LINEモバイルとは

LINEモバイルはテザリングが無料で使える! LINEもインスタも使い放題!

テザリング

皆さま、旅行や出張に行く時、あるいは、日頃、カフェなんかに行く時に、パソコンを持って行く事もあると思いますが、そんな時、そこにWi-Fiがあるか、心配になりませんか?

最近はカフェやファミレス、ホテルなど、無料でWi-Fiが使える所も多くなってきましたが、それでも、Wi-Fiがない所もありますし、あってもセキュリティの問題であまり繋ぎたくない時もありますね。

Wi-Fiがなければパソコンをネットに繋ぐ事が出来ず、困ってしまいますが、そんな時に大活躍するのがデザリングですよね。

ひよっこ君
そうだよね、テザリングは本当に便利なんだよ。

皆さまもそうだと思いますが、私もドコモでスマホを使っていた時に、当初はテザリングという機能がある事を知らなかったのですが、ある時、ガジェット好きな知り合いからテザリングを教えて貰って以降、パソコンを持って外出する時は、とっても便利にテザリングを使って来ましたし、今まではパソコンを持って出なかった位の外出の時でも、テザリングという機能がある事で、パソコンを持って出る様になった位です。

そんな風にテザリングが当たり前に日々を過ごしていた中、格安SIMの事を知り、ドコモは料金が高いと思い、携帯会社を乗り換えようと思ったのですが、その時に困ったのが、料金の安い格安SIMでテザリングが使えるかどうかと言う事だったのです。

そうじゃのう。一度、テザリングを知ってしまうと、使えなかったら不便じゃからのう。
スマホ博士

当時、私は仕事ででもプライベートででも外出をする事が多かったので、テザリングに慣れてしまいますと、テザリングが使えなくなると絶対に不便になると思いましたので、乗り換え先の格安SIMを検討する際に、テザリングの機能がある事、そして、テザリングが無料で使える事を条件に探し始めた位なのです。

そして、携帯会社を探し、検討し、熟慮した結果、乗り換え先をLINEモバイルに決めたのです!

今、格安SIMに乗り換えようと思っておられる皆さまの中には、格安SIMにはテザリングってあるんだろうか? テザリングがあって使えたとしても、ドコモはまだ無料だけど、ソフトバンクやauはデザリングの有料化に踏み切った位なので、オプションとして料金が発生するんじゃないか? 

などなど、その様な不安や疑問をお持ちの方もおられると思いますが、ご安心下さい! LINEモバイルではテザリングを無料で使う事が出来ますよ!

そこで、この記事では、

  • テザリングとはそもそも何なのか? テザリングには3種類ある!
  • LINEモバイルでテザリングが出来る機種はどれ?
  • LINEモバイルならデザリングでもLINEが使い放題!
  • テザリングの設定の仕方や注意点

など、テザリングの詳細からLINEモバイルでテザリングを使う為の情報など、この記事を読めば、LINEモバイルのテザリングの事が全てご理解頂けます様、ご説明をさせて頂きます。

どうぞ、宜しくお願い致します。

\LINEモバイルの最新キャンペーンはこちらから!/

そもそも、テザリングって何? テザリングのご説明

テザリングのイメージテザリング(インターネット共有)とは、ズバリ、Wi-Fiスポットがなくても、スマホをアクセスポイントとして、ポケットWi-Fi的にパソコンやタブレットなどをインターネットに繋げる機能の事を言います。

カフェなどでは、Wi-Fiが飛んでいる所が多くなっては来ましたが、それでも、Wi-Fiのない所も多く、パソコンを使おうとお店に入ったは、Wi-Fiが飛んでなかったはでガッカリする事もなきにしもあらずです。

ひよっこ君
あるある...、そんな時は本当にガッカリしちゃうよ。

そんな時、スマホがあれば、お店にWi-Fiが飛んでいなくても、いつでもどこでも、テザリングの機能を使ってパソコンをインターネットに繋ぐ事が出来ますので、外回りの営業をなさっておられる方やパソコンでお仕事をなさっておられる方などは、モバイルルーターを持ち歩く必要もなく、とっても重宝するのです。

そうじゃ、テザリングは本当に便利なんじゃ。
スマホ博士

そんな便利なテザリングですが、皆さま、テザリングには3つの方法があるのをご存知でしたか?

テザリングと言えば、お気軽でほぼ全機種が対応している事から、Wi-Fiで繋ぐWi-Fiテザリングが多く使われていますが、他の2つのテザリング、Bluetoothテザリングや、USBテザリングも、使い方によってはWi-Fiテザリングよりもメリットがありますので、ついでに覚えておいて頂ければと思います。

この3種類のテザリングの違いは、スマホがモバイル通信でインターネットに繋がっているという同じ状況の中で、スマホとパソコンなどの外部機器をどの様に繋ぐかの違いです。

スマホとパソコンなどの外部機器をWi-Fiで繋ぐWi-FiテザリングBluetoothで繋ぐBluetoothテザリングUSBケーブルで繋ぐUSBテザリングの3種類の方法ですが、いずれも特徴がありますので、下記に3つのテザリング方法について、簡単にご説明をさせて頂きます。

ひよっこ君
僕はWi-Fiテザリングがテザリングだと思っていたよ。(汗)
それぞれのテザリングでメリットとデメリットがあるから、それは知っておいた方が得じゃぞ。
スマホ博士

Wi-Fiテザリングとは?

メリット デメリット
  • 事前の設定により簡単に接続できる
  • ケーブル不要なのでお手軽
  • 通信速度が速い
  • 1度に複数台の機器と接続する事ができる
  • スマホのバッテリーの消費が激しい
  • セキュリティに注意する必要あり

普通、テザリングと言えば、このWi-Fiテザリングの事を言うと思います。

Wi-Fiテザリングは、その名の通り、スマホをモバイルWi-Fiルーターの様にして、パソコンやタブレットやゲーム機などの外部機器をインターネットに繋げる方法を言います。

このWi-Fiテザリングは、一度、スマホとパソコンなどの外部機器に設定さえしておけば、次からはスマホのテザリングをオンにするだけで、自動でスマホとパソコンを繋ぐことが出来ますので、とても簡単で気軽です。

何よりも無線で繋げますので、煩わしさがありませんし、無線だからこそ、一度に複数の機器と繋ぐことも出来ます。

ひよっこ君
一番、気軽で、一番、ポピュラーなテザリング方法だね。

一方、Wi-Fiテザリングをした事のある方ならご存知だと思いますが、このWi-Fiデザリングはスマホのバッテリーの消費が激しく、すぐに電池がなくなってしまう事がデメリットです。

これは、片方では本来のスマホのモバイル通信をしながら、片方ではテザリングをする為にパソコンなどの外部機器とWi-Fiで通信をしていて、スマホの仕事が倍になっているので、電池の消費も早くなってしまい、これはある意味、当たり前の事なのです。

スマホの電池はもちろん、パソコンのバッテリーの減りも早いのがネックなんじゃ。
スマホ博士

尚、Wi-Fiテザリングは、SSID(ネットワーク名)が周囲の人のデバイスからも見る事が出来る為、推測されにくいパスワードを設定するなど、セキュリティ面にも注意する必要があります。

Bluetoothテザリングとは?

メリット デメリット
  • 一度のペアリングで、以降、簡単に接続できる
  • 待機時にほとんどバッテリーを消費しない
  • 通信速度が遅い
  • 1度に1台しか接続できない

このBluetoothテザリングは、文字通り、スマホとパソコンやタブレットをBluetoothで繋ぎ、パソコンやタブレットをインターネットに繋げるテザリング方法です。

このテザリング方法も、無線ですので手間はかかりませんし、イヤホンで音楽を聴かれておられる方はご存知だと思いますが、Bluetoothは一度、ペアリングをしておけば、次回からはパソコンなどの外部機器側のBluetoothをオンにすれば使えますので、Wi-Fiテザリングと同じ様に、とても使い勝手が良いです。

そして、Wi-Fiテザリングと比べて、圧倒的にバッテリーの持ちが良いです。

Bluetoothは常にオンにしていても、待機時にほとんどバッテリーを消費しません。

一方、デメリットを言わせて頂くとすれば、通信速度が遅い事です。

通常、Bluetoothテザリングは、親機であるスマホの通信速度に関係なく1~2MB程の速度ですので、普通にインターネットを閲覧する分には遅さは感じませんが、Bluetoothは2.4GHz帯の電波を使っており、この2.4GHz帯はBluetoothの他、コードレス電話機やコードレスマウス、電子レンジなどの電波も飛んでおり、それら2.4GHz帯の電波を使っている機器がある所では、通信が混雑してウェブサイトの画像の表示が遅くなる位、極端に通信速度が遅くなる事があります

この通り、通信速度は遅いのですが、それ程、画像が多くないウェブサイトを閲覧する時などは、Bluetoothテザリングでスマホのバッテリーを長持ちさせながら、上手にお使い頂く事が出来ます。

尚、Bluetoothテザリングは無線ですが、1度に1台しか接続できません

ひよっこ君
Bluetoothテザリングなんか知らなかったけど、電池が長持ちするのは有難いね。
最初にペアリングするのが難しいかも知れんが、LINEでトークする位ならBluetoothテザリングでも十分の速度じゃろ。
スマホ博士

USBテザリングとは?

メリット デメリット
  • 通信速度が速い
  • 安定して繋がる
  • 充電しながら接続が出来る
  • USBケーブルが必要で手間
  • 1度に1台しか接続できない

このUSBテザリングもその名の通りでして、スマホとパソコンをUSBコードで繋ぎ、パソコンをインターネットに繋ぐ形のテザリング方法になります。

このテザリング方法は、実際にケーブルで繋ぎますので、ある意味、簡単で、ある意味、少し面倒臭いです。

物理的にケーブルでスマホとパソコンを繋ぎますので、ケーブルを持ち歩く必要がありますし、1度に複数の外部機器に繋ぐことは出来ません

しかし、通信速度はこの3つのテザリング方法の中で最も早く、ほぼ、親機であるスマホのLTE回線と同じ速度で通信が出来ます。

そして、スマホをパソコンで充電しながらテザリングが出来るのも大きなメリットです。(パソコン側は、通常の電力消費に加えてスマホに給電もする分、バッテリーの消費は早いです。)

尚、スマホとパソコンを繋ぐUSBケーブルは、充電専用のものではなく、データ通信も出来るUSBケーブルにする必要があります。

ひよっこ君
この方法も知らなかったけど、3つの中で最も通信速度が速いのは驚きだよ。
早いし確実じゃし、スマホも充電できて、持ち運ぶ手間を我慢すれば、この方法が一番かものう。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

当然、LINEモバイルでもテザリングは使えます!

さて、この様に、非常に便利に使う事が出来るテザリングですが、当然、LINEモバイルでもテザリング機能を利用する事が出来ます

LINEモバイルのテザリング機能に関し、その特徴をご説明させて頂きます。

LINEモバイルは無料でテザリングが使い放題!

auは2018年4月から、ソフトバンクも2018年6月からテザリングの有料化、テザリングのオプション化に踏み切り、テザリングを使いたければ、なんと月500円を払わなければいけなくなってしまいました。

現段階では、ドコモはまだテザリングが無料で使えますが、しかし、いつ有料化されてもおかしくない様な状況です。

そんな中、LINEモバイルでは、申し込み不要で、無料で使い放題でテザリング機能を使う事が出来ます

ひよっこ君
仮に月500円だったら、1年で6,000円も浮いて来るよ。(笑)

LINEモバイルは3つの料金プラン(LINEフリー、コミュニケーションフリー、ミュージック+)がありますが、なんと、たった500円のLINEフリープランのデータSIMのタイプでも、テザリングが無料で使い放題です。

500円のプランでもテザリングが出来るとは、LINEモバイルは素晴らしいの一言じゃ。
スマホ博士

ドコモ回線・ソフトバンク回線の両方でテザリングが使える!

LINEモバイルは、ドコモ回線とソフトバンク回線のマルチキャリアの格安SIMです。

そして、そのドコモ回線とソフトバンク回線の両方の回線でテザリングを使う事が出来ます

テザリングの子機であるパソコンなどの外部機器の通信速度は、基本的に、親機であるスマホの通信速度に準じますので、LINEモバイルでは特にソフトバンク回線がおすすめです。

と言いますのも、LINEモバイルは2018年3月にソフトバンクと資本・業務提携を締結し、2018年7月にソフトバンクの肝いりでソフトバンク回線をスタートさせましたので、ソフトバンク回線は他の格安SIMの追随を許さぬ程の爆速を実現しています。

ですので、親機のスマホでソフトバンク回線を使う事により、特に、Wi-FiテザリングとUSBテザリングについては、子機であるパソコンやタブレット、ゲーム機器もとても速い速度で通信を行えますので、一層、快適にテザリングを利用する事が出来ます。

ひよっこ君
そうだよ、ソフトバンク回線はとっても速いからおすすめだよ。
ドコモ回線も、他の格安SIMと同レベルの速さじゃから、十分な通信速度じゃぞ。
スマホ博士

テザリングでもデータフリーでLINEが使い放題!

ご存知の通り、LINEモバイルと言えばデータフリー、データフリーと言えばLINEモバイルといえる程、データフリーはLINEモバイルの看板になる最大の特徴です。

全プランでLINEがデータフリーで使い放題、コミュニケーションフリーとミュージック+プランでは、LINEの他、TwitterFacebookInstagramがデータフリーで使い放題

そのデータフリーがテザリング時にも適用されますので、パソコンやタブレットの大きな画面で、4つの主要なSNSを思う存分、楽しんで頂き、コミュニケーションを図って頂く事が出来ます。

例えば、甘えたい盛りの年少のお子さまが、単身赴任で遠方に行っているお父さんと、大きなパソコンの画面でLINEのビデオ通話でお顔を見ながらお話をして頂く事が出来ます。

あるいは、目の中に入れても痛くないお孫さんの成長の姿を、遠方のおじいちゃん、おばあちゃんにも、リアルに見て頂く事が出来ます。

あるいは、お仕事で地方の営業所と込み入った打ち合わせや会議をする際にも、相手のお顔の表情を見ながらお話が出来ますので、仕事も一層、はかどる事だと思います。

この様な使い方を、データ通信料を気にする事なく何分でも何時間でもして頂く事が出来ますし、これがまさにLINEモバイルの真骨頂の使い方になります。

ひよっこ君
この機能は、本当に喜んでくれる人がたくさんいると思う。
昔でいうテレビ電話が、パソコンの大きな画面で何時間でも出来るとは、本当に驚きじゃ。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルでテザリングが出来る機種のご紹介

テザリング

さて、この様なテザリングの機能が使えると、インタネットが使える幅も広がって、スマホライフも一層、快適になる事、間違いなしなのですが、しかし、LINEモバイルはテザリングに対応してくれてはいるのですが、実際にLINEモバイルでテザリングが使えるか使えないかは、お使いのスマホの機種によって変わって来ます

ひよっこ君
とっても古いスマホの場合は、テザリングが出来ないもんね。

そこでここでは、LINEモバイルでテザリングが出来る機種、出来ない機種に関して、ご説明をさせて頂きます。

LINEモバイルでテザリングが可能な「iPhone」は?

テザリング可能な機種のご紹介

  ドコモ回線 ソフトバンク回線
ドコモで購入したiPhone
(iPhone6s以降)
(SIMロック解除が必要)
ソフトバンクで購入したiPhone
(iPhone6s以降)
(SIMロック解除が必要)
ワイモバイルで購入したiPhone(iPhone6s、iPhone7、iPhoneSE)
(SIMロック解除が必要)

(SIMロック解除が必要)
SIMフリー版のiPhone(Apple等で購入)
LINEモバイルで購入したiPhoneSE
(SIMロック解除が必要)
auで購入したiPhone
(iPhone6s以降)
(SIMロック解除が必要)

(iPhone6s以降)
(SIMロック解除が必要)

LINEモバイルは、ドコモ回線ソフトバンク回線を提供していますので、ご覧の表の通り、ドコモで購入したiPhone(ドコモ版のiPhone)ソフトバンクで購入したiPhone(ソフトバンク版iPhone)は、各々の回線で使う分には、面倒なSIMロック解除などをする事なく、そのままの状態でテザリングが使えます

しかし、LINEモバイルはソフトバンク回線が通信速度が速いので、ドコモで購入したiPhoneをドコモ回線で使っておられた方も、ソフトバンク回線を使いたいと思われる方も多いと思います。

その様な場合、ソフトバンク回線でスマホを使う為にはSIMロック解除をする必要があり、SIMロック解除をする事により、ソフトバンク回線が使え、それに伴って、ソフトバンク回線でテザリングが使えるようになります。

この理屈はauで購入したiPhone(au版iPhone)ワイモバイルで購入したiPhoneも同様で、そもそも、SIMロック解除が出来るiPhoneは6sからになりますので、auやワイモバイルで購入した6s以降のiPhoneなら、SIMロック解除をする事により、LINEモバイルのドコモ回線、ソフトバンク回線で使う事が出来て、それに伴って、各々の回線でテザリングを利用する事が出来ます

auのSIMロック解除が出来ないiPhone 6以前のiPhoneに関しましては、LINEモバイルでテザリングが出来ない以前に、LINEモバイルで使う事が出来ません。

そして、Appleで購入したり、他の格安SIMで購入したiPhone、つまり、どの回線でも使う事が出来るSIMフリーのスマホも、SIMロック解除など面倒な事なしで、そのままの状態でテザリングを使って頂く事が出来ます。

ひよっこ君
結局、違う回線でテザリングが出来るかは、iPhoneの場合はSIMロック解除が出来るかによるんだね。
そうじゃ。つまり、iPhoneの6s以降なら、SIMロック解除をすればLINEモバイルで使えるし、テザリングも出来るという事じゃ。
スマホ博士

ちなみに、LINEモバイルで購入できるiPhone SEは、「iPhone SE A1723 ソフトバンク版」になります。

当初はソフトバンク回線のみでしか使えませんが、下記の条件を満たせば、SIMロック解除をする事が出来て、ドコモ回線が使え、それに伴い、ドコモ回線でテザリングも出来ます。

ひよっこ君
ソフトバンク回線からドコモ回線に移る人は少ないだろうけど、出来るという例えだよね。

LINEモバイルで購入したiPhoneSEのSIMロック解除の条件

  • 2018年7月以降にLINEモバイルが販売した「iPhone SE」であること
  • SIMロック解除対応者が対象となる端末を購入した本人であること
  • LINEモバイルの利用料金やそれに付帯する料金に滞納がないこと
  • 端末購入日から101日目以降の手続きであること
    ※ただし端末を一括支払いで購入した場合、分割払いでの購入で残債一括支払いを行いLINEモバイルが支払いを確認できている場合は100日以内でもSIMロック解除の手続きが可能です。
  • 解約済み端末の場合、解約後100日以内であること

LINEモバイルでテザリングが可能な「android端末」は?

Huawei

androidの端末は、メーカーも多いですし、端末の種類も多く、また、次から次から新商品が発売される為、ここですべてをご説明させて頂く事は難しいです。

まず、確実にLINEモバイルでテザリングが出来るandroidの端末は、LINEモバイルで購入したandroidの端末と、SIMフリーのandroidの端末です。

LINEモバイルで販売されているandroidの端末は、全てSIMフリーの端末になりますので、SIMフリーの端末は、面倒な事なしにそのままの状態でLINEモバイルでテザリングが出来ます

そして、基本的にテザリングが出来ないandroidの端末は、ドコモをはじめとするキャリアで販売されていた端末です。

例えば、ドコモが販売して来たSamsungのGalaxyは、ほとんどの機種がドコモ回線で使えますが、しかし、テザリングとなると話は別で、ほとんどの機種がテザリングが出来ません

あるいは、ドコモで販売していたAQUOSも、LINEモバイルのドコモ回線でほとんどの機種が使えますが、これまた、テザリングとなりますと、ほとんどの機種が出来ません

しかし、最近は格安SIMでもAQUOSは販売されていることが多く、格安SIMで販売されるAQUOSはSIMフリー端末になりますので、ドコモ回線でもテザリングが出来ますし、ソフトバンク回線でもテザリングが出来るという事になります。

極めつけは、ソニーの「Xperia XZs」という端末ですが、ドコモでも、ソフトバンクでも、auでも販売されていましたが、ドコモで販売されていたドコモ版のXperia XZs(SO-03J)はLINEモバイルのドコモ回線でテザリングが出来ますが、ソフトバンクで販売されていたソフトバンク版のXperia XZsは、SIMロック解除をしてLINEモバイルのソフトバンク回線で使えますが、しかしテザリングは出来ません

そして、auで販売されていたau版のXperia XZs(SOV35)に至っては、テザリング以前のお話で、LINEモバイルで使う事が出来ません

この通り、android端末は非常にややこしいので、一つ一つ、機種ごとにテザリングが出来るかどうかを確認しないと、間違えてしまう可能性が大です。

整理をしますと、

  LINEモバイル(ドコモ回線・ソフトバンク回線)
LINEモバイルで購入したandroid端末
元からSIMフリー端末として販売されているandroid端末
ドコモで販売されていたandroid端末(SIMロック解除した端末も含む) ほとんどの機種が
×
(要・チェック)
ソフトバンクで販売されていたandroid端末 ほとんどの機種が
×
(要・チェック)
auで販売されていたandroid端末 ×

ドコモで販売されていたandroid端末や、ソフトバンクで販売されていたandroid端末は、ほとんどの機種がテザリングが使えませんが、極一部の機種ではテザリング対応の機種もありますので、ぜひ、LINEモバイル公式サイトの「動作確認済み端末検索」にて、正確な所をお調べ頂ければと思います。

「動作確認済み端末検索」で個別でテザリング可否を検索!

参考までに、お持ちの機種がテザリングが出来るか出来ないか、LINEモバイル公式サイトでピンポイントで検索する方法もご説明させて頂きます。

端末をクリックする

まずは、「端末」をクリックします。

メニューをタップする

まずは、「メニュー」をタップします。

動作確認済み端末検索の流れ

そして、「動作確認済み端末」をクリックします。

動作確認済み端末検索

そして、「端末」→「動作確認済み端末」をタップします。

動作確認済み端末検索の流れ

動作確認済み端末検索の流れ③

そして、「キーワードから探す」で、先ほどの、ドコモ版はLINEモバイルで使う事もデザリングも可能ソフトバンク版はSIMロック解除をする事でLINEモバイルで使う事は可能だがテザリングは不可au版はテザリングどころかLINEモバイルで使えないという、とてもややこしいソニーの「Xperia XZs」を検索してみます。

動作確認済み端末検索の流れ④

動作確認済み端末検索の流れ④

すると、結果はご説明の通りになり、上の方の「Xperia XZs」はソフトバンク版ですが、ソフトバンク回線で使えますが、SIMロック解除が必要、しかし、SIMロック解除をしても、テザリングは出来ません

一方、下の方はドコモ版の「Xperia XZs」になりますが、こちらはSIMロック解除などややこしい事なしにドコモ回線で使え、そして、テザリングも出来ます

そして、au版の「Xperia XZs」に関しては、表示がされていませんので、SIMロック解除うんぬんの以前に、LINEモバイルでは使えませんし、テザリングも出来ないという結果になります。

iPhoneに関しては、テザリングが使えるか使えないかは、ある程度、簡単に判断できますが、androidの場合は本当にややこしいので、是非、LINEモバイル公式サイトで確認をして頂く事をおすすめ致します。

LINEモバイル公式サイト

テザリングの設定の仕方

それでは最後に、iPhoneとandroid端末でのテザリングの設定方法をご説明させて頂きます。(代表してWi-Fiテザリング)

iPhoneの場合【バージョン:iOS12 1.4】

iPhoneのWi-Fiテザリング①

まずは、ホーム画面から「設定」をタップします。

iPhoneのWi-Fiテザリング②

次に、「インターネット共有」をタップします。

「インターネット共有」とは、いわゆるデザリングの事で、iPhoneではテザリングの事を「インターネット共有」と呼びます

この時、画面の上の「Wi-Fi」と「Bluetooth」はオフになっている事を覚えておいて下さい

iPhoneのWi-Fiテザリング③

そして、上の部分の「インターネット共有」をオンにします。

iPhoneのWi-Fiテザリング④

「インターネット共有」をオンにしますと、このポップアップが表示されます。

先ほど、「覚えておいて下さい」と申し上げました箇所では、「Wi-Fi」と「Bluetooth」がオフになっていましたが、その状態からWi-Fiテザリングの設定を開始しましたので、Wi-FiテザリングやBluetoothテザリングができる様に、ここで「Wi-FiとBluetoothをオンにする」をタップします。

例えば、テザリングの設定を開始する時に、Wi-FiはオンBluetoothがオフになっている時は、ポップアップが「Bluetoothをオンにする」になりますし、BluetoothがオンWi-Fiがオフの時は「Wi-Fiをオンにする」のポップアップになりますので、いずれにしても、「オンにする」をタップしてください。

iPhoneのWi-Fiテザリング⑤

すると、この通り、「インターネット共有」が自動的にオンになり、これでスマホ側の設定は完了、慣れれば、ものの1分で終わります。

そして、下の2つの赤枠の情報が、次、テザリングで繋ぐ先のパソコンなどの外部機器での設定に必要な情報になります。

まず下の方の「Wi-Fiで接続するには」の箇所ですが、パソコンやタブレットにテザリングで繋ぐ時に、パソコン側でネットワーク名(SSID)が一覧表示されますが、ここに表示されている「○○のiPhone」がテザリング元のスマホのSSIDになりますので、テザリング元のスマホと繋ぐために、パソコン側で「○○のiPhone」を選択して頂きます。

ちなみにiPhoneの場合は、自動的に「(自分の名前)のiPhone」というSSIDになります。(例:山田太郎さんなら「太郎のiPhone」)

そして、真ん中の赤枠の「Wi-Fiのパスワード」に関しては、パソコン側で「○○のiPhone」を選択し、このパスワードを入力する事で、スマホとパソコンがWi-Fiで繋がります。

それでは引き続き、上記のパソコン側の設定を、画像と共にご説明させて頂きます。

パソコン側のテザリングの設定①②

パソコンの右下のネットワークアイコンをクリックしますと、周辺を飛んでいるWi-Fiのネットワーク名(SSID)が一覧になって表示されます。

その中に、先ほどのテザリング元のiPhoneのSSID(ネットワーク名)の「○○のiPhone」が出てきましたので、クリックします。

 

パソコン側のテザリングの設定③

すると、接続をする画面になりますので、「接続」をクリックします。

パソコン側のテザリングの設定④

すると、パスワードの入力画面が出てきますので、先ほどのiPhoneの画面に出ていたパスワードを入力します。

このパスワードの入力については、一度、入力をすれば、次回以降は入力しなくても大丈夫になります。

パスワードを入力後に「次へ」をクリックしますと。

パソコン側のテザリングの設定⑤

この通り、スマホとパソコンがWi-Fiテザリングで繋がりました。

パソコン側の設定も、数分もかかりませんので、とてもお手軽にテザリングが出来ます。

androidの場合【バージョン:Android8.0.0】

androidのWi-Fiテザリング①

早速ですが、トップ画面から「設定」に入り、「無線とネットワーク」をタップします。

androidのWi-Fiテザリング②

次に、「テザリングとポータブルアクセス」をタップします。

androidのWi-Fiテザリング③

そして、「ポータブルWi-Fiアクセスポイント」をタップします。

androidのWi-Fiテザリング④

そして、まずは「Wi-Fiアクセスポイントを設定」から、その通り、テザリングの設定を行います。

このテザリングの設定に関しては、最初に1回だけ設定をすれば、次回からは必要なく、上の「HUAWEI-○○」をオンにする事で接続する事ができます。

androidのWi-Fiテザリング⑤

さて、Wi-Fiのアクセスポイントの設定です。

上のネットワーク名とパスワードは、スマホとパソコンを繋ぐ時に、パソコン側で一覧表示されるテザリング元のスマホのSSID(ネットワーク名)とそのパスワードになります。

ネットワーク名に関しては、iPhoneの場合は「○○のiPhone」と決められていましたが、androidの場合は、任意にお好みのネットワーク名を決める事が出来ます。

ネットワーク名とパスワードを入力して「保存」をタップしますと。

androidのWi-Fiテザリング⑥

前の画面に戻りますので、先ほど、少しご説明をさせて頂きました通り、私のandroidスマホのネットワーク名「HUAWEI-○○」をオンにして、スマホ側の設定が完了です。

重ねて申しますが、「アクセスポイントの設定」に関しましては、1度、設定をしたら、次回からは不要で、以降は、この画面でネットワーク名をタップする事でテザリングがオンになります。

引き続き、パソコン側の設定のご説明をさせて頂きます。

パソコン側のテザリングの設定①

パソコンの右下のネットワークアイコンをクリックすると、一覧で周辺のWi-FiのSSIDの一覧の中に、テザリング元のスマホのネットワーク名が表示されますので、それをクリックします。

パソコン側のテザリングの設定②

そして、「接続」をクリックします。

パソコン側のテザリングの設定③

すると、パスワードを要求されますので、パスワードを入力して「次へ」をクリック。

このパスワードの入力に関しては、パソコンによっても変わって来ますが、基本的に、初回に1回、入力をすれば、次回からはパスワードの入力は不要でテザリングで繋ぐことが出来ます。

パソコン側のテザリングの設定④

そして、無事にスマホとパソコンがWi-Fiテザリングで繋がりました。

これで、パソコンの大きな画面でLINEのビデオ通話でお話をして頂くきますと、LINEモバイルのデータフリーが適用されて、何分でも、何時間でも、大好きな人と顔を見ながらお話をして頂く事が出来ます。

LINEモバイル公式サイト

まとめ、LINEモバイルでテザリングは出来ます!

テザリング

皆さま、いかがでしたでしょうか。

LINEモバイルでテザリングが出来る事、ご理解頂けましたでしょうか。

LINEモバイルは、ただ単にテザリングが出来るだけでなく、LINEモバイルの一番のメリットである、LINETwitterFacebookInstagramをデータ量を気にする事なく使い放題に使えるデータフリーの機能が、テザリングにも適用され、思う存分にコミュニケーションを楽しんで頂く事が出来ます。

LINEモバイルはとっても素晴らしい格安SIMですよ!

是非、LINEモバイルにお申し込み頂き、ご家族やお友達と「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!

ひよっこ君
下のバナーから申し込みができるよ。(笑)
宜しくお願いしますぞよ。(笑)
スマホ博士

-LINEモバイルとは

Copyright© LINEモバイルで Let's Communication! , 2020 All Rights Reserved.