LINEモバイルとは

【子供のスマホ!】LINEモバイルの500円、LINE使い放題プランが最適!

「子供スマホ」記事のメイン画像

ひよっこ君
博士~、僕もスマホが欲しいんだよぉ~。
ひよっこ君もそんな年じゃのう。ワシからもお母さんにお願いをしてやろう。
スマホ博士

小学生や中学生のお子さまがいらっしゃるお父さんお母さん、こんにちわ。

さて、年々、子供のスマホ保有率が上がり、低年齢化が進み、最近は中学生なら当たり前、小学生でもスマホを持っているお子さまを多く見かける様になりました。

内閣府による「平成30年度 青少年のインターネット利用環境実態調査」によると、2018年のスマホ保有率は、小学生が45.9%中学生が70.6%高校生が97.5%にものぼり、今後は益々、スマホの低年齢化が進んで行くと思われます。

お友達とのコミュニケーションも、中学生になるとLINEは当たり前小学生でも3割のお子さまはLINEを利用していて、グループチャットの輪に入れなかったら仲間外れにされる事もある様で、お子さまなりに真剣にスマホが欲しいと親御さまに訴えている様ですよ。

親御さまとしましても、我が子がのけものにされるのは可哀そうですし、防犯的な意味でも、小学校の中頃になって来ると、そろそろ子どもにスマホを持たせようかというご家庭も多い事と思います。

ひよっこ君
そうだよ、絶対に子供にスマホを持たせた方が良いよ!

しかし一方、スマホはお子さまにとってはものすごく楽しい遊び道具ですから、お子さまにスマホを持たせる事によって、親御さまには新たな悩み事も出て来てしまいますよね。

スマホばっかり触って勉強をしなくなったらどうしよう、アダルト系や出会い系など変なサイトは見ないだろうか、SNSなどでトラブルに巻き込まれないだろうか…、考え始めるとキリがない位、次から次へと不安な事が思い浮かんで来ます。

子供にスマホを持たせると、危険に巻き込まれるのが怖いんじゃ。
スマホ博士

そんな中、実は、格安SIMの中でも特にLINEモバイルは、小さなお子さまを持つ親御さまには大人気で、お子さまスマホに向いている格安SIMとしてとても有名なのです。

この記事では、お子さまにスマホを持たせる事に不安を抱えたお父さんやお母さんに対して、LINEモバイルがお子さまのスマホに最適である事をご説明させて頂こうと思っています。

この記事をお読み頂きましたら、安心してお子さまにスマホを持たせる事ができますよ。

どうぞ、よろしくお願い致します。

\LINEモバイルの最新キャンペーンはこちらから!/

スマホを持ちたい子供、簡単に持たせられない親の気持ち

周りのお友達がスマホを持ち始めると、我が子もスマホを持ちたがる様になりますよね。

スマホを持っていない事によって友達と話が合わず、友達との輪に入って行く事も出来ず、挙句の果てに仲間外れにされるなんていう事も聞きますので、親としては、子供に問題が起こらないのであれば持たせてあげたいものですよね。

しかし実際問題としては、お子さまにスマホを持たせると、色々な不安が沸き起こってしまいます。

子どもにスマホを持たせる親の不安

  1. 出会い系やアダルト系など、子供に悪影響を与える怪しいサイトにアクセスしてしまうかも知れない。
  2. インターネットを通じて知らない人と出会い、トラブルになったり犯罪に巻き込まれるかも知れない。
  3. ゲームや動画に没頭して、スマホに依存して宿題や勉強をしなくなるかもしれない。
  4. ゲームの課金など、アプリ課金によりって高額な請求が来るかもしれない。
  5. スマホ代が高い

この様に考えますと、やはり、お子さまにスマホを持たせるのは不安ですよね...。

LINEモバイル公式サイト

親として、子供スマホに求める機能とは?

それでは一体、お子さまにスマホを持たせるに当たって、親として、どんな機能が備わっていれば、子供に安心してスマホを持たせることが出来るのでしょうか…?

これが明確になれば、どの携帯会社のスマホをお子さまに持たせれば良いかが、明白になりますよね!

連絡手段としての機能

まず、お子さまにスマホを持たせる理由としましては、防犯的な意味も含めた、連絡手段としての機能が一番だと思います。

この連絡手段は、今は、ほとんどのご家庭で電話よりもLINEを使っていると思いますので、昔の様にガラケーではなく、ネットに繋がるスマホが良いのです。

ひよっこ君
そうだね、今の子供は電話じゃなくて、ほぼLINEだよ。

学校が終わった後、お友達の家などに寄り道をする時には、最近は物騒な事件も頻繁に起こっていますので、行き先帰る時間を連絡させなければいけませんよね。

とは言え、お子さまは遊びに夢中になると、お母さんからの言いつけを忘れて遊び続けてしまいますから、親御さまの方からもお子さまに連絡をして、早く帰る様に言わなければいけませんよね。

電話をする機能までは必要ありませんが、LINEができるなど連絡手段としての機能は必要です。

そうじゃ、常に連絡がとれる方法は絶対に必要じゃ!
スマホ博士

お子さまの居場所を把握できる機能

小学校の低学年ですと、塾や習い事に行く時に、親御さまが送迎をなさる事も多いと思いますが、小学校の高学年にもなりますと、徐々に、塾や習い事に一人で行く事も多くなりますし、親と一緒の行動を段々と嫌がり、お友達と一緒に塾や習い事に行く事も増えて来ます。

ひよっこ君
僕も段々、お友だちと一緒の方が楽しくなって来たよ。
親とは寂しいものじゃ...。
スマホ博士

また、下校後にまっすぐに家には帰らず、お友達の家に遊びに行ったり、どっかに遊び行ったりと、親と離れて行動する事も多くなりますし、活動範囲も広くなって行きます。

そんな時、親御さまにとりましては、やはり、お子さまがどこで何をしているのかはいつも心配だと思います。

今はネット社会ですので、お子さまがどこにいるのか、スマホでリアルタイムで知る事が出来れば、親御さまはとても安心が出来ますので、お子さまの居場所が分かる機能も必要です。

親の心子知らず...、親はいつも、子供の事を心配してるんじゃ。
スマホ博士

危険なサイトから子供を守れる機能

子供はとにかく、何事においても興味津々です。

もし、お子さまに手放しでネットに繋がる環境を与えてしまうと、どんなウェブサイトを見てしまうか分かりませんし、怪しそうで危険そうなサイトこそが魅力的に映り、甘い誘惑でお子さまを誘い込んでしまうのです。

ひよっこ君
そうなんだよね。怪しそうだと見てみたくなっちゃうんだよね。

家にお子さまがいる時には、親御さまがチェックする事も出来ますし、お子さまの方も、親に叱られる可能性のあるサイトを見る事はないでしょう。

しかし問題は、お子さまが家から一歩、表に出た時なのです。

外に出たお子さまにチェック機能はありませんから、子供さんは思い通りにネットを使ってしまいます。

親御さまとしましては、お子さまがどんなサイトを見ているのか危険なサイトは見ていないか、不安は募るばかりですし、これではとてもとても、お子さまにスマホを持たせる訳にはいきません。

危険なサイトや怪しいサイトを見る事が出来ない様にする機能が、お子さまに持たせるスマホには必要です。

子供の教育上、出会い系やアダルト系などは見せたくないしのう。
スマホ博士

アプリを使わせなくする事が出来る機能

お子さまにとりましては、ネットで検索をしてウェブサイトを見る事も多いと思いますが、アプリを使う事の方が多いかも知れません。

LINEを始めとするコミュニケーションアプリを始め、オンラインゲームのアプリ、YouTubeなどの動画のアプリなどなど。

ひよっこ君
僕もヒカキンは大好きだよ!

お子さまたちは夢中になって、時間を忘れてゲームをして動画を見てしまいますので、宿題や勉強をしなくなる事から始まり、夜遅くまでする、挙句の果てに、トイレの中でもするとなっては、これはもうスマホに依存してしまっている状態です。

オンラインゲームなどは、初めは無料で気軽に遊ぶことができても、その内に課金させるようなものもありますので心配ですよね。

そんなことが起こらない様、アプリについても、使わせないようにできる機能があれば、親御さんも大安心ですよね。

スマホを使える時間を親が決める事ができる機能

インターネットの閲覧制限アプリの使用制限と重複する所もありますが、お子さまがスマホを持つようになりますと、スマホはお子さまの宝物になり、とても楽しい遊び道具になります。

お子さまは初めての事には興味津々になりますから、ネットでWebサイトを見る事を皮切りに、LINEで友達と連絡を取ったりYouTubeで動画を見たりスマホでオンラインゲームを始めます。

これらはお子さまにとってはとても楽しい事ですから、とにかく時間を忘れて夢中でスマホを使ってしまい、宿題や勉強をしなくなり、寝る間も惜しんでスマホでゲームをしてしまったりします。

インターネットはダメアプリはダメと完全否定をしてしまいますとお子さまも可哀想ですし、親子間の関係も悪化してしまいますので、例えば、1日1時間とか、スマホを自由に使える時間を自動的に設定してあげるのも一つの方法です。

つまり、お子さまがスマホを使える時間を親御さまがタイマーで設定できる様な機能があれば、とても効率的ですよね。

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルが子供スマホに最適な理由

とにかく親御さまとしましては、お子さまの安全が守れて、トラブルも発生せず、そして、お友達と仲良くしてくれるのであれば、スマホを持たせてあげたいのです。

スマホが欲しいとお子さまから泣きつかれている親御さま、そろそろお子さまにスマホを持たせようと考えておられる親御さま、ご説明をさせて頂きました機能があれば、Goサインを出してあげる事も出来ますよね。

そして、実際にお子さまにスマホを持たせるとなりますと、料金の事も大事ですよね。

キャリアですと7~8,000円はかかりますし、格安スマホといえども2,000円とか3,000円とかはしますので、2人、3人、お子さまがいらっしゃるご家庭では、そこまでスマホ代がかかるなら、もう少し我慢しなさいとなってしまうと思います。

ひよっこ君
キッズスマホの様に、月々500円とか1,000円なら気軽にスマホを持たせられるよね。

実は、LINEモバイルなら、お子さまの防犯上の安全やインターネット上での安全も守れて、たった500円でスマホが持てるのです。

LINEモバイルのスマホなら、お子さまも納得・満足すると思いますし、親御さまお子さまの安全家計の懐具合も守れて大満足する事ができるのです!

そうじゃ、まさにwinwinの関係じゃのう。
スマホ博士

それでは具体的に、LINEモバイルは本当に安くスマホが持てるのか、LINEモバイルがどの様にお子さまを守るのか、ご説明をさせて頂こうと思います。

LINEモバイルはLINEが使い放題! 500円でスマホが持てる!

まずは、料金の事からご説明をさせて頂こうと思います。

ひよっこ君
それにしても、500円って安すぎじゃない…!?
それに、LINEが使い放題ってどういう事なのかのう…。
スマホ博士

お子さまスマホにはLINEモバイルの500円プランが最適!

LINEフリープラン

容量 データSIM データSIM
(SMS付き)
音声通話SIM
1GB 月額500円 月額620円 月額1,200円
au回線は仕様の関係で「データSIM」の提供がありません。

データフリー対象サービス

LINE(音声通話+トーク+画像・動画の送受信+タイムライン)

LINEモバイルには3種類のプランがありますが、このLINEフリー500円プランこそが、お子さまに持たせるスマホに最適です。

小学生くらいのお子さまには、機能があり過ぎても良くないですし、なさ過ぎても良くないですし、500円プランがちょうどピッタリ! 必要最低限の機能が揃っているのです。

1)500円プランには電話機能はありません

この500円プランは、LINEフリープランデータSIMタイプになります。

LINEモバイルには、SIMカードは3種類のタイプがあります

データSIM データ通信(インターネットに接続)だけが出来るSIMカードで、通話は出来ません。
データSIM(SMS付き) データ通信とSMSが利用できます。音声通話は出来ません。
音声通話SIM データ通信も音声通話もSNS認証も出来るSIMカード。

つまり、090や080の電話番号で電話をかける事ができません。

しかし、小学生くらいのお子さまでしたら、ご家族との連絡LINEのトークや無料通話でする事が多いと思いますし、お友達とも圧倒的にLINEだと思いますので、電話機能がない事は料金も安くなりメリットになります。

何せ今は、学校の子供会の連絡網がLINEじゃからのう。
スマホ博士
2)たった500円のプランでもLINEが使い放題!

LINEモバイルはLINE(49%)の子会社ですので、全てのプランでLINEがデータフリーで使い放題たった500円のプランでもLINEが使い放題ですので、小学生のスマホにはピッタリです。

データフリーとは?

データフリーとは、対象のサービスをいくら使っても、データ量が消費されない機能です。

LINEフリープランはLINEがデータフリーですので、いくらLINEを使ってもデータ量は減りません。

例えば、大手キャリア他社の格安SIM3GBのデータ量を契約しているとして、LINEのトーク無料通話ビデオ通話1GBを使った場合、当初の3GBのデータ量は2GB減ってしまいます

しかし、LINEモバイルなら、LINEはデータフリーでいくら使ってもデータ量は減りませんので、当初の3GBのデータ量は3GBのままですし、本来、LINEを使って消費される筈1GBのデータ量を、ウェブサイトを見たり、動画を見たりと、他のサービスに回す事が出来ます。

また、仮に、月の半ばですべてのデータ量を使い切ってしまった場合には、LINEモバイルでも最大200kbpsの通信制限がかかって遅くなってしまいますが、データフリー対象サービスのLINEは、高速のままで通信が出来ます

ひよっこ君
データ量がなくなってしまっても、家族と高速通信で連絡が取り合う事ができるんだよ。
ちなみに、LINEモバイルのデータフリーはテザリング時でも適用されるんじゃぞ。
スマホ博士

どういう事かと言いますと、例えば、出張中のお父さんが家にいるお子さまとお話をなさりたい場合、LINEの無料通話よりもビデオ通話の方が、お子さまの顔を見ながらお話ができますので、お父さんはより嬉しいですよね。

その時、スマホでビデオ通話をなさるよりも、テザリングパソコンと繋いで大きな画面でビデオ通話をして頂く方が、お父さんはもっと嬉しいと思いますが、この状態でビデオ通話をなさっても、データフリーが適用されて、使い放題でビデオ通話をして頂く事ができるのです。

3)500円プランはデータ容量が1GB! 多すぎず、少なすぎず、ちょうど良い!

LINEモバイルの500円プランは、1ヵ月の基本データ量は1GBになります。

この1GBというデータ量は、正直、大人ではちょっと少ないかなと思えるデータ量かもしれません。

ちなみに、LINEモバイル公式サイトには、1GBでこれだけ使えるという目安を掲載してくれています。

1GBあればこれだけ使える!

  • テキストメール(300文字) 約66,000回
  • ホームページ(300KB) 約3,300回
  • YouTube(360P)約4MB 約4時間

やはり、動画を見る場合は、かなりデータ量を消費してしまいますよね。

小学生のお子さまはYouTubeが大好きですが、1GB(1ヵ月)でYouTubeの視聴が4時間という事は、1日で8分という計算になりますので、見過ぎる事もなくちょうど良いデータ量だと思います。

メールやウェブサイトならたくさん使えますが、色々なサービスを使いながらのご利用になりますので、多すぎず、少なすぎず、1GB位のデータ量がお子さまにはちょうど良いデータ量だと思います。

LINEモバイル公式サイト

参考:中学生のスマホには、LINEモバイルのこんなプランもあります。

基本的には、中学生のお子さまにも、LINEモバイルの500円プランで十分だと思います。

ひよっこ君
そうだよ、中学生でも、500円プランで十分だよ!

しかし、中学校の1年生ですと、まだ幼さも残っていて、制服もぶかぶか、小学校の延長の様な感じですが、中学生も高学年にもなりますと、体つきも大人に近付いて、かなり世界も広がって来ますよね。

ですので、参考までに、500円プランとは別のプランも、合わせてご紹介させて頂こうと思います。

1,110円プラン-コミュニケーションフリーのデータSIM(SMS付き)

コミュニケーションフリープラン

容量 データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
3GB 月額1,110円 月額1,690円
5GB 月額1,640円 月額2,220円
7GB 月額2,300円 月額2,880円
10GB 月額2,640円 月額3,220円

データフリー対象サービス

LINE(音声通話+トーク+画像・動画の送受信+タイムライン)

ツイッター(タイムライン+画像付きツイート+ツイート+ダイレクトメッセージ)

フェイスブック(タイムライン+画像・動画投稿+コメント+お知らせ表示)

インスタグラム(タイムライン+画像・動画投稿+アクティビティ+ダイレクトメッセージ)

LINEフリープランではLINEだけがデータフリーで使い放題だったのが、こちらのプランは、LINEに加えて、ツイッターフェイスブックインスタグラムもデータフリーで使い放題になります。

そして、データ量も1GBから3GBに増えます

中学校も高学年にもなりますと、YouTubeやゲームと共に、お子さまによりましては、LINEツイッターフェイスブックインスタグラム使い放題を希望されるお子さまもいらっしゃると思います。

ひよっこ君
でも、僕が言うのもなんだけど、中学生に3GBはいらないよ。ツイッターにフェイスブックにインスタグラムもなんて、ちょっと贅沢だよ。
そうじゃのう。ワシもそう思うのう。中学生になっても、ワシは500円プランで十分じゃと思うぞ。
スマホ博士

そうですよね。色々な中学生がいらっしゃるので、一応、このプランもご紹介させて頂きましたよ。

やはり、中学生4種類のデータフリーは必要ないかも知れませんし、学業が本分の中学生に、3GBのデータ量も多いかも知れませんね。

スマホばっかりになっても困ってしまいますし、家計的にも、機能的にも、やはり、500円プランが最適ですし、中学2年生や3年生になった時に、あらためてお子さまとご相談なさっても良いかも知れませんね。

そうじゃ、LINEモバイルはプラン変更は無料じゃからのう。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルは「i-フィルター」が無料で使える!

i-filter

ひよっこ君
ここからは、実際にお子さまを守る機能のお話だよね。LINEモバイルはしっかりと守ってくれるのかな?
お子さまを守ると同時に、お父さん、お母さんにも安心してもらえる機能じゃよ。
スマホ博士

皆さま、フィルタリングってご存知ですか? まさに、お子さまスマホに欠かせないのがフィルタリング機能になります。

フィルタリングとは?

フィルタリングとは、特定のウェブサイトへのアクセスをブロックし、そのウェブページを閲覧できない様にする事。

ドコモauソフトバンクのキッズスマホのフィルタリングサービスには「あんしんフィルター」が導入されていますが、LINEモバイルでは、非常に高機能な「i-フィルター」を導入しています。

あんしんフィルター」は、キャリアの他、UQモバイルYahoo!モバイルも取り入れているフィルタリングソフトですが、機能として、有害サイトへのアクセスの制限アプリの使用制限がメインで、お子さまスマホ、特に小学生のスマホには、これらの機能だけでは不十分です。

ひよっこ君
UQモバイルやYahoo!モバイルも「あんしんフィルター」なんだね。

現在では、「i-フィルター」が最も優れたフィルタリングソフトと言われていて、日本PTA全国協議会も推薦、ほとんどの格安SIMは「i-フィルター」を取り入れてる程なのです。

デジタルアーツ社「i-フィルター」のおすすめポイント

  • (公社)日本PTA全国協議会が推薦している製品
  • 全国31,000校以上の小中学校、高校に導入
  • 大手パソコンメーカーなど12社に標準搭載
  • 全国160社以上のプロバイダーに公式採用
  • 家庭用ゲーム機・TVに公式採用
ひよっこ君
31,000校以上の小中学校、高校に導入されてるって凄いね。
NECや富士通、東芝(シャープ)やパナソニックなど、一流のメーカーのパソコンに標準搭載されているのも凄いのう。
スマホ博士

そんな「i-フィルター」ですが、取り入れている格安SIMのほとんどが有料オプションであるのに対し、なんと、LINEモバイルでは無料で使えるのです!

他社、格安SIMの「i-フィルター」のオプション料金

マイネオ(mineo) 月額350円
BIGLOBEモバイル 月額200円
nuroモバイル 月額300円~
楽天モバイル 月額300円
U-mobile 月額350円
IIJmio 月額360円
UQ mobile オプション選択なし(あんしんフィルター:月額無料)
Y!mobile オプション選択なし(あんしんフィルター:月額無料)
LINEモバイル 月額無料

それでは、この「i-フィルター」がお子さまをどの様に守るのか、具体的にご紹介させて頂きます。

LINEモバイル公式サイト

(1)お子さまの居場所が確認出来ます!

まずは、防犯機能のご説明からさせて頂こうと思いますが、「i-フィルター」ではGPS機能を利用する事により、お子さまが持っているスマホの位置を確認する事が出来ます

家のパソコンタブレット、親御さまのスマホで、リアルタイムでお子さまの居場所を把握する事が出来ますし、時間設定をする事で、その間にお子さまが行った場所の履歴が確認できますので、お子さまの寄り道も把握できてしまいます。

ひよっこ君
家のパソコンや、お父さん、お母さんのスマホでチェックできるのが便利だね。
その通りじゃ。「i-フィルター」はどの機能も、お子さまのスマホ以外の端末で設定したり、確認したりできるんじゃ。
スマホ博士

注意! たまにタイムラグが発生します

「i-フィルタ―」の管理画面でお子さまの居場所を確認する際、たまにタイムラグが発生する事がありますので、Google Maps「現在地の共有」を併用して使う事をお勧めします。

Google Maps「現在地の共有」の設定方法

  1. お子さまのスマホの「Google Maps」アプリを開く
  2. 左上の「(メニューアイコン)」をタップして、「現在地の共有」をタップする
  3. 共有を開始」をタップする
  4. 共有する時間を設定し、「ユーザーを選択」をタップする
  5. お母さん(お父さん)を選択(タップ)して「共有」をタップする
  6. お母さん(お父さん)のスマホにお子さまの現在地が共有されます

お子さまのスマホで設定をする事により、親御さまのスマホでお子さまの現在地を確認する事ができます。

(2)危険なサイトからお子さまを守る事が出来ます!

フィルタリングソフトの基本の機能、そして、最も大事な機能が、このウェブサイトをフィルタリングする機能です。

ウェブサイトのフィルタリングとは、お子さまにとって不適切なウェブサイトをブロックする機能です。

「i-フィルター」のウェブフィルタリング機能は、お子さまにとっての不適切なサイトをブロックする事が出来ますが、その有害サイトのブロック精度は96.1%と、圧倒的に精度の高いブロック率を誇っています

そして、その設定方法は簡単ですし、細かい設定をする事もできます。

ウェブフィルタリングの設定方法

  • お子さまの生年月日を入力するだけで、フィルタリングの強度を推奨強度に設定する事ができる
  • 「小学生」「中学生」「高校生」など、6種類の年齢別推奨設定から、お子さまにマッチした設定ができる
  • 直接、URLを登録する事により、見せても良いサイト、見せたくないサイトを個別に設定する事ができる

LINEモバイル公式サイト

(3)使わせたくないアプリの使用を制限する事が出来ます!

この機能も、フィルタリングソフトの基本的な機能になります。

お子さまに使わせても良いアプリ、使わせたくないアプリを、家のパソコンや親御さまのスマホで設定して頂く事が出来ます。

例えば、お子さまはゲームやYouTubeが大好きですよね。ゲームを始めたら、時間を忘れてしてしまいますよね。

そうなると、宿題はしなくなるし、寝不足にもなるし、良くないですよね。

そんな場合、そのアプリを使う事を禁止してしまう事が出来ます。

ひよっこ君
ちゃんと宿題をするから、ゲームをさせて欲しいよー。

(4)スマホを使える時間を制限する事が出来ます

お子さまに、そのアプリをずっと使わせない様にする設定も出来ますし、時間を決めて、この時間からこの時間は、そのアプリを含めて、インターネットに繋げることが出来ない、インターネットを使えない時間に設定する事も出来ます

ひよっこ君
そんな事まで出来るの...、やめてぇ~...。(汗)

お子さまが学校から家に帰って来た後、宿題もせず、自室にこもってスマホでゲームをしてしまう事も考えられますから、例えば、平日なら、宿題を終えてからの1時間だけ、という風に、アプリを使っても良い時間を設定する事が出来ます。

あるいは、インターネットのみならず、端末の機能を全て使わせない設定にする事も出来ますし、この時間からこの時間という風に、時間を決めて端末を使う事が出来ない様に設定する事もできます

これだけの機能が付いていれば、お父さんやお母さんが心配をしていた、出会い系やアダルト系などの怪しいサイトにアクセスする事ができなくなりますし、犯罪やトラブルに巻き込まれる可能性も少なくなります

スマホやインターネット利用が出来ない時間を設定しておけば、宿題や勉強をしなくなる事もなくなりますので、親御さまに安心して頂く事が出来ます。

ひよっこ君
子供さんがゲーム課金をしてしまう事は「i-フィルター」では防げないの?
アプリを使わせなかったらゲームも出来んのじゃから、課金も出来んじゃろ。
スマホ博士

お子さまがゲームなどで勝手に課金をしてしまう事を防ぐには、アプリそのものを使えない様にしてしまう事でも可能ですが、ずっと使わせないのも可哀想ですよね。

しかし、アプリを使っても良い時間を設定すると、ゲーム中に課金をする事が出来てしまいます。

そんな場合は、「アプリ内課金を無効にする設定」をお試し下さい。

Android端末で「アプリ内課金を無効にする設定」のやり方

  1. スマホで「Google Playストア」アプリを開いて、左上の「(メニュー)」をタップします。
  2. (設定)」をタップして、「購入時には認証を必要とする」をタップします。
  3. この端末でのGoogle Playから購入するときは常に」を選択します。
  4. Googleのパスワードを入力して「OK」をタップして完了です。

ココに注意

LINEモバイルのフィルタリングサービス「i-フィルター」に関しましては、iPhoneとアンドロイド端末では出来る機能が違います。

上記のご説明はアンドロイド端末で出来る事を記載しましたが、iPhoneでは出来ない機能も含まれます。

「i-フィルター」を詳細にご説明したページを準備しております。ご興味のある方はどうぞ!

子供を守る
i-フィルター
【子供の安全を無料で守る!】LINEモバイルのフィルタリングソフト「i-フィルター」

LINEモバイルをご検討中の皆さま、また、LINEモバイルをご利用中の皆さま、こんにちわ。 さて、皆さまは、LINEモバイルのオプションにあります「フィルタリング」ってご存知ですか? ひよっこ君フィル ...

続きを見る

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルの500円プランのデメリット

料金は月々たったの500円、そして、家族との連絡方法のLINEは使い放題、そして「i-フィルター」でお子さまが勝手に怪しいサイトを見る事が出来ない様にしたり、ゲームのし過ぎも防げるLINEモバイルの500円プラン

もう、お子さま、特に小学生・中学生のお子さまには最適なのですが、欠点と言いますか、お伝えしておくべき事があります。

ひよっこ君
なに、なに、ヤバい事...?

110番や119番はかけられません

500円のLINEフリープランのデータSIMタイプは、110番や119番などの緊急電話をかける事が出来ません

「緊急通報ナビ」アプリを使う方法もありますが、「緊急通報ナビ」アプリにはIP電話が必要ですので、予め、IP電話アプリをインストールしておく必要があります。

万一の為に、無料のIP電話アプリをインストールしておくことも一つ方法ですが、IP電話アプリをインストールすると、お子さまがどこかに電話をしてしまう可能性も出て来てしまいます。

それらが不安であれば、緊急通報ナビは利用せずに、緊急事態が起こったら、まずは親御さまに連絡する様、お子さまに言って頂ければと思います。

「緊急通報ナビ」とは?

110番に発信できないIP電話から、最寄りの警察署に電話をするアプリ。(110番ではなく、最寄りの警察署に電話をするアプリです。)→ 緊急通報ナビ - Google Play のアプリ

「i-フィルター」の管理画面がちょっと重いです

これは、LINEモバイルの500円プランのデメリットではなく、「i-フィルタ―」のデメリットになりますが、管理画面が少し重たいです。

親御さまが家のパソコンやご自身のスマホでお子さまのインターネットの利用状況を確認する際、動作が重く感じる事がありますが、それだけ機能が豊富という事で、お許しを頂ければと存じます。(汗)

お子さまに持たせるスマホの選び方のヒント

お子さまに持たせるスマホは、決して高価なものを持たせる必要はないと思います。

お子さまの場合は、スマホを落としてしまう危険性や、水に浸けてしまう危険性、中には、とても丁寧にスマホを扱ってくれるお子さまもいらっしゃると思いますが、概して、スマホを雑に扱ってしまうのが子供ですので、壊してしまう可能性があります。

そして、フィルタリングサービスの「i-フィルター」の機能は、断然、アンドロイド端末の方が優れていますので、小さいお子さまに高価なiPhoneを持たせる方は少ないとは思いますが、安いアンドロイド端末を持たせる事をお勧め致します

ひよっこ君
小さい子供にiPhoneは贅沢だよ。
そうじゃな。iPhoneの素晴らしい機能を使い切れんじゃろな。
スマホ博士

親のお古のスマホを持たせる

親御さまのお古のスマホをお子さまに持たせる方法が、お金も掛からず、最もおすすめの方法です。

基本的に、2年おき位に機種変更をなさる方が多いと思いますので、親御さまのお古のスマホと言えども、比較的に新しい機種だと思います。

しかし念の為、親御さまのお古のスマホが、比較的に新しい機種であっても、古い機種であっても、お子さまに使わせようとお考え際には、まずは、LINEモバイル公式サイトの「動作確認済み端末検索」で、そのスマホがLINEモバイルで使えるかどうかをご確認下さい。

ひよっこ君
僕はお母さんのスマホで十分だよ。

新しいスマホを購入する

LINEモバイルご契約時に同時に購入する事が出来るスマホも、LINEモバイルでもandroid端末は豊富に取り揃えています。

お子さまに1台のスマホを長く使わせる事をお考えでしたら、新しいスマホを購入する事も選択肢の一つになるかと思います。

長く使わせるんじゃったら、最終的には新しいスマホがお得かものう。
スマホ博士

LINEモバイルでは、スマホを安く販売するキャンペーンも頻繁に開催されていますし、1万円台のスマホも販売されていますので、是非、LINEモバイル公式サイトでご確認を頂ければと思います。

中古のスマホを購入する

ネットで調べてみますと、5,000円位から、中古のスマホも売り出されている様ですね。

高機能なスマホを安く購入する事が出来ますので、スマホに傷を付けてしまいがちなお子さまには、中古のスマホも選択肢の一つに入ると思います。

ひよっこ君
へえー、そんなに安くで売ってるんだ。でも、中古はちょっと不安だよね。

その通り、中古のスマホには、注意点もあるんですよ

「赤ロム」に注意!

赤ロム」と言いますのは、分割払いで購入された端末が、支払い完了前に中古市場に出る事によって、端末代を回収できなかったキャリアが利用停止にした端末、つまり、あやしい端末ですね。

この端末を購入してしまいますと、いくら端末が最新でも使う事が出来ません

最近は、販売店の方で「赤ロム保証」を付けている所も多いですので、最低限、「赤ロム保証付き」の端末を購入して頂ければ安心です。

赤ロム保証は絶対じゃし、出来るだけ、程度の良い物を選んだ方が良いぞ。
スマホ博士

その他の注意点!

ココに注意!

  • バッテリーが寿命に近くて電池の持ちが悪い可能性がある
  • スマホ本体のOSのバージョンアップが出来ない可能性がある
  • 販売店からの保証がない、あるいは短い場合がある

LINEモバイルはドコモ回線ソフトバンク回線au回線のすべてのキャリアの回線を扱っていますし、キャリアのSIMロック解除の規定も緩和されましたので、中古の端末も使いやすくはなっていますが、しっかりと吟味して選んで頂ければと思います。

とにかく、最低限、保証付きのスマホじゃぞ。
スマホ博士

いずれにしましても、中古のスマホは価格が安いというメリットはありますが、選び方に関しましては、慎重にして頂ければと思います。

LINEモバイル公式サイト

まとめ 子供のスマホにはLINE使い放題の500円プランが最適!

「子供スマホ」記事のメイン画像

皆さま、お疲れ様でした。

LINEモバイルの500円プランが、お子さまのスマホに最適な事がご理解頂けましたでしょうか。

LINEモバイルの500円プランはLINEが使い放題ですし、安くて機能も充実していますし、「i-フィルター」でネットからお子さまを守る事が出来ますので、安心してお子さまにスマホを持たせてあげる事が出来ますよね

ひよっこ君
これで僕も、安心してスマホを持たせてもらえるよ。

スマホはお子さまの知能の発達にも役に立ちますから、是非、上手にスマホを使わせてあげて欲しいと思います。

最後に1つだけ、是非、お子さまにスマホを持たせてあげて頂きたいのですが、お子さまにスマホを持たせるに当たりましては、いくらお子さまを守る機能が豊富でも、スマホを使うお子さまの気持ちが一番大事です。

お子さまにスマホを持たせる時には、しっかりとした約束事、ルールを決めて頂き、お子さまにも、使い方を間違えると危険な目に会う事を説明して頂き、とにかく、安全にスマホを使う様、お話をしてあげて頂ければと思います。

そうじゃ、ルールを決めておくことは絶対に大事じゃぞ!
スマホ博士

ルールの例

  • スマホで遊ぶのは1日に1時間まで、夜は8時まで
  • いかがわしいウェブサイトは見な
  • ネットで知り合った人とは会わない
  • ゲームやアプリで課金をしない
  • SNSで人の悪口を言わない
  • SNSで名前や住所、学校名など、個人の情報を書き込まない
  • トラブルや困ったことがあったら、隠さないで必ず親に相談する

とにかく、お子さまに、安全に楽しくLINEモバイルでスマホを使って頂きたいと思います。

最後までお読み下さいまして、有難うございました。

よろしくお願いいたします。

LINEモバイルはとっても素晴らしい格安SIMですよ!

是非、LINEモバイルにお申し込み頂き、ご家族やお友達と「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!

ひよっこ君
下のバナーから申し込みができるよ。(笑)
宜しくお願いしますぞよ。(笑)
スマホ博士

-LINEモバイルとは

Copyright© LINEモバイルで Let's Communication! , 2020 All Rights Reserved.