場合は、その運転経歴証明書は本人確認書類には使えません

特別永住者証明書・・・これだけで本人確認書類

特別永住者証明書特別永住者とは、「入管特例法(日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法)」に定められた在留資格を有する皆さまの事、つまり、第二次大戦以前から日本に住み、その後も日本に在留し、入国管理特例法によって永住資格が認められている、台湾や朝鮮半島出身者とその子孫の皆さまの事を言います。

特別永住者の皆さまが持っておられるのが特別永住者証明書になりまして、特別永住者証明書一つで本人確認書類になります。

+『特別永住者証明書』の詳細・注意点はこちらをクリック

  • LINEモバイルのお申し込み画面でご入力を頂いた「お客様情報」の内容と、アップロードする『特別永住者証明書』に記載されている氏名・住所・生年月日が一致していること。
  • 『特別永住者証明書』に記載されている期限が有効期限内であること。
  • 『特別永住者証明書』は、裏面に記載があってもなくても、裏面の画像は必要です。
  • 顔写真が黒ずんでいたり、マスクや帽子等で顔がしっかりと確認できない場合は、その『特別永住者証明書』は本人確認書類には使えません

住民基本台帳カード・・・これだけで本人確認書類

住民基本台帳カード住民基本台帳カード』は、市町村又は特別区が発行する、個人の住所、氏名、生年月日、性別、住民票コード等が記録されたICカードです。

平成28年1月からマイナンバーカードが発行されることに伴い、住民基本台帳カード(住基カード)の発行は、平成27年12月で終了しています。

しかし、現在、住基カードをお持ちの方は、その住基カードが有効期間内であれば、平成28年1月以降でも利用可能です。

+『住民基本台帳カード』の詳細・注意点はこちらをクリック

  • 『住民基本台帳カード』は、顔写真付きのもののみ有効です。(顔写真のないものは、身分証明書として利用できません。)
  • 顔写真が黒ずんでいたり、マスクや帽子等で顔がしっかりと確認できない場合は、その『住民基本台帳カード』は本人確認書類には使えません
  • LINEモバイルのお申し込み画面でご入力を頂いた「お客様情報」の内容と、アップロードする『住民基本台帳カード』に記載されている氏名・住所・生年月日が一致していること。
  • ご結婚等により氏名が変わった場合、あるいは、お引っ越し等により住所が変わった時は、役所で住民基本台帳カードの裏面に変更の裏書をして貰えますが、公印が押されてなければいけません。
  • 『住民基本台帳カード』に記載されている期限が有効期限内であること。

届出避難場所証明書・・・これだけで本人確認書類

届出避難場所証明書届出避難場所証明書』は、2011年(平成23年)3月11日に起こった東日本大震災による原子力発電所の事故により、市町村の区域外に避難されている皆さまに対し、適切な行政サービスの提供と元の地方自治体との関係の維持をはかる為、原発避難者特例法に基づき発行される証明書です。

+『届出避難場所証明書』の詳細・注意点はこちらをクリック

  • LINEモバイルのお申し込み画面でご入力を頂いた「お客様情報」の内容と、アップロードする『届出避難場所証明書』に記載されている氏名・住所・生年月日が一致していること。

身体障害者手帳・・・これだけで本人確認書類

身体障害者手帳身体障害者手帳は、視覚、聴覚などに障害をお持ちの皆さまに交付される手帳で、身体障害者手帳の等級は、障害の程度により1級から6級までの区分があります。

+『身体障害者手帳』の詳細・注意点はこちらをクリック

  • LINEモバイルのお申し込み画面でご入力を頂いた「お客様情報」の内容と、アップロードする『身体障害者手帳』に記載されている氏名・住所・生年月日が一致していること。
  • 顔写真が黒ずんでいたり、マスクや帽子等で顔がしっかりと確認できない場合は、その『身体障碍者手帳』は本人確認書類には使えません

マイナンバーカード・・・これだけで本人確認書類

マイナンバーカード平成28年1月からマイナンバーカードが発行され、普及も進んできた平成29年7月から、LINEモバイルでも本人確認書類にマイナンバーカードが追加されました。

住民基本台帳カード(住基カード)の発行が平成27年12月で終了している事から、今後、住基カードの期限が切れた皆さまが、マイナンバーカードに移行されてくると思われます。

+『マイナンバーカード』の詳細・注意点はこちらをクリック

  • LINEモバイルのお申し込み画面でご入力を頂いた「お客様情報」の内容と、アップロードする『マイナンバーカード』に記載されている氏名・住所・生年月日が一致していること。
  • 『マイナンバーカード』は表面のみをアップロードすること。
  • 『マイナンバーカード』が有効期限内であること
  • 顔写真が黒ずんでいたり、マスクや帽子等で顔がしっかりと確認できない場合は、その『マイナンバーカード』は本人確認書類には使えません

マイナンバーカードの裏面にはマイナンバーの記載がありますので、裏面も一緒にアップロードしてしまいますと、LINEモバイルは審査が出来ず、結果、審査落ちとなってしまいます。

日本国パスポート・・・補助書類が必要

パスポートパスポートを本人確認書類にする場合は、顔写真ページと、一番後ろの「所持人記入欄」の両方ともが必要です。

+『日本国パスポート』の詳細・注意点はこちらをクリック

  • パスポートが有効期限内である事。
  • 日本国政府が発行した日本国のパスポートである事。
  • LINEモバイルのお申し込み画面でご入力を頂いた「お客様情報」の内容と、アップロードする『パスポート』に記載されている氏名・住所・生年月日が一致していること。
  • 顔写真が黒ずんでいたり、マスクや帽子等で顔がしっかりと確認できない場合は、その『日本国パスポート』は本人確認書類には使えません

パスポートの一番後ろのページにある「所持人記入欄」に関しては、手書きで記入するページになりますが、空白の場合は審査が出来ずに却下になりますので、ご記入の上、アップロードする必要があります。

在留カード・・・補助書類が必要

在留カード在留カードとは、日本に3ヶ月以上の中長期にわたって在留する外国人に対して交付されるカードです。

+『在留カード』の詳細・注意点はこちらをクリック

  • LINEモバイルのお申し込み画面でご入力を頂いた「お客様情報」の内容と、アップロードする『在留カード』に記載されている氏名・住所・生年月日が一致していること。
  • 『在留カード』に記載されている有効期限が2ヶ月以上あること。(端末を分割払いでお申し込みの場合は6ヶ月以上
  • 『在留カード』は、裏面に記載があってもなくても、裏面の画像は必要です。
  • 顔写真が黒ずんでいたり、マスクや帽子等で顔がしっかりと確認できない場合は、その『在留カード』は本人確認書類には使えません。

注意点としましては、在留カードに記載された氏名(アルファベット表記)と、LINEモバイルにお申し込みをされた氏名に相違があるケースが多発していますので、在留カードに記載されている表記方法(アルファベット表記)でお申し込みをして下さい。

また、在留カードは表面と裏面のアップロードが必要です。表面のみのアップロードの場合、お申し込みはキャンセルされますので、ご注意下さい。

健康保険証・・・補助書類が必要

健康保険証

+『健康保険証』の詳細・注意点はこちらをクリック

  • LINEモバイルのお申し込み画面でご入力を頂いた「お客様情報」の内容と、アップロードする『健康保険証』に記載されている氏名・住所・生年月日が一致していること。
  • カード型の『健康保険証』で裏面に住所が記載されている場合は、裏面の画像も合わせてアップロードする必要があります。
  • 紙型の『健康保険証』の場合、お客様が被扶養者の場合は、被扶養者名が記載されているページの画像も、合わせてアップロードする必要があります。
  • 『健康保険証』に有効期限が記載されてる場合は、有効期限内である必要があります。(有効期限の記載のない『健康保険証』の場合は、そのまま受付は可能です。)

後期高齢者医療被保険者証・・・補助書類が必要

後期高齢者医療制度に基づき、75歳以上の方、および、65歳以上74歳以下の方で一定の障害があると認定された方に、『後期高齢者医療被保険者証』が交付されます。

+『後期高齢者医療被保険者証』の詳細・注意点はこちらをクリック

  • LINEモバイルのお申し込み画面でご入力を頂いた「お客様情報」の内容と、アップロードする『後期高齢者医療被保険者証』に記載されている氏名・住所・生年月日が一致していること。
  • 『後期高齢者医療被保険者証』に記載されている期限が有効期限内であること。

特定疾患医療受給証・・・補助書類が必要

特定疾患医療受給証』は、「難病法」に基づき、「指定難病」と診断され、「重症度分類等」に照らして一定程度以上の病状の方に支給されます。

+『特定疾患医療受給証』の詳細・注意点はこちらをクリック

  • LINEモバイルのお申し込み画面でご入力を頂いた「お客様情報」の内容と、アップロードする『特定疾患医療受給証』に記載されている氏名・住所・生年月日が一致していること。

特定疾患医療登録者証 ・・・補助書類が必要

『特定疾患医療登録者証』は、特定疾患医療費助成制度に基づく更新申請を行った際に、軽快者になった方にお送りしていたもので、制度改正に伴い、平成27年1月1日から廃止されております。

+『特定疾患医療登録者証』の詳細・注意点はこちらをクリック

  • 『特定疾患医療登録者証』に記載されている期限が有効期限内である必要があります。

LINEモバイル公式サイト

補助書類の詳細

2種類の補助書類の詳細や注意点のご説明です。

公共料金領収書

電気料金の領収書

最近は、紙媒体での領収書を郵送してもらう事も少なくなって来ておりますが、この公共料金領収書を補助書類として使用できるのは、紙媒体で領収書を送って頂いている方になるかと思います。

電子交付(ウェブ表示)によって公共料金の契約内容や使用料金の確認をする事は出来ますが、オンラインで公共料金の領収書を発行する事はほぼできず、この公共料金の領収書を補助書類として使用するのは、やはり、紙媒体で領収書を受け取っている方になるかと思います。

ポイント・注意点

  • 発行日より3ヶ月以内で、現住所が記載されている公共料金の領収書であること。
  • 補助書類になる公共料金の領収書は、電気都市ガス水道の領収書です。(プロパンガスの領収書は対象外になります。)
  • 領収証印(領収書日付、または、発行年月日の記載)があること、または、口座振替であることの証明ができる記載があること。(口座振替の場合には、口座振替済みの記載があるもの(口座振替済通知書)に限ります。)
  • 同時に提出する本人確認書類の名義と同じ名義であること。(公共料金領収書の名義が家族名義ものは対象外です。)

上記の公共料金領収書の条件の中の「領収証印」や「口座振替であることの証明ができる記載」など、間違いなく、補助書類として有効な公共料金領収書かどうかの判断は難しく、支払い証明書を発行して頂く事は出来ますが、郵送か窓口に赴く必要があり、それならば、手間がかかるのは住民票と同じになりますし、住民票の方が確実な補助書類になると思います。

また、電気やガス、水道の検針票は領収書ではありませんので、やはり、確実な補助書類としましては、住民票をご準備頂く事かと思います。

ひよっこ君
領収書として認められるか分からないものを提出して、それで却下になったら手間だもんね。
たまに検針票を提出する人もおるようじゃが、検針票は領収書ではありませんぞ。
スマホ博士

住民票

住民票

市役所や区役所へ行くのは少し手間ですが、それでも、住民票は確実な補助書類になります。

お住まいの地域によりましては、コンビニで証明書が取得できるコンビニ交付」が利用できる地域もあるようですから、住民票を補助書類になさろうとお考えの方は、こちらで検索ができますので、お調べしてみて下さい。

ひよっこ君
コンビニで住民票が取れるなら、とっても便利だね!
下の「ポイント・注意点」もしっかりと理解して下されよ。(笑)
スマホ博士

ポイント・注意点

発行日より3ヶ月以内の住民票で、現在の住所が記載されている住民票であること。

マイナンバーの印字がされていない住民票であること。(マイナンバーが印字されている住民票は対象外です。)

住民表をご取得なさる際には、マイナンバーの印字がされていない住民票を取得して頂ければと思います。

ひよっこ君
マイナンバーの表示があれば、それだけでアウトだよ!
そうじゃ。住民票の取得は、この点だけが注意点じゃ。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

本人確認書類・補助書類の注意点

それぞれの本人確認書類・補助書類の箇所でも、その詳細や注意事項をご説明させて頂きましたが、くどい様ですが、大事なポイントになりますので、重ねて、注意点のご説明をさせて頂きます。

ポイント

  • 提出する本人確認書類が運転免許証以外の場合、その本人確認書類に記載の氏名・住所・生年月日が、LINEモバイルにお申し込み頂いた時に入力した氏名・住所・生年月日一致しない場合は、LINEモバイルは本人確認が出来ませんので、お申し込みはキャンセルになる事があります。
  • 提出する本人確認書類をスマホやデジカメで写真と撮る時に、照明の光が映り込み(ハレーション)、氏名や住所、生年月日や顔写真の一部が反射して読み取る事が出来ない場合、本人確認ができませんので、お申し込みがキャンセルになる事があります。
  • 書類に不備がある場合、LINEモバイルから、再度、本人確認書類をアップロードする様、お知らせがある事がありますが、期日までにアップロードが出来ない場合、そのお申し込みはキャンセルになります。
ひよっこ君
是非、間違いのない本人確認書類、間違いのない補助書類を選んでね!
是非、本人確認書類と補助書類の注意点をしっかりと把握して、ご準備下さいのう。(笑)
スマホ博士

審査落ちしない本人確認書類の写真の撮り方

LINEモバイルで本人確認審査が否決(審査落ち)となってしまう原因は、これまでにご説明をさせて頂きました内容不備と同じくらい、本人確認書類で本人を確認できないという事が多いようです。

本人確認書類で本人を確認できないというのはどういう事かと言いますと、本人確認書類は、一つ一つ、審査をするLINEモバイルの担当スタッフが目視で確認をしておられるのですが、氏名や住所・生年月日や顔写真などが不鮮明で読み取れないという事です。

ひよっこ君
つまり、写真の撮り方が悪いんだね。

そこで、もう、重々、ご承知かと思いますが、念の為、審査落ちになる事が多いケース、および、その解決法・写真の撮り方をご説明させて頂きます。

照明の光が反射して読めない

ハレーション

本人確認書類で本人を確認できない最も多いケースが、照明の光が反射して読めないハレーションです。

ハレーションが起こってしまうのは、書類の正面の反対側に照明などの光があるからですので、この様な場合は、書類を壁に立てかけて撮影をすると、ハレーションが起こらずに撮影する事ができます。

壁に立てかける

本人確認書類を壁に立てかける

ひよっこ君
分かりにくい写真でごめんなさい...。

デスクも黒、壁(パーテーション)も黒で分りにくく、また、運転免許証を少し上向きに立てかけている事により、上からの照明で少しハレーション気味に明るく写ってしまっていますが、この様に、運転免許証を壁に立てかける事で。

ハレーションが起こりません

ハレーションが起こらず、きれいに写真が撮れました。

正面から写真を撮ると、全く光が入り込まず、きれいに撮る事が出来ます。

小さい文字もしっかり読めて、きれいに撮れとるぞ。
スマホ博士

本人確認書類の文字がボケて読めない

これは単純に、被写体である本人確認書類にピントを合わせれば大丈夫です。

ピントを合わせる

画面内の本人確認書類を軽くタップする。

通常、スマホで写真を撮る時には自動でピントが合いますが、ピントが合っていない場合は、シャッターを押す前に、ご覧の通り、画面内の被写体である本人確認書類の部分を軽くタップする事で、ピントが合います。

ひよっこ君
指先の所に黄色の枠が出てるのが、ここにピントが合ってるっていう事だよね。

本人確認書類が小さくて読めない

この場合も簡単で、スマホで写真を撮る時に、スマホのカメラの画面(フレーム)いっぱいに被写体である本人確認書類が収まるよう、近づけて写真を撮ってみて下さい。

画面いっぱいに入れる

本人確認書類をフレーム内いっぱいにする。

本人確認書類に近づけすぎると、ピントがずれてしまう事もありますので、その場合は、既にご説明をさせて頂きました通り、画面内の本人確認書類を軽くタップしてピントを合わせて、写真を撮って頂ければと思います。

是非、一度、試してみてくだされのう。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルの本人確認書類のアップロードの流れ

それでは最後に、LINEモバイルのお申し込み画面で、実際に本人確認書類をアップロードをする流れをご説明させて頂きます。

今回は、本人確認書類を「運転免許証」に設定させて頂き、スマホでそのまま写真を撮ってアップロードするやり方です。

どうぞ、ご参考になさって下さい。

本人確認のメールを送信

①冒頭部分の「本人確認書類、アップロードの簡単な流れ」の所でもご説明をさせて頂きましたが、LINEモバイルのお申し込みの前半戦の最後、本人確認の為のメール送信の所からご説明をさせて頂きます。

LINEモバイルからのメールが届く

②お申し込みの前半戦が完了しますと、LINEモバイルからご登録なさったメールアドレス宛てに「本人確認書類アップロードのお願い」と題したメールが送られてきます。

赤枠のURLをタップしますと、LINEモバイルの公式サイトに移り、お申し込みの後半戦がスタートです。

本人確認書類の送信

③お申し込みの後半戦は、この記事の主役である「本人確認書類の送信(アップロード)」からになります。

赤枠の所をタップしますと。

プルダウンで13種類の本人確認書類

④プルダウンで13種類の本人確認書類が表示されます。

今回は「運転免許証」で進めさせて頂きますが、ここでご希望の本人確認書類をご選択いただき、画面に沿ってアップロードを進めて頂きます。

本人確認書類のアップロード

⑤運転免許証をご選択頂きますと、下に②と③が追加表示され、赤枠の「ファイルのアップロード」をタップしますと。

アップロードの方法を選択

どの様に本人確認書類をアップロードするかの選択肢が出てきます。

今回は「写真を撮る」を選択する事で、お申し込み中にカメラで写真を撮ってアップロードする方法をご説明させて頂きますが、既に写真を撮っていて、その写真をアップロードする場合は「フォトライブラリ」を選択頂き、保存しているファイルから既に撮った本人確認書類の写真をアップロードして頂く事になります。

カメラが起動する

⑦前画面の「写真を撮る」をタップしますと、スマホのカメラが起動しますので、写真の撮り方にご注意を頂きながら、本人確認書類の写真を撮って頂きます。

本人確認書類がアップロードされました。

⑧写真撮影が完了しますと、本人確認書類のアップロードが完了となり、申し込み画面に戻ります。

住所をチェックします

⑨そして、下に④と⑤が追加で表示され、④でお申し込みの前半戦でご記入頂いた氏名生年月日住所が表示されますので、アップロードした本人確認書類を再度、ご覧頂き、2つに相違がないか、ご確認を頂きます。

一致していれば、上記の通り「住所・氏名とも正しい」を選択し、「次へ進む」をタップして下さい。

一致していない場合は、下の3つの内から該当するものをご選択頂きますと、新たに裏面をアップロードする画面が追加で表示されますので、表面をアップロードした時と同じように裏面もアップロードして頂ければと思います。

本人確認書類のアップロードは終了

⑩そして、前の画面の「次へ進む」をタップしますと、次の画面は「支払方法選択」の画面になり、つまり、前画面で本人確認書類のアップロードは完了です。

この後、「支払方法選択」でお支払い方法をご選択頂き、「ログイン情報設定」でLINEモバイルのマイページにログインするIDとパスワードを設定して頂き、「最終確認」をして「申し込む」でLINEモバイルのお申し込みが完了します。

ひよっこ君
皆さま、お疲れさまでした!(笑)
これで晴れて、LINEモバイルが使えるんじゃぞよ。(笑)
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

本人確認書類のアップロードのまとめ

本人確認書類

皆さま、お疲れさまでした。

出来るだけご理解いただきやすい様に記事を書いておりましたら、長くなってしまいました。申し訳ありません。

しかし、この記事をお読み頂く事で、ほぼ、失敗する事なく本人確認書類をLINEモバイルに提出して頂く事が出来ると思います。

LINEモバイルは、ご存知の通り、たった500円からスマホが持てるプランもあり、LINEを始め、TwitterやFacebook、Instagramがデータフリーで使い放題のプランもあります。

このサイトの他の記事でも、LINEモバイルのメリットや、色々なお得な情報も満載しておりますので、是非、ご検討を頂き、LINEモバイルとお使い頂ければと思います。

LINEモバイルは、本当に素晴らしい格安SIMなんですよ。(笑)

LINEモバイルはとっても素晴らしい格安SIMですよ!

是非、LINEモバイルにお申し込み頂き、ご家族やお友達と「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!

ひよっこ君
下のバナーから申し込みができるよ。(笑)
宜しくお願いしますぞよ。(笑)
スマホ博士

-LINEモバイルとは

Copyright© LINEモバイルで Let's Communication! , 2020 All Rights Reserved.