LINEモバイルとは

LINEモバイル、店舗契約のメリット7選、デメリット11選を徹底解説!

店舗契約のメリット・デメリット

LINEモバイルをご検討中の皆さま、こんにちわ。

さて、このところ、ドコモauソフトバンク2年縛りがなくなり、あるいは2年縛りのプランが残る場合でも、その違約金が9,500円から1,000円や無料になって、一層、携帯会社間を自由に乗り換える事ができる様になりましたので、増々、格安SIMがクローズアップされていますよね。

ひよっこ君
ほんと、僕たち一般消費者にとって嬉しい時代になったよ。

そんな格安SIMですが、お申し込み方法についてはウェブで申し込みをするのが一般的な中、実はLINEモバイルでは店舗でも契約ができるというのをご存知でしょうか?

ウェブ申し込みに特化している格安SIMが多いが、実は対面で契約したい人は多いんじゃ。
スマホ博士

パソコンやスマホに慣れている皆さまにとりましては、お店に行くのは面倒だしと普通にネットでお申し込みをなさると思いますが、パソコンやスマホに慣れておられない皆さまにとりましては、ネットでのお申し込みは不安が絶えませんよね。

そんな皆さまの為に、LINEモバイルでは、当初は全国でたった10店舗から始めた即日受渡しカウンターを、現在では600ヶ所以上に拡充し、より多くの皆さまが不安なくLINEモバイルのお申し込みができる様になりました。

ひよっこ君
600ヶ所以上って言ったら、全国の主要な所はほぼ網羅してる感じだよね。
ここまで店舗に力を入れているのは、格安SIMではLINEモバイルが一番じゃ。
スマホ博士

この通り、LINEモバイルで非常に力を入れている対面で契約が出来る即日受渡しカウンター(店舗)ですが、実は、店舗契約にはメリットもたくさんあるのですが、デメリットの部分、損をしてしまう部分もあるのです。

この記事では、店舗契約の詳細メリットデメリットをご説明させて頂きながら、皆さまに快適に、お得にLINEモバイルのお申し込みをして頂けるご提案をさせて頂ければと思っています。

私は店舗で契約するんだと、店舗で対面でのご契約をご希望の皆さまも、一度、この記事に目を通して頂き、店舗での契約のメリット・デメリットをご理解頂きました上で、お店で契約なさるか、あるいはネットで契約なさるかをお決め頂けたらと思います。

どうぞ、よろしくお願い致します。

\LINEモバイルの最新キャンペーンはこちらから!/

LINEモバイルのお申し込み、店舗契約のメリット・デメリット一覧

LINEモバイルの店舗契約まずは、店舗でのお申し込みメリットデメリットの一覧です。

  メリット デメリット
店舗契約
  • 対面で説明を受けながら、質問をしながら契約する事ができる
  • 本人確認書類は持って行くだけで大丈夫
  • SIMカードをスマホにセットして使える状態にまでして貰える
  • MNP(電話番号そのままの乗り換え)も対応して貰える
  • 即日、LINEモバイルでスマホが使える
  • 量販店でスマホの実物が触れる
  • 量販店の人からスマホの説明を受ける事ができる
  • わざわざお店に足を運ばなければいけない
  • 即日渡しをしてない店がある
  • かなり待たされる可能性がある
  • 店舗によって、取り扱うSIMカード回線の種類が違う
  • au回線の取り扱いは準備中(2019年10月現在)
  • スマホのセット購入ができない
  • 4つの準備物の内の3つを自分で準備しなければいけない
  • LINEポイントが貰えない
  • WEB限定のキャンペーンが適用できない
  • エントリーパッケージが利用できない

ちょっと表が見にくくてすいません。(汗)

ひよっこ君
今から各々、説明をするから、見にくかったら見なくても大丈夫だよ。

店舗契約にはメリットデメリットがありますが、今から詳しくご説明させて頂こうと思います。

LINEモバイルの店舗でのお申し込みのメリット

店舗契約のメリット

店舗契約のメリット

  1. 対面で説明を受けながら、質問をしながら契約する事ができる
  2. 本人確認書類は持って行くだけで大丈夫
  3. SIMカードをスマホにセットして使える状態にまでして貰える
  4. MNP(電話番号そのままの乗り換え)も対応して貰える
  5. 即日、LINEモバイルでスマホが使える
  6. 量販店でスマホの実物が触れる
  7. 量販店の人からスマホの説明を受ける事ができる
ひよっこ君
それじゃあ、一つ一つ説明していくね。

対面で説明を受けながら、質問をしながら契約する事ができる

わざわざ、お店まで行ってお申し込みをなさるのは、この「対面で」というのが一番大きな理由ですよね。

携帯電話のお申し込みはただでさえ難しいですし、言葉自体も専門用語が多くて分からず、一人でネットでするのはとても不安です。

ひよっこ君
そうなんだよ。とっても心細いんだよ...。

しかし、店舗でのご契約なら、LINEモバイルの人からご説明を受けて、分からない言葉が出て来たら、その都度、質問をして不安を解消しながらご契約をする事ができます。

これなら、安心してLINEモバイルのお申し込みができると思います。

大船に乗った気分で契約できるんじゃ。
スマホ博士

本人確認書類は持って行くだけで大丈夫

店舗でLINEモバイルのお申し込みをする際には、あらかじめ、ご準備して頂くもの4つあります。

  1. 本人確認書類
  2. クレジットカード(またはLINE Pay カード)
  3. メールアドレス
  4. MNP予約番号

1つ目の「本人確認書類」とは、運転免許証などの身分証明証になりますが、ネットで申し込む場合、もっとも神経を使う箇所が本人確認書類のアップロードになり、ミスをすると審査が否決され、LINEモバイルを使う事ができません。

ひよっこ君
パソコンが苦手な人は、「インターネット上に本人確認書類をアップロードする」っていうのが難しいみたい...。

しかし店舗契約では、本人確認書類をお店に持参し、お店の人に渡すだけで、お店の人が全ての手続きをして下さいますので、本人確認書類で失敗する事はありません。

但し、例えば、本人確認書類に記載の住所と現住所が違う場合など、間違った本人確認書類をお店に持って行きますと、審査を行えず、お申し込みを完了する事ができませんので、再度、出直さなくてはいけない事になってしまいます。

しっかり要件の揃ったものを持って行かなければいかんのじゃ。
スマホ博士

尚、本人確認書類以外の3つの準備物につきましては、ご自身で準備をして頂くのは難しく、後ほど、デメリットの部分でご説明をさせて頂こうと思います。

関連記事

SIMカードをスマホにセットして使える状態にまでして貰える

LINEモバイルの即日受け渡し店舗では、単にLINEモバイルのご契約が出来るだけではありません。

皆さまがすぐにスマホが使える所までセットをして頂けます。

ひよっこ君
それは嬉しいサービスだね。

家電量販店で購入したスマホでも、他の携帯会社で使っていたスマホでも、お店の人がLINEモバイルのSIMカードを挿入し、初期設定などもすべてして、すぐに使える状態でスマホを渡して貰えます

機械が苦手な方、スマホが苦手な方には、これはとても助かるサービスです。

至れり尽くせり、難しい事は全てお店の人がしてくれるんじゃ。
スマホ博士

MNP(電話番号そのままの乗り換え)も対応して貰える

LINEモバイルのご契約には、新しい電話番号で申し込む場合と、今まで他の携帯会社を使っていて、その携帯会社で使っていた電話番号をそのままLINEモバイルで使う場合の2通りがあります。

スマホに詳しくない方にとりましては、新しい電話番号で申し込むのも難しいと思いますが、前の携帯会社で使っていた電話番号をそのままLINEモバイルで使うMNP(携帯電話番号ポータビリティ)もっと難しく感じると思います。

ひよっこ君
僕ら若いもんでも、MNPとかの専門用語は難しいもん。

しかし、このいずれの場合のお申し込みでも、LINEモバイルのお店の人にお任せしておけば大丈夫ですし、MNPの場合、間違いなくLINEモバイルでも同じ電話番号を使えるようにして頂けますので、とても安心です。

尚、デメリットの部分でご説明をさせて頂きますが、MNPに必要な準備物(MNP予約番号)につきましては、基本的には、LINEモバイルのお店の人に取得のお願いはできず、事前にご自身で取得して頂かなければなりません。

何店舗かにお電話で確認をしましたが、お店によりましては、電話でMNP予約番号の取得を手伝ってくれる所もある様ですが、お店によりましては、ご自身で準備をして頂くとの事でしたので、ご自身で準備をして行った方が確実です。

優しい人がいれば良いんじゃが、混んでる場合は難しいじゃろのう。
スマホ博士

即日、LINEモバイルでスマホが使える

そして、「即日受け渡し店舗」という位ですから、LINEモバイルの即日受け渡し店舗で契約する事により、その日からすぐにLINEモバイルを使い始める事ができるのも大きなメリットです。

ひよっこ君
申し込んだその日から使えるのは、めっちゃ嬉しいよね。

ットでのお申し込みでは、お申し込みからSIMカードが手元に届くまでに2~3日がかかってしまいます。

月末日を迎えて、キャリアの契約を今月で解約したい、今日中にキャリアからLINEモバイルに乗り換えをしてしまいたいなど、お急ぎの場合には店舗でのご契約の方が便利です。

ネット申し込みで即日は無理じゃからのう。
スマホ博士

量販店でスマホの実物を触れる

LINEモバイルの即日受渡しカウンターは、家電量販店の一角にあります。

そして、LINEモバイルの即日受渡しカウンターではスマホの取り扱いがなくスマホを触る事ができません

ひよっこ君
店舗ではスマホのセット販売はしてないんだ。

しかし、家電量販店にはスマホの取り扱いがありますので、LINEモバイルに行く前に家電量販店のスマホのコーナーに行き、実物に触れて頂く事ができます。

スマホの現物を触る事ができますのは、これはネット申し込みではできないメリットの部分になります。

大きさとか重さとかを感じれるのは大事なポイントじゃぞ。
スマホ博士

お持ちのスマホをそのままLINEモバイルで使われる皆さまは、特にこの必要はありませんが、初めてスマホを持つ方や、現在、ガラケーを使っていてスマホに乗り換えようという皆さまには、最近のスマホは大きいですし重いので、貴重な体験だと思います。

量販店の人からスマホの説明を受ける事ができる

そして、ただ置いてあるスマホを見て触るだけでは、LINEモバイルで使えるのかどんな機能があるのかなどが分かりません。

ひよっこ君
LINEモバイルで使えない端末を買っちゃったら大変だもんね。

しかし、量販店の人から説明を聞く事ができますし、分からない事があれば質問をする事もできて、これもLINEモバイルのネットでのスマホ購入にはない安心感があります。

スマホの使い方も聞く事ができますので、この点は、スマホに詳しくない方にとりましては、かなりポイントの高いメリットです。

本当じゃ。とっても安心できると思うぞ。
スマホ博士

LINEモバイルの店舗でのお申し込みのデメリット

店舗契約のデメリット

店舗契約のデメリット

  1. わざわざお店に足を運ばなければいけない
  2. 即日渡しをしてない店がある
  3. かなり待たされる可能性がある
  4. 店舗によって、取り扱うSIMカード回線の種類が違う
  5. au回線の取り扱いは準備中(2019年10月現在)
  6. スマホのセット購入ができない
  7. 4つの準備物の内の3つを自分で準備しなければいけない
  8. LINEポイントが貰えない
  9. WEB限定のキャンペーンが適用できない
  10. エントリーパッケージが利用できない
ひよっこ君
ちょっと数が多いけど、こっちも一つ一つ、説明するね。

LINEモバイル公式サイト

わざわざお店に足を運ばなければいけない

やはり、LINEモバイルの即日受け取り店舗に行くには時間がかかりますし、場所によっては費用もかかりますし、何よりも面倒です。

そして、ご自宅や勤務先等のすぐ近く駅前のような便利な場所にあれば、ついでの感覚で行く事ができますが、中には行きにくかったり遠かったりする場合もあります。

ひよっこ君
店舗で契約する人も、遠かったり不便な所なら行きたくないもん。

LINEモバイルの即日受け渡し店舗は全国に600店舗以上もありますが、街の中心部にある場合は良いですが、地方に行きますと徒歩では行けない距離にある事もありますし、家電量販店の中には車でないと行けないロードサイド的なお店もあります。

LINEモバイルの店舗での契約を望まれる皆さまは、どちらかと言いますとパソコンやスマホが苦手な方、つまりお年を召された方も多く、簡単にお店に行く事ができないとなりますと、LINEモバイルを使う事自体が出来なくなってしまいます。

遠い所は行くだけで疲れてしまうんじゃ...。
スマホ博士

即日渡しをしてない店がある

LINEモバイルの店舗には2種類がありまして、一つはLINEモバイルのエントリーパッケージのみを販売しているお店と、もう一つはエントリーパッケージの販売と同時にSIMカードの販売、つまり、即日受け渡しカウンターがあるお店です

エントリーパッケージとは、後ほど詳しくご説明をさせて頂きますが、ウェブ申し込みで利用できる、初期費用を抑えられるお得なパッケージです。

LINEモバイルの店舗には、このエントリーパッケージのみを販売しているお店がとても多く、仮に近くにLINEモバイルの取り扱い店舗があったとしましても、そのお店がエントリーパッケージのみの取り扱いの店舗であれば、LINEモバイルの契約をする事ができません

ひよっこ君
即日の受け渡しができないお店が案外と多いんだ。

LINEモバイルとしても効率を考えますので、同じ家電量販店であっても、やはり便利な場所にあるお店には即日受け渡しカウンターを設け、その他の店舗ではエントリーパッケージの販売のみに抑えていますので、とても不便です。

近くにあっても、そこで契約ができなきゃ意味がないのう。
スマホ博士

かなり待たされる可能性がある

即日受け渡しの可能なお店が全国に600店舗以上あるとは言え、家電量販店の店舗の総数から考えますと少ないので、その分、お店で契約したいという人が集まり、店舗でのお申し込みは混雑している可能性が大きいです。

この記事を書くために色々なお店に電話をさせて頂きましたが、土日はほぼ手が一杯で、家電量販店には電話が繋がってもLINEモバイルに繋いで頂く事ができず、晩遅くに折り返しのお電話を頂くという状況でした。

ひよっこ君
LINEモバイルの人が忙しくて内線を取って貰えなかったんだ。

また、平日に電話を入れた時も、土日ほどではなかったですが、日中は混んでいる事が多く、やはり折り返しでお電話を頂く事が多かったです。

つまり、LINEモバイルの即日受け渡し店舗に行かれましても、土日であればほぼ1日中、待たされる可能性が高いですし、平日の場合でも、日中は待たされる可能性が高いです。

どっちにしても、店舗での契約は待たされるという事じゃな。
スマホ博士

また、予約ができないかも聞いてみましたが、あるお店では予約の受付はできないとの事でしたし、あるお店では、最大限、その時間に体を開ける努力はするとの事でしたが、その前にお客様が来店してしまったらその方を優先せざるを得ないとの事で、確実な予約はできません

1件のご契約に付き、15分~20分の審査時間も含めて1時間程かかる様ですが、仮に先客がいる場合は、その方が終わるまで待たなければいけませんし、何人かの待ちが出ている場合は、1時間×待ち人数の待ち時間がかかります。

もし、待ち時間をできるだけ少なく契約をしようとなさる場合は、開店直後を狙うしかありません。

店舗によって、取り扱うSIMカード、回線の種類がそれぞれ

全国に600店舗以上あるLINEモバイルの即日受け渡し店舗は、家電量販店携帯販売店の一角にありまして、それらの家電量販店や携帯販売店は下記の通りです。

LINEモバイルの取り扱いのある家電量販店

エディオン ケーズデンキ コジマ
ジョーシン ソフマップ ノジマ
ビックカメラ ベスト電器 ヤマダ電機
ヨドバシカメラ    

LINEモバイルの取り扱いのある携帯販売店

C smart WonderGOO iPhone Repair
select SIM アリマス本舗 カメラのキタムラ
ゲオ スマートフォンパラダイス ダイマック
ツタヤ テルル テレウェーブ
トップ1 パナピットアザミ パレットプラザ
モバイルマッハ モバワン 携帯の王様

これら家電量販店、携帯販売店の各お店の中には、エントリーパッケージのみ販売されているお店もありますが、即日受け渡しカウンターがあるお店の中でも、それぞれで取り扱うSIMカードや回線が違いますので注意が必要です。

LINEモバイルでは、ドコモ回線ソフトバンク回線au回線の3つのキャリアの回線、そして、データSIMデータSIM(SMS付き)音声通話SIMの3種類のSIMカードを取り扱っています。

例えば、エディオンソフトバンク回線音声通話SIMのみの取り扱いとなりますので、ドコモ回線のお申し込みはできませんし、データ通信専用のデータSIMのお申し込みもできません。

あるいは、ジョーシン音声通話SIMのみの取り扱いとなりますが、ドコモ回線ソフトバンク回線のお申し込みができます。

また、携帯ショップのテルルは、ドコモ回線は音声通話SIMのみで、ソフトバンク回線は音声通話SIMとデータSIM(SMS付き)の取り扱いがあるという様に、それぞれのお店によって色々です。

ですので、もしお店に行かれる場合は、お近くのLINEモバイルの即日受け渡し店舗にご希望の回線やSIMカードの取り扱いがあるかを調べる必要がありますし、取り扱いがない場合は違う家電量販店や携帯ショップを探す必要があります。

ひよっこ君
どこでも全ての回線、全てのSIMカードの取り扱いがある訳じゃないんだね。
近くに希望の回線やSIMカードの取り扱いがないと面倒じゃのう。
スマホ博士

au回線の取り扱いは準備中(2019年10月現在)

2019年4月22日より、LINEモバイルではau回線のサービスが開始されました。

しかし、諸サービスが準備中でのスタートとなり、2019年10月の段階で、まだ、LINEモバイルの即日受け渡し店舗でau回線の契約をして頂く事ができません。

現在、auをお使いの皆さまは、原則、お持ちのスマホをLINEモバイルのau回線でそのまま使えて便利ですので、今の段階でau回線をお申し込みになられる場合は、ウェブでのご契約をして頂く事になります。

ひよっこ君
ネットでの契約が不安だから店舗での契約って思ってるのに。
全ての準備が整う前にau回線のスタートとなってしまったんじゃ。
スマホ博士

スマホのセット購入ができない(量販店での購入は可)

LINEモバイルのウェブでお申し込みをなさる場合は、SIMカードとスマホをセットで購入する事ができます。

LINEモバイルで販売されているスマホは、元々、お手頃価格で販売されていますが、キャンペーン等で一層、安く販売されている端末もあります。

そして、新規番号でのお申し込みなら、LINEモバイルで全てを設定した上で送って貰えますので、届いて電源を入れればそのまま使えます。

また、大手携帯会社から電話番号をそのままで乗り換える場合も、スマホが届いてから、LINEモバイルに電話を一本入れて利用開始手続きをして頂く事で、電源を入れればそのままで使えます。

ひよっこ君
スマホも買う場合、ネットで申し込みさえできれば、届いてからは簡単に使えるんだけどね。

ネットでのお申し込みさえ出来ましたら、届いて以降はこの様に簡単なのですが、店舗ではスマホは購入ができませんので、もしスマホも購入なさる場合は、家電量販店でスマホを購入して頂き、LINEモバイルでSIMカードのご契約をして頂くという2つの工程が必要になります。

幸い、LINEモバイルの即日受け渡しカウンターでも、量販店で購入したスマホでLINEモバイルをすぐに使える所までセッティングして頂けますので安心頂ければと思います。

店舗でも、使える所まで設定して貰えるのはありがたいのう。
スマホ博士

4つの準備物の内の3つを自分で準備しなければいけない

LINEモバイルの店舗契約のメリットの所でもご説明をさせて頂きましたが、即日受け渡し店舗でのご契約には、下記の4つの準備物が必要になります。

  1. 本人確認書類
  2. クレジットカード(またはLINE Pay カード)
  3. メールアドレス
  4. MNP予約番号

1つ目の本人確認書類については、メリットの部分でご説明をさせて頂きましたが、ネットで申し込む場合はインターネット上にアップロードをする必要があり、パソコンやスマホが苦手な皆さまにとりましてはかなり難易度の高い工程になりますが、店舗での契約の場合は、持って行くだけでお店の人が手続きをして下さいますので簡単です。

一方、他の3つにつきましては、ご自身で準備をして頂かなくてはならず、これだけの事をご自身でできるなら、ウェブでのお申し込みもできるのではないかという内容になります。

クレジットカード

クレジットカードLINEモバイルのお支払い方法は、クレジットカードLINE PayLINE Payカードの3通りになりますが、店舗でのご契約はクレジットカードLINE Pay カードの2択になります。

大手携帯会社をお使いの皆さまの中には、銀行の口座振替でお支払いをなさっておられた方もいらっしゃると思いますが、LINEモバイルでは口座振替でのお支払いができません

もし、クレジットカードをお持ちでいらっしゃいましたら、そのクレジットカードでLINEモバイルのお支払いをして頂く事ができますが、クレジットカードをお持ちでない方は、クレジットカードを作る所からして頂かなければいけません。

クレジットカードを申し込む方法は、ネット以外にも郵送という手段がありますので作って頂く事が可能ですが、クレジットカードはいくらでも買い物ができる危険なものだとお考えの方もいらっしゃいますので、そこの所からのご理解が必要ですし、どのクレジットカードにするのかも選択もして頂かなければいけません。

ひよっこ君
郵送でクレジットカードが作れても、その前段階で色々と手間だよね。
口座振替で支払いができる様になれば良いんじゃが...。
スマホ博士

LINE Pay カード

LINE PayカードLINE Pay カードはLINE版の電子マネーであるLINE Payにあらかじめお金をチャージしておく事で支払いができるプリペードカードになりまして、どなたでも審査なしに作って頂く事ができます。

そして、LINEモバイルのお支払い方法にこのLINE Pay カードを選択し、銀行を登録し、オートチャージ機能を設定する事により、LINE Payの残高が一定以下の金額になった時に、自動的に銀行からLINE Payにチャージされますので、あたかも銀行の口座振替の様にご利用頂く事ができるのです。

この通り、LINE Pay カードはとても優れたお支払い方法なのですが、いかんせん、このLINE Pay カードはLINEを利用中の方がスマホでお申し込みをして頂く必要があるのです。

LINEを使っておられない方は、そもそもLINEのアカウント開設からパソコンやスマホで行って頂く必要があり、LINE Pay カードのお申し込みスマホで行って頂かなければならず、LINEモバイルのお申し込みを店舗でご希望の皆さまには、これまたハードルが非常に高いのです。

ひよっこ君
LINEのアカウント開設やLINE Pay カードがネットで作れるなら、LINEモバイルの申し込みもウェブで出来るよ。
パソコンやスマホが苦手じゃのに、LINE Pay カードがスマホでしか作れんのは、作るなと言ってる様なもんじゃのう。
スマホ博士

関連記事

メールアドレス

gmailメールアドレスもLINEモバイルの店舗で契約をなさる際には必要です。

私の母親もそうですが、キャリアをご利用中の皆さまで、そこそこご高齢の皆さまは、案外とキャリアメール(docomo.ne.jp、ezweb.ne.jp、softbank.ne.jp)を使っておられる方が多いと思います。

キャリアメールはLINEモバイルの契約には使えないの?」という質問もあろうかと思いますが、結論を申しますと使えません

キャリアメール大手携帯会社を利用中のみ使えるメールになりますので、LINEモバイルのお申し込みの際には別のメールアドレスをご準備頂く必要があります。

しかし、パソコンやスマホが苦手という皆さまは、やはりこのメールアドレスを作る事もハードルが高いと思います。

ひよっこ君
Yahoo!メールやGmailは簡単に作れるんだけどね。
パソコンやスマホが苦手な人にはメールを作るのも大変な事じゃと思うぞ。
スマホ博士

MNP予約番号を準備する必要がある

そして、準備物の最後になりますが、もし、大手携帯会社など他の携帯会社からLINEモバイルに電話番号そのままで乗り換えられる際は、乗り換え元の携帯会社MNP予約番号を取得頂く必要があります。

MNP予約番号とは、大手携帯会社で使っている電話番号をLINEモバイルでもそのまま使う為に必要な予約番号になりますが、これは電話でも取得する事ができますので、パソコンやスマホが苦手な方でも大丈夫です。

また、私が電話をお尋ねさせて頂いた店舗の中には、お客様の方で準備をして頂く必要があるとおっしゃった店舗もあれば、ご本人様が来て頂けるなら電話で取得するお手伝いはさせて頂きますとおっしゃっておられたお店もありますので、事前にお店にお尋ねして頂くのもありかと思います。

ひよっこ君
取得するのは簡単かもしれないけど、MNP予約番号自体がよく分からないよ。
お店の人が手伝ってくれるのが一番なんじゃがのう。
スマホ博士

クレジットカード払いならLINEポイントが貰えない

LINEモバイルでは、お支払い方法にLINE Pay、あるいはLINE Pay カードを選択する事により、LINE Payのマイカラープログラムの付与率に基づき、毎月のLINEモバイルのお支払い額に対してLINEポイントが貰えます。

しかし、LINEモバイルの即日受け渡し店舗での契約では、クレジットカードLINE Pay カードの選択しかできませんので、必然的に、LINEポイントを貰う為にはLINE Pay カードを準備しなければいけません。

既にご説明をさせて頂きましたが、LINE Pay カードを準備するには、パソコンかスマホLINEのアカウントを作成し、スマホLINE Payに登録し、その上でスマホLINE Pay カードを申し込む必要があります。

ひよっこ君
パソコンやスマホが苦手な人が、パソコンやスマホの連続だよ。

参考までに、マイカラープログラムのLINEポイントの付与率は0.5%から2%ですので、例えばLINEモバイルの毎月のお支払いが3,000円として、もらえるLINEポイントは15ポイント~60ポイント(15円から60円)と少ないです。

LINEポイントはいいやって諦めてしまう人も多いじゃろうのう。
スマホ博士

WEB限定のキャンペーンが適用できない

5,000ポイントバックキャンペーンさて、LINEモバイルの即日受け渡し店舗で契約するデメリットについて、残るは2つとなりましたが、この残りの2つが最も店舗で契約するデメリットの部分になります。

LINEモバイルでは、お申し込みをなさる方に対して常にキャンペーンを開催していますが、そのキャンペーンには基本的に2種類のキャンペーンがあり、1つはウェブでの申し込み、店舗でのお申し込みに関わらず、いずれのお申し込みにも適用されるキャンペーン。

そしてもう1つは、キャンペーンコードをお申し込み画面にて入力する事により適用されるキャンペーン、つまり、このお申し込み画面というのはウェブでのお申し込み画面ですので、ネットで申し込む方限定のキャンペーンという事になります。

そして、このキャンペーンコードをお申し込み画面で入力するウェブ申し込み限定のキャンペーンは、 その時に開催されているキャンペーンにより変わりますが、LINEポイントが5,000ポイント(=5,000円)が貰えたり、時にはLINEポイントが10,000ポイント(=10,000円分)が貰えるかなり太っ腹なキャンペーンになります。

ひよっこ君
僕は以前、ネットで申し込んでLINEポイントを5,000ポイントもらったよ。

現在、LINEモバイルで開催中のポイントバックキャンペーン

ラッキー7キャンペーン

最大7,000円相当もらえる!ラッキーセブンキャンペーン

このキャンペーンは、音声通話SIM3GB以上のお申し込みで、SIMカードのみのお申し込みなら7,000円相当か3,000円相当、端末のセット購入なら1,000円相当のLINE Pay残高かLINEポイントがもらえるキャンペーンです。

ポイントバックキャンペーンは、下記の通り、LINEモバイルの申し込み画面でキャンペーンコードを入力する必要があります

キャンペーンコードを入力

キャンペーンコードは下記の通りですので、赤枠の中に入力し、お申し込みを進めてください。

  • LINE Payコース:PB072
  • LINEポイントコース:LN072

また、このキャンペーンは、同時開催の「対象のSNS使い放題 最大2ヶ月0円!/月〜キャンペーン」と併用ができますし、エントリーパッケージも併用できます。

音声通話SIM3GB以上のお申し込みなら、最大15,640円もお得になりますので、詳細は「【8月最新】LINEモバイルのキャンペーン情報」をご覧下さい。

キャンペーンコードを入力するウェブ限定のキャンペーンは、音声通話SIM限定の場合が多いのですが、過去、私も3回、LINEモバイルに申し込んだ事がありますが、内2回が音声通話SIMの申し込みで、それぞれでLINEポイントを10,000ポイント5,000ポイントもらいました。

残念ながら、店舗での契約ではこのキャンペーンコードを入力するキャンペーンは適用されませんので、かなり損をしてしまう事になるのです。

LINEポイントはLINEモバイルのお支払いにも使えるからもったいない...。
スマホ博士

関連記事

エントリーパッケージが利用できない

エントリーパッケージそして、最後のデメリットもかなり損をしてしまうデメリットになりますが、店舗での契約ではエントリーパッケージを利用する事ができません

エントリーパッケージとは、エントリーコードが記載されたパッケージになりまして、LINEモバイルの店舗でも販売されているのですが、店舗で利用する事はできませんし、おまけに、店舗で販売されている金額は高いです。

エントリーパッケージは400円前後で販売されているAmazonで購入するのがお得ですが、LINEモバイルのウェブでのお申し込み画面エントリーコードを入力する事で、初期費用のウェブ登録事務手数料が無料になります。

店舗でのお申し込みでも登録事務手数料の3,000円は発生しますが、ウェブでのお申し込みの様に安くなる方法はありません

ひよっこ君
ネットなら3,000円がタダになるって、店舗でも安くしてよ。
キャンペーンと合わせて8,000円も損するなら、苦手でもネットで契約した方が良いのう。
スマホ博士

関連記事

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイル、店舗契約のメリット・デメリット、まとめ

店舗契約のメリット・デメリット

皆さま、お疲れさまでした

LINEモバイルの店舗での契約メリットデメリットをご理解頂けましたでしょうか?

結論! 店舗契約に向くのはこんな人!

  • どうしてもネットで申し込むのができない方
  • お金を払ってでも対面で申し込みをしたい方
  • 今日からすぐにLINEモバイルを使いたい方
ひよっこ君
パソコンやスマホの使い方が分からない人は仕方がないよ。(笑)
どうしても対面での契約をご希望の皆さまも仕方がないぞ。(笑)
スマホ博士

パソコンやスマホが苦手な皆さまにとりましては、店舗での契約対面でLINEモバイルの人が丁寧に対応して下さいますし、分からない事があればすぐに質問して返事がもらえますので、安心できますよね。

おまけに、家電量販店でスマホが触れたり使い方も教えて貰えたりしますので、メリットも多いと思います。

また、店舗でのお申し込みはその日からすぐにLINEモバイルが使えるのも、大きなメリットですよね。

しかし、店舗契約ではキャンペーンが適用されずエントリーパッケージを利用できない事により、8,000円近くを損してしまうのも大きいです。

ひよっこ君
正直、8,000円の損は大きいよ...。

ですので、もし、少しでもパソコンやスマホが出来る様でしたら、頑張ってチャレンジして頂きたいですし、ご自身では難しい場合は、お子さまお孫さまに横でウェブ申し込みを手伝って頂き、何とかネットでお申し込みをして頂きたいと思っています。

お孫さんともコミュニケーションが取れるし、おこづかいをあげたら喜んでくれるぞ。
スマホ博士

その上で、いやいや私は店舗で申し込むぞ、とおっしゃる皆さまにつきましては、快適に店舗でご契約をして頂き、是非、LINEモバイルでご家族やお友だちと楽しくコミュニケーションを図って頂ければと思います。

長い記事になりましたが、最後までお読み下さいまして、有難うございました。

どうぞ、よろしくお願い致します。

関連記事

LINEモバイルはとっても素晴らしい格安SIMですよ!

ぜひ、LINEモバイルにお申し込みいただき、ご家族やお友だちと「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!

ひよっこ君
下のバナーから申し込みができるよ。(笑)
宜しくお願いしますぞよ。(笑)
スマホ博士

-LINEモバイルとは

© 2020 LINEモバイルで Let's Communication!