LINEモバイルとは

LINEモバイルの料金プランを分かりやすく解説! ピッタリプランの選び方

LINEモバイルの料金プラン

ひよっこ君
LINEモバイルってどんなプランがあるの? 安いのかな? 高いのかな?
それじゃあ、LINEモバイルの料金プランについて教えてあげよう。
スマホ博士

LINEモバイルを検討中のみなさま、こんにちわ。

さて、LINEモバイルといえば、LINETwitterFacebookInstagramなど、主要SNSがデータ消費ゼロで使える「データフリー」が魅力ですよね。

SNSが使い放題に使えるデータフリーに興味を持って、LINEモバイルを検討している方も多いと思います。

そんな中、LINEやInstagramが使い放題で使えるのはうれしいけど、その分、料金が高いんじゃないの? データフリー対象のSNSは自分で選べるのかしらと、不安に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、そんなみなさまに向けて、LINEモバイルの料金プランについて分かりやすく解説しています。

  • LINEモバイルの料金プランと特徴
  • LINEモバイルの料金プランの選び方
  • LINEモバイルの主要なオプション
  • LINEモバイルを申し込む時にかかる費用

この記事を読めば、これらがしっかりと分かる内容になっています。

是非、参考にしていただき、LINEモバイルをご検討いただければと思います。

よろしくお願いいたします。

この記事は、ある程度、スマホや格安SIMのことを知っているみなさまに向けて、さっと理解していただけるよう、ポイントを絞って解説しています。

スマホのことをよく知らない方や初心者のみなさまは、超・詳しく解説している別記事を準備していますので、下記をご覧ください。

LINEモバイルの料金プラン『基本料金・オプション料金・その他の費用』まとめ

\LINEモバイルの最新キャンペーンはこちらから!/

前振り不要で、即、「料金プランの選び方】に進みたい方はこちらからどうぞ。

LINEモバイルのプランの特徴・月額料金表

主要格安SIMで最安の料金プラン

LINEモバイルの料金は、主要格安SIMの中で最安です。

ずばり、音声通話SIM3GBのデータ量なら、月額基本利用料はたったの1,480円です。

格安SIM他社との料金比較

格安SIM 月額料金
mineo 1,510円
IIJmio 1,600円
UQモバイル 1,980円
OCNモバイルONE 1,480円
BIGLOBEモバイル 1,600円
LINEモバイル 1,480円

他社の格安SIMと同じ条件(音声通話SIM3GB)で料金の比較をしてみると、上記の通りになります。

mineoはau回線の料金を記載していますが、ドコモ回線なら1,600円、ソフトバンク回線なら1,950円もして、ちなみにLINEモバイルは、どの回線でも1,480円です。

また、OCNモバイルONEはLINEモバイルと同じ料金ですが、LINEモバイルはこの料金に含めて、LINEのデータフリー無料で付いて来ます。

ひよっこ君
格安SIMの中で最安ってすごいよ!

参考まで、大手キャリアの音声通話SIM3GBの料金は、ドコモなら3,980円、auなら4,480円、ソフトバンクはなんと7,480円もするんですよ。

大手キャリアはめちゃくちゃ高いのう。
スマホ博士

特徴① LINEモバイルの基本プランはたった一つだけ!

SIMタイプ データ容量 月額料金
データSIM 500MB 600円
3GB 980円
6GB 1,700円
12GB 2,700円
音声通話SIM 500MB 1,100円
3GB 1,480円
6GB 2,200円
12GB 3,200円

LINEモバイルの基本プランは、このベーシックプランの一つだけで、とってもシンプルで簡単です。

SIMタイプを選び、データ量を決めるだけで決まります。

ひよっこ君
プランの決め方のポイントは、この後、説明してるからね。

特徴② 対象サービス別にデータフリーオプションが選べる!

データフリーオプション 月額料金 データフリー対象サービス
LINEデータフリー 0円 LINE
SNSデータフリー 280円 LINE Twitter Facebook
SNS音楽データフリー 480円 LINE Twitter Facebook Instagram LINE MUSIC

LINEモバイルの特色であるデータフリーは、対象サービス別に3つのオプションから選ぶことができ、自分にピッタリのプランを作ることができます。

データ消費ゼロで使えるのがLINEだけで良いなら、ベーシックプランに無料でついてくる「LINEデータフリー」を選びます。

主要なSNSを4種類とも、使い放題で使いたい場合は、月額480円の「SNS音楽データフリー」に加入します。

よく使うSNSのデータフリーが自分で選べるんじゃ。
スマホ博士

LINEモバイルのデータフリーってどんなサービスなの?

データフリー

データフリーに興味を持ってLINEモバイルを検討している方が多いと思いますので、データフリーがどんなサービスがご存じと思いますが、おさらいをしておきます。

ずばり、データフリーとは、対象のサービスを利用する時に消費するデータ量がカウントされず、データ消費ゼロで使うことができるサービスです。

データフリーとは、対象サービスのデータ通信量(SNSデータフリーでいえば、LINE⋅Twitter⋅Facebookのデータ通信)を、データ通信利用の対象外(消費をしない)とする機能をいいます。

また、通信速度制限がかかったとしても、データフリー対象サービスであれば制限がかからず、ずっと高速通信で利用することが可能です。

上記は、LINEモバイル公式サイトの「よくある質問」に掲載されている「データフリーとは何ですか?」の説明文です。

例えば、月の基本データ量を3GBで契約していて、LINEで1GB、YouTubeで1GBを使ったら、通常は2GBが消費されて、残りのデータ量は1GBに減ってしまいます。

ひよっこ君
大手キャリアとか他の格安SIMはそうだよね。

しかし、LINEモバイルなら、LINEは全プランでデータフリーの対象サービスになりますので、LINEの1GB分はカウントされず、YouTubeの1GB分だけが消費されて、残りのデータ量は2GBになります。

つまり、LINEモバイルならLINEは使い放題ってことだよ。
スマホ博士

月額280円の「SNSデータフリー」なら、LINETwitterFacebookがいくら使ってもデータ消費ゼロですし、月額480円の「SNS音楽データフリー」なら、5つのサービスが使い放題になります。

データ量を使い切って低速の通信制限がかかった時でも、これら対象サービスは高速通信のまま使えますし、テザリングでこれらSNSを使う時でも、データフリーが適用されるんですよ。

関連記事

データフリーオプション込みの月額料金表

ベーシックプランデータフリーオプションを掛け合わせた料金表がこの通りです。

音声通話SIM

データ容量 LINEデータフリー
LINE
SNSデータフリー
LINE twitter facebook
SNS音楽データフリー
LINE twitter facebook instagram Line-music
500MB 1,100円
3GB 1,480円 1,760円 1,960円
6GB 2,200円 2,480円 2,680円
12GB 3,200円 3,480円 3,680円

音声通話SIMの3GBなら、LINEの使い放題がついて1,480円ですし、Instagramはデータ量をたくさん消費するので、Instagramの使い放題までがついて2,000円を切る料金は、かなり魅力的です。

ひよっこ君
大手キャリアの料金の半分以下で、Instagramまで使い放題だもんね。

データSIM

データ容量 LINEデータフリー
LINE
SNSデータフリー
LINE twitter facebook
SNS音楽データフリー
LINE twitter facebook instagram Line-music
500MB 600円
3GB 980円 1,260円 1,460円
6GB 1,700円 1,980円 2,180円
12GB 2,700円 2,980円 3,180円

家族の連絡はLINEでするご家庭も多いので、お子さまのスマホには、たった600円でもLINEが使い放題のプランがお得ですし、2台目スマホタブレット用としても、12GBもついてこの料金は安いです。

たった600円でもLINEが使い放題とは、すごいのう。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルの料金プランの選び方、たった4つを決めるだけ!

料金プランの決め方

それでは、LINEモバイルの料金プランの選び方をステップごとに解説します。

LINEモバイルの料金プランは、とってもシンプルで簡単に決まります。

  1. 回線を決める(ドコモ・ソフトバンク・au)
  2. SIMタイプを決める(データSIM・音声通話SIM)
  3. データ容量を決める(500MB・3GB・6GB・12GB)
  4. データフリーオプションを決める

上から順番に4つの項目を決めて行くだけで、自分にピッタリのプランが簡単に選べます。

STEP① 回線を決める!

3つの回線

  • ドコモ回線
  • ソフトバンク回線
  • au回線

まず最初に、ドコモ回線ソフトバンク回線au回線の3つの回線から、申し込む回線を決めます。

LINEモバイルは大手キャリアすべての回線を取り扱っているので、どのキャリアからの乗り換えでも、LINEモバイルの同じ回線への乗り換えで、SIMカードを挿し替えるだけで使えます。

ひよっこ君
SIMロック解除はしなくても大丈夫だよ。

ですので、基本的には、今まで使っていた回線と同じ回線に乗り換えるのが簡単です。

しかし、特にこだわりがなければ、LINEモバイルのソフトバンク回線をおすすめします。

何といっても、LINEモバイルはソフトバンクの子会社です。

LINEモバイルのソフトバンク回線は、ドコモ回線やau回線と比べて通信速度が速く、将来的にも通信速度が安定している可能性が高いです。

ドコモやauを使っている人も、契約中はネットで無料でSIMロック解除ができますので、簡単にソフトバンク回線を使うことができます。

SIMロック解除は、ネットで1分で無料でできるんじゃぞ。
スマホ博士

関連記事

STEP② SIMタイプを決める!

2種類のSIMカード

次に、SIMカードのタイプを決めます。

SIMカードとは、スマホには必ず入っている、電話番号や契約情報が記録されたICカードです。

大手キャリアを使っている人は、ショップの店員さんがあらかじめスマホに入れてくれていますので、目にしたことがない方がほとんどだと思います。

LINEモバイルでは2種類のSIMカードがあります。

  • データSIM:データ通信+SMS
  • 音声通話SIM:通話+データ通信+SMS

大手キャリアから、使っている電話番号をそのままで乗り換えるには、LINEモバイルの音声通話SIMを選びます。

ひよっこ君
090や080の電話番号が必要な人は、音声通話SIMだよ。

タブレットや2台目スマホなど、通話は不要でネットだけする場合は、データSIMを選びます。

データ通信だけで大丈夫な人は、データSIMじゃぞ。
スマホ博士

LINEモバイルでは、契約するとSIMカードが送られて来ますので、自分でスマホに挿すことで、すぐにスマホが使えるようになります。

関連記事

STEP③ データ容量を選ぶ

4つのデータ量

次に、データ量を決めます。

  • 500MB
  • 3GB
  • 6GB
  • 12GB

LINEモバイルでは、4つのデータ量からご希望のものを選ぶことができます。

そして、SIMタイプデータ容量が決まれば、LINEモバイルの基本プランであるベーシックプランが確定します。

ひよっこ君
あとは、使い放題で使いたいSNSを決めるだけだよ。

データ量については、いつでも無料で変更ができますので、どれを選んだら良いか分からない方は、一般的な3GBを選んで様子を見るのが良いですよ。

もっとも多くの人が使っているのが3GBじゃぞ。
スマホ博士

STEP④ データフリーオプションを選ぶ

3種類のデータフリー

基本プランであるベーシックプランが決まれば、最後に「データフリーオプション」をつけるかどうかを考えます。

  • LINEデータフリー(0円):LINE
  • SNSデータフリー(280円):LINE twitter facebook
  • SNS音楽データフリー(480円):LINE twitter facebook instagram Line-music

繰り返しますが、データフリーで使えるのはLINEだけで良いという人は、月額料金が無料の「LINEデータフリー」を選びます。

TwitterFacebookもという人は、月額280円の「SNSデータフリー」を。

InstagramLINE MUSICまで使い放題で使いたいという人は、月額480円の「SNS音楽データフリー」を選びます。

データフリーオプションまで決めた最終の料金表が、先ほどもアップした下記の表です。

ひよっこ君
これでプランが確定だよ。

音声通話SIM

データ容量 LINEデータフリー
LINE
SNSデータフリー
LINE twitter facebook
SNS音楽データフリー
LINE twitter facebook instagram Line-music
500MB 1,100円
3GB 1,480円 1,760円 1,960円
6GB 2,200円 2,480円 2,680円
12GB 3,200円 3,480円 3,680円

データSIM

データ容量 LINEデータフリー
LINE
SNSデータフリー
LINE twitter facebook
SNS音楽データフリー
LINE twitter facebook instagram Line-music
500MB 600円
3GB 980円 1,260円 1,460円
6GB 1,700円 1,980円 2,180円
12GB 2,700円 2,980円 3,180円
どうじゃ、本当に簡単に決まるじゃろ。(笑)
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルの音声通話料(電話代)

音声通話料金が半額になる

LINEモバイルの料金プランが確定したところで、引き続きまして、LINEモバイルの料金プラン以外にかかるお金のあれこれの部分を解説します。

まずは、音声通話SIMを選んだ場合の通話料です。

音声通話SIMを利用する方にとりましては、通話料がいくらかかるのかは気になるところだと思います。

ひよっこ君
電話代が高かったら、安い月額料金が台無しだもんね。

LINEモバイルでは、スマホに標準でインストールされている通話アプリから発信すると、大手キャリアと同じ20円/30秒の高い通話料が発生します。

しかし、LINEモバイルの専用通話アプリ「いつでも電話」から発信することで、通話料は半額の10円/30秒で通話をすることができます。

あまり電話をかけない方も、安い通話料かけた分だけの料金しかかかりませんので、安心して電話をかけることができます。

1分20円なら、あまり電話をかけない人も安心じゃな。
スマホ博士

関連記事

LINEモバイルのオプションサービス

LINEモバイルのオプション

続きまして、LINEモバイルの代表的なオプションのご紹介です。

LINEモバイルのオプションを上手に使うことによって、より安く便利に使うことができます。

ひよっこ君
LINEモバイルのオプションはかなりお得だからね。

10分電話かけ放題オプション・・・月額880円

10分電話かけ放題

電話をほぼ毎日かける方や、1回の通話時間が長い方は、いくらキャリアの半額の10円/30秒の通話料でも総額が高くなってしまいます。

そんなみなさまにおすすめなのが、10分電話かけ放題オプションです。

いつでも電話アプリからの発信で、月額880円10分以内の電話がかけ放題になるので、かなりお得です。

1日1分30秒の通話で元が取れますし、毎日電話をしない方でも、通話料を気にせずに電話をかけることができます。

電話代を気にせずにかけられるのが良いのう。
スマホ博士

関連記事

端末保証オプション・・・月額450円(持込端末は500円)

端末保証

LINEモバイルの端末保証は、端末が万一のトラブルに遭った時、割安な代金で端末の交換・修理をしてもらえるオプションです。

  LINEモバイルで購入した端末 ご自身で用意された端末
月額料金 450円 500円
交換・修理代金 1回目:5,000円
2回目:8,000円
1回目:4,000円
2回目:8,000円

このオプションは、契約後に加入することはできません

LINEモバイルのお申し込み時のみに加入することができますので、十分にご注意ください。

ひよっこ君
万が一の時の保険だね。

関連記事

Wi-Fiオプション・・・月額200円

Wi-Fiオプション

自宅にWi-Fiがない方にとっては、大容量の通信が必要なアプリのダウンロードなどは、データ量の消費が激しく、時間もかかって大変です。

そんなみなさまには、Wi-Fiオプションがおすすめです。

LINEモバイルのWi-Fiオプションは、駅やカフェなど、全国で49,000ヶ所のWi-Fiスポットが利用できます。

スマホだけではなく、パソコンタブレットでもWi-Fi通信ができるのもおすすめポイントです。

自宅にWi-Fiがない人は、たった200円で絶対に入るべきじゃ。
スマホ博士

フィルタリングオプション・・・無料

フィルタリングオプション

フィルタリングとは、お子さまのスマホには欠かせない、怪しいサイトをブロックしたり、危険なアプリを利用できない様にする機能です。

LINEモバイルでは、全国PTA協会も推薦しているデジタルアーツ社の「i-フィルター」というフィルタリングアプリを採用しています。

mineo楽天モバイルIIJmioなど他社格安SIMが300円から400円の有料オプションにしている中、LINEモバイル無料で提供しています。

ひよっこ君
LINEモバイルは子供をネットの危険から守ってくれるんだ。

関連記事

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルを申し込む時の初期費用

LINEモバイルを契約する時には、下記の通りの初期費用がかかります。

  • ウェブ登録事務手数料:3,000円
  • SIMカード発行手数料:400円

この2つの費用は、どこの携帯会社を申し込む時にもかかります。

SIMカード発行手数料の400円は、残念ながら安くする方法はありません。

ひよっこ君
この400円は、ごめんだけど払ってね。

しかし、3,000円のウェブ登録事務手数料は、エントリーパッケージを利用することによってタダにすることができます。

エントリーパッケージは絶対に使うべきじゃぞ!
スマホ博士

私も3回、エントリーパッケージを使って申し込んだことがあり、いずれもウェブ登録事務手数料タダにしてもらっています。

関連記事

LINEモバイルへの乗り換えもたったの4ステップ!

LINEモバイル乗り換えの流れ

それでは最後に、LINEモバイル乗り換える方法を簡単に解説して、この記事を終わらせていただこうと思います。

LINEモバイルに乗り換える方法も、下記の4つのステップで完了します。

ひよっこ君
料金プランを決めるのと同じ、4つのステップなんだね。
  1. MNP予約番号の取得:5分
  2. LINEモバイルの申し込み:15分
  3. 利用開始手続き:5分
  4. APN設定:5分

一見、難しい言葉ばかりが並んでいますが、はっきり言って、どれもとても簡単です。

LINEモバイルのお申し込みは、慎重にすればもう少し時間がかかるかも知れませんが、それ以外の3つの工程は、それぞれ、本当に、5分もかからないでできる内容です。

詳細は別記事で解説していますが、その通りにやっていただくことで、間違えることなく、あっという間にLINEモバイルが使えるようになりますので、安心してくださいね。

ワシの様なおじいちゃんにでもできるほど、簡単じゃぞ。
スマホ博士

関連記事

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルの料金プランを分かりやすく解説! まとめ

LINEモバイルの料金プラン

みなさま、お疲れさまでした

さて、この記事では、LINEモバイルの料金プランプランの選び方などを解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

LINEモバイルの料金プランがあまりにも簡単なので、拍子抜けしてしまった方もいるかも知れませんが、自分にぴったりなプランが本当に簡単に決まります。

ひよっこ君
こんなにシンプルなプランって、他ではないよ。

料金も格安SIMで最安、大手キャリアと比べると半額から3分の1の料金になりながらも、全プランでLINEは使い放題、オプションも充実しています。

LINEモバイルの料金プランは、契約後もデータ容量データフリーオプションはいつでも変更できますので、使って行きながら、より自分にピッタリなプランにしていくことができます。

どんどん、どんどん、自分好みのプランにカスタマイズできるぞ。
スマホ博士

是非、LINEモバイルで、ご家族やお友だちと素晴らしいコミュニケーションを図って頂き、快適なスマホライフを送っていただければと思います。

最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

関連記事

LINEモバイルはとっても素晴らしい格安SIMですよ!

ぜひ、LINEモバイルにお申し込みいただき、ご家族やお友だちと「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!

ひよっこ君
下のバナーから申し込みができるよ。(笑)
宜しくお願いしますぞよ。(笑)
スマホ博士

-LINEモバイルとは

© 2020 LINEモバイルで Let's Communication!