LINEモバイルとは

LINEモバイルお試しのすすめ!失敗しない乗り換え、使い心地をチェック!

LINEモバイルお試しのすすめ

ひよっこ君
LINEモバイルを使ってみたいんだけど、ちょっと不安だよ~。
それじゃあ、乗り換える前に、お試しで使ってみたら良いんじゃ。
スマホ博士

LINEモバイルをご検討中の皆さま、こんにちわ。

さて、大手キャリアをご利用中の皆さまは、月々のスマホ代も高いし、格安SIMLINEモバイルを使ってみたいとお思いの方も多いのではないでしょうか。

私も以前、ドコモを使っていた時は、毎月8,000円位のスマホ代を払っていましたが、LINEモバイルに乗り換えてからは、スマホ代が2,000円になって大満足をしています。

しかし、LINEモバイルを使った事がない皆さまからしますと、キャリアを解約して乗り換えるのはとっても不安ですし、なかなか決心がつきませんよね。

LINEモバイルってちゃんと繋がるの? 通信速度がめっちゃ遅いんじゃないの? サポートとかちゃんとしてるの?

そこでおすすめなのが、まずはお試しでLINEモバイルを使ってみる事です。

この記事では、LINEモバイルをお得にお試しする方法を、私の実体験に基づき、ご説明をさせて頂いております。

まずは1ヶ月から2ヶ月ほど、お試しLINEモバイルを使って頂き、安心納得をした上で乗り換えをして頂ければと思います。

宜しくお願い致します。

\LINEモバイルの最新キャンペーンはこちらから!/

結論! LINEモバイルは月500円でお試しが出来る!

結論から言いますと、LINEモバイル月500円お試しをする事が可能です!

私も以前、LINEモバイルを2ヶ月間、お試しで使い、納得してから、ドコモを解約してLINEモバイルに乗り換えました

ひよっこ君
キャリアを解約して乗り換えて、それで失敗したら、もうキャリアに戻れないもんね。
まずはキャリアを使いながら、安くお試しするのがベストじゃぞ。
スマホ博士

LINEモバイルの「データSIM」は、いつでも無料で解約できる!

LINEモバイルでのお試しは、「データSIM」を利用するのがベストです。

LINEモバイルには、通話と通信ができる「音声通話SIM」と、通信のみができる「データSIM」の2種類のSIMカードタイプがあります。

音声通話SIM」の場合は、最低利用期間契約解除料違約金)の設定があり、1年以内に解約すると1,000円のペナルティを払わなければいけません。

以前は違約金が9,500円だったので、その頃からすると安くはなりましたが、それでも、1ヶ月や2ヶ月のお試しで、解約する時に1,000円を払わなければいけないなんて嫌ですよね。

ひよっこ君
お試しなんだから、できるだけ費用は抑えたいよ。

しかし、データSIMには違約金はありませんので、1ヶ月後でも2ヶ月後でも、いつでも無料で解約する事ができるのです。

データSIMでは通話は試せませんが、それ以外の機能はすべて使って頂く事ができますので、お試しデータSIMで十分です。

LINEの無料通話やビデオ通話は試せるからのう。
スマホ博士

LINEモバイルは500円でお試しができる!

LINEフリープラン

容量 データSIM データSIM
(SMS付き)
音声通話SIM
1GB 月額500円 月額620円 月額1,200円
au回線は仕様の関係で「データSIM」の提供がありません。

データフリー対象サービス

LINE(音声通話+トーク+画像・動画の送受信+タイムライン)

コミュニケーションフリープラン

容量 データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
3GB 月額1,110円 月額1,690円
5GB 月額1,640円 月額2,220円
7GB 月額2,300円 月額2,880円
10GB 月額2,640円 月額3,220円

データフリー対象サービス

LINE(音声通話+トーク+画像・動画の送受信+タイムライン)

Twitter(タイムライン+画像付きツイート+ツイート+ダイレクトメッセージ)

Facebook(タイムライン+画像・動画投稿+コメント+お知らせ表示)

Instagram(タイムライン+画像・動画投稿+アクティビティ+ダイレクトメッセージ)

MUSIC+プラン

容量 データSIM(SMS付き) 音声通話SIM
3GB 月額1,810円 月額2,390円
5GB 月額2,140円 月額2,720円
7GB 月額2,700円 月額3,280円
10GB 月額2,940円 月額3,520円

データフリー対象サービス

LINE(音声通話+トーク+画像・動画の送受信+タイムライン)

Twitter(タイムライン+画像付きツイート+ツイート+ダイレクトメッセージ)

Facebook(タイムライン+画像・動画投稿+コメント+お知らせ表示)

Instagram(タイムライン+画像・動画投稿+アクティビティ+ダイレクトメッセージ)

LINE MUSIC(音声・通話の視聴+歌詞・文章の閲覧+音楽の保存+楽曲の検索)

LINEモバイルには、「LINEフリー」「コミュニケーションフリー」「MUSIC+」の3つの基本プランがあります。

そして、これらの基本プランの違いは何かと言いますと、データフリーで使える対象サービスが異なる点です。

データフリーとは、データ量を消費する事なく、対象サービスを使い放題に使えるサービスになります。

LINEフリープランの場合はLINEのみがデータフリーで使えるのですが、お試しで使う分には、コミュニケーションフリーの様に4つのSNSが使い放題でなくても良いと思います。

ひよっこ君
データ量は消費されるけど、LINEフリーでもTwitterやインスタは普通に試せるからね。

LINEフリープランデータSIMなら、月額たった500円でLINEモバイルが使えますし、解約する時はタダで解約ができますので、2ヶ月間のお試しで1,000円しかかかりません。

2ヶ月で1,000円なら、気軽にお試しができるじゃろ。
スマホ博士

初期費用もとても安く使えて、お得にお試しができる!

皆さまの中には、月額料金は安くお試しができるのは分かったけど、初期費用が高く付くんじゃないのと思われる方もいらっしゃると思います。

確かにおっしゃる通りで、これはどこの格安SIMでもそうですが、LINEモバイルでも2種類の初期費用が発生します。

  • ウェブ登録事務手数料:3,000円
  • SIMカード発行手数料: 400円

たった1ヶ月や2ヶ月のお試しに、初期費用が3,400円もかかってしまうと割に合いませんよね。

しかし、ご安心下さい

私がお試しをした時には、エントリーパッケージを利用して、ウェブ登録事務手数料タダでLINEモバイルに申し込みました。

エントリーパッケージ(表面)

エントリーパッケージの表面(クリックすると別窓で開きます。)

エントリーパッケージ(裏面)

エントリーパッケージの裏面(クリックすると別窓で開きます。)

先ほど、データSIM500円のプランでお試しをするのがベストだとお話をしましたが、少し訂正をさせて頂きまして、私の場合は、月額料金が120円高いSMS付きのデータSIMをお試しに使いました。

ひよっこ君
えっ、500円でお試しできるのに、なんで敢えて620円のプランでお試しをしたの?

これは、LINEモバイルの初期費用をタダにする事ができる「エントリーパッケージ」にその原因があって、エントリーパッケージが使えるのが、音声通話SIMデータSIM(SMS付き)の2つだけなのです。

つまり、月額500円のSMS機能が付いてないデータSIMには、エントリーパッケージは使えんのじゃ。
スマホ博士

エントリーパッケージは、アマゾンで300円から400円で売っていて、エントリーパッケージを購入し、LINEモバイルのお申し込み画面でエントリーコードを入力する事により、ウェブ登録事務手数料3,000円がタダになります。

SIMカード発行手数料の400円は支払う必要がありますので、結果、3,400円の初期費用が800円程で済み、これ位の初期費用なら許容範囲ですよね。

LINEモバイルのお試しでかかる費用

項目 費用
エントリーパッケージ代 300円~400円
ウェブ登録事務手数料 タダ!(0円)
SIMカード発行手数料 400円
2ヶ月間のお試し代 1,240円(620円×2)
合計 約2,000円

大手キャリアからの乗り換え不安がたくさんですし、いきなり乗り換えをして大失敗! なんて事が起こらない様にする為には、2,000円でお試しをして、安心して気持ち良く乗り換えられる方が良いと思います。

LINEモバイル公式サイト

お試しをするスマホは、今お使いのスマホで大丈夫!

LINEモバイルは、ドコモ回線ソフトバンク回線au回線キャリア全ての回線を取り扱っているトリプルキャリアの格安SIMです。

ですので、今、皆さまがどこのキャリアを使っておられても、今お使いのスマホでLINEモバイルのお試しをして頂く事ができます。

ただし、皆さまがどこのキャリアのスマホを使っているかによって、LINEモバイルで適切な回線のSIMカードを申し込んで頂く必要があります。

  • SIMフリーのスマホ → どの回線でも大丈夫
  • ドコモのスマホ → LINEモバイルのドコモ回線
  • ソフトバンクのスマホ → ソフトバンク回線
  • auのスマホ → LINEモバイルのau回線

もし、違う回線を使いたい場合は、SIMロック解除をしてお持ちのスマホをSIMフリースマホにして頂きますと、LINEモバイルのどの回線のSIMカードでも使えます

ひよっこ君
LINEモバイルのSIMカードを挿すと、電話ができなくなっちゃうよね...。
その場合は、以前に使っていたスマホでお試しをすると良いぞ。
スマホ博士

尚、古いスマホなど、お使いのスマホLINEモバイルで利用できないケースもありますので、念の為、LINEモバイル公式サイトにて、使えるスマホかどうか、確認をして頂ければと思います。

LINEモバイルで動作確認をする方法

動作確認済み端末検索

LINEモバイル公式サイトに入って頂き、「端末」→「動作確認済み端末検索」に進んで頂きます。

動作確認済み端末検索

LINEモバイル公式サイトに入って頂き、「メニュー)」をタップします。

動作確認済み端末検索

そして、開いたメニューから「端末」→「動作確認済み端末検索」に進んで頂きます。

動作確認済み端末検索

動作確認済み端末検索

すると、キーワードから探すことができますので、メーカー名端末名を入力して頂く事で、LINEモバイルで使える端末かどうかを確認して頂く事ができます。

ひよっこ君
簡単に確認する事ができるよ。

iPhone8を動作確認

ドコモ版のiPhone8を検索

例えば、ドコモiPhone8で検索しますと、検索結果はこんな感じで出て来ます。

ドコモ版のiPhone8なら、LINEモバイルのドコモ回線ならそのままで使えて、ソフトバンク回線au回線を使う場合は、SIMロック解除をする必要があるという事が分かります。

他にも、SIMカードのサイズや、テザリングができるか否かも知る事ができるぞ。
スマホ博士

通話のチェックはしなくても大丈夫なの?

LINEモバイルデータSIMでのお試しをおすすめしていますが、データSIMでは「音声通話」のお試しをして頂く事はできません。

皆さまの中には、通話のチェックはしなくても大丈夫なのかと思われる方もいらっしゃると思います。

結論を言いますと、通話に関してはお試し頂く必要はありません

LINEモバイルなどの格安SIMは、大手キャリアの回線の一部を借りてサービスを提供していますので、データ通信については、時間帯利用人数により繋がりにくくなる場合があり、お試しして頂いた方が安心できると思います。

しかし、通話に関してはデータ通信とは別回線になり、大手キャリアの電話回線を利用して通話をしますので、大手キャリアと変わりなく使って頂く事ができます。

ひよっこ君
だから、料金の高い音声通話SIMじゃなくても大丈夫だよ。
データSIMで十分にお試しができるぞ。
スマホ博士

LINEモバイル、お試しの申し込みの流れとポイント

それでは、LINEモバイルお試しの流れを、ポイントになる部分だけ、図解でご説明させて頂きます。

ひよっこ君
分かりやすい様に説明しているから安心してね。

申し込む

LINEモバイルを申し込む

LINEモバイル公式サイトに入って頂き、「申し込む」から進んで頂きます。

申し込み画面④

エントリーパッケージで申し込む

そして、すぐ始めの段階で「エントリーコード」を入力する画面が出て来ますので、アマゾンで購入したエントリーパッケージに記載されたコードを入力して下さい。

ちなみに、エントリーコードを入力する欄のすぐ下に「キャンペーンコード」を入力する欄もありますが、データSIMキャンペーンが適用されませんのでスルーなさって下さい。

プラン選択

そして、プラン選択の画面で「LINEフリープラン」を選択し、「1GB」「データSIM(SMS付き)」を選択して頂きます。

プラン選択

そして、プラン選択の画面で「LINEフリープラン」を選択して。

プラン選択

1GB」「データSIM(SMS付き)」を選択して頂きます。

ここでのポイントは2つあって、1つ目は、エントリーコードを入力しますと、「データSIM」の選択肢は出て来ず、「データSIM(SMS付き)」と「音声通話SIM」の2つしか表示されません。

ひよっこ君
「データSIM」が表示されてたら、エントリーコードがきちんと入力されてない可能性があるよ。

2つ目は、やはり、エントリーコードがきちんと入力されておらず、適用されていない場合は、一番下の初回支払料金の所に「ウェブ登録事務手数料-3,000円」が表示されます。

「SIMカード発行手数料」の400円だけじゃったら、きちんと適用されている証拠じゃぞ。
スマホ博士

あとは、流れに沿ってお申し込みを進めて頂きましたら、無事、ウェブ登録事務手数料タダで、620円の「データSIM(SMS付き)」のお申し込みが完了します。

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイル、お試しのチェックポイントはここだ!

そして、お試しをして頂くポイントも、重要なものをピックアップしてみました。

  • 日中のネットの繋がり具合
  • お昼休みアフター5の時間帯のネットの繋がり具合
  • 日頃、使っているアプリの動作確認
  • LINEモバイルのサポート

それぞれ、簡単にご説明させて頂きます。

ネットの繋がり具合のチェック!

言われるまでもなくチェックなさるのが、ネットの繋がり具合だと思います。

格安SIM全般に言える事ですが、LINEモバイルは、普段はキャリアと同じ様にサクサクと使って頂く事ができます。

しかし、多くの人が一斉にスマホを使う、お昼休みの時間帯や、お仕事終わりの時間帯は、正直、かなり繋がりにくくなる事もあります。

ひよっこ君
格安SIMはどこでも、この時間帯は繋がりにくくなるからね。
いつでも繋がらなきゃダメな人は、格安SIMは無理じゃぞ。
スマホ博士

尚、LINEモバイルソフトバンクの子会社ですので、LINEモバイルの3つの回線の中では、通信速度の速いソフトバンク回線がおすすめです。

日頃、使っているアプリの動作確認!

LINEフリープランは、データ量を消費せずにデータフリーで使えるのはLINEだけですが、データ量は他社と同じ様に消費しますが、当然、TwitterFacebookInstagramも使う事ができますので、普通に使えるかチェックなさって下さい。

また、音楽アプリやその他のアプリもそうですし、LINEの無料通話ビデオ通話を始めとする色々なインターネット電話も、是非、試してみて下さい。

LINEモバイルのサポートをチェック!

LINEモバイルには、電話、メール、チャットでのサポート、問い合わせ方法がありますが、とても便利なのが、LINEを使った「いつでもヘルプ」というサポートです。

24時間365日対応でAI人工知能)もサポートしてくれますが、是非、お試し頂きたいのが、午前10時から午後7時まで受付されるオペレーターさんの対応です。

私も頻繁に「いつでもヘルプ」でオペレーターさんに質問をしていますが、待たされる事もほとんどありませんし、とても丁寧に的確に回答して頂けます。

いつでもヘルプ

ひよっこ君
どれ位、待たされるかも要・チェックだよ。
オペレーターさんの対応もしっかりチェックして下されよ。
スマホ博士

納得! LINEモバイルに乗り換える手順と流れ

LINEモバイルをお試し頂き、納得したので乗り換えようとご決心されましたら、順序を間違わず、乗り換えを進めて頂ければと思います。

① まず、「追加申込」でメインスマホの申し込みをする

   ↓

② 後に、 お試しのデータSIM(SMS付き)を解約する

ひよっこ君
先に解約しちゃダメだよ!

ここでのポイントは、お試しのデータSIMを解約する前に、LINEモバイルの「追加申込」でメインスマホの乗り換えの申し込みをするという事です。

追加申込」で申し込みをする事で、申し込むSIMカードの種類によって、3,000円のウェブ登録事務手数料が最大、タダになるのです。

解約してしまっては、「追加申込」ができなくなってしまうのです。

  • 音声通話SIMの申し込み → タダ
  • データSIM(SMS付き)→ 500円
  • データSIMの申し込み → 1,000円
お試しの時はエントリーパッケージの出費があったが、「追加申込」なら出費なしでタダになるんじゃ。
スマホ博士

LINEモバイルの「追加申込」の流れ

ひよっこ君
それじゃあ、「追加申込」のやり方をご説明するよ。

マイページに入る

LINEモバイル公式サイトから「マイページ」に入って頂きます。

マイページに入る

LINEモバイル公式サイトから「メニュー」に入って頂きます。

マイページに入る

そして、開いたメニューの中から「マイページ」に入って頂きます。

マイページの追加申込

追加申込

メニューの中から「追加申込」に進んで頂きます。

追加申込のページ

追加申込

そして「申し込む」に進んで頂きますと、次の画面は、LINEモバイルの申し込み画面になり、プラン選択から始めて頂く事になります。

「追加申込」もとっても簡単じゃぞ。
スマホ博士

LINEモバイルの「データSIM」を解約する流れ

ひよっこ君
続いて、LINEモバイルの解約の仕方を説明するよ。

マイページのMNP転出・解約

解約手続き

マイページで「MNP転出・解約」に進んで頂きます。

LINEモバイルを解約

LINEモバイルを解約

そして、「MNP転出」の下に「解約」がありますので、説明をお読み頂き「解約手続きをする」に進んで頂きますと、この後、アンケートなどがあり、解約して頂く事ができます。

解約手続きも、あっという間に解約じゃ。
スマホ博士

「追加申込」と「解約」をするタイミングの注意点

それでは最後になりますが、この「追加申込」と「解約」をするタイミングを時系列でご説明させて頂き、この記事を終わらせて頂こうと思います。

まず、最も注意をして頂く事は、先ほども少しご説明をしましたが、絶対に先に解約をしてはいけません

先に解約手続きをしてしまいますと、「追加申込」ができなくなってしまいますのでご注意下さい。

追加申込」をして頂きました後に、解約手続きをして頂く流れになります。

ひよっこ君
できれば、本人審査が完了して、契約が成立した後の方が確実だよ。
つまり、LINEモバイルから「契約成立のお知らせ」メールが届いたら、解約しても大丈夫じゃ。
スマホ博士

お試しのデータSIM解約は、月中に解約しても月末付の解約になります。

そして、「追加申込」で申し込んだ分の「利用開始手続き」を月末日にする事で、キャリアが月末日に解約になると同時に、翌日の1日がメインスマホの「利用開始日」になりますので、一切、2重でスマホ代を払う事なく、乗り換えが完了します。

① 「追加申込」でメインスマホを申し込む

   ↓

②「お申し込み受付完了のご連絡」メールが来る

   ↓

③「契約成立のお知らせ」メールが来る

   ↓

④お試し分の「解約」手続きをする
 月中の解約でも月末付で解約

   ↓

月末日にメインスマホの「利用開始手続き
 キャリアが月末付で解約

   ↓

⑥ 翌月1日がメインスマホの「利用開始日

ひよっこ君
これで、お試し分もキャリアも月末までの料金で終わりだよ。
メインスマホ分も1日から料金が発生するから、一切、余分の支払いはなしじゃ。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルお試しのすすめ!失敗しない乗り換え、まとめ!

LINEモバイルお試しのすすめ

皆さま、お疲れ様でした

LINEモバイルのお試しの方法をご説明させて頂きましたが、ご理解頂けましたでしょうか。

LINEモバイルはスマホ代が安いので、乗り換えたいと多くの方が思っていらっしゃると思いますが、やはり、いきなり乗り換えるのは不安がいっぱいですよね。

ひよっこ君
いきなり乗り換えて失敗したら最悪だもんね。

そんな中、LINEモバイルをお試し感覚で利用できるのは、とっても安心して頂けると思います。

実際、私も、初期費用3,400円から773円に抑え(私はエントリーパッケージを373円で買いました。)、2ヶ月間月620円でお試しをし、納得してメインスマホをドコモからLINEモバイルに乗り換えました。

これ位のコストなら、最悪、LINEモバイルが気に入らんでも諦められるしのう。
スマホ博士

是非、この記事をご参考にして頂き、納得した上でLINEモバイルに乗り換えて頂けばと思います。

そして、安く快適にLINEモバイルを使って頂き、ご家族やお友だち、大切な人と素晴らしいコミュニケーションを図って頂ければと思います。

最後までお読み下さいまして、有難うございました。

宜しくお願い致します。

LINEモバイルはとっても素晴らしい格安SIMですよ!

是非、LINEモバイルにお申し込み頂き、ご家族やお友達と「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!

ひよっこ君
下のバナーから申し込みができるよ。(笑)
宜しくお願いしますぞよ。(笑)
スマホ博士

-LINEモバイルとは

Copyright© LINEモバイルで Let's Communication! , 2020 All Rights Reserved.