お知らせ ただいまLINEモバイルでは、最大5,000円相当がもらえる「シークレットキャンペーン」を開催中! 申し込み時にキャンペーンコードを入力すれば、LINE Pay残高LINEポイントがもらえます! 詳細は「最新キャンペーン情報」まで!

LINEモバイルとは

LINEモバイルの端末保証だけじゃない! 他にもお得な端末保証はある!

スマホの保証

ひよっこ君
博士~、LINEモバイルの端末保証に入り損ねちゃったよ~。(涙)
それは大失敗じゃのう...。しかし、他にも保証はあるから教えてあげよう。
スマホ博士

LINEモバイルをご検討中のみなさま、こんにちわ。

さて、今やスマホは、日々の生活には絶対に欠かせない必需品になりましたが、それと同時に、とても高価な高級品にもなっていますよね。

そんな大切なスマホを、万一、落として壊してしまおうものなら、生活も不便になり、そして、高いお金を出して買い直さなければいけません。(涙)

そんな時、強い味方になってくれるのがスマホの保証で、LINEモバイルでもオプションが準備されていますが、なんと、LINEモバイルの端末保証は契約時にしか申し込めず、入り損ねる人もいるのです。

ということで、この記事では、下記の4つのスマホの保証を解説します。

  1. LINEモバイルの「端末保証」
  2. Appleの「AppleCare+ for iPhone」
  3. スマホ保険
  4. モバイル保険

ぜひ、参考にしていただき、大切なスマホの万一に備えていただければと思います。

よろしくお願いいたします。

\LINEモバイルの最新キャンペーンはこちらから!/

LINEモバイルの端末保証オプション(月額450円 or 500円)

LINEモバイルの端末保証

LINEモバイルの端末保証オプションは、落下水没など、大切なスマホに万一のトラブルが起こった際、交換や修理をしてもらえるオプションです。

ひよっこ君
LINEモバイルの端末保証は、とっても心強い味方だよ。

LINEモバイルの端末保証には2種類あり、1つがLINEモバイルでスマホを購入された方向けの「端末保証」、もう1つは、お手持ちのスマホをLINEモバイルに持ち込んで使う人向けの「持込端末保証」。

この記事では、概要とポイントだけ簡単にご紹介し、詳しく解説した別記事を準備していますので、興味のある人は覗いていただければと思います。

関連記事

LINEモバイルの端末保証オプションの概要

  端末保証オプション 持込端末保証オプション
対象の端末 LINEモバイルで購入した端末 ご自身で準備をした端末
月額料金 450円 500円
保証内容 交換のみ 修理 or 交換
(iPhoneは修理のみ)
交換端末 原則、同一機種・同一カラーの端末 故障端末と同一OSの端末
端末お届けまでの期間 最短翌日 修理:約2週間
交換:約1週間
修理・交換費用 1回目:5,000円
2回目:8,000円
1回目:4,000円
2回目:8,000円
利用回数 年2回まで 年2回まで
保証範囲 故障・水濡れ・破損 故障・水濡れ・破損

LINEモバイルの端末保証は、月額料金はできるだけ安く、スマホが壊れた時に、最低限の修理・交換費用を負担して、保証を利用するという流れになります。

ひよっこ君
大手キャリアの端末保証の仕組みと一緒だよ。
保証範囲も、故障や水濡れ、破損など大手キャリアと一緒じゃぞ。
スマホ博士

端末保証オプション(月額450円):LINEモバイルで購入した端末の保証

端末保証オプション

LINEモバイルの「端末保証」の一番の特徴は、何といっても、すべて交換対応になることです。

ひよっこ君
LINEモバイルでスマホを買う人には、一番におすすめの保証だよ。

月々450円の費用はかかりますが、万一の時に、1回目はたった5,000円で新しいスマホと交換してもらえます。

また、実際に故障した場合、18時まで端末保証受付センターに連絡をすれば、当日に交換端末を発送してくれます。

最短で翌日に新しいスマホが初期設定が済んだ状態で届きますので、SIMカードを挿し替えるだけで、すぐにスマホが使えます。

LINEモバイルの保証は使い勝手が良いんじゃ。
スマホ博士

持込端末保証オプション(月額500円):ご自身で準備した端末の保証

持込端末保証オプション

LINEモバイルの「持込端末保証」は、他社で購入したスマホや家族からもらったスマホなど、ご自身で準備したスマホにつける保証です。

ひよっこ君
他社から乗り換えてくる人にも、保証が準備されてるんだよ。

そして、この持込端末保証は、スマホが手元に届くまでに、交換の場合は約1週間、修理の場合は約2週間かかりますが、その間は、なんと無償貸出端末を借りることができます。

端末保証受付センターに電話をして18時までに受付が完了すれば、当日に貸出端末を発送してくれるので、スマホのない不便な時間も最小限で抑えらえます。

貸出端末を用意してる格安SIMは希少じゃぞ。しかもタダじゃ。
スマホ博士

LINEモバイルの端末保証オプションの注意点

LINEモバイルの端末保証の注意点

LINEモバイルの端末保証の注意点は何点かありますが、ここでは特に、2つの注意点をご紹介します。

  1. 端末保証オプションに加入できるのは、契約時だけ
  2. 盗難や紛失、火災は端末保証オプションの対象外

まず、LINEモバイルの端末保証オプションは、「端末保証」も「持込端末保証」も加入できるのは契約時のみで、契約後に申し込むことはできません。

また、一旦、端末保証オプションを解約した場合も、再度、加入することができません。

ひよっこ君
とにかく、契約の時しか入れないから、前もって検討だよ。

そして、LINEモバイルの端末保証は、落下や水没などによる故障水濡れ破損に対応した保証になり、盗難紛失は対象外になります。

スマホをなくしたり、盗まれたりは対象外じゃぞ。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

Appleの「AppleCare+ for iPhone」

Apple care +

Appleの「AppleCare+ for iPhone」は、LINEモバイルでiPhoneを購入する人に向けてご紹介する保証です。

LINEモバイルで販売されているiPhoneは、残念ながら、LINEモバイルで購入したスマホが対象の「端末保証」に加入することができません。

これは、LINEモバイルの「端末保証」は交換対応のみになり、iPhoneは交換をすることができないからです。

ひよっこ君
LINEモバイルで買ったiPhoneは入れないんだ...。

そもそも、LINEモバイルで販売されているiPhoneには、製品購入後1年間の「ハードウェア製品限定保証」と90日間の「無償テクニカルサポート」がついてきます。

Appleのこのメーカー保証は、初期不良など、iPhone本体に破損や損傷なしに自然故障が起こった際、無料で修理・交換・返金の対応をしてもらえる手厚い保証です。

しかし、あやまって落としたり、水没させてしまったり、過失事故による損傷は、このメーカー保証の対象にはなりません。

自然故障に対してだけの保証じゃ、とっても不安じゃのう。
スマホ博士

そこでおすすめするのが、Appleの有料の保証である「AppleCare+」なのです。

AppleCare+ for iPhoneに加入するメリット

AppleCare+for iPhone

AppleCare+に加入すると、ずばり、製品購入後1年間の「ハードウェア製品限定保証」と「90日間の無償サポート」の期間が、購入から2年間に延長されます。

そして、AppleCare+に加入する一番のメリットは、何といっても、過失事故での損傷に対する修理を格安で受けられることです。

もし、AppleCare+に加入しなかった場合、スマホを落として画面を割ったり、水没で故障させてしまったら、修理には下記の通りのとても高い修理代がかかります。

iPhoneのモデル 画面の修理 その他の修理
iPhone 11 Pro Max
iPhone 11 Pro
iPhone 11
35,800 円
30,400 円
21,800 円
64,800 円
59,800 円
43,800 円
iPhone XS Max
iPhone X / iPhone XS
iPhone XR
35,800 円
30,400 円
21,800 円
64,800 円
59,800 円
43,800 円
iPhone 8 Plus
iPhone 8
18,400 円
16,400 円
43,800 円
36,400 円
iPhone 7 Plus
iPhone 7
18,400 円
16,400 円
36,400 円
32,800 円
iPhone 6s Plus
iPhone 6s
iPhone 6 Plus
iPhone 6
18,400 円
16,400 円
16,400 円
14,500 円
35,800 円
32,700 円
35,800 円
32,700 円
iPhone SE(第2世代)
iPhone SE
14,500 円
14,500 円
30,400 円
30,400 円
iPhone 5c / iPhone 5s 14,500 円 30,400 円

上記の料金は、2020年7月現在のものです。

現在、LINEモバイルで販売されているiPhone7の場合、画面割れ16,400円、基盤の損傷等、その他の修理32,800円もかかってしまいます。

ひよっこ君
こんなにかかるんじゃ、おちおちスマホを使ってられないよ。

しかし、AppleCare+に加入していれば、下記の料金で2年間2回まで修理をしてもらえます。

iPhoneのモデル 画面の損傷のみ その他の損傷
全モデル 3,400 円 11,800 円

何と、画面割れで3,400円、その他の損傷の場合でも11,800円で修理してもらえるなら、普段も安心してiPhoneを使えますよね。

本当じゃ。これなら安心して使えるのう。
スマホ博士

AppleCare+ for iPhoneの加入料金

Applecare+

万一のことを考えた場合、たったこれだけの料金で修理してもらえるのなら、非常に安心ですし、おさいふ的にも優しいですよね。

そして、自然故障の保証も2年に延びますし、見過ごされがちですが、Appleの無償のテクニカルサポート2年に延長されるメリットも大きいです。

Appleはハードウェアやオペレーティングシステムなどをすべて自社開発しているので、その製品を知り尽くした専任スペシャリストによるサポートは、ほとんどの疑問を1回で解決できます。

ひよっこ君
Appleのサポートは本当に最高だよ!

そんなスペシャルな保証である「AppleCare+ for iPhone」の料金は下記の通りです。

LINEモバイルで販売中のiPhone AppleCare+ for iPhone AppleCare+ for iPhone
(盗難・紛失プラン)
iPhone7 14,800円 16,800円

AppleCare+には「盗難・紛失プラン」もあって、+2,000円で盗難保証付きプランにできます。

そして、万一、盗難紛失に遭ってしまった場合は、下記の料金で、2年間2回まで保証を受けることができます。

iPhoneのモデル 盗難・紛失
全モデル 11,800 円

たった+2,000円で、盗難紛失までの安全が買えるのはうれしいですよね。

iPhoneは大切に使いたいから、これなら安心じゃのう。
スマホ博士

AppleCare+ に加入できるのは、iPhone購入後30日以内

AppleCare+の注意点

最後に2つだけ、注意点をご紹介します。

  1. AppleCare+に加入できるには、iPhone購入後30日以内
  2. 購入はクレジットカードの一括払いのみ

AppleCare+に加入できるのは、iPhoneを購入後、30日以内に限られます。

30日を超えると加入できなくなるので、iPhone本体の検討と同時に、AppleCare+に加入するかどうかもご検討ください。

ひよっこ君
入り損ねたら、2度と入れないから注意だね。

また、AppleCare+の支払い方法は、クレジットカード一括払いのみとなるので、この点も注意してください。

分割払いができんのは辛いが、仕方がない...。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

スマホ保険 = 月々356円~、盗難・紛失まで保証

スマホ保険

justInCaseが提供する「スマホ保険」は、スマホ故障時の修理代などを補償してくれる「少額短期保険」という種類の保険です。

LINEモバイルの「端末保証オプション」に加入できなかった人や、AppleのAppleCare+に入り損ねた人におすすめするスマホの保険です。

画面割れ水没など、過失による故障の修理費用が補償されるだけではなく、自動付帯される特約によって紛失盗難も保証され、支払い上限額の半額が支払われます。

ひよっこ君
修理や交換をしてくれるんじゃなくて、修理代を補償してくれる保険だよ。
紛失や盗難まで保証されるのがうれしいのう。
スマホ博士

スマホ保険の概要

保険の対象 破損、故障、水濡れ、盗難、紛失
対象の端末 iPhone5s以降のiPhone
Android OS6以上のandroid端末
保険加入時期 中古でもいつでも可
保険料 月356円~(機種による)
保険期間 3ヶ月(3ヶ月ごとの自動更新)
契約可能年齢 満18歳以上(被保険者は16歳以上)
補償の上限額 最大141,800円(機種による)

保証対象の端末は、iPhone5s以降のiPhoneと、Android OS6以上のGoogleがサポートしているAndroid端末です。

ひよっこ君
つまり、ほとんどのスマホが対象ってことだよ。

そして、新品のスマホだけではなく、破損や故障してなければ、オークションで買ったスマホや、何年も前に買ったスマホも加入できます。

他社では入れないスマホも、スマホ保険なら入れるぞ。
スマホ博士

月々356円からの保険料、大事に使えば30%前後割引に!

iPhone

機種 保険料(月額) 修理費用の上限
自己負担あり
(3,500円)
自己負担なし
iPhone SE(2nd) 355円(約248円) 466円(約326円) 49,800円
iPhone11 Pro Max
iPhone11 Pro
iPhone 11
916円(約641円)
815円(約570円)
587円(約410円)
1,028円(約719円)
927円(約648円)
699円(約489円)
135,800円
122,800円
90,800円
iPhoneXS Max
iPhone XS
iPhone XR
iPhone X
959円(約671円)
858円(約600円)
632円(約442円)
851円(約595円)
1,070円(約749円)
970円(約679円)
744円(約520円)
963円(約674円)
141,800円
129,800円
101,800円
129,800円
iPhone 8 Plus
iPhone 8
622円(約435円)
556円(約389円)
733円(約513円)
688円(約481円)
106,800円
95,800円
iPhone 7 Plus
iPhone 7
605円(約423円)
540円(約378円)
717円(約501円)
652円(約456円)
107,800円
94,800円
iPhone 6s Plus
iPhone 6s
512円(約358円)
456円(約319円)
624円(約436円)
568円(約397円)
83,800円
72,800円
iPhone 6 Plus
iPhone 6
498円(約348円)
364円(約254円)
610円(約427円)
475円(約332円)
83,800円
49,800円
iPhone SE
iPhone 5S
356円(約249円)
356円(約249円)
467円(約326円)
467円(約326円)
49,800円
49,800円

android端末

機種 保険料(月額) 修理費用の上限
自己負担あり
(3,500円)
自己負担なし
android端末 370円(約259円) 482円(約337円) 50,000円

料金は、1~3ヶ月目の料金を記載、()内は4ヶ月目以降の料金を記載しています。

スマホ保険の料金は、事故を起こした際、3,500円自己負担をするタイプと、自己負担なしの2つの料金体系があります。

そして、スマホ保険の一番の特徴は、スマホを丁寧に扱うと保険料が安くなることです。

ひよっこ君
丁寧に使うと保険料が安くなる保険なんて、聞いたことないよ。

保険期間は3ヶ月ごとの自動更新になりますが、保険金の支払い対象となる事故が発生しなかった場合、4ヵ月目以降、平均で30%の割引がされます。

例えば、iPhone11の自己負担なしの場合、最初の3ヶ月は月699円の料金がかかりますが、丁寧に使うことで、4ヶ月目以降は約489円の月額料金になります。

業界でも画期的なスマホの保険なんじゃ。
スマホ博士

保険期間内は何度でも補償、修理は正規代理店以外の業者も可!

スマホ保険の特徴

スマホ保険は、万一、スマホを壊してしまった場合、3ヶ月の保険期間中、修理費用の上限まで何度でも修理費用が補償されます。

そして、どこの修理業者で修理をしても、保険金の支払いの対象になります。

ひよっこ君
どこの業者でも直せるのは、使い勝手が良いね。

正規修理店の場合、混雑していると端末預かりになってしまうこともありますが、非正規の修理店なら、その場で修理をしてもらえることも多いです。

日常利用に支障のない、わずかな破損は補償対象外じゃからのう。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

モバイル保険 = 月々700円、3端末を1年間で10万円まで補償

モバイル保険

さくら少額短期保険(株)が提供する「モバイル保険 」は、スマホやノートPC、音楽プレイヤーなど、Wi-Fiに繋がるモバイル端末を3台まで補償対象にできる保険です。

ひよっこ君
3台まで保証してもらえるって、うれしいね。

モバイル保険も少額短期保険になり、故障や外装破損、損壊や水濡れなど、端末に不慮の事故が起こり、修理費用を負担したり、修理不能になった時に保険金が支払われます。

尚、盗難も補償対象になりますが、紛失は補償対象にならないので注意です。

盗難は補償対象、紛失は対象外じゃからのう。
スマホ博士

モバイル保険の概要

補償対象の端末 スマホ、タブレットなどモバイル端末(最大3端末)
補償端末の要件 新規取得から1年未満
対象事故 破損、水没、全損、盗難
保険料 月700円
保険金の支払い上限額 1年間で10万円まで
保険期間 1年間

モバイル保険の保険料は、どの端末の組み合わせでも、3台分まとめて、毎月一定の月額700円です。

ひよっこ君
3台分で700円って、これまたうれしいね。

補償対象の機器は、新品や中古品に関わらず、メーカーや販売店から3ヶ月以上保証書が発行されていて、新規に取得してから1年未満のものになります。

オークションで購入したものや、ご家族や知人からもらった機器は対象になりません。

保証書のないオークションやもらったスマホは対象外じゃぞ。
スマホ博士

同一契約で3端末まで(主端末1台+副端末2台)、最大10万円までの補償!

モバイル保険

モバイル保険では、主端末1台と、任意で副端末を最大2台まで登録することができます。

主端末と副端末の組み合わせは自由にできて、例えば、主端末をスマホ、副端末をノートパソコンと携帯ゲーム機にする、などができます。

そして、保険金の請求に関しても、修理が可能な場合は、主端末は1年間で最大10万円副端末は2台合計で3万円、3台で合わせて、年間最大10万円まで補償されます。

保険金申請例

  1. 主端末のスマホの画面割れ:2万円
  2. 主端末のスマホの水没交換:4万円
  3. 副端末のゲーム機の画面割れ:1.5万円

  合計:75,000円

こんな感じで、1年間、幅広く補償を受けられるので、複数の端末を持っている人にはモバイル保険はおすすめです。

ひよっこ君
別々に保険に入る手間も省けるよね。
モバイル保険は、なかなか優れものの保険じゃのう。
スマホ博士

リペアパートナーで「キャッシュレス」での修理も可能!

モバイル保険

モバイル保険では、リペアパートナーと呼ばれる提携修理店に足を運べば、キャッシュレスでその場で修理をしてもらうことができます。

ひよっこ君
キャッシュレスで修理してもらえるなんて、ありがたいサービスだよ。

リペアパートナーは、信頼のおける総務省登録修理業者、あるいは、メーカーの正規修理店に限定されているので、その修理の腕も確かです。

通常の保険申請では、先に修理をし、修理代金を払った後に保険金を請求、保険金を受け取る流れになりますが、キャッシュレスリペアなら、文字通り、キャッシュレスクオリティの高い修理が受けられます。

キャッシュレスリペアは、マイページから簡単に申請できるんじゃぞ。
スマホ博士

「モバイル保険」を動画で分かりやすくご説明!

モバイル保険の解説の最後に、公開されている動画を掲載します。

とても分かりやすく、モバイル保険の特徴が説明させていますので、よろしければご覧ください。

モバイル保険の詳細はこちらから → 「モバイル保険

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルの端末保証だけが保証じゃない!お得なスマホの保証をご紹介、まとめ!

スマホの保証

みなさま、お疲れさまでした。

さて、この記事では、LINEモバイルの端末保証や、その他のスマホの保証をご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

ひよっこ君
特徴のある保証があって、自分に合った保証を選べそうだよね。

今回、ご紹介したスマホの保証・保険を4つ、おさらいしておきます。

  1. LINEモバイルの「端末保証」
  2. Appleの「AppleCare+ for iPhone」
  3. スマホ保険
  4. モバイル保険

それぞれに特徴があり、LINEモバイルの端末保証に入り損ねた人に限らず、初めから、並行して検討するだけの素晴らしい保証・保険だと思います。

そして、安心できるスマホの保証に入っていただいた上で、LINEモバイルでご家族やお友だちと素晴らしいコミュニケーションを図っていただき、安くて快適なスマホライフを送っていただければと思います。

最後までお読みくださいまして、有難うございました。

よろしくお願い致します。

LINEモバイルはとっても素晴らしい格安SIMですよ!

ぜひ、LINEモバイルにお申し込みいただき、ご家族やお友だちと「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!

ひよっこ君
下のバナーから申し込みができるよ。(笑)
宜しくお願いしますぞよ。(笑)
スマホ博士

-LINEモバイルとは

© 2020 LINEモバイルで Let's Communication!