LINEモバイルとは

【完全解説!】LINEモバイル、ソフトバンク回線とドコモ回線のオプションまとめ

「オプション」の記事のメイン画像全プランでLINEがデータフリーで使い放題LINEモバイル! ツイッターやフェイスブック、インスタグラムがデータフリーで使い放題のプランもあるLINEモバイル! LINEモバイルは絶対にお得だと断言できるのですが、いざ契約をしようという時に、どのオプションを付けたら良いのか、迷ってしまう事も多いと思います。

オプションに入るか入らないかは、皆さま個人の考え方にもよりますので、ああだこうだと皆さまに物を申す事は出来ませんが、皆さまが判断を下されるに当たっての、詳細な情報はお伝えさせて頂けると思います

LINEモバイルのオプションは、月100円や200円のオプションもあり、とてもお手頃価格で入りやすいのですが、とは言え、安さを求めてLINEモバイルに申し込んだのに、どんどんとオプションに加入をしてしまいますと、料金がかさんでしまい、本末転倒の状態になってしまいます。

お恥ずかしいお話ですが、私もドコモ時代は、キャリアの料金に麻痺していた事もありますが、昔の料金を確認してみたら、入った記憶のないオプションが一杯あって…。

結局、オプションには8個も入っていて、〆て2,180円...、セット割引などで、最終的には1,600円に割引されていましたが...。

ひよっこ君
1,600円って、今の格安SIMの1ヶ月分の料金じゃん...。

参考までに、その時のオプションの明細はこんな感じでした。(汗)

ドコモ時代のオプション明細

  • spモード利用料 300円
  • 留守番電話サービス利用料 300円
  • キャッチホン利用料 200円
  • メロディコール利用料 100円
  • あんしんセキュリティ利用料 200円
  • ケータイ保証サービス料 380円
  • あんしん遠隔サポート手数料 400円
  • ドコモWi-Fi利用料(spモード)300円
今から考えたら恐ろしいのう...。
スマホ博士

ここから、オプションパック割引で-200円あんしんパック割引で-380円となり、2,180円が1,600円になったのですが、この時は麻痺していましたが、1,600円って言いますと、よく考えたらLINEモバイルのコミュニケーションフリープランの音声通話SIMの3GBの1ヶ月の料金ですもんね...、無駄な事をしていました。(汗)

ハッキリ言いまして、メロディコールなんか、数回は使いましたが、ほぼ使わず...、今にして思えば、キャッチホンもいらないし、あんしん遠隔サポートもいりません…。

今でこそ、しっかりと吟味して必要なだけのオプションに加入していますが、皆さまにも、無駄のないオプションの選択をして頂きたいと思っています。

この記事では、LINEモバイルの全15個のオプションの詳細をご説明させて頂き、皆さまのオプション選びの一助になればと考えております。

ひよっこ君
是非、無駄のないオプション選びをして下さい!
その通りじゃ。
スマホ博士

\LINEモバイルの最新キャンペーンはこちらから!/

LINEモバイルのオプションの概要

LINEモバイルでは、全部で15個のオプションが準備されています。

  1. 10分電話かけ放題オプション(月額880円)
  2. 端末保証オプション(月額450円)(持込端末は月額500円)
  3. Wi-Fiオプション(月額200円)
  4. ウイルスバスターオプション(月額420円)
  5. LINE MUSICオプション(月額750円)
  6. フィルタリングオプション(月額無料)
  7. 留守番電話プラス(月額300円)
  8. 留守番電話(月額300円)(ソフトバンク回線は無料)
  9. 割込通話(月額200円)
  10. グループ通話(月額200円)
  11. 通話明細(月額100円)
  12. ナンバーブロック(月額100円)
  13. 転送電話(月額無料)
  14. 国際電話(月額無料)
  15. 国際ローミング(月額無料)

この15個のオプション、一見、ちょっと多いような気もしますが、実は、15個の内の下の方の9個のオプションは、留守番電話や割込電話など、皆さまも既にご存知かと思われる電話がらみのオプションになりますので、しっかりとご理解を頂くべきオプションは、上の方の6個になります。

ひよっこ君
そうだね、確かに、「留守番電話プラス」から下の9つのオプションは知ってるよ。
上の方のオプションは、何となく想像は出来るが、詳しい事は分からんのう。
スマホ博士

そうですよね。

と言うことで、早速、「主要な6つのオプション」の方から、きっちりとご説明をさせて頂こうと思います。

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルの主要6つのオプションの詳細

まずは、LINEモバイルのオプションの中でも、下記の主要な6つのオプションのご説明です。

  ソフトバンク回線 ドコモ回線
10分電話かけ放題オプション
(月額880円)

(月額880円)
端末保証オプション
(月額450円・持込端末は500円)

(月額450円・持込端末は500円)
Wi-Fiオプション
(月額200円)

(月額200円)
ウイルスバスターオプション
(月額420円)

(月額420円)
LINE MUSICオプション
(月額750円)

(月額750円)
フィルタリングオプション
(月額無料)

(月額無料)
ひよっこ君
この6つのオプションは、ソフトバンク回線、ドコモ回線、共通だよ。

10分電話かけ放題オプション(月額880円)

10分電話かけ放題オプションまずは、LINEモバイルで一番人気の、「10分電話かけ放題」オプションのご説明からスタートです。

この10分電話かけ放題オプションは、その名称の通り、10分以内の電話なら、何回でもかける事が出来るオプションです。

予備知識 ー LINEモバイルの「いつもで電話」アプリについて

まず、基本的な事になりますが、LINEモバイルで電話をかける方法は2つあります。

1つ目は、スマホに元から入っている標準の電話アプリで電話をする方法で、この場合は、通話料金は30秒で20円、つまり、1分40円で電話をかける事が出来ます。

ひよっこ君
1分で40円は高いなぁ~...。

2つ目は、LINEモバイルの音声通話SIMタイプをご利用のお客様は、LINEモバイルの専用電話アプリ「いつでも電話」アプリが使える様になるのですが、この「いつでも電話」アプリを使って電話をすると、標準電話アプリを使っての通話料の半額の30秒で10円、つまり、1分20円で通話をする事が出来ます。

1分20円...、半額じゃが、もう少し安くして欲しいのう。
スマホ博士

あまり電話をなさらない方や、かかって来る電話に出るだけの方は、「10分電話かけ放題」オプションに入らず、この「いつでも電話」アプリを利用して電話をする事で、通常の半額で電話をかける事が出来ます

「10分電話かけ放題」オプションの場合も、この「いつでも電話」アプリを使う事で10分以内の通話がかけ放題になりますので、いずれにしましても、LINEモバイルで電話をする場合は、この「いつでも電話」アプりは欠かせないアプリになります。

ひよっこ君
オプションに入っても入らなくても、「いつでも電話」アプリは必ずなんだね。

「いつでも電話」アプリは、LINEモバイルの音声通話SIMをご利用のお客様は、お申し込み不要、アプリをインストールするだけで、誰でも無料で使う事が出来ます。

使い方は至って簡単で、他の電話アプリとほとんど同じです。

この「いつでも電話」アプリはどの様な仕組みのアプリかと言いますと、電話をかける時に、電話番号の先頭に「0035-46」を付けて発信する事が出来るアプリで、例えば、スマホのOSのバージョンが古い等で「いつでも電話」アプリを使う事が出来ない場合は、標準の電話アプリで電話をかける時に、先頭に「0035-46」を付けてから電話番号を入力して発信する事で、「いつでも電話」アプリを使っての通話と同じ様に、30秒10円で通話をする事が出来ます

↓ ↓ ↓ ここからアプリをダウンロード出来るぞ!
スマホ博士

Google Play で手に入れよう

10分電話かけ放題オプションの概要

予備知識を学んで頂きました上で、10分電話かけ放題オプションの概要です。

  10分電話かけ放題オプション いつでも電話アプリ
申し込みの有無 必要 不要
月額料金 880円 無料
通話料 定額制(10分以内は無料、10分超過分は10円/30秒) 従量制(10円/30秒)

10分電話かけ放題オプションに申し込みますと、10分以内の通話が、誰とでも、何回でも、回数無制限でする事が出来ます

月額の料金は880円ですので、それ程、頻繁に電話をしない人でも、料金を気にする事なく電話をかける事が出来ますので、入ってお得なオプションです。

10分かけ放題オプション…、何分以上の通話で元が取れる?

10分電話かけ放題この10分電話かけ放題オプションは、頻繁に電話をする方は間違いなく加入すべきですが、それ程、頻繁に電話をしない方は、10分電話かけ放題オプションに入るべきかどうか、悩んでしまうと思います。

実際の所、何分以上、電話をすれば、このオプションの元が取れるのか、どうせ支払うのなら、オプション料金の880円を絶対に無駄にしたくないですよね。

ひよっこ君
そうだよ、無駄な事は絶対にしなくないよ!

ずばり、この10分電話かけ放題オプションの元を取るには、いつでも電話の通話料は30秒で10円、つまり、1分20円ですから、880円÷20円=44分となり、1ヶ月で44分以上、通話をなさる方は元が取れます

1日当たりで考えますと、1日に1分30秒の電話をすれば、元が取れます

1日に1分30秒位は、ほとんどの人が通話をしとるんじゃないかのう。
スマホ博士

私はあまり電話はしないわよとおっしゃる方でも、家の固定電話から電話をなさる事もあるでしょうし、案外と電話をしているものだと思います。

あるいは、ちょっと知り合いと電話でお話をする時でも、要件を伝えるだけでも1分程はかかりますから、普通に少し世間話をするだけでも、すぐに5分位は経ってしまいます。

上の画像には、1日10分の電話をした場合のお得度が書かれていますが、そこまで電話をしないでも、1週間にたったの2回、5分程の電話をするだけで、10分×4週≒40分となりますので、これ位ならば、少し元を取るには通話時間が足らなくても、料金を気にしながら電話をかけるストレスから逃れられる事を含めて考えますと、入った方がお得だと思います。

ひよっこ君
10分電話かけ放題オプションは、本当に電話をしない人以外は、入っておいた方が得かもね。

10分電話かけ放題オプションの注意点

基本的には、10分かけ放題オプションはとってもお得なオプションですが、注意点もありますので、しっかりと押さえて頂きました上で、申し込むか、申し込まないかをご検討頂ければと思います。

緊急電話はかけられません

これは、10分電話かけ放題オプションの注意点というよりは、いつでも電話アプリの注意点になりますが、110番や119番などの緊急電話や、0120で始まるフリーダイヤル、0570で始まるナビダイヤルなど、かける事の出来ない電話番号があります。

標準の電話アプリは、削除したり無効化せずに、残しておいた方が良さそうじゃ。
スマホ博士
慌てて、標準の電話アプリから電話しない様に

10分電話かけ放題オプションは、いつもで電話アプリから電話をする事で、10分以内の通話が無料になるサービスです

私はどちらかと言いますと、普通よりかは電話をする方だと思いますが、スマホの同じ画面に「標準アプリ」と「いつでも電話アプリ」を置いていて、慌てていた時に、標準アプリから電話をしてしまった事が何回もあります。

また、着信は標準アプリで受ける事になりますが、電話に出る事が出来ず、着信の表示が残ってる標準アプリから、そのままで折り返しの電話をして有料になってしまった事もあります。

万が一の緊急電話をかける時の為、標準の電話アプリを無効には出来ませんので、標準の電話アプリは、いつでも電話アプリを置く画面とは別の、普段はあまり使わない画面に置くなど、使ってしまわない工夫も必要です。

ひよっこ君
ボォ~っとしてる時なんかは、標準アプリから電話をしてしまいそうだよ。
そうならん様な対策が必要じゃのう。
スマホ博士
アラーム機能はありません

10分電話かけ放題オプションは、10分以内の通話は無料ですが、10分を超過した分の通話料は、いつでも電話アプリで電話をした時の30秒で10円の通話料が掛かってしまいます。

他の格安SIMでは、電話アプリにアラーム機能が付いていて、10分が近付くとアラームが鳴る様、セットをする事が出来る所もありますが、LINEモバイルのいつでも電話アプリにはアラーム機能はありませんので、ついつい、話し込んでしまいますと、時間の事を忘れ、10分を超過して有料になってしまう事もありますので、ご注意が必要です。

ひよっこ君
このアラーム機能は「いつでも電話」アプリにも付けて欲しいよう!

LINEモバイル公式サイト

端末保証オプション

端末保証オプション端末保証と言いますと、スマホが壊れたり、スマホが水没したりと、今は元気なスマホの万一の事を考えた時の費用ですので、私のスマホは壊れないと思っておられる方にとりましては、ちょっともったいない、ちょっと躊躇をしてしまう費用になると思います。

しかし、車の保険や火災保険なども、私は事故は起こさない、私は火事はおこさないと、皆さん、思っているのですが、万が一の時の事を考えて入るのですよね

端末保証につきましても同様で、LINEモバイルで新しいスマホを購入した場合や、まだ新しめのスマホをLINEモバイルに持ち込んで使う場合は、スマホは高価なものですので、端末保証には入っておいた方が良いと思います。

LINEモバイルでは、LINEモバイルで新しくスマホを買った人の為の「端末保証」オプションと、今まで他社で使っていたスマホをLINEモバイルに持ち込んで使う人の為の「持込端末保証」オプションの2種類の端末保証を準備しています。

ひよっこ君
もったいないけど、入った方が良いのかなぁ~...。

①端末保証オプション(450円)ー LINEモバイルで購入した端末の保証

端末保証この「端末保証」は、LINEモバイルに新規でお申し込みをした時に、同時に端末を購入した時に加入する事が出来るオプションです

また、LINEモバイルに新規でお申し込みをした時は、持込端末だったので持込端末保証に加入して、その後、LINEモバイルで新しい端末を購入した時に、マイページから機種変更をした時にも加入する事が出来るオプションです。(その際は、旧の持込端末保証は、お客様ご自身で解約をする必要があります。)

LINEモバイルで新しいスマホを買った人が入れるオプションじゃぞ。
スマホ博士
端末保証オプションの概要・保証内容
料金 月額450円
対象 LINEモバイルで購入した端末
保証方法 交換のみ
交換端末 原則、同じカラー、同じ機種の新品かリフレッシュ品に交換
端末交換の必要日数 約2日
修理・交換費用 1日目:5,000円、2回目:8,000円
利用回数 1年に2回まで
保証範囲 故障、水濡れ、破損
保証開始日 契約成立日から
保証期間 契約成立日から3年
その他 お申し込み時、または機種変更時にのみ、申し込みが可能

料金は、とてもお手頃な月額450円です。

私が以前、使っていたドコモの端末保証も、330円から500円の月額料金で、330円の月額料金の場合は、修理・交換費用は1回目が5,000円、2回目が8,000円でしたので、ほぼ同じ条件になります。

そして、LINEモバイルの端末保証の保証内容は、修理・交換費用を支払う事で、全て、同一機種・同一カラーに交換対応。

しかも、「LINEモバイル 端末保証受付センター」は年中無休で繋がり、18時までに受付が完了すれば、使える状態に設定して下さった上で、その日に発送して頂けるので、早ければ翌日には届き、スマホが使えない時間も最短で済んで、とても有難いですね。

ひよっこ君
素晴らしい迅速対応だね!
端末保証オプションの注意点
注意点①

端末保障オプションは、契約時にのみ、申し込みができるオプションです。

途中からは加入できませんので、くれぐれもお間違いのない様、お願いいたします。

注意点②

LINEモバイルで端末を購入する場合の端末保証オプションは、Android端末は保証対象の機種になりますが、現在、LINEモバイルで販売されているiPhoneはiPhone SEだけになりますが、そのiPhone SEは端末保証に加入する事が出来ません

これは、iPhoneはApple Inc.の1年間のハードウェア保証の対象になる為です。

②持込端末保証オプション(500円)ー ご自身で準備をした端末の保証

持込端末保障この「持込端末保証」は、他社で使っていたスマホをLINEモバイルでそのまま使う時に加入する事が出来る端末保証です。

また、その後、機種を変更する場合に、LINEモバイルで端末を購入する場合は、持込端末保証を解約し、新たに、持込ではない方の端末保証に入る事になりますが、その時に、LINEモバイルで端末を購入せず、アマゾン等で新品の機種や中古の機種を購入するなど、機種をご自身で準備をしてLINEモバイルで使う時にも、IMEI情報を変更する事で、持込端末保証を継続する事が出来ます

持込端末保証の場合は、IMEI情報の登録がキーポイントじゃぞ。
スマホ博士
持込端末保証オプションの概要・保証内容
料金 月額500円
対象 ご自身で準備をしてLINEモバイルに持ち込んだ端末
保証方法 iOS端末は修理のみ、Android端末は修理か交換
交換端末 故障端末と同一のOSの、新品もしくはリフレッシュ端末
※ 交換端末がご利用中の端末と同一の端末とは限りません。
端末交換の必要日数 約2週間
修理・交換費用 1日目:4,000円、2回目:8,000円
利用回数 1年に2回まで
保証開始日 契約成立日の翌月から
保証範囲と保証期間 自然故障の場合はメーカー発売日から3年間
故障、水濡れ、破損の場合は、当オプションを解約するまで
その他 新規お申し込み時にのみ、申し込みが可能(IMEI登録後に適用

この「持込端末保証オプション」は、Android端末も、iOS端末も、加入する事が可能なオプションです。

料金は月額500円と、LINEモバイルで端末を購入した端末保証オプションよりも50円高いですが、いずれにしましても、高額なスマホを保証してもらう事を考えますと、お手頃な料金だと思います。

保証内容は、端末保証とは少し違いまして、Android端末は修理か交換の対応になりますが、iPhoneは修理のみの対応になります。

ですので、修理が終わって手元にスマホが戻って来るまでには、約2週間位かかりますが、その間は、希望をすれば、無料で貸し出し端末を送って頂けますので、最低限の通話や通信は出来るので安心です。

ひよっこ君
貸出端末を無料で貸してもらえるのがありがたいね!
ちなみにマイネオは、貸出端末は有料で3,000円じゃぞ。
スマホ博士
持込端末保証オプションの注意点
注意点①

この持込端末保証オプションも、LINEモバイルにお申し込み時にのみ、申し込みが出来るオプションになります。

LINEモバイルを使い始めた後に入ろうと思いましても、その時には入る事が出来ませんので、入るか入らないかは、LINEモバイルを申し込む前にじっくりとご検討をして頂き、あらかじめ、決めておく必要があります。

注意点②

持込端末保証オプションが適用されますのは、LINEモバイルお申し込み時に、持込端末保証を申し込むのと同時に、端末のIMEI情報をLINEモバイルに登録する事により、適用されます。

オプションは申し込んだけどIMEI登録を忘れてた、という場合は、オプションの利用料を支払っている場合でも端末保証はされませんので、「IMEI情報の登録」は、絶対に忘れずに行って下さい。

注意点③

保証の開始につきましては、端末保証オプションが契約成立日からなのに対して、持込端末保証オプションは契約成立日の翌月からになります。

これは、いわゆる免責期間になり、契約成立日の当月にスマホが故障をしてしまった場合は、保証対象にはなりませんので、ご注意下さい。

ひよっこ君
それじゃあ、最初の1ヶ月は特に注意してスマホを使わなきゃ...。

端末保証オプションに入るべきか、入らないべきかの判断ポイント

端末保証オプションに入るか入らないかは、とても悩ましい事だと思います。

と言いますのも、この端末保証は、料金は払うのですが、実際にスマホが壊れるかどうかは分かりませんし、スマホが壊れなかったら、このオプションの料金は水泡に帰してしまうからです。

ひよっこ君
そうだよね...、悩んじゃう...。

しかし、結論から言いますと、このオプションはLINEモバイルのお申し込み時にしか入れないオプションですし、途中から加入する事が出来ませんので、基本的には、入った方が良いかなと思います。

私はまだ、LINEモバイルに乗り換えてからはスマホを壊した事はありませんが、ドコモの時には、10年以上利用して1回だけ、壊してしまった事があります。

スマホを落としてしまって、スマホの電源が入らず、スマホの画面が真っ暗になってしまった時は、顔が真っ青になりました。

しかし、端末保証に入っていたおかげで、たった5,000円を支払う事で、新しいスマホ(リフレッシュ品だと思いますが)に交換して貰えましたので、この時は本当に助かりましたし、嬉しかったのです。

そうじゃのう。今の時代、スマホがないと身動きが取れんもんのう。
スマホ博士

しかし、当時、月々の端末保証料が380円として、これが10年ですから、総額で45,600円も払って来た事になり、それだけの費用を払うのはもったいないと思われる方も多いと思います。

私の場合は、たまたま、1回だけ交換でしたが、それでも、この安心感は忘れられませんし、仮に、立て続けに2回もスマホが壊れてしまう事を考えると、月々たったの450円か500円、大きな安心を買う事が出来ますので、入っておく方が良いのではと思います。

今、古いスマホをお使いで、そろそろ替え時だし、万一、壊れてしまった場合は、新しいスマホを買おうと考えておられる方は、当然、端末保障に入る必要はありませんが、新しいスマホをお持ちの場合は、入っておく方が良いかなと思います。

万一、スマホが壊れてしまい、保証に入っていなかったせいで、修理や交換に大きなお金を出費をしてしまう事を思い浮かべて頂きましたら、もったいないという気持ちも薄まり、納得して端末保証に入って頂く事が出来ると思います。

私は、車の車両保険や火災保険などの保証や保険にお金を払う時は、そんな感じで、万一、保険や保証が入っていなかった時の多大な出費の事を、いつも想像する様にしています。

そうじゃな、人生、何か起こるか分からんしのう...、保険とか保証は大事じゃぞ。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

Wi-Fiオプション(月額200円)

wifiオプションこのWi-Fiオプションは、セブンイレブンなどのコンビニやドトールコーヒーなどのコーヒーショップ、モスバーガーなどのハンバーガー屋さんやデニーズやイトーヨーカ堂など、全国の約49,000ヶ所のWiFiスポットを、月額200円でいくらでも利用する事が出来るオプションです

ひよっこ君
たった200円で49,000ヶ所って、すごいサービスだね。

早速、このWi-Fiオプションのご説明をスタートさせて頂きます。

Wi-Fiオプションのメリット

まずは、Wi-Fiオプションのメリットのご説明です。

Wi-Fiオプションは、お住まいの地域によりましては、200円以上のメリットがあるオプションです。

データ量の消費が抑えられる!

自宅にWi-Fiがある場合と同様に、これらWi-FiスポットでWiFiを繋いでいる時は、LINEモバイルのデータ通信量は消費しません

LINEモバイルはLINEなどがデータフリーですので、元々、他の格安SIMよりデータ通信量の消費を抑える事が出来ますが、加えて、これらWi-Fiスポットを上手に利用する事で、さらにデータ量の消費を抑えられ、データ容量の少ないプランに下げる事も出来て、その結果、スマホの利用料金を下げる事が出来ます

なるほど、ダブルでデータ量の消費が抑えられる訳じゃな。
スマホ博士
大容量通信もデータフリーの様に使える!

例えば、動画を見たり、アプリのダウンロードなどの大容量の通信をする時は、モバイル通信に繋いでいる時は、どうしても通信量を気にしてしまいますよね。

私などは、アプリの自動アップデートはWi-Fi接続時のみに行う様、スマホに設定をしている位で、自宅を始め、出来れば、大容量通信はWi-Fi環境にいる時にしたいものだと思います。

まさに、このWi-Fiオプションがその通りで、全国約49,000ヶ所のWiFiスポットにいる時は、大容量通信をしてもLINEモバイルのデータ容量は消費しませんし、同時に、高速でサクサクと繋がります

また、これらのWi-Fiスポットのセキュリティは、最も強度の高いWPA2方式の暗号化方式に対応していますので、プライバシーも保たれ、安心、安全に利用する事が出来ます。

ひよっこ君
外でネットに繋ぐ時はセキュリティが不安なんだけど、これなら安心だね。
パソコンやタブレットも利用できます!

Wi-Fiオプションに加入しますと、お持ちのスマホだけではなく、パソコンやタブレットも、データ量を消費する事なく、高速で利用する事が出来ます

これは、Wi-FiスポットでWiFiに繋がっているスマホを、パソコンやタブレットとデザリングで繋ぐという様な面倒な事はするのではなく、Wi-Fiオプションに加入し、パソコンやタブレットでWi-Fiの設定を行うだけで、Wi-Fiをオンの状態でWi-Fiスポット圏内に入ると、自動でWi-Fiに繋がります

Wi-Fiオプションは、各端末でWi-Fi設定を行う事でWi-Fiに繋がりますので、Wi-Fiスポットにスマホを持って行かず、パソコンやタブレット単体でも、Wi-Fiに繋がるサービスです。

Wi-Fiスポットのあるお店に勤めてる人は、200円で繋ぎっ放しという事じゃな。
スマホ博士

面倒な操作は不要、自動でWiFiに繋がります!

もし、これらWi-Fiスポットの圏内に入った時に、手動でそのWi-Fiに繋ぐのであれば、これはとっても面倒ですよね。

せっかく、お金を払ってWi-Fiオプションに入っているのに、その都度、手動でセッティングをするとなると、Wi-Fiスポットに行っても、Wi-Fiに繋ぐ事を忘れてしまうかも知れません。

しかし、このWi-Fiオプションはとても便利で、簡単な設定をしておけば、Wi-Fiスポットの圏内に入ると、自動でそのWi-Fiに繋がります

ですので、その都度、面倒な設定は不要で、データ通信量の消費を抑える事が出来ます。

ひよっこ君
これが有難いよね。いちいち繋がなければいけないんだったら、面倒だもん。

Wi-Fiオプションで得する人、得しない人

このWi-Fiオプションですが、Wi-Fiスポットの多い所にお住いの方で、よく外に外出なさる方にとっては、月額200円以上のメリットがありそうです。

Wi-Fiオプションで得する人

新宿のWi-Fiスポット

画像をクリックすると、別窓で大きく開きます。

例えば、上の図は、LINEモバイルの公式サイトの「Wi-Fiオプション スポット検索」で、東京の新宿駅を中心にしたエリアのWiFiスポットを検索したスクリーンショットですが、ご覧の取り、Wi-Fiスポットがひしめき合っていますので、Wi-Fiスポットのお店に入らなくても、新宿の街を歩いているだけでWi-Fiに繋がりそうな勢いです。

つまり、この様なWi-Fiスポットの多い場所に行く事の多い方は、Wi-Fiに繋がっている時間が長いので、上手に使えば、ほぼ1日中、LINEモバイルのデータ量を使わずに済むかも知れず、このWi-Fiオプションのメリットを大きく享受する事ができます

ひよっこ君
とにかく、Wi-Fiスポットの多い所にいる人は、得するって事だね。
Wi-Fiオプションで得しない人

軽井沢のWi-Fiスポット

画像をクリックすると、別窓で大きく開きます。

一方、これは、日本でも有数の別荘地、軽井沢エリアのWiFiスポットですが、別荘地ですから騒々しい訳もなく、ですので、非常にWi-Fiスポットは少ないです。

この軽井沢は、Wi-Fiスポットが少ないだろうと思いましたので、他意はなく、例としてお示しさせて頂きましたが、つまりは、日頃、のんびりとしたエリアにいらっしゃることが多い方は、このWi-Fiオプションに入りましても、繋がるWi-Fiスポット自体が少ないですので、メリットを受ける事がほとんど出来ません

毎日、コンビニに、1時間も2時間もたむろ出来んしのう。
スマホ博士

ですので、お住まいのエリアや、日中にいらっしゃる場所や頻度を考慮頂き、このWi-Fiオプションに入るか入らないかをお選び頂きましたら良いと思います。

ワンポイントアドバイス

このWi-Fiオプションは、初めてお申し込みをなさる場合は、最大、2ヶ月が無料になります。

そして、このWi-Fiオプションは、最低利用期間や違約金なしに、いつもでLINEモバイルのマイページから解約手続きをする事が出来ます

ですので、一度、お試しで加入なさり、それ程、メリットが感じられない場合は、解約をなさっても良いと思います。

LINEモバイル公式サイト

ウイルスバスターオプション(月額420円)

ウィルスバスター皆さまは、お使いのパソコンには、何がしかのウイルス対策ソフトを入れて、ウイルスの侵入を防いでおられると思います。

ウイルスは、インターネットを使用時に、特にメールに添付されたファイルに潜んでいる事が多く、その添付ファイルを不用意に開く事により、パソコン内の個人情報の漏洩など、様々なトラブルを引き起こします。

また、パソコンのコンピューターシステムが破壊され、パソコンが動かなくなってしまう事もあります。

ですので、インターネットに繋ぐスマホも、様々なウイルスから守ってあげる必要があるのです。

ひよっこ君
スマホは小さいけど、パソコンと同じ様に守ってあげる必要があるんだね。

ウイルスバスターとは?

ウイルスバスターウイルス対策ソフトにも、マカフィーやノートンなど、たくさんの種類がありますが、トレンドマイクロ社が販売するウイルスバスターは、2位以下を大きく引き離して、日本でトップシェアを誇るウイルス対策ソフトです

ウイルスバスターは、ウイルス対策と同時に、スパイウェアへの対策や、クレジットカード情報など重要な個人情報を盗み出すフィッシング詐欺、また、アカウントの乗っ取りにも対応している優秀なソフトです。

LINEモバイルの「ウイルスバスターオプション」は、3台の端末までインストールする事が出来ますので、お持ちのスマホに加えて、家にあるパソコンやタブレットの安全も守れ、月額料金は420円ですので、1台当たり月140円とお手頃価格になっています。

ひよっこ君
家のパソコンを保護していない人は、この際に契約しても良いよね。

LINEモバイルのウイルスバスターオプションは必要?

ウイルスバスターに限らず、お持ちのスマホを守る上では、絶対にウイルス対策ソフトは入れておかれた方が良いと思います。

もし、既に、ご自宅のパソコンにウィルス対策ソフトを入れておられ、他の機器にインストールする枠が残っている様でしたら、そのソフトを入れても良いと思います。

また、トレンドマイクロ社の公式サイトで、ウイルスバスターを直接、購入するのも一つの方法です。

LINEモバイルのウィルスバスターオプションは月額版になり、いつでも加入する事も出来て、いつでも解約する事が出来る、つまり、最低利用期間もなく、違約金もなく、自由なプランになりますので、若干、割高です。

一方、トレンドマイクロ社の公式サイトからの購入は、月額版ではなく、1年版、2年版、3年版の3パターンとなり、長期になる程、割安になって行きます。

ひよっこ君
いつでも解約できるLINEモバイルのオプションは、気が楽だよね。
しかし、どっちにしても、スマホを守るウィルス対策ソフトは必要じゃから、長期の分も要・検討じゃのう。
スマホ博士

ウイルスバスターの価格比較

  料金 1ヶ月当たりの料金
LINEモバイルのウイルスバスターオプション 月額420円(税込453円
トレンドマイクロ社 ウイルスバスタークラウド(1年版) 5,380円(税込) 月額448円(税込)
トレンドマイクロ社 ウイルスバスタークラウド(2年版) 9,680円(1年当たり 4,840円) 月額403円(税込)
トレンドマイクロ社 ウイルスバスタークラウド(3年版) 12,780円(1年当たり 4,260円) 月額355円(税込)

LINEモバイルのオプションでウイルスバスターに加入する場合は、税込で月額453円

一方、トレンドマイクロ社で直接、購入する場合は、期間が長くなるほど、割引率も高くなって行き、3年版ですと1ヶ月355円と安くなりますので、ご自身のご事情に合わせて、LINEモバイルで月額版になさるか、トレンドマイクロ社の長期の分になさるかを選んで頂ければと思います。

もし、ウイルスバスターを使った事がない方は、このオプションも、LINEモバイルでは初月が無料になりますので、まずは、お試しをなさっても良いと思います。

ひよっこ君
使ってみないと分からないし、取り敢えず、申し込んでおいた方が良いかもね。

LINEモバイル公式サイト

LINE MUSICオプション(月額750円)

LINE MUSICオプションLINEが提供する定額制音楽聴き放題サービス「LINE MUSIC」をお得に利用する事ができるオプションです。

LINE MUSICは、幅広いジャンルに5,000万曲という膨大な楽曲を取り揃えている、人気ナンバーワンのストリーミング型の音楽サービスです。

参考:ストリーミング型の音楽サービスとは?

音楽の配信サービスには、ストリーミング型ダウンロード型の音楽サービスがあります。

ダウンロード型の音楽サービスは、文字通り、音楽をスマホにダウンロードして再生する方式で、Wi-Fi環境のない場所、つまり、オフラインの状態でも視聴が出来るメリットがありますが、端末の容量が十分でないとダウンロードできませんし、データ量が多いとダウンロードに時間が掛かます。

料金的には、ダウンロードする度に課金される形です。

ひよっこ君
ちょっと昔の音楽サービスのやり方だよね。

一方、ストリーミング型の音楽サービスは、インターネットに接続しながら音楽が視聴できる方式です。

今の主流はストリーミング型じゃぞ。
スマホ博士

端末に楽曲をダウンロードして保存する必要がないので、スマホの容量が少なくても、インターネットに繋がりさえすれば視聴する事が出来る、とてもお手軽な音楽の再生方式である一方、逆に言うと、Wi-Fi環境にない場合、オフラインでは視聴する事が出来ません。

ちなみに、ストリーミング型の音楽サービスは、利用する時間に対して課金されます。(1ヶ月でいくらとか、○○時間までならいくらとか)

上記の通り、通常、ストリーミング型の音楽サービスは、オフライン時には視聴する事が出来ませんが、LINE MUSICの場合はWi-Fi環境下でストリーミング再生で楽曲を楽しむ事も出来ますし、楽曲を保存(キャッシュ)して、最大7日間、オフライン時に無料で視聴する事も出来ますので、とてもストレスフリーな音楽配信サービスなのです。

ひよっこ君
音楽をキャッシュ機能でオフライン時にも聴けるのが良いよね!

参考:LINE MUSICでは、楽曲を購入(ダウンロード)する事も出来ます。

LINE MUSICオプションはどれくらいお得? 料金比較

LINEアプリ経由でのLINE MUSICの料金表

フリープラン
(1曲30秒まで無料)
無料
ベーシックプラン(一般)
(1ヵ月で20時間まで)
500円(税込)(3ヵ月無料)
ベーシックプラン(学割)
(1ヵ月で20時間まで)
300円(税込)(3ヵ月無料)
プレミアムプラン(一般・月額)
(時間制限なしに聴き放題)
960円(税込)(3ヵ月無料)
プレミアムプラン(学割・月額)
(時間制限なしに聴き放題)
500円(税込)(3ヵ月無料)
プレミアムプラン(一般・年額)
(時間制限なしに聴き放題)
9,600円(税込)(3ヵ月無料)
ファミリープラン(月額)
(最大6人まで、時間制限なし)
1,400円(税込)(3ヵ月無料)
ファミリープラン(年額)
(最大6人まで、時間制限なし)
14,000円(税込)(3ヵ月無料)

LINEモバイルのLINE MUSICオプションの料金表

プレミアムプラン(一般・月額)
時間制限なしに聴き放題で楽しめるプラン
750円(税込810円)
(当初2ヶ月間:無料、その後4か月間:月額500円)

LINEモバイルのLINE MUSICオプションのプランは、LINEアプリからの申し込みの「プレミアムプラン」の「一般」のタイプになり、時間制限なしに、聴きたい放題に楽曲が視聴できるプランになります。

料金的には、一般の方にとりましては、LINEアプリから申し込むと960円(税込)の所、LINEモバイルのオプションとして申し込むと750円(税込で810円)ですので、150円、お得です

そして、LINEアプリから申し込むと3か月間無料という素晴らしい特典が付いていますが、LINEモバイルのオプションの方は、最大2ヶ月間が無料、そして、その後の4か月間も月額500円で利用が出来ますので、一般の方は、LINEモバイルのオプションとして申し込んだ方が得になります。

一方、学生さんにとりましては、LINEアプリの学割のチケットを利用すると、聴き放題のプレミアムプランが月額500円ですので、LINEモバイルのオプションとして申し込むよりも、LINEアプリ経由で申し込んだ方がお得です。

一般の人は、LINEモバイルのオプションで申し込んだ方がお得じゃぞ。
スマホ博士
ひよっこ君
学生さんは、アプリからだと500円で聴き放題って、最高だね。

LINEモバイルのMUSIC+プランとの組み合わせはベストです!

MUSIC+プラン。

容量 データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
3GB 月額1,810円 月額2,390円
5GB 月額2,140円 月額2,720円
7GB 月額2,700円 月額3,280円
10GB 月額2,940円 月額3,520円

音楽が大好きな方、音楽が手放せない方、また、通勤や通学の時にいつも音楽を聴いておられる方にとりましては、LINE MUSICはコスパの優れた素晴らしい音楽配信サービスだと思います。

そして、且つ、「LINEモバイルのMUSIC+プラン」との組み合わせは最高です。

音楽のストリーミング再生は、動画の視聴に比べますとましですが、それでも、多くのデータ通信量を消費します。

例えば、LINEモバイルのLINEフリープラン、月額620円のSMS付きのデータSIMタイプの1GBのデータ容量では、せっかく、LINE MUSICオプションに加入して、時間無制限で聴きたい放題だとしましても、すぐに基本データ量の1GBを使い切ってしまい、聴きたい放題に音楽を聴く事が出来ない可能性が高いです。

基本データ容量の多いコミュニケーションフリープランでも、常にストリーミング再生で音楽を聴いている方にとりましては、楽曲視聴にデータ量が取られ、他のサービスを使おうとする時に、基本データ量を使い切ってしまっている可能性も出てきます。

そんな時に、LINE MUSICを視聴する時の通信量がデータフリーになるMUSIC+プランは、ベストマッチです。

いずれにしましても、このLINE MUSICオプションも、申込と同時に加入した場合は、2か月間はオプション料金は無料ですし、その2か月の間に解約した場合も、オプション料金は無料のままですので、お試しから始めれられても良いと思います。

ひよっこ君
まずは、LINE MUSICもお試しからだね。
LINEモバイルは初月が無料じゃから、プランもMUSIC+プランを選択して、ダブルでお試しをすれば良いんじゃ。
スマホ博士

LINE MUSICオプションは、LINEモバイルの500円プラン(LINEフリープランのデータSIMタイプ)では利用する事が出来ません。

LINEモバイル公式サイト

フィルタリングオプション -(無料)でお子さまを守る!

i-filterLINEモバイルは、お子さまスマホに最適な格安スマホですが、その一因が、このフィルタリングオプションです。

2つ前にご説明をさせて頂きましたウィルスバスターオプションは、ウイルスからパソコンを守る為のオプションでした。

一方、このフィルタリングオプションは、インターネット上にある危険からお子さまを守るオプションになります。

ひよっこ君
ちょっと難しくて言ってる事が分からないなぁ~…。

そうですね、ご説明の仕方が抽象的すぎましたね。

例えば、小学校も高学年になって来ますと、親御さまはお子様からスマホを持たせて欲しいとねだられる様になって来ると思いますが、その時に親御さまが心配なさる事は、お子さまがインターネットで怪しいサイトを見ないかSNSで知らない人と知り合って危険な目に会わないかと、まずは、お子さまの安全の事をお考えになられる事と思います。

このフィルタリングオプションは、お子さまがインターネットを閲覧する際に、未成年者にはふさわしくないサイトをブロックして、閲覧できない様にするオプションなのです。

「i-フィルター」が無料で使えるフィルタリングオプション

i-フィルターLINEモバイルのフィルタリングオプションは、デジタルアーツ社の「i-フィルターを採用しています。

この「i-フィルター」は、家庭向けのフィルタリングサービスの中でトップシェアを誇り、フィルタリングソフトを取り入れているご家庭の90%以上のご家庭が、このi-フィルターを取り入れている程の優れもの。

(公社)日本PTA全国協議会にも推薦されているソフトになり、全国の教育現場、31,000以上もの学校に導入されているのです。

格安SIM各社も、フィルタリングサービスにはこの「i-フィルター」を取り入れている所がほとんどなのですが、他社ではこの「i-フィルター」のフィルタリングオプションを、300円~400円の有料オプションにしている所が多い中、LINEモバイルは無料でお客様に提供しているのです!

ひよっこ君
マイネオでは350円、楽天モバイルでは300円だよ。
LINEモバイルは、子供の安全を第一に考えた格安スマホなんじゃ。
スマホ博士

i-フィルターの主な機能

i-フィルターは豊富な機能を備えておりますが、i-フィルターの詳細に関しましては、別に専用ページを作らせて頂いておりますので、そちらをご覧頂くとしまして、ここでは、i-フィルターの主な機能を6つだけ、簡単にご説明をさせて頂きます。

Webフィルタリング機能

この機能は、お子さまがスマホでインターネットを見る時に、未成年にふさわしくないサイトをブロックして、お子さまに見せない様にする機能です。

親御さまが「見せるサイト」「見せないサイト」を個々に設定して頂く事も出来ますし、あらかじめ、デフォルトで推奨設定も登録されていますので、手間なく簡単に、お子さまに見せたくないサイトを見せない様にすることが出来ます。

ひよっこ君
お子さまが変なサイトを見ない様にブロックしてくれるんだよ。
アプリフィルターリング機能

これは、使っても良いアプリ、使わせたくないアプリをフィルタリングする機能です。

例えば、家族で連絡を取り合うLINEは、お子さまに使わせてもOKに設定、一方、通話はLINEの無料通話で連絡を取り合うので、普通の電話は使わせない場合は、その標準電話アプリを使わせない設定にしたり、あるいは、お子さまが大好きなユーチューブやオンラインゲームのアプリを使わせない様に設定する事も出来ます。

お子さまにアプリを使わせない様にする機能じゃぞ。
スマホ博士
端末の利用時間制限、インターネットの利用時間制限

この機能も、親御さまにとりましては、非常に便利で有難い機能です。

この機能は、端末を使う事が出来る時間、使わせない時間、また、インターネットをしても良い時間、させない時間を設定する事が出来る機能になります。

例えば、先ほども例に出しましたが、お子さまはYouTubeが大好きですよね...、親御さまからしますと、子供の喜ぶ事はさせてあげたいけど、やりすぎて勉強をしなくなると困りますよね。

そこで、YouTubeのアプリを使っても良い時間と使わせない時間を設定する事で、お子さまの生活にもメリハリを付ける事が出来ます。

ひよっこ君
スマホを使っても良い時間と使わせない時間を設定できるんだ。
スマホの利用状況の確認

例えば、お子さまがインターネットを利用する際、どのようなワードで検索をしているのかどのようなカテゴリーのサイトを見ているのか、親御さまは気になりますよね...、それらの履歴を親御さまが把握する事が出来ます。

お子さまも思春期になって来ますと、反抗期に入ったり、会話もしてくれなくなったり、親御さまはお子さまが何を考えているのかが分からなくなり、悲しくなり、不安になる事が往々にしてあると思います。

そんな場合でも、お子さまがどのような検索をしているのかを把握する事で、お子さまの興味の内容が分かりますので、お子さまが間違った方向に進んでいない事を確認する事もでき、ガミガミと質問攻めにせず、温かく見守ってあげる事が出来ます。

お子さまがどんなサイトを見てるのかが分かるんじゃよ。
スマホ博士
通話発着信の履歴の確認

基本的には、ご家族内での連絡手段はLINEになさっておられるご家庭が多いので、お子さまのスマホに電話機能を付ける事も少ないと思いますが、もし、電話機能を付けている場合は、お子さまが誰に発信したのか誰から電話がかかって来たのか、その履歴を確認する事が出来ます。

ひよっこ君
誰にかけたか、誰からかかって来たが分かるんだ。
位置情報の履歴の確認

これは、お子さまが今、どこにいるかを把握する事が出来る機能です。

学校の授業が終わった後、なかなかお子さまが家に帰ってこない時など、どこに寄り道をしているのか、親御さまは心配なさる事と思いますし、晩、お子さまが無事に塾に行けているかなどをリアルタイムで確認をする事が出来ます。

また、親御さまもお忙しいですから、常にお子さまの行動に目を光らせておく事は出来ません...、そんな場合は、お子さまの行った先の履歴を確認する事も出来ます。

お子さまの居場所や行った場所が分かるんじゃ。
スマホ博士

これらは、ほんの一部の「i-フィルター」の機能ですが、i-フィルターは非常に優れたフィルタリングソフトで、そんなi-フィルター」を無料のオプションにしているLINEモバイルは、本当に素晴らしいと思います。

i-フィルターの詳細をつづった記事もご準備しておりますので、よろしければ、ご覧ください。

子供を守る!
i-フィルター
【子供の安全を無料で守る!】LINEモバイルのフィルタリング「i-フィルター」

そろそろ、子どもにスマホを持たせなきゃってお考え中のお父さん、お母さん、こんにちわ。 お子さまが小学生にもなると、スマホを持ちたい、スマホを持ちたいと、毎日、せがまれていることと思います。 いきなりで ...

続きを見る

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルのその他の9つのオプションの詳細

さて、主要な6つのオプションのご説明も終わりましたので、引き続き、その他の9つのオプションのご説明をさせて頂こうと思います。

  ソフトバンク回線 ドコモ回線
留守番電話プラス
(月額300円)
留守番電話
(無料)

(300円)
割込通話
(月額200円)

(月額200円)
グループ通話
(月額200円)
通話明細
(月額100円)

(月額100円)
ナンバーブロック
(月額100円)
転送電話
(無料)

(無料)
国際電話
(無料)

(無料)
国際ローミング
(無料)

これらのオプションに関しては、すべて、電話関係のオプションになります。

そして、以前、キャリアのスマホを使っておられた方でしたら、ほぼ、内容はご存知かと思いますし、この度、初めてスマホを持たれる方にとりましても、内容はすぐにご理解頂けると思いますので、簡単にご説明をさせて頂こうと思います。

そうじゃのう。わしはほとんど知っとるぞ。
スマホ博士

留守番電話プラス(月額300円、ソフトバンク回線のみ)

ソフトバンク回線は、留守番電話のオプションは無料で付いています。

この「留守番電話プラス」オプションは、無料の留守番電話オプションの上位版の留守電になり、留守番電話の保存件数が30件から100件に保存期間が3日から1週間にグレードアップされたバージョンです。

私などの場合は、たくさんの電話はかかって来ませんし、仮に、留守番電話にメッセージが入っていても、すぐに聞いて、すぐに削除しますので、普通の留守電で十分なのですが、電話がたくさんかかって来て、忙しくて、その都度、留守番電話を聞く事が出来ない方には、このオプションはメリットがあると思います。

ひよっこ君
電話がたくさんかかって来る人は、この上位版の「留守番電話プラス」だね。

留守番電話(無料、ソフトバンク回線のみ)

ご説明をさせて頂きました通り、ソフトバンク回線には、無料の留守番電話のオプションがあります。

この無料版の留守番電話は、保存件数は30件まで保存期間は3日までになり、お申し込みは不要になります。

普通の人は、無料の留守電で十分じゃと思うぞ。
スマホ博士

留守番電話(月額300円、ドコモ回線のみ)

ドコモ回線の留守番電話は、保存件数は20件まで、保存期間は3日までと、保存件数はソフトバンクの無料の留守番電話よりも少ないのに、有料の300円になります。

当初、私は、ドコモからLINEモバイルのドコモ回線に乗り換えたのですが、当時、ソフトバンクの有料版並みの留守番電話でしたら、加入しても良いかなと思いましたが、このドコモ回線の留守番電話に300円はもったないと思い、加入しませんでした。

その時に思い付いたのが、標準の電話アプリの伝言メモです。

電話を発信する時は、「いつでも電話」アプリを使って発信する訳ですが、着信に関しては、標準の電話アプリで受ける為、標準の電話アプリの伝言メモを設定する事により、圏外の時はダメですが、圏内にいる時は、「伝言メモ」で十分、留守電の役割を果たしてくれました。

ひよっこ君
せめて、ソフトバンク回線の無料版の保存件数と保存期間位にはして欲しいよね。

割込通話 (月額200円、共通)

ソフトバンクではそのままの名称の「割込通話」、ドコモでは「キャッチホン」という名称のサービスでしたが、これはご存知の通り、通話中の電話を保留にして、かかってきた他の電話を受ける事が出来るオプションです。

以前、ドコモの時は、留守番電話などとのパック割引で安かったので入っていましたが、今は、キャッチが必要な程、電話はかかって来ませんので入っていません。

この割込通話オプションは、たくさんの電話がかかってくる方にメリットがあるオプションになります。

このオプションも、頻繁に電話がかかって来る人向きじゃのう。
スマホ博士

グループ通話(月額200円、ソフトバンク回線のみ)

「グループ通話」は、通話中に別の方に電話をかけることで、最大5人の複数の相手と同時に通話ができるサービスです。

これは、LINEのグループ通話と同じですので、仕組みはご存知の方も多いと思いますが、お仕事やプライベートなどで、電話で同時に数人の方とお話をなさる事がある方は、このグループ通話オプションに入るとメリットがあると思います。

このグループ電話の機能は、なかなか面白いのう。
スマホ博士

通話明細(月額100円、共通)

音声通話の通話明細をマイページから確認できるサービスです。

いつ(日付)、何時に(利用時刻)、誰に(通話先電話番号)、何分間(通話時間)、国内電話か国際電話か(通話種別)、いくら(通話料金)を確認する事ができます。

ひよっこ君
安いから良いんだけど、でも、明細を見るくらいはタダにしてくれても良いんじゃないかなぁ~。

ナンバーブロック(月額100円、ソフトバンク回線のみ)

迷惑電話の拒否設定ができる、迷惑電話防止サービスのオプションです。

20件まで拒否登録する事ができ、拒否された電話番号はサービスセンターでブロックをするため、着信履歴を残さずに拒否する事が出来ます。

迷惑電話は本当に鬱陶しいから、これは良いと思うぞ。
スマホ博士

転送電話(無料、共通)

着信した電話を他の番号に転送することができるサービスです。

お申し込みは不要。

着信したスマホから転送先への通話料は、別途、かかります。

ひよっこ君
10分電話かけ放題に加入してたら、転送される通話料も10分以内はタダだよ。

国際電話(無料、共通)

国内から海外へ電話をかけることができるサービスです。

このオプションも申し込み不要ですが、海外への通話料は、別途、かかります

これもオプションに含まれるのかのう...?
スマホ博士

国際ローミング(無料、ドコモ回線のみ)

この国際ローミングサービスは少しややこしいのですが、海外にいる時に、ドコモが借りている海外通信会社の携帯電話の回線を利用する事で、海外でも通話とSMSの送受信ができるサービスを言います。

別途、通話料や通信料がかかりますが、データ通信の場合は、海外通信会社は従量課金になり、非常に高額になりますので注意が必要です。

SMS送信料は1通100円です。(受信にはかかりません)

ひよっこ君
海外旅行に行く時は、国内の携帯会社の定額の国際ローミングサービスが安心だよね。
いやいや、国際ローミングはオフにして、レンタルWi-Fiや海外SIMを利用する方が安いんじゃぞ。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルのオプションのまとめ

「オプション」の記事のメイン画像

皆様、いかがでしたか、LINEモバイルのオプションの事、ご理解頂けましたでしょうか。

LINEモバイルにはドコモ回線とソフトバンク回線の2回線があり、オプションの内容は、一部、異なっている部分もありますので、ご注意下さい。

主要な6つのオプションに関しては、必要な方にとりましては、非常にコスパの高い内容になっています。

実際にLINEモバイルのお申し込みをなさる時には、各オプションの所で加入するかしないかで悩んでしまいますと、一定時間が経過しますと、申し込み画面がタイムアウトになり、また一からの入力になってしまいますので、あらかじめ、ご検討を頂きまして、加入なさるか、加入なさらないか、決めておかれた方が良いと思います。

LINEモバイルはとっても素晴らしい格安SIMですよ!

是非、LINEモバイルにお申し込み頂き、ご家族やお友達と「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!

ひよっこ君
下のバナーから申し込みができるよ。(笑)
宜しくお願いしますぞよ。(笑)
スマホ博士

-LINEモバイルとは

Copyright© LINEモバイルで Let's Communication! , 2020 All Rights Reserved.