LINEモバイルとは

支払い失敗は代償が大き過ぎ! LINEモバイルの締め日・請求日・引き落とし日

LINEモバイルのお支払いに関して

皆さま、万一、LINEモバイルで料金のお支払いが出来なかった場合に、回線停止強制解約になってしまう事もあるっていう事、ご存知でしたか?

ひよっこ君
何だよ、何だよ...、いきなり...。

申し訳ございません...、いきなり、こんなお話をしてしまって...。(汗)

皆さまには、是非、気持ちよくLINEモバイルを使って頂きたくて、LINEモバイルのお支払いに関して、万が一の事も知っておいて頂きながらLINEモバイルをお使い頂きたかったのです。

皆さまが意図せず、うっかりとした理由により、LINEモバイルの料金の決済ができなかったりLINEモバイルの料金が引き落としされなかったりした場合、最悪の場合は、かなりの代償を負ってしまう事になりますので、注意喚起も含めて、ご意見をさせて頂こうと思ったのです。

実は、LINEモバイルで料金を支払う事が出来なかった場合、猶予期間はありますが、回線停止や強制解約はもちろんの事、最悪の場合は、今後、他の格安SIMも含め、スマホが使えなくなってしまう危険性があるのです。

それは具合が悪いのう...。
スマホ博士

そこで、この記事では、

  • LINEモバイルの締め日や請求日・決済日や引き落とし日はいつなの? 
  • クレジットカードやLINE Pay、LINE Payカードなど、支払い方法によって支払い日は違うの?
  • 支払い期日に支払いがなされなかった場合、最悪、どうなってしまうの?

など、LINEモバイルのお支払いに関し、「引き落とされるのはこの日だったの?」「この日までにお金を入れておけば良かったんじゃないの?」などと言ううっかりミスで、皆さまに料金の滞納をして頂かない様、そして、回線停止などの憂き目に遭遇して頂かないよう、普段はあまり気にする事の少ない、LINEモバイルのお支払いの基本的な事や事細かな部分をご説明をさせて頂きたいと思います。

\LINEモバイルの最新キャンペーンはこちらから!/

LINEモバイルのお支払いの全体の概略・流れ・スケジュール

LINEモバイルの決済のスケジュールまずは、LINEモバイルの基本的なお支払いの流れ、スケジュールをご説明させて頂こうと思います。

上の図の通り、LINEモバイルのお支払いは、毎月3日に料金が確定し、毎月5日が「請求日」となり、料金が決済されます。

そして、例えば1/5の「請求日」に請求される分は、12月の利用料金と11月の通話料となり、つまり、当月に請求される分は、前月の利用料金と前々月の通話料ですので、タイムラグがあり、少しややこしくなります。

また、LINEモバイルのお支払いに関しては、「締め日」や「請求日」、「支払日」「決済日」「引き落とし日」など、色々とややこしい言葉も出て来ますので、まずはここで整理をさせて頂こうと思います。

LINEモバイルのお支払いの「締め日」は毎月末

まず、上の図には記載がありませんが、LINEモバイルのお支払いの締め日は、毎月、月末日になります。

締め日とは、皆さま、もうご存知の事と思いますが、LINEモバイルのお支払いに関して、1ヶ月に1度の料金をまとめる日区切りの日の事を言います。

LINEモバイルの場合は、毎月、月末が締め日になりますので、1月分なら1/1から1/31までの期間を一つのスパンにして、2月分なら2/1から2/28までを一つのスパンにして、各項目で請求する月は変わって来ますが、その期間の基本料金やオプション料金、通話料金をまとめて、後日、お客様に料金の請求をします。

他の例で「締め日」のご説明をさせて頂きますと、一般的にお勤めされている会社の給料は、中には年俸制の方もいらっしゃると思いますが、月給制の方が多いと思います。

この場合、毎月1日から月末までを1つの期間として区切り、翌月の何日かに支給されると思いますが、この場合は「月末日」が締め日になります。

あるいは、私はクレジットカードはJCBを主に使っているのですが、他のクレジットカードは月末締めの所も多いのですが、JCBは毎月15日が締め日になります。

15日が締め日という事は、毎月16日から翌月の15日までの1か月間を一括りにして、その期間に使ったクレジットカードの利用金額をまとめて、翌月に利用者に請求します。

LINEモバイルの場合は、毎月1日から月末までを一期間として料金をまとめますので、その一期間の最後の日の月末が締め日となります。

ひよっこ君
1ヶ月に1度の最後のまとめる日の事を「締め日」って言うんだね。

LINEモバイルのお支払い金額の「確定日」は毎月3日

LINEモバイルでは、毎月月末に締めて一区切りするのですが、即、その月末にお客様に料金の請求をする訳ではありません

月末で一区切りしたものを、翌日の1日と2日の2日間で整理してまとめあげ、毎月3日にお客様への請求金額が確定します。

毎月3日に請求金額が確定しますと、LINEモバイルからLINEのトークで料金確定のお知らせが届きますが、このお知らせはとても重宝します。

日々、皆さま、忙しくお過ごしでいらっしゃると思いますので、LINEモバイルのお支払いの事なんか、日々の忙しさに埋もれて忘れてしまいますよね。

しかし、送られてくるこのお知らせが、クレジットカード払いにしている方はクレジットカードの有効期限は大丈夫かLINE payカードをLINEモバイルの支払い方法に設定している方はLINE Payの残高は足りているか、念の為に確認した方が良い事を思い出させてくれるのです。

ひよっこ君
利用停止とか契約を強制的に解除されるのとかは嫌だもんね。
そうじゃのう、忙しくても、利用停止や強制解除になる位なら、確認した方が良いもんのう。
スマホ博士

LINEモバイルのお支払いの「請求日」は毎月5日

この「請求日」という表現は、ユーザーの皆様にとりましては、少しややこしいと思います。

「請求日」とはLINEモバイルの立場での表現で、文字通り、LINEモバイルがお客様に料金を請求する日の事になりますが、お客様の立場からしますと、「請求日」=「お支払い日」となります。

ひよっこ君
「お支払い日」は、「引き落とし日」とか「決済日」と同じ意味だよ。
それにしても、確定日からお支払い日まで2日間しかないんじゃな。
スマホ博士

その通りで、毎月3日に料金が確定した後、その2日後の毎月5日にはその料金を支払わなければいけませんので、毎月3日のお支払い金額が確定した段階でのLINEモバイルからのお知らせの通知は、2日後のお支払いが間違いなく出来るかを確認する為のきっかけになってくれるので、とても重要で有難いメールなのです。

5日が休日や祝日の場合は、請求日が前後する可能性があります。

LINEモバイル公式サイト

料金の項目によって請求日は変動...、翌月、翌々月、即支払いもあり

さて、冒頭の画像の所でも少しご説明をしましたが、LINEモバイルの料金のお支払いに関しては、その料金の項目ごとにタイムラグがあったりします。

普通は、1月に利用した分は2月に支払う、つまり、利用した分は翌月に支払うのが一般的な形だと思いますが、LINEモバイルの場合は、請求日(支払い日)が翌月になったり、翌々月になったり、中には即、支払わなければいけなかったりと、項目によって請求日(支払い日)が変わって来ます

端末代金(一括購入)は即時決済でお支払い

LINEモバイルのお申し込みと同時に、あるいは、機種変更時にLINEモバイルで端末を購入なさる方も多いと思います。

端末を一括で購入なさる場合は、審査完了後、即時決済がされます

ひよっこ君
という事は、申し込んだその日にお金を払わなければいけないの?

まさに、LINEモバイルの場合は、早ければ、申し込んだその日に審査が完了しますので、申し込んだその日にすぐに代金を支払わなければいけない事になります。

ですので、クレジットカード払いやLINE Payでのお支払いの方は大丈夫ですが、LINE PayカードをLINEモバイルのお支払い方法に選択なさる方は、お申し込み前にLINE payの残高に端末代をチャージをしておく必要があります。

参考までに、端末の一括購入の決済は即時決済のみで、他のお支払いの様に数日後の再決済はありませんので、LINE payカード払いの方がLINE Payの残高が不足していて端末代が決済が出来なかったり、クレジットカード払いやLINE Pay払いの方がクレジットカードの期限切れ等で決済が出来なかった場合は、お申込み自体が取り消しとなりますので、チャージ後に最後、一からお申し込みをして頂かなければいけません。

それは面倒じゃから、それならば前もってチャージしておかなければいかんのう。
スマホ博士

端末代金(分割払い)は3ヶ月後の5日が請求日(=お支払い)

端末を分割払い(24回)で購入した場合は、その初回のお支払い分は、端末がお手元に届いた日の属する月の、翌々月分の請求に加算されます。

ひよっこ君
んんん...、ややこしいなぁ~...。

例えば、1月に端末が届いた場合は、その分割料金は翌々月の3月利用分に加算されて、その翌月、つまり、端末が届いた3か月後の4/5が請求日となり、お支払い日となります。

一括払いでの購入と違って余裕があり過ぎる位ですが、そこから2年間に渡り、端末の分割料金のお支払いを続けて頂く事になります。

参考までのお話

LINEモバイルは月額基本利用料は初月が無料になります。

例えば、ソフトバンク回線をご利用の場合は、「マイページからの利用開始手続きが完了した翌日」が利用開始日になりますので、丸々1か月間、無料で使えるように、ピンポイントで1日を利用開始日にする事ができます。

例えば、1/1を利用開始日にして、初月の1月を丸々無料で使おうとした場合は、端末は前月の12月には届きますので、端末の分割料金の1回目の支払いは3/5となります。

一方、丸々1か月間、無料で使いたい所を、数日、無料期間は減りますが、例えば、1/5を利用開始日にした場合、端末は1月に入ってから届きますので、端末の分割料金の1回目の支払いは4/5になります。

いずれにしても、端末の分割料金を24回は支払わなければいけませんので同じ事ですが、数日、無料期間を減らす事により、端末の分割料金の1回目のお支払いを1ヶ月遅らせる事が出来るのです。

初期費用は利用開始月の翌月の5日が請求日(=お支払い日)

LINEモバイルの初期費用は、登録事務手数料の3,000円SIMカード発行手数料の400円の合計3,400円になります。

この初期費用に関しましては、ご利用開始月(初月)の翌月の5日が請求日(=お支払い日)となります。

LINEモバイルは月額基本利用料が初月(ご利用開始月)は無料になりますので、その翌月は請求が来ないだろうと思って安心していると、翌月の3日になって、請求金額のお知らせの通知が届いてビックリ、慌ててチャージ...

そんな事もあり得ますので、初期費用は最初の1回だけですが、引き落としが出来なかったという事がない様、ご注意頂ければと思います。

LINEモバイルを使い始めた翌月には、初期費用の請求がある事を忘れてはいかんのじゃな。
スマホ博士

月額基本料金・オプション料金は利用月の翌月の5日が請求日(=お支払い日)

月額基本料金とオプション料金のお支払いに関しましては、ご利用月の翌月5日が請求日(=お支払い日)となります。

ここで少し注意が必要なのは、月額基本料金に関してで、LINEモバイルでは月額基本利用料は初月は無料になります。

例えば、1/1からLINEモバイルを使い始めたとしますと、利用開始月は1月になりますが、月額基本利用料は初月(ご利用開始月)は無料になりますので、翌月の2/5には請求が起こらず、お支払いもありません。

実際に料金が発生して使い始めるのが2月からになり、この2月分は翌月の3/5が請求日となり、その日に決済(お支払い)が行われます。

ひよっこ君
LINEモバイルを使い始めた翌月は、月額基本利用料の請求はないんだね。

一方、オプション料金に関してですが、こちらは、初月が無料になるオプションですと、先ほどの例と同じ様に、利用開始月の1月は無料になり、料金が発生し始める2月分のご利用は、その翌月の3/5日が請求日になります。

しかし、オプションの中でも初月が無料にならないオプションに関しましては、利用開始月の1月から料金が発生しますので、その翌月の2/5が請求日となります。

無料にならないオプション代は、使い始めた翌月に請求があるじゃな。
スマホ博士

つまり、2/5に月額基本利用料の請求はありませんが、オプション料金の請求はありますので、「何で基本料金の請求はないのにオプション料金の請求はあるんだ」と不審に思われるかも知れませんが、内訳はこの通りなのです。

ひよっこ君
基本料金の請求はなくて、オプション代だけ請求が来るのも変だけど、こういうもんなんだね。

通話料金・SMS利用料金は利用月の翌々月の5日が請求日(=お支払い日)

続きまして、通話料金とSMSを利用した料金に関してですが、こちらは、ご利用月の翌々月の5日が請求日(=お支払い日)となります

ひよっこ君
何で翌月じゃないの? 何で翌々月なの?

月額基本利用料やオプション料金は利用した月の翌月に請求されるのに、通話料やSMS利用料は何で翌月ではなくて翌々月なのかと、この請求日の1ヶ月の差は何なのかと不思議に思われる方もいらっしゃると思います。

しかし、月額基本料金やオプション料金は料金に変動がありません

例えば、LINEフリープランのデータSIMタイプなら今月でも来月でも料金は500円ですし、コミュニケーションフリープランの3GBの音声通話SIMなら1,690円です。

また「10分電話かけ放題」のオプションは月額880円です。

しかし、通話料やSMS利用料は、その月により変わって来ますので、締め日の月末から料金確定日の翌月の3日まででは、時間的な問題でその料金が確定できません。

ですので、確定するまでに時間を要する通話料金やSMS利用料は、利用月の翌々月の5日が請求日となるのです。

固定している料金の支払いは利用月の翌月の5日で、変動する料金の支払いは利用月の翌々月の5日という事じゃな。
スマホ博士

料金の項目による請求日(=お支払い日)のまとめ

項目別に請求日(=お支払い日)が変わって来て、ややこしくて頭が混乱して来ると思いますので、ちょっと整理をさせて頂きます。

条件

  • 利用開始日1/1
  • 基本プラン:コミュニケーションフリーの3GBの音声通話SIM 1,690円
  • オプション1:持込端末保証オプション(初月割引なし)500円
  • オプション2:Wi-Fiオプション(2ヶ月無料)200円
  • 1月の通話料(1/1~1/31利用分):500円
  • 1月のSMS利用料(1/1~1/31利用分):100円
  • 2月の通話料(2/1~2/28利用分):400円
  • 2月のSMS利用料(2/1~2/28利用分):200円
  • 端末購入(24回分割払い)(iPhoneSE32GB):毎月1,340円

上記の条件の場合は、下記の通りの請求日と請求金額になります。

費用項目 2/5の請求分
(翌月の5日)
3/5の請求分
(翌々月の5日)
4/5の請求分
(3か月後の5日)
登録事務手数料(初期費用) 3,000円
SIMカード発行手数料(初期費用) 400円
基本プランの月額基本料金 1,690円 1,690円
持込端末保証オプション(無料なし) 500円 500円 500円
Wi-Fiオプション(2ヶ月無料) 200円
1月の通話料 500円(1月利用分) 400円(2月利用分)
1月のSMS利用料 100円(1月利用分) 200円(2月利用分)
端末購入(分割払い・12月に到着) 1,340円
合計 3,900円 2,790円 4,330円

ちなみに、上記は1/1から利用を開始したとして、端末は12/30(12月中)に届いた事にしていますので、先程もご説明をさせて頂きましたが、端末着荷日の属する月の翌々月分の請求に加算、つまり、12月の翌々月の2月利用分として請求され、3/5の請求分としています。

仮に、利用開始を1/5からで段取りをし、端末が1/3に届いたとしますと、こちらも先程のご説明の通り、1月の翌々月の3月利用分の請求に加算され、4/5の請求分となりますので、5日程、無料期間が短くなりますが、その分、端末の分割料金の支払い開始を1ヶ月遅らせる事が出来ます

始めの数か月はお支払い金額が変動しますが、この場合ですと、4/5の請求分以降は、毎月、4,330円が請求される事になります。

補足:解約手数料は解約月の翌月の5日が請求日(=お支払い日)

LINEモバイルでは、データSIMデータSIM(SMS付き)をご利用の場合は解約手数料は発生しませんが、音声通話SIMをご利用の方は、最低利用期間内に解約やMNP転出をなさる場合は、9,800円(税抜)の解約手数料が発生します。

この解約手数料に付きましては、解約をなさった月の翌月の5日が請求日となり、解約をした後の請求となりますので、ご注意下さいませ。

ひよっこ君
え~、解約した後だったら、なおさら払いたくないよ~。(涙)

ちなみに、音声通話SIMを最低利用期間内に解約した場合には解約手数料が発生しますが、この「最低利用期間」とは、「利用開始日から起算し、利用開始日の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで(末日を含む)」という事になります。

約1年と1ヶ月位になりますが、これは、LINEモバイルは初月(利用開始月)が無料になり、実質、最低利用期間は料金を払った1年間となりますので、この点もご注意下さい。

LINEモバイル公式サイト

支払い方法によって変わって来る「実際のお支払い日」

さて、請求日のご説明に続きまして、お支払い日のご説明をさせて頂きます。

先程の請求日のご説明の冒頭部分で、「請求日」=「お支払い日」と書かせて頂きましたが、「お支払い日」=「引き落とし日」=「決済日」で、実際にお客様がLINEモバイルの利用料金を支払う日になります。

LINEモバイルがお客様側に請求をかけるのはこの日で間違いなく、LINEモバイルがお客様側から料金を受領するのもこの日で間違いないのですが、しかし、実際にお客様の懐からお金が出て行くのは、請求日と同日の場合もあれば、請求日の後日になる場合もあり、それは、お客様のLINEモバイルの料金の支払い方法によって変わって来ます。

またまた、ややこしい話じゃのう。
スマホ博士

LINEモバイルのお支払い方法は、①クレジットカード ②LINE Pay ③LINE Payカード の3種類がありますが、ここでは、その支払い方法ごとに、実際のお支払い日のご説明をさせて頂きます。

クレジットカードでお支払いの場合

クレジットカードまずは、LINEモバイルの料金をクレジットカードで支払う場合です。

お客様がクレジットカードでLINEモバイルの料金を支払う場合も、毎月5日が請求日である事に変わりはなく、「請求日=お支払い日」であることも変わりはありません。

クレジットカードでのお支払いの流れを簡単に説明させて頂きますと、毎月5日にLINEモバイルがお客様に請求をかけます。

すると、お客様が登録なさっているクレジットカードが決済をします。

請求がかかった事によりクレジットカードが決済をすると、「クレジットカードでLINEモバイルの料金が決済がなされた」旨の情報がクレジットカード会社に届き、カード会社はLINEモバイルにその料金を立て替え払いします。

ですので、お客様ご自身はLINEモバイルの料金をまだ払ってなくてもLINEモバイルはクレジットカード会社の立て替え払いで既に料金は受け取っています

その後、クレジットカード会社はお客様の1ヶ月分のクレジットカードの利用金額ををまとめてお客様に請求をし、口座引き落としなどの方法で、お客様はクレジットカード会社にLINEモバイルの料金も含めた1ヶ月分の利用金額を支払います。

上記の様な流れになりますので、LINEモバイルとお客様との間では、LINEモバイルからの請求に対し、お客様はクレジットカード会社の立て替え払いでお支払いを済ませている事になるので、「請求日」=「お支払い日」なのですが、実際にお客様の懐からその料金分のお金がいつ支出されるかは、お客様とクレジットカード会社との契約、つまりは使っているクレジットカード会社の締め日と引き落とし日によって変わってくるのです。

先ほども話題に出しましたが、私はJCBカードをメインで使っていますが、JCBカードは15日締めの翌月10日払いになりますので、例えば、12月に利用した通話料1月に利用したLINEモバイルの月額基本使用料は、2/3に料金が確定し、2/5が請求日となり、2/5にクレジットカード会社が料金を立て替えてLINEモバイルに支払ってくれています。

そして、私とクレジットカード会社との間では、2/5にクレジットカードで料金を支払った分は、2/15が締め日となり、翌月の3/10にクレジットカード会社が私の銀行口座から、その料金分を含めた1/16~2/15のクレジットカード利用分を引き落とします。

ですので、実際に私の懐からお金が支出されるのは、LINEモバイルの請求日の翌月の10日になり、後ほど、ご説明をしますLINE Payカードでのお支払いよりも1ヶ月と10日間も猶予される事になるのです。

参考までに、知名度の高いクレジットカードの締め日と支払い日を記載させて頂きます。

クレジットカード会社 締め日 支払日(引き落とし日)
三井住友VISAカード 毎月15日 or 毎月末
(会員による選択)
翌月10日 or 翌月26日
(会員による選択)
JCBカード 毎月15日 翌月10日
アメリカンエクスプレス お持ちのカードによる お持ちのカードによる
ダイナーズ 毎月15日 翌月10日
UCカード 毎月10日 翌月5日
セゾンカード(ショッピング) 毎月10日 翌月4日
MUFGカード 毎月15日 翌月10日
DCカード 毎月15日 翌月10日
NICOSカード(ショッピング) 毎月5日 当月27日
楽天カード 毎月末 翌月27日
OMCカード 毎月末 翌月27日
アプラス(ショッピング) 毎月5日 当月27日
イオンカード 毎月10日 翌月2日
ジャックスカード 毎月末 翌月27日
オリコカード 毎月末 翌月27日
りそなカード 毎月10日 翌月4日

既にご理解を頂いていると思いますが、LINEモバイルの請求日は毎月5日ですので、例えば、私がメインで使っているJCBカードなら、その月の15日締めの分に含まれ翌月の10日に銀行口座から引き落とされます

上記のNICOSカードをLINEモバイルのクレジットカード払いに利用する場合は、NICOSカードは毎月5日締めですので、5日が休日や祝日でない月は、その日が締めになり、その月の月末27日に銀行口座から引き落とされますが、5日が休日や祝日に当たった月は、LINEモバイルの請求日は6日以降にずれる可能性がありますので、その際は、翌月の5日締めとなり、翌月の27日に銀行口座から引き落とされる形になります。

この通り、クレジットカードでLINEモバイルのお支払いをされる方は、クレジットカード会社の引き落とし日が実際のお支払い日になります。

LINE Payでお支払いの場合

LINE PayLINE Payでのお支払いとは、LINE Pay経由のクレジットカードでのお支払い方法です。

ですので、LINE Payでお支払いの場合の実際の懐からお金が出て行くお支払い日は、先にご説明をさせて頂きましたクレジットカードでのお支払いと全く同じお支払い日になります。

ちなみにのお話

ちなみに、どうせクレジットカードでのお支払いにするなら、LINE Payでのお支払いにすればっていうお話です。

もうご存知と思いますが、LINEモバイルのお支払い方法の3つの内の2つがクレジットカードでのお支払い方法になり、登録しているクレジットカードによりましては、どちらの支払い方法にしても同じクレジットカードでの支払いになるので、どっちでも一緒じゃん、とお思いになられる方も多いと思います。

LINE Payでのお支払いの詳細は、「LINE PayとLINE Payカードはどう違う!?LINEモバイルのお支払い方法」のページにて、びっしりご説明をさせて頂いておりますが、ざっくり、普通のクレジットカードでのお支払いLINE Payでのお支払い(LINE Pay経由でのクレジットカード)の違いは、1つは、クレジットカードでのお支払いは、LINEモバイルの申し込み画面での入力が一からになる事に対し、LINE Payの場合は、既にLINE Payにクレジットカードを登録する時に入力していますので、「LINE Pay」をタップするだけで良いという事で、つまり、入力する手間が省ける事

もう1つは、LINE Payでのお支払いは、LINE Pay の「マイカラー」プログラムのカラーに応じて楽天ポイントが付与される事で、これは、契約者連携をする事で、LINEモバイルの月額基本利用料の1%のLINEポイントが付与されるのとは別口での付与になりますし、もう一つ、クレジットカード特有のポイント、例えば、私の場合は、JCBで貯まるOki DokiポイントをANAマイレージに移行していますが、こちらのポイントも貯まりますので、トリプルでポイントが貯まる事になり、料金が安いので大したポイントにはなりませんが、その内に、塵も積もれば山となってくれるかなと思っているのです。

注意: LINEモバイルで端末を分割払いで購入なさった方は、完済するまではお支払い方法を変更する事は出来ません。 

徹底解説!
LINE PayとLINE Payカード
LINE PayとLINE Payカードはどう違う!?LINEモバイルのお支払い方法

皆さま、LINEモバイルをご検討頂いている時に、LINEモバイルのお支払い方法のLINE PayとLINE Payカードの事で、頭が混乱なさった事はありませんか? あるいは、LINEモバイルを申し込も ...

続きを見る

LINE Payカードでのお支払いの場合

LINE payカードLINE Payカードでのお支払いとは、LINE Payにチャージした残高から引き落とされるプリペード方式(前払い)のお支払い方法です。

つまり、現金でのお支払い方法になりますので、このLINE Payカードでのお支払いの場合のお支払い日、引き落とし日は、請求日と同日の毎月5日に、即、LINE Payの残高から引き落とされます。

5日に引き落としが出来なかった場合は、次の章でもご説明をさせて頂きますが、ゆくゆくは利用停止になったり、強制的に契約を解除されてしまう恐れもありますので、3日の時点で届く料金確定のお知らせの通知を確認する時に、合わせてLINE Payに残高が残っているか、毎月3日に確認する習慣を付けて頂ければと思います。

そして、このLINE Payカードによるお支払い方法も、LINEモバイルの月額基本料の1%のLINEポイントの付与に加えて、LINE Payのマイカラープログラムに基づくLINEポイントが付与されます。

ちなみにのお話

ちなみに、このLINE Payカードでのお支払い方法は、クレジットカード不要でLINEモバイルに申し込みが出来る方法です。

お支払い方法をクレジットカード限定にしている格安SIMが多い中、LINEモバイルはクレジットカードなしで申し込める希少な格安SIMです。

クレジットカードを持っていない方や、クレジットカードでの支払いをしたくない方もスマホが持てます。

クレカ不要!
LINEモバイルはクレジットカード不要! LINE Payカードで口座振替も出来る!

ひよっこ君博士、僕、クレジットカードを持ってないから、格安スマホに申し込めないよぉー...。(涙) いやいや、ひよっこ君、LINEモバイルならクレジットカードがなくてもスマホが持てるんじゃぞ!スマホ博 ...

続きを見る

LINEモバイル公式サイト

引き落としができなかったら...、利用停止に強制解約...。

最後に、LINEモバイルの請求日に料金を払う事が出来なかった場合のペナルティについて、ご説明をさせて頂きます。

これは、クレジットカード払い、LINE Pay払い、LINE Payカード払いのどの支払い方法に限らず、5日の請求日にLINEモバイルがお客様の決済の確認が出来なかった場合に適用されるお話です。

ひよっこ君
聞きたくないお話だけど、最悪の場合も知っておく必要があるね。
危機感を持つ事で、必ず支払う様になると思うんじゃぞ。
スマホ博士

支払いが出来ないのはどのようなケースか、その対処法は?

まずは、LINEモバイルのお支払いが出来ないケースとはどのようなケースなのか、お支払い方法ごとに確認していきます。

クレジットカードの場合

クレジットカードをお支払い方法にしている場合の決済が出来ない理由の多くは、クレジットカードの有効期限が切れてしまっている場合や、クレジットカードの限度額オーバー、または、お支払いを滞納している事により、クレジットカードが利用停止になっているケースなどが考えられます。

クレジットカードの有効期限が切れているケースは悪意のない事が多く、私も経験した事がありますが、お買い物の際、クレジットカードでお支払いをしようとした時に、お店の人から「このカードは使えません。」と言われて初めて、有効期限が切れている事に気付く事が多いと思います。

オンラインショッピングでも同様で、クレジットカードが使えない事によって、有効期限が切れている事に初めて気付く事が多いと思います。

この様なケースの場合は、後日の再引き落とし日に無事に決済ができます様、単純にLINEモバイルのマイページから別の期限が有効なクレジットカードに変更登録をして頂ければ大丈夫です。

あるいは、お支払いが出来なかった、期限が切れているクレジットカードの更新手続きをする事によって、そのカードがまた使えるようになりますので、その場合はLINEモバイルのお支払い方法の変更をする必要はありません。

ひよっこ君
クレジットカードの有効期限切れは、すぐに解決できるよ!

一方、クレジットカードが利用停止になっている場合は、何故、利用停止になっているのかによって、大きく変わって来ます。

限度額オーバーによって利用停止となり、新たなお買い物ができない場合は、これは簡単で、繰り上げ返済をする事により利用枠が復活しますので、すぐにお買い物ができる様になります。

一方、クレジットカードの支払いを滞納して利用停止になっている場合は、どの程度の延滞かにより変わって来ます。

例えば過去に延滞もなく、延滞期間がまだ数日の様なケースであれば、繰り上げ返済をする事により、数日でクレジットカードの利用停止が解除され、お買い物ができる様になります。

ひよっこ君
軽度の滞納の場合も、まだ大丈夫みたいだね。

しかし、長期間の延滞や過去に軽い延滞を何回も繰り返している場合は、簡単に利用停止が解除されるかは分かりません。

ブラックリストに載ってしまう程の状況になりましたら、持っている他のクレジットカードも使えなくなりますし、新たにクレジットカードを作る事も出来ませんので、支払い方法をLINE Payカードに変更し、LINE payの残高に現金をチャージするしかありません。

重度の滞納の場合は、カードを持つ事自体が無理になるから、支払い方法をLINE Payカードに変更するしかないんじゃ!
スマホ博士

LINE Payの場合

ご説明をさせて頂いております通り、LINE Payでのお支払いはLINE Pay経由でのクレジットカード払いになりますので、クレジットカードでのお支払い方法と同様に、カードの有効期限切れや利用停止により決済が出来ない事が多いですので、原因をチェックして頂き、適切な対応が必要です。

ひよっこ君
LINE Payはクレジットカードでの支払いだから、上のクレジットカードの場合と一緒だよ。

LINE Payカードの場合

LINE Payカードでのお支払いの場合は、単純にLINE Payの残高の不足が考えられます。

LINE Payの残高を確認して頂き、LINEモバイルの料金を超える残高にまでチャージをして頂く事で、後日の再引き落とし日に無事に決済が出来ますので、ご安心を頂ければと思います。

LINE Payカードでのお支払いは前払い方式だから、LINE Payにチャージすれば大丈夫じゃぞ。
スマホ博士

ちなみにのお話

LINE Payの残高は、スマホのLINEアプリの「ウォレット」タブ(左の画像)で確認が出来ますし、そのウォレットの画面の残高の辺りをタップして、LINE Payの画面(右の画像)でも確認できます。

LINE Payの残高チェック

5日の請求日に決済が出来なかった時のその後の流れ

支払い失敗後の流れLINEモバイルのお支払いの流れと、お支払いが出来なかった場合のその後の流れは図の通りです。

月末の締め日でその1ヶ月の利用料金をまとめ翌月の3日に料金が確定その2日後の5日が請求日となり、料金が無事に支払われますと、この月の支払いは完了です。

しかし、何某かの理由により、お客様が5日にお支払いが出来ず、LINEモバイルがお支払い(決済)を確認できなかった場合は、10日後の15日に再決済が試みられます。

再請求日(再決済日)の15日までには10日間も余裕がありますので、その間に、クレジットカードやLINE payでお支払いの設定をなさっている方は、期限切れなら更新を、延滞が軽い場合は繰り上げ返済で利用停止解除を、重度の延滞の場合はお支払い方法をLINE payカードに変更、また、LINE payカードをLINEモバイルのお支払い方法に設定なさっておられる方は、単純に、LINE payに残高をチャージして頂けましたら、無事、15日にお支払いが完了し、何事もなかったかの様にLINEモバイルを使い続ける事が出来ます。

ひよっこ君
10日間も猶予がもらえれば、次回の支払い日までに段取りできるよね。

しかし、仮に、15日の再請求日までにお支払いの準備が出来ず、その結果、決済ができない場合は、LINEモバイルは回線の停止手続きをとる事になりますので、16日か17日頃からはスマホが使えなくなってしまいます。

スマホが使えんようになるのは辛いが、自業自得じゃもんのう。
スマホ博士

しかし、15日の再請求日(再決済日)にお支払いが出来なくても、まだ、最後の望みがあります。

その後、LINEモバイルから最終の期限付きで料金の支払いのお願いの通知が来ますので、それで最終期限までにお支払いをすれば、LINEモバイルの利用停止が解除され、元通りにスマホが使えるようになりますが、最終期限までにお支払いが出来なかった場合は、月内で強制解約となってしまいます。

ひよっこ君
譲歩を2回もしてもらって、これが3度目の正直なんだから、これは払わなきゃダメだよ。

強制解約になってしまいますと、使っていた電話番号は継続して使う事が出来ませんし、MNP転出も出来ませんので、今後、使い慣れて来たその番号を使う事が出来なくなってしまいます

また、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、例えば、クレジットカードでも、重度の滞納となりますと信用情報機関にその事故が登録され、滞納をした人はクレジットカードが使えなくなるだけではなく、その後、クレジットカードを作る事すら出来なくなってしまいます。

通信業界の場合、正確なところは分かりませんが、他の電気通信事業者とお客様の支払状況などを共有している可能性もあり、その場合は、LINEモバイルで滞納した履歴が他社にも知れるところとなり、他社でもスマホを持つ事が出来なくなってしまう可能性もあります。

ですので、うっかりとした事で、5日の段階でお支払いが出来なかったとしても、その後の15日の再請求日(=再引き落とし日)までには支払える状況を作って頂き、是非、LINEモバイルの料金を支払って頂ければと思います。

そうじゃのう。支払いは信用じゃから、お支払いの流れを理解して、きっちりと払わにゃならんのう。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルの締め日、請求日、決済日のまとめ

LINEモバイルのお支払いに関して

皆さま、LINEモバイルのお支払いの流れをご理解頂けましたでしょうか?

また、お支払いが出来なかった場合の重いペナルティの事もご理解頂けましたでしょうか?

今月に請求された分はいつ利用した分なのか、あるいは、料金が確定するのがいつで、毎月何日が支払い日で、などなど、普段は覚えておいて頂く必要のない事まで、ご説明をさせて頂きました。

とにかく、この記事を読んで頂きました皆様に覚えておいて頂きたい事は2点だけ...、1つは、毎月5日がお支払い日で、3日のLINEモバイルからの料金確定の通知を見て、今一度、支払える状況にあるかをご確認頂く事、そして2つ目は、料金を支払わない事により、最悪は今後、スマホを持つ事ができなくなってしまう可能性があるという事。

この2点さえ、覚えておいて頂きましたら、LINEモバイルの料金の支払い忘れは起こりませんので、ちょっと面倒な事もありますが、どうぞ、宜しくお願い致します。

LINEモバイルはとっても素晴らしい格安SIMですよ!

是非、LINEモバイルにお申し込み頂き、ご家族やお友達と「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!

ひよっこ君
下のバナーから申し込みができるよ。(笑)
宜しくお願いしますぞよ。(笑)
スマホ博士

-LINEモバイルとは

Copyright© LINEモバイルで Let's Communication! , 2020 All Rights Reserved.