LINEモバイルとは

LINEモバイルのサービス変更のまとめ、初月は有料、LINEポイント付与は終了。

サービス変更

ひよっこ君
ねえねえ、LINEモバイルのサービスがちょっと悪くなるって聞いたんだけど...。

LINEモバイルをご検討中の皆さま、また、LINEモバイルをご利用中の皆さま、こんにちわ。

さて、いきなりですが、2019年5月1日より、LINEモバイルのサービスが一部、変更になります。

2019年5月からの変更ポイント

  • 月額基本利用料「初月無料」 → 初月から有料
  • 最低利用期間が1ヶ月短縮
  • 月額基本利用料1%分のLINEポイント付与 → なし
  • 初期契約解除 → データSIM、データSIM(SMS付き)は対象外

月額基本料金が無料だったのが有料になったり、今までLINEポイントが貰えていたのが貰えなくなったりと、一見、サービスが悪くなるんじゃないかと不安に思われる方もいらっしゃると思います。

しかし、そのルール変更の意図も含め、LINEモバイルにも質問をさせて頂きましたが、皆さま、大丈夫ですよ。

この記事では、2019年5月からの変更箇所について、各、変更ポイントの詳細をご説明させて頂こうと思います。

どうぞ、よろしくお願い致します。

\LINEモバイルの最新キャンペーンはこちらから!/

変更点① 月額基本料「初月無料」→ 初月から有料に

私は過去2回、LINEモバイルに新規で申し込みをした事がありまして、1回目はお試しで「データSIM(SMS付き)」を申し込み、数ヶ月利用した後、LINEモバイルに納得し、データSIM(SMS付き)は解約した上で、2回目、MNP(電話番号そのまま)で「音声通話SIM」に申し込み、今も満足してLINEモバイルを使っています。

そして、その2回とも「初月無料」の恩恵にあずかり、共に前月の月末日に利用開始手続きをして、翌日の月初の1日からLINEモバイルの利用を始め、丸々1ヶ月間を無料で使わせて頂きました。

たかだか1ヶ月だけの事でしたので、金額的にはそれ程の金額ではなかったのですが、それでも、初月を無料で使えるというインパクトは大きかったですし、1ヶ月を無料で使えるという事は想像以上に嬉しかったので、それがなくなるのは正直、寂しいです。

という事で、2019年4月末までは、LINEモバイルで新規でお申し込みをする際には、初月の1ヶ月間の月額基本利用料が無料になりますが、残念ながら、2019年5月1日AM0時以降のお申し込みは、初月から有料になってしまいます。

ひよっこ君
今までは無料だったのに残念だね。いきなりそのままの月額料金がかかっちゃうんだね。
いやいや、どうやら、初月の月額基本料金はちょっと安いみたいじゃぞ。
スマホ博士

そうなんです。初月にかかってくる月額基本利用料は、申し込まれたプランのそのままの料金ではなくて、プランに関わらず、SIMカードの種類によって一律の料金が請求される事になります。

初月の月額基本利用料は、プランに関わらず一律

容量 データSIM データSIM
(SMS付き)
音声通話SIM
1GB 月額500円 月額620円 月額1,200円
データフリー LINE
au回線は仕様の関係で「データSIM」の提供がありません。
容量 データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
3GB 月額1,110円 月額1,690円
5GB 月額1,640円 月額2,220円
7GB 月額2,300円 月額2,880円
10GB 月額2,640円 月額3,220円
データフリー LINE Twitter Facebook Instagram
容量 データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
3GB 月額1,810円 月額2,390円
5GB 月額2,140円 月額2,720円
7GB 月額2,700円 月額3,280円
10GB 月額2,940円 月額3,520円
データフリー LINE Twitter Facebook Instagram LINE MUSIC

これはLINEモバイルの料金表になりますが、例えば音声通話SIMの場合で言いますと、LINEフリープランの場合は月額基本料金が1,200円コミュニケーションフリープランの場合は種類のデータ容量によって1,690円から3,220円MUSIC+プランの場合も2,390円から3,520円になり、本当ならこの通りの月額基本利用料が初月にかかる事になりますが、実際に請求される費用は下記になります。

サービスタイプ(SIMカード) 初月の月額基本利用料
データSIMで申し込む場合 500円
データSIM(SMS付き)で申し込む場合 620円(LINEフリープランの料金)
音声通話SIMで申し込む場合 1,200円(LINEフリープランの料金)

データSIMの場合は、LINEフリープランにしかないので、そのままの500円になりますが、データSIM(SMS付き)音声通話SIMでのお申し込みの場合は安くなります

ひよっこ君
って言うか、よく見ると、データSIM(SMS付き)も音声通話SIMも一番安い金額にしてくれてるんだね。
それはどういう事じゃ?
スマホ博士

そうなんです。

例えば、音声通話SIMの場合、先ほども書きました通り、コミュニケーションフリープランの場合はデータ容量によって1,690円から3,220円MUSIC+プランの場合も2,390円から3,520円までの料金があるのですが、5月1日から請求される初月の月額基本利用料はLINEフリープランの音声通話SIMの料金の1,200円

同様に、データSIM(SMS付き)の場合も、コミュニケーションフリープランのデータSIM(SMS付き)の料金やMUSIC+プランのデータSIM(SMS付き)の各々の料金が請求されるのではなく、LINEフリープランのデータSIM(SMS付き)の料金の620円が初月の月額基本利用料として請求されます。

ひよっこ君
という事は、申し込んだプランの月額基本利用料がそのまま請求される訳ではないんだね。
そうじゃのう。プランやデータ容量は関係なくて、同じSIMカードタイプのLINEフリープランの料金が請求される様じゃのう。
スマホ博士

そうなんです。LINEモバイル公式サイトにも記載はなかったのですが、よく見てみると、どのプランのお申し込みでも、選択したSIMカードのLINEフリープランの月額基本利用料が初月に請求される事になります。

今まで通りお得に初月が使える! 10GBを翌月に持ち越せる!

ひよっこ君
どのプランに申し込んでも、初月に請求されるのはLINEフリープランの該当のSIMカードタイプの料金なんだね。

ちょっと分かりにくいと思いますので、具体的な例をあげてみますと、音声通話SIMタイプの場合なら、コミュニケーションフリーの3GB1,690円)に申し込んでも、MUSIC+の10GB3,520円)に申し込んでも、請求される初月の月額基本利用料は、音声通話SIMの料金の中でも一番安いLINEフリープランの1,200円になります。

同様に、データSIM(SMS付き)の場合も、どの容量のコミュニケーションフリープランでも、どの容量のMUSIC+プランでも、請求される初月の月額基本利用料は、一番安いLINEフリープランのデータSIM(SMS付き)の620円になります。

ひよっこ君
それだったら、無料から有料になるのは残念だけどまだ助かるよ。
それと、確かLINEモバイルはプラン変更はいつでも無料で出来るんじゃったな。
スマホ博士

その通りです、良い所に気付いてくれました。

博士の言う通り、LINEモバイルはいつでも無料でプランの変更が出来ますので、「初月無料」の時からのお得な利用方法は続ける事ができるのです。

それは、お申し込みをする時には、元々ご希望されているプランの同じSIMカードタイプ一番高いプランに申し込み、その月の月末までに元からのご希望のプランにプラン変更をする方法です。

具体的に言いますと、これは私がLINEモバイルに申し込んだ時の事ですが、私は元々、コミュニケーションフリープランの3GBのデータ容量の音声通話SIM(月額1,690円)が希望のプランだったのですが、同じ音声通話SIMタイプの最も高いMUSIC+プランの10GBのデータ容量の音声通話SIM(3,520円)に申し込んだのです。

この申し込み方のポイントは2つありまして、1つ目は、初月だけになりますが、データフリーでよりたくさんのSNSが使い放題になる事。

冒頭のLINEモバイルの料金表の一番下の所に、各プランのデータフリー対象のSNSを記載しておりましたが、LINEモバイルではプランによってデータフリーになるSNSが違っていまして、LINEフリープランLINEだけですが、コミュニケーションフリープランLINETwitterFacebookInstagramの4つがデータフリーで使い放題になり、MUSIC+プランLINE MUSICの視聴の通信料までデータフリーで聴き放題になります。

例えば、本当はLINEフリープランのデータSIM(SMS付き)がご希望の場合でも、初月をMUSIC+プランのデータSIM(SMS付き)にする事で、LINE以外のSNSも使い放題で使う事ができて、たくさんのSNSを使い放題に使う事ができます。

2つ目は、例えば、元々の希望はコミュニケーションフリープランの3GBの所、同じ音声通話SIMの一番料金の高いMUSIC+プランの10GBを初月に申し込む事で、この10GBのデータ容量は使い切れなければ翌月に持ち越す事が出来ます。

初月はMUSIC+プランにする事で、SNSで使ったデータ量は全く消費されずに減りませんので、かなり多くのデータ量が残ると見込まれまして、その残ったデータ量がそのまま翌月に繰り越されますので、翌月もたっぷりのデータ量で通信をして頂く事が出来ます。

関連記事

データSIMとデータSIM(SMS付き)の違いに関しては「LINEモバイルの「データSIM(SMS付き)」のSMS付きって何? 必要?」をご覧ください。

LINEモバイル公式サイト

お得に初月を使う方法! 初月無料がなくなっても、初月は1日からの方が良い!

初月無料の時も、初月無料を最大限に有効に活用する為に、出来るだけ月初の1日からLINEモバイルを使い始める事をお勧めして来ましたが、これは、初月が有料になっても同じことです。

ひよっこ君
と言うか、初月にお金を払う事になったら、お金を払う分、一層、月初から使い始めなきゃ損だよ。

その通りですよね。月も終わりの25日頃からLINEモバイルを使い始める事になってしまっては、初月の基本月額基本料を日割りなしで満額、払わなければいけないのに大損ですよね。

是非とも、お申し込みをなさる時には、月初から使い始める様にして頂きたいと思いますが、LINEモバイルを月初から使い始める為には、「利用開始日」や「利用開始手続き」と言ったLINEモバイル独特の用語を理解して頂き、申し込みをする日からスケジュールを組まなければいけません。

厳密にスケジュールを練る際は、「「初月無料」を100%満喫! LINEモバイルを最もお得に申し込む方法!」のページを参考にして頂ければと思いますが、ここでは簡単に結論だけをお伝えさせて頂きますと、下記の通りになります。

初月を100%活用する申し込みのベストな日!

ドコモ回線を新規でお申込みの方は30日にお申し込み下さい!

ドコモ回線をMNPでお申し込みの方は29日にお申し込み下さい!

ソフトバンク回線を新規でお申し込みの方は27日にお申し込み下さい!

ソフトバンク回線をMNPでお申し込みの方は27日にお申し込み下さい!

上記は、月末が31日まである月の最適なお申し込み日です。

LINEモバイルの初月の考え方は、「利用開始日」を含む月初月ですので、これらの日にLINEモバイルを申し込んで頂きましたら、「利用開始日」を月初の1日に迎えて頂く事が出来ますし、ギリギリは怖いという方は2日に「利用開始日」を持って来る事も可能です。

月初の1日から、あるいは、少なくとも月初の2日、3日位からLINEモバイルの利用を開始する事が出来ましたら、初月分の月額基本利用料を支払うだけの元は取れると思います。

ひよっこ君
そうだね。少しでもお得に使わなきゃ損だもんね。

SNS使い放題 新・月300円キャンペーンは初月からキャンペーン適用

SNS使い放題 新・300円キャンペーン

※ 「SNS使い放題 新・月300円キャンペーン」は終了しました。

初月無料のサービスが終了となり、初月から月額基本利用料が発生する事により、現在、開催されている「SNS使い放題 新・月300円キャンペーン」の内容も一部、変更となります。

「SNS使い放題 新・月300円キャンペーン」は、今までは初月無料でしたので2〜4ヶ月目の3ヶ月間がキャンペーン適用期間となっていましたが、今後は初月からキャンペーン適用となり、初月から計4ヶ月間、キャンペーン価格が適用される事になります。

LINEフリープラン

データ容量 1ヶ月目の月額基本利用料
(通常 → キャンペーン適用時)
2~4ヶ月目の月額利用基本料
(通常 → キャンペーン適用時)
1GB 1,200円 → 300円 1,200円 → 300円
データフリー LINE

コミュニケーションフリープラン

データ量 1ヶ月目の月額利用基本料
(通常 → キャンペーン適用時)
2~4ヶ月目の月額利用基本料
(通常 → キャンペーン適用時)
3GB 1,200円 → 300円 1,690円 → 300円
5GB 1,200円 → 300円 2,220円 → 830円
7GB 1,200円 → 300円 2,880円 → 1,490円
10GB 1,200円 → 300円 3,220円 → 1,830円
データフリー LINETwitterFacebookInstagram

MUSIC+プラン

データ量 1ヶ月目の月額利用基本料
(通常 → キャンペーン適用時)
2~4ヶ月目の月額利用基本料
(通常 → キャンペーン適用時)
3GB 1,200円 → 300円 2,390円 → 1,000円
5GB 1,200円 → 300円 2,720円 → 1,330円
7GB 1,200円 → 300円 3,280円 → 1,890円
10GB 1,200円 → 300円 3,520円 → 2,130円
データフリー LINETwitterFacebookInstagramLINE MUSIC

この「SNS使い放題 新・月300円キャンペーン」は音声通話SIM限定のキャンペーンになりますが、コミュニケーションフリープランとMUSIC+プランは、2~4ヶ月目が1,390円(イー、サンキュー)の割引になります。

上記の料金表をご覧いただきますと、LINEフリープランの1GBコミュニケーションフリープランの3GBは、共に4ヶ月目までは月額基本利用料が300円になりますので、例として、LINEフリープランの音声通話SIMをご希望の皆さまは、下記の様なお得な使い方もできます。

  1. お申し込み時には最も料金の高いMUSIC+プラン10GBの音声通話SIM(月額300円)を選択
  2. 初月はたっぷりのデータ量で5種類のデータフリーを思う存分にご利用頂く
  3. プラン変更はいつでも無料で出来ますので(翌月の1日から適用)、忘れない内に初月が始まったらすぐにコミュニケーションフリープランの3GBの音声通話SIMに変更
  4. 2~4ヶ月目はLINEだけではなく他の3つのデータフリーも思う存分にご利用頂く
  5. 4ヶ月目に入ったら、忘れない内に元々のご希望のLINEフリープランに変更

この様にご利用頂くだけで、4ヶ月間、ずっと300円のままで、LINEモバイルを目いっぱい、ご利用頂く事が出来ます。

また、コミュニケーションフリープランの3GBをご希望の皆さまも、初月はMUSIC+プランの10GBを選択頂き、2ヶ月目からはご希望のコミュニケーションフリーの3GBに変更する事で、4ヶ月間、すっと300円でLINEモバイルをご利用頂けます。

他のプランをご希望の皆さまも、とにかく初月は最も料金の高いMUSIC+プランの10GBを申し込み、初月中に本来のご希望のプランに変更頂きましたら、初月の残ったデータ量は2ヶ月目に繰り越され、尚も、2~4ヶ月目はご希望のプランをキャンペーン価格でご利用頂く事ができます。

是非、可能な限り、お得にLINEモバイルをご利用頂ければと思います。

その通りじゃ。皆さん、LINEモバイルを楽しんで下され!
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

変更点② 初月有料に伴い、最低利用期間が1ヶ月短縮

さて、初月が無料から有料になってしまう事で、少し残念な所もありますが、逆に少しだけをする事もあります。

と言いましても、ずっとLINEモバイルを使い続ける上では、全く得になる事ではないのですが、それは、最低利用期間が1ヶ月、短縮される事です。

この最低利用期間はしっかりと把握しておく必要がありまして、音声通話SIMをご利用なさっている場合、この最低利用期間内にサービスの解約、または、他社にMNP転出(電話番号をそのままで転出)する場合には9,800円の解約手数料が発生してしまいます。

この最低利用期間は、今までは初月は無料でしたので、利用開始日の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで(末日を含む)に解約やMNP転出をしますと、解約手数料の9,800円が発生しました。

しかし、2019年5月1日(水)AM0時以降からのお申し込みに関しましては、利用開始日を含む月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで(末日を含む)に、解約やMNP転出をしますと、9,800円の解約手数料が発生する事になります。

最低利用期間が1ヶ月短縮

画像が小さくて分かりにくいですが、つまり、今までは利用開始日を含む月を1ヶ月目として13ヶ月間はLINEモバイルと使い続けないとペナルティが発生した所、2019年5月1日(水)AM0時以降は、最低利用期間が1ヶ月短縮される事によって12ヶ月間となり、「LINEモバイルが嫌だ、早く解約したい!」と思っておられる方にとりましては、1ヶ月早く解約する事が出来ますので、嬉しい事になります。

ひよっこ君
そうだね、格安SIMは競争が激しいから、他社でもどんどんと良いキャンペーンを出してくるもんね。
そうじゃのう。まぁ、いずれにしても、拘束される期間が短くなる事は、解約するしないに関わらず嬉しい事じゃ。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

変更点③ 月額基本利用料1%分のLINEポイント付与の終了

さて、3つ目の変更点は、今まで付与されていたLINEポイントが、2018年5月1日(水)AM0時以降にお申し込みをなさった皆様に対しては、付与がされなくなる点です。

LINEモバイルはLINEが親会社ですので、今までは、毎月1日の時点で契約者連携されているLINEモバイルのユーザーの皆さまに対して、毎月10日前後に月額基本利用料の1%分のLINEポイントを付与されていました。

しかし、このサービスは2019年4月30日(火)PM23:59までにお申し込み完了になった方までで終了となり、2019年5月1日(水)AM0時以降のお申し込み受付完了分からはこのサービスは適用されず、LINEポイントの付与はされなくなります。

ひよっこ君
えっ、それじゃ、今までLINEポイントを貰っていた人はどうなるの?
今までLINEポイントを貰っていた人が貰えなくなるとなったら、ちょっと文句を言いたくなるのう。
スマホ博士

確かに、それはその通りで、新しいルールの下でLINEモバイルに申し込んで、それでLINEポイントが貰えないというのは分かりますが、LINEポイントが貰えるルールの時にLINEモバイルに申し込んで、実際に毎月、LINEモバイルを貰っていた人が、ルールが変わったからと言ってLINEポイントを貰えなくなるのなら、それは納得が出来ないですよね。

しかし皆さま、この点に関しましてはご安心下さい。

当然の事ですが、今までLINEポイントを貰っていた人は、継続して、月初の段階でLINEモバイルを使っておられ、契約者連携をしておられれば、月額基本利用料の1%分のLINEポイントが付与されますし、2019年4月30日(火)PM23:59までにLINEモバイルのお申し込みが完了された方に対しても、以降、ずっとLINEポイントは付与され続けます。

LINEポイント付与終了の理由

ひよっこ君
ところで、LINEモバイルはLINEの子会社なのに、なんでLINEポイントの付与を止めてしまうのかな。
そうじゃのう。LINEとしては、LINEポイントの流通を高めて行く事で、LINEの電子マネーのLINE Payのシェアが増えて行くのにのう。
スマホ博士

確かに、LINEポイントはLINEの戦略上では大事だと思うのですが、LINEモバイルの嘉戸社長はその理由をこのように語っておられます。

「実は通信費に応じたLINEポイントの付与は、やっていてもなかなか気づいてもらえていなかった特典だった。同じようにポイントを付与するなら、もっとわかりやすいキャンペーンに寄せた方がいい、もっとLINEポイントを知ってもらえるような施策にしよう、という考えに至った。

既存のお客様向けには当然この特典は残すが、今後はもっと“もらってうれしい、楽しい”と思えるようなキャンペーンを展開していきたい」

出典: Business Insider Japan

確かに、LINEモバイルの嘉戸社長のおっしゃる通りかも知れません。

月額基本利用料の1%分のLINEポイントと言いますと、LINEモバイルで最も高いプランのMUSIC+プランの10GBの音声通話SIMでも、月額基本利用料が3,520円ですので、その1%の35LINEポイント

「最もリーズナブルな」と言えば聞こえは良いですが、最も安いLINEフリープランのデータSIMの場合は500円ですので5LINEポイント

確かに私も、データSIM(SMS付き)の時の620円に対しての6ポイントや、MUSIC+プランの10GBの音声通話SIM3,520円に対しての35ポイントをLINEモバイルから貰いましたが、貰わないよりかは貰った方が有難いですが、別に貰わなくても良いかなと言う感じでした。

それなら嘉戸社長のおっしゃる通り、もらって嬉しいと思えるLINEポイントにした方が良いと思いますし、MUSIC+プラン10GBの音声通話SIMのLINEポイント35ポイントを1年間、貰っても350ポイントですが、今まで開催されてきた乗り換えキャンペーンの5,000ポイントだったり、この度のau回線スタート記念の3,000ポイント300ポイントの方が嬉しいですし、インパクトもありますよね。

今までLINEポイントが付与されてきた方は、今後も付与され続ける事ですし、5月1日以降にお申し込みされる方は、これら3,000ポイントは必ず貰えることにもなりますし、このLINEポイント付与終了の変更については、私も納得したところであります。

ひよっこ君
本当だね。3,000ポイントって言ったら、MUSIC+プランの35ポイントの8年半分のポイントだもんね。

LINE Pay、LINE Pay カードでのLINEポイント付与はそのまま

参考までにですが、LINE PayLINE Pay カードでLINEモバイルの料金を支払っている場合の、LINE Pay「マイカラー」プログラムによるLINEポイント付与は今まで通りで変更はありません。

LINE Payのマイカラープラグラムとは、2018年6月1日(金)から始まったプログラムで、LINE版の電子マネーであるLINE Pay利用登録(銀行口座登録による本人確認)をするだけで参加する事が出来るプログラムです。

LINE PAYの利用状況に応じて「グリーン」「ブルー」「レッド」「ホワイト」の4段階のバッジが付与され、LINE Payを使えば使う程、LINEポイントの還元率も高まって行き、2018年8月1日からはLINE Pay カードだけではなくLINE Payに連携したクレジットカードでの決済でもポイントが還元される様になりました。

ですので、LINEモバイルのお支払い方法をLINE PayLINE Pay カードになさっている方は、バッジの還元率に基づき、毎月、LINEポイントが貰えるのですが、そのLINEポイントの付与に関しては、今まで通り、変化はありません。

関連記事

LINE PayやLINE Pay カードでのLINEモバイルの料金のお支払いについては「LINE PayとLINE Payカードはどう違う!?LINEモバイルのお支払い方法」が参考になると思います。少しでもお得にLINEモバイルをお使い下さい!

LINEモバイル公式サイト

変更点④ 初期契約解除 対象サービスタイプの変更

2019年5月1日からのサービス内容の変更の4つ目は、「初期契約解除」の対象サービスが変更になるとの事です。

今までは、「初期契約解除」の対象サービスは、LINEモバイルの全サービスタイプ(データSIM・データSIM(SMS付き)・音声通話SIM)でしたが、2019年5月1日AM0時以降のお申し込み分からは、その対象は音声通話SIMのみになり、データSIMとデータSIM(SMS付)は対象外になります。

ひよっこ君
それにしても、そもそも、初期契約解除って何なの?
確かに、初期契約解除って言うのはあまり聞いた事がないのう。
スマホ博士

そもそも「初期契約解除」って何?

初期契約解除」とは、今までは、最低利用期間のある音声通話SIMの場合は、利用開始日、または契約書類を受領した日のいずれか遅い日から起算して8日を経過するまでの間であれば、解約手数料を支払うことなく契約を解除することができました。

また、データSIMとデータSIM(SMS付き)の場合は、元々、最低利用期間はなく、いつでも解約手数料を支払う事なく解約をする事ができましたが、それでも、初期契約解除という仕組み自体はあった様で、音声通話SIMと同じく、利用開始日、または契約書類を受領した日のいずれか遅い日から起算して8日を経過するまでの間であれば、解約手数料を支払うことなく契約を解除することができました。

ひよっこ君
データSIMとデータSIM(SMS付き)は、8日以降でも、8日以前でも、解約手数料を支払う事なく解約できたのに、初期契約解除の仕組みだけは適応されていたって事?

この点は、私も不思議に思ってLINEモバイルに問い合わせをさせて頂きましたが、結論から言いますと、5/1以降、「初期契約解除」の対象となるのは音声通話SIMのみで、音声通話SIMの場合は、ざっくり1年以内に解約をする場合には、解約手数料として9,800円が発生しますが、上記の通り、8日を経過するまでの間であれば、今後も解約手数料を支払う事なく契約を解除する事ができます。

また、データSIMデータSIM(SMS付き)に関しましては、5/1以降は、「初期契約解除」の対象外に変更になるという事ではなく、そもそも、最低利用期間も解約手数料もない事から「初期契約解除」を廃止するという意味合いの様です。

ですので、整理しますと、音声通話SIMの場合は、利用開始日、または契約書類を受領した日のいずれか遅い日から起算して8日を経過するまでの間であれば、解約手数料を支払うことなく契約を解除する事ができますし、データSIMデータSIM(SMS付き)の場合は、今までと同じ様にいつでも解約手数料なしで解約する事ができます。

LINEモバイル公式サイト

2019年5月1日からのサービス変更のまとめ

サービス変更

皆さま、お疲れさまでした。

さて、2019年5月1日からのLINEモバイルのルールの変更に関して、ご理解頂きましたでしょうか?

最初の方の部分の変更に関して、忘れてしまった方もいらっしゃるかも知れませんので、要点をまとめさせていただきます。

2019年5月1日からのサービス変更のまとめ

  1. 月額基本利用料の「初月無料」が有料になる → 初月の月額基本利用料は、プランに関わらず、データSIMは500円、データSIM(SMS付き)は620円、音声通話SIMは1,200円
  2. 最低利用期間が1ヶ月短縮され、利用開始日を含む初月を1ヶ月目として12ヶ月間になる
  3. 月額基本利用料1%分のLINEポイント付与の終了
  4. 初期契約解除に関して、音声通話SIMは初期契約解除が存続、データSIMとデータSIM(SMS付き)は初期契約解除自体を廃止

お得度に関して変わってくる注意点に関しましては、①の月額基本利用料が初月から有料になる事と、③のLINEポイントの付与がなくなる事になります。

しかし、今回の変更に関しましては、嘉田社長が「“もらってうれしい、楽しい”と思えるようなキャンペーンを展開していきたい」とおっしゃるように、お得なキャンペーンを展開し、そのキャンペーンでLINEポイントをプレゼントする事で、初月が有料になってLINEポイントの付与がなくなった分を補ってあまりあるものだと思いますし、逆にお釣りが来るほどではないかと思います。

私がLINEモバイルに申し込んだ時と比べますと、明らかに3,000ポイントとか5,000ポイント、また10,000ポイントのLINEポイントが貰えるキャンペーンが多くなりましたし、実際、皆さま、LINEポイントを貰っておられるますし、初月が有料になって、LINEポイントの付与がなくなりましても、今、LINEモバイルにお申し込みをなさる方の方が絶対にお得だと思いますよ

LINEモバイルはとっても素晴らしい格安SIMですよ!

是非、LINEモバイルにお申し込み頂き、ご家族やお友達と「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!

ひよっこ君
下のバナーから申し込みができるよ。(笑)
宜しくお願いしますぞよ。(笑)
スマホ博士

-LINEモバイルとは

Copyright© LINEモバイルで Let's Communication! , 2020 All Rights Reserved.