LINEモバイルとは

お得なの? 損なの? LINEモバイル「10分電話かけ放題」オプションを徹底解説!

10分電話かけ放題

ひよっこ君
10分電話かけ放題って、やっぱり入っておいた方が良いのかなぁ~...?
メリットや注意点と一緒に、得するか損するかの目安も教えてあげよう。
スマホ博士

LINEモバイルをご検討中のみなさま、こんにちわ。

さて、みなさまの中には、10分電話かけ放題に入ろうかどうかで、迷っている人もいるのではないでしょうか?

LINEモバイルで一番人気の「ベーシックプラン音声通話SIM3GB」が月額1,480円なのに対して、「10分電話かけ放題」オプションは月額880円

月880円って言ったらそこそこの金額だし、スマホ代を安くするためにLINEモバイルに乗り換えるのに、高くなるのは嫌だなぁ~...。

でも、かけ放題に入っておかなかったら、電話をかければかけるほどスマホ代が高くなるから、やっぱり入っておかなきゃダメなのかなぁ~...。

この記事では、そんなみなさまに向けて、下記の内容でLINEモバイルの「10分電話かけ放題」を徹底解説しています。

  1. LINEモバイル「10分電話かけ放題」の概要
  2. LINEモバイル「10分電話かけ放題」の特徴や注意点
  3. 「10分電話かけ放題」オプションに入るかどうかの損益分岐点

ぜひ、参考にしていただき、ムダなくお得に、LINEモバイルでスマホを使っていただければと思います。

よろしくお願い致します。

\LINEモバイルの最新キャンペーンはこちらから!/

LINEモバイルの「10分電話かけ放題」オプションとは?

10分電話かけ放題オプション

まずは、LINEモバイルの10分電話かけ放題の概要を、ざっくりとご紹介しましょう。

ずばり、LINEモバイルの10分電話かけ放題オプションとは、月額880円10分以内の電話が何回でもできる、音声通話SIMを使う人向けのオプションです。

10分電話かけ放題オプションの概要

  • 申し込み:必要
  • 月額料金:880円(税抜)
  • 国内通話料:10分以内0円、10分超過分10円/30秒
  • 特徴:10分以内の国内通話が回数無制限で使える
ひよっこ君
880円でいくらでも電話がかけれらるのは、魅力だよね。
電話をたくさんかける人にとっては、間違いなくお得じゃ!
スマホ博士

10分電話かけ放題は、通話アプリ「いつでも電話」からの発信が必ず!

LINEモバイルのいつでも電話

10分電話かけ放題オプションを利用するには、通話アプリ「いつでも電話」をインストールして、「いつでも電話」から発信する必要があります。

いつでも電話とは、LINEモバイルが提供する、音声通話SIMを利用するユーザーに向けた通話アプリです。

通話先が携帯電話の場合は「0063」を、通話先が固定電話の場合は「006751」を、これらプレフィックス番号を相手の電話番号の前に自動でつけて発信します。

標準の通話アプリで電話をかけると、20円/30秒の高い通話料がかかりますが、いつでも電話から発信すれば、半額の10円/30秒で電話をかけられます。

10分電話かけ放題を利用する場合も、このいつでも電話から発信が不可欠で、標準の電話アプリから電話をかけると、10分電話かけ放題が適用されないので注意が必要です。

ひよっこ君
LINEモバイルで電話をかけるなら、常にいつでも電話からだよ。

関連記事

LINEモバイルが推奨! 10分電話かけ放題はこんな人におすすめ!

10分電話かけ放題

後ほど、10分電話かけ放題がになるのか、になるのかの損益分岐点の目安を具体的にご紹介しますが、LINEモバイルでは、下記のみなさまに10分電話かけ放題をおすすめしています。

  • 1回の通話が長めの人
  • ほぼ毎日電話を使う人
  • 通話料を気にせず使いたい人

ざっくり、これらに該当する人は、10分電話かけ放題オプションが得になる可能性が大です。

引き続き、この記事を読み進めて、LINEモバイルの10分電話かけ放題の詳細を理解していただき、申し込んだ方が得がどうか判断してください。

この記事の最後で、具体的な数字で損得の見極めを説明してるからのう。
スマホ博士

一方、あまり電話をかけない人は、10分電話かけ放題オプションには加入せず、その都度、いつでも電話アプリで10円/30秒で通話をした方がお得です。

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイル「10分電話かけ放題」の特徴・メリット3つ!

10分電話かけ放題のメリット

それでは、10分電話かけ放題の特徴やメリットを3つ、ご紹介します。

LINEモバイルの10分電話かけ放題オプションは、ユーザー目線のとても使い勝手のよいオプションです。

  1. 最低利用期間や違約金はない! 加入も解約もいつでもできる!
  2. 電話回線を利用したプレフィックス電話なので、通話品質は良好!
  3. 10分経過前にアラームでお知らせ! 超過料金を払わずに済む!
ひよっこ君
それじゃあ、一つ一つ、説明していくよ。

メリット① 最低利用期間や違約金はない! 加入も解約もいつでもできる!

いつでも加入、解約できる

LINEモバイルの10分電話かけ放題オプションには、最低利用期間違約金もありません。

電話の回数が増えそうなら、いつでも加入することができますし、電話の回数が減りそうなら、いつでも無料で解約ができます。

10分電話かけ放題オプションへの加入や解約は、マイページ1分、誰でも簡単にできます。

10分電話かけ放題を申し込む

尚、10分電話かけ放題に加入する場合は、月の途中からでも利用開始できますが、解約する場合は、月の途中で解約手続きをしても、月末での解約になるのでご注意ください。

いつでも気軽に、加入や解約ができるのは気が楽じゃ。
スマホ博士

メリット② 電話回線を利用したプレフィックス電話なので、通話品質は良好!

通話品質は良好

LINEモバイルの10分電話かけ放題は、プレフィックス電話という電話回線を利用した通話方式を採用しているので、通話品質は良好です。

3種類の通話方式

LINEなどインターネット回線を利用したIP電話の場合、最近は改善されていますが、ネットの状況により通話が不安定になることがあります。

「いつでも電話」で発信する10分電話かけ放題は、標準の通話アプリから発信する電話と変わらず、とてもクリアで聞きやすく安定しています。

ひよっこ君
普通の電話と同じように話せるんだったら、問題ないね。

メリット③ 10分経過前にアラームでお知らせ! 超過料金を払わずに済む!

アラームで超過料金なし

当初、LINEモバイルの通話アプリ「いつでも電話」にはタイマー機能が付いておらず、ついつい話し込んで10分を超過してしまい、私は何回も追加料金を払わされました。

しかし、2019年3月の「いつでも電話」のアップデートにより、待望のお知らせ機能が追加されました。

いつでも電話のアラーム

設定はとても簡単で、「お知らせ機能」をONにし、通知時間を設定するだけです。

9分30秒に設定すれば、10分前に音とバイブで知らせてくれるので、超過料金を払わずに済むようになります。

これはワシも、もっとも待ち望んでおったサービスじゃ。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイル「10分電話かけ放題」の注意点5つ!

10分電話かけ放題のオプション

電話をたくさんかける人にとっては、メリットの多い10分電話かけ放題ですが、知っておいていただきたい注意点もありますので解説します。

とは言え、しっかり注意をして10分電話かけ放題を使えば、まったく問題はありませんのでご安心ください。

  1. いつでも電話での発信を忘れたら、20円/30秒の高い通話料!
  2. 10分経過後は、いつでも電話の10円/30秒の通話料がかかる!
  3. 110番や119番、0120や0570は発信できない!
  4. 10分電話かけ放題は、申し込み後、すぐに使える訳ではない!
  5. 初月も解約月も日割り計算はなし! 満額の880円がかかる
ひよっこ君
どれも簡単な注意点だから安心してね。

注意点① いつでも電話での発信を忘れたら、20円/30秒の高い通話料!

いつでも電話が不可欠

冒頭でも触れましたが、10分電話かけ放題は、通話アプリ「いつでも電話」からの発信が不可欠です。

いつでも電話を利用せずに発信した場合、10分電話かけ放題は適用されず、いつでも電話の10円/30秒の通話料も適用されず、標準アプリの20円/30秒の高い通話料がかかります。

慌てている時など、つい、いつでも電話からの発信を忘れ、標準の通話アプリで電話をかけてしまうこともあるので、十分に注意してください。

標準アプリは2ページ目に持っていくことじゃ。
スマホ博士

注意点② 10分を超過した場合、いつでも電話の10円/30秒の通話料がかかる!

10分超過分は10円/30秒

10分電話かけ放題オプションは、10分以内の電話がかけ放題であることはご理解いただけたと思います。

10分が経過すると、そのまま継続して通話をすることは可能ですが、いつでも電話の10円/30秒の通話料がかかりますので、ご注意ください。

いつでも電話アプリのアラーム機能を利用して10分前に電話を切り、再度、電話をかけ直せば、超過料金は発生しません。

ぜひ、無駄なお金は一切かけず、10分電話かけ放題の範囲内で通話をしていただければと思います。

ひよっこ君
長電話をする場合は、10分前に切ってかけ直すのが得策だよ。

注意点③ 110番や119番、0120や0570は発信できない!

緊急電話などはかけられない

通話アプリ「いつでも電話」には発信できない番号があり、それらの番号へは10分電話かけ放題も適用されないのでご注意ください。

発信・通話ができない番号の代表的なものは下記の通りです。

  • 緊急通報(110番、118番、119番)
  • 3桁番号サービス(104番、115番、177番等)
  • 0120、0570、0180、0990等、「0XX0」で始まる番号
  • ソフトバンクの「転送⋅留守電⋅着信」に関する発信番号

いざという時、110番119番に電話ができないのはとても困りますが、正確に言うと、プレフィックス番号の「0063/006751」をつけて発信することができない、ということです。

緊急電話には発信できない

例えば、いつでも電話で「110番」にかけようとすると、このようなポップアップが出てきて、「発信」をタップすると、標準アプリに切り替わってプレフィックス番号をつけずに発信します。

ですので、いつでも電話からでも発信できますので、ご安心ください。

0063や006751をつけて発信できないだけで、電話をかけることはできるぞ。
スマホ博士

注意点④ 10分電話かけ放題は、申し込み後、すぐに使える訳ではない!

申し込み後、すぐには使えない

10分電話かけ放題オプションは、申し込み後、すぐに使い始めることはできないので、ご注意ください。

LINEモバイルの申し込みと同時に10分電話かけ放題を申し込んだ場合は、通話ができるようになって数時間後に届く「10分電話かけ放題オプション登録完了のお知らせ」のメール到着後に利用できるようになります。

一方、音声通話SIMを利用中の人がマイページから申し込む場合は、申し込み翌日に届く「10分電話かけ放題オプション登録完了のお知らせ」到着後に、利用できるようになります。

仮に、10分電話かけ放題が使える前にいつでも電話で発信すると、「おかけになっている電話からは現在ご利用になれません。」とガイダンスが流れるので、もう暫くお待ちください。

ひよっこ君
16:50以降にマイページから申し込んだ場合は、翌々日の9:00以降になるよ。

注意点⑤ 初月も解約月も日割り計算はなし! 満額の880円がかかる

日割り計算はなし

10分電話かけ放題は、いつでも加入できて、いつでも解約できる、とても使い勝手の良いオプションです。

ただし、月の途中から使い始めても、丸々1ヶ月分の880円の料金がかかりますし、月の途中で解約手続きをしても、解約となるのは月末となり、丸々1ヶ月分の880円の料金がかかります。

つまり、申し込み月も解約月も、10分電話かけ放題の料金は日割りにはなりませんので、ご注意ください。

できるだけ月初から使い始めて、できるだけ月末まで使うのが良いぞ。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイル「10分電話かけ放題」の知っておいて損はない豆知識3つ!

10分電話かけ放題の豆知識

それではついでに、10分電話かけ放題の、知っておいて損はない豆知識を3つだけ、簡単に解説します。

  1. 相手への番号通知もあり、非通知発信も可能!
  2. オプション料金は翌月の支払い、通話料は翌々月の支払い
  3. 料金明細には3種類の通話料の記載あり
ひよっこ君
ポイントだけ、簡単に説明するよ。

豆知識① 相手への番号通知もあり、非通知発信も可能!

通知と非通知

10分電話かけ放題に必須のいつでも電話アプリは、通話相手にちゃんとあなたの電話番号が通知されますので、ご安心ください。

また、相手の電話番号の前に「184」をつけて発信することで、非通知で発信することもできますので、合わせてご安心ください。

知らない番号には出ない人もいるから、これなら安心じゃ。
スマホ博士

豆知識② オプション料金は翌月の支払い、通話料は翌々月の支払い

料金明細

これは、以前の私の料金明細ですが、LINEモバイルの請求月は項目によって違います。

ご覧の通り、10分電話かけ放題のオプション料金前月分が請求され、通話料については前々月分が請求され、ずれが生じます。

支払い明細を見て、なんだこれは? と勘違いをしないようにしてください。

ひよっこ君
請求月にずれがあるのは間違いじゃないからね。

豆知識③ 料金明細には3種類の通話料の記載あり

前項の料金明細の画像をよくご覧いただくと、3種類の通話料の記載があるのがお分かりいただけます。

この3種類の通話料は、下記の通り、それぞれで通話料金が違います。

通話料 詳細(通話料金)
国内音声通話料 標準の通話アプリ発信分
(20円/30秒(税抜))
いつでも電話通話料
(携帯電話宛)
いつでも電話から携帯電話に発信
(10円/30秒(免税))
いつでも電話通話料
(固定電話宛)
いつでも電話から固定電話に発信
(10円/30秒(税込))

ご覧の通り3者3様の通話料金で、消費税の取り扱いも違いますので、頭の片すみにおいていただければと思います。

少なくとも、標準アプリでの通話は控えた方がよいぞ。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイル「10分電話かけ放題」オプションの見極め方、損益分岐点はここ!

損か得かの見極め方

それでは、みなさまがもっとも気になっていること、10分電話かけ放題が得するのか、損するのかの見極め方、損益分岐点を解説します。

たくさん電話をかける人は加入する、あまり電話をかけない人は加入しないですぐに決まりですが、ボチボチ電話をする人は悩んでしまいますよね。

ここでは、通話時間で考えた場合の損益分岐点と、1日の通話回数で考えた場合の損益分岐点に加え、実際に利用している私の考えもご紹介してみます。

ひよっこ君
ちょこちょこ電話する人は、ほんと、見極めが難しいもんね。
今から説明する見極め方も、一つの目安と考えてくだされ。
スマホ博士

見極め方① 通話時間で考えた場合の損益分岐点は、1ヶ月で44分以上の通話

1ヶ月で44分以上の電話

まず、通話時間で考えた場合の、10分電話かけ放題が得するか損するかの見極めポイントは、1ヶ月で44分以上、電話をするかどうかで考えることができます。

いつでも電話での発信が1分で20円(10円/30秒)、そして、10分電話かけ放題のオプションは月額880円なので、単純に「880円÷20円=44分」。

これ以上、通話するなら、10分電話かけ放題に加入した方がお得です。

しかし、厳密に考えると、いつでも電話は30秒の通話でも10円5秒の通話でも10円なので、1ヶ月で44分というのはあくまでも目安で、ボチボチ電話をする人は入った方がお得な感じです。

ひよっこ君
通話時間で正確に見極めるのは難しいね...。

尚、自分がどれくらい通話をしているかは、月額100円の通話明細を見れば明らかですが、かけ放題に加入後は無料通話分は記載されないので、加入する前に確認してください。

見極め方② 1日の通話回数で考えた場合の損益分岐点は、1日3回以上

1日3回以上の電話

次に、通話回数で考えた場合の、10分電話かけ放題が得するか損するかの見極めポイントは、1日に3回以上、電話をするかどうかで考えることができます。

いつでも電話での通話は、1回で少なくとも10円の通話料が発生するので、1日3回の通話で30円、それが30日間で900円になります。

しかし、この考え方も、1回の通話で1分の時もあれば、5分9分の時もあるので、ちょこちょこ電話をする人は、10分電話かけ放題に入った方がお得な感じです。

そうじゃのう。得か損かを正確に見極めるのは難しいのう...。
スマホ博士

見極め方の結論! 通話料を気にせずに電話をかけたい人にもおすすめ!

通話料を気にせず電話をしたい人

結論を言いますと、月によって、通話時間や通話回数は変わってくるので、正確にこれだ!という損得の見極め方はありません。

しかし、冒頭でも触れましたが、LINEモバイルもすすめている通り、下記のみなさまは、10分電話かけ放題を検討していただいても良いと思います。

  • 1回の通話が長めの人
  • ほぼ毎日電話を使う人
  • 通話料を気にせず使いたい人

個人的には、ボチボチちょこちょこ電話をする人で、特に、通話料を気にせずに電話をかけたい人には、10分電話かけ放題オプションへの加入をおすすめします。

というのも、ボチボチ、ちょこちょこ電話をしながら、通話料を気にせずに電話をしたいのが、実は私だからです。

私の場合は、たくさんの電話をする訳ではないので、元が取れていない月もありますが、少なくとも、通話料を気にせずに電話がかけられるので、気楽に電話ができています。

ひよっこ君
自分の電話の使い方に応じて、考えてみてね。
1~2ヶ月、加入せずに、いくら使ってるか料金明細を見るのもありじゃぞ。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

迷ってる人必見! LINEモバイル「10分電話かけ放題」をお得に使う! まとめ

10分電話かけ放題

みなさま、お疲れさまでした。

さて、この記事では、LINEモバイルの「10分電話かけ放題」について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ひよっこ君
電話をたくさんかける人には、とってもお得なオプションだったね。

それでは最後に、10分電話かけ放題のポイントをおさらいしておきます。

  • 10分電話かけ放題は、月額880円で10分以内の電話がかけ放題!
  • 通話アプリ「いつでも電話」から発信する必要あり!
  • 110番や119番へはプレフィックス番号をつけて発信することはできない!
    (プレフィックス番号をつけなければ発信できる)
  • 10分経過前にアラームでお知らせ! 超過料金を払わずに済む!
  • 通話料を気にせずに電話したい人に特におすすめ!

日々、電話をかける回数も違いますし、通話時間もさまざまなので、正直なところ、一概に10分電話かけ放題の損益分岐点を見出すことはむずかしいです。

また、人それぞれ、性格も違いますので、一様には言えませんが、ぜひ、この記事を参考にしていただき、10分電話かけ放題を検討していただければと思います。

ボチボチ電話する人も、電話代を気にせずにかけれるのは良いと思うぞ。
スマホ博士

そして、LINEモバイルでご家族やお友だちと素晴らしいコミュニケーションを図り、安く快適にスマホを使っていただければと思います。

最後までお読みくださいまして、有難うございました。

よろしくお願い致します。

LINEモバイルはとっても素晴らしい格安SIMですよ!

ぜひ、LINEモバイルにお申し込みいただき、ご家族やお友だちと「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!

ひよっこ君
下のバナーから申し込みができるよ。(笑)
宜しくお願いしますぞよ。(笑)
スマホ博士

-LINEモバイルとは

© 2020 LINEモバイルで Let's Communication!