LINEモバイルとは

LINEモバイルならソフトバンク回線がおすすめ! その訳を徹底解説!

ソフトバンク回線がおすすめ

ひよっこ君
ねぇ、博士、LINEモバイルはドコモ回線とソフトバンク回線とどっちが良いの?
ひよっこ君、それは絶対にソフトバンク回線じゃぞ!
スマホ博士

LINEモバイルをご検討くださっている皆さま、今、LINEモバイルをご検討されるに当たって、ドコモ回線にするか、ソフトバンク回線にするか、悩んでおられませんか?

今、キャリアのソフトバンクをご利用なさっておられる方は、SIMロック解除など面倒な事なしに乗り換える事が出来ますから、LINEモバイルのソフトバンク回線をお申し込みされると思いますが、現在、ドコモをご利用なさっておられる方は、LINEモバイルのドコモ回線ならSIMロック解除をしないでもそのままスマホを使えるから楽なんだけど、でも、ソフトバンク回線は速いらしいし、どっちにしようか悩んでおられる方も多いと思います。

auをお使いの方も、ソフトバンク回線の方が速いという噂なので、ソフトバンク回線にしようかとは思いつつも、まだ決めかねておられる方もいらっしゃると思います。

また、現在、既にLINEモバイルのドコモ回線を使っておられて、ソフトバンク回線に変更しようか悩んでおられる方もいらっしゃると思います。

そんな皆さまへ一言、「LINEモバイルに申し込まれるなら、絶対にソフトバンク回線が良いですよ!

この記事では、

  • LINEモバイルのソフトバンク回線の概要(料金など)
  • LINEモバイルのドコモ回線との比較
  • LINEモバイルのソフトバンク回線の通信速度

など、皆さまがLINEモバイルを申し込むに当たり、ドコモ回線とソフトバンク回線のどちらの回線にしようかを決める、お役立ち情報を書いています。

是非、参考にして頂きまして、LINEモバイルにお申し込み頂ければと思います。

\LINEモバイルの最新キャンペーンはこちらから!/

LINEモバイルのソフトバンク回線のあらまし

ソフトバンク回線がスタートまずは簡単に、LINEモバイルのソフトバンク回線のあらましを少しだけご紹介させて頂きます。

LINEモバイルの歴史

2016年3月 LINEが通信事業(MVNO事業)参入を発表

2016年9月 LINEモバイルのドコモ回線のサービスが開始

2018年3月 ソフトバンクと資本提携

2018年7月 LINEモバイルのソフトバンク回線がスタート

LINEモバイルは、2016年9月にドコモ回線のサービスをスタートさせて以降、LINETwitterFacebookInstagram4つのSNSのデータフリーを最大の特徴として、多くのユーザーの皆さまにご利用頂いています。

そして、もっと皆さまに快適にスマホを利用して頂ける様、益々のLINEモバイルの発展を目指す為に、2018年3月にソフトバンクと資本提携しました。

国内で約7,600万人、日本の人口の約6割の人が使っているというLINEに加えて、今や世界を席巻する、孫正義会長兼社長が率いるソフトバンクグループの傘下に入り、現在、LINEモバイルは、ソフトバンクが51%LINEが49%の、この2社の子会社になっています。

そんな訳で、より素晴らしいサービスを目指すLINEモバイルが満を持して投入したソフトバンク回線のサービスですし、そのソフトバンクが親会社なのですから、理屈で考えますと、ソフトバンクがLINEモバイルのソフトバンク回線に力を入れない訳がないソフトバンク回線が良くない訳がないのです。

ひよっこ君
LINEとソフトバンクが親会社なら最強だよね。
ほとんどの人のスマホにLINEアプリは入ってるし、ソフトバンクはキャリアじゃから、良いサービスが期待できるのう。
スマホ博士

そうです。親会社の1社がLINEだからこそ、たった500円のプランでもLINEをデータフリーにして使い放題にする事が出来ますし、親会社の1社がソフトバンクだからこそ、ソフトバンクの強みを前面に押し出す事が出来るLINEモバイルのソフトバンク回線ですから、まさに、LINEとソフトバンクの良いとこ取りの回線なのです。

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルのソフトバンク回線の最大のメリットは通信速度が速い事!

ソフトバンクは最速キャリアの中の1社であるソフトバンクがLINEモバイルの筆頭の親会社になりましたから、LINEモバイルのソフトバンク回線は、親会社のソフトバンクからしますと、通信速度が遅いという状況には置かないと思うのです。

ひよっこ君
普通はそう考えられるよね。
LINEモバイルのソフトバンク回線の大元が、親会社のソフトバンクじゃからのう。
スマホ博士

格安SIMは大手キャリアから回線(帯域)を借りて事業を運営し、そして、一般ユーザーはその回線(帯域)を使って通信をしています。

LINEモバイルのソフトバンク回線で例えると、格安SIMであるLINEモバイルは、親会社であるソフトバンクから回線を借りて事業を行っているのです。

一般論としまして、格安SIMは大手キャリアと「これだけの量の帯域をこれだけの金額で」という形で契約をしていますので、その回線の帯域には上限があり、一気にその回線で通信が行われると、通信が遅くなってしまいます。

分かりやすく言いますと、大手キャリアの回線をたくさんの車線のある広い道路だと例えますと、格安SIMの回線は、大手キャリアの広い道路を少しだけ借りた、1車線とかの道路に例えられます。

普段、それ程、車の通行が多くない時は、狭い車線でもスムーズに車を走らせる事が出来ますが、車の通行の多い時間帯になりますと、車線が少ないために混雑が発生し、渋滞が起こってしまいます。

格安SIMの欠点は、ご存知の通り、朝の通勤時間帯の8時台やお昼休みの時間帯の12時台、そして、夕方の会社終わりの17時半以降19時頃の時間帯に、ネットに繋がりにくくなったり、通信が遅くなる事です。

これはまさに道路の例え通りで、格安SIMの回線・帯域は狭い1車線とかの道路ですので、特に、お昼休みの時間帯には、皆さん、ご飯を食べながらスマホを触ったり、ご飯を食べた後、スマホを触ったりと、多くの方がスマホを触る事により、通信が混雑し、その結果、格安SIMの狭い道路に渋滞が起こり、ネットに繋がりにくくなったり、速度が遅くなったりするのです。

ですので、お昼休みの時間帯は、どの格安SIMでも通信速度が激遅になってしまい、私もLINEモバイルのドコモ回線を使っていた時には、料金が安いのだから、お昼の1時間位は繋がりにくいのは仕方がない事と思っていました。

しかし、個人的な話になりますが、私がLINEモバイルのドコモ回線からソフトバンク回線に変更してからは、朝や夕方の時間帯は普段の速さと変わらなくなり、お昼休みの時間帯でも、普通にネットに繋がる様になりました。

これは何故かと言いますと、推測にはなりますが、通常なら、混雑して渋滞が起こってしまう所を、渋滞時だけソフトバンクが回線の帯域を優遇して、つまり、ソフトバンクの広い道路を少しだけ使わせてあげて、渋滞を緩和してあげている事が考えられるからです。

ソフトバンクからしますと、

LINEモバイルのソフトバンク回線の通信速度が遅くなって渋滞が頻繁に発生

   ↓

LINEモバイルのソフトバンク回線が人気がなくなる

   ↓

親会社のソフトバンクの収入が減少 

という事になりますから、それなら、

回線の帯域を優遇(ソフトバンクからすると費用が発生)

   ↓

通信速度が速い事により、LINEモバイルのソフトバンク回線が人気上昇

   ↓

親会社のソフトバンクの収入も増 + その他の波及効果もあり、親会社のソフトバンクが潤う 

の方が良いのです。

つまり、ソフトバンクが親会社である事により、ソフトバンクとしては、LINEモバイルのソフトバンク回線が最低限の通信速度を割ってしまう事は損をする事ですので、許されない事になるのです。

ひよっこ君
それなら、LINEモバイルのソフトバンク回線は保証されたも同然だね。
そう考えても良いじゃろうのう。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

ユーザー増加とともに通信速度が遅くなる可能性は?

ソフトバンク回線の速度実績先ほど、回線の帯域を道路に例えてご説明をさせて頂きました。

すると、LINEモバイルのソフトバンク回線に人気が出て、今後、ますますソフトバンク回線の契約者が増え、多くの方が使う、つまり、道路の交通量が多くなる事によって渋滞が発生するのでは、LINEモバイルのソフトバンク回線が段々と遅くなって行くのでは...、こんな疑問も湧いて来ると思います。

確かに、LINEモバイルのドコモ回線も、当初は速い通信速度を保っておりましたが、段々と遅くなり、現在は、特にお昼休みの時間帯はかなり遅い状態になってしまっています。

その都度、通信回線の増強はしていると思いますが、回線の増強には大きな費用が掛かりますので、無尽蔵に増強をする事も出来ません。

ひよっこ君
ソフトバンクが親会社でも、ソフトバンク回線も遅くなってしまうのかなぁ~。

しかし、LINEモバイルのソフトバンク回線に関しては、LINEモバイルの筆頭の親会社はソフトバンクですので、赤の他人の格安SIMにするような事はせず、先程のご説明の通り、そこにはある程度、優遇も出てくると思います。

上の画像は、2018年12月18日(火)のLINEモバイルのソフトバンク回線の通信速度のグラフですが、やはり、お昼の12時台と前日の夕方のお仕事終わりの時間帯は通信速度が落ちていますが、お昼休みの時間帯は、それでも2Mbps程度は維持できています。

例えば、通信速度が速いと言われているのがY!mobile(ワイモバイル)UQ mobileですが、共に格安SIMの様に捉えられていますが、Y!mobileはソフトバンクが運営していますし、UQ mobileはKDDIグループのUQコミュニケーションズが運営する格安SIMですので、実質はauのサブブランドで、つまり、キャリアであるソフトバンクやauと密接な関係があるからこそ、この2社は通信速度の速さが実現しているのです。

その点、マイネオにしても、楽天モバイルにしても、LINEモバイルのドコモ回線にしましても、キャリアから普通に回線の帯域を購入してサービスを提供しているので、キャリア側としては、そこに優遇はなく一律です。

しかし、LINEモバイルのソフトバンク回線に関しましては、親会社がソフトバンクですので、ある意味、LINEモバイルのソフトバンク回線はサブブランド的な要素もあり、ですので、Y!mobileモバイルやUQモバイル程ではないにせよ、他の格安SIMとは一線も二線も画す通信速度を保つ可能性は高いのです。

一般的に、通信速度に関しては、1Mbpsあれば、画像が多いウェブサイトですと、ちょっと遅いかな位には感じる事もありますし、YouTubeの高画質やオンラインゲームは難しいですが、普通にスマホを使う事は出来ますし、YouTubeも標準画質で普通に見る事が出来ます。

多くの格安SIMのお昼休みの時間帯の様に、0.5Mbpsや0.3Mbps程になってしまいますと、あまりにも遅すぎて、ウェブサイトを見るのにもストレスが溜まってしまいます。

逆に、お昼前の時間帯やお昼休み後の時間帯は、軒並み、格安SIM各社の通信速度は速くなり、10Mbpsや20Mbpsの速度が出ているのですが、画像がとっても多いウェブサイトでも3Mbps位YouTubeの高画質の動画やオンラインゲーム、アプリのダウンロードでも5Mbps位もあれば快適ですので、10Mbpsや20Mbpsも必要ありません

ソフトバンクとしては、LINEモバイルのソフトバンク回線に関しては、特に、最も通信量が混雑するお昼休みの12時台や、その次に混雑する朝の通勤時間帯夕方のお仕事が終わってからの時間帯に関して、今後も、少なくとも普通に通信が出来る1Mbpsは割らない位の速度は維持するのではと思っています。

ひよっこ君
そうだよね。普通に通信できる位は維持して欲しいよ。
ワシも今後も、ソフトバンク回線の速度は注視しておくぞ。
スマホ博士

ソフトバンクのスマホをそのまま使える事も大きなメリット!

LINEモバイルのソフトバンク回線の最大のメリットは、ご説明の通り、通信速度が速い事、そして、ソフトバンクの子会社である強みを生かして、今後も、格安SIMの最大のデメリットであるお昼休みの時間帯などの混雑する時間帯も、他の格安SIMとは一線を画し、普通に通信が出来るだけの速度を維持する可能性が高い事を上げさせて頂きました。

そして、ソフトバンク回線のもう一つの大きなメリットは、ソフトバンクで使っていたスマホを、SIMロック解除なしでそのままの状態で使える事です。

LINEモバイルのソフトバンク回線のサービスがスタートする前は、ソフトバンクを使っておられた方は、LINEモバイルのLINEを始め、TwitterFacebookInstagramがデータ消費する事なく使い放題で使えるメリットに興味を持たれたとしても、乗り換える事に躊躇なさって来られたと思います。

それは何故かと言いますと、当時のLINEモバイルにはドコモ回線しかなく、そのLINEモバイルのドコモ回線に乗り換える為には、ソフトバンク版のスマホではそのままで乗り換える事が出来ず、SIMロック解除をする必要があったからです。

iPhoneであれば、iPhone6s以降であればSIMロック解除をする事が出来ますので、ソフトバンクで使っていたiPhoneでも、LINEモバイルのドコモ回線に乗り換える事は出来ました。

android端末はメーカーも機種も多いので一概には言えませんが、基本的には、平成27年5月以降に発売された比較的に新しいスマホであれば、SIMロック解除をする事が出来ますので、LINEモバイルのドコモ回線に乗り換える事が出来ました。

SIMロック解除をする事自体は、それ程、大変な事ではないのですが、しかし、「そこまでして乗り換えなければいかないのか」というSIMロック解除の精神的な重みは絶対にあったと思います。

そして、ソフトバンクでもっと以前のSIMロック解除が出来ない機種をお使いだった方は、お持ちの機種ではLINEモバイルに乗り換える事すらできなかったのです。

ひよっこ君
いくらLINEモバイルのデータフリーを使いたくても、乗り換える事が出来なかったんだね。
回線を超えて乗り換えるのは、色々な障害があるんじゃ。
スマホ博士

しかし、LINEモバイルにソフトバンク回線が出来た事により、SIMロック解除などややこしい事を考えずに乗り換える事が出来る様になり、ソフトバンクを使っておられた方にとりましては、簡単、お手軽に乗り換える事が出来る様になった事も、このLINEモバイルのソフトバンク回線の大きなメリットだと思います。

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルのソフトバンク回線とドコモ回線の共通点

料金プランは同じそれでは、ドコモ回線との比較も交えながら、LINEモバイルのソフトバンク回線の料金プランなどの概要をご説明させて頂こうと思います。

ソフトバンク回線がドコモ回線よりも劣る部分はどこなのか、逆に、ソフトバンク回線がドコモ回線を上回っている部分はどこなのか、気になる事も多いかと思います。

しかし、ソフトバンク回線とドコモ回線は基本的な所は同じで、LINEモバイルのメリットの部分に関しては、ドコモ回線と同じく、ソフトバンク回線でも利用できますので、まずはご安心頂ければと思います。

ソフトバンク回線の料金プランはドコモ回線と同じ

まずは料金プランについてですが、一般的に他社では、ドコモ回線よりもソフトバンク回線の方が料金が高い場合が多いです。

例えばマイネオでは、通話ができるデュアルタイプの3GBのプランの場合で、ドコモ回線は月額1,600円ですが、ソフトバンク回線は1,950円と、2割ほども料金が高くなっています。

しかし、LINEモバイルの場合は、ソフトバンク回線もドコモ回線と同じ料金体系ですので、安心してお使い頂く事が出来ます。

ひよっこ君
良かった。速度が速くなったからって高くなったら残念だもんね。
LINEモバイルはそんな理不尽な事はせんぞ。(笑)
スマホ博士

他社の様に回線ごとに料金が違って来ると、色々と考えて躊躇してしまう事もあると思いますが、LINEモバイルの場合は同じ料金ですので、純粋に使い勝手の良い回線を選んで頂く事が出来ます。

プランは3種類LINEフリーコミュニケーションフリーMUSIC+)。

②SIMカードタイプはLINEフリーが3種類データSIMデータSIM(SMS付き)音声通話SIMコミュニケーションフリーとMUSIC+は2種類データSIM(SMS付き)音声通話SI

③1ヶ月の基本データ量はLINEフリーが1種類1GBコミュニケーションフリーとMUSIC+は4種類3GB5GB7GB10GB)からお選び頂く事が出来ます。

容量 データSIM データSIM
(SMS付き)
音声通話SIM
1GB 月額500円 月額620円 月額1,200円
データフリー LINE
au回線は仕様の関係で「データSIM」の提供がありません。
容量 データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
3GB 月額1,110円 月額1,690円
5GB 月額1,640円 月額2,220円
7GB 月額2,300円 月額2,880円
10GB 月額2,640円 月額3,220円
データフリー LINE Twitter Facebook Instagram
容量 データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
3GB 月額1,810円 月額2,390円
5GB 月額2,140円 月額2,720円
7GB 月額2,700円 月額3,280円
10GB 月額2,940円 月額3,520円
データフリー LINE Twitter Facebook Instagram LINE MUSIC

LINEモバイル公式サイト

ソフトバンク回線でもデータフリーは変わりません

5種類のデータフリーLINEモバイルと言えばデータフリー、データフリーと言えばLINEモバイルと言える位、データフリーはLINEモバイルの最も特徴的なメリットの部分ですが、ソフトバンク回線もドコモ回線と同様に、プランによって、4つのSNSとLINE MUSICがデータ量を消費する事なく、使いたい放題で使う事が出来ます。

プラン名 データフリー対象
LINEフリープラン LINE
コミュニケーションフリー LINE Twitter Facebook Instagram
MUSIC+プラン LINE Twitter Facebook Instagram LINE MUSIC

データフリーとは、ご存知の通り、その対象となるサービスを利用する際にかかる通信料が、一切、カウントされず、つまり、契約している月の基本データ量から消費されず、使い放題に使えるサービスになりますが、LINEモバイルはLINEが親会社ですので、LINEが全プランでデータフリーなのは有難いですね。

数えきれない位の格安SIMの中でも、LINEがデータフリーで利用できるのは、LINEモバイルDNNモバイルだけになりますが、DNNモバイルの「SNSフリーオプション」3GB以上のプランでしか加入が出来なかったり、致命傷なのは「SNSフリーオプション」を付けると別回線を通るので圧倒的に通信速度が遅くなり、「SNSフリーオプション」を外すと普通の速度になるという事で、評判が極めて悪いのです。

しかし、LINEモバイルのLINEのデータフリーは、LINEモバイルの最もお得なLINEフリーの1GBの500円プランでもデータ量を消費せずに使い放題。

ひよっこ君
TwitterやFacebook、Instagramがデータフリーのプランもあるしね。

しかも、先ほどもご紹介をさせて頂きました通り、LINEモバイルのソフトバンク回線は、他の格安SIMとは一線を画す速さがありますので、LINEモバイルは格安SIMの中で唯一、LINEが拘束でデータフリーで使えると言っても良いと思います。

高速通信でLINEがデータフリーなのはLINEモバイルだけじゃぞ。
スマホ博士

LINEモバイルのデータフリーに関しては、別ページで詳細をご説明させて頂いておりますので、よろしければご覧ください。

データフリー!
LINEモバイルのデータフリー
LINEモバイルと言えばデータフリー!人気SNSが使い放題を徹底解説!

LINEモバイルをご検討中のみなさま、こんにちわ。 さて、みなさま、いきなりですが、LINEモバイルの「データフリー」ってご存じですか? ひよっこ君データフリー…!? 何それ…!? 難しい言葉だね.. ...

続きを見る

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルのソフトバンク回線で、テザリングも大丈夫

テザリングのイメージテザリング機能は、今やもう、欠かせない機能になっている方も多いと思います。

そんな便利なテザリングの機能ですが、当然、LINEモバイルのソフトバンク回線でも使えます

テザリングとは、外出先でも自宅でも、スマホをアクセスポイント(親機)として、ポケットWi-Fiの様にパソコンやタブレットをインターネットに繋げる機能です。

LINEモバイルの場合は、たった500円のプランでもLINEがデータフリーで使い放題ですし、たった500円のプランでもテザリングが無料で使えます

そして、このデータフリーとテザリングの組み合わせた使い方も、LINEモバイルならでは出来る事です。

例えば、大学に進学するために実家を離れて大都会に行ってしまった息子さんや娘さんの事を心配するのは、どちらの親御さまも同じだと思います。

お子さまが新たな土地で元気に過ごしているのか、スマホでLINEの無料通話でお話をなさるのでも、十分にお子さまの元気を確認する事は出来ますが、たまにはのんびりとお子さまの顔を見ながら、お話もなさりたい事もあると思います。

そんな時に、スマホとパソコンをテザリングで繋ぎ、大きなパソコンの画面でLINEのビデオ通話で、お子さまの顔を見ながら元気な様子を確認する事も、LINEモバイルならたった500円のプランでも出来るのです。

ひよっこ君
お父さん、お母さんも安心できるね。

あるいは、単身赴任をしているお父さんが、1日の仕事を終えて、遠くの自宅にいるかわいいお子さまとお話をなさる時や、おじいちゃんやおばあちゃんが遠方にいるお孫さんの成長を見る時にも、パソコンやタブレットにテザリングで繋ぎLINEのビデオ通話でお話をして頂く事も出来ます。

あるいは、現役バリバリでお仕事をなさっておられる方も、テレビ会議的に、パソコンで会議や打ち合わせをして頂く事も出来ます。

バリバリとお仕事をして頂く事ができますぞ。
スマホ博士

テザリングに関しても、別ページで詳細をご説明させて頂いております。

もしよろしければ、覗いてみて下さいませ。

テザリング!
テザリング
LINEモバイルはテザリングが無料で使える! LINEもインスタも使い放題!

皆さま、旅行や出張に行く時、あるいは、日頃、カフェなんかに行く時に、パソコンを持って行く事もあると思いますが、そんな時、そこにWi-Fiがあるか、心配になりませんか? 最近はカフェやファミレス、ホテル ...

続きを見る

クレジットカードなしでも申し込めます

LINE Pay カードソフトバンク回線を取り扱っている格安SIMは何社かありますが、マイネオを始め、多くのソフトバンク回線を取り扱っている格安SIMは、お申し込みの際にはクレジットカードが必要です。

逆に言いますと、これらの格安SIMでは、クレジットカードを持っていないとソフトバンク回線でスマホを持つ事が出来ず、あるいは、クレジットカードを持っていても、クレジットカードで支払いたくないという人に対しては、対応をしていない格安SIMがほとんどです。

ひよっこ君
でも、使い過ぎちゃうからクレジットカードが嫌いな人もいるんだよ。

しかし、LINEモバイルでは、ドコモ回線と同様に、ソフトバンク回線でもクレジットカードなしでお申し込みをして頂く事が出来ます

これは、LINE PayというLINE版の電子マネーの中のLINE Pay カードでのお支払い方法になりますが、お支払い銀行を登録し、オートチャージを設定する事で、実質、銀行引き落とし、銀行振替の様なお支払い方法になります。

自動で引き落としされるのは楽で助かるんじゃ。
スマホ博士

この様に、クレジットカードではないお支払い方法でソフトバンク回線でスマホが持てるのは、LINEの子会社であるLINEモバイルならではです。

ちなみに、このLINE Pay カードのよるお支払いでは、LINE Payのポイントプログラムに応じて、LINEポイントが貯まります

LINEポイントはAmazonギフト券などの商品券に交換したり、スタバのコーヒーやローソンのからあげクン、面白い所では、行列のできる大人気店の「一蘭」のラーメンとも交換が出来ます。

ついでに言いますと、LINEモバイルでは、ドコモ回線もソフトバンク回線も、LINEモバイルの月額基本利用料の1%分のLINEポイントが毎月、もらえます。

LINEの電子マネー、LINE Payの詳細はこちらをご覧ください。 ↓ ↓ ↓

クレカ不要!
LINEモバイルはクレジットカード不要! LINE Payカードで口座振替も出来る!

ひよっこ君博士、僕、クレジットカードを持ってないから、格安スマホに申し込めないよぉー...。(涙) いやいや、ひよっこ君、LINEモバイルならクレジットカードがなくてもスマホが持てるんじゃぞ!スマホ博 ...

続きを見る

LINEの年齢認証が出来る、なのでID検索も出来ます!

ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアを使っておられる方、また、使っておられた方は、大手キャリアでは普通にLINEの年齢認証が出来たので、LINEのID検索もできました。

ID検索は、キャリアの時には、遠方の知り合いをLINEの「ともだち追加」にする場面で使っておられた方も多いと思います。

キャリアでLINEの年齢認証が出来ましたのは、LINEの年齢認証がキャリアのシステムに依存をしていて、LINEの年齢認証にドコモ、au、ソフトバンクのユーザーとの契約内容の年齢の部分を活用し、年齢を確認するシステムだからです。

格安SIMはその大手キャリアとLINEとの間のシステムを活用する事が出来ませんので、LINEの年齢認証が出来ませんし、その結果、ID検索も出来ないのです。

しかし、格安SIMの中で唯一、LINEモバイルはLINEの子会社ですから、LINEモバイルの「利用コード」を利用する事でLINEの年齢認証が出来ますので、ID検索をする事も出来ます

ひよっこ君
ソフトバンク回線でも変わらずにID検索ができるよ。
格安SIMで出来るのは、唯一、LINEモバイルだけなんじゃぞ。
スマホ博士

データプレゼントも出来る!余ったデータ量も繰り越せる!

LINEの年齢認証の所でLINEモバイルの「利用コード」のお話が出ましたので、「データプレゼント」のお話もさせて頂きます。

LINEモバイルのソフトバンク回線では、ドコモ回線と同様に「データプレゼント」の機能を使って、LINEのおともだちにデータ量をプレゼントする事が出来ます。

この「データプレゼント」の機能を使うには、LINEモバイルで「利用者連携」をする必要がありますが、その「利用者連携」をするには、LINEモバイルのマイページに記載のある「利用コード」が必要になります。

ひよっこ君
余りそうだったらあげる、足りなかったらもらう、思いやりの精神だよ。

また、これは格安SIMでは重要なポイントだと思いますが、毎月の基本のデータ量を使い切る事ができずに余ってしまった場合は、自動で翌月に繰り越されますので、ご安心頂ければと思います。

データ量が翌月に繰り越せるのは、もはや当たり前の事じゃのう。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルのソフトバンク回線がドコモ回線と違う所

ドコモ回線とソフトバンク回線との違いに関しては、例えば1つは、都会では両回線とも問題なくネットに繋がりますが、地方に行きますと、ドコモ回線は繋がるけど、ソフトバンク回線は繋がりにくい、あるいは、その逆もあります。

今までソフトバンク回線を利用した事がある方は、そこら辺の事情はご存知かと思いますし、今までにソフトバンク回線を利用した事がない方で、山歩きなどを頻繁になさる方は、念の為、「ソフトバンクのサービスエリアマップ」にて、ご確認を頂ければと思います。

また、SIMカードの種類に関しましても、ドコモ回線とソフト回線は少しだけ違います。

ドコモ回線はnanoSIM、microSIM、標準SIMの3種類ですが、ソフトバンク回線には、その3種類のSIMカードに加えて、nanoSIMとサイズや見た目が全く同じ「iPhone専用ナノSIM」というSIMカードがあります。

これは、キャリアのソフトバンクのSIMカードに、普通のnanoSIM(nanoUSIMカード)とは別に、iPhone専用の「iPhone専用 nano USIM カード」がある事に伴って加わったものですが、LINEモバイルで販売されているiPhone SEに関しては、この「iPhone専用ナノSIM」になります。

後ほど、iPhone SEの箇所で詳しくご説明をさせて頂きますが、LINEモバイルで販売されているiPhoneはドコモ版ではなくソフトバンク版になりますので、「iPhone専用ナノSIM」が特別に準備されています。

他にも細々とした違いはありますが、実際にLINEモバイルのソフトバンク回線を使う上で押さえておくべきポイントは、「オプション」と「追加購入できるデータ量」の所かと思いますので、その2点を以下にご説明させて頂きます。

ソフトバンク回線は留守番電話のオプションが無料!

元々、私はキャリアのドコモを使っていましたので、その流れでLINEモバイルのドコモ回線を使っていましたが、当時、とてもガッカリした事は、LINEモバイルのドコモ回線の留守番電話オプションが有料だった事です。

オプションですので有料なのは仕方がなかったのですが、ドコモの時はオプションパック割引で入っていた為、留守電にプラスして、キャッチホンと転送電話、メロディコールも付いて400円だったのですが、LINEモバイルのドコモ回線では留守電だけで300円で...。

ひよっこ君
確かに300円は高いよ...。

そして何と、LINEモバイルのドコモ回線では、ドコモのキャッチホンに当たる「割込通話」が200円で、ドコモは留守電・キャッチホン・転送電話・メロディコールの4つで400円だったのが、LINEモバイルは留守電と割込通話(キャッチホン)の2つで500円になり、格安SIMなのに何でってガッカリしたのです。

そして、LINEモバイルのドコモ回線に乗り換えてから、そのキャリアのドコモの留守電はバージョンアップして、料金は一緒のままで、スマート留守電(音声メッセージがテキスト化される留守電)になり、でも、LINEモバイルのドコモ回線の留守電は、キャリアのドコモよりも高いのに旧のままの留守電で、私は3重にガッカリしたのです。

しかし、ソフトバンク回線に乗り換えてからは、何と、基本の留守電は無料になりました。(笑)

留守電が無料なのは本当にありがたい事じゃ。
スマホ博士

前振りが長くなりましたが、ソフトバンク回線とドコモ回線のオプションの詳細に関しては、別ページの「【完全解説!】LINEモバイル、ソフトバンク回線とドコモ回線のオプションまとめ」をご覧頂くとしまして、ここでは、ソフトバンク回線とドコモ回線とで料金や内容が違うオプションのみの比較表を下記に記載させて頂きます。

  ソフトバンク回線 ドコモ回線
①留守番電話
(無料)

(300円)
②留守番電話プラス
(月額300円)
③グループ電話
(月額200円)
④ナンバーブロック
(迷惑電話ストップ)

(月額100円)

(無料)

①留守番電話

ソフトバンク回線では、留守番電話が無料なのはとっても嬉しいですね。

この基本バージョンの留守電は、保存期間は共に3日間なのですが、保存件数がドコモ回線が20件までなのに比べて、ソフトバンク回線は30件になり、ドコモ回線の有料の留守電よりも、ソフトバンク回線の無料の留守電の方が保存件数が多いという内容です。

留守電がタダなのは、ソフトバンク回線、ポイント高い!
スマホ博士

②留守番電話プラス

この留守番電話プラスは、無料の留守番電話の上位版になります。

保存件数が30件から100件に保存期間が3日から1週間にグレードアップされており、これだけを保存できるのなら、電話がたくさん掛かって来て、尚且つ、忙しくて電話に出る事が出来ない方にとりましては、300円を払う価値があると思います。

私などは、それほどたくさんの電話は掛かって来ませんので、無料版の留守電で十分ですし、多くの方もそうではないかと思います。

③グループ電話

このオプションは、キャリアのソフトバンクにあるオプションのままです。

最大5人までの複数の相手と同時に通話ができるサービスになりますが、友達であれば、LINEの無料のグループ電話がありますが、仕事上でも、複数の方と同時に通話する事が出来ますので、このオプションは非常に良いと思います。

④ナンバーブロック

このナンバーブロックのオプションは、ドコモ回線では「迷惑電話ストップ」という名称になります。

ソフトバンク回線の場合は、最大20件まで月額100円ドコモ回線の場合は、最大30件までで無料になりますので、迷惑電話防止のオプションでは、ドコモ回線が有利です。

しかし、留守電と迷惑電話防止をセットで考えた場合は、ソフトバンク回線は100円、ドコモ回線は300円になり、出来るだけ安くでスマホを使いたい格安スマホでは、この200円の差は大きいと思います。

追加購入できるデータ量の違い

追加購入が出来るデータ量の総量としてはほぼ同じで、料金に関しては同じですが、1回で追加できるデータ量に違いがあります。

  ソフトバンク回線 ドコモ回線
1ヶ月の最大データ購入量 10GB 9GB
1回当たりのデータ購入量と料金 0.5GB 500円/回
1GB 1,000円/回
0.5GB 500円/回
1GB 1,000円/回
3GB 3,000円/回
1ヶ月当たりの追加購入回数 月10回まで 月3回まで

共に、0.5GB(500円)から追加でデータ量を購入する事が出来ます。

ソフトバンク回線の方が、より細かく追加購入する事が出来ます。

ひよっこ君
この追加購入のデータ量については、気にする必要はないね。

LINEモバイル公式サイト

ソフトバンク回線限定でiPhone SEが購入できる!

iPhone SELINEモバイルのソフトバンク回線では、iPhoneのSEを購入する事が出来ます

iPhoneSEは、iPhone5/5sの4インチの小さなボディに指紋認証のTouch ID1,200万画素のカメラを搭載し、手のひらサイズでありながらもiPhone 6sのスペックを持つという、とても人気のある端末です。

実は私、LINEモバイルでiPhone SEを買っちゃいました。(笑)

iPhone SEはドコモ回線では購入する事は出来ず、ソフトバンク回線のみになりますので、その機種は「iPhone SE A1723 ソフトバンク版」になります。

ひよっこ君
小さいけど力持ち、iPhoneSEはそんなスマホだよ。

そして、嬉しいのが、他の格安SIMで見られる中古(CPO・メーカー認定整備済品)ではなく、LINEモバイルのiPhone SEは新品のiPhone SEですので、気持ちよく使う事が出来ます。

価格も良心的で、32GBは24回払いで月々1,340円(一括は30,800円)、128GBは24回払いで月々1,780円(一括は40,800円)と、学生の皆さんでも購入できる金額です。

LINEモバイルのiPhone SEは、新規でLINEモバイルを申し込む時に、ソフトバンク回線の利用と共に購入する事が出来ますが、現在、LINEモバイルでソフトバンク回線をご利用なさっておられる方も、機種変更の手続きで購入する事が出来ます。

いずれにしましても、LINEモバイルでiPhone SEの購入はソフトバンク回線を利用する事が前提になりますので、iPhoneにご興味のある方、iPhoneを使ってみたい方に、LINEモバイルのソフトバンク回線はおすすめです。

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルのソフトバンク回線の申し込み方 & キャンペーン情報

最後に、簡単にではありますが、LINEモバイルのソフトバンク回線のお申し込み方法のご説明と、この記事に関連する、現在、開催されているキャンペーンをご紹介させて頂きます。

新規でiPhone SEを購入するお申し込みの流れ

申し込む

LINEモバイルのお申し込み

①LINEモバイルの公式サイトの「申し込む」から入ります。

ソフトバンク回線の申し込み方②PC

ソフトバンク回線の申し込み方②SP

②途中は省きますが、「回線選択」のページで「ソフトバンク回線」を選びます。

ソフトバンク回線の申し込み方③PC

ソフトバンク回線の申し込み方③SP

③「端末+SIMカード」か「SIMカードのみ」の選択画面に来ましたら、iPhoneを購入するために「端末+SIMカード」を選択します。

ソフトバンク回線の申し込み方④PC

ソフトバンク回線の申し込み方④SP

④そして、「端末選択」の画面で、iPhoneの32GBか128GBを選択します。

いずれかを選択しますと、次は端末のカラーの選択SIMカードの選択をする流れになり、その後は画面に従って申し込みを進めて頂く事になります。

新規でのお申し込みのキャンペーン情報こちら

SNS使い放題 新・月300円キャンペーン

※ このキャンペーンは終了しました。

SNS使い放題 新・300円キャンペーン新規でLINEモバイルをお申し込みされる方に、LINEモバイルの月額基本利用料が、3ヶ月間1,390円割引されるキャンペーンです。(LINEフリープランの場合は900円の割引になります。)

らっきー★ふぇすてぃばる

※ このキャンペーンは終了しました。

らっきー★ふぇすてぃばる他社からのLINEモバイルにMNP転入で乗り換えされる方を対象に、10人に1人のスマホ基本利用料が1年間割引になるキャンペーンです。(LINEフリープランなら1年間0円)

5,000ポイントバックキャンペーン

※ このキャンペーンは終了しました。

5,000ポイントバックキャンペーンLINEモバイルの音声通話SIMの新規のお申し込みで、LINEポイント5,000ポイント(5,000円分)がプレゼントされるキャンペーンです。

最新のキャンペーン情報は、こちらをご覧ください。

LINEモバイル公式サイト

機種変更でiPhone SEを購入するお申し込みの流れ

マイページに入る

iPhone機種変更の流れSP①

①パソコンの場合は、LINEモバイル公式サイトの「マイページ」から、スマホの場合は、LINEアプリのLINEモバイルの「マイページ(契約者連携)」からマイページに入ります。

マイページから機種変更

マイページから機種変更

②パソコンの場合はマイページの左のメニューに、スマホの場合はマイページの下の方に、「各種手続き」がありますので、その中の「機種変更」から入って頂き、その後、iPhoneを選んで、という流れになります。

機種変更でのお申し込みのキャンペーン情報

回線変更手数料 無料キャンペーン

※ このキャンペーンは終了しました。

回線変更手数料 無料キャンペーン音声通話SIMをご契約中の方が対象になるキャンペーンです。

ドコモ回線からソフトバンク回線へ、または、ソフトバンク回線からドコモ回線に回線変更をなさる方に対し、通常は3,000円(税抜)が掛かる回線変更手数料が、今だけ無料になるキャンペーンです。

最新のキャンペーン情報は、下記をご覧下さいませ。

キャンペーン!
3月最新キャンペーン情報
【3月最新】LINEモバイルのキャンペーン、全て併用で最大13,640円も得します!

ひよっこ君最大で13,640円もお得になるキャンペーンがはじまったよー! 少しでもお得にLINEモバイルを申し込んでくだされ!スマホ博士 2020年2月19日より、LINEモバイルでは新料金プランがス ...

続きを見る

LINEモバイルならソフトバンク回線がおすすめ! まとめ

ソフトバンク回線がおすすめ

皆さま、LINEモバイルのソフトバンク回線の事、分かって頂けましたでしょうか?

LINEモバイルのソフトバンク回線は、料金やデータフリーなど、基本的な部分はドコモ回線と同じで、通信がソフトバンク回線になることにより、通信速度が速くなります

現在、私も実際にLINEモバイルのソフトバンク回線を利用していますが、LINEモバイルのドコモ回線を使っていた時は、他の格安SIMと同様に、特にお昼休みの時間帯はネットに繋がりにくかったのですが、ソフトバンク回線に変更してからは、お昼休みの時間帯でも普通にネットに繋がる様になりましたよ。

格安SIMは、朝の通勤時間帯やお昼休みの時間帯、そして、お仕事が終わってからの時間帯と、1日24時間の内、合わせて3時間程がネットが混雑して繋がりにくくなりますが、ソフトバンク回線なら、その約3時間の間も、ストレスなくインターネットを使えるのは、とても素晴らしい事です。

是非、その快適さを、LINEモバイルのソフトバンク回線で実感して頂ければと思います。

LINEモバイルはとっても素晴らしい格安SIMですよ!

是非、LINEモバイルにお申し込み頂き、ご家族やお友達と「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!

ひよっこ君
下のバナーから申し込みができるよ。(笑)
宜しくお願いしますぞよ。(笑)
スマホ博士

-LINEモバイルとは

Copyright© LINEモバイルで Let's Communication! , 2020 All Rights Reserved.