LINEモバイルとは

【完全ガイド!】機種変更時のLINEの引き継ぎ方法と注意点を徹底解説!

LINEの引き継ぎ

ひよっこ君
やったー! 博士、僕、新しいスマホを買ったんだよ!
それは良かったのう。しかしひよっこ君、LINEの引き継ぎだけは注意せにゃいかんぞ。
スマホ博士

LINEモバイルに乗り換えをご検討中の皆さま、こんにちわ。

さて、LINEモバイルをご検討中の皆さまの中で、今、お使いのスマホをそのままLINEモバイルで利用なさる場合は、SIMカードを挿し替えるだけですから、スマホに入っているアプリはそのまま使えますので楽ちんです。

一方、LINEモバイルで端末を同時購入なさって申し込まれる場合は、アプリを新しいスマホに入れ直さなければいけませんので、ちょっと手間がかかってしまいます。

LINEモバイルでは、LINETwitterFacebookInstagramの人気の4つのSNSがデータフリーで使い放題ですので、そのデータフリーのサービスを目指してLINEモバイルに乗り換えられる方も多く、これらのSNSを使っておられる方も多いと思います。

そんな中、TwitterFacebookInstagramについては、複数の端末で1つのアカウントを共有できますので、新しい端末にアプリをインストールしてログインをすれば、それで以前と同じように使えます。

ひよっこ君
TwitterやFacebook、Instagramは引き継ぎの設定はいらないよ。

しかし、LINEについては、事前に引き継ぎの準備をして引き継ぎ作業をしなければ、データが全て吹っ飛んでしまいますので、本当に大変な事になってしまいます。

LINEだけは注意が必要なんじゃ。
スマホ博士

この記事では、LINEモバイルでスマホを購入したり機種変更をなさる方、そして、キャリアや他社の格安SIMでスマホの機種変更をなさる予定の皆さまに向けて、失敗しないLINEの引き継ぎ方法をご説明させて頂ければと思います。

LINEの引き継ぎは基本的にはめちゃくちゃ簡単ですが、ステップを踏まずになさいますと大きな代償を伴う事になってしまいます。

是非、この記事を参考にして頂き、無事に新しい機種にLINEを引き継ぎ、引き続き、楽しくLINEでコミュニケーションを図って頂ければと思います。

どうぞ、よろしくお願い致します。

\LINEモバイルの最新キャンペーンはこちらから!/

機種変更で引き継げるデータ、引き継げないデータ

まずは、皆さまに基本的な事からご理解を頂こうと思います。

それは、LINEには、機種変更で引き継ぐ事が出来るデータと、引き継ぐ事ができないデータがある事です。

ひよっこ君
えっ、全部、引き継げるんじゃないの...?

基本的には、ほとんどのデータを新しいスマホに引き継ぐ事ができますが、それは同じのOSの場合、つまり、iPhoneからiPhoneへの引き継ぎであったり、android端末からandroid端末への引き継ぎの場合になります。

違うOSへの引き継ぎ、つまり、android端末からiPhoneに機種変更をなさる場合や、iPhoneからandroid端末に機種変更をなさる場合は、一部のデータが引き継げませんので、まずは下記をご覧頂き、それらを確認頂ければと思います。

同じOSか、違うOSかが一つのポイントじゃぞ。
スマホ博士

OS(Operating System)とはオペレーティングシステムの略で、スマホの運転や操作を行うシステム、つまり、スマホを動かす為のソフトウェアの事です。
パソコンで言いますとマイクロソフト社のWindowsが有名ですが、スマホの場合はAppleのiPhoneのiOSと、android端末のandroid OSに大別されます。
OSはパソコンやスマホの基幹になる部分で、OSがなければパソコンもスマホも
動きません

同じOSで機種変更をする場合(iPhone ⇔ iPhoneなど)

まずは、同じOSでの機種変更、つまり、iPhoneからiPhoneに機種変更をなさる方、androidからandroidに機種変更をなさる方の、LINEの引き継げるデータ引き継げないデータです。

引き継げるもの

  • 友だちリスト
  • トーク履歴(要、バックアップ)
  • グループ
  • 自分のプロフィール情報(LINE IDやアイコン)
  • ステータスメッセージ
  • アルバム・ノートの情報
  • タイムラインの内容
  • Keepに保存中のデータ
  • LINE連動アプリ・サービスの情報(GAME・マンガ・占いのアイテムなど)
  • 購入済みのLINEコイン残高
  • LINE Pay・LINEポイント残高
  • LINE Outのチャージ済みコールクレジット

引き継げないもの

  • 通知音の設定
  • トークルームごとの通知設定(通知ON/OFF)

ご覧の通り、大事な部分は全て新しいスマホに引き継ぐ事が出来ますので、まずはご安心頂ければと思います。

ひよっこ君
同じOSの場合は、ほとんどが引き継ぎが可能だから安心してね。

そして、これらのデータは個別に引き継ぎの設定をする必要はなく、LINEのアカウントを新しいスマホに引き継ぐ事で全てまとめて引き継がれますので、とても楽にデータの移行を行って頂けます。

引き継げないデータについては、通知音の設定はメモしておけば大丈夫ですし、トークルームごとの通知設定ONかOFFだけの事ですので大した事ではありませんよね。

尚、後ほどご説明をさせて頂きますが、トーク履歴の引き継ぎだけは、引き継ぎ前にバックアップを取って頂く必要があり、バックアップを忘れますと引き継がれなくなってしまいますのでご注意下さい。

この部分が最も重要な部分じゃぞ。トークを引き継ぐにはバックアップじゃぞ。
スマホ博士

異なるOSで機種変更をする場合(iPhone ⇔ androidなど)

引き続きまして、違うOSに機種変更をする場合の引き継げるLINEのデータ引き継げないLINEのデータは下記の通りです。

引き継げるもの

  • 友だちリスト
  • グループ
  • 自分のプロフィール情報(LINE IDやアイコン)
  • ステータスメッセージ
  • アルバム・ノートの情報
  • タイムラインの内容
  • Keepに保存中のデータ
  • LINE Pay・LINEポイント残高

引き継げないもの

  • トーク履歴
  • 通知音の設定
  • 購入済みのLINEコイン残高
  • LINE Outのチャージ済みコールクレジット
  • トークルームごとの通知設定(通知ON/OFF)
  • LINE連動アプリ・サービスの情報(GAME・マンガ・占いのアイテムなど)

iPhoneからandroidに機種変更をする場合や、android端末からiPhoneに機種変更をなさる場合は、引き継ぎできないものがグッと増えてしまいます。

中でも、トークの履歴を引き継ぐ事ができないのはとても痛いです。

ひよっこ君
本当だね。トークの内容を引き継げないのは痛いよ...。

トークの引き継ぎ出来ない件に関しては、機種変更をする直前となっては今さらながらですが、トークで残しておきたい画像等のデータなどがある場合は、メモがてら、まめにkeepに保存をして頂ければ、keepは引き継ぎができますのでまだ救われます。

また、苦肉の策としましては、テキストベースでの保存になりますが、「トーク履歴を送信」を利用して、iCloudGoogleドライブに保存する事も可能です。

画像は「トーク履歴の送信」では保存できんから注意じゃぞ。
スマホ博士

また、購入済みのLINEコイン残高が引き継がれないのも痛いですが、スタンプや着せ替えなどを購入する事で使い切って頂きたいですし、LINE OutのコールクレジットもLINE Outで電話をかけて使い切って頂くしかありません。

ひよっこ君
LINEコインもコールクレジットも一気にたくさん買う人は少ないと思うし、頑張って使っちゃってね。

機種変更前にすべき「LINEの引き継ぎ」の準備はこの3つだけ!

さて、機種変更時に引き継ぐ事ができるもの引き継ぐ事ができないものをご理解頂けたと思いますが、それでは、実際の引き継ぎ作業のご説明に入らせて頂こうと思います。

LINEの引き継ぎ作業は、下記の2つの工程に分けて考えて頂きますと分かりやすいです。

  • 前半戦:機種変更前の旧のスマホで行う引き継ぎの事前準備
  • 後半戦:機種変更後の新しいスマホで行う実際の引き継ぎ作業

そして、まずは旧のスマホで行う引き継ぎの事前準備からご説明をさせて頂きますが、その内容は下記の3つになります。

  1. 電話番号、メールアドレス、パスワードを登録する
  2. トーク履歴をバックアップする
  3. アカウント引き継ぎ設定をオンにする

以下で詳しくご説明をさせて頂きます。

電話番号、メールアドレス、パスワードを登録・確認する

LINEアカウントの画面まず、LINEの引き継ぎで欠かせないのは、「電話番号」「メールアドレス」「パスワード」の3つの情報を登録して頂く事になります。

かなり以前の事ですが、私がLINEを使い始めた当初の頃、メールアドレスとパスワードを登録していなくて、その時に突然、スマホが壊れてしまい、電源が入らなくなってしまいました。

結局、スマホが復活する事はなく、メールアドレスとパスワードを登録する事が出来なかった事によりLINEの引き継ぎが出来ず、全てのデータが吹っ飛んでしまった事があります。

ひよっこ君
そうだね、突然の故障や紛失の場合も考えて、出来る時に登録はしておいた方は良いね。
まだ機種変更をお考えでない皆さまも、万一の時の為に登録はなさって下さいのう。
スマホ博士

2019年2月のアップデートにより、パスワードについては新規登録時に登録が必須になりましたが、それ以前からLINEを利用なさっておられる皆さまの中には、まだパスワードを登録なさっておられない方もいらっしゃると思います。

また、メールアドレスについては、LINEを引き継ぐ際に直接的に必要ではありませんが、万一、パスワードを忘れてしまった場合に、メールアドレスを登録している事により再設定ができますので、必ず登録なさって頂いた方が良いです。

メールアドレスは、PC版のLINEを利用されている場合には登録なさっておられるはずですし、LINE PayLINEストアをご利用なさっておられる皆さまは、電話番号メールアドレスを登録しないと利用できませんので登録なさっておられるとは思います。

しかし、念の為、ご確認を頂き、登録なさっておられない場合は登録をして頂き、既に登録なさっておられる皆さまには、最新の状態になっているか確認して頂く事をおすすめ致します。

参考までに、電話番号、メールアドレス、パスワードの設定画面への行き方は下記の通りです。

LINEのアカウント画面

まず、LINEアプリをタップして開きます。

LINEのアカウント画面

そして、左上の「(設定)」をタップします。

LINEのアカウント画面

アカウント」をタップします。

LINEのアカウント画面

すると、「電話番号」「メールアドレス」「パスワード」の記載がありまして、私の場合は既に3つとも登録をしていますが、登録されていない場合は「未登録」と表示されていますので、是非、登録なさって頂ければと思います。

また、電話番号やメールアドレスの情報が古い場合も、それぞれをタップして頂きますと変更する事ができますので、最新の情報に変更して頂ければと思います。

ひよっこ君
電話番号はそうそう変わらないけど、メールアドレスは変える場合があるからね。

尚、ご覧の通り、電話番号メールアドレスについてははっきりと記載がありますので、うっかり忘れてしまった場合でも、このアカウントの画面を見れば思い出す事が出来ますが、パスワードについては「登録完了」とだけ記載があり、「パスワード」の部分をタップしても「パスワード変更」の画面になり、登録しているパスワードの表示はされません

先ほどもご説明をさせて頂きましたが、LINEの引き継ぎをなさる際、パスワードを忘れてしまっている場合、あるいは勘違いをしていて思い出せない場合、メールアドレスの登録をしていればパスワードの再設定をしてLINEを引き継ぐ事ができます。

逆に言いますと、メールアドレスを登録していない場合、パスワードを忘れてしまうとLINEの引き継ぎができませんので、LINEの引き継ぎでメールアドレスを入力する事はありませんが、万一の時の為に必ずメールアドレスも登録して頂きます様、お願い致します。

とにかくLINEの引き継ぎには、万一の時に備えて3つとも登録する必要があるという事じゃ。
スマホ博士

トーク履歴をバックアップする

さて、機種変更前の旧のスマホで行って頂く2つ目の事前準備は、このトーク履歴のバックアップを取って頂く事です。

既にご説明をさせて頂きました、旧のスマホの事前準備の1つ目、電話番号メールアドレスパスワードの登録をする事で、同じOSの場合はほぼ全てのデータを新しいスマホに引き継がせる事ができますが、「トーク」については例外になり、別で設定をして頂く必要があります。

敢えて別で設定をする様になっているのは、なかには機種変更をする時に、トーク内容は削除して一からまたLINEを始めようと思われる方もいらっしゃり、アカウントの引き継ぎと一緒にトーク履歴まで必ず引き継がれるとなりますと、迷惑になってしまう方もいらっしゃるからです。

トークを引き継がないとお考えの皆さまは、仮にこのバックアップをしても、引き継ぎの際にトークを引き継がない事もできますのでご安心下さい。

ひよっこ君
つまり、トークの引き継ぎは選択の余地があって任意という事だね。
トーク履歴を引き継ぎたい人、引き継ぎたくない人、色々な方がいらっしゃるからのう。
スマホ博士

このトーク履歴のバックアップに関しましては、iPhoneandroid端末では少しやり方が違いますので、それぞれのやり方をご説明させて頂きます。

と同時に、異なるOSに機種変更をなさる場合は、トーク履歴を引き継ぐ事はできませんが、大事なデータや画像などを残しておく事はできますので、合わせてその方法もご紹介させて頂こうと思います。

iPhoneからiPhoneに機種変更して引き継ぐ場合

iPhoneからiPhoneにトーク履歴を引き継ぐ場合は、一旦、トーク履歴のデータをiCloudに保存する流れになります。(厳密にはiCloudの中に備わっているiCloud Driveに保存)

ひよっこ君
iPhoneの場合はiCloudに保存するんだよ。

iCloudは、DropboxやGoogleドライブと同じクラウドサービスやオンラインストレージと呼ばれるもので、写真や音楽、動画などを保存し、複数の端末で同期されるので、どの端末からでも最新のデータにアクセスする事が出来るとても便利なサービスです。

トークの引き継ぎをする際には、一旦、旧のスマホからトーク履歴をインターネット上の保管庫であるiCloudに保存をし、後ほど、新しいスマホで保存していたトーク履歴をiCloudから戻す、という作業になります。

そこで、トーク履歴のバックアップをして頂くに当たり、まずは、iCloud Driveをオンに設定する流れをご説明させて頂きます。

iCloud Driveをオンにする設定

iCloud Driveの設定

まずは「設定」に入ります。

iCloud Driveの設定

一番上の皆さまのお名前が表示された部分をタップします。

iCloud Driveの設定

そして「iCloud」をタップします。

iCloud Driveの設定

iCloud」のページに入って頂き、下の方にスクロールして頂きますと「iCloud Drive」がありますので、オフになっていればオンにして下さい。

後ほど、ご説明をさせて頂きますが、このiCloud Driveがオフになっていますと、トーク履歴のバックアップを行う事ができません

これでiCloud Driveの設定は完了です。

ひよっこ君
とっても簡単でしょ。
iPhoneのトーク履歴のバックアップの手順・流れ

引き続きまして、iPhoneトーク履歴のバックアップの流れです。

iPhoneのトーク履歴のバックアップ

まず、LINEの「ホーム画面」に入り、左上の「(設定)」をタップして開きます。

iPhoneのトーク履歴のバックアップ

設定」画面に入り、少し下にスクロールして頂きますと「トーク」がありますのでタップして頂きます。

iPhoneのトーク履歴のバックアップ

そして、「トーク」の画面で「トークのバックアップ」をタップします。

iPhoneのトーク履歴のバックアップ

まずはこの画像をご覧頂きたいのですが、「トークのバックアップ」の画面に入り「iCloudに接続されていません」と表示されていましたら、直前にご説明をさせて頂きました「iCloud Driveをオンにする設定」がまだ出来ていません。

iPhoneのトーク履歴のバックアップ

iCloud Drive」オンになっていますと、ご覧の通り、「今すぐバックアップ」と表示されますので、タップして頂きます。

iPhoneのトーク履歴のバックアップ

すると、この通り、バックアップが完了しました。

これで、LINEのトーク履歴がインターネット上の保管庫に保存されましたので、機種変更に伴うLINEの引き継ぎをする事もできますし、万一、スマホをなくしてしまった時でも、新しいスマホにトーク履歴を復元する事もできます。

インターネット上に保存できるとは、すごい時代になったのう。
スマホ博士

android端末からandroid端末に機種変更して引き継ぐ場合

引き続きまして、androidをお使いの皆さまが同じandroid端末に機種変更をなさる場合の「トーク履歴」のバックアップ方法です。

android端末でのトーク履歴のバックアップは、androidはGoogleが開発したOSになりますので、Googleのオンラインストレージである「Googleドライブ」にバックアップする事になります。

この際、iPhoneの場合のiCloud Driveの様に何か設定をしなければいけないという事はありませんので、早速、バックアップの流れをご説明させて頂きます。(画像はHuawei P20 liteでのご説明になります。)

android端末のトーク履歴のバックアップの手順・流れ

androidのトーク履歴のバックアップ

LINEの「ホーム」画面を開いて頂きまして、右上の「(設定)」をタップして頂きます。

androidのトーク履歴のバックアップ

設定」画面を少し下にスクロールして頂きますと「トーク」がありますのでタップして頂きます。

androidのトーク履歴のバックアップ

そして「トーク履歴のバックアップ・復元」をタップして頂きます。

androidのトーク履歴のバックアップ

Googleドライブにバックアップする」をタップします。

androidのトーク履歴のバックアップ

すると、Googleアカウントの選択画面が出て来ますので、利用するアカウントを選択して「OK」をタップします。

androidのトーク履歴のバックアップ

はい、これでandroid端末トーク履歴のバックアップが完了です。

とっても簡単です。

ひよっこ君
本当だね。これもめちゃくちゃ簡単だね。

ココに注意

iPhoneもandroid端末も、トーク履歴に関しましては、バックアップをしても全てのデータがバックアップされる訳ではなく、保存期間の過ぎた写真や動画はバックアップされません。

大事な画像等はまめにLINEのアルバムkeepに保存をして頂きます様、お願い致します。

異なるOSに機種変更をする場合の対策

iPhoneからandroid端末に機種変更をしたり、android端末からiPhoneに機種変更をする場合は、LINEのトークは引き継ぐ事ができません

ですので、大事な写真や動画も全て消えてしまい、大切な思い出たちがもう2度と見れないとなると、悲しくなってしまいますよね。

しかし、トーク履歴を新しいスマホに引き継ぐ事はできませんが、「トーク履歴の送信」という機能を使う事によって、トークをテキストデータとして保存をしておく事はできますので、必要であればお試し頂ければと思います。

トーク履歴の送信

この「トーク履歴の送信」は一括では行う事はできず、それぞれのトークごとに行う必要があります。

今回は、試しでLINEモバイルとのトーク履歴を送信してみますので、LINEモバイルとのトーク画面を開き、右上の「(メニュー)」をタップします。

トーク履歴の送信

そして、右上の「(設定)」をタップします。

トーク履歴の送信

トーク履歴を送信」をタップします。

トーク履歴の送信

すると、この画面になります。

トーク履歴のファイルをメールで送る事もできますし、iPhoneのメモに追加する事もできますし、今回はiCloudに保存をしてみますので、下の「ファイルに保存」をタップします。

トーク履歴の送信

次の画面で、LINEモバイルとのトーク履歴のテキストファイルである「LINEモバイルとのトーク.txt」をどこに保存するか聞かれますので。

トーク履歴の送信

iCloud Drive」を選択して「追加」をタップすれば、これで保存が完了です。

トーク履歴の送信

参考までに、「iCloud Drive」に保存した「txtファイル」は、iPhoneの「ファイル」の中に保存されていますので、私のiPhoneでは2ページ目の「標準アプリ」というファイルにまとめていますのでタップしますと。

トーク履歴の送信

先程の「LINEモバイルとのトーク.txt」が保存されており、開くとこんな感じでテキストが並んでいます。

繰り返しのご説明になりますが、この「トーク履歴の送信」はテキスト形式での保存になり、画像や動画等は保存されませんので、くれぐれも、画像や動画等はLINEのアルバムkeepに保存して頂きます様、ご注意頂ければと思います。

ひよっこ君
文章は「トーク履歴の送信」で保存できるよ。
写真や動画は「LINEのアルバム」か「keep」に保存じゃぞ。
スマホ博士

アカウント引き継ぎ設定をオンにする

さて、機種変更前の旧のスマホで行って頂く3つ目、最後にして頂く事前準備は「アカウント引き継ぎ設定」をオンにして頂く作業になります。

まず、このご説明に入らせて頂く前に、一つ、大事な事をお伝えさせて頂きます。

それは、この「アカウント引き継ぎ設定をオンにする」作業は、新しいスマホを新しい電話番号にしてLINEを引き継ぐ場合にして頂く事になります。

ココに注意

「アカウントを引き継ぐ」をONにするのは、新しい電話番号に変更する場合のみ!!!

例えば、キャリアからLINEモバイルに乗り換える時に、電話番号そのままのMNPで乗り換えるのではなくて、心機一転、新しい電話番号で乗り換えて、同時に新しい機種で乗り換える時などに該当します。

逆に言いますと、LINEモバイルを使っている中で、機種が古くなったので普通に電話番号はそのままで機種変更をする場合や、乗り換え時にMNP転入なさる場合は、この「アカウント引き継ぎ設定」はオンにする必要はありませんのでご注意下さい。

アカウント引き継ぎ設定の手順・流れ

アカウント引き継ぎ設定

まず、LINEのホーム画面から、左上の「(設定)」をタップします。

アカウント引き継ぎ設定

そして、「アカウント引き継ぎ」をタップします。

アカウント引き継ぎ設定

そして、「アカウントを引き継ぐ」をスライドさせてオンにします。

アカウント引き継ぎ設定

注意書きをご確認頂き、「OK」をタップします。

アカウント引き継ぎ設定

これで「アカウントの引き継ぎ設定」は完了です。

36時間からカウントダウンが始まりますので、この36時間以内に新しいスマホでLINEの引き継ぎをなさって頂く様、お願い致します。

ひよっこ君
36時間以内だよ。

これで準備万端! 新しいスマホにLINEを引き継ぐ手順・流れ

ここまでのご説明で、機種変更をする際に、古いスマホから新しいスマホにLINEの引き継ぎをする為の準備が万端に整いました

ここからは後半戦になりまして、「機種変更後の新しいスマホで行う実際の引き継ぎ作業」の手順・流れをご説明させて頂こうと思います。

後半戦のスタートじゃ。
スマホ博士

ココがポイント

iPhoneからiPhoneに引き継ぎをなさる方で、トーク履歴の引き継ぎもなさる皆さまは、あらかじめ、新しいiPhoneでiCloudにログインして頂き、iCloud Driveをオンにしておく作業をしておかれますとスムーズに進みます。

電話番号はそのままでLINEを引き継ぐ方法

まずは、電話番号はそのまま機種変更をなさる皆さまに、LINEの引き継ぎ方法をご説明させて頂きます。

ひよっこ君
まずは、電話番号はそのままのバージョンだよ。

LINEの引き継ぎ

新しいスマホでLINEをインストールして起動して頂きますと、「LINEへようこそ」の画面が表示されますので、「はじめる」をタップして頂きます。

LINEの引き継ぎ

そして、皆さまのスマホの電話番号を入力して頂きますと、右下の「(矢印)」がタップ出来るようになりますのでタップします。

LINEの引き継ぎ

すると、SMS6桁の認証番号が送られて来ますので(SMS認証)、その認証番号を入力します。

LINEの引き継ぎ

「おかえりなさい」の言葉と共に、入力した電話番号に紐付いたアカウント名が表示されますので、皆さまご自身のアカウントで間違いがなければ、「はい、私のアカウントです」をタップして頂きます。

LINEの引き継ぎ

そして、LINEの引き継ぎの事前準備の段階で、間違いなく登録・確認をして頂きましたパスワードを入力して頂き、新しいスマホでLINEにログインをして頂きます。

尚、この時にパスワードをうっかり忘れてしまわれた場合は、下の「パスワードを忘れた場合」をタップして頂き、これまた事前準備の段階で、間違いなく登録・確認して頂きましたメールアドレスをご入力頂く事で、パスワードの再設定のメールが送られて来ます。

メールアドレスは通常のLINEの引き継ぎの工程の中では入力する場面はありませんが、こんな万一の時の為に登録しておく必要がありますので、お忘れなく登録なさって頂ければと思います。

とにかく、電話番号、メールアドレス、パスワードは3つとも事前準備で登録じゃぞ。
スマホ博士

LINEの引き継ぎ

そして、「友だち追加設定」の画面になりますが、画像ではチェックが入っていますが、これは2つともチェックを外して頂き、オフにしておく方が無難です。

ココがポイント

友だち自動追加」と「友だちへの追加を許可」はオフにしておくのが無難!

まず「友だち自動追加」をオンにしていますと、皆さまのスマホの電話帳に登録されている人のLINEアカウントが、自動で勝手に友だちに追加されてしまいます。

そして、「友だちへの追加を許可」をオンにしていますと、今度は逆のパターンで、皆さまの電話番号をスマホの電話帳に登録している人が、皆さまを自動で勝手に友だちに追加してしまいます。

つまり、仕事関係の人嫌な上司など、意図しない、繋がりたくない人を自動で友だちに追加してしまったり、逆に友達に追加されてしまったりする可能性があるのです。

ひよっこ君
勝手にされてしまうのが嫌だよね。

LINEの引き継ぎ

そして、次の画面では「トーク履歴の復元」をする画面になり、LINEアカウントの引き継ぎ完了まであとわずかです。

ここでは、LINEの引き継ぎの準備段階でバックアップした「バックアップの最新情報」が表示されますので、確認の上、「トーク履歴を復元」をタップしますと、これでLINEの引き継ぎは完了です。

事前準備さえ出来てたら、引き継ぎ作業自体は簡単じゃぞ。
スマホ博士

冒頭でご説明をさせて頂いておりますが、iCloud Driveがオフになっていますとトーク履歴は復元できません。また、iPhoneの場合はこの段階でトークの引き継ぎをしないと、後でする事はできません。(android端末はあとで復元する事も可能です。)

電話番号を変更してLINEを引き継ぐ方法

引き続きまして、今度は電話番号を変更して機種変更する場合のLINEの引き継ぎ方法です。

ひよっこ君
次は、電話番号を変更するバージョンだよ。

基本的な流れは「電話番号はそのままでLINEを引き継ぐ方法」と同じですが、一部、違う部分があります。

LINEの引き継ぎ

新しいスマホにLINEをインストールして頂き、LINEを立ち上げて頂きますとこの画面になりますので、「はじめる」をタップして頂きます。

LINEの引き継ぎ

そして、端末の電話番号の入力画面になりますので、今までに使っていた電話番号ではなく新しい電話番号を入力して頂きます。

新しい電話番号を入力するんじゃぞ。古い電話番号ではないぞ。間違えずにのう。
スマホ博士

LINEの引き継ぎ

新しい電話番号を入力して頂きますと、SMSで認証番号が送られて来ますので(SMS認証)、その認証番号を入力して頂きます。

LINEの引き継ぎ

新しい電話番号でLINEのアカウントを引き継ぐ場合はこの画面が出て来ますので、「アカウントを引き継ぐ」をタップして頂きます。

LINEの引き継ぎ

すると、以前の電話番号に紐付いた皆様のLINEアカウントが「おかえりなさい」のメッセージと共に表示されますので、間違いがなければ「はい、私のアカウントです」に進んで頂きます。

LINEの引き継ぎ

そして、LINEにログインをして頂くのですが、その前に「ログイン方法の選択」をして頂きます。

電話番号は新しいものに変わっていますが、今は使っていない以前の電話番号でもログインができますし、メールアドレスでもログインができます。

ここでは「以前の電話番号でログイン」に進みます。

そして、パスワードの入力画面になりますので、引き継ぎ前の事前準備で登録・確認なさったパスワードを入力してログインします。

LINEの引き継ぎ

ログインしますと、まず「友だち追加設定」の画面になります。

画像では共にオンの状態になっていますが、「友だち自動追加」と「友だちへの追加を許可」については、共にオフにして頂く事をおすすめ致します。

ひよっこ君
詳しい理由は「電話番号はそのままでLINEを引き継ぐ方法」にリンクを貼ってるから、その中の「友だち追加設定」の所を見てね。

LINEの引き継ぎ

そして、「トーク履歴を復元」の画面になりますので、表示されている前回のバックアップの日時を確認して頂き、最新のバックアップに間違いがなければ「トーク履歴を復元」をタップして頂きます。

これで晴れて、LINEの引き継ぎが完了です。

どうじゃったかのう? 簡単だったじゃろ。(笑)
スマホ博士

スタンプと着せかえの復元の方法

それでは、この記事の最後になりますが、スタンプと着せ替えの復元をする方法をご説明させて頂きます。

スタンプと着せ替えの復元

まずは、いつもの通りのLINEのホーム画面に入り、左上の「(設定)」をタップします。

スタンプと着せ替えの復元

設定の画面に入りまして、スタンプの復元は「スタンプ」を、着せかえの復元は「着せかえ」をタップします。

まずはスタンプの復元のご説明をさせて頂きますので「スタンプ」をタップします。

スタンプと着せ替えの復元

マイスタンプ」をタップします。

スタンプと着せ替えの復元

すると、購入したものから無料のものまで一覧でスタンプが表示されますので、個々でダウンロードする事もできますし、まとめて「すべてダウンロード」をして頂く事もできます。

例として「動くブラウン&コニー・サリー スペシャル」を個別でダウンロードしてみますと。

スタンプと着せ替えの復元

ダウンロードが完了し、スタンプが使えるようになりました。

スタンプと着せ替えの復元

引き続きまして、着せかえの復元ですが、先ほどの設定画面の「着せかえ」をタップしますとこの画面になりますので、「マイ着せかえ」をタップします。

スタンプと着せ替えの復元

購入済みや無料の着せかえが一覧表示されますので、例として「コニー」をダウンロードしてみます。

スタンプと着せ替えの復元

ダウンロードが完了し、適用する場合は「適用」をタップします。

スタンプと着せ替えの復元

すると「適用中」となり、画面がピンク色になりました。

スタンプと着せ替えの復元

ついでにホーム画面に戻ってみますと、この通り、画面が華やかになりました。

これで、LINEの引き継ぎは完了です。お疲れさまでした。

ひよっこ君
お疲れさまでした。(笑)

LINEの引き継ぎ方法と注意点、まとめ

LINEの引き継ぎ

皆さま、お疲れさまでした。

機種変更時におけるLINEの引き継ぎ方法、ご理解頂けましたでしょうか?

LINEの引き継ぎは、2019年2月のアップデートにより、とても簡単に、分かりやすくできる様になりました。

ご説明をさせて頂きました通り、下記の3つの事前準備さえしっかりとして頂きましたら、実際のLINEの引き継ぎ作業は、画面表示に従って必要事項を入力していくだけで、簡単にスムーズに、いとも簡単にする事ができます。

LINE引き継ぎの事前準備

  1. 電話番号、メールアドレス、パスワードを登録する
  2. トーク履歴をバックアップする
  3. アカウント引き継ぎ設定をオンにする

この記事を参考にして頂き、無事にLINEアカウントの引き継ぎをして頂けましたら、私もうれしく思います。

今後もLINEを上手にご活用頂き、ご家族やお友だち、大事な人と円満なコミュニケーションをはかって頂ければと思います。

最後までお読み下さいまして有難うございました。

よろしくお願い致します。

LINEモバイルはとっても素晴らしい格安SIMですよ!

ぜひ、LINEモバイルにお申し込みいただき、ご家族やお友だちと「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!

ひよっこ君
下のバナーから申し込みができるよ。(笑)
宜しくお願いしますぞよ。(笑)
スマホ博士

-LINEモバイルとは

© 2020 LINEモバイルで Let's Communication!