お知らせ ただいまLINEモバイルでは、最大5,000円相当がもらえる「シークレットキャンペーン」を開催中! 申し込み時にキャンペーンコードを入力すれば、LINE Pay残高LINEポイントがもらえます! 詳細は「最新キャンペーン情報」まで!

LINEモバイルとは

私のスマホって使えるの? LINEモバイルでそのまま使えるスマホを徹底解説!

LINEモバイルで使えるスマホ、使いないスマホ

ひよっこ君
博士~、ドコモで使ってる僕のiPhone、LINEモバイルでも使えるのかな~?
LINEモバイルなら、他社で使ってるスマホもそのまま使えるぞ!
スマホ博士

LINEモバイルをご検討中のみなさま、こんにちわ。

さて、LINEモバイルに乗り換えるとは決めたものの、今使ってるスマホってLINEモバイルでも使えるのかしらって、不安に思っている人もいるのではないでしょうか。

もし使えないとなると、新しいスマホを買うのにもお金がかかるので、ちょっと気分も萎えてしまいますよね。

しかし、ご安心ください。LINEモバイルでは、今お使いのスマホがそのまま使えますよ!

この記事では、下記の内容で、LINEモバイルで使えるスマホ、使えないスマホについて、分かりやすく解説しています。

  • LINEモバイルでそのまま使えるスマホ
  • LINEモバイルでSIMロック解除が必要なスマホ
  • LINEモバイルの「動作確認済端末検索」の使い方
  • SIMロック解除のやり方と注意点

ぜひ、参考にしていただき、お得LINEモバイルに乗り換えていただければと思います。

よろしくお願いいたします。

すぐに使えるか知りたい方!

お使いのスマホがLINEモバイルで使えるか、直行で確認するなら、LINEモバイル公式サイトの「動作確認済端末検索ページ」をご覧ください。

参考までに、この記事の最後の方で、使い方や見方を解説しています。

\LINEモバイルの最新キャンペーンはこちらから!/

LINEモバイルでは、今使ってるスマホがそのまま使える! (一部、要・SIMロック解除)

すべてのスマホが使える

結論から言いますと、LINEモバイルでは、ドコモのスマホ、auのスマホ、ソフトバンクのスマホ、どこのスマホでもそのまま使うことができます。

ひよっこ君
今使ってるスマホがそのまま使えるなら、とっても助かるよ。

LINEモバイルの同じ回線で使う場合は、そのまま、LINEモバイルのSIMカードを挿せば使えます。

また、LINEモバイルの違う回線で使う場合は、SIMロック解除をすれば、そのまま使えます。

  • 同じ回線で使う場合 → そのままで使える
  • 違う回線で使う場合 → SIMロック解除をすれば使える

ただし、上記は原則のお話になり、一部では例外もありますので、以下で解説していきます。

例外部分を分かりやすく説明していくぞ。
スマホ博士

同じ回線で使う場合:原則はそのままで、一部、SIMロック解除が必要

同じ回線で使う場合

  • ドコモのスマホ → LINEモバイルのドコモ回線
  • ソフトバンクのスマホ → LINEモバイルのソフトバンク回線
  • auのスマホ → LINEモバイルのau回線

上記の通り、スマホを買った携帯会社と同じ回線に乗り換える場合は、原則、そのまま、LINEモバイルのSIMカードを挿すだけで使えます。

しかし例外があり、ソフトバンクauの一部のスマホは、同じ回線に乗り換える場合でも、SIMロック解除をする必要があります。

ひよっこ君
ドコモスマホの場合は、全機種、そのままで使えるからね。

それでは一体、ソフトバンクauのどのスマホがそのまま使えるのか、SIMロック解除が必要なのか、それは、そのスマホの発売日によります。

スマホの発売年 SIMロック解除の条件
2015年5月~
  • SIMロック解除が義務化
  • この日以降に発売されたスマホは、SIMロック解除機能が付いている
  • 格安SIMの同じ回線へは、SIMロック解除をすれば乗り換えが可能になる
2017年8月~
  • SIMロック解除の条件が緩和
  • 格安SIMの同じ回線へは、SIMロック解除なしで乗り換えが可能になる

上記は、総務省の指針によるSIMロック解除のガイドラインの歴史になりますが、初めはさまざまな条件が付いていましたが、徐々に緩和され、格安SIMへの乗り換えがしやすくなってきました。

そして、ソフトバンクauのスマホを同じ回線で使う場合、そのままで使えるか、SIMロック解除が必要かは、「2015年5月以降に発売された機種」か「2017年8月以降に発売された機種」かによります。

  • 2015年5月以降に発売された機種 → SIMロック解除が必要
  • 2017年8月以降に発売された機種 → そのまま使える

例えば、iPhoneで言うと、2017年8月以降に発売された初めての機種はiPhone 8 / 8Plusになり、これ以降の機種はそのままで使えますが、その前のiPhone 7 / 7Plus以前の機種はSIMロック解除が必要になります。

ちなみに、2015年4月以前のスマホは、SIMロック解除自体ができんのじゃ。
スマホ博士

他の回線で使う場合:必ず、SIMロック解除が必要!

違う回線で使う場合

  • ドコモのスマホ → LINEモバイルのソフトバンク回線やau回線
  • ソフトバンクのスマホ → LINEモバイルのドコモ回線やau回線
  • auのスマホ → LINEモバイルのドコモ回線やソフトバンク回線

上記の通り、スマホを買った携帯会社と違う回線で使う場合は、例外なく、必ずSIMロック解除が必要です。

SIMロック解除をすれば、あとはLINEモバイルのSIMカードをさすだけでそのまま使えます。

ひよっこ君
違う回線で使うなら、どこのスマホも必ずSIMロック解除だよ。
SIMロック解除はたった3分、とっても簡単にできるぞ。
スマホ博士

LINEモバイルでは使えないスマホ:SIMロック解除機能が付いてないスマホ

LINEモバイルでは使えないスマホ

そして、LINEモバイルでは使えないスマホもご説明しておくと、下記の通りです。

  • 3G専用のスマホ
  • SIMロック解除機能が付いていないスマホ

LINEモバイルでは、3G専用のスマホは使うことができず、4G LTEに対応しているスマホでなければ使えません。

iPhoneで言うと、iPhone4s以前が3G専用端末になり、LINEモバイルでは使えません。

android端末で言うと、いわゆる、ガラケーフィーチャーフォンと呼ばれる端末で、ドコモならFOMA、auならCDMA 1X WIN、ソフトバンクならSoftBank 3G(Vodafone 3G)時代のスマホは使えません。

ひよっこ君
ガラケーを使ってる人は、この機会にスマホに買い替えだよ。

また、SIMロック解除機能が付いていない、2015年5月よりも前に発売されたスマホは、ドコモのスマホをドコモ回線で使う以外は、LINEモバイルでは使えません。

2015年4月以前のauとソフトバンクのスマホは使えんということじゃ。
スマホ博士

以降では、大手携帯会社ごとに、それぞれで発売されたスマホについて、LINEモバイルで使える使えないを整理して解説していきます。

LINEモバイル公式サイト

ドコモのスマホ:ドコモ回線ならそのまま、他回線ならSIMロック解除で全機種OK!

ドコモのスマホ

ドコモで発売されたスマホは、4G LTE対応端末であれば、ドコモ回線なら全機種がそのままで使え、他回線なら、2015年5月以降に発売されたSIMロック解除機能付きのスマホなら、SIMロック解除で全機種が使えます。

ひよっこ君
ドコモのスマホが一番、幅広く使えるよ。

ドコモのiPhone

ドコモのiPhone ドコモ回線 ソフトバンク回線
au回線
iPhoneSE(第2世代)
そのままで使えます

SIMロック解除で使えます
(動作確認は未実施)
iPhone11 Pro Max
iPhone 11 Pro
iPhone 11
iPhone XR
iPhone XS / XS Max
iPhone X

SIMロック解除で使えます
iPhone 8 / 8 Plus
iPhone 7 / 7 Plus
iPhone SE
iPhone 6s / 6s Plus
iPhone 6 / 6 Plus ×
SIMロック解除機能なし
iPhone 5c / 5s

ドコモで発売されたスマホは、4G対応のスマホなら、同じドコモ回線そのまま使えます。

ドコモで初めて発売されたiPhoneは、4G対応iPhone5cなので、ドコモのiPhoneは全機種、LINEモバイルのドコモ回線そのままで使えるということになります。

また、ソフトバンク回線au回線で使う場合は、2015年5月以降に発売された、SIMロック解除機能のついたiPhone6sからすべて、SIMロック解除をすることでそのまま使えます。

尚、iPhone11 / 11Pro / 11 Pro Max、第2世代のiPhone SEについては、他回線での動作確認がまだされていませんが、SIMロック解除機能が付いているので、SIMロック解除をすることで使えます

LINEモバイルは動作確認がちょっと遅いんじゃ...。
スマホ博士

ドコモのandroid端末

ドコモのandroid端末
発売日
ドコモ回線 ソフトバンク回線
au回線
2017年8月~
そのままで使えます

SIMロック解除で使えます
(動作確認は未実施)
2015年5月~
2011年4月~
2010年11月迄 3G専用端末につき、使えません

2010年12月から、ドコモのLTE(4G、3.9G)のサービスであるXi(クロッシィ)が開始され、2011年4月にXi対応の最初のスマホが発売されました。

SIMロック解除が義務化され、スマホにSIMロック解除機能が付いたのが2015年5月からですが、ドコモはSIMロック解除に前向きで、2011年4月以降に発売された端末にもSIMロック解除機能が付けられています。

ひよっこ君
つまり、ドコモの4G対応のandroidは、すべて他回線でも使えるよ。

尚、2010年11月以前に発売された機種は、3GのFOMA専用のいわゆるガラケーですので、LINEモバイルでは使えません。

ドコモのスマホは、4G対応なら全機種、すべての回線で使えるということじゃ。
スマホ博士

ココに注意

LINEモバイル公式サイトの「動作確認済端末検索ページ」では、android端末は他の回線での動作確認がされていません。

発売年から判断すると、上記の通り、LINEモバイルで使えますが、利用については自己責任となります。

LINEモバイル公式サイト

ソフトバンクのスマホ:ソフトバンク回線なら全機種OK、他回線では一部、使えない

ソフトバンクで発売されたスマホ

ソフトバンクで発売されたスマホは、4G対応の機種であれば、全機種、ソフトバンク回線そのまま使え、SIMロック解除機能が付いた2015年5月以降のスマホは他回線でも使えます。

ひよっこ君
ソフトバンクのスマホも、ほとんどがLINEモバイルで使えるよ。

ソフトバンクのiPhone

ソフトバンクのiPhone ソフトバンク回線 ドコモ回線
au回線
iPhoneSE(第2世代)
そのままで使えます

SIMロック解除で使えます
(動作確認は未実施)
iPhone11 Pro Max
iPhone 11 Pro
iPhone 11
iPhone XR
iPhone XS / XS Max
iPhone X

SIMロック解除で使えます
iPhone 8 / 8 Plus
iPhone 7 / 7 Plus
そのままで使えます
(↑ iPhone専用ナノSIMの場合)
(SIMロック解除 → ナノSIMも可)
iPhone SE
iPhone 6s / 6s Plus
iPhone 6 / 6 Plus  
そのままで使えます
(iPhone専用ナノSIMのみ)
×
SIMロック解除機能なし
iPhone 5 / 5c / 5s
iPhone 4 / 4s ×
3G専用端末につき、使えません
iPhone 3G / 3GS

ソフトバンクで発売されたiPhoneは、ちょっと、ごちゃごちゃしていますが、この表の通りです。

ソフトバンクのSIMカードはiPhone用android端末用があるので、LINEモバイルのソフトバンク回線でも、iPhone専用ナノSIMと通常のナノSIMの2種類があります。

2015年5月から2017年7月に発売されたiPhone 6s / 6sPlusSE7 / 7Plusついては、そのままでもiPhone専用ナノSIMで使えますし、SIMロック解除をすれば、通常のナノSIMでも使えます。

どうせなら、SIMロック解除をして通常のナノSIMがおすすめじゃぞ。
スマホ博士

また、ドコモ回線au回線で使う場合は、2015年5月以降に発売された、SIMロック解除機能のついたiPhone6sからすべて、SIMロック解除をすることで使えます。

iPhone11や第2世代のiPhoneSEも、他回線での動作確認はまだですが、SIMロック解除をすることで使えます。

ソフトバンクのandroid端末

ソフトバンクのandroid
発売日
ソフトバンク回線 ドコモ回線
au回線
2017年8月~
そのままで使えます

SIMロック解除で使えます
(動作確認は未実施)
2015年5月~
SIMロック解除で使えます
2012年9月~2015年4月 ×
SIMロック解除不可につき、使えません
2012年8月迄 ×
3G専用端末につき、使えません

まず、SIMロック解除機能がついていない、2015年4月以前に発売されたソフトバンクのandroid端末は、LINEモバイルでは使えません

そして、同じソフトバンク回線で使う場合は、SIMロック解除機能がついた2015年5月以降のスマホはSIMロック解除で、2017年8月以降に発売されたスマホは、そのままで使えます。

ドコモ回線au回線で使う場合は、SIMロック解除をすれば使えます。

ひよっこ君
ソフトバンクのandroidは、SIMロック解除機能が付いてることが前提だよ。
その上で、そのままで使えるか、SIMロック解除するかの判断じゃぞ。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

auのスマホ:au回線でも一部SIMロック解除、他回線では一部、使えないスマホあり

auで発売されたスマホ

auで発売されたスマホは、VoLTE対応APN設定ができる機種なら、au回線でそのまま使えますが、VoLTE非対応APN設定ができない機種の場合は、同じau回線で使う場合でもSIMロック解除が必要です。

ちょっと難しい言い回しで分かりにくいと思いますが、auのスマホがLINEモバイルで使えるか使えないかは、以下の表の通りになります。

ひよっこ君
言葉は難しいけど、結局はSIMロック解除機能がついてるかどうかだよ。

auのiPhone

auのiPhone au回線 ドコモ回線
ソフトバンク回線
iPhoneSE(第2世代)
そのままで使えます

SIMロック解除で使えます
(動作確認は未実施)
iPhone11 Pro Max
iPhone 11 Pro
iPhone 11
iPhone XR
iPhone XS / XS Max
iPhone X

SIMロック解除で使えます
iPhone 8 / 8 Plus
iPhone 7 / 7 Plus
SIMロック解除で使えます
iPhone SE
iPhone 6s / 6s Plus
iPhone 6 / 6 Plus ×
SIMロック解除不可につき、使えません
iPhone 5 / 5c / 5s
iPhone 4s 3G専用端末につき、使えません

auで発売されたiPhoneは、SIMロック解除機能がついていない、iPhone 6 / 6Plus以前のiPhoneは使えません

また、同じau回線で使う場合でも、VoLTE非対応APN設定ができない機種の場合、つまり、2015年4月以前のiPhone 6s / 6s plusSE7 / 7 plusSIMロック解除をする必要があります。

ドコモ回線ソフトバンク回線で使う場合は、SIMロック解除をすれば使えます。

そのまま使えるのは、iPhone8以降をau回線で使う場合だけじゃぞ。
スマホ博士

auのandroid端末

auのandroid端末
発売日
au回線 ドコモ回線
ソフトバンク回線
2017年8月~
そのままで使えます

SIMロック解除で使えます
(動作確認は未実施)
2015年5月~
SIMロック解除で使えます
2012年9月~2015年4月 ×
SIMロック解除不可につき、使えません
2012年8月迄 ×
3G専用端末につき、使えません

auのandroid端末も、2015年4月以前に発売された、SIMロック解除機能のついていない端末は使えません

ひよっこ君
auは、iPhoneもandroidも、SIMロック解除機能が付いてることが前提だよ。

そして、同じau回線で使う場合でも、2015年5月以降に発売された機種はSIMロック解除が必要ですが、2017年8月以降の機種は、APN設定が可能、かつ、VoLTE対応端末なので、そのままで使えます。

ドコモ回線ソフトバンク回線で使う場合は、SIMロック解除をすることで使えます。

androidは他回線での動作確認はされておらんから、自己責任じゃぞ。
スマホ博士

2015年4月23日発売のauの「Galaxy S6 edge SCV31」は、SIMロック解除機能がついてます。

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイル公式サイトの「動作確認済端末検索ページ」で個別にチェックする方法

動作確認をする方法

それでは、お手持ちのスマホがLINEモバイルで使えるかどうか、一発でチェックできるLINEモバイル公式サイトの「動作確認済端末検索ページ」を使い方を簡単に解説します。

ひよっこ君
iPhoneだったら、これで調べたら一発で分かるよ。
androidは他回線での動作確認はされておらんから、この記事を参考にのう。
スマホ博士

動作確認済み端末検索ページ

動作確認済み端末検索ページ

動作確認済端末検索ページ」に入ると、キーワードから検索することができるので、お手持ちのスマホの機種名などを入力して調べます。

試しに、2017年9月に発売された、ドコモ版のiPhone8を検索してみると、下の通りです。

iPhone8の動作確認

iPhone8の動作確認

例えば、同じドコモ回線で使う場合は、SIMロック解除をせずにそのままで使えますが、ソフトバンク回線au回線で使う場合は、SIMロック解除が必要なのが分かります。

ひよっこ君
他の回線で使う場合は、必ずSIMロック解除がいるからね。

テザリングが使えるかの情報も表示されていて、いずれの回線でも使えるのが分かります。

また、SIMカードについては、ドコモ回線au回線マルチSIMなので間違えませんが、ソフトバンク回線の場合は、ここで表示されている間違いのないSIMカードを申し込む必要があります。

間違えて申し込んだら、SIMカード変更手数料で3,000円がかかるからのう。
スマホ博士

尚、ソフトバンクのiPhoneについては、SIMロック解除をしない場合は「iPhone専用SIM」に限られますが、今回の例のようにSIMロック解除をして使う場合は「ナノSIM」でも大丈夫です。

Galaxyの動作確認

Galaxyの動作確認

もう1つ、2015年4月に発売された、android端末の「Galaxy S6 edge」を見てみましょう。

残念ながら、android端末はメーカーも多く、機種も多いため、他の回線での動作確認はほとんどされておらず、同じ回線で使う場合の動作確認のみになっています。

ひよっこ君
他の回線で使う場合は、この記事の表を参考に判断してね。

この機種は、2015年5月よりも前に発売されているので、本来ならSIMロック解除機能が付いてない機種になりますが、2015年5月以降に発売された機種とみなされ、SIMロック解除機能がついています。

ドコモのGalaxy S6を同じドコモ回線で使う場合は、SIMロック解除をしなくても使えますが、ソフトバンクauのGalaxy S6は、同じ回線を使う場合でも、SIMロック解除が必要なことが分かります。

また、テザリングについても、ソフトバンク版とドコモ版は使えませんが、au版は使えるのが分かります。

ちなみに、他の回線で使う場合は、動作確認はされてないので自己責任にはなりますが、先ほどの表から判断すると、2015年5月以降の機種なので、いずれもSIMロック解除で使えるということになります。

一見、複雑そうじゃが、さっきの表なら一目瞭然じゃ。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

お使いのスマホのSIMロック解除のやり方と注意点

SIMロック解除のやり方と注意点

それでは最後に、お持ちのスマホをLINEモバイルで使うのに重要な「SIMロック解除」について、そのやり方注意点を簡単にご説明をさせていただきます。

まず、SIMロック解除のやり方ですが、auソフトバンクは下記の2通り、ドコモの場合は、下記に加えて電話の3通りの方法でできます。

  • お店でSIMロック解除する → 3,000円の手数料
  • ネットでSIMロック解除する → 無料
ひよっこ君
ドコモの電話の場合も、やっぱり3,000円がいるよ。

お店に行けば、店員さんがすべてをしてくれるので、確実ですが、残念ながら3,000円の手数料がかかってしまいます。

一方、My docomoMy softbankMy auのネットですれば、たった3分無料でできます。

SIMロック解除は絶対にタダでしなきゃ損じゃぞ!
スマホ博士

ソフトバンク利用者は注意! 解約後のSIMロック解除は3,000円がかかる

ソフトバンク利用者は注意

現在、ソフトバンクを使っている人は、今すぐ、My softbankで無料でSIMロック解除することをおすすめします。

ひよっこ君
SIMロック解除しても、ソフトバンクはそのまま使えるからね。

何故かというと、ドコモauを使っている人は、契約中はもとより、解約をした後でも、My docomoやMy auで無料でSIMロック解除ができます。

しかし、ソフトバンクは解約してしまうとMy softbankですることはできなくなり、お店で3,000円を払ってしなければいけません。

ソフトバンクの人は、絶対に契約中にタダでするんじゃ!
スマホ博士

SIMロック解除は、得する事はあっても損はありませんので、ドコモやauを使っている人も含めて、できれば今すぐ無料でSIMロック解除をしていただければと思います。

関連記事

LINEモバイル公式サイト

私のスマホって使えるの? LINEモバイルでそのまま使えるスマホを徹底解説、まとめ!

LINEモバイルで使えるスマホ、使いないスマホ

みなさま、お疲れさまでした。

さて、この記事では、今使っているスマホがLINEモバイルで使えるかどうか、その見極め方について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ひよっこ君
ちょっと複雑っぽいけど、発売年から判断すれば簡単に分かるね。

それでは最後に、この記事のポイントをおさらいしておきます。

  • ドコモ、au、ソフトバンクのスマホは、LINEモバイルでそのまま使える
  • どこのスマホも、LINEモバイルの他の回線で使う場合は、必ず、SIMロック解除
  • ドコモのスマホは、ドコモ回線ならそのままで使える
  • auとソフトバンクのスマホは、同じ回線で使う場合も、一部、SIMロック解除

お使いのスマホがLINEモバイルで使えるか手っ取り早く調べるには、LINEモバイル公式サイトの「動作確認済端末検索ページ」が役立ちますが、android端末は他の回線で使う場合の動作確認が取れていません。

他の回線で使う場合は、SIMロック解除の緩和の歴史に沿って、この記事の内容を参考にしていただき、判断していただければと思います。

自己責任じゃが、ほぼ、この記事の通りに使えるから参考にのう。
スマホ博士

そして、是非、スマホそのままでLINEモバイルに乗り換えていただき、ご家族やお友だちと素晴らしいコミュニケーションを図り、安く快適にスマホを使っていただければと思います。

最期までお読みくださいまして、ありがとうございました。

よろしくお願いいたします。

LINEモバイルはとっても素晴らしい格安SIMですよ!

ぜひ、LINEモバイルにお申し込みいただき、ご家族やお友だちと「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!

ひよっこ君
下のバナーから申し込みができるよ。(笑)
宜しくお願いしますぞよ。(笑)
スマホ博士

-LINEモバイルとは

© 2020 LINEモバイルで Let's Communication!