LINEモバイルとは

たった500円でここまで出来る!LINEモバイルの超・お得プランを徹底解説!

LINEモバイルの500円プラン

ひよっこ君
ねぇ、博士、LINEモバイルに500円で使えるプランがあるらしいけど、そんな500円じゃ大した事できないよね!?
それがひよっこ君、その500円のプラン、なかなか優れもののプランらしいんじゃ。
スマホ博士

LINEモバイルをご検討中の皆さま、こんにちわ。

さて、いきなりですが、皆さま、LINEモバイルでたった500円スマホが使えるプランがあるってご存知ですか?

キャリアでスマホを持つと、安くなった新料金プランでも5,000円はしますから、500円でスマホが持てるって、ちょっと信じられないと言うか、安すぎて不安になってしまいますよね。

500円と言いましたら、行列が出来る激安のランチで500円って言うのがあったり、マクドナルドのハンバーガーのセットでも500円は超えますし、スタバで各種フラペチーノを頼んでも500円位しますよね。

LINEモバイルの場合は、それら1食分が500円というレベルのお話ではなく、月額で500円ですから、通信速度がとっても遅いんじゃないかとか、簡単に解約できないんじゃないかとか、なにがしか問題があるんじゃないかって思ってしまいますよね。

しかし皆さま、実は、このLINEモバイルの500円のプラン十分に使えるんですよ。と言うか、十分すぎる位の機能を備えてるんですよ

この記事では、LINEモバイルでたった500円で使えるプランの事を、一から十までご説明をさせて頂き、このプランにピタッとはまる皆さまもいらっしゃると思いますので、そんな皆さまのお役に立てればと考えています。

少しでも皆様にお得にLINEモバイルを使って頂けます様、一所懸命、ご説明をさせて頂きますので、どうぞ、よろしくお願い致します。

\LINEモバイルの最新キャンペーンはこちらから!/

LINEモバイルの500円のプランの概要

LINEモバイルの500円プランそれでは、そんな、たった500円で使えるLINEモバイルの500円のプランについて、まずはこんなプランだよっていう全体像をご紹介させて頂きます。

LINEモバイル500円のプランの概要

プラン名 LINEフリープラン
SIMカードの種類 データSIM
データ量 1GB
月額料金 500円
最低利用期間 なし
契約解除料 なし

LINEモバイルの500円のプランの特徴・メリット

  • データ量が1GB付いて来る
  • LINEがデータフリーで使い放題
  • 余ったデータ量は自動で繰り越される
  • データ量が足らなくなったら追加購入できる
  • データ量が足らなくなったらもらう事が出来る
  • 縛りの期間がない
  • 解約する時に違約金も発生しない

LINEモバイルの500円のプランの注意点・デメリット

  • au回線には500円プランはない
  • 電話が使えない
  • 緊急電話に電話がかけられない
  • プラン変更ができない
  • エントリーパッケージが使えない
  • スマホは別で準備する必要がある

たった500円のプランですが、メリットもデメリットもご説明をさせて頂く事はたくさんあります。(笑)

以下で、それぞれのLINEモバイルの500円プランの特徴をご説明させて頂きます。

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイル、たった500円のプランでこんな事までできる!

500円でここまで出来る!それでは早速ですが、たった500円、まるでうそみたいな料金のLINEモバイルの500円のプランで、一体どんな事が出来るのか、こんな事まで出来るというメリットの部分をご紹介をさせて頂こうと思います。

データ容量は1GB、だけど、思ってる以上に色々な事ができる!

LINEモバイルの500円で使えるプランは、データ容量は1GBです。

ひよっこ君
データ容量が1GBって言ったら、ちょっと少ない感じがするよね。

1GBと言いますと、正直な所、普段、外出なさっている事が多く、1日中、モバイル通信に繋ぎっ放しでいらっしゃる方には、一般的なデータ量である3GB位は必要になりますので、この500円のプランの1GBでは少ないかも知れません。

この500円プランは、家にいる時は家のWi-Fiに繋ぎ、会社にいる時は会社のWi-Fiに繋いでいる方、そして、動画やオンラインゲームなど、データ通信量がたくさんかかるアプリはあまり使わない方向きのデータ量になります。

動画やゲームはWi-Fi環境でする様にすれば、1GBで足りる人も多いと思うぞ。
スマホ博士

参考までに、LINEモバイル公式サイトに記載のある「1GBあればこれだけ使える」の内容を記載させて頂きます。

1GBあればこれだけ使える

テキストメール(300文字) 約66,000回
ホームページ(300KB) 約3,300回
YouTube(360P) 約3時間
LINE MUSIC(低音質64kbps) 約30時間

Yahoo!のトップページ250~300KBになりますので、ホームページの閲覧ならかなり見る事が出来ますし、テキスト主体のメールについても、1GBもあれば十分です。

一方、YouTubeの場合は、解像度360Pとは中画質程度になりますが、1ヶ月で3時間と言いますと1日当たり6分の計算になりますので、当然、日々、YouTube以外でもデータ量を使いますから、動画はたまに見る位なら大丈夫です。

また、日々、通勤や通学で音楽を聴いておられる方にとりましては、ストリーミング再生でどれ位のデータ量が消費されるかも気になる所ですが、LINEが提供するLINE MUSICの場合は、低音質で1日1時間の視聴で1GBになってしまいます。

ひよっこ君
LINE MUSICも、毎日1時間で1GBになっちゃうんだね。

参考までに、Spotifyの場合は、低音質(24kbps)での視聴で1ヶ月で約90時間標準音質(96kbps)での視聴で20時間強AWAの場合、Low(64kbps)でLINEモバイルと同じ約30時間となります。

通勤や通学で毎日音楽を視聴なさっている方は、ストリーミング再生はデータ量は動画ほどではないにせよ、データ量を消費してしまいますので、、Wi-Fi環境下で音楽データをダウンロードし、オフライン再生で視聴する様にすれば、1GBのデータ量でも、思っておられる以上に使う事はできると思います。

色々と工夫をすれば、1GBでも足りる人は案外にいるかも知れんのう。
スマホ博士

この様に、1GBのデータ量と言うとちょっと少ない目のデータ容量になりますが、それでも使い方を工夫すれば、皆さまが思っておられるよりも、案外、出来る事は多いのです。

LINEがデータフリーで使い放題!

500円でもデータフリー皆さまのスマホにもLINEのアプリが入っていると思いますが、LINEと言えば、コミュニケーションアプリとして多くの方が利用していて、何と国内で8,000万人以上の方が利用している大人気のアプリです。

LINEの主な機能には、トーク、そして無料通話ビデオ通話がありますが、トークに関しては、皆さま、何となくインターネットを介してやり取りしているのはお分かりと思いますが、無料通話ビデオ通話LINE通話に関しましても、一般の電話回線で通話をしているのではなく、インターネット回線を利用して通話をしています。

ひよっこ君
LINEの通話ってインターネットを使って話してるんだね。

ですので、LINEではトークのみならず、無料通話ビデオ通話をする事でもデータ通信量が使われて、通常は契約しているデータ量がどんどん減って行く事になります。

LINEをたくさん使う方に取りましては、LINEを使えば使う程、データ量が減り、ネットで検索したり、街で地図アプリを見たり、他のアプリを使う時のデータ量を圧迫する事になってしまいます。

しかし、このLINEモバイルの500円プランでは、たった500円なのですが、LINEがデータフリーになりますので、いくらLINEを使っても500円プランの1GBからデータ量は減りません

データフリーとは何ですか?

対象サービスのデータ通信量(LINEフリープランで言えばLINEのデータ通信)を、データ通信利用の対象外(消費をしない)とする機能をいいます。

また、通信速度制限がかかったとしても、データフリー対象サービスであれば制限がかからず、ずっと高速通信で利用することが可能です。

上記は、LINEモバイル公式サイトの「よくある質問」のデータフリーに関する記載ですが、この通り、LINEモバイルでは、LINEをいくら使っても1GBのデータ容量からは減りませんし、特筆すべきは、1GBのデータ量を使い切ってしまった場合でも、通常は通信制限で低速になり繋がりにくくなる所、LINEは高速通信のままで使えるのです。

関連記事

LINEモバイル公式サイト

余ったデータ量は自動で繰り越される!

データ繰り越しLINEモバイルの500円で使えるプランは、データ量が1GBになりますので、データ量が余る人はそれ程いらっしゃらないかも知れませんが、しかし、もしデータ量が使い切れずに余ってしまった場合は、たった500円のプランでも、自動で翌月に繰り越されます

大手キャリアだったら繰り越されずに没収だよね。
スマホ博士

繰り越されるのは翌月までになりますが、しかし、翌月はまず、その繰り越されたデータ量から消費されて行きますので、データ量を無駄なく使い切る事ができます。

関連記事

データ量が足らなくなっても大丈夫、2つの方法

データプレゼント一方、データ量が足らなくなった場合でも大丈夫です。

LINEモバイルの500円のプランには2つの対応策が準備されています。

① データ量をタダでもらう「データプレゼント」

まず一つ目の方法は、データ量をタダでゲットする方法です。

LINEモバイルには「データプレゼント」という機能がありまして、LINEモバイルのユーザー同士で、且つ、LINEで友だちになっている人同士でデータ量をあげたりもらったりする事ができます。

ひよっこ君
家族やお友だちと助け合いが出来るんだね。

ですので、お友だちやご家族でLINEモバイルを使っている人がいれば、その方がデータ量が大丈夫そうであれば、タダで譲ってもらう事ができます。

関連記事

② データ量を有料で買う「追加購入」

あるいは、お友だちやご家族とは言え、データ量をタダでもらうのは気が引ける、周りの人もデータ量が余っていない、この様な場合は、有料になりますが、LINEモバイルではデータ量を追加購入する事ができます。

追加購入したデータ容量も、翌月まで自動で繰り越されますので安心です。

  ドコモ回線 ソフトバンク回線 au回線
容量と金額(1回当たり) 0.5GB:500円/回
1GB:1,000円/回
3GB:3,000円/回
0.5GB:500円/回
1GB:1,000円/回
0.5GB:500円/回
1GB:1,000円/回
追加可能な回数 月3回まで 月10回まで 月10回まで
購入可能データ量(1ヶ月で) 9GB 10GB 10GB

しかし、ご覧の通り、データ容量の追加購入は0.5GB(500MB)当たり500円もしてしまい、とても割高になってしまいます。

スマホ代を安くする為にリーズナブルな500円プランがありますので、同じ500円もかけて0.5GBのデータ量はもったいありませんので、出来るだけデータ容量の追加購入は避けたい所です。

そうじゃのう。500円のプランに500円でデータ量を追加購入するって、何かもったいないのう。
スマホ博士

縛りの期間がない、解約時の違約金もない

そしてこの、最低利用期間(縛りの期間)がない事や、解約する時に解約手数料(違約金)が掛からない事も、500円プランの大きなメリットだと思います。

冒頭にも少し書かせて頂きましたが、私は慎重な人間でして、LINEモバイルを初めて使ってみようと思った時は、解約が簡単に出来る500円プランからスタートしました。

当時、私はドコモを使っていましたが、いきなり電話番号付きでMNPで乗り換えるのは不安だと、500円プランでLINEモバイルを使い、LINEモバイルに納得した上で、番号付きで乗り換えたという経緯があります。

大手キャリアの場合は、2年間の縛りの期間があり、そう簡単には解約する事ができませんので、気軽に使ってみる事ができませんし、縛りの期間の間に解約をすると、契約解除料(違約金)として9,500円(税別)もかかってしまいます。

ですので、私の様にLINEモバイルの乗り換えをご検討の皆さまも、まずはお試しで500円のプランを使ってみて、気に食わなければすぐに解約しても大丈夫ですし、気に入って頂ければ、一旦、解約する手間はかかりますが、電話番号付きでMNPで乗り換える事もできます。

ちなみに、500円プランを解約する時は、日割り清算はありませんので、その月の月額基本料は丸々1ヶ月分がかかりますのでご注意下さい。

ココに注意

LINEモバイルでも、電話番号付きの音声通話SIMの契約には1年間の縛りがあり、その間に解約をすると9,800円の解約手数料がかかります。

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルの500円で使えるプランの注意点

500円プランの注意点たった500円で使えるプランですので、基本的に私は不平や不満はなかったのですが、参考までに、500円プランの注意点もご説明をさせて頂きます。

au回線に500円プランはない

LINEモバイルはドコモ回線ソフトバンク回線au回線のキャリア全ての回線を取り扱うトリプルキャリアの格安SIMになります。

つまり、ドコモからはLINEモバイルのドコモ回線ソフトバンクからはLINEモバイルのソフトバンク回線auからはLINEモバイルのau回線であれば、お使いのスマホをそのまま何もする事なく使う事ができます。

ひよっこ君
LINEモバイルのSIMカードを挿すだけで使えるんだ。

しかし、残念ながら、LINEモバイルのau回線には仕様の関係で500円のプランがありません

ですので、今、auをお使いの皆さまは、もし500円プランを使おうと思った場合は、お持ちのスマホをSIMロック解除して、LINEモバイルのドコモ回線ソフトバンク回線500円プランを使って頂かなければいけません。

ちょっと面倒じゃが大丈夫じゃぞ。
スマホ博士

その通りでして、ちょっとお手間はかかってしまいますが、今もauをお使い中でしたら、My au無料SIMロック解除をする事ができます。

500円プランはとてもお得ですし、お持ちのスマホをSIMロック解除すれば、今後、どの回線でも使う事ができますし、海外旅行に行かれる時には海外SIMカードを挿してそのまま使う事もできますので、是非、チャレンジして頂ければと思います。。

関連記事

電話が使えない、緊急電話がかけられない

LINEモバイルの500円で使えるプランは、インターネットが使えるデータ通信専用のプランになりますので、090080の電話番号で電話をかける事はできません

ひよっこ君
500円のプランはデータ専用のデータSIMだから仕方がないよね。
そうじゃ。電話をするなら電話機能の付いた「音声通話SIM」にする必要があるんじゃ。
スマホ博士

しかし、090や080の電話番号で電話をかける事ができなくても、普段、お友だちやご家族とLINEの通話で連絡をなさっておられる様でしたら、わざわざ料金の高い音声通話SIMにしなくても大丈夫ですし、おまけに、LINEはデータフリーで使い放題ですから、1GBのデータ量が減る事もなく、LINEモバイルだからこそのメリットを享受する事ができます。

尚、LINEの通話では、110番119番に電話をかける事ができませんので、いざという時は、後ほどご説明をさせて頂きますLINE Out050アプリで最寄りの警察署や消防署に電話をかける様になさって頂ければと思います。

プラン変更ができない

この点もあらかじめご注意をして頂ければと思いますが、LINEモバイルではいつでも無料でプラン変更が出来ますが、それは、同じSIMカードタイプの場合に限られます。

例えば、今、LINEモバイルのコミュニケーションフリープラン3GB音声通話SIMを契約しているとして、同じ音声通話SIMコミュニケーションフリー10GBや、同じ音声通話SIMMUSIC+プラン5GB、また、LINEフリープラン音声通話SIMには、いつでも無料でプラン変更する事ができます。

ひよっこ君
LINEモバイルのプラン変更はとっても便利なんだよ。

しかし、この500円プランデータSIMになりまして、データSIMはこのLINEフリープランにしかありませんので、他のプランに変更する事ができません

そうなんじゃ。コミュニケーションフリーやMUSIC+プランにはデータSIMはないんじゃ。
スマホ博士

もし他のプランに変更をご希望の場合は、一旦、LINEフリープランのデータSIM解約し、新たに申し込んで頂く必要がありますのでご注意下さい。

尚、新たに他のプランに申し込まれる際には、また新たに初期費用がかかってしまいますが、この記事の後ほどに、お得に申し込む方法をご説明させて頂いておりますので、ご覧頂ければと思います。

エントリーパッケージが使えない

LINEモバイルには「エントリーパッケージ」を利用する事により、初期費用が抑えられて、お得に申し込みが出来る方法があります。

エントリーパッケージとは、私も2回ほど利用して申し込んだ事がありますが、Amazonで400円位で売っている16桁のエントリーコードが記載された紙のパッケージになります。

このエントリーコードを入力してLINEモバイル公式サイトから申し込む事により、初期費用のウェブ登録事務手数料の3,000円が最大無料になります。

しかし、このエントリーパッケージが使えるのは、LINEモバイルの音声通話SIMデータSIM(SMS付き)のみになり、データSIMのお申し込みは使えません。

前の所でも申し上げましたが、後ほど、この500円プラン(データSIM)をお得に申し込む方法もご説明させて頂いておりますので、よろしければご覧ください。

スマホは別で準備する必要がある

これはもうご存知だと思いますが、念の為にご説明をさせて頂きますと、キャリアの場合ですと、月々のお支払いの中にスマホ代も含まれていますが、LINEモバイルのお支払いにはスマホ代は含まれておりません

ひよっこ君
500円の中にスマホ代が含まれてたら、逆にビックリしちゃうよ。

その通りですよね。ですので、スマホは別でご自身でご準備をして頂く必要があります。

キャリアからLINEモバイルに乗り換えをなさる場合は、キャリアで使っていたスマホをLINEモバイルで使って頂く事も可能ですし、今から新たにスマホを購入なさる場合は、LINEモバイル公式サイトでも安く販売されていますので、よろしければ覗いて頂ければと思います。

LINEモバイルでも安い機種なら月1,000円を切って売っとるぞ。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルの500円プランが向いている人

スマホ代を安くしたいLINEモバイルの500円プランは、メインのスマホとして持つには役不足ですが、電話機能は必要ないお友だちや家族と連絡はLINE! このような皆さまにはピッタリのプランになります。

このプランに向いている方のポイントは、①安い ②電話機能はいらない ③連絡手段はLINE です。

具体的にどのような皆さまにこの500円のプランが向いているのか、モデルケースをご紹介させて頂きます。

パターン① 子育てでお忙しいお母さんのスマホ

子育てでお忙しいお母さん家計を預かるお母さんにとりましては、この500円プランは良いと思います。

学生の頃のお友だちや、OLをなさっていた頃の職場の人とは、以前の電話番号がなくなると連絡が取れなくなってしまいますが、そのデータだけは残しておいて頂き、SIMカードだけを挿し替えて、この500円プランを使って頂くと良いと思います。

ひよっこ君
お母さんは家事や子供のお世話でずっと忙しいから、遊びに行く電話なんかも出来ないもんね。

最近は、ご家族での連絡はLINEでなさる所が多いですし、グループトークの機能なんかは、家族みんなが家族の事を共有できますのでとっても便利ですよね。

また、お子様の学級の連絡網にもLINEが使われている事も多くなって来ている様ですし、固定電話や携帯電話に電話をする場合は、私も多用していますが、LINE Outが本当に便利です。

家にいらっしゃる時は家のWi-Fiに繋いで頂きましたら、1GBのデータ量でも足りると思いますし、子育てにお忙しいお母さんには、500円プランはピッタリだと思います。

パターン② 小さなお子様のスマホ

小学生や中学生のお子さまのスマホとしても、この500円プランはとても良いと思います。

お子さまにスマホを持たせるに当たっては、お子様の防犯上は持たせたいという気持ちの反面、怪しいサイトを見たらどうしよう、SNSで変な大人と知り合ったらどうしようと、親御さまは不安な気持ちもお持ちだと思います。

また、お子様が2人、3人いらっしゃるご家庭では、スマホ代が高いと家計の重みになってしまいますよね。

500円プランなら、お子様が3人でもたった1,500円じゃぞ。
スマホ博士

その通りでして、まず500円という料金が魅力ですし、お子様に電話機能は必要なく家族との連絡はLINEがあれば十分ですよね。

そして、他社では有料のオプションの所、LINEモバイルではお子さまをネット犯罪から守る事ができるフィルタリングアプリ無料で使う事ができますので、お子さまスマホにLINEモバイルの500円のプランはベストです。

関連記事

パターン③ お孫さんの成長を見届けたいおじいちゃん、おばあちゃん

昔はテレビ電話はとても高かった様で、なかなか顔を見ながらの通話なんて出来なかった様ですが、今はLINEのビデオ通話がありますし、LINEモバイルはLINEがデータフリーで使い放題ですので、ビデオ通話でどれだけ長電話をしてもデータ量は一切消費されず、料金やデータ量の事を全く気にせずに満喫できます。

ほんと、凄い時代になったもんじゃ。
スマホ博士

おじいちゃんおばあちゃんにとっては、お孫さんは目の中に入れても痛くないような存在で、そんなお孫さんの成長を楽しみになさっているおじいちゃんやおばあちゃんは多いです。

そんな中、お孫さんが遠方に住んでいる場合は、頻繁に会う事もできませんし、電話で声を聞くだけでは寂しい中、LINEのビデオ通話ならお孫さんの顔を見ながらお話ができますので最高です。

LINEモバイルではテザリングで繋いだパソコンやタブレットでLINEを使う場合にもデータフリーが適用されますので、スマホの小さな画面ではなく、パソコンやタブレットの大きな画面で、かわいいお孫さんと顔を見ながらいくらでもお話をして頂く事ができます。

ひよっこ君
たった500円だよ。

パターン④ ご自身の2台目スマホやタブレット用として

実は、私も2台目スマホにこのLINEモバイルの500円のデータSIMを使っていますが、2台目スマホには電話機能は必要ありませんし、とにかく料金は安いに越した事はありません。

そんな時に、たった500円で1GBのデータ量が付いて来て、LINEも使い放題のこの500円プランは最高です。

また、タブレットにもこの500円のプランは最適で、家や職場にいる時はWi-Fiに繋いでデータ量を節約する事ができれば、1GB、500円のプランで十分だと思います。

ひよっこ君
500円だったら、2台目スマホやタブレットも気軽に持てるもんね。

LINEモバイル公式サイト

参考:電話機能のない500円プランで通話をする方法

お仕事の都合などで、どうしても090080の電話番号を持たなければいけない場合は、LINEモバイルの音声通話SIMを利用して頂かなければいけません。

一方、特に電話番号にこだわりがなくお友だちや家族に連絡が取れて、役所や銀行、お店にも普通に電話ができさえすれば良いという皆さまには、LINEモバイルの500円のプランを使って頂きながら、お得に通話をする方法がありますので、簡単にご紹介させて頂きます。

電話機能がないデータSIMでも、友だちやお店に電話できるんじゃぞ。
スマホ博士

LINE Out

LINE Out皆さまはもう、LINEの事は十分にご存知だと思いますので、ここではLINEの事はご説明を致しませんが、LINEのサービスであるLINE Outの事はご存知ない方もいらっしゃると思いますので、簡単にご説明させて頂きます。

このLINE Outは、私もLINEモバイルを使い始めて初めて知ったのですが、本当に便利です。

「LINEの無料通話」と「LINE Out」の比較表

  LINEの無料通話 LINE Out
通話料 無料  有料
通話先 LINEのお友だちのみ LINEのお友だち以外

LINEの無料通話LINE Outは互いに足りない所を補なっている様な間柄で、LINEの無料通話LINEのお友だちのみに電話をかける事ができますが、お店お友だちの携帯には電話をかける事ができません。

ひよっこ君
そうなんだよね。ここがちょっと不便な所なんだよね。

LINE Outは、そのLINEの無料通話ではかける事ができないLINEのお友だち以外、つまり、一般のお店などの固定電話や、お友だちの090や080への携帯の電話番号に電話をかける事ができます。

まさに、LINEの無料通話でかけられない所を補ってるのう。
スマホ博士

LINE Outの通話料を有料と記載はしていますが、非常に安く、使い勝手の良い「コールクレジット」の場合、固定電話へは1分3円、携帯電話へは1分14円で電話をかける事ができます。

もう一つの「30日プラン」の方はハッキリ言って破格で、固定電話へは1分2円、携帯電話へは1分6円で電話をかける事ができます。

また、LINE OutにはLINE Out Freeという、諸条件はありますがタダで電話をかける事ができる機能もありまして、私はLINE OutのおかげでLINEモバイルの10分電話かけ放題オプションを解約した程で、たった500円電話をかける機能が付いていないプランでも、LINE Outでとても安く電話をかける事ができます。

関連記事

050アプリ

SMARTalkLINEが提供するLINEの無料通話LINE Outは、私は大いに便利に使わせて頂いておりますが、欠点があるとすれば、それは、LINEの無料通話やLINE Outが発信専用の電話になり、電話を受ける事ができない事です。

ひよっこ君
LINEとかLINE Outには電話番号がないから、電話をかけられないんだ。

そんな時に役に立つのが、この050アプリになります。

050アプリもLINEの無料通話やLINE Outと同じ様にインターネット回線を利用したIP電話になりますが、LINEの無料通話やLINE Outと違うのは、050で始まる電話番号を持てますので、この電話番号宛てに電話をかけてもらえば、電話を受ける事ができるのです。

050アプリにも色々とありますが、基本料金が無料の050アプリを利用すれば、全くタダで受信専用の電話として利用する事が可能ですので、是非、お使い頂ければと思います。

関連記事

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルの500円プランをお得に申し込む方法

さて、この記事の最後になりますが、LINEモバイルの500円のプランをお申し込みなさる皆さまに、お得に申し込む方法をご説明させて頂こうと思います。

500円のプランのお申し込み方法自体は、他のプランと同様にとても簡単です。

500円プランの申込画面

500円プランの申込画面(スマホ)

LINEモバイル公式サイトからお申し込み画面に入って頂き、ポイントはこの「プラン選択」の画面で「LINEフリープラン」「1GB」「データSIM」を選択し、その後、流れに沿ってお申し込みを進めて行くだけです。

ひよっこ君
この部分だけ間違えなければ、500円のプランの申し込みが出来るよ。

LINEモバイルの500円プランをお得に申し込む方法

 LINEモバイルの500円プランを申し込む際の初期費用は、下記の通りです。

  • ウェブ登録事務手数料:3,000円
  • SIMカード発行手数料:400円

SIMカード発行手数料400円に付いては、SIMカードを発行してもらう為の実費になりますので、サービスしてもらう事ができませんが、安くしてもらえる可能性があるのは、ウェブ登録事務手数料3,000円の方になります。

既にご説明をさせて頂きましたが、残念ながら、LINEモバイルのデータSIMのお申し込みには、Amazonで売っている「エントリーパッケージ」を使う事ができませんが、別の方法で同じだけの割引を受ける事が可能です。

エントリーパッケージが使えんのは残念じゃが、大丈夫、他にも方法はあるぞ。
スマホ博士

招待プログラムを利用して申し込む

紹介プログラム招待プログラムとは、LINEモバイルを利用中の人から、ウェブ登録事務手数料がお得になる招待URLをLINEかメールで送って貰い、招待URL経由で申し込む方法です。

この方法で申し込む事により、500円プラン(データSIM)の場合は、3,000円のウェブ登録事務手数料が2,000円割引されて、1,000円で申し込む事ができます。

ひよっこ君
3,000円が1,000円になるのはとっても嬉しいね。

この招待プログラムは、招待してもらった人もお得にLINEモバイルを申し込む事が出来ますが、同時に、招待した方の人も、LINEモバイルから一人の招待に付き、LINEポイント1,000ポイントが貰えますので、もし周りにLINEモバイルを使っている人がいたら、「招待して!」ってお願いなさっても良いと思います。

関連記事

追加申込を利用して申し込む

追加申込あるいは、お子様にLINEモバイルの500円のプランを使わせる場合は、追加申込で申し込む方法もあります。

おじいちゃんやおばあちゃんでも大丈夫じゃぞ。
スマホ博士

LINEモバイルでは18歳未満のお子さまご自身の名義で申し込む事ができません。

そこで、お子様の為のスマホを親御さまの名義で申し込み、お父さまは「契約者連携」をして契約者としてLINEモバイルに登録し、お子様は「利用者連携」をして利用者としてLINEモバイルに登録し、そのスマホを使う事ができます。

親御さまは、ご自身のマイページからご自身の名義で「追加申込」で申し込む事により、2回線目の契約を招待プログラムと同じ値引き額、3,000円のウェブ登録事務手数料が2,000円割引され、1,000円で申し込む事ができます。

是非、こちらも有効活用をして頂き、少しでもお得にLINEモバイルの500円のプランをお申し込み頂ければと思います。

関連記事

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイル、最強500円プランのまとめ

LINEモバイルの500円プラン

皆さま、お疲れさまでした

LINEモバイルのたった500円で使えるプランの事、ご理解を頂けましたでしょうか。

私も当時はビックリしましたが、それにしても、たった500円スマホが持てるなんて驚いてしまいますよね。

そして、ご説明をさせて頂き、ご理解を頂けたかと思いますが、500円とは思えない程の充実した内容です。

メインのスマホとして使うには、電話機能がない事や1GBのデータ量の事を考えますと難しい面もあろうかと思いますが、しかし、スマホの使い方によりましては、このプランにピタッとはまる方もいらっしゃると思います。

是非、お得にLINEモバイルをお使い頂き、お友だちや家族の皆さま、大切な方と素晴らしいコミュニケーションを図って頂ければと思います。

最後までお読み頂きまして、有難うございました。

よろしくお願い致します。

LINEモバイルはとっても素晴らしい格安SIMですよ!

是非、LINEモバイルにお申し込み頂き、ご家族やお友達と「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!

ひよっこ君
下のバナーから申し込みができるよ。(笑)
宜しくお願いしますぞよ。(笑)
スマホ博士

-LINEモバイルとは

© 2020 LINEモバイルで Let's Communication!