LINEモバイルとは

【私のスマホって使えるの?】LINEモバイルで使えるスマホ、使えないスマホの見極め方

私のスマホは使えるの?

LINEモバイルをご検討中の皆さま、こんにちわ。

さて、皆さま、突然ですが、皆さまがキャリアからLINEモバイルへの乗り換えをなさる場合、今、お使いのスマホをLINEモバイルでも使おうと思っておられますか?

ひよっこ君
そりゃあ、余計なお金もかからないし、使うつもりだよ。

もし、お持ちのスマホをLINEモバイルで使おうと思っている場合、そのスマホがLINEモバイルで使えるかどうかはご存知でいらっしゃいますか?

ひよっこ君
「...。」

当初、ドコモ回線のみからスタートしたLINEモバイルも、ソフトバンク回線のサービスがスタートし、au回線のサービスもスタートした事により、キャリア全ての回線を取り扱うトリプルキャリアの格安SIMになりましたので、キャリアからとても乗り換えやすくなりました

キャリアから乗り換えやすくなった最たるものが、基本的には、皆さまがキャリアで使っておられるスマホをLINEモバイルで使える事だと思います。

私も以前はキャリアを使っていましたが、キャリアと契約する時は、端末を同時購入するのが普通で、その為にスマホ代が高くなってしまいましたが、今、お使いのスマホをLINEモバイルで使う事ができる事によって、新しい端末を買う必要がありませんので、その分、スマホ代が安くなりますよね。

しかし、先ほど、敢えて奥歯に物が引っ掛かった様に「基本的には」と書きましたのは、端末によりまして、そのままLINEモバイルのSIMカードを挿すだけで使える端末もあれば、そのままでは使えない端末もあるからなのです。

そうなんじゃ。LINEモバイルで使えはするけど、そのままでは使えんスマホもあるんじゃ。
スマホ博士

LINEモバイルに乗り換えた後にそれらの事が発覚し、すぐにLINEモバイルを使い始める事が出来ないなどという事がない様に、あらかじめ、皆さまが使っておられるスマホがどうなのかをチェックして頂ければと思います。

この記事では、LINEモバイルではどの端末が使えるのかをご説明させて頂きながら、今、皆さまがご利用中の端末をスムーズにLINEモバイルで使える様、その道先案内をさせて頂ければと思っています。

どうぞ、よろしくお願い致します。

\LINEモバイルの最新キャンペーンはこちらから!/

LINEモバイルで使える端末・使えない端末の基本的なお話

まず、大前提のお話からさせて頂こうと思います。

後ほど、キャリア別に、LINEモバイルで使える端末か使えない端末かの詳細をご説明させて頂きますが、まず、以下の大前提の部分を踏まえて頂きました上で、ご覧頂ければと思います。

ひよっこ君
LINEモバイルで使える端末かどうかの大前提のお話だね。

LINEモバイルで使える端末の大前提

先ほども冒頭で軽くご説明をさせて頂きましたが、LINEモバイルはドコモ回線ソフトバンク回線au回線のキャリア全ての回線を取り扱う格安SIMですので、いずれのキャリアで購入したスマホでも、LINEモバイルで使って頂く事は可能です。

以下の流れでしたら、基本的には、LINEモバイルのSIMカードを挿せば、そのままLINEモバイルで使う事ができます。

  • ドコモの端末 → ドコモ回線
  • ソフトバンクの端末 → ソフトバンク回線
  • auの端末 → au回線
  • SIMフリー端末 → どの回線でも使用可

つまり、スマホを購入なさったキャリアと同じ回線への乗り換えでしたら、基本的にはお持ちのスマホはそのまま使えるという事になります。

同じ回線への乗り換えなら、そのまま使えるんじゃな。
スマホ博士

LINEモバイルで使えない端末の大前提

ココに注意

LINEモバイルは、3G専用端末はご利用いただけません。

つまり、LINEモバイルで利用する端末は4G LTEに対応している必要があります。

小さいお子さまに使わせる場合など、昔、使っていた3Gの機種の使い回しができれば節約になりますが、残念ながら、LINEモバイルでは3G専用の端末は利用する事ができません

ひよっこ君
3G専用の端末でどんな端末なの?

iPhoneで言うと、iPhone4s以前が3G専用端末になります。

android端末で言いますと、いわゆるガラケーとかフィーチャーフォンと呼ばれる端末になり、ドコモ場合はFOMA時代の端末、ソフトバンクならSoftBank 3G(Vodafone 3G)の時代の端末、auならCDMA 1X WIN対応の端末になりますが、これらの端末は現在では使われている方は少ないと思います。

ガラホはLTE対応の端末じゃから、ガラケーとは間違えんでのう。
スマホ博士

ちなみに、LINEモバイルでは3G専用の端末は使う事ができませんが、今、皆さまがお使いのスマホはLTE(4G)だけではなくて3Gにも対応はしていますので、LTEが繋がらないエリアでは自動的に3Gに切り替わって3G回線を使う事は可能ですので、お間違いなく、ご安心頂ければと思います。

使える端末・使えない端末の予備知識(発売日について)

上の2つを踏まえて頂きました上で、もう一つ、基本的な事は、お持ちのスマホの発売日がいつかによって、SIMロック解除が必要になって来る場合がある事です。

冒頭で「基本的には」と繰り返しお伝えして来ましたのは、この点の事になります。

2015年5月以降に販売された端末
  • SIMロック解除が解禁(義務化)
  • この日以降に発売された端末にはSIMロック解除機能が付いている
  • 同じ回線の格安SIMなら、SIMロック解除をする事で乗り換えが可能に(au版とソフトバンク版の端末)
2017年8月以降に発売された端末
  • SIMロック解除の条件が改定(緩和)
  • 同じ回線の格安SIMなら、SIMロック解除なしで乗り換えが可能に(au版とソフトバンク版の端末)

この記事では、この後、この「2015年5月以降に発売された端末」「2017年8月以降に発売された端末」という表現が何回か出て来ます。

この時期は、スマホのSIMロック解除について大きな変化があった日になりまして、例えば、iPhoneで言いますと、2015年5月以降の一発目に発売されたのがiPhone 6s(2015年9月発売)になり、この機種からSIMロック解除が出来る様になり、それ以前のiPhone 6(Plus)まではSIMロック解除の機能が付いていませんでした

ですので、2015年5月よりも前に発売された端末は、iPhoneやandroid端末に関係なく、基本的にはSIMロック解除ができませんので、同じ回線でしか使う事ができません。(ドコモは例外あり。ソフトバンクも5機種が例外あり。)

ひよっこ君
他の回線では使えないって事だね。

また、2015年5月以降に発売された端末については、同じ回線ならSIMロック解除をする事なくそのままで乗り換える事ができますが(auで例外あり)、基本的には他回線に乗り換える場合はSIMロック解除が必要になります。

以上の3点の大前提を踏まえて、以降のそれぞれのキャリアの端末の部分をご覧頂きますと、すんなりと使える端末、使えない端末がご理解頂けると思います。

なるほどのう。少し頭が整理できた感じがするぞ。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

ドコモのスマホ、LINEモバイルで使える端末、使えない端末

ドコモ回線の特徴それでは、ドコモをご利用の皆さま、ドコモで購入なさったスマホについて、LINEモバイルで使える端末か、使えない端末かをご説明させて頂きます。

ドコモのiPhone

  ドコモ回線 ソフトバンク回線
au回線
iPhone11 Pro Max
使えます

動作確認未実施
iPhone 11 Pro
iPhone 11
iPhone XR
SIMロック解除をする事により、使えます
iPhone XS Max
iPhone XS
iPhone X
iPhone 8 / 8 Plus
iPhone 7 / 7 Plus
iPhone SE
iPhone 6s / 6s Plus
iPhone 6 / 6 Plus ×
SIMロック解除自体が出来ない為、使用できません
iPhone 5s
iPhone 5c

ドコモで発売されたドコモ版のiPhoneは、LINEモバイルのドコモ回線でなら、全ての機種でLINEモバイルのドコモ回線のSIMカードを挿して頂きましたら、そのままで使う事ができます

一方、ソフトバンク回線au回線で使う場合は、2015年4月までに発売されたiPhone(iPhone5~iPhone6Plus)は、ご説明の通り、SIMロック解除ができない機種ですので使う事ができません。

2015年5月以降に発売された端末(iPhone6s~)に関しては、SIMロック解除ができますので、SIMロック解除をする事により、ソフトバンク回線au回線でも使って頂く事ができます。

ひよっこ君
ドコモのiPhoneの場合は分かりやすいね。

ドコモのandroid端末

  ドコモ回線 ソフトバンク回線
au回線
2017年8月以降に発売された端末
そのままで使えます

要・注意
SIMロック解除をする事により使えます
2015年5月以降に発売された端末
2011年4月以降に発売された端末
(SIMロック解除対象機種)

要・注意
SIMロック解除をする事により使えます

ドコモで販売されたandroid端末は、基本的には上記の通りになります。

ドコモのLTE(4G、3.9G)のサービスであるXi(クロッシィ)2010年12月からサービスが開始されまして、基本として、Xi対応の最初の通信端末が発売された2011年4月以降のandroid端末がLINEモバイルで使えます。

逆に言うと、2010年12月より前に発売された機種3GのFOMA専用のいわゆるガラケーですので、LINEモバイルでは使えません

ドコモのXiやその後にサービスが開始されたPREMIUM 4G対応のandroid端末は、LINEモバイルのドコモ回線で使う場合は、SIMカードを挿し替えるだけで使う事ができます。

同じドコモ回線ならSIMロック解除はいらんぞ。
スマホ博士

一方、ドコモで発売されたandroid端末を、ソフトバンク回線やau回線で使われる場合は注意が必要です。

まず、2015年5月よりも前に発売された機種については、この頃はまだSIMロック解除が義務化されいませんでしたが、ドコモではSIMロック解除の機能が付いた機種が販売されていまして、そのSIMロック解除対象機種に関しては、基本的には、SIMロック解除をすれば、ドコモ回線以外の回線も使える事になります。

そして、2015年5月以降に発売された機種については、SIMロック解除が出来る機種になりますので、同じく、SIMロック解除をすれば、基本的には、ドコモ回線以外の回線でも使う事が出来る事になります。

しかし、android端末は多くのメーカーから多くの機種が販売されておりますので、それらの端末に対して、LINEモバイルも他回線での動作確認が出来ておらず、結果、基本的にはドコモ以外の回線でも使える事にはなりますが、自己責任で使って頂く事になります。

ひよっこ君
android端末は数が多いから、一概には言えなんだ...。

LINEモバイル公式サイト

ソフトバンクのスマホ、LINEモバイルで使える端末、使えない端末

ソフトバンク回線の特徴引き続きまして、ソフトバンクをご利用中の皆さまの、ソフトバンクで購入したスマホのLINEモバイルで使える機種、使えない機種です。

ソフトバンクのiPhone

  ソフトバンク回線 ドコモ回線
au回線
iPhone 11Pro Max
そのままで使えます

動作確認未実施
iPhone 11 Pro
iPhone 11
iPhone XR
SIMロック解除をする事により使えます
iPhone XS Max
iPhone XS
iPhone X
iPhone 8 / 8 Plus
iPhone 7 / 7 Plus
iPhone SE
iPhone 6s / 6s Plus
iPhone 6 / 6 Plus ×
SIMロック解除自体が出来ない為、使用できません
iPhone 5s
iPhone 5c
iPhone 5
上記以外のiPhone 3G専用端末に付き、使えません。

ソフトバンク版のiPhoneに関しても、考え方はドコモ版のiPhoneと一緒になりまして、iPhone4s以前のiPhoneは3G専用端末ですのでLINEモバイルでは使えません

そして、それ以外のソフトバンクで販売されたiPhoneについては、LINEモバイルのソフトバンク回線で使う場合は、そのままLINEモバイルのソフトバンク回線のSIMカードを挿せば使えます

一方、ドコモ回線au回線で使う場合は、SIMロック解除自体が出来ないiPhone5、5c、5s、6、6Plusは使う事ができず、iPhone6s以降ならSIMロック解除をする事でLINEモバイルのドコモ回線au回線使う事ができます

ひよっこ君
ソフトバンクのiPhoneも分かりやすいよ。

ソフトバンクのandroid端末

ソフトバンクで販売されたandroid端末については、基本的には下記の通りです。

  ソフトバンク回線 ドコモ回線
au回線
2017年8月以降に発売された機種
そのままで使えます

要・注意
SIMロック解除をする事により使えます
2015年5月以降に発売された機種
SIMロック解除をする事により使えます
2015年4月以前に発売された機種 ×
LINEモバイルでは使えません。

まず、基本としまして、2015年4月以前にソフトバンクで発売されたandroid端末については、LINEモバイルでは使えません

そして、ソフトバンクのandroid端末をLINEモバイルのソフトバンク回線で使う場合は、SIMロック解除ができる様になった2015年5月以降の端末はSIMロック解除する事で、2017年8月以降に発売された機種についてはそのままで使う事ができます。

一方、LINEモバイルのドコモ回線やau回線で使う場合は、基本的にはSIMロック解除をする事で使えますが、やはり、android端末は多くのメーカーが多くの機種を発売している為、LINEモバイルでも、android端末の他回線での動作確認はほぼしていませんので、自己責任で使って頂く事になります

android端末は本当にややこしいんじゃ...。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

auのスマホ、LINEモバイルで使える端末、使えない端末

au回線の特徴引き続きまして、auで購入したスマホがLINEモバイルで使えるかどうか、使える端末、使えない端末のご説明です。

auのiPhone

  au回線 ドコモ回線
ソフトバンク回線
iPhone 11 Pro Max
そのままで使えます

動作確認未実施
iPhone 11 Pro
iPhone 11
iPhone XR
SIMロック解除をする事により使えます
iPhone XS Max
iPhone XS
iPhone X
iPhone 8 / 8 Plus
iPhone 7 / 7 Plus
SIMロック解除をする事により使えます
iPhone SE
iPhone 6s / 6s Plus
iPhone 6 / 6 Plus ×
SIMロック解除自体ができない為、使用できません
iPhone 5s
iPhone 5c
iPhone 5
iPhone 4s 3G専用端末に付き、使えません。

au版のiPhoneについては、ドコモ版のiPhoneやソフトバンク版のiPhoneとは少し趣が違います。

これは、LINEモバイルのau回線では、LTE用のnanoSIMの取り扱いはなく、au VoLTE対応のマルチSIMのみの取り扱いによるからです。

ひよっこ君
iPhoneにしてもandroidにしても、auはVoLTEの関連で色々と複雑なんだ...。

ドコモ版のiPhoneソフトバンク版のiPhoneでは、SIMロック解除ができないiPhone6(6Plus)以前のiPhoneも同じ回線ではそのままで使う事ができましたが、auの場合は、auで購入したiPhone5c、5s、6、6Plusであっても、LINEモバイルのau回線で使う事ができません

そして同じく、ドコモ版のiPhoneソフトバンク版のiPhoneでは、同じ回線ならそのままで使えるiPhone6s、6sPlus、SE、7、7Plusが、au版のiPhoneでは同じ回線で使う場合でもSIMロック解除をしなければいけません。

この5機種は他回線で使う時にもSIMロック解除しなければいけないから一緒じゃ。
スマホ博士

そしてようやっと、iPhone8以降で、同じau回線で使う場合はSIMロック解除をする事なく、そのままで使える事になります。

一方、au版のiPhoneをLINEモバイルのドコモ回線とソフトバンク回線で使う場合は、SIMロック解除ができるiPhone6s以降の機種をSIMロック解除をする事により、使う事ができます。

auのandroid端末

  au回線 ドコモ回線
ソフトバンク回線
2017年8月以降に発売された機種
そのままで使えます

要・注意
SIMロック解除をする事により使えます
2015年5月以降に発売された機種
SIMロック解除をする事により使えます
2015年4月以前に発売された機種 ×
LINEモバイルでは使えません。

auのandroid端末もauのiPhoneと考え方は一緒で、SIMロック解除ができない2015年4月以前に発売された端末は、LINEモバイルでは使う事ができません。(2015年4月23日発売の「Galaxy S6 edge SCV31」はSIMロック解除で使えます。)

そして、2015年5月以降に発売された機種は、LINEモバイルの同じau回線で使う場合でもSIMロック解除をする必要がありますが、2017年8月以降に発売された機種(APN設定が可能かつVoLTE対応端末)については、SIMロック解除の必要はなく、そのままでLINEモバイルのau回線で使う事ができます。

auで購入したandroid端末をLINEモバイルのドコモ回線やソフトバンク回線で使う場合は、SIMロック解除ができる2015年5月以降に発売された機種であれば、SIMロック解除をする事により使う事ができますが、やはりLINEモバイルでは、android端末の他回線での動作確認はされておりませんので、自己責任で使って頂く事になります。

ひよっこ君
android端末は、ドコモ版にして、ソフトバンク版にしても、au版にしても、他回線で使う時は自己責任なんだね。
理論上は使えるんじゃが、安全、確実に使うのなら、android端末は同じ回線で使う事じゃのう。
スマホ博士

LINEモバイル公式サイト

SIMフリーのスマホ、LINEモバイルで使える端末、使えない端末

ご存知だとは思いますが、参考までにSIMフリー端末についてもご説明をさせて頂きますと、一言、SIMフリー端末はLINEモバイルでお使い頂く事ができます

例えば、Appleで購入したiPhoneや、他社格安SIMで購入したSIMフリーのandroid端末、また、家電量販店やAmazon等で販売されているSIMフリー端末は、LINEモバイルのどの回線でもそのままで使って頂く事ができますので、参考までに補足させて頂きます。

ひよっこ君
SIMフリー端末はどの回線でもSIMカードを挿せば使えるよ。

「動作確認済み端末」を確認して頂く事のすすめ

動作確認済端末検索今までの所では、皆さまのお手持ちのスマホが、LINEモバイルで使えるのかどうかという所をご説明させて頂きましたが、例えば、SIMカードはどれを選んだら良いのかとか、デザリングが出来るのかという事に関してまでは、ご説明をさせて頂けませんでした。

使えるか使えないかの説明で、いっぱいいっぱいだったんじゃ...。
スマホ博士

例えばSIMカードに関しては、au回線マルチSIM1種類になりますので選択で迷う事もなく楽ですが、一方、ソフトバンク回線はややこしく、ソフトバンク回線には通常の標準SIMマイクロSIMナノSIMに加えて、iPhone専用ナノSIMもあります。

ソフトバンク回線の場合は、SIMロックがかかったiPhoneの場合はiPhone専用ナノSIMを選択する必要があり、間違えて普通のナノSIMを選択して申し込んだ場合、使う事が出来ずにSIMカード再発行となれば、SIMカード変更手数料の無駄な3,000円を払わなければなりません。

また、テザリングに関しても、iPhoneの場合は大丈夫ですが、android端末の場合は、例えば、少し古い機種ですが、GalaxyのS6はドコモ、ソフトバンク、auの3社から発売されていますが、ドコモ版ソフトバンク版テザリングが出来ませんが、au版は出来たりと、デザリングが出来たりできなかったりする事もあります。

ひよっこ君
iPhoneの場合はまだ分かりやすいけど、android端末は本当にややこしいから、是非、動作確認済み端末で確認してね。

ですので、お使いの端末がLINEモバイルで使える事が分かったとしましても、念の為、LINEモバイル公式サイトの「動作確認済み端末検索」にて確認して頂く事をおすすめ致します。

参考までに、簡単に検索の仕方をご説明させて頂きます。

端末をクリックする

LINEモバイル公式サイトのトップページから「端末」をクリックします。

メニューに入る

LINEモバイル公式サイトのトップページで「(メニュー)」をタップします。

動作済み端末検索

そして、開いたメニューから「端末」→「動作確認済み端末検索」をタップします。

動作確認済み端末検索

今持っている端末を使う」をクリックします。

動作確認済み端末検索

動作確認済み端末検索(スマホ)

すると「動作確認済み端末検索」の画面になりますので、お持ちのスマホの端末名を入力します。

ひよっこ君
メーカー名か端末名を入力するんだよ。

今回は、まず、ドコモ版のiPhone8を検索してみます。

iPhone8を動作確認

iPhone8を動作確認(スマホ)

すると、こんな感じで表示されます。

同じドコモ回線を使う場合はSIMロック解除は必要ありませんが、ソフトバンク回線au回線を使う場合は「SIMロック解除が必要です。」と表示されています。

他回線で使う場合は、基本としてSIMロック解除が必要じゃからな。
スマホ博士

テザリングに関しては、いずれの回線でも出来る事が分かります。

また、SIMカードについては、ドコモ回線を使う場合はナノSIMになりまして、au回線の場合はマルチSIM1種類になるのですが、そのマルチSIMをナノSIMにして使うという事が分かります。

ひよっこ君
マルチSIMはVoLTE対応のSIMで、届いてから、SIM台紙から好きなSIMサイズに切り離すことができるSIMカードの事だよ。

一方、ソフトバンク回線を使う場合は、「iPhone専用ナノ」と記載がありますので、申し込みの時に「iPhone専用ナノSIMカード」を申し込めば良い事が分かります。

ココに注意

実際は、SIMロック解除したiPhoneであれば、iPhone専用ナノSIMでも、普通のソフトバンク回線のナノSIMでも大丈夫です。

ソフトバンク版のiPhoneでSIMロック解除をしていない端末に関しては、iPhone専用ナノSIM限定になります。

Galaxy S6 Edgeを動作確認

Galaxy S6 Edgeを動作確認(スマホ)

もう1つ、先ほども例に出しました、少し古い機種の「Galaxy S6 edge」を動作確認してみました。

ややこしいandroid端末の説明じゃぞ。
スマホ博士

Galaxy S6 edge」は3社から販売された端末になり、「Galaxy S6 edge」がソフトバンク版、「Galaxy S6 edge SC-04G」がドコモ版、「Galaxy S6 edge SCV31」がau版になります。

android端末については、他の回線で使えるかの動作確認がされておらず、この「Galaxy S6 edge」についても、オリジナルの回線で使えるかどうかのみ、動作確認がされています。

ややこしいのは、ドコモ版のGalaxy S6 edgeはSIMロック解除する事なくドコモ回線で使う事ができますが、ソフトバンク版au版のGalaxy S6 edgeは、同じ回線であるLINEモバイルのソフトバンク回線やau回線で使う場合でもSIMロック解除をしなければ使えない点です。

また、テザリングに関しては、ドコモ版ソフトバンク版のGalaxy S6 edgeではできませんが、au版のGalaxy S6 edgeならLINEモバイルのau回線でデザリングができます

ひよっこ君
ほんと、android端末って一貫性がないんだよね...。

この通り、android端末については一筋縄でいかない事が多々ありますので、念の為、是非、LINEモバイル公式サイトで動作確認済み端末を確認して頂ければと思います。

LINEモバイル公式サイト

SIMロック解除のすすめ

SIMロックとSIMロック解除

さて、冒頭でも書かせて頂きましたが、下記の通り、スマホを購入した携帯会社と同じ回線を使う場合は、基本的には、お持ちのスマホをそのままでLINEモバイルを使う事ができます。

  • ドコモの端末 → ドコモ回線
  • ソフトバンクの端末 → ソフトバンク回線
  • auの端末 → au回線
  • SIMフリー端末 → どの回線でも使用可

しかし、動作確認済み端末検索の箇所でもご説明をさせて頂きましたが、キャリアで購入したiPhoneの場合は、購入した携帯会社と違う回線を使おうと思うと、SIMロック解除をする必要がありました。

また、android端末については、上記の原則論を打ち破って、そのandroid端末を購入した同じ回線で利用する場合でも、SIMロック解除をしなければ使う事ができないケースもありました。

auのiPhoneも、一部、同じ回線でもSIMロック解除しなければならんからのう。
スマホ博士

SIMロック解除をせずにLINEモバイルを使う事も可能ではありますが、個人的には、より選択肢の幅を広げる為にも、SIMロック解除をなさる事をおすすめします。

SIMロック解除をする事によって、他の回線が使える様になるだけではなく、海外旅行に行かれる時に安くて便利な海外プリペードSIMカードも使う事ができる様になりますし、SIMロック解除をする事によるメリットはあっても、デメリットはありません

そして、もし、今、キャリアを使っておられるなら、SIMロック解除は無料でする事ができますし、キャリアを解約すると、SIMロック解除ができなくなってしまう事もあります。

ひよっこ君
キャリアを契約中はタダでSIMロック解除が出来るんだよ!

SIMロック解除はできる時になさっておく事をおすすめ致しますので、参考までに、簡単ではありますが、現在、キャリアをお使いの場合の各キャリアのSIMロック解除の方法を記載させて頂きます。

ドコモスマホのSIMロック解除の方法

ドコモ回線の特徴ドコモのスマホをSIMロック解除する方法は3種類あります。

  • ドコモショップでする方法 → 3,000円
  • 電話でする方法 → 3,000円
  • マイドコモでする方法 → 無料

是非、無料でSIMロック解除ができる「マイドコモ」からなさって頂ければと思いますが、マイドコモでSIMロック解除が出来る機種は、SIMロック解除が義務化された2015年5月以降に発売された機種になります。

2~3年以内の機種をお持ちの人が多いと思うから、ほぼ、マイドコモでタダでSIMロック解除できるぞ。
スマホ博士

義務化される以前に発売されたSIMロック解除機能が付いた機種をお持ちの場合は、3,000円の実費がかかってしまいますが、電話ドコモショップでなさって頂く事になります。

詳細は、下の記事で全画像付きでSIMロック解除の方法もご説明をさせて頂いておりますので、よろしければご覧ください。

関連記事

ソフトバンクスマホのSIMロック解除の方法

ソフトバンク回線の特徴ソフトバンクのスマホをSIMロック解除する方法は2つになります。

  • ソフトバンクショップでする方法 → 3,000円
  • My SoftBankでする方法 → 無料

ソフトバンクスマホのSIMロック解除も、My SoftBankでする事により、無料でする事ができます。

しかし、やはりMy SoftBankで無料でSIMロック解除ができるのは、2015年5月以降に発売された機種になりまして、それ以前に発売された機種をお持ちの場合は、ソフトバンクのお店で3,000円を払ってSIMロック解除をして頂く事になります。

とは言いましても、2015年4月以前にソフトバンクから発売されたSIMロック解除の機能が付いたスマホはたった5種類ですので、ほとんどの皆さまがMy SoftBankでタダでSIMロック解除をして頂けると思います。

ひよっこ君
是非、My SoftBankでタダでSIMロック解除しちゃってよ。

My SoftBankでのSIMロック解除は、とても簡単にできますので、対応端末をお持ちでしたら、是非、My SoftBankでなさって下さい。

関連記事

auスマホのSIMロック解除の方法

au回線の特徴auのスマホのSIMロック解除の方法も、お店で店員さんにやって頂くか、ネットでご自身でなさるかになります。

  • auショップでする方法 → 3,000円
  • My auでする方法 → 無料

auのスマホの場合は、2015年4月以前に発売されたスマホはSIMロック解除をする事ができませんので、SIMロック解除機能対応のスマホをお持ちの場合は、皆さま、無料でMy auでSIMロック解除をして頂く事ができます。(2015年4月23日発売の「Galaxy S6 edge SCV31」もSIMロック解除の対象です。)

auは、SIMロック解除対象機種は、全部、My auでタダでSIMロック解除が出来るんじゃぞ。
スマホ博士

関連記事

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルで使えるスマホ、使えないスマホ、まとめ

私のスマホは使えるの?

皆さま、お疲れさまでした。

ひよっこ君
お疲れさまでした!

今、皆さまが使っておられるスマホ、LINEモバイルで使える事が確認できましたでしょうか?

iPhoneをお使いの皆さまは、iPhoneは息の長い機種がありますので、少し以前のものをお使いの方もいらっしゃると思いますが、LINEモバイルで使える事が確認できたと思います。

また、android端末をお使いの皆さまも、ほとんどの方がこの2~3年以内に購入したスマホをお使いだと思いますし、少なくとも、SIMロック解除が義務化された2015年5月以降に発売された機種をお使いだと思いますので、LINEモバイルで使える事が確認できたのではと思います。

お持ちのスマホを、使っておられたキャリアと同じ回線でそのままお使い頂くのも良いですし、SIMロック解除をして他の回線を使って頂くのも良いと思います。

もし、使っておられるキャリアと同じ回線をご利用になられる場合でも、おせっかいかも知れませんが、是非、出来る時にSIMロック解除はなさったおかれた方が良いと思います。

そうじゃ。是非、SIMロック解除なさって下されよ。
スマホ博士

晴れてこれで、お持ちのスマホのままでLINEモバイルに乗り換えて頂ける事と思いますが、LINEモバイルはとっても魅力的な格安SIMです。

私もドコモから乗り換えた当時は、毎月8,000円から10,000円もかかったいたスマホ代が3,000円を切るほどまでに安くなりましたし、確かにお昼休みの時間等、通信が混雑する時間帯は、ネットに繋がりにくい時はありますが、快適にLINEモバイルを使っています。

具体的なキャリアとの料金の比較や、LINEを始め、TwitterFacebookInstagramがデータフリーで使い放題になるメリット等、下の別記事で詳細をご説明させて頂いておりますので、よろしければ、是非、ご覧頂きまして、LINEモバイルに乗り換えて頂ければと思います。

乗り換えた後、もっと早くに乗り換えておけば良かったと、絶対に思われると思いますよ。(笑)

参考記事

LINEモバイルはとっても素晴らしい格安SIMですよ!

ぜひ、LINEモバイルにお申し込みいただき、ご家族やお友だちと「LINEモバイルで Let's Communication!」なさって下さいね!

ひよっこ君
下のバナーから申し込みができるよ。(笑)
宜しくお願いしますぞよ。(笑)
スマホ博士

-LINEモバイルとは

© 2020 LINEモバイルで Let's Communication!