LINEモバイルとは

LINE PayとLINE Payカードはどう違う!?LINEモバイルのお支払い方法

LINE PayとLINE Payカード

皆さま、LINEモバイルをご検討頂いている時に、LINEモバイルのお支払い方法LINE PayLINE Payカードの事で、頭が混乱なさった事はありませんか?

あるいは、LINEモバイルを申し込もうとご決断なさり、Web画面でお申し込みをしている時に、LINE PayとLINE Payカードがどの様な支払い方法なのかどの様な違いがあるのか、疑問に思った事はないですか?

LINEモバイルの料金のお支払い方法は3つありまして、1つ目がクレジットカードでのお支払い、2つ目がLINE Payでのお支払い、3つ目がLINE Payカードでのお支払い。

ここで疑問が湧くのです...、クレジットカードでのお支払いと言うのは分かりやすいのですが、LINE Payでのお支払いとか、LINE Payカードでのお支払いって言うのがよく分からない...。

LINE PayとかLINE Payカードって何? LINE PayとLINE Payカードは一緒じゃないの? LINE Payカードってクレジットカードの事? こんな風に、色々と疑問も湧いてきますよね。

あるいは、クレジットカードで支払いをすると決めている方でも、もしかしたら、LINE PayやLINE Payカードでのお支払いの方が、ポイントとかが貯まってもっとお得なのかもって、気になってしまいますよね。

実際、私も以前、ドコモからLINEモバイルに乗り換えようと考えた時に、このLINE PayとLINE Payカードの所で躓き、頑張って調べたのですが、調べれば調べる程、頭が混乱した記憶があります。

しかし、今はもう、しっかりとLINE PayとLINE Payカードの事も理解できているので大丈夫!

LINE PayやLINE Payカードでのお支払いが、どの様なお支払い方法なのかが分からない皆さまLINE Payでのお支払いとLINE Payカードでのお支払いが混乱して、その違いが分からない皆さま、しっかりとご理解を頂けます様に、私にご説明をさせて下さいませ!

という事で、この記事では、

  • LINE Payって何? LINE Payカードって何?
  • LINE PayとLINE Payカードで、LINEモバイルの料金の支払いにどんな違いがあるの?
  • その上で、LINEモバイルの3つ(+α)のお支払い方法の詳細

などなど、まずは、皆さまが疑問に思っておられる、LINE PayやLINE Payカードとは何なのか、参考として、LINEモバイルのお支払い以外に、LINE payとLINE Payカードでどんな事が出来るのか

そして、LINE PayやLINE Payカードの基本をご理解頂きました上で、LINEモバイルの3種類の料金のお支払い方法などを、網羅的に皆様にご説明をさせて頂こうと思います。

出来るだけ分かりやすい様にご説明をさせて頂きますので、どうぞ、宜しくお願い致します!

\LINEモバイルの最新キャンペーンはこちらから!/

LINE Payって何? LINE PayはLINEの決済システムです

LINE Payさて、このサイトはLINEモバイルのご紹介サイトですので、LINEモバイルの料金のお支払い方法に関して、LINE PayLINE Payカードがどのような支払い方なのか、どのような違いがあるのかをご説明させて頂きたいのですが、それをご説明させて頂くには、LINE PayLINE Payカードの基本をご理解頂く必要があります。

そこでまずは、LINE Payって何? というお話からさせて頂こうと思います。

LINE PayとはLINE」と「PayLINE」「支払う」LINEのお金にまつわる事」という事で、ずばり、LINEの決済システムになります。

決済システムと言いますと、ちょっと難しく聞こえますね...、もう少しかみ砕いて言いますと、LINE Payには大きく分けて2つの機能がありまして、1つ目はLINEでお支払い(決済)が出来る機能、2つ目はLINEのおともだち同士でお金の送金や割り勘が出来る機能です。

ひよっこ君
いわゆる、LINE版のおサイフケータイって事だね。
お金を送金する機能も付いている、便利なLINE版の電子マネーという事じゃのう。
スマホ博士

まず1つ目LINEでお支払いが出来るサービスのLINE Payは、あらかじめ、LINE Payの残高にお金をチャージする事によって、ローソンやファミマ、スターバックスなど、LINE Pay加盟店のリアル店舗で、おサイフケータイの様にスマホでお支払いをする事が出来たり、ZOZOTOWNや ラクマ、HMV ONLINEなどのインターネットショッピングで、LINEアプリを使って決済をする事が出来ます。

また、コンビニやドラッグストア、カラオケなど、国内外のJCB加盟店、約3,300万店舗でも、ラインで簡単にお支払いをして頂く事が出来ます。

基本的に、LINE Payは、Suica(スイカ)や楽天Edyと同じ様に、先に現金をLINE Payにチャージしておき、その範囲内でお買い物をするプリペード型(前払い型)の電子マネーになります。

しかし、LINE Payにクレジットカードを登録して頂き、QUICPay(クイックペイ)の様にクレジットカードで後払い方式で支払いをする事も出来ます。

ひよっこ君
基本はチャージして前払いだけど、クレジットカードで後払いで払う事も出来るって事だね。
むむむ...、ちょっと、ややこしくなって来たのう...。
スマホ博士

そうなんです。このLINE PayとかLINE Payカードはとってもややこしいのです...、もう少し、ご説明をさせて下さい。

後程、詳細をご説明をさせて頂きますが、LINEモバイルをLINE Payで支払う場合は、プリペードではなくクレジットカードでの後払いでのお支払い方法が適用されるのですが、LINE Payの基本としては、LINE Payはあらかじめチャージが必要なプリペード型(前払い型)の電子マネー、お支払い方法だという事を、ここでは覚えておいて頂ければと思います。

ひよっこ君
ややこしすぎだよぉ~...。

そして、2つ目のサービス、LINE Payの決済(お支払い)機能とは別のもう一つの機能、送金をする事が出来る機能ですが、これは、相手の銀行口座などの振込先を知らなくても、LINEのともだち同士ならライン上でお金のやり取りが出来る、つまり、送金したり受け取ったりする事が出来る機能、そして、割り勘もできる機能になりまして、LINEユーザーには、これら2つの機能が備わったLINE Payはとても便利なサービスなのです。

おサイフケータイに、銀行の機能がちょっとだけ付いてるって感じかのう。
スマホ博士

今から、LINE PayでLINEモバイルの料金を支払う事、LINE PayカードでLINEモバイルの料金を支払う事をご説明させて頂くのですが、LINE Payのおともだち同士で送金が出来る機能は、今回のご説明とは別の機能になりますので、この記事では割愛させて頂き、LINE Payの2つの機能の内のお支払いに関しての機能、決済の機能について、以下でご説明をさせて頂こうと思います。

LINEモバイル公式サイト

LINE Payの基本、LINE Payの決済サービスは3種類

3種類の決済方法LINE Pay の決済方法は、 ①LINE Pay カード ②コード決済 ③オンライン決済 の3種類があります。

ですので、先にネタバレになってしまいますが、LINEモバイルの支払い方法の3つの内の1つの「LINE Payカード」は、同じく、LINEモバイルの支払い方法の3つの内の1つの「LINE Pay」の決済方法の中の1つになります。

ひよっこ君
なんだよ、それは...、ややこしいよぉ~...。
なるほどのう。だからややこしいんじゃのう。
スマホ博士

それでは早速、LINE Payの3種類の決済方法を1つ1つ、ご説明させて頂こうと思います。

①LINE Payのコード決済

LINE Payのコード決済ローソンやファミマ、スターバックスなどのLINE Pay加盟店のリアル店舗で、お会計の際に、スマホのLINEアプリでお支払いをする事が出来ますのが、LINE Payのコード決済です。

このコード決済には2種類ありまして、1つ目はLINEアプリの「コード支払い」でコード画面を表示して、お店の人にそのバーコードやQRコードを読み取ってもらう方法

2つ目は、逆に、お店の人が提示するバーコードやQRコードを、LINEアプリの「コードリーダー」を起動させて読み取る方法

いずれの方法かはお店によって変わりますが、慣れれば、これほど簡単にお支払いを済ませられる事はありません。

ちなみに、このコード決済に関しましては、Suicaや楽天Edyと同じ様に、全てプリペード(前払い)式になりますので、事前にLINE Payにお金をチャージしておく必要があります。

セブンイレブンなど、LINE Pay加盟店ではないお店では、このコード決済でお買い物は出来ません。全国のJCB加盟店で使えるLINE Payカードでお支払いをして頂く事が出来ます。

②LINE Payのオンライン決済

LINE Payのオンライン決済ZOZOTOWNや ラクマ、HMV ONLINEなどのLINE Pay加盟店のインターネットショッピングでお支払いが出来るのが、LINE Payのオンライン決済です。

ちょっと勘違いをしてしまいそうなのが、LINE Pay公式ブログの「「オンライン支払い」でお買い物をする」のページです。

このページに「今すぐ買いたいのに、手元にクレジットカードがなく番号が入力できない…。」や「クレジットカード番号の入力って、毎回面倒…。」「LINE Payのオンライン支払いなら、クレジットカード情報などの入力の手間が省けて、手数料無料でカンタンにお支払いが完了します。」などの文章の記載があり、あたかも、「LINE Payなら面倒な事なく、LINE Pay経由でクレジットカード支払いが出来る」というニュアンスで読み取ってしまう方もいらっしゃると思いますが、先程もご説明をさせて頂きました通り、LINE Payは基本的に、LINE Payにチャージした分でお支払いができるプリペード式(前払い式)の決済サービスになります。

先程のLINE Pay公式ブログのページの後ろの方にも「お買い物に使えるのはLINE Payにチャージしている金額だけ!」と記載がありますが、ですので、LINE Payのオンライン決済は、クレジットカードでのお支払いではなくチャージをしていたLINE Payの残高から支払われますので、くれぐれもお間違いのない様にご理解を頂ければと思います。

ひよっこ君
それじゃあ、ZOZOTOWNでの買い物も、LINE Payならお金をチャージしておかなきゃいけないんだね。
その通りじゃ。しかし、簡単にチャージが出来るとは言え、ちょっと面倒くさいのう...。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

③LINE Payカードでの決済

LINE PayカードLINE Payカードは、世界中の約3,300万店のJCB加盟店(国内約1,000万店、海外約2,000万店)で使う事が出来るプリペードカードです。

カードに「JCB」と記載がありますので、一見、JCBのクレジットカードと思ってしまいますが、「JCB」の下に「PREPAID」とありますので、これがプリペードカードの証です。

プリペードカードですので、審査は不要、年齢制限はありませんので18歳未満の方も持つことが出来ますし、カードの発行手数料も無料年会費も無料ですので、とっても気軽に持つことが出来ます。

お支払いはLINE Payの残高から引き落とされますので、あらかじめ、LINE Payの残高にチャージをしておく必要があります。

既にネタばらしをしていますが、LINE Payカードでのお支払いはLINE Payの3つの決済サービスの内の1つになりますが、コード決済やオンライン決済はスマホのLINEアプリを利用してお支払いをしますが、LINE Payカードは文字通り、スマホではなくてこのLINE Payカードでお支払いをします。

コード決済やオンライン決済が出来るLINE Payの加盟店(2018年11月現在で100万店を突破)を大きく上回る、JCB加盟店(国内約1,000万店)でお支払いが出来ますので、このLINE Payカードでのお支払いにより、お買い物の幅もグンと広がります。

LINE Payカードは2種類ある

LINE Payカードには、「バーチャルカード」と「プラスチックカード」の2種類があります。

LINEモバイルのお支払い方法としてのLINE Payカードは、いずれのタイプのカードでも構わないのですが、一応、その2種類のLINE Payカードのご説明も簡単にさせて頂きます。

バーチャルカード

バーチャルカードはまさにバーチャルな仮想のカードになり、カードの現物はなくスマホのLINEアプリ上にLINE Payカードの番号や有効期限、セキュリティコードが表示される形になります。

カードの現物はありませんので、リアル店舗で使う事は出来ずJCBのオンライン加盟店でお買い物をする際に、Web上の購入画面でLINE Payカードの番号や有効期限、セキュリティコードを入力する事で、決済が完了します。

ひよっこ君
使い方はクレジットカードでのお支払いの流れと一緒だね。

その通りです。LINE Payカードもクレジットカードの様に16桁の数字が振られており、カード番号と共に、有効期限やセキュリティコードを入力するのもクレジットカードと同じですが、お支払いは1ヶ月後ではなく、即、LINE Payの残高から引き落とされるプリペード型です。

プラスチックカード

プラスチックカードはまさに、カードの現物があるLINE Payカードです。

JCB加盟店のリアル店舗では、スマホのLINEアプリでLINE Payカードの番号や有効期限、セキュリティ番号を店員さんに伝えても、お支払いは出来ません。

クレジットカードでのお支払いの時と全く同じように、LINE Payカードの現物をお店の人に渡してお支払いをします。

お支払いが完了すると、すぐにLINEアプリにその旨の連絡が入りますので、安心です。

ひよっこ君
クレジットカードと同じ様に、たまにサインを求められる事もある様だから、ほんと、クレジットカードで支払うのと同じやり方だよ。
LINE Payカードでのお支払いの注意点

リアル店舗でお支払いをする場合は、ご説明の通り、クレジットカードでのお支払いと全く同じようにして頂ければ大丈夫です。

注意が必要なのは、オンラインでお買い物の場合です。

LINE PayカードはJCBのプリペードカードなのですが、お支払いの画面に「JCBのプリペードカード」の選択肢は出てきませんし、「LINE Payカード」の選択肢も出てこない事が多いです。

その場合は、「クレジットカード」を選択して頂き、16桁の番号を入力有効期限もクレジットカードでのお支払いの様に入力し、LINE Payカードは分割払いは出来ませんので、支払回数は必ず「1回」を選択、必要であれば、セキュリティコードも入力する事で、お支払いが出来ます。

つまり、オンラインのお買い物でLINE Payカードをご利用の場合は、クレジットカードの項目で入力を進めて行く事で、最終的に、LINE Payの残高から引き落とされるプリペードでのお支払いが完了します。

LINE Payカードのお申込み方法と、利用開始手続き

LINE Payカードは、LINEアプリから簡単に申し込む事が出来ます。

詳細は記載しませんが、LINEアプリの「ウォレット」→「LINE Pay」→「設定」→「LINE Payカード」にて、「バーチャルカードを発行」か「プラスチックカードを申し込む」で申し込む事が出来ます。

バーチャルカードの場合は、申し込み後、すぐにLINEアプリに反映されますが、現物のプラスチックのLINE Payカードに付きましては、お申し込みから1週間~2週間程、お手元に届くまでに時間が掛かります。

ひよっこ君
それなら、LINE Payカードで支払いをしたい場合は、カードが届くまでLINEモバイルの申し込みは出来ないって事...?

いえいえ、ご安心下さい。

LINEモバイルをLINE Payカードのお支払いでお申し込みをしたい場合は、バーチャルカードを発行する事で、すぐにお申し込みは出来ますよ。

LINE payカードの申込み入力画面

これは、LINEモバイルの申し込み画面で、「LINE Payカード」を選択した次の画面になりますが、ご覧の通りの、カード名義カード番号有効期限セキュリティコードの各項目は、バーチャルカードを発行する事で、スマホ上に表示されます。

ですので、お急ぎの場合は、まず、バーチャルカードを発行して頂き、LINEモバイルのお申し込みをして頂き、その後、プラスチックカードをお申し込み頂ければと思います。

バーチャルカードを先に発行し、後に、プラスチックカードを申し込む場合の注意事項

プラスチックカードをお申し込み後、プラスチックカードがお手元に届くまでは、バーチャルカードは利用できなくなってしまいます

その際、バーチャルカードでお買い物をなさる際は、1時間だけ利用できるようになる「オン/オフ」ボタンがありますので、それをオンにして頂く事で、1時間はLINE Payカード(バーチャルカード)でお支払いをして頂く事が可能になります。

また、プラスチックカードが届くまでの間に、LINEモバイルのお支払日が来ますと、LINEモバイルのお支払いが出来ない事になりますので、LINEモバイルのお支払い日と重ならないタイミングで、プラスチックカードを申し込む必要があります。

LINEモバイルのご請求日は毎月5日になりますので、少し幅を持たせ、3日から6日の間はLINE Payカードが使えない空白の時間がない様に、LINEモバイルのお支払い後の7日とか8日にLINE Payカードをお申し込みを頂ければ、1~2週間でプラスチックカードが届きますので、即、利用開始手続きをして頂く事により、間違いなく、翌月の5日前後にはプラスチックカードが使える状態になっていて、LINEモバイルのお支払いをして頂く事が出来ます。

LINEモバイル公式サイト

※ 例外! 基本はプリペード型のLINE Payですが...。

大方、LINEの決済サービスであるLINE Payの事、そのLINE Payの3つの決済方法の中の1つのLINE Payカードの事をご理解頂けたと思います。

LINE Payは、何度も申し上げておりますが、LINE Payに残高をチャージをしておく事が必要なプリペード方式のお支払い方法である事も、十分にご理解を頂けたと思います。

その上で、LINE Payにクレジットカードを登録する事が出来る事を、ご説明させて頂こうと思います。

LINE Payには、クレジットカードを登録する事が出来ます。

つまり、基本はプリペード方式のLINE Payに、後払いのクレジットカードでのお支払いも出来る機能があるという事です。

しかし、このLINE Payのクレジットカードでの後払い方式でのお支払いが出来る店舗は少なく、LINE STOREやLINEデリマなどのLINEサービスの加盟店サイトでのみ、クレジットカードでの後払いが出来ます。

ZOZOTOWNなど、LINEサービス以外の外部の加盟店では、クレジットカードによる決済はご利用いただけませんのでご注意ください。

ひよっこ君
ネタバレだけど、LINEモバイルの支払い方法でLINE Payを選択すると、このパターンが適用されるんだ。
つまり、LINEモバイルの支払い方法でLINE Payを選択すると、クレジットカード払いになるという事じゃな。
スマホ博士

はい、その通りです。詳細は後程、しっかりとご説明させて頂きます。

LINE Payのチャージ方法

もし、LINEモバイルのお支払い方法に「LINE Payカード」をご選択なさる場合は、LINE Payカードはあらかじめチャージが必要なプリペードカードですので、そのチャージの仕方も記載させて頂きます。

ちなみに、LINEモバイルのお支払い方法に「LINE Pay」を選択頂く場合は、LINE Payでのお支払いはクレジットカードでのお支払いになりますので、チャージは不要です。

「銀行口座」からチャージ

銀行口座からチャージスマホのLINEアプリの「ウォレット」→「LINE Pay」→「チャージ」→「銀行口座」からチャージする方法ですが、あらかじめ、チャージする銀行を登録しておけば、インターネットバンキングなしで、いつでもどこででもチャージする事が出来ます。

コンビニに買い物に行った時に、そのレジで、3つ目にご紹介をする「QRコード/バーコードチャージ」でチャージをしても良いのですが、空き時間に、コンビニやATMに行く事なく、いつでもどこでもチャージできるこのチャージ方法は、めっちゃ便利です。

一つ、難点を上げるとすれば、銀行の営業時間外にこの方法でチャージしても、チャージされるのは、翌日の銀行の営業時間内になる事です。

「オートチャージ」

上記の「銀行口座からチャージ」に付随して、LINE Payの残高が、設定された最低残高を下回った場合に、銀行口座から自動でチャージされる「オートチャージ機能」を使ったチャージ方法です。

スマホのLINEアプリの「ウォレット」→「LINE Pay」→「チャージ」→「オートチャージ」で、「オートチャージ条件」(残高が何円を下回ったらチャージするか)「オートチャージ金額」(自動でチャージする金額)を設定する事で、自動的にチャージされます。

このオートチャージは、銀行の営業時間に関係なくチャージされます。

あらかじめ、銀行口座の登録をしておく必要があります。

「セブン銀行ATM」でチャージ

セブン銀行のATMでチャージ日本全国に24,917台(2019/2/5 現在)ある、「セブン銀行のATM」でチャージする方法です。

セブン銀行のATMは、全国のセブンイレブンに21,510台も設置されていますし、駅や空港、オフィスビルにも設置されていますので、面倒も少なくチャージする事が出来ます。

「QRコード/バーコードチャージ」を表示してレジでチャージ

QR/バーコードを表示してレジでチャージLINE Pay加盟店(QRコード/バーコードでレジでのチャージが出来る店舗)のレジにて、スマホのLINEアプリの「ウォレット」→「LINE Pay」→「チャージ」→「QRコード/バーコードチャージ」でコードを表示し、店員さんにお金を渡してチャージが出来ます。

「LINE Payカードレジチャージ」

LINE Pay カードでレジチャージ全国のローソン・ナチュラルローソンやローソンストア100(ローソングループの店舗数は国内で13,992店舗(2018年2月末現在))と調剤薬局やドラッグストアのアイングループの1,077店舗(2018年4月期末)のレジにて、店員さんに金額と共にLINE Payカードを渡す事により、チャージが出来ます。

「ファミリーマート(Famiポート)」でチャージ

ファミリーマート(Famiポート)でチャージ全国に16,715店舗(2018年9月現在)あるファミリーマートのお店内のFamiポートを利用してチャージする方法です。

この方法は、事前の準備(スマホのLINEアプリの「ウォレット」→「LINE Pay」→「チャージ」→「コンビニ」で金額等を入力し「受付番号」と「予約番号」を取得)→ ファミリーマートのFamiポートで各、情報を入力してレシートを取得 → レジでそのレシートと現金を店員さんに渡して、チャージが完了です。

チャージするのに3段階ありますので、ちょっと面倒かもしれません。

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルのお支払い

前振りと言いますか、LINE PayLINE Payカードのご説明がものすごく長くなってしまいました...、申し訳ございません...。

しかし、これまでのご説明によって、今からのLINEモバイルのお支払い方法のご説明は、すぐにご理解が頂けると思います。

今しばらく、お付き合いくださいます様、お願い致します。

という事で、LINEモバイルのお支払い方法は、冒頭にも申し上げました通り、

  • クレジットカードでのお支払い
  • LINE Payでのお支払い
  • LINE Payカードでのお支払い
  • (+α)LINEポイントも使えます

の3つ(+α)になります。

クレジットカードでのお支払いに関しては、もう、ご説明をするまでもないと思いますので、「LINE Pay」でのお支払い方法と「LINE Payカード」でのお支払い方法に関し、ご説明をさせて頂きます。(+αのご説明も)

LINEモバイルをLINE Payで支払う

LINE Payで支払うLINEモバイルの料金を「LINE Pay」で支払う、これはずばり、LINE Payに登録したクレジットカードでお支払いをする事になります。

LINE Payは基本的にはプリペード方式の決済方式なのですが、先ほど、ご説明をさせて頂きましたが、LINE Payにはクレジットカードを登録する事が出来まして、LINE STOREやLINEデリマなどのLINEサービスの加盟店サイトでのみ、クレジットカードでの後払いが出来ます。

LINEモバイルはLINEサービスの加盟店になりますので、通常は、チャージしたLINE Payから料金が引き落としされるLINE Payですが、LINEモバイルの申し込み画面の支払い方法でLINE Payを選択すると、LINE Pay経由でのクレジットカードの後払いになります。

ひよっこ君
それじゃぁ、「クレジットカード」払いが2つもあるの?
確かにのう。3つの支払い方法の内の2つをクレジットカード払いにされても、意味がないのう。
スマホ博士

何故、通常のクレジットカード払いがあるのに、もう1つ、LINE pay経由のクレジット払いの選択があるのか、確かに、意味がないようにも思えますが、実は少しだけ理由があります。

その理由の1つは、通常の「クレジットカード」を選択しますと、カード番号などを一から入力しなければいけませんが、「LINE Pay」にして頂く事により、LINE Payには既にクレジットカードの詳細を登録していますので、LINEモバイルのお支払い方法の選択画面で、新たにクレジットカードの番号や有効期限、セキュリティコードを入力していただく必要がありません

ひよっこ君
その入力の手間がないだけで、LINE Payが支払い方法の1つに含まれてるの?

その理由の2つ目は、LINE Pay経由にする事で、LINEポイントがたまります

以前は一律に2%だった還元率が、2018年6月に導入された「マイカラープログラム」により、カラー(ランク)によって0.5%から2%の還元率になりましたが、LINE Payでの決済金額(お支払い金額)に応じてLINEポイントが付与されます。

マイカラープログラムの還元率

マイカラー(ランク) 1ヶ月のお支払い金額 ポイント還元率
グリーン 100,000円以上 2%
ブルー 50、000円以上 1%
レッド 10,000円以上 0.8%
ホワイト 10,000円未満 0.5%

※ 参考 当月のお支払い実績により、翌月のマイカラーが決まります。

LINEポイントはLINEモバイルのお支払いにも使えますので、LINEモバイルのユーザーにとりましては、LINE payを有効に使う事によって、よりリーズナブルにLINEモバイルをお使い頂く事が出来ます。

また、LINEポイントが溜まると同時に、クレジットカードの本来のポイント(例えば、ANAカードの場合はANAマイレージ)も溜まりますので、ダブルでポイントが溜まり、もう一つ言いますと、LINEモバイルの月額基本利用料の1%分のLINEポイントが自動で付与されますので、トリプルでLINEポイントが溜まるいうメリットがあります。

LINE payでLINEモバイルを支払うメリットまとめ

  • 申込み時に、クレジットカードの番号や有効期限、セキュリティコードの入力が不要
  • LINEポイントが溜まる
  • クレジットカード本来のポイントも溜まる
普通のクレジットカードにするなら、LINE payの方が良いのう。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルをLINE payカードで支払う

LINE Pay カードLINEモバイルの料金を「LINE Payカード」で支払う、これはずばり、現金でお支払いをする事になります。

ご説明をさせて頂きました通り、LINE payカードは、あらかじめチャージをしたLINE payから支払いがされるプリペード方式の決済方法です。

LINEモバイルのお申し込み画面で、お支払い方法を「LINE Payカード」にして頂く事により、チャージしたLINE Payの残高から料金が支払われます

多くの格安SIMでは、お支払い方法はクレジットカードのみの所が多い中、クレジットカード不要で料金のお支払いが出来る格安SIMは希少です。

クレジットカードを持っていない方、クレジットカードで支払いたくない方、銀行引き落とし的に支払いたい方は、この方法でLINEモバイルをご利用頂く事が出来ます。

ひよっこ君
LINE Payにチャージをするのを忘れないでね。

このLINE Payカードでのお支払いでも、マイカラープログラムによって、0.5%から2%のLINEポイントが溜まります

銀行の自動引き落とし的にLINE Payカードで支払う方法

LINE Payは、いつでもどこでも、スマホでチャージをする事が出来ますが(銀行口座によるチャージ)、それでも、毎月、LINEモバイルの料金に応じてチャージをするのは面倒だと思います。

そんな皆さまにとって、とても便利な機能が、先ほど、ご説明をさせて頂きました「オートチャージ」です。

例えば、LINEモバイルのご契約内容が、「コミュニケーションフリープランの音声通話SIMの3GB(1,690円)」で、プラスで「10分電話かけ放題(880円)」と「持込端末保証(500円)を申し込んでいる場合、合計金額は3,070円(税込3,315円)になりますよね。

そんな場合、オートチャージ機能を利用して、「オートチャージ条件」(残高が何円を下回ったらチャージするか)を少し余裕をもって5,000円に設定し、「オートチャージ金額」(自動でチャージする金額)を同じく5,000円で設定する事により、残高が5,000円を割った段階で、追加の5,000円が自動でチャージされ、LINE Pay残高には常に最低でも5,000円がある形になりますので、銀行の自動引き落とし的にLINEモバイルの料金をお支払い頂く事が出来ます。

LINE payカードでLINEモバイルを支払うメリットまとめ

  • クレジットカードを持っていなくても、LINEモバイルに申し込む事ができる。
  • オートチャージ機能を利用する事により、毎月のLINEモバイルのお支払いを自動で銀行引き落とし的に支払う事が出来る。
  • LINEポイントが溜まる

お得にLINEポイントでLINEモバイルの料金を支払う設定

LINEポイントも支払いに使える最後に、LINEモバイルの料金をお支払い頂く方法の「+α」の部分、お得に「LINEポイントでLINEモバイルの料金を支払う」方法をご説明させて頂きます。

LINEポイントは、LINEモバイルを利用する事で、月額基本利用料の1%分のLINEポイントが自動的に溜まります。(1ポイント=1円)(契約者連携が必要です。)

また、LINEモバイルのお支払い方法をLINE Pay(クレジットカード払い)LINE Payカード(プリペードでの現金払い)にする事によりましても、マイカラープログラムのカラーに応じてLINEポイントが溜まります。

LINEポイントはLINEモバイルのお支払い以外にも、LINE Payに現金化して多くのお店のお支払いに使えますし、Amazonのギフト券に交換したり、ローソンのからあげ君にも交換が出来ますが、LINEポイントには「最後にポイントを獲得した日から180日間」という有効期限がありますので、使い忘れがない為にも、LINEポイントをLINEモバイルの料金支払いに充当するように設定をする事も出来ます。

マイページの「契約内容確認/変更」→「支払い方法・ポイント利用」→「LINEポイント利用」の「変更」→「毎月すべてのLINEポイントを利用する」に設定する事により、溜まっているLINEポイントが優先的にLINEモバイルのお支払いに回されます。

例えば、先ほども例に出しましたが、LINEモバイルのご契約内容が、「コミュニケーションフリープランの音声通話SIMの3GB(1,690円)」で、プラスで「10分電話かけ放題(880円)」と「持込端末保証(500円)を申し込んでいる場合、合計金額は3,070円(税込3,315円)になりますよね。

しかし、LINEポイントでお支払いが出来ますのは月額基本利用料(税込)とユニバーサルサービス料金だけになり、オプション料金はLINEポイントでは支払う事が出来ませんので、「コミュニケーションフリープランの音声通話SIMの3GB」の月額基本料金の1,825円(税抜き1,690円)とユニバーサルサービス料の2円の合計1,827円をLINEポイントで支払う事が出来ます

そして、例えば、ある月のLINEポイントの残高が1,000ポイントだとしますと、先程の「毎月すべてのLINEポイントを利用する」に設定しておく事により、まず、その1,000ポイント(=1,000円)が優先的にLINEモバイルのお支払いに回り、残りの827円が、選択しているお支払い方法(クレジットカード、LINE Pay、LINE Payカード)で支払われる事になります。

LINEモバイル公式サイト

LINE PayとLINE Payカードのまとめ

LINE PayとLINE Payカード

LINEモバイルの料金のお支払い方法のご説明の為に、LINE PayとLINE Payカードの違いをご説明するつもりでしたが、結局、LINE PayとLINE Payカードのご説明の様な記事になってしまいました...。(汗)

皆さま、ご理解頂けましたでしょうか?

LINE PayカードはLINE Payのお支払い方法の一つであるのに、LINEモバイルのお支払いでは2つが並列で記載されていますので、この2つの決済方法を混乱して考えてしまう事も多いと思います。

LINEモバイルのお支払い方法においては、LINE Payはクレジットカードでの後払いLINE PayカードはあらかじめチャージされたLINE Pay残高からのプリペードでのお支払いである事だけでもご理解を頂けましたが幸いです。

是非、普通のクレジットカード払いも含めて、3つのお支払い方法からご希望のお支払い方法を選んで頂き、是非、LINEモバイルをご利用頂ければと思います。

LINEモバイルはとっても素晴らしい格安SIMですよ!

是非、LINEモバイルにお申し込み頂き、ご家族やお友達と「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!

ひよっこ君
下のバナーから申し込みができるよ。(笑)
宜しくお願いしますぞよ。(笑)
スマホ博士

-LINEモバイルとは

Copyright© LINEモバイルで Let's Communication! , 2020 All Rights Reserved.