LINEモバイルとは

LINEモバイルって未成年は契約できる?18歳以上、18歳未満の契約方法を徹底解説!

LINEモバイルの未成年の契約

未成年の皆さま、そして、未成年のお子さまをお持ちのお父さま、お母さま、こんにちわ。

さて、最近は中学生になったらスマホを持つのが当たり前小学生のお子さまでも、かなりスマホを持っている子を見かける様になってきましたね。

ひよっこ君
そうだよ、僕だってスマホを持ってるんだから。

LINEモバイルはたった500円からスマホが持てますし、たった500円のプランでもLINEがデータフリーで使い放題になりますので、お子さまのスマホには打ってつけですよ!

是非、LINEモバイルをご検討頂ければと思いますが、そんな中、さすがに、小学生や中学生の皆さまでは、まだまだ子供ですので自分で契約してスマホを持つという発想は起こらないと思いますが、高校生にもなりますと、自分でバイトをしている子も多いですし、高学年になれば外見も大人ですし、お子さまとしては、親の手を借りずに自分で契約できないのかなって思いますよね。

そうじゃのう。大人に近づけば何でも自分でしたがる様になるしのう。
スマホ博士

しかし、親御さまからしますと、子供はいつまでたっても子供ですし、身体は大人に近づいても考え方は子供だと、自分名義でスマホを契約して持たせるのは不安に思ってしまいますよね。

そこでこの記事では、中学生は自分で契約してスマホが持てるのか、運転免許証が取得できない18歳未満の高校生はどうなのか、大学生や社会人になったら未成年でも契約が出来るのか、等々、未成年でもLINEモバイルでスマホが持てるのか自分の名義で契約が出来るのかをご説明させて頂こうと思います。

お子さまにも、親御さまにも、LINEモバイルは安心して契約する事が出来る格安SIMである事をご理解を頂ければと思いますし、合わせて、LINEモバイルがお子さまのスマホにぴったりな理由もご説明させて頂き、お子さまにスマホを持たせる親御さまに安心して頂ければと考えています。

どうぞ、よろしくお願い致します。

\LINEモバイルの最新キャンペーンはこちらから!/

ズバリ!LINEモバイルは未成年者でもスマホが持てる!

結論から言いますと、LINEモバイルでは未成年者の方でもスマホを持つ事が可能です。

ひよっこ君
LINEモバイルでは未成年の人もスマホが使えるよ。

LINEはコミュニケーションアプリとして、今や日本国民8,000万人以上の人が使っていて、スマホを持っている人はほとんどLINEアプリが入っていて、多くの方のコミュニケーションのお役に立っています。

LINEは、社会人の方、主婦の方、現役を引退した世代の方は当然、小学生中学生高校生大学生に至るまで幅広い年齢層の方に使われていますが、特に未成年の方にはLINEは人気がありますし、ご家族やお友だちとの連絡方法としてLINEを使っている方も多いです。

だからこそ、特に未成年者の皆さまには安全にLINEモバイルを使って頂かなければいけませんし、未成年の方には、年齢によって適切な契約方法でスマホを使って頂く様、LINEモバイルでは考えられています。

具体的には、18歳以上と18歳未満でLINEモバイルを契約する方法は違うんじゃ。
スマホ博士

未成年の方がLINEモバイルを契約する条件のまとめ

LINEモバイルの未成年者の契約

年齢 契約 その他
18歳以上の未成年者 自己名義での契約可 親権者の同意が必要
18歳未満の未成年者 自己名義での契約不可 利用者として登録

ご覧の通り、LINEモバイルでは、18歳以上の方と18歳未満の方でLINEモバイルの契約の仕方が分かれます。

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルでは18歳以上の人は自分名義で契約できる!

まず、未成年者の中でも18歳以上の方のLINEモバイルの使い方からご説明をします。

ズバリLINEモバイルでは、18歳以上の未成年者は成人の方と同じ様に自分名義で契約をする事ができます

これは、高校生にも当てはまりまして、例えばクレジットカードの申し込みであれば、同じく18歳以上で申し込みができるのですが、高校生は不可になります。

しかし、LINEモバイルの場合は、高校生でも18歳の誕生日を迎えたその日から、自分で申し込む事が出来ます。

ひよっこ君
車の運転免許を取る時と同じ考え方だね。
楽天モバイルじゃと、未成年は自分名義で契約できんからのう。
スマホ博士

18歳以上の未成年者は、親権者の同意が必要

しかし、LINEモバイルでは、18歳以上であれば未成年者でも自分名義で契約をする事ができますが、親権者の同意が必要になります。

18歳や19歳にもなりますと、2016年6月からは選挙権も18歳からに引き下げられましたし、もうほぼ大人ではありますが、現状、未成年者は、原則としてお父さんやお母さんなど親権者の親権に服しますので、親権者の同意は必要になります。

ひよっこ君
参考までに、2022年の4月からは18歳以上が成人になるんだよ。

クレジットカードの申し込みの場合も、18歳以上で申し込みが出来て、同じく未成年者は親権者の同意が必要になりますが、LINEモバイルの契約の場合はクレジットカードほどには厳しくありませんのでご安心下さい。

親権者の同意

親権者の同意

クレジットカードの申し込みの場合は、クレジット会社から確認の電話が親に入る事もありますが、LINEモバイルの場合は、親の承諾を取って申し込み画面で本人がここにチェックを入れる事で、親の同意とみなされます。

ですので、極端な話、親の承諾を得ずに勝手にチェックを入れる事も出来ますが、スマホを持つ事に関しては、特に親権者の方も反対はなさらないと思いますので、一応、承諾を取って頂いた上でお申し込みをなさってください。

そうじゃぞ。親に一言、「スマホを契約するからね」って言うだけでも良いんじゃ。
スマホ博士

参考までに、民法では、未成年でも結婚をしていたら成年とみなされますが、LINEモバイルでは結婚していても親権者の同意が必要になります。

また「民法の一部を改正する法律」によって、2022年4月1日以降は満18歳で成年になりますので、今後、LINEモバイルのお申し込み、契約に関して、変更になる事もありますのでご了承下さい。

18歳以上の未成年者の申し込みに必要なもの

申し込みのstep2-1

準備物

上の画像は、実際のLINEモバイル公式サイトでの申し込み画面で、まず最初に出て来る画面のスクリーンショットになりますが、18歳以上の未成年者の方のお申し込みに当たっての準備物はこの4つになりまして、これらは成年の方のお申し込み時の準備物と全く同じです。

ひよっこ君
LINEモバイルの申し込みには4つが必要だよ。

LINEモバイル申し込み時の準備物

  • 本人確認書類
  • クレジットカード
  • メールアドレス
  • MNP予約番号

本人確認書類に関しましては、運転免許証健康保険証+住民票など、13種類の身分証明書と2種類の補助書類から選んで頂きます。

関連記事

また、MNP予約番号に関しましては、電話機能の付いていない「データSIM」や「データSIM(SMS付き)」をお申し込みの場合、初めて電話番号付きでお申し込みをなさる場合は必要ありません。

ココに注意

MNPとは、モバイルナンバーポータビリティの略で、携帯電話番号をそのままで他社に乗り換える手続きの事を言い、MNP予約番号とは、MNPをスムーズに行う為の予約番号になります。

MNP予約番号は同じ電話番号を旧の携帯会社から乗り換え先の携帯会社に移す時に必要な番号ですので、初めて電話番号を申し込まれる方、電話番号付きではないデータSIMの方には必要ありません。

じゃから、実際は、本人確認書類、クレジットカード、メールアドレスの3つを準備する事になるのう。
スマホ博士

LINEモバイルのお申し込みの流れや詳細に関しては、下の関連記事をご覧頂ければと思いますが、ここでご説明をさせて頂くべき事は、上の準備すべきものの中の「クレジットカード」と記載のあるLINEモバイルのお支払い方法に関してです。

以下でご説明をさせて頂きます。

関連記事

LINEモバイル公式サイト

18歳以上の未成年者のLINEモバイル支払い方法の注意点

支払い方法を選択する

スマホの申込画面(支払方法)

LINEモバイルのお支払い方法3種類ありまして、下記の通りです。

  • クレジットカード
  • LINE Pay カード
  • LINE Pay

2つ目のLINE Payについては、LINE Payに登録したクレジットカードでのお支払いになりますので、ここでは省略をさせて頂きまして、「クレジットカード」と「LINE Pay カード」に関してご説明をさせて頂きます。

ひよっこ君
「LINE Pay」と「LINE Pay カード」の違いは下にリンクを貼ってるから別記事を見てね。
ここでは、18歳以上の未成年者の支払い方法を決めるに当たってのポイントを説明させて頂くぞ。
スマホ博士

支払方法の大原則としましては、クレジットカードにせよ、LINE Pay カードにせよ、LINEモバイルを申し込んだ名義支払い方法の名義とが同じである必要があります。

LINEモバイルを契約する名義18歳以上の未成年者の本人にして、支払われるクレジットカード等の名義の場合(親のクレジットカードを入力)、名義が違う事により、一発で審査落ちになりますので、まずはこの点をご注意頂きながら、下記をお読みくださいませ。

18歳以上の未成年者のクレジットカードの取得について

まず、LINEモバイルのお支払い方法の一つ、「クレジットカード」に関してですが、先ほども少しご説明をさせて頂きましたが、クレジットカードの取得は18歳以上(高校生を除く)なら可能ですが、未成年者の場合は親権者の同意が必要になります。

LINEモバイルのお申し込みに関しても親権者の同意が必要でしたが、実際、親御さまの立場からしますと、LINEモバイルの申し込みについては問題なく同意をしても、クレジットカードの申し込みについては難色を示される事が多いと思います。

ひよっこ君
クレジットカードは限度額までたくさんお金を使えてしまうからね。

その通りでして、これは、決して息子さんや娘さんにクレジットカードを持たすまいと嫌がらせをする訳ではなく、我が子の事を心配して、クレジットカードを持たせない親御さまは多いです。

クレジットカードはお金がなくても限度額までお買い物ができる一種の借金になりますから、親御さまからしますと「自分のできる範囲内で払いなさい」という事になり、「現金や銀行引き落としでスマホ代を払いなさい」となるケースが多いのです。

確かに、ワシも親じゃからその気持ちは分かるのう。
スマホ博士

クレジットカードの申し込みは、ウェブサイトや申込用紙に勝手に親の同意を記載しても、実際に親権者である親に確認の電話が入る事がありますし、勝手がばれるとクレジットカードが作れなくなる可能性もありますので、クレジットカードを申し込む場合は、くれぐれもしっかりと親の同意を取って申し込むようになさって頂かなければいけません。

尚、申し込んだ人の名前の記載のあるクレジットカードであれば、LINEモバイルのお支払いに使う事は可能ですので、自分の名前が記載されたクレジットカードの「家族カード」をお持ちでいらっしゃいましたら、それは利用する事が可能です。

クレジットカードが難しければ、LINE Pay カードでお支払いを

LINE Pay カードもし、クレジットカードを作る事を親御さまから許して頂けない場合でも、大丈夫です、安心なさって下さい。

ひよっこ君
大丈夫だよ。「LINE Pay カード」っていう方法があるよ。

LINEモバイルでは、銀行引き落としの様に支払う事ができる「LINE Pay カード」でのお支払い方法があります。

詳細は下記の関連記事をご覧頂ければと思いますが、簡単に言いますと、LINE Pay カードと言いますのは、「LINE Pay」というLINE版の電子マネー の支払い方法の一つになりまして、Suica(スイカ)や楽天Edyの様に、先に現金をLINE Payにチャージしておき、その範囲内でお買い物をするプリペード型(前払い型)の電子マネーになります。

LINE Pay カードはJCBのプリペード型クレジットカードといわれるもので、クレジットカードとは似て非なるもので使いすぎる危険がありませんので、未成年の方でも申し込みができます

これなら親御さんも許してくれると思いますし、その前に親御さんの了承を得る必要もありません。

ワシも、18歳以上の未成年者の人にはLINE Pay カードをおすすめするぞ。
スマホ博士

関連記事

注:デビットカードを利用する事はできません

参考までに、これは18歳以上の未成年者に関わらず、成人の方に関してもそうですが、LINEモバイルのお支払いにデビットカードは利用できません

デビットカード銀行口座に入っている金額の範囲内で支払うため、基本的には16歳以上で作る事が可能なカードになりますが、残念ながら、LINEモバイルのお支払いにデビットカードは使えません

LINEモバイルのお支払いにクレジットカードを選択し、デビットカードの番号を入力しても無理ですし、LINE Payにはデビットカードを登録する事は可能ですが、LINEモバイルのお支払いにはクレジットカードが登録されたLINE Payなら支払いが出来ますが、デビットカードが登録されたLINE Payでは支払いができませんので、ご注意を頂ければと思います。

ひよっこ君
デビットカードは絶対に使えないって感じだよ。

18歳以上の未成年者のLINEモバイルの契約、まとめ

18歳以上の未成年者の契約

  • 18歳以上なら高校生でも自分名義で契約できる
  • 親権者の同意が必要
  • 支払い方法はLINE Pay カードがおススメ

LINEモバイルを申し込むに当たっては、ここまでの事をお父さんやお母さんにちゃんと説明をして頂きましたら、絶対に納得して許して頂けると思いますよ。

頑張って、お父さん、お母さんにお話をしてみて下されよ。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

18歳未満の未成年者は自分で契約はできないけど大丈夫!

一方、小学生中学生、そして、18歳になっていない高校生など、18歳未満の未成年者ついては、ご自身が契約者となってLINEモバイルを使う事はできません

しかし、18歳未満の皆さまでもLINEモバイルを使う事は可能ですからご安心下さい。

結論を言いますと、18歳未満の人は18歳以上の人に契約者になってもらい、本人は利用者としてLINEモバイルに登録し、スマホを使う方法です。

ひよっこ君
18歳未満の人でもLINEモバイルは使えるよ。安心してね。
親御さんも、LINEモバイルは子供さんにも安心じゃ。後ほど、説明するぞ。
スマホ博士

18歳未満の未成年者は保護者名義で契約する

18歳未満の未成年者がLINEモバイルを使う場合は、18歳以上の人に契約者になってもらう必要があります。

ひよっこ君
お父さんかお母さんに申し込んでもらうのが一番だよ。

今は小学生のお子さまでもスマホを持つ時代ですし、中学生にもなると、クラスでもスマホを持っていない子の方が珍しく、浮いてしまう存在になってしまう事もあるでしょうから、お父さんやお母さんにスマホを持ちたいとお願いする場合は、しっかりとお願いしましょうね。

また、親御さまの方も、LINEモバイルならお子さまに持たせても安心です。

後ほど、ご説明をさせて頂きますが、LINEモバイルには契約者と利用者とで出来る事を明確に分けていますし、お子さまの勉強の妨げにならない様に、スマホを使える時間を管理したり、危険で怪しいサイトをお子さまに見せない様にブロックするフィルタリングサービスも無料で利用する事ができます。

LINEモバイルは子供スマホにピッタリなんじゃぞ。
スマホ博士

是非、親御さまには、LINEモバイル公式サイトにて、詳しくLINEモバイルの事をご確認頂ければと思います。

18歳未満の未成年者の申し込み時の注意点

18歳未満の未成年者がLINEモバイルを使う場合は、お父さんやお母さんにLINEモバイルの申し込みをして頂く必要があります。

その際の注意点は下記の通りです。

申し込み時に「利用者」をお子さまに設定

申込画面の利用者の設定

スマホの申込画面で利用者の設定

画面が切れていますが、この下に「利用者名(カタカナ)」「性別」「生年月日」を記載する項目があります。

上の画像は、LINEモバイル公式サイトからのお申し込み画面のスクリーンショットになりますが、親御さまが契約者としてお申し込みをなさる時に、「お客様情報入力」の画面にて親御さまの情報を記入頂きますが、そのページの下の方に、図の通りの「利用者の設定について」という項目があります。

もし、ご契約者自らがスマホを使う場合は、「利用者と契約者が同じです。」にチェックを入れて頂く事になりますが、この度はお子さまが使うスマホになりますので、「利用者と契約者が違います。」にチェックを入れて頂き、お子さまのお名前、性別、生年月日を登録して頂く事になります。

ひよっこ君
ここで子供さんを利用者として登録するんだよ。

支払いは親御さまの口座からになります

支払い方法を選択する

スマホの申込画面(支払方法)

LINEモバイルのお支払いにつきましては、先ほど、18歳以上の未成年者の所でもご説明をさせて頂きましたが、支払い方法については下記の3種類になります。

  • クレジットカード
  • LINE Pay カード
  • LINE Pay

そして、注意を頂くべきことは、上記の支払い方法の名義人は契約者であるお父さま、お母さまの名義である必要がある事です。

つまりは、親のクレジットカードなどから支払いがされるって事じゃな。
スマホ博士

親に払って貰えるなら、お子さまにとっては嬉しい事ですし、小学生の小さなお子様の場合は、お子さまの安全のために親御さまが持たせるケースもありますから、親御さまが支払うのが当然ですが、高校生にもなりますと、お金の大事さを覚えさせる為にも、親御さまとしてはお子さまに支払わせたいと思われると思います。

しかし、この点に関しましては、お子さまの口座などからLINEモバイルのお支払いが出来る様にはどうしても出来ませんので、お子さまから親御さまへのスマホ代の支払いについては、よくよくご相談を頂ければと思います。

関連記事

親御さまは契約者として、お子さまは利用者として登録

18歳未満の未成年者がLINEモバイルを使う場合は、親御さまに契約者になって頂き、申し込み画面で利用者をお子さまに設定して頂く必要がある事はご説明させて頂きましたが、その点を少し掘り下げてご説明させて頂こうと思います。

他社格安SIMでは、お子さまにスマホを使わせる場合、親が契約したスマホをただ単にお子さまに使わせざるを得ない所もある様です。

ひよっこ君
それはあまりにも無責任だよね...。

しかし、お子さまにそのままスマホを使わせるとなりますと、親御さまの管理からは外れてしまいますので、動画を見たりオンラインゲームをしたりとデータ量を使い過ぎてしまったり、課金され放題になってしまったりする可能性があり危険です。

しかし、LINEモバイルでは、利用者として登録するお子さまの出来る事が制限されますので、勝手にデータ量の追加購入などが出来ない様になりますし、契約者として登録する親御さまにとりましても、利用者であるお子さまのスマホの利用状況を把握する事ができますので、安心して頂けます。

親にとっても、子供にLINEモバイルを使わせるのは安心なんじゃ。
スマホ博士

「契約者連携」「利用者連携」で出来る事

LINEモバイルをお申し込み頂き、契約が成立し、SIMカードがお手元に届き、利用開始手続きをしてスマホが使える状態になりましたら、まず一番にして頂く事は「契約者連携」「利用者連携」をして頂く事です。

「契約者連携」「利用者連携」と言われますと、何それって思われるかも知れませんが、要は、先ほどご説明をさせて頂きました、親御さまには契約者としてLINEモバイルに登録して頂く事が「契約者連携」で、お子さまに「利用者」として登録して頂く事が「利用者連携」です。

ひよっこ君
言葉は「連携」とかってややこしいけど、内容は簡単だよ。

これにより、利用者であるお子さまに、スマホを使う事以外のその他の手続きをする事を制限する事ができます。

「利用者連携」をしたお子さまの出来る事

  • データ残量の確認
  • データプレゼント
  • いつでもヘルプ

お子さまが出来る事は上の3つの機能になります。

スマホを使う上で、「どれ位、データ量が残っているんだろう」とデータ量を確認する事はデータ量を調整しながら使う事に繋がりますし、データ量が不足した場合は、同じLINEモバイルのユーザーさんからデータ量を貰ったり、逆にあげたりという場面も出て来ます。

また、LINEモバイルを使う上で分からない事があれば、「いつでもヘルプ」でLINEのトークでオペレーターさんに質問する事もでき、これらの機能はスマホを使う上で便利に使う必要な機能です。

これ以外のプランの変更データ量の追加購入などといった機能は、利用者連携をしたお子さまでは使う事ができません。

子供に勝手に使われては困る機能は、使えんようにしてるんじゃ。
スマホ博士

一方、契約者連携をした親御さまは、LINEのLINEモバイル公式アカウントのトーク画面からワンタップでマイページに入れますので、マイページでそのスマホの利用状況プランの変更等全ての機能を使う事ができます。(お子さまはマイページには入れません。)

ですので、契約者である親御さまの手のひらの中で利用者であるお子さまがスマホを使う事になりますので、18歳未満の未成年のお子さまにスマホを持たせても、親御さまは安心して頂く事ができます。

関連記事

LINEモバイル公式サイト

フィルタリングアプリでもお子さまを守れる

i-フィルター中学生の高学年高校生にもなりますと、18歳未満とは言え、もう大人に近づき、十分に自分の考えも持ち自立しつつありますので、親が必要以上に管理をすると嫌がると思います。

しかし、小学生のお子さまにスマホを持たせるとなりますと、やはりまだまだ子供ですので、親がしっかりと守ってあげる必要があります。

ひよっこ君
SNSとかで悪い人と繋がってしまう事も考えられるからね。

直前にもご説明をさせて頂きましたが、LINEモバイルでは「契約者連携」「利用者連携」によって、親御さまはお子さまのスマホの利用状況を把握する事ができますし、お子さまが出来る事も限られますので、安心してお子さまにスマホを使わせる事ができます。

しかし、実際にお子さまがスマホを使う事に関しましては、「契約者連携」や「利用者連携」ではお子さまを守る事はできません

そこで、LINEモバイルには18歳未満のお子さまにスマホに持たせるに当たってのとっておきのメリットがありまして、それがフィルタリングアプリです。

LINEモバイルでは、意図しないネットの危険にさらされるのを防ぐ為、18歳未満のお子さまにはフィルタリングアプリの利用を義務付けています。(但し、お子さまが高校生になるなど、親からの監視を嫌がる場合は、親の同意によりフィルタリングアプリを利用しない事も可能です。)

お子さまスマホにはフィルタリングアプリは欠かせんもんなんじゃ。
スマホ博士

ここでは簡単に、そのフィルタリングアプリでどのような事が出来るのか、どのようにお子さまをインターネットの危険から守る事ができるのかをご紹介させて頂きます。

ユーザー満足度№1の「i-フィルター」

LINEモバイルが採用しているフィルタリングアプリは、デジタルアーツ社の「i-フィルター」になります。

この「i-フィルター」はフィルタリングアプリの中ではとても優れたものになりまして、家庭用のフィルタリングソフトではシェアー№1を獲得、フィルタリングソフトを取り入れているご家庭の90%以上ものご家庭が、この「i-フィルター」を使っているのです。

ひよっこ君
デジタルアーツの「i-フィルター」はすごいんだよ。

「i-フィルター」はこんなに優れもの

  • (公社)日本PTA全国協議会が推薦している製品
  • 全国31,000校以上に導入
  • 大手パソコンメーカーなど12社に標準搭載
  • 全国160社以上のプロバイダーに公式採用
  • 家庭用ゲーム機・TVに公式採用

ご覧の通り、PTAの全国協議会が勧めている程のアプリですし、パソコンメーカーも、NECに富士通、東芝(シャープ)やパナソニックなど、一流企業ばかりがこのデジアーツ社の「i-フィルター」を採用しているのです。

LINEモバイルでは「i-フィルター」が無料で使える

これだけの優れたフィルタリングアプリになりますので、他社格安SIMでもこの「i-フィルター」を採用している所が多いのですが、「i-フィルター」は高機能なので、実は他社格安SIMではこの「i-フィルター」が有料のオプションになっているのです。

他社の「i-フィルター」の料金

マイネオ(mineo) 月額350円
BIGLOBEモバイル 月額200円
nuroモバイル 月額330円~
楽天モバイル 月額300円
U-mobile 月額350円
IIJmio 月額360円
UQ mobile オプション選択なし(あんしんフィルター:月額無料)
Y!mobile オプション選択なし(あんしんフィルター:月額無料)
LINEモバイル 月額無料

LINEは何と言っても皆さまに楽しくコミュニケーションを図って頂くコミュニケーションアプリで、そのLINEが手がけているLINEモバイルですので、お子さまがネットで被害に遭う事なく、元気にコミュニケーションを図って頂きたいという思いから、「i-フィルター」を無料で提供してくれています。

LINEモバイルのユーザーに対しての考え方が分かるのう。
スマホ博士

「i-フィルター」でこんな事ができる!

例えば、親御さまがまだ小さいお子さまにスマホを持たせるに当たってまず心配なのは、怪しい危険なサイトを見ないかという事だと思いますが、「i-フィルター」ではその様なサイトをブロックし、お子様が見れない様にする事ができます。

webフィルタリングのカテゴリ

上の画像は、フィルタリングでブロックする事ができるカテゴリーの一覧の一部ですが、お子様に見せたくないサイトのカテゴリーがあらかじめ年齢別にデフォルトで設定されていますので、それを適用する事も出来ますし、個別に設定する事もできます。

その他にもざっくり、「i-フィルター」ではこのような事ができます。

「i-フィルター」で出来る事

  • 危険なサイトをブロックできる
  • 危険なアプリもブロックできる
  • どんなサイトを見ているのか利用履歴が確認できる
  • どんな単語で検索しているか確認できる
  • どこで何をしているか位置情報履歴で確認できる
  • インターネットの利用時間を制限できる

親御さまはご自身のスマホや家にあるパソコンで「i-フィルター」を操作する事ができますので、お子様の帰りがちょっと遅い場合、お子様がどこにいるのか位置情報で確認する事ができます。

また、スマホに夢中になって宿題をしないなど、勉強しなくなる事がない様、晩の1時間だけインターネットを使える様にしたりと、インターネットができる時間を制限したり等もできます。

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルって未成年は契約できる?まとめ

LINEモバイルの未成年の契約

皆さま、お疲れさまでした。

LINEモバイルでは、未成年の皆さまでも使って頂けることがご理解いただけたと思います。

  • 18歳以上の方は、ご自身で契約出来ますが、親御さまの同意が必要である
  • 18歳未満の方は、ご自身で契約する事はできないが、利用者としてスマホを使う事が出来る

そして、親御さまからしますと、未成年の子供がスマホを持つ事に不安を感じられると思いますが、LINEモバイルではそんな親御さまが安心して子供さんにスマホを持たせる事が出来る様、色々な方法を提供してくれています。

LINEモバイルのお申し込みは「LINEモバイル公式サイト」からできますので、親子でご相談頂きながら、下の関連記事も参考にして頂きながら、是非、お子様にも安全親御さまにも安心なLINEモバイルをお申し込み頂ければと思います。

関連記事

LINEモバイルはとっても素晴らしい格安SIMですよ!

是非、LINEモバイルにお申し込み頂き、ご家族やお友達と「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!

ひよっこ君
下のバナーから申し込みができるよ。(笑)
宜しくお願いしますぞよ。(笑)
スマホ博士

-LINEモバイルとは

Copyright© LINEモバイルで Let's Communication! , 2020 All Rights Reserved.