LINEモバイルとは

LINEモバイルの初期費用、ウェブ登録事務手数料3,000円を無料にする方法

ウェブ登録事務手数料を無料にする

ひよっこ君
博士~、LINEモバイルって安くてとっても良さそうだから、僕、申し込む事に決めたよ!
そうかい、ひよっこ君、LINEモバイルは絶対に損はさせんぞ!
スマホ博士

LINEモバイルをご検討中の皆さま、こんにちわ。

さて、皆さまも既にご理解頂いていると思いますが、LINEモバイルは、最もリーズナブルなLINEフリープランデータSIMなら毎月500円で使えますので、あまりに安くてビックリしてしまいますよね。

また、最も人気のあるコミュニケーションフリープラン音声通話SIMタイプなら、電話もかける事ができてなんと毎月1,690円でスマホが持てて、これまた本当に安いですよね。

そして、LINEモバイルのデータフリーのサービスは、全プランでLINE使い放題ですし、最も人気のコミュニケーションフリープランなら、TwitterFacebookInstagramまでもがいくらでも無料で使い放題に使えますので、とってもお得ですよね。

私もドコモからLINEモバイルに乗り換えて、毎月のスマホ代が8,000円から2,000円になって大満足をしています。

そんな中、いざ、LINEモバイルに申し込もうと思って申し込み画面を進んで行くと、まだプランの選択もしていない最初の段階で「初回支払料金」が3,400円って表示がされてて、一体、これって何の費用? ってなるのです。

その初回支払料金の内訳には「ウェブ登録事務手数料 3,000円」と「SIMカード発行手数料 400円」とあって、つまりこれはLINEモバイルお申し込み時にかかって来る初期費用なのですが、いきなり何もしてないのに3,400円も払わなければいけないって、テンションが激下がりになってしまいますよね...。

ひよっこ君
本当だよ。何で月々のスマホ代が500円とか1,690円なのに、いきなり3,400円も払わなきゃいけないんだよ。

そうですよね。皆さまのお気持ち、よく分かります。

しかし皆さま、ご安心下さい。この記事を読んで頂きましたら、その初期費用グッとお安くする事ができますよ。

最大で3,000円の割引も可能じゃぞ。
スマホ博士

この記事では、LINEモバイルのお申し込み時にかかって来る初期費用を安くする方法を徹底解説させて頂いております。

是非、この記事でご説明をさせて頂いている方法でグッと初期費用安くお得にLINEモバイルをお申し込み頂き、快適にスマホを使って頂きたいと思います。

どうぞ、よろしくお願い致します。

\LINEモバイルの最新キャンペーンはこちらから!/

LINEモバイルの初期費用は2つで合計3,400円

さて、まずは皆さまにLINEモバイルの初期費用の概要をご説明をさせて頂きます。

LINEモバイルの申込画面

LINEモバイルの申込画面

冒頭でも少しお話に出させて頂きましたが、上の画像は、LINEモバイルのお申し込み画面初期費用が表示されている所になります。

ご覧頂きますと、今からプラン選択をしていこうという所で、まずは回線の選択をしようという段階で、この通り、いきなり「3,400円を払いなさい」と表示されますので、テンションが激下がりになってしまいます。

LINEモバイルの初期費用

  • ウェブ登録事務手数料:3,000円
  • SIMカード発行手数料:400円

LINEモバイルの初期費用は、上記の通りの2つになります。

各費用について、以下で簡単にご説明をさせて頂きます。

ウェブ登録事務手数料とは?

ウェブ登録事務手数料とは、新規でLINEモバイルをお申し込み頂く際にかかって来る事務手数料になります。

LINEモバイルでは「ウェブ登録事務手数料」という名称ですが、キャリアや他の格安SIMでは「契約事務手数料」と呼んでいる所が多く、この費用は全ての携帯会社でかかって来る費用になります。

そして料金も、各社、ほぼ共通で3,000円です。

ひよっこ君
どこの携帯会社でも払わなきゃいけないなら、LINEモバイルでも払わなきゃ仕方ないのかな...。
いやいや、ひよっこ君。この費用は安くする事ができるんじゃぞ。
スマホ博士

はい、その通りです。

この記事では、このウェブ登録事務手数料安くする方法に焦点を当ててご説明をさせて頂くのですが、このウェブ登録事務手数料の3,000円をそのまま払ってしまうのは本当にもったいない事ですので、是非、この記事をご参考にして頂きまして、お得にLINEモバイルをお申し込み頂きたく思います。

SIMカード発行手数料とは?

SIMカード発行手数料とは、皆さまがLINEモバイルをお申し込みなさった後に、皆さまのお手元にSIMカードが届く運びとなりますが、そのSIMカードを発行するための費用になります。

このSIMカード発行手数料は、キャリアでは発生しない費用ですが、LINEモバイルも含め、格安SIMではかかって来る費用になります。

なぜ、格安SIMでのみ、この費用が発生するかと言いますと、格安SIMはキャリアから回線を借りてユーザーの皆さまにサービスを提供していますが、同時にSIMカードもキャリアから貸与する形になっていて、その貸与に係る費用相当分SIMカード発行手数料になります。

当初は、この費用をLINEモバイルが負担をしていましたが、格安SIM間での競争の激化や、他社がユーザーにその費用の負担を求め始めた事により、LINEモバイルでも2017年2月1日申し込み分から、ユーザーにSIMカード発行手数料の請求を始めました。

このSIMカード発行手数料に関しましては、ウェブ登録事務手数料の様に安くする方法がないのですが、それはご説明の通り、キャリアからのSIMカードの貸与にかかる費用相当分であり、LINEモバイルの利益ではなく実費となるからです。

ひよっこ君
SIMカード発行手数料は、結局、LINEモバイルからキャリアに支払われる費用って事なんだね。
その通りじゃ。決してLINEモバイルが儲ける為の費用ではないんじゃ。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

ウェブ登録事務手数料を安くする方法は3つ!

という事で、残念ながら、SIMカード発行手数料の400円につきましては安くする事はできませんが、ウェブ登録事務手数料の3,000円については、最大無料にする方法がありますので、この記事ではその3つの方法を皆さまにご説明させて頂こうと思います。

そのウェブ登録事務手数料を安くする3つの方法とは、ずばり以下の通りです。

  1. LINEモバイルの追加申込で申し込む方法
  2. LINEモバイルの紹介システムを利用して申し込む方法
  3. エントリーパッケージを利用して申し込む方法

それぞれのお申し込み方法で、向いているケース向いていないケースがありますので、そこの所も交えて、以下で、各、お申し込み方法の詳細をご説明させて頂きます。

LINEモバイルの「追加申込」で申し込む方法

追加申込一つ目の方法は、LINEモバイルの「追加申込」というサービスを使ってお申し込みをして頂く方法です。

追加申込」で申し込む事により、LINEモバイルの初期費用、ウェブ登録事務手数料を最大無料にする事ができます。

まずは、追加申込とはどの様な申し込み方法で、一体、ウェブ登録事務手数料の3,000円がいくらに割引されるのか、下記の通りです。

追加申込とは何ですか?

LINEモバイルの回線契約をお得に増やすことができるサービスです。すでにLINEモバイルをご利用中でしたら、マイページより現在の契約内容を引き継いで追加回線契約を申し込むことができます。

マイページから追加申込することで、2契約目以降のウェブ登録事務手数料(通常3,000円⋅税抜)がお得になります。

上記は、LINEモバイル公式サイトの「よくある質問」の「追加申込とは何ですか?」に記載の文章になりますが、この追加申込でのお申し込み方法は、LINEモバイルをご契約中の方が、マイページから契約者の名義2回線目以降を申し込む方法になります。

追加申込でウェブ登録事務手数料はいくらになるの?

この追加申込でウェブ登録事務手数料の3,000円がどれ位、割引されるのか、この点が最も重要なポイントだと思います。

ずばり、追加申込で申し込んで頂きますと、下記の通り、とてもお得にLINEモバイルにお申し込み頂く事ができます。

追加申込でのウェブ登録事務手数料

  • 音声通話SIM:3,000円0円
  • データSIM(SMS付き)3,000円500円
  • データSIM:3,000円1,000円
ひよっこ君
音声通話SIMを申し込むならタダになるんだね。
データSIMのお申し込みでも3分の1の1,000円になるんじゃぞ。
スマホ博士

追加申込が向くケース

この追加申込でのお申し込み方法は、下記のケースでお申し込みをなさる場合にお得に申し込む事が出来ます。

追加申込が向くケース

  • ご自身の2台目のスマホタブレットのお申し込み
  • 契約者のご家族(特に未成年のお子さま)のお申し込み
ひよっこ君
詳細は下記の通りだよ。
ご自身の2台目スマホやタブレットをお申し込みの場合

追加申込でのお申し込み方法は「追加」とある位ですので、既にLINEモバイルをご契約なさっておられる方が、2回線目3回線目を申し込む方法になります。

例えば、このケースで考えられるのは、既に1台分のスマホの契約をLINEモバイルでしていて、ご自身の2台目のスマホを持つ場合や、タブレットの為のSIMカードを申し込む場合に、普通に申し込むとウェブ登録事務手数料の3,000円の費用がかかってしまいますが、追加申込でのお申し込みの場合は、SIMカードのタイプにより、3,000円が最大無料になります。

2台目のデータ通信専用のスマホやタブレットの場合は、データSIMSMS付きのデータSIMのお申し込みなると思いますので、その場合は、3,000円のウェブ登録事務手数料が1,000円500円になります。

ご自身の為の2台目以降を申し込む場合の申し込み方法じゃぞ。
スマホ博士
ご家族の未成年のお子さま用のスマホをお申し込みの場合

そして、もう1つのケースとしましては、ご契約者さまの未成年のお子さまにスマホを持たせる場合に、この追加申込で申し込む事により、ウェブ登録事務手数料を安く出来ます。

この追加申込からの申し込みは、2回線目、3回線目以降の契約の名義もご契約者さまの名義になります。

未成年者のお子さまは、ご自身でLINEモバイルの契約者になって申し込む事ができませんので、例えば、LINEモバイルを契約しているお父さまやお母さまが、ご自身の名義でマイページから追加申込で新たな申し込みをして、そのスマホをお子さまに使わせるというパターンです。

ひよっこ君
でも、そのまま子供さんにスマホを使わせると危険だよね。

その通りでして、お子さまにスマホをそのまま使わせるとなりますと、色々と不安もありますがご安心下さい。

LINEモバイルの場合は、契約者は契約者として、利用者は利用者としてLINEモバイルに登録する事により、契約者は全ての権限と利用者の利用状況を把握する事が出来る一方、利用者は勝手にプランの変更やデータ量の追加購入をする事はできませんので、親御さまも安心してお子さまにスマホを持たせる事ができます。

この仕組みをLINEモバイルでは「契約者連携」「利用者連携」と言うんじゃ。
スマホ博士

ご主人さまがLINEモバイルを契約していて、奥様のスマホを追加申込から新規で申し込む事も出来ますが、この場合の名義はご主人様の名義になり、ご主人の口座から料金の引き落としがされますし、奥様は利用者連携をする事で使用の制限がかかりますので、成人の方のスマホを追加申込するのは向きません

奥様がご自身の名義でLINEモバイルを新規お申し込みなさる場合は、次にご紹介させて頂きます「紹介プラグラム」をご利用頂く事により、LINEモバイルの初期費用であるウェブ登録事務手数料お得に申し込んで頂く事ができます。

関連記事

LINEモバイル公式サイト

追加申込でのお申し込み方法(全画像付き)

それでは、マイページから追加申込で申し込む方法・流れをご説明させて頂きます。

マイページに入る

追加申込の流れ

パソコンからはLINEモバイル公式サイトのトップページの「マイページ」から、スマホの場合はLINEアプリのメニューの「契約者連携」からマイページに入って頂きます。

マイページの追加申込

マイページに入って頂きましたら、左のメニューから「追加申込」をクリックして頂きます。

追加申込の流れ

マイページに入って頂きましたら、「マイページトップ」をタップしてメニューを開き、「追加申込」をタップして頂きます。

追加申込のページ

追加申込の流れ

そして、この画面から「申し込む」に進んで頂きますと、LINEモバイルの申込画面に進みますので、ご希望のサービスタイプを申し込んで頂く事で、それに応じたウェブ登録事務手数料の割引が受けられます。

追加申込の注意点

それでは、このLINEモバイルの「追加申込」に関しまして、注意点を2つご説明をさせて頂きます。

ご自身名義の契約には「追加申込」は適しません

既にご説明をさせて頂いておりますが、念の為の再度のご説明です。

この追加申込でのお申し込みは、既にLINEモバイルをご契約なさっている方が、現在の契約内容を引き継いで回線を追加する申し込む方法になります。

ですので、皆さまがご自身の名義でお得に申し込むには「追加申込」は適さず、以降でご説明をする「招待プログラム」か「エントリーパッケージ」をご利用頂き、お得に申し込んで頂く事になります。

ひよっこ君
追加申込は、LINEモバイルを利用中の人が自分名義の回線を追加申込する方法だよ。
エントリーコード、キャンペーンコードの併用はできません

この追加申込でのお申し込みには、エントリーコードキャンペーンコードの併用ができません。

エントリーコードに関しましては、同じようにウェブ登録事務手数料を割引する為の方法ですので、併用できなくても問題はありませんが、キャンペーンコードがご利用頂けない事にはご注意を頂く必要があります。

LINEモバイルでは、音声通話SIMをお申し込みの皆さまにお得なキャンペーンを開催している事が多いのですが、追加申込ではキャンペーンを利用する際のキャンペーンコードを入力して申し込む事ができませんので、あらかじめご承知おき下さい。

追加申込と招待プログラムはキャンペーンは併用できないぞ。
スマホ博士
追加申込は同一世帯で5回線まで

追加申込でのお申し込みは、同一世帯で5回線までのお申し込みとなっています。

本人も含めての回線数になりますので、ご本人がスマホタブレットの2回線のご契約をなさっている場合は、残り3回線まで追加申込で申し込む事ができます。

ひよっこ君
本人分も含めての5回線までだからね。

関連記事

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルの紹介システムを利用して申し込む方法

紹介プログラムそれでは、LINEモバイルの初期費用の一つ、ウェブ登録事務手数料を安く申し込む方法の2つ目、LINEモバイルの紹介システムを利用して申し込む方法をご説明させて頂きます。

LINEモバイルの紹介システムは「招待プラグラム」というサービスになりまして、このサービスを利用して申し込む事で、やはりウェブ登録事務手数料の3,000円が最大で無料になります。

まずは、その「招待プログラム」の概要は以下の通りです。

招待プログラムとは何ですか?

LINEモバイルを検討中のお友だちやご家族に、ウェブ登録事務手数料がお得になる招待URLを、LINEまたはメールで共有できるサービスです。招待URLからLINEモバイルを契約することで、ウェブ登録事務手数料(通常3,000円⋅税抜)がお得になります。

上記は、LINEモバイル公式サイトの「よくある質問」の「招待プログラムとは何ですか?」に記載されている文章の一部になります。

もし、皆さまのお知り合いでLINEモバイルをご利用なさっておられる方がいらっしゃいましたら、その方にマイページから「招待URL」を発行して頂き、皆さまがその招待URLからお申し込み頂く事でウェブ登録事務手数料が安くなります。

ひよっこ君
後で説明するけど、知り合いにLINEモバイルユーザーがいなくても大丈夫だからね。

招待プログラムでウェブ登録事務手数料はいくらになるの?

招待された方まず、最も気懸かりな事は、やはり、3,000円のウェブ登録事務手数料がいくらになるかだと思います。

招待プログラムを利用し、招待URL経由でお申し込み頂く事で、ウェブ登録事務手数料は下記の通りの割引となります。

招待プログラムでのウェブ登録事務手数料

  • 音声通話SIM:3,000円0円
  • データSIM(SMS付き)3,000円500円
  • データSIM:3,000円1,000円

ご覧の通り、追加申込の場合と同じで、お申し込みなさるSIMカードのサービスタイプにより変わりますが、音声通話SIMのお申し込みで3,000円が無料になります。

「データSIM」の申し込みでも1,000円になるのは嬉しいのう。
スマホ博士

招待プログラムが向くケース

それでは、ウェブ登録事務手数料を安くする3つの方法の中で、この招待プログラムを利用してのお申し込みが向くケースをご説明させて頂きます。

まず、大前提になるのは、皆さまのお知り合いにLINEモバイルをご利用なさっておられる方がいらっしゃる事になりますが、もしいらっしゃらない場合でも、当サイトでも招待URLご希望の皆さまにお配りさせて頂いておりますので、そのご心配はなしに以下をご確認下さい。

招待プログラムが向くケース

  • データSIMをご自身の名義でお申し込みなさる方
  • SMS付きのデータSIMをご自身の名義でお申し込みなさる方
ひよっこ君
僕は音声通話SIMを申し込むんだけど、招待プラグラムは音声通話SIMの申し込みには向かないの?

はい、その様なご質問は当たり前に出て来る事だと思います。

結論から言いますと、音声通話SIMをお申し込みの皆さまは、次にご紹介させて頂きます「エントリーパッケージ」ご利用の上、お申し込みをなさった方が確実にお得です。

また、SMS付きのデータSIMをお申し込みの皆さまも、ケースによりましては「エントリーパッケージ」を利用してお申し込みをなさった方が良い場合もあります。

音声通話SIMの場合は、間違いなしにエントリーパッケージじゃぞ。
スマホ博士
データSIMをご自身の名義でお申し込みの場合

敢えて「ご自身の名義で」と書かせて頂いておりますが、通常は皆さま、ご自身の名義で申し込まれるのが普通ですので深い意味はなく、未成年者でご自身の名義では申し込めない方もいらっしゃり、その場合は追加申込でのお申し込みになりますので、それと差別化して敢えて書かせて頂いておりますが、普通にデータSIMを申し込む方とお考え下さい。

まず、データSIMを申し込む場合は、必然的に、追加申込招待プログラムかの二択になります。

ひよっこ君
次に説明するエントリーパッケージは、データSIMを申し込む場合には使えないんだ。

その通りです。データSIMのお申し込みにはエントリーパッケージは利用できず、そして、追加申込はご自身の2台目スマホ未成年者の方のスマホ用に適した申し込み方法になります。

ですので、消去法として、普通にご自身の名義でデータSIMをお申し込みなさる皆さまは、周りにLINEモバイルのユーザーがいらっしゃいましたら、招待URLの発行をお願いして頂き、招待URL経由で申し込む事がベストな方法になります。

繰り返しますが、もしお知り合いにLINEモバイルをご利用の方がいらっしゃらない場合は、当サイトの招待URLをご活用頂き、LINEモバイルにお申し込みをして頂ければと思います。

当サイトの別記事に招待URLを掲載しておるからのう。下にリンクを貼っておるぞ。
スマホ博士
SMS付きのデータSIMをご自身の名義でお申し込みの場合

お金のお得度だけで言いますと、SMS付きのデータSIMをお申し込みの場合は、招待URL経由でのお申し込みでは2,500円がお得になり、エントリーパッケージでは2,600円程がお得になりますので、エントリーパッケージでお申し込みを頂きました方が100円ほどお得になります。

しかし、もし皆さまが、招待して下さるお知り合いの方ととても親しい場合は、こちらの招待プラグラムをご利用頂き、SMS付きのデータSIMをお申し込み頂く事をおすすめ致します。

それは何故かと言いますと、次の項でご説明をさせて頂きますが、この招待プログラム招待を受けた皆さまもお得にLINEモバイルのお申し込みができますが、実は、招待をした皆さまのお知り合いの方にもメリットがあるからです。

もし、周りにLINEモバイルのユーザーがいない場合、仮にいてもお願いしにくい場合、あるいは特に親しい人ではない場合は、「エントリーパッケージ」をご利用頂く事をおすすめ致します。

LINEモバイル公式サイト

招待プログラムは招待した人にもお得!

招待した人の特典少しご説明をさせて頂きましたが、この招待プログラムは、招待された方もウェブ登録事務手数料が安くなってメリットがありますが、招待した方お得になる紹介システムです。

つまり、招待する人は、1人、招待するごとにLINEポイントが1,000ポイントもらえ、招待された方が音声通話SIMをお申し込みの場合、招待キャンペーン開催中であれば、プラスでもう1,000ポイント2,000ポイントが貰える事もあるのです。

ひよっこ君
LINEポイントはLINEモバイルの料金のお支払いにも使えるし、現金化してコンビニでも使えるんだよ。
LINEポイント1,000ポイントは1,000円分じゃから、皆さまのお知り合いも1,000円、得するんじゃ。
スマホ博士

ですので、もし、お知り合いのLINEモバイルをご利用中の方に招待URLの発行をお願いしにくい場合でも、実はその方もお得になりますので、その事は口では言わずに普通にお願いをして頂ければ、快諾して頂ける可能性も大いにあると思います。

また、皆さまがお知り合いの方と非常に親しい場合は、招待してくれるお礼も込めて、招待URL経由でお申し込みなさる事で、お知り合いの方にも喜んで頂く事が出来るのです。

招待URL経由でのお申し込み方法(全画像付き)

ここでは、招待される側の皆さまの招待URL経由でのお申し込み方法をご説明させて頂きます。

もし、紹介して頂ける方が招待URLの発行方法をご存知ない場合は、この章の末尾に記載の「参考記事」をご覧頂きます様、おすすめ頂ければと思います。

LINEで招待URL

ご紹介者にマイページ招待URLを発行して頂くのですが、皆さまへはメールLINEでその招待URLを送って頂く事が可能です。

今回はLINEで送って頂くとしまして、招待URLを送って頂きますと、皆さまのLINEにこの様なメッセージが届きます。

LINEで招待URL

そして、その招待URLをタップして頂きますと、LINEモバイルのお申し込み画面に切り替わりますので、この画面からお申し込み頂く事で、本来なら払うべき3,000円のウェブ登録事務手数料が、お申し込みなさったSIMカードのサービスタイプにより割引されます

ひよっこ君
このURLから申し込む事で、自動で割引が適用されるんだよ。

招待プラグラムの注意点

音声通話SIMをお申し込みの場合は、招待プログラムではなくエントリーパッケージのご利用をおすすめさせて頂きましたが、まさにその原因が、招待プログラムの注意点、デメリットの部分になります。

LINEモバイルでは音声通話SIMをお申し込みの皆さまに、常に太っ腹なキャンペーンを開催していますが、この招待URL経由のお申し込みではそのキャンペーンが適用されません

次のエントリーパッケージの所で詳細をご説明させて頂いておりますが、LINEモバイルの音声通話SIM向けのキャンペーンはかなりお得ですので、これを使わない手はなく、エントリーパッケージキャンペーンと併用する事ができる為、エントリーパッケージの方がお得になるのです。

音声通話SIMの場合は、エントリーパッケージ一択じゃぞ。
スマホ博士

関連記事

LINEモバイル公式サイト

エントリーパッケージを利用して申し込む方法

エントリーパッケージ

さて、それでは、ウェブ登録事務手数料の3,000円を安くする方法の3つ目、エントリーパッケージを利用して申し込む方法をご説明させて頂きます。

結論を申し上げさせて頂きますと、このエントリーパッケージを利用してのお申し込みは、LINEモバイルの音声通話SIMをお申し込みの皆さまにベストの方法となります。

ひよっこ君
音声通話SIMのお申し込みはエントリーパッケージが最強だよ!

エントリーパッケージ

Amazonのウェブサイトや、ビックカメラやヨドバシカメラのウェブサイト⋅店舗等で購入できる、16桁のエントリーコードが記載された紙のパッケージです。

記載してあるエントリーコードをLINEモバイルウェブサイトに入力してお申し込みを行うことにより、初期費用が抑えられて、お得になります。

上記は、LINEモバイル公式サイトの「よくある質問」の用語集に記載されたエントリーパッケージの説明文の一部になります。

私も3回ほど、Amazonでエントリーパッケージを購入し、LINEモバイルのお申し込みをさせて頂きましたが、通常は400円前後で販売されていて、他でも売っていますが、やはりAmazonで購入なさるのが安心だと思います。

エントリーパッケージ(表面)

エントリーパッケージ(表面)(クリックすると大きく開きます。)

エントリーパッケージ(裏面)

エントリーパッケージ(裏面)(クリックすると大きく開きます。)

ちなみに、以前、私の1回目、2回目のエントリーパッケージの購入時には、エントリーパッケージに有効期限の記載がありましたが、直近の3回目のエントリーパッケージの購入時には、上記の画像の通り、有効期限の記載がなくなっていました。

2019年6月以降に発売された分から有効期限がなくなって、より使いやすい様になったんじゃ。
スマホ博士

エントリーパッケージでウェブ登録事務手数料はいくらになるの?

さて、エントリーパッケージを利用してのお申し込みの場合も、やはり、3,000円のウェブ登録事務手数料がいくらになるのか、まずは気になる所かと思います。

ずばり、エントリーコードを入力してLINEモバイルをお申し込み頂く事で、下記の通りの割引になります。

エントリーパッケージでのウェブ登録事務手数料

  • 音声通話SIM:3,000円0円
  • データSIM(SMS付き)3,000円0円

ご覧の通り、エントリーパッケージは音声通話SIMSMS付きのデータSIMのお申し込みに利用する事が出来て、ともに3,000円のウェブ登録事務手数料が無料になります。

データSIM(SMS付き)の場合は、ざっくり、「3,000円-エントリーパッケージ代の約400円」を差し引いて約2,600円のお得になりますので、お金の面でいえば100円程招待プログラムを利用するよりもお得になります。

ひよっこ君
音声通話SIMは、招待プログラムなら丸々3,000円がタダだから、エントリーパッケージよりもお得なんじゃないの?

はい。その質問には次の所でご説明をさせて頂きます。

エントリーパッケージが向くケース

先程のひよっこ君の質問ですが、確かにその通りでして、招待URL経由のお申し込みですと、丸々3,000円が得になり、エントリーパッケージの場合は、3,000円が無料にはなりますが、エントリーパッケージを購入する分の400円位の原価がかかってしまいます。

ひよっこ君
そうだよね。だから2,600円のお得だから、3,000円がタダになる招待プログラムの方が得だよね。

ここであらためて宣言させて頂きますが、エントリーパッケージは間違いなく、音声通話SIMをお申し込みの皆さまにはベストなお申し込み方法になります。

エントリーパッケージが向くケース

  • LINEモバイルの音声通話SIMをお申し込みの場合

それは何故かと言いますと、エントリーパッケージは何と言ってもLINEモバイルのキャンペーンと併用する事が出来るのです。

LINEモバイルのキャンペーンはかなりお得じゃからのう。
スマホ博士

LINEモバイルでは、音声通話SIMをお申し込みの方を対象に、頻繁に太っ腹なキャンペーンを開催していますので、キャンペーン開催中であれば100%、エントリーパッケージの方がお得なのです。

400円程のエントリーパッケージ代の出費はありますが、ウェブ登録事務手数料の3,000円が無料になり、且つ、キャンペーンのお得分もゲット出来て、ダブルでお得をゲットできるのです。

現在、LINEモバイルで開催中のキャンペーン

現在、LINEモバイルでは、2つのキャンペーンが開催されています。

この2つは併用することができるので、ダブルでお得をゲットしてください。

対象のSNS使い放題 最大2ヶ月0円!/月〜キャンペーン

このキャンペーンは、ベーシックプランの3GB以上、また、SNSデータフリーSNS音楽データフリーをお申し込みの方に、下記の2つが、2ヶ月間最大無料になるキャンペーンです。

  • ベーシックプランの月額料金
  • データフリーオプションの利用料

最大で5,640円もお得になります。

ひよっこ君
このキャンペーンは応募の必要がなく、自動的に適用されるんだよ。

ロックの日まで最大6,900円相当プレゼントキャンペーン

このキャンペーンは、音声通話SIM3GB以上のお申し込みで、SIMカードのみのお申し込みなら6,900円相当か3,000円相当、端末のセット購入なら1,000円相当のLINE Pay残高かLINEポイントがもらえるキャンペーンです。

このキャンペーンは、エントリーパッケージの併用も可能です。

こっちはキャンペーンコードの入力が必要じゃぞ。
スマホ博士

①と②のキャンペーン、そしてエントリーパッケージを併用すると、最大で15,540円も得しますので、詳細は「LINEモバイル最新キャンペーン情報」をご覧下さい。

既にお話をさせて頂いておりますが、過去、私は3回エントリーパッケージを利用してLINEモバイルを申し込んだ事がありますが、初めての1回目はSMS付きのデータSIMを申し込み、SMS付きのデータSIMのお申し込みにはキャンペーンがありませんので、この時はウェブ登録事務手数料がタダになっただけでした。

しかし、2回目と3回目は音声通話SIMの申し込みでしたが、この時はキャンペーンで共にLINEポイントを10,000ポイント5,000ポイントをゲットし、且つ、ウェブ登録事務手数料も無料で、ダブルでお得をゲットしました。

ひよっこ君
合計で15,000ポイントって言うと15,000円分だよね。大きいなぁ。
キャンペーンは最低でも5,000円分位はお得になる事が多いんじゃ。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

エントリーパッケージでのお申し込み方法(全画像付き)

という事で、それでは、実際にエントリーコードを入力してLINEモバイルのお申し込みをして頂く流れを、簡単にご説明させて頂きます。

キャンペーンコードを入力する流れも同じ画面で行いますので、合わせてご説明をさせて頂きます。

申し込む

LINEモバイルを申し込む

まずは、LINEモバイル公式サイトのトップページから「申し込む」に入って頂きます。

申し込み画面②

申し込み前の確認

実際のお申し込みに入る前に「申し込み前の確認」のページになりますので、一応、しっかりとお読み頂き、「上記事項に同意の上、申し込む」に進んで頂きます。

キャンペーンコードとエントリーコード

キャンペーンコードとエントリーコード

すると、次の画面が「申し込み方法」の選択画面になり、早速、エントリーコードキャンペーンコードを入力する画面になります。

ここで慎重にエントリーコードキャンペーンコードを入力して頂き、引き続き、お申し込みを進めて頂きLINEモバイルのお申し込みを完了して頂きましたら、これでエントリーコードキャンペーンコードも無事に適用されていますのでご安心下さい。

ひよっこ君
な~んだ、とっても簡単なんだね。
お申し込みのしょっぱなじゃから、集中して入力するんじゃぞ。
スマホ博士

エントリーパッケージの注意点

それでは最後に、エントリーパッケージを利用する際の注意点をご説明させて頂こうと思います。

データSIMにはご利用いただけません

既に書かせて頂いておりますが、エントリーパッケージは音声通話SIMSMS付きのデータSIMのお申し込みにのみ、利用する事が出来ます。

データSIMのお申し込みには利用する事が出来ませんので、データSIMをお申し込みの際には、招待URL経由でお申し込み頂きます様、お願い致します。

ひよっこ君
そうだよ。エントリーパッケージはデータSIMには使えないからね。
エントリーコードの入力ミスにはご注意を

そして、エントリーコード入力漏れ入力ミスにもご注意下さい。

万一、入力漏れや入力ミスの場合は、ウェブ登録事務手数料は割引されません

入力漏れや入力ミスは致命傷じゃぞ。
スマホ博士

また、キャンペーンコードも同様で、入力漏れ入力ミスがあった場合、後ほど申し出て頂きましてもキャンペーン対象外となり、お得をゲットする事ができません。

私の場合は、それこそ5回は見直して間違いがない事を確認して進みましたし、念の為にスクリーンショットも撮っておいた位です。

くれぐれもミスなくお申し込みを完了して頂き、ダブルでお得をゲットなさって下さいませ。

尚、他サイトでは、エントリーパッケージについて色々な事が書かれていますが、お申し込みを完了しない限りは何度でも入力して利用する事ができますので、ご安心頂ければと思います。

ひよっこ君
昔はたまに、お申し込みを完了してない場合でも、一度入力したら使えなくなった事もあったみたい。
今はそんな事は皆無じゃぞ。
スマホ博士

私も過去3回、エントリーパッケージを利用しましたが、3回ともしっかりと適用されましたのでご安心下さい。

関連記事

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルの初期費用、事務手数料を無料にする方法、まとめ

ウェブ登録事務手数料を無料にする

皆さま、お疲れさまでございました

さて、LINEモバイルの初期費用の中のウェブ登録事務手数料安くする方法をご説明してまいりましたが、ご理解を頂けましたでしょうか。

まとめますと、概略は下記の通りです。

お申し込み別 最適なお申し込み方法
データSIM 招待URL
データSIM(SMS付き) 招待URL
エントリーパッケージ
音声通話SIM エントリーパッケージ

追加申込に関しましては、ご契約者の2回線目以降のお申し込みに利用する為のもので、他の2つの方法とは用途が違いますので上の表には記載をしておりません。

本人名義でのお申し込みであれば、お申し込みのSIMカードのサービスタイプにより、上記の通り、招待URLエントリーパッケージが最適なお申し込み方法になります。

ひよっこ君
データSIMを申し込む場合は、招待URL一択だよ。
音声通話SIMをお申し込みの場合は、エントリーパッケージを利用するんじゃぞ。
スマホ博士

SMS付きのデータSIMの場合は、ケースバイケースで招待URLエントリーパッケージを使って頂く事になりますが、いずれにしましても、是非、ウェブ登録事務手数を少しでも安くLINEモバイルをお申し込み頂ければと思います。

招待URLに関しましては、文中でもご説明をさせて頂いておりますが、お知り合いにLINEモバイルのユーザーがいらっしゃらない場合は、当サイトでも配布させて頂いておりますので、是非、ご利用頂ければと思います。

皆さまが少しでもお得にLINEモバイルにお申し込み頂き、多くの皆さまと素晴らしいコミュニケーションを図って頂ければと思います。

最後までお読み下さいましてありがとうございました。

どうぞ、よろしくお願い致します。

関連記事

LINEモバイルはとっても素晴らしい格安SIMですよ!

是非、LINEモバイルにお申し込み頂き、ご家族やお友達と「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!

ひよっこ君
下のバナーから申し込みができるよ。(笑)
宜しくお願いしますぞよ。(笑)
スマホ博士

-LINEモバイルとは

© 2020 LINEモバイルで Let's Communication!