LINEモバイルとは

LINEモバイルはクレジットカード不要! LINE Payカードで口座振替も出来る!

クレジットカード不要クレジットカード不要でLINEモバイル

ひよっこ君
博士、僕、クレジットカードを持ってないから、格安スマホに申し込めないよぉー...。(涙)
いやいや、ひよっこ君、LINEモバイルならクレジットカードがなくてもスマホが持てるんじゃぞ!
スマホ博士

クレジットカードを持っていない皆さまクレジットカードでお支払いをしたくない皆さま口座振替で自動的に現金でスマホ代を払いたいと思っておられる皆さま、朗報です!

LINEモバイルなら、クレジットカードがなくても申し込みが出来て、スマホが持てますよ!

スマホ代をクレジットカードで払っている方に取りましては、何の不便もない格安SIMのお申し込みですが、クレジットカードを持っていない方や、クレジットカードでお支払いをしたくない方にとりましては、格安SIMに申し込むのは、実はハードルが高いとても大変な事なのです。

と言いますのも、格安SIMの多くは、支払い方法をクレジットカードに限定している所が多く、クレジットカードを持っていない方や、クレジットカードでお支払いをしたくない方にとりましては、格安SIMに乗り換えたいんだけど、申し込むに申し込めない現状があるのです。

ひよっこ君
あのマイネオ(mineo)でも、eo光ネットで口座振替してる人は継続できるけど、それ以外の人はクレジットカードのみだもんね。

なので、泣く泣く、口座振替で支払いが出来るドコモやauやソフトバンクなど、スマホ代がとてもお高いキャリアのスマホを使うしかなかったのです...。

しかし、LINEモバイルなら、クレジットカードがなくても申し込む事が出来ますので、格安スマホになかなか乗り換える事が出来なかった皆さまも、料金がグンと安い格安SIM、LINEモバイルにに乗り換える事が出来るのです!

そこで、この記事では、

  • クレジットカードなしでLINEモバイルを申し込む方法
  • 自動引き落としでLINEモバイルの料金を支払う方法
  • それらを可能にするLINE Payカードってどんなカード?

などなど、クレジットカードなしでLINEモバイルが契約できるLINE Payカードの基本から、LINE Payカードの入手方法やLINE Payカードを使ってのLINEモバイルの申込み方法口座振替のように自動引き落としでLINEモバイルの料金を支払う方法まで、網羅的にご説明させて頂きます。

どうぞ、宜しくお願いいたします。

\LINEモバイルの最新キャンペーンはこちらから!/

LINEモバイルなら、クレジットカードなしでスマホが持てる!

クレジットカードを持っていないと、なかなか申し込む事が出来ない格安スマホですが、LINEモバイルなら、クレジットカードなしで申し込む事が出来ます

そして、LINEモバイルをクレジットカードなしで契約するには、ズバリ、LINEモバイルのお支払い方法を「LINE Payカード」にして申し込む事です!

と言いましても、いきなりLINE Payカードと言われても、LINE Payカードって何? ってなりますよね。

そこで、まずは基本的な事、LINEモバイルの料金のお支払い方法や、LINEの決済システムであるLINE Payの事を、少しだけご説明させて頂こうと思います。

ひよっこ君
そうだね、まずは基本からだよね。
頑張ってLINEモバイルのお支払い方法を勉強しようかのう。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

クレカ不要を可能にしてくれるLINE Payカードの基礎知識、LINE Payって何?

LINE Payのコード決済LINEモバイルをクレジットカードなしで契約するには、LINEモバイルのお支払い方法を「LINE Payカード」にして申し込む事だと申し上げましたが、LINEの決済システムであるLINE Payや、そのLINE Payのお支払い方法の一つであるLINE Payカードは、ちょっとその関係性がややこしいです。

そこでまずは、クレジットカードなしでLINEモバイルも申し込みに当たってのキーポイント、LINE Payカードの事をよりご理解を頂けますように、LINEの決済システムであるLINE Payの事をご説明させて頂きます。

もし、LINE PayやLINE Payカードの事を十分にご理解なさっておられる方は、この部分を読み飛ばして頂きまして、即、LINE Payカード(バーチャルカード・プラスチックカード)を申し込む所に進んで頂ければと思います。

LINEモバイルにはLINE Payカードを含む3つの支払い方法

クレジットカードオンリーの支払い方法が多い格安SIMですが、LINEモバイルは、下記の3つの方法でLINEモバイルの料金を支払う事が出来ます。

  • クレジットカード
  • LINE Pay
  • LINE Payカード

クレジットカードでのお支払い方法は、他社格安SIMと一緒ですし、皆さまもご存知の通りのお支払い方法になりますが、それでは「LINE Pay」と「LINE Payカード」でのお支払い方法ってどういう方法なの? その前に「LINE Pay」と「LINE Payカード」って何なの? って思われる方も多いと思います。

詳細に関しましては、LINE PayとLINE Payカードの違いをしっかりとご説明をさせて頂いている「LINE PayとLINE Payカードはどう違う!?LINEモバイルのお支払い方法」をご覧頂ければと思いますが、ざっくり言いますと、LINE Payカードを含めて、LINE PayはLINEの電子マネーで、多くのお店でLINEでお支払いが出来るという決済システムになります。

ひよっこ君
スマホでピッとお支払いができるんだよね。
その通りじゃ。LINE版のおサイフケータイじゃ。
スマホ博士
違いを説明!
LINE PayとLINE Payカード
LINE PayとLINE Payカードはどう違う!?LINEモバイルのお支払い方法

皆さま、LINEモバイルをご検討頂いている時に、LINEモバイルのお支払い方法のLINE PayとLINE Payカードの事で、頭が混乱なさった事はありませんか? あるいは、LINEモバイルを申し込も ...

続きを見る

それでは、上記、LINEモバイルの料金のお支払い方法の中の「LINE Pay」でのお支払いと「LINE Payカード」でのお支払いとは、具体的にどのようなお支払い方法なのでしょうか?

引き続き、もう少し、LINEの電子マネー、LINEの決済システムであるLINE Payの事をご説明させて頂きます。

LINE Payはプリペード方式のお支払い方法です

ご説明をさせて頂いております通り、LINE PayはLINEの電子マネーで、LINEでお支払い(決済)が出来る決済システムになりますが、LINE Payは基本的にプリペード方式の決済方法になりまして、LINE Payにお金をチャージし、そのチャージしたお金からお支払いがされるという、Suica(スイカ)や楽天Edyと同じ前払い式のお支払い方法です。

例えば、Suica(スイカ)は交通系の電子マネー(ICカード)で、カード型のSuicaやモバイルSuicaがありますが、共にSuica(スイカ)にお金をチャージする事により、端末にかざしたりタッチする事により、電車に乗れたり、お買い物が出来たりしますよね。

楽天Edyもクレジットカード一体型やおサイフケータイなど色々な形態がありますが、楽天Edyにチャージする事により、各々の媒体で、楽天市場でお買い物が出来たり、街のお店でお買い物が出来たりしますよね。

LINE Payも同じで、LINE Payにお金をチャージする事により、スマホのLINEアプリでお買い物が出来たり、LINE Payカードでお買い物が出来るというプリペード方式のお支払い方法になります。

LINE Payには3つの決済方法があります

3種類の決済方法そんな、LINE Payにお金をチャージしておく事によって使えるプリペード方式のLINE Payには、3つの決済方法があります。

  • コード決済
  • オンライン決済
  • LINE Payカード

コード決済は、ローソンやファミマ、スターバックスなどのLINE Pay加盟店のリアル店舗で、スマホでピッとお買い物ができる決済方法で、オンライン決済は、ZOZOTOWNやラクマなどのLINE Pay加盟のオンラインショップで、スマホのLINEアプリでお支払いが出来る決済方法になり、この2つの決済方法は、スマホのLINEアプリを活用します。

LINE Payカードは、LINEモバイルのお支払いが出来る他、セブンイレブンなど、国内外のJCB加盟店3,300万店でお支払いが出来るプリペードカードですが、こちらは、お支払い時にスマホのアプリは必要なく、文字通り、カードを使って決済をします。

LINE PayというLINE版の電子マネーはプリペード方式の前払いでのお支払い方法ですので、これら3つのお支払い方法も、当然、LINE Payにチャージする事によって使えるプリペード方式(前払い)のお支払い方法です。

繰り返しますが、LINE Payでのお支払いは、コード決済、オンライン決済、LINE Payカード、共に、チャージされたLINE Payから支払われる前払い方式のお支払い方法ですので、LINE Payにお金をチャージしておく必要があります。

LINE PayはLINE Payにチャージして使うプリペード式の決済方法じゃぞ。
スマホ博士

LINE Payにはクレジットカードを登録する事もできる

ご説明の通り、LINE Payカードを含むLINE Payは、チャージが必要なプリペード方式(前払い式)の電子マネーになりますが、そんなLINE Payにクレジットカードを登録する事も出来ます。

ひよっこ君
えっ...、LINE Payは前払いなのに、後払いのクレジットカードも登録できるの? ややこしいなぁ~...。

そうなんです、ここの所がちょっとややこしいのですが、LINE Payで後払いのクレジットカードでのお支払いが出来るお店は限られていて、LINE STOREやLINEデリマなどのLINEサービスの加盟店サイトに限られます

という事で、再度、LINEモバイルで料金のお支払いが出来る3つのお支払い方法のまとめです。

  • クレジットカード
  • LINE Pay
  • LINE Payカード

クレジットカードは、皆さま、ご存知の通りのクレジットカードでの後払いでのお支払い。

そして、ここでの、LINEモバイルの料金のお支払い方法としての「LINE Pay」は、LINEモバイルもLINEサービスの加盟店ですので、LINE Payの後払いのクレジットカードでのお支払いが出来るという事で、LINE Payのクレジットカード払い、つまり、「LINE Pay経由でのクレジットカード支払い」となります。

そして、もう一つの「LINE Payカード」こそが、この記事の主役になりますが、チャージされたLINE Payからプリペード方式(前払い式)で支払われる方法、つまり、クレジットカード不要のLINEモバイルの料金の支払い方法になります。

クレジットカードなしでLINEモバイルに申し込めるのは「LINE Payカード」なんじゃな。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

LINE Payカードとは? ざっくり概要をご説明!

LINE Pay カードという事で、少し前振りが長くなりましたが、ここからいよいよ、この記事の主役、クレジットカードなしでLINEモバイルに申し込める「LINE Payカード」のご説明に入らせて頂こうと思います。

LINE payカードはJCB加盟店、約3,300万店でお買い物が出来る!

ご覧の通り、LINE Payカードには16桁のカード番号があり、カードの有効期限もあり、裏面にはセキュリティコードまでもある、まるでクレジットカードの様なカードですが、「JCB」の文字の下に「PREPAID」と記載があり、これがJCBブランドのプリペードカードである証です。

既にご説明をさせて頂きましたが、LINE payカードはコンビニやスーパーやドラッグストア、インターネットショッピングにカラオケなど、国内外のJCB加盟店、約3,300万店でお支払いが出来る、おサイフケータイならぬおサイフカードです。

実際、街にあるJCB加盟のリアル店舗でもお買い物が出来ますし、JCB加盟のオンラインショップでもお買い物が出来ますし、海外のJCB加盟店でもプリペードでお買い物が出来ます。

LINE payの他の2つのお支払い方法のコード決済とオンライン決済は、約100万店のLINE pay加盟店でしかお買い物が出来ませんので、その30倍の約3,300万店のJCB加盟店でお買い物が出来るLINE payカードは、お買い物もグンと幅が広がります。

ひよっこ君
LINE Pay加盟店もどんどん増えてるよー。

LINE payカードで支払うとLINEポイントが貯まる!

LINE payカードでお買い物をしますと、LINEポイントが貯まります

国内外の約3,300万店のJCB加盟店でのお買い物でも貯まりますが、LINEモバイルのお支払いでもLINEポイントが貯まります

ちなみに現在は、2018年6月に導入された「マイカラープログラム」により、カラー(ランク)によって0.5%から2%の還元率でLINEポイントが付与されます。

マイカラー(ランク) 1ヶ月のお支払い金額 ポイント還元率
グリーン 100,000円以上 2%
ブルー 50、000円以上 1%
レッド 10,000円以上 0.8%
ホワイト 10,000円未満 0.5%

また、LINEモバイルは契約者連携をする事で、毎月、月額基本利用料の1%分のLINEポイントが貰えますので、LINE payカードでLINEモバイルのお支払いをする事により、ダブルでLINEポイントが貯まります。

ダブルでポイントが貯まるのは嬉しいのう。
スマホ博士

LINE payカードは未成年でも可! 使い過ぎも出来ません!

LINEモバイルは、18歳以上の方であれば、自分の名義でLINEモバイルの申し込みが出来ます。

また、多くのクレジットカード会社は、「高校生を除く18歳以上」であればクレジットカードを持つ事が出来ますので、18歳以上の未成年の方でも、クレジットカードでLINEモバイルに申し込む事が出来ます。

しかし、LINEモバイルもそうですが、クレジットカードも未成年の場合は親権者の同意が必要になりますので、親御さまはLINEモバイルの申し込みには同意をしてくれても、使い過ぎてしまう可能性のあるクレジットカードでのLINEモバイルの申し込みには、なかなか同意をしてくれないと思います。

しかし、LINE payカードは事前にLINE payにチャージが必要なプリペードカードですので、使い過ぎてしまう事もなく、親御さまも、使い過ぎる心配のないLINE payカードでのLINEモバイルの申し込みには同意してくれる事と思います。

そして、LINE payカードはカードの発行手数料もかかりませんし、年会費もかかりませんので、未成年の方の懐にも優しい、非常にお手軽に持つことが出来るカードです。

ひよっこ君
LINE Payカードなら、親御さんも安心だね。

LINEモバイル公式サイト

LINE Payカードには2種類ある

そんな、クレジットカードなしでLINEモバイルを申し込むには不可欠なLINE Payカードですが、現在、LINE Payカードには2種類のタイプのカードがあります。

それは、カードの現物がある「プラスチックカード」と、カードの現物はなく、スマホのLINEアプリにカード番号等が表示される「バーチャルカード」です。

以下に、各々のご説明をさせて頂きます。

急がない人はプラスチックカードを申し込む

これは、従来からある通常のLINE Payカードになりますが、カードの現物がある、カードの現物を持つタイプのLINE Payカードです。

引き続き、ご説明をさせて頂く「バーチャルカード」に対して、プラスチックの現物のカードがあるという事で、「プラスチックカードのLINE Payカード」という事になります。

今までは、このプラスチックカードのLINE Payカードのみだったのですが、このプラスチックのLINE Payカードのダメな所は、LINEアプリからLINE Payカードを申し込んでも、申し込みをしてからお手元に届くまでに1週間から2週間ほどかかってしまう事です。

となると、日々のお買い物でLINE Payカードを使いたいと思っても、申し込んでから届くまでに1~2週間がかかり、且つ、実際にLINE Payカードを使うには、LINE Payアプリ上で利用開始手続きをし、LINE Payにチャージをしなければならず、すぐにLINE Payカードでお買い物をする事が出来ません。

ひよっこ君
今のスピード化の時代に、1週間も2週間も使えないなんてあり得ないよ...。
という事は、LINE PayカードでLINEモバイルを申し込もうと思っても、すぐには申し込めんのじゃな...。
スマホ博士

その通りです。

じっくり検討し、そして、意を決してLINEモバイルを申し込もうと思った時に、お支払いの所で「LINE Payカード」を選択したら、カード番号や有効期限、セキュリティコードを記入するように促され、それならとLINE Payカードを申し込もうと思ったら、届くまでに1週間も2週間もかかるって...。

あるいは、LINE Payカードを事前に準備しなければいけない事をご存知の方も、LINE Payカードが届くまでの日々の中で、テンションも下がってしまいますよね。

そんな事から生まれたのが、次にご説明をさせて頂くLINE Payカードの「バーチャルカード」です。

バーチャルカードなら即、LINEモバイルの申し込みが出来る!

LINE Payカードのバーチャルカードはまさにバーチャルで、カードの現物はなくスマホにLINE Payカードの情報(カード番号・カードの有効期限・セキュリティコード)が表示されるタイプのLINE Payカードです。

このバーチャルカードは郵送の手間が省かれますので、LINEアプリから申し込むと、即、スマホのLINEアプリに反映されます。

ですので、クレジットカードなしでLINEモバイルに申し込もうと決めてから、1分後には実際にLINEモバイルの申し込みが出来るのです。

極端な事を言いますと、朝にLINEモバイルに申し込もうと決めて、LINE Payカードのバーチャルカードを申し込み、LINEモバイルを申し込み、「お申し込み受付完了のご連絡」が届き、本人確認の審査も通り、「契約の成立のお知らせ」のメールが届き、申し込んだその日に「商品発送のお知らせ」が届き、翌日にSIMカードが届いて使い始める事も出来るのです。

このバーチャルカードのおかげで、クレジットカードをお持ちでない方やクレジットカードでお支払いをしたくない方も、即日、LINEモバイルを使う事が出来る様になるのです!

ひよっこ君
バーチャルカードは、まさにスピード化の時代にマッチしたカードだね。
クレジットカードがなくても、今日、申し込んで、明日からLINEモバイルが使えるんじゃな。
スマホ博士

ちなみに、このバーチャルカードはオンラインショップでのお支払いは可能ですが、セブンイレブンなどのリアルの店舗では使用が出来ません。

ですので、今後、実店舗でLINE Payカードをご利用なさるつもりの方は、バーチャルカードを発行後、タイミングを計ってプラスチックカードをお申し込み頂く必要があります。(後程、ご説明させて頂きます。)

LINEモバイル公式サイト

【画像付き!】クレジットカードなしでLINEモバイルを申し込む!

それでは実際に、クレジットカードなしでLINEモバイルに申し込む方法、流れをご説明させて頂きます。

今回は、すぐにLINEモバイルに申し込みが出来るLINE Payカードのバーチャルカードのバージョンをご説明させて頂きます。

LINE Payを登録する(スマホのLINEアプリから)

クレジットカードなしでLINEモバイルを申し込むには、LINE Payカードが必要です。

そして、そのLINE Payカードを取得する(バーチャルカードを発行する)には、LINEの決済システムであるLINE Payに登録する必要があります。

LINE Payの設定①

LINEアプリの「ウォレット」タブの赤枠内をタップして、LINE Payの登録を始めます。

LINE Payの設定②

「はじめる」をタップ。本当に30秒で完了します。

LINE Payの設定③

「すべてに同意」をタップし、「新規登録」に進みます。

LINE Payの設定④

セキュリティの為、パスワードを設定しましょう!

LINE Payの設定⑤

パスワードを入力します。

LINE Payの設定⑥

確認の為、再度、パスワードを入力します。

LINE Payの設定⑦

これで、LINE Payの登録は完了です。あっという間に登録が出来たと思います。

LINE Payカードのバーチャルカードを発行する

引き続き、この流れで、LINE Payカードのバーチャルカードを発行します。

この手続きも30秒もかからずに終わります。

バーチャルカードを発行する手順①

LINE Payの画面から「バーチャルカードをすぐに発行!」をタップ。

バーチャルカードを発行する手順②

「バーチャルカードを発行」をタップ。

今回のご説明は、あくまでも、LINEモバイルをクレジットカードなしですぐにお申し込み頂く為のLINE Payカードとして、この「バーチャルカード」を発行して頂いております。

このバーチャルカードは、インターネットショッピングのオンライン決済専用のカードになりますので、街のお店(リアル店舗・実店舗)での決済(お支払い)には使えません

バーチャルカードを発行する手順③

参考までに、カードの現物が郵送されて来る「プラスチックカード」をお申し込みの場合は、こちらをタップして頂く事になります。

届くまでに1~2週間、掛かりますので、LINEモバイルのお申し込みには向きませんが、のんびりとLINEモバイルを申し込む方、LINEモバイルの申し込みに関係なく申し込まれる方には、このプラスチックカードはJCBのオフライン加盟店(実店舗)でも使えますので便利です。

バーチャルカードを発行し、LINEモバイルの申し込みが完了した後に、このプラスチックカードのお申し込みをして頂く事が出来ます。(後ほど、ご説明をさせて頂きます。)

バーチャルカードを発行する手順④

パスワード認証の画面が出て来ますので、パスワードを入力して頂きます。(iPhoneの方は、Touch IDを使用して認証をして頂く事もできます。)

バーチャルカードを発行する手順⑤

パスワードを入力して頂きますと、拍子抜けする位、あっという間にバーチャルカードの発行が完了します。

モザイクはかけていますが、ご覧の通り、カード番号やカードの有効期限、CVC(Card Verification Code 、セキュリティコード)が表示され、LINEモバイルの申し込み画面に入力するLINE Payカードの必要情報が手に入りました

ちなみに、名義の部分は「LINE MEMBER」となっていますが、LINEモバイルの申し込み画面のLINE Payカードの入力の所では、氏名(本名)をローマ字で入力頂く事になります。

バーチャルカードを発行する手順⑥

すぐにLINEウォレットからトークで通知が来ました。

LINEモバイルを申し込む(お支払い方法の選択の部分だけご説明)

それでは、クレジットカードなしでLINEモバイルに申し込む準備も整いましたので、いざ、実際に、LINEモバイルをお申込み頂きましょう。

このページでは、LINEモバイルのお申し込み画面の「支払方法選択」の部分のみ、画像を付けてご説明をさせて頂きます。

始めの部分からのご説明が必要な場合は、「【全行程を画像付きでご説明!】 LINEモバイルの実際の申し込みの手順・流れ・注意点も」のページをご覧頂き、「支払方法選択」の部分だけ、こちらを参考にして頂き、その後、また、あっちのページに戻って頂き、LINEモバイルのお申し込みを完了して頂ければと思います。

全画像付き!
「申し込みの手順」の記事のメイン画像
【全行程を画像付きでご説明!】 LINEモバイルの実際の申し込みの手順・流れ・注意点も

ひよっこ君博士、僕、LINEモバイルに申し込む事に決めたよ。でも、どうやって申し込んだら良いのかなぁ~…。 LINEモバイルに申し込むのは、LINEモバイルの公式ホームページから申し込むんじゃぞ。スマ ...

続きを見る

以下の3枚の写真は、パソコンで見た場合はパソコンでの申し込み画面の画像、スマホで見た場合はスマホでの申し込み画面の画像に切り替わります。

パソコンの支払い方法選択画面①

スマホの支払い方法選択画面①

「支払方法選択」画面で、クレジットカード不要でLINEモバイルが申し込める「LINE Payカード」を選択します。

パソコンの支払い方法選択画面②

スマホの支払い方法選択画面②

そして、「次へ進む」をクリックします。

パソコンの支払い方法選択画面③

スマホの支払い方法選択画面③

すると、「カード情報入力」画面になりますので、ここで、先ほど発行したLINE Payカードのバーチャルカードに記載された「カード番号」「有効期限」「セキュリティコード(CVC)を入力します。

「カード名義」に関しましては、バーチャルカードに記載された「LINE MEMBER」ではなく、氏名をローマ字で入力してください。

ちなみに、姓を先に書くか、名前を先に書くかにつきましては、例えば「山田太郎」さんなら、名前を先に「TARO YAMADA」と記入して頂ければ大丈夫です。(LINEモバイルに確認済み)

入力が出来ましたら、「次へ進む」がクリック出来る様になりますので、引き続き、「ログインID・パスワード設定」に進み、「最終確認」を経て、無事、クレジットカードなしでLINEモバイルのお申し込みが完了です。

お疲れさまでした。(笑)

ひよっこ君
クレジットカードがなくても、あっという間にLINEモバイルの申し込みも終わるんだね。
LINE Payの申し込みに30秒、バーチャルカードの発行に30秒、LINEモバイルの申し込みは少し時間が掛かるが、それでもあっという間じゃ。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

【画像付き!】LINE Payにチャージする

LINEモバイルの申し込み画面にて、「LINE payカード」をお支払い方法に選択する事で、無事、クレジットカードなしでLINEモバイルのお申し込みが出来たと思います。

しかし、これで完了ではありません。

LINE payカードはプリペード方式のお支払い方法になりますので、LINE payに残高をチャージをしておかなれば引き落としが出来ず、LINEモバイルの料金を支払う事が出来ません。

LINEモバイルの料金を支払う事が出来なければ、利用停止になって、その後、最悪の場合は強制解約となってしまいます。

ひよっこ君
せっかく頑張ってクレジットカードなしで申し込めたのに、強制解約なんて嫌だよ。

そこで、LINE payにチャージする方法をご説明させて頂きますので、早速、チャージして頂ければと思います。

LINE Payにチャージする方法は5つありますが、「セブン銀行ATMチャージ」は文字通りセブンの銀行のATMに行かなければいけませんし、「QRコード/バーコードチャージ」はローソンなどのQRコード/バーコードでのレジチャージ対応の店舗、「LINE pay カード レジチャージ」はローソン、「コンビニチャージ」はファミリーマートと、4つのチャージ方法はいずれも実際にコンビニに行かなければなりません

一方、「銀行口座」のチャージ方法の場合は、現金を準備する必要もなくお店やATMに行く必要もなく、スマホだけで、家でも外出先でも、いつでも、どこでもチャージする事が出来ます。

おそらく、どなた様にとりましても、この方法が一番便利なチャージ方法になりますので、この記事では、代表して「銀行口座」のチャージ方法を画像付きでご説明をさせて頂きます。

LINE Payに銀行口座を登録する

「銀行口座」の方法でチャージをする場合は、あらかじめ、LINE payに銀行口座を登録して頂く必要があります。

面倒臭いなとお思いの方もいらっしゃると思いますが、LINE payを便利に使う為には「本人確認」をする必要があるのですが、LINE payに銀行口座を登録する事で本人確認が出来ますので、いずれにしても本人確認はする必要がありますので、この機に頑張って銀行口座を登録して頂ければと思います。

銀行口座の登録の手順①

スマホのLINEアプリの「ウォレット」タブを開き、赤枠内をタップします。

銀行口座の登録の手順②

すると、LINE Payの画面に切り替わりますので、「銀行口座」をタップ。

銀行口座の登録の手順③

銀行の選択画面になりますので、私の場合は三菱UFJ銀行でしたので「三菱UFJ銀行」をタップしましたが、ご希望の銀行をタップして下さい。(対応銀行一覧はこちらから)

この画像に含まれない銀行の場合は、この下の「あ行」~「ら行」を確認してみてください。

銀行口座の登録の手順④

ご希望の銀行(私の場合は三菱UFJ銀行)をタップして頂きますと、確認事項のポップアップが出てきますので「OK」をタップ。

銀行口座の登録の手順⑤

「LINE Pay利用規約」のページになりますので、「同意します」をタップ。

一番下までスクロールして頂く事により「同意します」がタップできる様になります。

銀行口座の登録の手順⑦

すると、各銀行(私の場合は三菱UFJ銀行)のサイトに移りますので、この「①事前確認」のページから画面に従い、「②個人情報利用目的」「③規定確認」「④本人確認方法選択」「⑤本人確認」と進んで行きますと。

銀行口座の登録の手順⑧

最後はこの「⑥受付完了」の画面に行きますので、「収納企業に戻る(必ずタップしてください)」をタップして下さい。

銀行口座の登録の手順⑨

これで、この「銀行口座の登録」も、あっという間に完了となります。

「銀行口座」からチャージ

引き続き、「銀行口座」でのチャージの仕方を、画像と共にご説明させて頂きます。

銀行口座チャージの流れ①

スマホのLINEアプリの「ウォレット」タブの「+」をタップ。

銀行口座チャージの流れ②

「銀行口座」をタップ。

銀行口座チャージの流れ②-2

ちなみに「LINE Pay」の画面の「チャージ」からも「銀行口座」に入れます。(「チャージ」→「銀行口座」)

銀行口座チャージの流れ③

「三菱UFJ銀行」(私の場合)をタップ。

私の場合は「三菱UFJ銀行」しか登録をしていませんが、複数の銀行を登録なさっている場合は、チャージする銀行をタップ。

銀行口座チャージの流れ④

500円や5,000円など、ご希望のチャージ金額を入力する事も出来ますし、私はとりあえず、下の「+1,000円」をタップしてみました。

銀行口座チャージの流れ⑤

そして、「チャージ」をタップすると。

銀行口座チャージの流れ⑥

パスワード認証の画面になりますので、パスワードを入力。

銀行口座チャージの流れ⑦

確認のポップアップが出てきますので、「確認」をタップ。

銀行口座チャージの流れ⑧

あっという間にチャージが出来てしまいました。

銀行口座チャージの流れ⑨

一応、残高履歴を確認してみますと、しっかりとチャージされていました。

銀行口座チャージの流れ⑩

チャージ完了と共に、LINEウォレットからメッセージも届いており、チャージが間違いなくできた事をしっかりと確認して頂く事が出来ます。

それにしましても、こんなに簡単にチャージ出来ても良いものかと不安に思える位、正味、30秒もかからずにチャージが出来ました。

自動引き落としで支払うオートチャージを設定

それでは、この記事の最終目的の、LINEモバイルの料金を自動引き落としの口座振替で支払う方法を、画像付きでご説明させて頂きます。

これは、LINE Payのチャージ方法の中の「オートチャージ」という機能を使います。

オートチャージの設定①

まずは、いつもの通りのスマホのLINEアプリの「ウォレット」タブの「+」をタップ。

オートチャージの設定②

そして「オートチャージ」をタップ。

オートチャージの設定③

赤枠の部分をタップしますと、オートチャージが「ON」に切り替わります。

オートチャージの設定④

オートチャージが「ON」に切り替わり、「オートチャージ条件」と「オートチャージ金額」の設定をする事が出来ます。

デフォルトでは「オートチャージ条件」は3,000円、「オートチャージ金額」は5,000円に設定されていますが(残高が3,000円を下回ると、5,000円がチャージされる設定)、各々をタップして、ご希望の金額を設定する事が出来ます。

オートチャージの設定⑤

「オートチャージ条件」をタップしますと、この画面になりますので、上の部分にご希望の金額を入力し、下の「確認」をタップ。

私はデフォルトの3,000円で「確認」をタップ。

オートチャージの設定⑥

「オートチャージ金額」をタップするとこの画面になりますので、ご希望の金額を入力し、「確認」をタップ。

私はデフォルトの「5,000円」で「確認」をタップしました。

※オートチャージに関しましては、窓口の営業時間内に、残高が変動した際に発動されます。

LINEモバイル公式サイト

【画像付き!】LINE payカードのプラスチックカードを申し込む

さて、すぐにクレジットカードなしでLINEモバイルの申し込みが出来るよう、まずは、LINE Payカードのバーチャルカードを発行して頂きましたが、バーチャルカードはオンライン決済専用のカードになり、実店舗では使えません

ですので、LINEモバイルの申し込みが終わり、一息、付れましたら、プラスチックカードを申し込んで頂ければと思います。

プラスチックカード申し込みの手順①

スマホのLINEアプリのウォレットタブから「LINE Pay」を開き、右下の「設定」をタップします。

プラスチックカード申し込みの手順②

「設定の画面」で「LINE Payカード」をタップします。

プラスチックカード申し込みの手順③

「LINE Payカード」の画面に切り替わりますので、「プラスチックカード」をタップ。

ちなみに、右上の箇所に「Virtual Card」の表示がありますが、リアルのプラスチックカードが届き、利用開始手続きを完了しますと、この部分に申し込んだプラスチックカードのデザインにが挿入されます。

プラスチックカード申し込みの手順④

確認事項のポップアップが出てきます。

この確認事項はどういう事かと言いますと、プラスチックカードのお申し込み以降、プラスチックカードがお手元に届き、利用開始手続きが完了するまでは、バーチャルカードは使えなくなる事が記載されています。

それでは、プラスチックカードが届くまでの1週間から2週間の間、LINE Payカード(バーチャルカード)が使えないのかと言いますと、そうではありません。

一時的に使う方法がありますので、後ほど、ご説明をさせて頂きます。

プラスチックカード申し込みの手順⑤

先程の確認事項のポップアップで「確認」をタップしますと、次は、LINE Payカードのデザインを決めるページになります。

私が申し込んだ時は4種類の中から選ぶ形で、一番派手なデザインを選びました。

プラスチックカード申し込みの手順⑥

そして、カードのデザインを選んだ後は、個人情報の入力になります。

プラスチックカードの申し込み画面では、氏名と住所のみの入力になります。

プラスチックカード申し込みの手順⑦

住所の入力を終えて「申込確定」をタップして頂きますと。

プラスチックカード申し込みの手順⑧

申し込みが確定し、LINE Payカードのトップ画面に戻ります。

申し込み前は、プラスチックカードの部分が「 >」の表示でしたが、申し込みが完了すると「登録」になります。

プラスチックカード申し込みの手順⑨

LINEのトークでも、プラスチックカードの申し込みが完了した事と同時に、バーチャルカードが利用できなくなる旨の確認事項のお知らせも来ます。

プラスチックカード申込中、一時的にバーチャルカードを使う方法

バーチャルカードを発行後、プラスチックカードを申し込みますと、プラスチックカードが届き、利用開始手続きを完了するまで、安全の為、バーチャルカードでオンラインのお買い物が出来なくなってしまいます。

それでは、プラスチックカードが届くまでの1~2週間もの間、バーチャルカードでお買い物が出来ないのかと言いますと、当然ですが、そんな事はありません。

バーチャルカードでお買い物をする際は、1時間だけバーチャルカードが使える様にできる「オン/オフ」ボタンがありますので、そのボタンをオンにする事で、バーチャルカードで1時間、お買い物ができるようになります。

バーチャルカードを一時的に使う①

LINE Payの画面の右下の「設定」をタップ。

バーチャルカードを一時的に使う②

「LINE Payカード」をタップ。

バーチャルカードを一時的に使う③

「LINE Payカード」の画面の「オンラインでのお支払い」の右のスイッチをタップ。

バーチャルカードを一時的に使う④

確認事項のポップアップが表示されますので「確認」をタップ。

バーチャルカードを一時的に使う⑤

すると、「オンラインでのお支払い」がオンになり、今から1時間の間だけ、バーチャルカードが使えるようになり、オンラインでのお買い物のお支払いに使う事ができるようになります。

1時間後には、自動的に「オンラインでのお支払い」がオフになりますので、安心してお使い頂けます。

プラスチックカードを申し込むに当たっての注意事項

ご説明の通り、バーチャルカードを発行した後にプラスチックカードを申し込みますと、安全の為、バーチャルカードは使えなくなってしまいます。

しかし、「オン/オフ」ボタンによって、一時的に1時間だけバーチャルカードを使えるようにすることが出来ますので、普段のお買い物で不便を感じる事はありません

問題は、LINEモバイルの料金のお支払いの事です

つまり、LINEモバイルのお支払いは、毎月3日に請求金額が確定し、5日に利用料金の決済がされますが、その5日の時点でお手元にプラスチックカードが届いておらず、利用開始手続きが完了していないと、先ほどのバーチャルカードは使えませんので、決済ができずに料金のお支払いが滞ってしまっている状態に陥ってしまいます。

決済に失敗しますと、ゆくゆくは回線停止となり、最悪は強制的に契約が解除されてしまう可能性もありますので、お支払いができていない状態(滞納)だけは避けなければいけません。

ひよっこ君
回線停止とか、強制解約とか、とっても大ごとになってしまうんだね。(涙)

そこで、5日のLINEモバイルの料金の決済の日には、プラスチックカードがお手元に届き、お支払いに使える状態にしておかなければいけませんので、バーチャルカード発行後、プラスチックカードを申し込む時のスケジュールには注意が必要になります。

プラスチックカードを申し込むタイミングとしましては、LINEモバイルの決済が実行された翌日以降、つまり、6日以降、10日位までの間に申し込んで頂くのがベストです。

プラスチックカードはお申し込みからお手元に届くまでに1~2週間もかかる場合があると、LINEモバイルのサイトには記載がされています。

仮に、2週間もかかってしまった場合でも、10日に申し込めば24日前後にはプラスチックカードが届き、翌月の5日のLINEモバイルの決済日には、確実にプラスチックカードが使える状態になっていますので、決済に失敗してしまう事はありません。

私の場合は、12日にプラスチックカードを申し込み、○○日に届きましたよ。

プラスチックカードをお申込みになる場合は、どうぞ、この点をご注意頂ければと思います。

これはとっても大事な事じゃのう。プラスチックカードはLINEモバイルのお支払いが終わった6日以降に申し込むんじゃのう。
スマホ博士

プラスチックカードは5日で到着、利用開始手続きの流れ

プラスチックカード

さて、プラスチックカードを申し込んだその後ですが、1週間から2週間ほど、届くまでに時間が掛かるとの事でしたが、5日で届きました。

そこで、プラスチックカードの利用開始手続きに関しても、画像付きでご紹介させて頂きます。

プラスチックカード登録①

まずは、スマホのLINEアプリのLINE Payの画面から入ります。

右下の「設定」をタップし、次の画面で「LINE Pay カード」をタップ。

プラスチックカード登録②

LINE Pay カードの画面が開きますので、プラスチックカードの「登録」をタップ。

ちなみにこの時は、その上の、プラスチックカード申込中に、1時間だけバーチャルカードを使える様にすることが出来た「オンラインでのお支払い」ボタンは、選択は出来ませんが「オン/オフ」ボタンの状態。

プラスチックカード登録③

前画面の「登録」をタップすると、LINE Pay カードの「利用開始手続き」画面になります。

そこで、上の方の赤枠の所に、LINE Pay カードの裏面のバーコードの上に記載された「お客様番号」の右3桁を入力し、「確認)をタップ。

ご注意頂きたいのは、私は間違えて、セキュリティコードの3桁の数字を入力し、「確認」をタップしてしまいましたが、5回、入力ミスをしますと、おそらく、このLINE Pay カードは利用できなくなってしまうと思います。

プラスチックカード登録④

「確認」をタップしますと、LINE Pay カードの画面に戻り、LINE Pay カードのデザインがイメージされ、プラスチックカードは「登録中」になり、登録は完了。

プラスチックカードを申込中に1時間だけ利用するための「オンラインでのお支払いボタン」の箇所が、オン/オフボタンから、常に利用できる状態の「利用中」に切り替わりました。

プラスチックカード登録⑤

そして、LINE Payの画面に戻りますと、この通り、このLINE Payの画面にも、実際のLINE Pay カードのデザインがイメージされました。

プラスチックカード登録⑥

すぐにLINEウォレットから、無事にLINE Pay カードの登録が完了した事の通知が届きました。

LINEモバイル公式サイト

クレジットカードなしでLINEモバイルを申し込む。まとめ。

皆さま、長い記事になってしまいましたが、ご理解頂けましたでしょうか。

ほとんどの格安SIMでは、料金のお支払いにはクレジットカードが必須で、クレジットカードなしでお申し込みができるLINEモバイルは希少です。

LINEモバイルはクレジットカードなしで申し込めるだけではなく、LINEを始め、主要なSNSが使い放題になるプランもありますので、是非、快適なスマホライフをお送り頂ければと思います。

LINEモバイルはとっても素晴らしい格安SIMですよ!

是非、LINEモバイルにお申し込み頂き、ご家族やお友達と「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!

ひよっこ君
下のバナーから申し込みができるよ。(笑)
宜しくお願いしますぞよ。(笑)
スマホ博士

-LINEモバイルとは

Copyright© LINEモバイルで Let's Communication! , 2020 All Rights Reserved.